Operated by Ateam Inc.

イーデス

クレディセゾンの住宅ローンはフラット35に特化している!つなぎ融資やセゾンカード会員向けのサービスが便利

最終更新日:

クレディセゾンの住宅ローンはフラット35に特化している!つなぎ融資やセゾンカード会員向けのサービスが便利
おすすめ住宅ローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

クレディセゾンは大手都市銀行やネット銀行とは違い、セゾンカードやUCカードを取り扱うクレジットカード会社です。

変動金利や当初固定金利は扱っておらず、フラット35のみを取り扱っています。

この記事では

簡単にまとめると

  • クレディセゾンの住宅ローン金利
  • メリット・デメリット
  • クレディセゾン住宅ローンが向いている人
  • 審査の厳しさやスピード

について解説していきます。

クレディセゾンの特徴を理解し、自分に合っているのかどうか判断していきましょう。

【結論】クレディセゾンで住宅ローンを借りるべき人

  • 住宅購入価格の100%まで融資を受けたい人
  • フラット35でつなぎ融資の利用を検討している人
  • セゾンカード・UCカードをメインカードとして利用している人

金利タイプや借入先で
返済額が変わる!

たった
1分

まずはシミュレーションで
住宅ローンを一括比較

万円

気になる内容をタップ

クレディセゾン住宅ローンの金利

クレディセゾンの住宅ローンはフラット35のみを取り扱っています。

変動金利や当初固定金利は扱っておらず、他の金融機関と大きく違う点になっていますね。

新規借り換え
フラット20
(買取型)

1.430%

  • 2024年04月適用金利
  • フラット35
  • 自己資金10%以上
  • 借入期間15年~20年の場合
  • 一般団信加入

1.430%

  • 2024年04月適用金利
  • フラット35
  • 借入期間15年~20年の場合
  • 一般団信加入
フラット35
(買取型)

1.820%

  • 2024年04月適用金利
  • フラット35
  • 自己資金10%以上
  • 借入期間21年~35年の場合
  • 一般団信加入

1.500%

  • 2020年03月適用金利
  • フラット35
  • 自己資金10%未満
  • 借入期間21年~35年の場合
  • 一般団信加入
フラット35S

1.320%

  • 2024年04月適用金利
  • フラット35
  • 当初5年間引下げ
  • 自己資金10%以上
  • 借入期間21年~35年の場合
  • 一般団信加入
-

クレディセゾンを利用する際の3つのメリット

ここからはクレディセゾンが持つメリットについて下記3点を紹介していきます。

フラット35の金利は他のネット銀行と同様のため、金利以外で他の金融機関と比較した場合のメリットを解説します。

クレディセゾン住宅ローンのメリット

メリット①住宅ローンの融資実行までに「つなぎ融資」を利用することができる

まず1つ目のメリットは、住宅ローンの融資実行までにつなぎ融資を利用できる点です。

注文住宅の様に土地を購入して建物を建築する場合「土地取得費用」が先行して必要になります。また購入した土地に建物を建築する際も、「着手金」「中間金」「引渡金」が発生します。

住宅ローンは住宅の購入後に融資が始まるため、これらの費用には利用することができません。そこで、住宅ローンが利用できるまでの間に利用するのが「つなぎ融資」です。

レディセゾンの『セゾンのつなぎローン』は他の銀行と比べて金利が低いため、つなぎ融資による負担も少なく抑えられます。

メリット②フラット35PLUSの利用で100%まで融資を受けられる

2つ目のメリットとして、フラット35PLUSを利用することで住宅購入価格の100%までの融資を受けられるという点があります。

フラット35PLUS

フラット35PLUSとは、「住宅購入価格 ー フラット35融資額=住宅購入価格の10%」までを融資する住宅ローンです。

金利は当初5年固定となり、以降5年ごとに見直しとなります。

フラット35単独でも100%の融資を得る事は可能ですが、フラット35は融資率が9割を超えた場合は割高になってしまいます。

融資率金利
90%以上

1.930%

  • 2024年04月適用金利
  • フラット35
  • 自己資金10%未満
  • 借入期間21年~35年の場合
  • 一般団信加入
90%未満

1.820%

  • 2024年04月適用金利
  • フラット35
  • 自己資金10%以上
  • 借入期間21年~35年の場合
  • 一般団信加入

フラット35で9割まで融資を受けて、残りはフラット35PLUSにすることで返済額を抑えることができますね。

メリット③SAISON ライフサポートで新生活へ役立つ優待を受けられる

3つ目のメリットはセゾンカード・UCカード会員限定にはなりますが、引っ越しや家具の購入といった新生活に必要なサービス・お店で利用できるクーポンをもらうことができる点です。

