Operated by Ateam Inc.

イーデス

副業Webライターの始め方!未経験から在宅で稼ぐための方法を解説

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「未経験からWebライターの副業を始めるにはどうしたらいい?」
「どうやって副業案件を探せばいいのかわからない」

Webライターの仕事は未経験からでも挑戦しやすいので、まずは案件を探すことが第一歩です。

そこでこの記事では、副業を始める準備から案件探しの方法、稼ぎ方まで詳しく解説します

この記事を読んでわかること

  • Webライターの副業の始め方
  • Webライターの仕事の進め方
  • 副業でWebライターをするメリット・デメリット
  • Webライターの副業を始める際の注意点

記事中盤では案件探しにおすすめのサービスも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Webライターのスキルを身につけたいなら「ウェブフリ」がおすすめ

ウェブフリ
(引用元
ウェブフリ

ウェブフリ」は未経験からWeb業界で活躍できる人材を育成する実践型フリーランス育成スクールです。

「SEOライティングコース」ではWordpressやAnalyticsなどを学習し、稼げるライターになるためのスキルを習得できます。

また受講中に案件獲得から納品までを経験でき、リアルな稼ぎ方を学べることも特徴です。

副業を始める前に基礎スキルを身につけたい方は、ぜひ受講を検討してみてください。

ウェブフリ|基本情報

運営会社株式会社HATCH
受講形態オンラインのみ
対象地域全国どこでも
年齢制限

なし

受講料(税込)

非公開

学べる言語

HTML5・CSS3・Sass

受講期間目安
  • ベーシックプラン:4・6・10ヶ月
  • スピードプラン:3・5・9ヶ月

(最終更新:23年8月時点)

    気になる内容をタップ

    Webライターの副業ってどんな仕事?案件の種類も紹介

    まずは、Webライターが具体的にどのような仕事なのか解説します。

    ライティング案件のおもな種類も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

    Webライターの基礎知識

    仕事内容は「Web上の記事を作成すること」

    Webライターの仕事は、Web上で掲載される記事を作成することです。

    一般的にはクライアントから指定されたテーマ(キーワード)に沿って、記事を作成していきます。

    Web記事の種類はさまざまですが、副業向きのライティング案件としては下記のようなものが挙げられます。

    Webメディアの記事作成
    • 情報系サイトなどWebメディアに掲載する記事を執筆する(コラム記事・解説記事など)
    • SEOの知識があるとよい
    商品紹介記事作成
    • 特定の商品を紹介して購買を促進する記事を作成する
    • おもなクライアントはメーカーや小売などの販売機能を持った企業
    レビュー・レポート記事作成
    • ライターが実際に商品・サービスを使用したレビューを紹介する
    • 写真撮影などライティング以外の業務が発生することもある
    ランディングページ作成
    • Webサイトへの訪問者が最初に開くページを作成する
    • デザイン性が求められる
    インタビュー記事作成
    • 特定の人物にインタビューし、記事を作成する
    • 取材が発生するため、コミュニケーション能力が求められる

    さまざまな仕事がありますが、副業を行う場合は案件数が多い「Webメディアの記事作成」「商品紹介記事」「レビュー・レポート記事作成」がおすすめです。

    特にレビュー・レポート記事は「500文字以下で単発」の案件も多いので、初めての副業にも適しているでしょう。

    SEOとは?

    SEOとは「Search Engine Optimization article」の略で、SEO記事はGoogleなどの検索エンジンで上位表示されることを目的とした記事です。

    多くのクライアントは作成した記事が上位表示されることを目指しているため、WebライターはSEOの仕組みを理解してライティングするスキルが求められます

    Webライターの副業は未経験からでも始められる

    Webライターの副業はPCやネット環境さえあれば、未経験からでも問題なく始められます。

    特別な資格は必要なく文章を書くスキルがあれば、すぐに案件に応募することも可能です。

    実際に、当サイトのWebライターも未経験から仕事を始めています。

    現役Webライターの声

    31歳/女性(主婦・Webライター)

    結婚を機に「在宅でできる仕事がしたい」と思い、Webライターの案件に挑戦しました。
    副業として始めたころは月の収入が1~3万円くらいでしたが、本業にしてからは1日4時間程度の稼働で月10万円ほど稼げています。
    Webライターの案件の多くは自分の好きなタイミングで作業できるので、5年以上無理なく続けられてきました。
    また、自分が担当した記事が公開されて上位表示されたときには、大きなやりがいを感じます。

    (イーデス調査)

