Operated by Ateam Inc.

イーデス

三十三銀行カードローンで融資を受けるための条件とは

最終更新日:

三十三銀行カードローンで融資を受けるための条件とは
カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

三十三銀行は、令和3年に三重銀行と第三銀行が合併し発足した三重県四日市に本店を置く地方銀行です。

地域に根ざした経営で、地域経済に貢献してきた三重銀行と第三銀行の流れを汲み、
地域の顧客から愛され信頼される金融グループとして、地域とともに成長し、活力あふれる未来の創造に貢献することを目指しています。

そんな三十三銀行のカードローンは新しいカードローンのため、詳しい内容が分かりづらい部分もあります。

そこで今回は、地元の三十三銀行カードローンを検討中の方が申込の判断ができるように解説します。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

三十三銀行のカードローンは、申し込める対象が、三十三銀行の営業エリア内に居住もしくは勤務している人に限られています。申し込みがインターネットだけで完結できる点や、ゆうちょ銀行での借り入れが可能な点が利用しやすいといえるでしょう。窓口や電話、郵送、FAXでの申し込みも用意されていますが、なるべく早く借り入れたいならインターネット申し込みを利用しましょう。また、ローンカードの郵送が必須条件ですので、家族に知られたくないと思っている人は、受け取りの際に注意が必要です。

気になる内容をタップ

三十三銀行カードローンはどんなローン?

三十三銀行のカードローンは、安定収入のある申込時満20歳から満70歳までの人で、パート、アルバイト、年金受給者、配偶者に安定収入のある専業主婦(夫)なども使えるカードローンです。

審査は、保証会社であるアコム㈱の保証が受けられる方が対象。

また、三十三銀行の営業区域内(三重、愛知、岐阜、大阪、奈良、和歌山、東京)のに居住または勤務されている方だけが申し込めます。

▼年金受給者がお金を借りる方法について詳しくはこちらの記事をチェック

また、WEB契約型なら申し込みから契約まで来店は不要で、電話、窓口、FAX、郵送※でも審査申込が利用可能。

※FAXと郵送は、店頭かATMコーナーに据置きの事前審査申込書もしくは、申込書の取り寄せ・ダウンロードを利用

ローンカードは郵送ですが、それまでに借り入れが必要な場合には、必要額を返済用口座に振り込んでもらうことができます。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
パートやアルバイトだけでなく、年金受給者も申し込めますが、申込時の年齢が満70歳以下であることが条件になっている点に注意が必要です。年金の受け取り開始は原則65歳からなので、5年間しか利用できませんので、できるだけ小額の金額を借り入れ、短期で返済することを心掛けるようにしてください。毎月の返済額は最低2,000円ですが、ゆとりがある時にはまとめて返済ができますので、毎月の返済以外での随時返済も積極的に利用しましょう。

新井 智美さん

新井さん

三十三銀行カードローンの限度額と金利

三十三銀行カードローンは限度額500万円以内で借り入れができるカードローンです。金利は年6.8%~14.5%と借入限度額に応じた固定金利となっています。

三十三銀行カードローンの限度額と金利
限度額金利
10万円~90万円年14.50%
100万円~190万円年12.80%
200万円~290万円年9.80%
300万円~390万円年7.80%
400万円~500万円年6.80%

大手銀行カードローンと三十三銀行カードローンの違いを徹底比較

三十三銀行カードローンは地方銀行ですが、大手銀行の条件(金利や融資額)と対応などとどんな差があるでしょうか。
他の銀行カードローンと比較して、より優れた点を探してみましょう。

三十三銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名金利利用限度額口座開設毎月の最低返済額提携ATM
利用手数料
三十三銀行カードローン年6.8%~14.5%10万円~500万円必須2,000円相互無料開放ATM以外、有料(110円~220円)
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%※110万~800万円必須
(同時申込可)
2,000円原則有料
(110円~220円)
三井住友銀行 カードローン年1.5%~14.5%10万~800万円不要2,000円原則無料
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」年1.8%~14.6%最大500万円不要2,000円※2無料
りそな銀行カードローン年1.99%~13.5%※10万円~800万円必須10,000円有料
(110円~220円)
イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%最大800万円不要1,000円イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です
※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※2.借入利率が年8.1%超の場合

※大手を含むすべての銀行カードローンは、2018年1月より即日審査・即日融資が受けられなくなります。申し込み当日に融資が可能なのは、消費者金融のみとなります。

三十三銀行カードローンは、大手銀行でも数少ない500万円までの融資と10万円刻みの細かい限度額の設定で、様々な層の人々に広く利用のチャンスがあるローンです。

また、第三十三銀行は地元の営業エリアを大切にする姿勢があります。

地方銀行の場合、高額融資が難しいケースも多いですが、三十三銀行カードローンは大手と比べても引けを取らないほどの魅力があります。

身近な銀行で大手のような充実したプランのカードローンを利用したいという方には大変おすすめです。

こうした魅力がある三十三銀行カードローンですが、強みだけでなく弱みも知っておくことも大事です。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
三十三銀行のカードローンは、利用限度額や金利も標準的な水準となっており、人によってはほかのカードローンを利用する方が便利に利用できる可能性もあります。ただ、三十三銀行はポイントプランが用意されており、取引ごとにたまるポイントによってさまざまな特典を受けられます。特典のなかにはコンビニATM手数料の優遇などもあり、1ヵ月4回までが無料になりますので、三十三銀行のカードローンを利用するなら、ポイントプログラムを有効に活用するようにしましょう。

新井 智美さん

新井さん

三十三銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

三十三銀行カードローンは大手銀行と比べても優れた点が見られます。
しかし、場合によっては使いにくいと感じる点もあるため、厳しい目でデメリットについても確認しておきましょう。

三十三銀行カードローンのメリット・デメリット
メリットデメリット
70歳までの広い年齢層三十三銀行営業エリア内のみの利用
パート・アルバイトでも利用可金利は平均的
年金のみの収入でも利用可即日融資は不可
配偶者に安定収入があれば専業主婦でも利用可店頭でのカード受取り不可
500万円までの融資即日のカード受取り不可
利用残高が10万円以下なら、2,000円からの少額返済口座開設が必須

三十三銀行カードローンの強み

三十三銀行カードローンの強みは、最大500万円の融資とパートアルバイト、専業主婦、年金のみの収入の人など利用者の幅が広い点です。

最小の融資額は10万円からとなっており、審査に不安がある人でもその人の条件に合わせて柔軟な借り入れができそうです。

また、来店せずに利用したい、店頭で手続をしたいなど、申し込みの方法も選びやすくなっています。口座開設が必要な場合でも全てを来店なしで行うことも可能です。

三十三銀行カードローンの弱み

三十三銀行カードローンの弱みとしては、口座開設が必要であり、カードの受取りを店頭ではできない点があります。

また、三十三銀行で口座を持っていない場合には口座開設も行う必要があり、手間がかかるでしょう。

口座開設を行うには店頭と郵送(メールオーダー)が選べますが、郵送の場合にはやり取りに時間が必要です。
ローンカードは契約後1週間程度で届きます。

また、三十三銀行カードローンは最高500万円までの融資ですが、大手銀行と比較すると最高額での金利はそれほど低くはありません。
最高金利年14.50%など、銀行カードローンとしては標準です。

それでは、次の章で具体的に向いている人と向いていない人を紹介しましょう。

FPが教える三十三銀行カードローンに向いている人・向いていない人

三十三銀行カードローンは店舗に行かずにWEB契約できる便利なローンですが、人によっては手間がかかることがあります。

向き不向きによっては使い勝手に差が出来るため、自分がこの銀行カードローンに向いているかどうかをチェックしてみましょう。

三十三銀行カードローンに向いている人、向いていない人
向いている人向いていない人
三十三銀行営業エリア内に在住、勤務している人三十三銀行営業エリア外に在住、勤務している人
安定した収入がある人三十三銀行に口座がなくて即日融資が必要な人
パートアルバイト・年金受給者口座開設をしたくない人
来店せずに利用開始したい人安定した収入がない人
配偶者に安定した収入のある専業主婦カードを店頭で受け取りたい人
満20歳~70歳の人71歳以上の人

向いている人

三十三銀行カードローンに向いているのは、安定収入はあるものの正社員ではない人や配偶者に収入のある専業主婦などです。

三十三銀行に口座を持っている方であれば、早めに融資を受けられる可能性があり、取引内容次第で有利に利用できるでしょう。

向いていない人

三十三銀行カードローンは口座開設が必要です。そのため、第三銀行の口座をお持ちでなく、これから口座開設をしたくない方には向いていません。

第三銀行の口座を持っておらず、早めに融資を希望する方は、消費者金融や口座開設不要の銀行ローンを選ぶと良いでしょう。

そんな場合は、三菱UFJ銀行口座がなくても申し込みができる、三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」をおすすめします。

三十三銀行カードローンの必要書類

三十三銀行カードローンの申し込みの必要書類は、本人確認書類として運転免許証、パスポート、健康保険証※から選ぶことができます。

※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出ください。

三十三銀行カードローンで利用限度額50万円を超える額を希望する場合には、収入証明書も必要です。

では、もし少しでも早く融資を受けたい場合にはどうすればいいでしょうか?

三十三銀行カードローンで最短融資を受ける方法

借り入れを急いでいる場合には、最短で融資を受ける方法とその条件を知っておく必要があります。三十三銀行カードローンは申込から融資まで比較的早めのようですが、最短で融資を受けたい時には慎重な対応が必要です。

即日融資の可否と審査スピード

2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が不可となりました。これは第三銀行カードローンだけでなく、大手を含む銀行カードローンすべてが対象となります。
これにより、当面の間は審査に要する時間も読めないのが現状です。(2018年12月時点) また、カードローンの契約までに口座開設をしておく必要があるため、口座をお持ちでない方は口座開設しましょう。

最短で融資を受ける流れ

三十三銀行カードローンで最短で融資を目指すなら、あらかじめ口座開設をしておくことが必要です。

口座があれば、来店不要で振り込みキャッシングを利用できます。
契約時には「最短で融資希望」の旨を申し出ておくと、カードの到着を待たずに返済用口座に振り込んでいただける場合もあります。

口座がない場合には早めの融資は叶いませんが、来店で口座開設と契約を行うと融資までの時間を短縮できます。
また、店頭にカードと印鑑、本人確認書類を持っていけば、契約と同時に窓口での出金も可能です。

ただし、即日での審査は不可となります。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
融資を急いでいるなら、先に三十三銀行の口座を作っておきましょう。そうすることで、ローンカードが届く前でも借り入れることができます。ただし、銀行のカードローンですので、申し込みから審査完了まである程度の時間がかかる点は理解しておきましょう。どうしても即日に融資を受けたいなら、消費者金融系のカードローンに申し込むのも一つの方法です。ただし、保証会社にアコムを利用していることから、過去にアコムを利用し、信用事故を起こした経験がある場合は、アコムに申込んでも審査に通らない可能性があります。

新井 智美さん

新井さん

三十三銀行カードローンの審査を通りやすくするコツ

三十三銀行の審査を通りやすくするためには、申込書の記入を正確に行うことが大切です。

口座を持っていれば、申し込みから利用までスムーズに行えますし、借入希望額が50万までなら年収確認書類(源泉徴収票・所得証明書など)を用意しなくて済みます。

三十三銀行カードローンの返済方法

カードローンの利用では、借り入れと同時に返済のことも重視しなければいけません。

返済方法と期日

三十三銀行カードローンの返済は、自動引き落としになります。
毎月6日(銀行休業日の場合は翌営業日)に前月末の利用残高に応じた返済額が返済用口座から引き落としされます。
ATMや店頭での随時返済も可能です。

随時返済で利用可能なATM

三十三銀行を利用できるATM一覧
ATM返済可能時間
第三銀行ATM7:00~23:00
コンビニATM

(セブン銀行・イーネット)

7:00~23:00
イオン銀行ATM8:00~23:00

(土日:8:00~21:00)

三十三銀行のフリーローンはおまとめローンとして利用可

三十三銀行ではカードローン以外にもフリーローンも取り扱っています。

三十三銀行フリーローンの詳細
借入金利年3.0%・年5.0%・年7.0%・年10.0%・年13.0%・年14.6%
借入金額

10万円以上1,000万円以内(1万円単位)

※専業主婦(夫)の方は100万円以内

借入期間

6ヶ月以上15年以内(6ヶ月単位)

※(株)クレディセゾン保証は10年以内

利用できる方

・申込時満20歳以上満69歳以下

※完済時に満79歳以下

・三十三銀行の営業区域内に居住または勤務している方

・安定した収入がある方

・永住許可のある外国籍の方

・SMBCコンシューマーファイナンス㈱または㈱クレディセゾンの保証を受けられる方 

申込方法郵送、FAX、WEB、電話

※三十三銀行の普通預金口座を所持している方はWEBなら審査から契約まで完結

契約方法WEBか来店
返済方法毎月元利均等返済
返済日毎月6日・16日・26日のいずれかを選択

三十三銀行のカードローンとフリーローンの違いは、金利と借入限度額などがあります。

一番の違いは、フリーローンは返済のみ。何度も借入を繰り返すことはできません。

おまとめローンについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

まとめ

三十三銀行のカードローンは500万円までの融資が可能です。

金利などの条件がより良いカードローンを利用することもできます。

また、少額から利用することもできるため、幅広い層にチャンスのあるカードローンです。

地方銀行カードローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.