Operated by Ateam Inc.

イーデス

FPが解説!足利銀行カードローン「〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の特徴とは?

最終更新日:

FPが解説!足利銀行カードローン「〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の特徴とは?
カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

足利銀行は、栃木県を中心として北関東や福島県に支店のネットワークを広げている地方銀行です。「あしぎん」の愛称でも知られる足利銀行では、「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」と呼ばれるサービスを提供しています。

この「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」について、どのような特徴や強みがあるのかについて、大手銀行のカードローンとの比較も交えて説明していきます。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

カードローンは、多くの金融機関で扱っている貸出の商品であり、足利銀行では「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」を取り扱っています。申し込みはWEB完結でOKのため、申し込みから借り入れまで来店不要で手続きできるため、忙しい人にとって、心強い味方になってくれるのは間違いありません。

気になる内容をタップ

足利銀行カードローンはどんなローン?

足利銀行「〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の限度額と金利
限度額金利
100万円以下年14.80%
110万円以上200万円以下年12.80%
210万円以上300万円以下年9.80%
310万円以上400万円以下年7.80%
410万円以上490万円以下年6.80%
500万円以上590万円以下年5.80%
600万円以上690万円以下年4.50%
700万円以上790万円以下年3.50%
800万円年1.50%

足利銀行の「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」は、使い道自由なカードローンです。申込みの際には、条件次第でWEBですべてを完結させることができ、スピーディな契約が可能で手間もかかりません。

借入だけではなく、返済に関しても全国の提携コンビニから手続きが可能で、ちょっとお金がピンチというときにも最寄りのコンビニで借入をすることができます。

また、パートやアルバイトでも申込みできますし、年金受給者でもOKです。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
金利は9段階に分かれており、借入限度額に応じて適用される金利は異なってきます。最高金利が14.80%と銀行カードローンの金利としては、若干、高めの印象はありますが、WEB完結OK、パートやアルバイトのみならず、年金受給者(75歳未満まで)でも利用できるのは大きなメリットとなります。

飯田道子さん

飯田さん

▼年金受給者がお金を借りる方法について詳しくはこちらの記事をチェック

金利に関しても、銀行系カードローンだけあって消費者金融系カードローンよりはかなり低めに抑えられていて安心です。

大手銀行カードローンと足利銀行カードローンの違いを徹底比較

足利銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名金利契約極度額口座開設毎月の最低返済額提携ATM
利用手数料
足利銀行カードローン年1.5%~14.8%最大800万円必須2,000円有料(提携先によって異なる。110~220円)
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%※1最大800万円必須
(同時申込可)
2,000円原則有料
(110円~220円)
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」年1.8%~14.6%最大500万円不要2,000円※2無料
りそなプレミアムカードローン年1.99%~13.5%※10万円~800万円必須10,000円有料
(110円~220円)
イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%最大800万円不要1,000円イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です
※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※2.借入利率が年8.1%超の場合

「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の特徴について、大手銀行の主なカードローンと比較してみます。大手銀行カードローンの金利は、最低ラインでおよそ年3.0%、最高ラインで年14.0%強となっているところが多く見られます。

「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の金利の最低ラインは年1.5%とかなり低めですが、最高ラインは年14.80%でおおむね標準的といえるでしょう。

借入限度額では、「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」は最大800万円までとなっています。大手銀行カードローンでは800万円くらいの設定が多いですから、それに比べる同じくらいといえます。

また、提携ATMを利用する際、大手銀行カードローンでは原則無料としているものもありますが、「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」では基本的に利用手数料が発生します。

審査にかかる時間は未定です。なぜなら、2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が不可となったからです。これは足利銀行カードローンだけでなく、大手を含む銀行カードローンすべてが対象となります。

足利銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

足利銀行カードローンのメリット・デメリット
メリットデメリット
最短で審査通過の翌日には借入額が口座に振込される足利銀行の支店がある地域(東京都除く)の人しか利用できない
対応しているコンビニATMが多い即日融資に対応していない
条件によってWEBで契約完結口座開設の必要がある
口座開設アプリがある口座を開設していない場合、融資に時間がかかる
アルバイト・パートでも申込み可能専業主婦・主夫、学生は利用不可
年金受給者でも申込みできる増額は利用開始から6ヵ月以降しか申込みできない
クレジットカード支払いなどで残高がない場合オートチャージが可能契約時75歳以上は利用できない
借入・返済ともに全国の提携ATMで手続き可能

強み

「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の大きな強みは、足利銀行の口座を持っている場合、申込みから契約までWEBで完結できる点です。審査によって決定した借入額は、最短なら契約の翌日に足利銀行の口座に振込まれます。

また、クレジットカードや公共料金の支払いを口座引き落としにしている場合、引き落とし日に残高がなくても、「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」のオートチャージで自動融資が受けられるのも助かります。引き落とし日に口座への入金を忘れがちな人も安心です。

そのほか、パートやアルバイト、年金生活者も利用できるというのも強みのひとつです。

弱み

「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の弱みは、提供している足利銀行が北関東を中心に店舗を展開する地方銀行であるため、対応地域に住んでいる人しか利用できない点です。

足利銀行の営業エリアは、栃木県をはじめとして茨城県・群馬県・埼玉県・福島県・東京都となっていますが、東京都はカードローン利用地域から除外されています。

足利銀行の口座を持っていない人は、口座を開設しなければならないのが若干面倒です。しかし、足利銀行には口座開設アプリがありますから、店頭に足を運ぶことなく口座を開設することはできます。

また、あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Caは、銀行カードローンのため即日審査・即日融資を受けることができません。そのため、当面の間は審査に要する時間も読めないのが現状です。

審査通過の後、最短で銀行口座に借入額が振り込まれることから、足利銀行の口座を持っている人なら比較的早くに借入ができる場合もあります。

申込みできる年齢は契約時20歳以上75歳未満となっていますが、20歳を超えていても学生である場合には利用できない点もデメリットです。借入限度額の増額に関しては、利用開始から6ヵ月を経過してからでないと申込みできませんから、注意しましょう。

FPが教える足利銀行カードローンに向いている人・向いていない人

足利銀行カードローンに向いている人、向いていない人
向いている人向いていない人
足利銀行の支店がある地域(東京都除く)在住の人足利銀行の支店がある地域以外在住の人、東京都在住の人
できるだけ早く融資を受けたい人即日融資を希望している人
足利銀行の口座を持っている人足利銀行の口座を持っていない人
収入が低い人学生、専業主婦・主夫の人
WEBで申込みを完結させたい人金利をできるだけ安く抑えたい人
アルバイト・パートの人他のカードローンなどで支払いを延滞したことがある人
75歳未満で年金受給者の人利用6ヵ月未満で増額をしたい人
クレジットカードなどの口座引き落とし日を忘れがちな人

向いている人

「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の利用には、足利銀行の支店がある地域(東京都を除く)に住んでいる人というのが第一条件になりますから、この地域に住んでいる人にはおすすめできます。

足利銀行の口座を持っている人はWEBで契約を完結できますし、契約完了までもスピーディで利用に向いているといえるでしょう。

パート、アルバイトの人はもちろんのこと、75歳未満で年金を受給している人にも利用しやすいカードローンです。

クレジットカードや公共料金などの支払いを足利銀行の口座から引き落としするように設定している人は、「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」のオートチャージ機能で払い忘れがなく便利になります。

向いていない人

一方、「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の利用に向いていない人は、足利銀行の営業エリア外に住んでいる人です。足利銀行の支店があっても、東京都は対象外となってしまいます。このような人は、最寄りの地方銀行か全国にある大手銀行のカードローンを利用しましょう。

足利銀行カードローン「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」は、銀行カードローンのため、即日融資を希望する人にも向いていないといえるでしょう。

また、足利銀行の口座を持っていない場合、さらに融資までに時間がかかりますし、WEBでは申込みが完結しないこともあります。即日融資やWEBで契約完結できるカードローンは消費者金融系に多くありますから、そちらを利用するのが無難です。

20歳以上で学生の人も利用することができないため、若干不便ではあるでしょう。学生でも20歳以上なら利用できるカードローンはたくさんありますから、どうしてもというときはそういったカードローンを探してみましょう。

金利については、高額の融資を受けたときの金利が他のカードローンよりも若干高めになってしまうのもデメリットです。金利が安めになっている銀行系カードローンもありますから、それらを利用するのがいいでしょう。

借入限度額の増額を希望する人で、「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の利用開始から6ヵ月を過ぎていない人は増額の申込みができません。すぐに増額の申込みをしたい人は、他のカードローンに借り換えを行いましょう。

そんな場合は、三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」をおすすめします。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
足利銀行のカードローンに向いている人と向いていない人をまとめていますので、確認して下さい。「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」が利用できるのは、足利銀行の本支店(除く東京)がある地域に在住している人ですので、その地域に住んでいる人。パート、アルバイトの人、年金受給者などです。向いていない人は、即日融資を希望している人、専業主婦(夫)、学生などです。

飯田道子さん

飯田さん

足利銀行カードローンを最短で借りるための流れと必要書類

先述の通り、「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」は即日融資に対応していません。審査にかかる時間も未定のため、当面の間は審査に要する時間が読めないのが現状です。

以上を踏まえた上で、最短で融資を受ける手順は以下の通りです。
WEBでの申込みで契約まで完結できる場合は、最短で借入額の融資を受けられる場合があります。

足利銀行のホームページの申込みフォームから必要事項を入力して送信すると、審査結果が届きます。足利銀行の口座を持っていれば、届いたメールに記載されているURLから口座情報を入力し、送信することですぐに契約確認のメールが届きます。

そこで契約確認ボタンを押せば契約完了です。最短ならその翌日には足利銀行の口座に借入額が振り込まれます。WEBで契約を完結させる場合、申込書や本人確認書類は必要ありません。

足利銀行カードローンの審査を通りやすくするコツ

「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」では、収入が少なくても安定していれば審査に通過する可能性があります。

しかし、過去にカードローンやクレジットカードなどの支払いを延滞したことのある人は注意が必要です。

審査を通りやすくするコツとしては、これらの支払いを延滞させないことが挙げられます。

借入の希望額に関しては、無理のない返済プランを立てられるかどうかも大切になってきます。

足利銀行カードローンで最短融資を受ける方法と審査にかかる時間はどれぐらい

「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」で融資を受けられる最短の時間は、契約完了の翌日となります。

足利銀行の口座をすでに持っている場合は、審査を通過したら、できるだけ早くに契約を完了させることも重要なポイントです。

最短で融資を受けるためには、上記の条件を満たした上でWEBかFAX、電話で申込むことになります。

審査にかかる時間は未定ですが、審査が下りてすぐに契約完了できれば翌日から融資を受けることができます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
一般的に、銀行カードローンは、大手消費者金融に比べて、審査までの時間が長くかかってしまうのがデメリットと言えます。足利銀行の場合、融資までどれくらいの時間がかかるのか、明確になっていませんが、2~3週間程度は見ておくと安心です。そんなに待てないと思うかもしれませんが、イザというときに慌てないよう、余裕を持って申し込んでおくと安心です。

飯田道子さん

飯田さん

足利銀行カードローンの返済方法

「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」の返済方法は、基本的に毎月5日(この日が休日なら翌営業日)に足利銀行の口座から引き落としされる定例返済となります。これに加えて、任意の金額を返済できる臨時返済も行うことができます。

臨時返済を行う場合は、足利銀行のATMのほか、ゆうちょ銀行、セブン銀行やイーネットATMを設置している全国のコンビニで手続きが可能です。対応しているコンビニが多いため、返済も便利になるでしょう。

足利銀行を利用できるATM一覧
ATM返済可能時間
足利銀行平日7:00~21:00・土日祝9:00~21:00
ゆうちょ銀行平日8:00~21:00・土曜9:00~21:00・日祝9:00~19:00
セブン銀行24時間(月曜の2:00~7:00、一部祝前日21:~7:00は利用不可)
イーネット24時間(月曜の2:00~7:00、一部祝前日21:~7:00は利用不可)

まとめ

足利銀行の「あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca」は、クレジットカード支払いなどで残高がない場合に便利な「オートチャージ機能」が大変便利です。もちろん、いざという時にあると安心なカードローンでもありますので、1枚持っておくと重宝するでしょう。

足利銀行の営業エリアに住んでいる人は、申し込みを検討してはいかがでしょうか。

地方銀行カードローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.