    現役Webライターの声

    29歳/女性(Webライター)

    もともと文章を書くことが好きだったこともあり、ライターの副業を始めてみました。
    副業を始めたばかりのころは本業が終わった後の約2時間と休日に約5時間稼働していましたが、本業にしてからは1日8時間稼働しています。
    現在はあらゆるジャンルの記事を担当しているため、記事を書くごとに自分の知識が積み重なっていくことにやりがいを感じています。

    (イーデス調査)

    現役Webライターの声

    43歳/男性(本業システムエンジニア)

    土日・祝日の余暇をなにもしないまま過ごしており、時間がもったいないと感じて副業することを決断しました。
    いろいろ調べた結果、初期費用がかからず、すぐに始められそうな点からWebライターを選びました。
    始めたばかりのころは月1万円程度でしたが、半年を超えたあたりから1日1~2時間の稼働で月5万円程度稼げています。
    主にIT関連の案件を行っており、本業での知識・経験を活かせるだけでなく、新しい情報をキャッチアップできるので収入以外のメリットを感じています。

    (イーデス調査)

    また、Web記事の制作は指定されたテーマに関する専門知識がなければできないと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。

    ネットで調べながら書くことも可能なので、専門知識がない状態でも仕事を請けられます。

    未経験者必見!Webライターの副業の始め方

    未経験者必見!Webライターの副業の始め方

    ここからは、Webライターの副業の始め方をステップごとに解説します。

    未経験からWebライターの副業を始めたい方は、ぜひ参考にしてください。

    Webライターの副業の始め方

    ステップ1.PCやネット環境を整える

    まずは、Webライターとして仕事を始めるための環境を整えます。

    Webライターを始めるために必要なのは、PCとネット環境です。

    スマホで記事を書くことも不可能ではありませんが、作業のしやすさを考慮するとPCで作業するのがおすすめです。

    ハイスペックのPCは必要ありませんが、下記のスペックを備えていると作業がしやすいでしょう。

    プロセッサ(CPU)Intel Core i5以上、または同等のAMDプロセッサ
    メモリ(RAM)8GB以上
    ストレージSSD(256GB以上)
    ディスプレイ24インチ以上、高解像度(1920x1080ピクセル以上)

    Webライターは調べながら書くことが多いので、ディスプレイが大きいPCだと作業がしやすいです。

    すでにPCを持っている方であれば、新しく何かを用意することなく副業を始められます。

    ステップ2.自分に合うサービスに登録して案件を探す

    仕事を始められる環境が整ったあとは、Webライターの案件を獲得するためのサービスに登録します。

    実績のないWebライターが個人で営業をかけて契約を獲得するのは難しいため、下記のサービスを活用して案件を探しましょう。

    Webライターの副業案件を探す方法

    方法1.クラウドソーシングサービスで案件を探す

    クラウドソーシングサービスとは、仕事を依頼するクライアントと仕事を請けるワーカーをネット上でマッチングさせるサービスです。

    クラウドソーシングサービスでは、プログラミング・デザイン・データ入力などさまざまな案件があり、ライティング案件も充実しています。

    なおクラウドソーシングサービスの案件には、タスクとプロジェクトの2種類があります

    タスク
    • 単発かつ短期間で完了する案件(レビュー・500字以下の記事作成など)
    • クライアントとの契約は不要、サイト上で納品するクラウドワークス・ランサーズの場合)
    • 低単価の案件が多い傾向
      ⇒(例)商品レビュー 33円/件
    プロジェクト
    • 複数記事の執筆・長期契約など
    • クライアントと契約してやりとりしながら作業を進める
    • 応募の際は自己PR文を添えるのが一般的(得意分野があれば専門性をアピールするとよい)
    • タスクと比較して高単価の案件が多い傾向
      ⇒(例)5000文字の美容系記事 5000円/本

    未経験者はタスクからスタートし、作業に慣れてきたらプロジェクトに挑戦するのがおすすめです。

    Webライターにおすすめのクラウドソーシングサービス

    未経験者向けのライティング案件を探すなら「クラウドワークス」と「ランサーズ」がおすすめです。

    いずれもオンライン上で業務が完結できるサービスで、企業・個人の両方と取引できます。

    なお、2023年5月時点のWebコンテンツ作成の案件数は、クラウドワークス約970件、ランサーズ約270件となっています。

    たくさんの案件を比較検討したい場合は、両方に登録しておくとよいでしょう。

    方法2.スキルシェアサービスで依頼を待つ

    スキルシェアサービスとは、個人の経験やスキルを共有して売買するサービスです。

    自分が提供できるスキルやサービスをサイト上で出品し、スキルを買いたい人が現れれば「条件交渉⇒契約成立」となります。

    先ほど紹介したクラウドソーシングサイトとは下記のような違いがあるので、受け身で仕事の依頼を待つことが可能です。

    仕事を受注する方法
    スキルシェア
    • スキルを販売(出品)して依頼を待つ
      ⇒受動的なスタイル
    クラウドソーシング
    • 募集されている案件に応募する
      ⇒能動的なスタイル

    なおスキルシェアサービスは個人間のやりとりが多く、案件の規模が比較的小さい傾向にあります。

    Webライターにおすすめのスキルシェアサービス

    スキルシェアサービスのなかで代表的なのが「ココナラ」です。

    ココナラは日本最大級のスキルマーケットで、イラスト制作やデザイン、Webサイト制作などあらゆるスキルを出品できます。

    実際にWebライターとしてライティングスキルを販売している人も多いです。

    また、公募されている案件に応募することも可能なので、自ら積極的に仕事を探したい場合にも活用できます。

    方法3.求人サイトで案件を探す

    ライティングの案件はあまり多くはありませんが、求人サイトを活用する方法もあります。

    求人サイトで掲載されている案件には、おもに時給制と業務委託の2パターンがあり、それぞれ契約条件が異なります。

    出来高制の業務委託案件であれば時間や場所にとらわれず作業できるケースも多いので、副業でも始めやすいです。

    時給制の場合は最低勤務日数が定められている場合もあるので、契約前にしっかり確認しましょう。

    求人サイトは「マッハバイト」がおすすめ

    マッハバイト」は、人気の職種やエリアからアルバイトを検索できる求人サイトです。

    飲食や販売のバイトが中心ですが、ライターの案件も一部存在します。(※2023年5月時点では約90件)

    Webライターの求人例 マッハバイト
    (引用元
    マッハバイト|2023年5月時点

    バイトが決まれば、最大1万円のマッハバーナスをもらえることも魅力です。(※2023年5月時点)

    アルバイトとして副業を始めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

    マッハバイト|基本情報

    会員数300万人以上
    公開求人数約192,000件
    料金無料
    対応地域全国
    優良派遣事業者認定未登録
    労働者事業許可番号-

    (最終更新:24年6月時点)
    ※会員数は2023年6月時点(マッハバイト調べ)

    ステップ3.案件受注・執筆を行う

    案件を受注したあとは、クライアントの要望に沿って記事の作成を行います。

    執筆から納品までは、下記のポイントを意識してください。

    執筆~納品までのポイント

    • 文章表現や体裁はクライアントの要望に合わせる
    • 納期に間に合うよう、スケジュールに余裕を持たせて作業する
    • 報告・連絡・相談をしっかりと行う
    • 納品前の見直しは丁寧にしっかりと行う

    クライアントと信頼関係を築くためには、丁寧で誠実な作業を心がけることが大切です。

    具体的な仕事の進め方や執筆のポイントは、次の章で解説していきます。

    補足|ブログを開設するのもおすすめ

    Webライターとして副業を行う場合、Wordpressなどで個人ブログを開設してアフィリエイト収入で収益を得る方法もあります。

    収益化までに時間がかかることに加え、収入が不安定になりやすいデメリットがありますが、納期などはないので自分のペースで進められるメリットがあります

    文章を書く練習にもなるので、クラウドソーシングサービスに登録する前に何記事か作成してみるのもおすすめです。

    Webライターの仕事の進め方

    Webライターの仕事の進め方

    ここからは、Webライターの仕事の進め方について解説します。

    案件を獲得した後にどのような流れで仕事を進めていくのかご紹介するので、これからWebライターの副業を始める方は参考にしてください。

    Webライターの仕事の進め方

    ※上記は一般的な例であり、案件によっては例外もあります。

    ステップ1.競合記事の分析

    まずはGoogleなどのブラウザでこれから作成する記事のキーワードを検索し、競合記事の分析を行いましょう。

    たとえば「おいしい 料理」というキーワードで記事を作成する場合、Googleで同ワードを検索してどのような記事が検索上位に上がっているのか確認します。

    キーワードで検索をかけて競合記事を分析することで、これから作成する記事にどんな内容を含めるべきなのか判断しやすくなります。

    なお、競合記事を確認する際は下記のようなポイントをチェックしてみてください。

    競合記事を確認するときのポイント

    • どのような見出しで構成されているか
    • どのような人をターゲットとした記事なのか
    • 競合記事の良い点
    • 競合記事の不足している点

    また、競合サイト分析ツールを利用すれば、アクセス数や流入キーワードなどもチェックできます。

    上位記事を目指すためには、競合記事よりコンテンツ内容を充実させることが重要です。

    ステップ2.記事の構成を作成

    実際に記事を書き始める前に、記事の構成を作成します。

    構成を作成しクライアントに確認してもらうことで、記事の方向性がズレてしまうのを回避できます。

    構成の作り方は見出し単位でコンテンツの概要を記載するのが一般的です。

    大見出しは<h2>、中見出しは<h3>、小見出しは<h4>タグで記載することで、クライアントと認識を合わせられます。

    構成書の作成例

    タイトル案:「●●」

    <h2>大見出しの案</h2>

     <h3>中見出しの案</h3>

     <h3>中見出しの案</h3>

      <h4>小見出しの案</h4> …

    構成書を作成する際には、ターゲットがどのような情報を知りたがっているのか考えるようにしましょう。

    読者のニーズを想定することで、見出しの構成を考えやすくなります。

    見出しタグとは?

    Web記事は、大見出し・中見出し・小見出しの段落に分かれています。

    記事の段落をHTMLで表したものが見出しタグです。

    見出しタグは、<h1></h1>・<h2></h2>・<h3></h3>・<h4></h4>と階層に分かれており、数字が小さいタグほど階層が高くなります

    ステップ3.記事執筆

    クライアントから構成書のOKをもらったあとは、いよいよ記事を執筆します。

    記事執筆のポイントはさまざまありますが、クライアントの要望や想定される読者を意識することが大切です。

    記事執筆のポイント

    • クライアントがどのような記事を求めているのか考える
    • 想定される読者にあわせて文体や文調を考える
    • 同じWebメディアで掲載されている記事を確認して参考にする
    • 論理的で誰でもわかりやすい文章を意識する

    また、クライアントによってはレギュレーション(書き方のルール)が定められている場合もあります。

    ひらがな表記・敬語の使い方・文末の表現・見出しの文字数などが細かく指定されているケースもあるので、クライアントの指示に従いましょう

    はじめは時間がかかることも……

    Webライターの仕事を始めて間もないころは、1記事書き上げるのに数日かかることもあります。

    時給で換算すると、割に合わないと感じることも多いでしょう。

    しかし、Webライターは書き続けることで執筆スピードが上がります

    はじめは時間がかかったとしても、根気よく続けていきましょう。

    ステップ4.校閲

    記事を書き終わったあとは、納品前に校閲を行います。

    「誤字脱字はないか」「事実確認をしているか」「レギュレーションに沿っているか」などのポイントをチェックし、少しでもミスを減らすようにしましょう。

    校閲をする際には、音読して違和感がないか確認するのもおすすめです。

    ステップ5.納品

    校閲が完了したあとは、記事をクライアントに納品します。

    Word・Googleドキュメント・Wordpressなどクライアントから指定された形式で納品しましょう。

    また、クライアントと信頼関係を築くためにも期日までに納品することが大切です。

    万が一納期に間に合わない場合はあらかじめクライアントに納品が遅れる旨と、いつまでに納品できるのかを伝えましょう。

    補足|SEOライティングを学ぶなら「ウェブフリ」がおすすめ

    ここまでを読んで「ライターの副業は意外と難しいかも」「文章力を身につけて安定して稼ぎたい」と思った方もいらっしゃると思います。

    SEOを意識したライティングを学びたい場合は、フリーランス育成スクール「ウェブフリ」の受講がおすすめです。

    ウェブフリ
    (引用元
    ウェブフリ

    ウェブフリ」にはSEOライティングコースが設けられており、下記のようなWebライターに必須の知識を学ぶことが可能です。

    • WordPress(ワードプレス)の使い方
    • Analytics(アナリティクス)の見方
    • Search Console(サーチコンソール)の設定・使い方……など

    また、ベーシックプランとスピードプランが設けられており、3~10ヶ月まで希望する期間で学べることも特徴です。

    受講は完全オンラインなので、本業の仕事をしながら無理なく学習を進められるでしょう。

    ライティングスキルを基礎からしっかり学びたい方は、ぜひチェックしてみてください。

    ウェブフリ|基本情報

    運営会社株式会社HATCH
    受講形態オンラインのみ
    対象地域全国どこでも
    年齢制限

    なし

    受講料(税込)

    非公開

    学べる言語

    HTML5・CSS3・Sass

    受講期間目安
    • ベーシックプラン:4・6・10ヶ月
    • スピードプラン:3・5・9ヶ月

    (最終更新:23年8月時点)

    副業でWebライターを始めるメリット・デメリット

    副業でWebライターを始めるメリット・デメリット

    ここからは、副業でWebライターを始めるメリット・デメリットを解説します。

    Webライターの仕事が自分に合っているか判断するためにも、ぜひチェックしてみてください。

    副業でWebライターを始めるメリット

    まずは、副業でWebライターを始めるメリットを3つご紹介します。

    副業でWebライターを始めるメリット

    メリット1.在宅で仕事ができる案件が多い

    Webライターの案件は、完全在宅でできるものがほとんどです。

    クライアントとのやりとりはチャットがやメール中心で、オフィスに出向くことはほとんどありません。

    在宅でできるため、仕事の合間に家事を済ませることも可能です。

    実際に、家事や子育ての合間にWebライターの仕事をしている主婦もたくさんいます。

    現役Webライターの声

    31歳/女性(主婦・Webライター)

    朝起きて少し仕事をして、休憩がてら掃除をして、また仕事に取り掛かる……ということも多いです。
    自分のペースで仕事と家事を両立できることは、大きなメリットに感じます。
    またオフィスに出向く必要がないので、通勤のストレスもなくなりました。

    (イーデス調査)

    メリット2.自分のペースで仕事をしやすい

    Webライターの副業は、納期に間に合えばいつ仕事をしてもかまわないものが多いです。

    会社から帰ってきてから作業をしてもよいですし、休日にまとめて作業をしても問題ありません。

    時間の縛りなく自分のペースで作業できるため、本業や家事・育児・介護とも両立しやすいでしょう。

    また、PCさえあればどこでも作業できるため、近所のカフェや旅行先で仕事を進めることも可能です。

    メリット3.さまざまな知見を得られる

    Webライターの副業を始めることで、さまざまな知見を得られるようになります。

    記事を書く際には情報をリサーチし、自分の言葉でアウトプットできるまで理解する必要があります。

    そのため、1記事書き上げるころには、執筆していた分野に関する深い知識を得られるでしょう。

    また、案件によってはSEOやHTMLの知識など、Web業界で活躍するためのスキルも習得することが可能です。

    副業でWebライターを始めるデメリット

    未経験からでも始めやすいWebライターですが、ほかの副業と比較するとマイナスに感じやすい面もあります

    ここからは、副業でWebライターを始めるデメリットを3つご紹介します。

    副業でWebライターを始めるデメリット

    デメリット1.比較的単価が低い案件が多い

    未経験でもチャレンジしやすい専門性の低い案件は、単価が低い傾向にあります。

    未経験者は相場より単価が低い案件しか獲得できないことも多く「月の報酬が1万円未満」というケースも珍しくありません。

    なお、Webライターの平均単価については下記を参考にしてください。

    Webライターの平均単価

    • 未経験⇒文字単価0.3~0.5円
    • 初心者・中級者⇒文字単価1.0~3.0円
    • 上級者・専門家⇒文字単価5.0円以上

    (参考:リモートワーカー発注DX|DX支援メディア

    デメリット2.仕事が途絶えてしまうリスクがある

    Webライターのデメリットとして、突然仕事が途絶えてしまうリスクが挙げられます。

    Webライターの案件は業務委託契約が中心で、いつでも仕事を打ち切られてしまう可能性があるためです。

    クライアントの方針次第で突然案件がゼロになることも珍しくなく、代わりの案件が見つからなければ副業収入がゼロになってしまいます。

    仕事が途切れて収入がなくなるリスクは避けられないため、安定して副業収入を得たい場合は注意が必要です。

    デメリット3.ライバルが多い

    Webライターの案件はライバルが多いため、応募する際に倍率が高くなることも少なくりません。

    経験者と未経験者が同時に応募した場合、経験者が優遇されやすいため、なかなか案件を獲得できないことも多いです。

    とくに高単価で条件のよい案件は競争率が高くなりやすいので注意が必要です。

    Webライターが向いている人

    Webライターが向いている人

    「Webライターの副業に興味があるけど、自分に向いているのかわからない」と感じている方も多いでしょう。

    ここまでの情報を踏まえると、下記に当てはまる方はWebライターに向いているといえます。

    Webライターが向いている人

    • 文章を書くのが好き
    • 在宅でできる副業がしたい
    • 好きな時間に働けて、本業や家事などに支障がない副業がしたい
    • 仕事を通していろいろな知識を身につけたい
    • すぐにまとまった収入を得られなくても問題ない

    Webライターの副業は時間や場所の自由度が高いものの、早い段階から安定して稼ぐのは難しいです。

    また、書き続けなければ収入を得られないので「書くことが好き」というモチベーションがあることも重要です。

    Webライターの副業を始める際の注意点

    Webライターの副業を始める際の注意点

    副業でWebライターを始める際に、いくつか注意したい点もあります。

    トラブルに発展しないためにも、あらかじめ確認しておきましょう。

    Webライターの副業を始める際の注意点

    注意点1.収入によっては確定申告が必要になる

    Webライターの副業で合計20万円を超える所得があった場合は、確定申告が必要です。(参考元:確定申告が必要な方|国税庁

    確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間で得た所得に対する税金を計算して、税務署に申告する手続きのことを指します。

    勤め先の企業で年末調整をしている場合も同様で、年間20万円以上の所得がある場合は個人で確定申告を行う必要があります

    確定申告を怠ると無申告加算税や延滞税などが発生するケースもあるので、確定申告が必要な場合は必ず行いましょう。

    確定申告の流れ

    確定申告と聞くと「難しそう」と思う方もいるかもしれませんが、e-taxを利用すればPCで簡単に行うことが可能です。

    • 利用者識別番号の取得
    • 電子証明書の取得(マイナンバーカードがあれば代替可能)
    • 確定申告書等作成コーナーのソフトを開く
    • 申告・申請データを作成・送信する
    • 送信結果を確認する

    (参考:ご利用の流れ|e-tax国税電子申告・納税システム

    注意点2.副業禁止の場合はリスクが高い

    本業が副業を禁止している場合、許可を取らずにWebライターの仕事をはじめるのは危険です。

    万が一会社にバレてしまった際に、減給や降格などのペナルティを課される可能性があります

    副業している事実を社内の人に話していなかったとしても、住民税などの納税額が増えることでバレてしまう可能性があるので注意してください。

    また、公務員は原則副業禁止なので、安易に始めないようにしましょう。

    勤め先の会社が副業を認めているのかわからない時は、事前に就業規則を確認しておくと安心です。

    Webライターの副業で稼ぐためのポイント

    Webライターの副業で稼ぐためのポイント

    せっかく副業を始めるのであれば、ある程度稼ぎたいと考える方も多いでしょう。

    未経験のWebライターがまとまった金額を稼ぐのは簡単ではありませんが、案件を獲得するためのコツや執筆スピードを上げるコツを押さえれば月3万円以上稼ぐことも可能です。

    ここでは、Webライターが副業で稼ぐためのポイントを4つ解説します。

    Webライターの副業で稼ぐためのポイント

    ポイント1.プロフィールや提案書を充実させる

    Webライターの案件を獲得するためには、クライアントに自分の強みをPRする必要があります。

    クライアントが仕事を依頼するかの判断基準になるのが、プロフィールと提案書です。

    プロフィールや提案書に自分の強みや実績をわかりやすく記載していれば、クライアントから「このワーカーになら仕事を任せられる」と思われやすくなります。

    案件獲得の可能性を高めるためにも、下記のポイントを押さえてプロフィールや提案書を充実させましょう。

    プロフィールや提案書の書き方のコツ

    • 得意分野が一目で分かるようにする
      ⇒(例)金融業界で5年働いていたため、金融系の分野に自信がある
    • 実績を客観的に判断できるようにする
      ⇒(例)過去に10記事以上の美容系の記事を執筆してきた
    • 保有資格を記載する
      ⇒(例)宅建の資格を持っているため、不動産関係の分野に自信がある

    Webライターとしては未経験でも、本業での実績が案件獲得につながる可能性があります。

    条件のよい案件を獲得するためにも、自分の強みを分析してみましょう。

    ポイント2.実績を積む

    未経験者の場合は、まず1つ目の実績を作ることが重要です。

    実績ゼロの状態では契約につながりにくいので、小さな案件から始めて信頼を作るようにしましょう

    クラウドソーシングサービスに登録したばかりの状態であれば、クライアントとの契約がいらないタスクから始めてみるのがおすすめです。

    簡単に実績が作れることに加え、タスクを募集していたクライアントから別途プロジェクトの依頼が来るケースもあります。

    まずは小さな案件からコツコツこなして、実績を作ることを意識しましょう。

    ポイント3.得意分野を作る

    記事の執筆スピードを上げるためには、得意分野を作ることがおすすめです。

    得意分野の記事であれば、すでに知識を有しているため、リサーチ時間を短縮できます。

    リサーチ時間を短縮できれば必然的に1記事あたりにかかる時間を短縮できるため、本数をこなして効率的に稼げるようになります

    美容・金融・不動産・転職などジャンルは何でもかまわないので、「このテーマであれば調べなくても書ける」と思えるジャンルを探してみましょう。

    ポイント4.長期契約してくれるクライアントを探す

    安定して稼ぐためには、長期契約してくれるクライアントを探すのがおすすめです。

    単発の案件ばかりを受けていると、案件探しの時間が確保できないときや提案が通らなかったときに収入が途絶えてしまいます。

    その点、長期契約してくれるクライアントがいれば、毎月の売上見込みが立ちやすくなり安定収入につながります

    クラウドソーシングサービスで案件探しをするときは、「長期契約」と記載されている案件を選ぶとよいでしょう。

    複数のクライアントと契約するのがおすすめ

    安定して稼ぐためには、複数のクライアントと長期契約しておくと安心です。

    なぜなら、1つのクライアントだけに依存していると、依頼がなくなったときに収入がゼロになってしまうからです。

    複数のクライアントと契約をしていれば、たとえ1つの仕事がなくなったとしても、収入がなくなるリスクを回避できます。

    補足|高収入を狙うならプラスアルファのスキルを身につけよう

    補足|高収入を狙うならプラスアルファのスキルを身につけよう

    Webライターは比較的単価が低い案件が多いので、ライティングだけで高収入を目指すのはハードルが高いです。

    高収入を狙うのであれば、WebデザイナーやWebエンジニアなどプラスアルファのスキルを身につけることも検討しましょう。

    Webデザイナー
    • Webサイトのデザインを手掛ける専門家
    • 色やレイアウトなどユーザーが使いやすいサイトを作る
    • HTMLやCSSの知識が必要
    Webエンジニア
    • Webサイトの開発を行うエンジニア
    • Webサイトの設計や運用、保守までトータルで関わる
    • HTML、CSS、JavaScriptなどの知識が必要

    Webライター兼Webデザイナーといった2つの武器があると、高単価の案件にも採用されやすくなります。

    なお、未経験からスキルを身につけたい場合は、下記のスクールを活用すると短期間で効率的に勉強できます。

    スクール名特徴
    TechAcademy
    (テックアカデミー)
    • Web制作やプログラミングなど多彩なコースがある
    • 受講後は副業案件を紹介してもらえる
    SAMURAI ENGINEER
    (侍エンジニア)
    • マンツーマン指導のプログラミングスクール
    • 未経験からでも挫折しにくい

    多彩なコースがある「TechAcademy(テックアカデミー)」

    TechAcademy」は、Web制作やプログラミングのスキルを学べるオンラインのスクールです。

    ライフスタイルに合わせて好きな時間に取り組めるので、本業とも両立しやすいでしょう。

    また、「はじめての副業コース」「フロントエンド副業」「Java」「Webデザイン」など多彩なコースがあることも特徴です。

    受講後に副業案件を紹介してくれるコースもあるので、自力で案件獲得できるか不安な方でも安心です。

    スキルを身につけて副業につなげたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

    テックアカデミー|基本情報

    運営会社キラメックス株式会社
    受講形態オンラインのみ
    対象地域全国どこでも
    年齢制限

    なし

    ※エンジニア転職保証コースは32歳以下に限り転職を保証

    受講料(税込)

    174,900円(税込)〜

    ※12週間Liteプラン139,700円(税込)~もご用意

    学べる言語

    PHP・Java・Ruby・HTML5/CSS3・SQL・JavaScript・Python・Swift・Kotlin・Unity・C#・Scala

    勉強時間の目安週20~25時間(8週間コースの場合)

    (最終更新:23年9月時点)

    マンツーマンで指導してくれる「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

    SAMURAI ENGINEER
    (引用元
    SAMURAI ENGINEER

    SAMURAI ENGINEER」は、専門講師によるマンツーマンのレッスンを受けられるプログラミングスクールです。

    プログラミングの勉強をしていると「エラーが解消できない」といった問題に直面することも多いですが、SAMURAI ENGINEERでは、つまづいたときすぐ講師に質問できます。

    未経験者でも挫折しにくい体制になっており、受講生の途中離脱率は2.1%と公表されているので安心して学習を進められるでしょう。(参考元:SAMURAI ENGINEER

    ひとりで学習を進める自信がない方は、ぜひ受講を検討してみてください。

    SAMURAI ENGINEER|基本情報

    運営会社株式会社SAMURAI
    受講形態オンラインのみ
    対象地域全国どこでも
    年齢制限

    なし

    受講料(税込)

    プログラミング教養コースの場合
    月額165,000円(月4,098円〜)

    学べる言語

    HTML・CSS・Javascript・Ruby・PHP・Javaなど

    受講期間目安1ヵ月~6ヵ月

    (最終更新:23年8月時点)

    【Q&A】副業Webライターについてよくある疑問

    【Q&A】副業Webライターについてよくある疑問

    最後に、副業でWebライターを始めるときによくある疑問をまとめました。

    副業Webライターについてよくある疑問

    Q1.Webライターにポートフォリオは必要?

    回答

    必須ではありませんが、用意しておくと案件を獲得しやすくなります。

    ポートフォリオとはこれまでの実績をまとめた作品集で、自分のスキルをアピールする際に役立ちます。

    未経験からWebライターの副業を始める場合、過去に執筆した記事はないと思うので無理に用意する必要はありません。

    個人ブログなど評価につながる可能性のある記事があれば、クライアントに提出するとよいでしょう。

    Q2.Webライターが「きつい」と言われる理由は?

    回答

    低単価の案件が多く、本数を書かなければ稼げないため「きつい」と言われています。

    Webライターの案件には、相場より極端に低い単価が設定されている案件も少なくありません。

    低単価の案件ばかりが目に留まり、なかなか稼げないというイメージが強くなったことから「Webライターはきつい」といわれることもあります。

    また、そもそも文章を書くことが好きでなければ、PCに向かって書き続けるのは難しいでしょう。

    「きつい」と感じるのは本人の適性にも左右されるので、否定的な意見だけに惑わされないようにしましょう。

    Q3.将来的に正社員のWebライターになることは可能?

    回答

    副業の経験を活かして正社員のWebライターになることも可能です。

    転職サイトでは、Webライターの正社員求人が掲載されていることもあります。

    副業としてWebライターの経験がある方であれば、完全未経験者より有利になる可能性があるでしょう。

    ただし求人数は多くないので、倍率が高くなることが予想されます

    また、ライティングスキルだけでなく、SEOやマーケティングなどの知識を求められる場合が多いです。

    Q4.Webライター初心者におすすめの案件は?

    回答

    初心者は、1,000文字以下など文字数が短い案件がおすすめです。

    初心者がいきなり5,000文字や10,000文字の記事を書くのはハードルが高いです。

    まずは書ききることを目標にして、短い文章の案件から始めましょう。

    クラウドソーシングサービスを利用するなら、タスクにチャレンジしてみるのもおすすめです。

    体験談や商品レビューを書くタスクであれば、初心者でも始めやすいでしょう。

    Q5.稼げるのはどんなライティング案件?

    回答

    専門知識が求められる案件は、文字単価が高くなりやすいです。

    医療や経営などの専門知識を求められる分野の記事は、文字単価が3円~5円など高単価に設定されている場合もあります。

    専門的な記事は資格や経験を必要とする場合が多く、誰でも応募できるわけではありませんが、条件に該当するのであれば大きなアドバンテージになります。

    専門分野がある場合は、知見を発揮できる分野を狙うことで効率的に稼ぎやすいでしょう。

    まとめ

    Webライターは初期費用がほとんどかからず未経験からでも始めやすいため、副業初心者から注目されています。

    副業Webライターの始め方を知りたい方は、下記のステップを参考にしてください。

    Webライターの副業の始め方

    • PCやネット環境を整える
    • 自分に合うサービスに登録して案件を探す
    • 案件受注・執筆を行う

    PCやネット環境があれば気軽に挑戦できるので、まずはクラウドソーシングサイトで案件を探すことから始めてみてください。

    なお、ライティングの知識を基礎からしっかり身につけたい場合は「ウェブフリ」。

    プログラミングなどプラスアルファのスキルを身につけたい場合は、「TechAcademy」「SAMURAI ENGINEER」の受講もおすすめです。

    スクール名特徴
    ウェブフリ
    • SEOライティングの知識を学べる
    • 案件獲得〜納品まで経験できる
    TechAcademy
    (テックアカデミー)
    • Web制作やプログラミングなど多彩なコースがある
    • 受講後は副業案件を紹介してもらえる
    SAMURAI ENGINEER
    (侍エンジニア)
    • マンツーマン指導のプログラミングスクール
    • 未経験からでも挫折しにくい

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE