Operated by Ateam Inc.

イーデス

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」ATM利用方法の解説書~借入&返済のすべて

最終更新日:

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」ATM利用方法の解説書~借入&返済のすべて
カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

銀行カードローンは、提供元の銀行ATMや提携しているコンビニATMで利用できるという利便性の高さがメリットのひとつです。

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」にも、もちろん利便性のメリットは健在です。

ただし、ATM利用時には「どのATMで利用できるか?」、「手数料はいくらか?」、「利用できる時間帯は?」といった疑問もでてくるものです。

そこで、キャッシュピットのATM利用に関して徹底的に解説してみました。

「キャッシュピットのATM利用で知りたいことがある」という人には、役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

ここ最近の世の中では急速にキャッシュレス時代が到来しています。 実は銀行カードローンにおいても、今までがウソだったかのように新世代のサービス導入が急速に進展しているのです。 しかしながらカードローンサービスにおいて現金を扱うATMの重要性は依然として低くはありません。
また日本全国24時間営業のコンビニATMも利用できる利便性の高さは利用者にとって非常に心強いものです。 ATMで出来る手続きなどをしっかり理解しておくことで、いざという時にも余裕をもって借入&返済できるようになることでしょう。 キャッシュピットの利便性の高さを存分に活かすために、ぜひ便利な機能を正しく理解しておいて下さい。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    常陽銀行カードローンの「キャッシュピット」の借入方法

    キャッシュピットの借入方法は「ATM」のみとなります。利用できるATMは以下のとおりです。

    • 常陽銀行ATM
    • E-net ATM
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM

    利用手数料

    ATM利用手数料は終日0円となっています。これはどこのATMでも一緒であり、利用時間や利用回数の制限などもありません。

    利用可能時間

    ATMの利用可能時間は以下となります。

    ATM名利用可能時間
    常陽銀行ATM店舗によって異なる
    E-net ATM平日 午前7時から午後11時まで

    土・日・祝日 午前8時から午後9時まで

    セブン銀行ATM
    ローソン銀行ATM

    出金限度額

    ATMには1回や1日あたりに出金できる限度額が決まっています。それぞれの出金限度額は以下となります。

    ATM名出金限度額
    常陽銀行ATM1日あたり50万円まで
    E-net ATM1回あたり20万円まで

    1日あたり50万円まで

    セブン銀行ATM1日あたり50万円まで
    ローソン銀行ATM1回あたり20万円まで

    1日あたり50万円まで

    常陽銀行カードローンの「キャッシュピット」の返済方法

    キャッシュピットの返済方法は「ATM」と「銀行振込」の2つです。

    利用できるATMは借入れのときと同様です。手数料無料な点も同じになります。ただし、以下のように入金限度額が少々異なる場合があります。

    ATM名入金限度額
    常陽銀行ATM1回につき紙幣は100枚・硬貨は80枚
    E-net ATM1回あたり50万円まで

    1日あたり制限なし

    セブン銀行ATM
    ローソン銀行ATM

    銀行振込の場合は、常陽銀行が指定する振込先に入金することになります。ほとんどの金融機関を送金元として使うことが可能ですので、いつもお使いの口座から振込みをすればOKです。

    返済日

    キャッシュピットの返済日は以下のように、2つの方法から選択できます。

    35日ごと

    「35日ごと」の場合、借入日の翌日(2回目以降は返済日の翌日)から数えて35日以内が返済期限となります。

    たとえば、今月10日に返済をしたとすれば、翌日の11日から数えて35日以内が次の返済期限になるということですね。

    指定日返済

    指定日返済の場合、指定した日付までが返済期限です。返済日に指定できるのは6日以外であれば、どの日付でも可能です。

    なお、2つの返済方法ともに追加借入をしたとしても、返済期限は変わりありません。

    月々の返済額

    月々の返済額は、「借入残高」と「設定される限度額」によって、以下のように異なってきます。

    借入残高月々の返済金額
    10万円以下2千円
    10万円超~20万円以下4千円
    20万円超~30万円以下6千円
    30万円超~借入残高が10万円を増すごとに2千円を追加

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    キャッシュピットのように銀行カードローンであるのに口座振替返済が選べないのは、レアケースです。 毎月自動で行われる口座振替返済には「うっかりの返済忘れ」の心配がないメリットがあります。 しかしキャッシュピットは常陽銀行の商品であるにもかかわらず、常陽銀行口座からの振替返済に対応していません。 特に給与振込を常陽銀行で利用しているなら、口座振替返済が非常に便利であるはずですが、利用不可であることには大いに疑問が残ります。 意外と見落としやすいポイントですので、キャッシュピットを検討される際には気を付けて下さい。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    カードローンを利用可能な常陽銀行のATM

    「常陽銀行のATMなら、どのATMでもカードローンを利用できるの?」と疑問がある人もいるかと思います。

    結論から言いますと、常陽銀行のATMならどこでもカードローンを利用することが可能です。

    このため、お近くに常陽銀行のATMがあれば、そのATMで問題なく借入や返済をすることができます。

    常陽銀行ATMがある地域は?

    常陽銀行のメイン営業エリアは茨城県ですので、一番設置台数が多いのは茨城県となっています。

    その他に、宮城・福島・栃木・埼玉・東京・千葉・大阪にも店舗がありますので、これらの地域にも常陽銀行のATMがあります。

    常陽銀行ATMの利用条件

    常陽銀行ATMの利用条件は以下のようになっています。

    手数料0円
    利用時間店舗によって異なる
    出金限度額1日あたり50万円
    入金限度額なし(1回につき紙幣は100枚 硬貨は80枚)

    基本的にどこの支店のATMも、利用条件は上記のような感じになります。

    ただし、利用時間は支店によって異なる可能性があります。

    本店の場合、「平日8:00~21:00」・「土曜9:00~19:00」・「日祝9:00~19:00」となっていますが、支店によってはこの利用時間とは違うこともあるようです。

    ATMごとの利用時間を知りたい場合は、常陽銀行のHP内にある「店舗・ATMのご案内」から、確認するようにしてください。

    ATMで申し込みする手順

    「常陽銀行のATMでキャッシュピットの申し込みはできるか?」と気になっている人も中にはいるようです。

    しかし、残念ですがATMからの申し込みはできません。

    キャッシュピットの申込方法は以下の4つのみとなります。

    • インターネット
    • FAX
    • 電話
    • 郵送

    そこで今回は、一番気軽に申し込みやすい「インターネット」の申込手順を解説していきます。

    インターネットの申込手順

    インターネットの場合、以下のようなステップで申し込みをしていくことなります。

    1. STEP.1

      申し込み

    2. STEP.2

      契約書の記入~投函、FAXの送信

    3. STEP.3

      審査~在籍確認~審査結果の通知

    4. STEP.4

      ローンカードの郵送

    申し込み

    まずは、キャッシュビットの公式ページから申し込みをします。画面の案内に従って、必要事項を入力していくことになります。

    契約書の記入~投函、FAXの送信

    その後、ネット上から「契約書」をダウンロードし、「本人確認書類(運転免許証、健康保険証※、住民基本台帳カードなど)」と一緒に「FAX」または「郵送」で提出します。

    なお、限度額50万円超を希望する場合は「収入証明((源泉徴収票等))の提出も必要です。

    ※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出ください。

    審査~在籍確認~審査結果の通知

    契約書の提出が完了しましたら、審査が開始されます。

    審査中には在籍確認もあり、申込時に申告した職場に電話確認があります。この電話は担当者の個人名でかかってきます。そのため、他人にはカードローンの在籍確認とは分らないため、安心してください。


    審査結果はキャッシュビットの公式サイトによると、最短で2~3営業日が目安とのことです。結果の通知方法は電話になります。

    ローンカードの郵送

    審査通過後、「ローンカード」が通常1~2営業日以内に郵送されてきます。

    ローンカードを郵送する際は、「常陽銀行名」で郵送されてきますが、カードローンなどの「ローン関連」とは分らないように配慮されています。

    そのため、「家族にカードローンの利用がバレないか?」といった心配は無用です。

    なお、「ローンカードが届くまで待っていられない!すぐに融資してほしい!!」というような場合、常陽銀行の口座をお持ちの方に限り、審査通過後すぐに振込みをしてもらうことも可能です。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    一昔前の銀行カードローンでは店頭での契約が必須のケースが多くありました。 しかし最近では新型コロナ禍の影響もあって、WEBで契約まで完結できるように急速に進化しつつあります。 特に最近ではアプリのみで利用できるカードローンも増えつつあり、ローンカードの発行さえ不要のサービスも出てきているほどです。
    キャッシュピットはWEB完結に対応していますが、カードレスでは利用できません。 そういった観点から見ると、キャッシュピットは従来タイプと新世代タイプの中間的なサービスと評価できるでしょう。 ただし新世代だから全て良いというわけでもないので、自分に合っているかどうかを正しく見極めることが大切です。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    ATMで借入する手順

    ここからは、キャッシュビットをATMで借入する手順をお伝えしていきます。

    とはいえ、ATMでの借入方法は非常にシンプルです。

    キャッシュビットのローンカードをATMに挿入し、あとは画面の指示に従い、借り入れしたい金額を入力するだけです。

    基本これだけですので迷うことなく、借り入れができるかと思います。

    ちなみに、借入金額はどのATMでも、1,000円から1,000円単位で可能です。

    ATMで返済する手順

    返済の場合も借入方法と同じく、ATMにローンカードを挿入し、画面の指示に従っていくだけでOKです。

    なお、コンビニATMでは硬貨が使用できません。硬貨で返済したいときは、常陽銀行ATMを利用するようにしてください。

    繰上げ返済は可能?

    「繰上げ返済」をしたい場合は、「最少返済額(月々の返済額)」以上の金額をATMで返済すればOKです。

    たとえば、その月の最少返済額が3,000円なら、3,000円以上の金額(5,000円など)をATMで返済すれば繰上げ返済したことになります。

    一括返済したい場合は?

    「借入残高を一括で支払いたい」このような場合も、ATMで返済可能です。

    その際は、借入残高が今いくらあるのか確認しておきましょう。

    借入残高は「キャッシュピット受付センター(029-354-8551)」に電話するか、インターネットの「会員サイト」にログインすることで確認可能です。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    常陽銀行のカードローンは、口座振替返済が利用できません。 しかしその一方で、大手コンビニを含むATM利用手数料が借入&返済ともに終日無料という利点があります。 特に大手コンビニATMは日本全国のほとんどの場所にあり、手数料無料で利用できる利便性の高さは特筆すべき大きなメリットです。 手数料が掛からないので、いつでも好きなタイミングで気軽に返済できます。
    また1000円単位の小額借入も無料ですので、ほんのちょっとだけお金が足りないときでもコンビニに駆け込めばサクっと資金調達できてしまいます。 大手コンビニを日常的に利用されている方なら特に便利に使いこなせることでしょう。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    まとめ

    常陽銀行カードローン「キャッシュピット」は、「常陽銀行ATM」、「E-net ATM」、「セブン銀行ATM」、「ローソン銀行ATM」の4つのATMで利用可能です。

    どのATMでも借入&返済ともに、利用手数料は終日無料となっています。

    利用方法もローンカードを挿入して、画面の指示に従っていくだけと非常にシンプルですので、迷うことなく利用できるかと思います。

    地方銀行カードローンの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.