住宅購入にあたっては引っ越しや新しい家具の購入は必要不可欠です。それらの必要出費をサポートしてくれるのは嬉しい点ですね。

以下の表は受けられるサービスの一例です。詳しくは「SAISONライフサポート」ページを確認してください。

使えるサービス先サービス内容
アート引っ越しセンター引っ越し基本料金から25%OFFなど
WiFiレンタルどっとこむ全プラン33%オフ
タニタ オンラインショップ全商品10%OFF
カレコ・
カーシェアリングクラブ
会費無料ほか
カーブス1週間無料体験

セゾンカードの特典・メリットについては「セゾンカードの魅力は永久不滅ポイント!おすすめのセゾンカードを比較」で詳しく解説しています。

年会費無料のクレジットカードなので、住宅ローンと併せて検討してみてくださいね。

クレディセゾン住宅ローンのデメリット

クレディセゾンデメリット

利用者に合わせたフラット35と付新生活サポートが特徴のクレディセゾンですが、デメリットも存在します。

クレディセゾン住宅ローンのデメリットは、8大疾病や全疾病付きの団信にすると金利が他に比べ高くなるという点です。

住信SBIネット銀行や楽天銀行では全疾病付きの団信は金利の上乗せなしで加入することができます。しかしクレディセゾンでは8大疾病付団信の場合は0.42%、全疾病付団信の場合は0.52%の上乗せが必要となります。

団信なしや一般団信加入では他のネット銀行と比較しても金利が低いクレディセゾンですが、この2つの団信に加入した場合は他の金融機関と比べると金利が高くなってしまいます。

クレディセゾン住宅ローンの審査について知ろう

ここではクレディセゾンの審査について解説します。

審査の厳しさ

クレディセゾンが取り扱っているフラット35は審査基準が住宅中心です。
その為、一般的な住宅ローンの審査に通りずらい自営業や転職直後の人でも通る可能性が高いと考えられます。

一方でフラット35には適用条件があり、その条件を満たしていない場合は審査に通ることはできませんので注意してください。
詳しくはこちらの記事で解説しているので参考にしてくださいね。

審査のスピード

クレディセゾンが取り扱っているフラット35の審査期間の目安は、事前審査で3日程度、本審査で2週間程度となっています。

審査スピードは比較的早いため、事前審査を早く通しておきたいという人にもおすすめです。

クレディセゾン住宅ローンの口コミ・評判

クレディセゾン住宅ローンの口コミを調査すると、「つなぎ融資の金利が低い」「審査のスピードが早かった」など、つなぎ融資の金利や審査期間についてメリットを感じているという口コミが挙がっています。

クレディセゾンの口コミ・評判

  • つなぎ融資の金利が低い
  • 審査のスピードが早かった
  • SASONライフサポートがよかった
  • 8大疾病や全疾病付きの団信に加入すると金利が上乗せされる
  • 金融審査が銀行よりも厳しい

クレディセゾン住宅ローンの特長でもあるつなぎ融資の金利の低さについては、多くの利用者からも高く評価されているため、検討されている方はぜひチェックしておきましょう。

ただし、8大疾病や全疾病付きの団信に加入すると金利が高くなるといった声も多数ありますので、気になる方は団信付きでも金利上乗せ無しのところを確認しておきましょう。

クレディセゾン 住宅ローンの申込みの流れ

クレディセゾンの審査の流れを確認しておきます。

    審査の流れ(クレディセゾン)
  1. STEP1

    問い合わせ・相談
    資金計画の相談

  2. STEP2

    申込書・必要書類送付
    不動産業者を経由しない場合は、原則、クレディセゾンで面談

  3. STEP3

    ローン審査
    確認事項や書類の内容について打ち合わせ

  4. STEP4

    審査結果の連絡
    審査結果の連絡と契約の日程、契約の必要事項の確認

  5. STEP5

    契約
    クレディセゾンと面談

  6. STEP6

    融資
    借入金額の振込

まとめ

この記事ではクレディセゾン住宅ローンの特徴について解説してきました。

クレディセゾン住宅ローンはフラット35のみを取り扱う珍しい金融機関です。

クレディセゾンに向いている人をもう一度まとめると、下記の通りです。

【結論】クレディセゾンで住宅ローンを借りるべき人

  • 住宅購入価格の100%まで融資を受けたい人
  • フラット35でつなぎ融資の利用を検討している人
  • セゾンカード・UCカードをメインカードとして利用している人

フラット35を検討していて、保障面を手厚くしたいけれど金利は低いままが良いという人は「住信SBIネット銀行」がおすすめです。

クレディセゾン 住宅ローンと併せて検討してみて下さいね。

おすすめ住宅ローンの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE