Operated by Ateam Inc.

イーデス

楽天ETCカードのメリットとデメリット!年会費を無料にする方法も解説

最終更新日:

楽天ETCカードのメリットとデメリット!年会費を無料にする方法も解説
ETCカード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

楽天ETCカードは通行料金100円ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まるポイントの貯まりやすいETCカードです。

週末のドライブなど、高速道路で少額の通行料金を支払う場合でも確実にポイントを貯めることができるのが特長です。

楽天ETCカードは通常年会費が550円(税込)かかりますが、年会費を無料にする方法もあります。

楽天ETCカードの年会費を無料にする方法

  • 楽天のステータスカードを所有する
  • 楽天ポイントをたくさん獲得し会員ランクを上げる

記事内で具体的な方法も解説しているのでぜひチェックしてみてください。

この記事ではその他にも、楽天ETCカードの発行を検討している人に向けて、楽天ETCカードのメリットデメリット発行までの期間などをわかりやすく説明しています。

ETCカードについては、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

  • 株式会社ポイ探 代表取締役

    監修者菊地崇仁

    1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。

    2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。

    約100枚のクレジットカードを保有、年間約150万円の年会費を支払っている、まさにクレジットカードの専門家。
    一般カードからプラチナカードまで幅広い層のカードを実際に保有・利用し、日々様々なメディアにて、使った人にしか分からない信用できる情報提供を行っています。所有されているすべてのカードを月に1度は必ず利用しながら、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

    三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。

    【主な著書】
    新かんたんポイント&カード生活 (自由国民ムック)

    • SNS
    • X
    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

楽天ETCカードの概要

楽天カード

楽天ETCカードの概要として、

  • 楽天ETCカードに紐づけされるクレジットカード
  • 楽天ETCカードの支払請求方法
  • 楽天ETCカードの年会費

についてお伝えします。

楽天ETCカードがどのようなカードなのか確認することができます。

楽天ETCカードは楽天クレジットカードに付帯するETCカード

楽天ETCカードは楽天クレジットカード(楽天カード)に付帯するETCカードとして発行されます。そのため、楽天ETCカードだけを発行することはできません

楽天カードの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • american_express
電子マネー
  • visaTouch
  • edy
発行スピード約1週間~10日前後
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費550円(税込)
ETCカード発行期間お申し込みから通常約2週間
マイル還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント
締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
必要書類

■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

注目ポイント

  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!
    ※特典進呈には上限や条件があります
  • 電子マネー「Edy」搭載カード
  • トラブルに対応したあんしん機能が充実
公式サイトへ

    楽天ETCカードを持つためには、まず楽天カードに申し込む必要があります。楽天カードの新規入会と同時に楽天ETCカードを申し込むことも可能です。

    後述する「楽天ETCカードのメリット」の中で、新規入会特典について詳しく解説していきます。

    すでに楽天カードを持っているという場合は、楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-navi」か「自動音声専用ダイヤル」で楽天ETCカードを申し込みます。

    発行までにかかる日数については、後ほど詳しく解説します。

    楽天ETCカードは楽天クレジットカードと一緒に支払請求される

    楽天ETCカードで利用したETC通行料金は、楽天クレジットカードと一緒に支払請求されます。

    そのため楽天ETCカードだけの利用明細を発行することはできず、楽天カードの利用明細にETC通行料金がまとめて記載されることになります。

    もしETC通行料金だけの利用明細が欲しい場合は、高速道路各社が提供している「ETC利用照会サービス」を利用しましょう。

    そうすれば、利用明細や利用証明書を確認できるだけでなく、PDF出力やCSVデータ抽出が可能となります。

    楽天ETCカードは年会費が550円(税込)かかる

    楽天ETCカードの年会費は550円(税込)がかかります。

    紐づけされる楽天カードの年会費は0円のため、楽天カードと楽天ETCカードをセットで持つと年会費が550円(税込)かかることになります。

    ETCカードでどこがお得なのかについては、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

    申請から入手まで約7日~10日

    楽天ETCカードを申請してから入手するまでには約7日~10日かかるとみておきましょう。

    楽天カードを新規に申し込む場合も、すでに楽天カードを持っていてETCカードを追加する場合も平均7~10日を要します。

    早くETCカードを手に入れたいという方は、余裕を持ってカード申し込みをするようにしましょう。

    ここまで楽天ETCカードの概要についてご紹介しました。続いて楽天ETCカードのメリットをご紹介します。

    菊地崇仁

    菊地崇仁 / クレジットカード専門家

    約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。
    【専門家の解説】

    楽天カードのETCカードは注意が必要です。一般カードの場合、クレジットカード自体の年会費は無料にもかかわらず、ETCカードの年会費は550円(税込)必要です。

    ただし、更新のタイミングで楽天Point Clubのプラチナ会員・ダイヤモンド会員(過去6カ月間のポイント獲得回数などで決定)、または楽天ゴールドカード以上のクレジットカードを保有している場合はETCカードの年会費が無料になります。

    最近はETCカードの利用実績がない場合はETCカードの年会費が有料になったり、発行手数料が必要だったりする場合も多く、楽天ゴールドカード以上を保有してETCカードを申し込むのもおすすめです。

    楽天ETCカードのメリット

    楽天ETCカードには、

    • 通行料金100円ごとに1ポイント貯まる

    というメリットがあります。

    このメリットについて、詳しくお伝えしていきます。

    ポイント還元率が高い!通行料金100円ごとに1ポイント貯まる

    楽天ETCカードがあれば、通行料金100円ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まります。

    通常のお買い物と同じように楽天ポイントが貯まるため、高速道路を使ってマイカー通勤している方は普段の生活でお得にポイントを貯めることが可能です。

    片道500円程度の短距離区間であったとしても1日往復で10ポイント1ヶ月20日出勤した場合は200ポイントを貯めることができます。

    週末のドライブで遠出した場合はもっとお得にポイントを貯めることも可能。例えば、有明から御殿場まで首都高と東名高速道路を利用した場合、ETC料金だと片道約3,500円の通行料金がかかります。往復だと約7,000円となり、ポイントに換算すると70ポイントが貯まる計算になります。

    このように、ETC通行料金を支払う機会が多い人ほど、楽天ETCカードでお得にポイントを貯められるようになるのです。

    続いて、楽天ETCカードのデメリットをご紹介します。楽天ETCカードを申し込んでから後悔する前に、是非確認しておきましょう。

    楽天ETCカードのデメリット

    楽天ETCカードには、

    • 年会費がかかる
    • 家族カードにETCカードを付帯することができない

    という2つのデメリットがあります。

    それぞれのデメリットの詳しい内容と、デメリットを解消するための方法をお伝えしていきます。

    年会費がかかる

    楽天ETCカードは、550円(税込)の年会費がかかるデメリットがあります。

    ただし、ある条件を満たせば楽天ETCカードを無料にすることが可能です。詳細は「楽天ETCカードの年会費を無料にする方法」でご確認いただけます。

    家族カードにETCカードを付帯することができない

    楽天ETCカードは、家族カードにETCカードを付帯できないというデメリットがあります。

    楽天カードのETCカードは本会員一人につき1枚です。2枚、3枚と複数枚ETCカードを作ることはできず、家族カードにもETCを付帯できません。

    他のクレジットカードの場合は、本会員カードに家族カードを追加してさらに家族カードにETCカードを付帯できるものがあります。

    他の一般的なクレジットカード

    【本会員カード&ETCカード】:〇 本会員カードにETCカードを付帯
    【家族カード&ETCカード】:〇 本会員カードから追加した家族カードにETCカードを付帯

    しかし楽天ETCカードは、本会員カードから追加した家族カードにETCカードを付帯させることができません。

    楽天カード

    【本会員カード&ETCカード】:〇 本会員カードにETCカードを付帯
    【家族カード&ETCカード】:× 本会員カードから追加した家族カードにETCカードは付帯できない

    そのため、もし家族全員が楽天ETCカードを持ちたいという場合は、家族1人1人が楽天カードの本会員になる必要があります

    【本会員カード(夫)&ETCカード】:〇本会員カードにETCカードを付帯
    【本会員カード(妻)&ETCカード】:〇本会員カードにETCカードを付帯

    上記パターンの注意点として、

    • ETCカードそれぞれ1枚につき年会費550円(税込)がかかる
    • 貯めたポイントは本会員それぞれのポイントとなるため、家族であったとしても合算することができない
    • 本会員になるためにカード審査が必要となる

    という点が挙げられます。

    本会員カード1枚で家族カードもETCカードも発行したいという場合は、他のETCカードを検討することをおすすめします。

    楽天ETCカードには「年会費がかかる」「家族カードにETCカードを付帯することはできない」という2つのデメリットがあることがわかりました。

    楽天カードの券面
    年会費初年度:無料
    2年目以降:無料
    ポイント還元率1.0%~3.0%
    国際ブランド
    • visa
    • master_card
    • jcb
    • american_express
    電子マネー
    • visaTouch
    • edy
    発行スピード約1週間~10日前後
    追加カード

    ETCカード

    家族カード

    ETCカード発行手数料無料
    ETCカード年会費550円(税込)
    ETCカード発行期間お申し込みから通常約2週間
    マイル還元率(最大)0.5%
    旅行保険海外旅行保険
    ポイント名楽天ポイント
    締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
    申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
    必要書類

    ■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

    注目ポイント

    • 楽天ポイントがザクザク貯まる
    • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!
      ※特典進呈には上限や条件があります
    • 電子マネー「Edy」搭載カード
    • トラブルに対応したあんしん機能が充実
    公式サイトへ

      続いて、楽天ETCカードの年会費を無料にする方法について詳しく解説していきます。

      楽天ETCカードの年会費を無料にする方法

      楽天ETCカードの年会費を無料にするには、

      • ゴールドカードを所有する
      • 楽天PointClubのプラチナ会員かダイヤモンド会員になる

      という2つの方法があります。

      それぞれの詳しい内容をお伝えします。

      菊地崇仁

      菊地崇仁 / クレジットカード専門家

      約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。
      【専門家の解説】

      ちなみに、筆者は財布に入れていた予備のETCカードがICチップ不良で使えなかったことがあり、それ以降、楽天ブラックカードのETCカードも予備で申し込んであります。
      年会費のかからない予備のETCカードは複数枚用意しておくのに、楽天ゴールドカードはおすすめです。

      ゴールドカード所有であれば、ETCカードは年会費無料

      楽天カードの中でもゴールドカードを所有すれば楽天ETCカードの年会費が無料になります。

      楽天ゴールドカードの券面
      年会費初年度:2,200円(税込)
      2年目以降:2,200円(税込)
      ポイント還元率1.0%~3.0%
      国際ブランド
      • visa
      • master_card
      • jcb
      電子マネー
      • edy
      発行スピード最短約1週間
      追加カード

      ETCカード

      家族カード

      ETCカード発行手数料無料
      ETCカード年会費無料
      ETCカード発行期間お申し込みから通常約2週間
      旅行保険海外旅行保険
      ポイント名楽天ポイント
      締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日
      申し込み条件原則として20歳以上の安定収入のある方(楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。)
      必要書類

      本人確認書類のコピーいずれか2点 住民表の写し・印鑑登録証明書・運転免許証・個人番号カード・在留カード・健康保険証・パスポート(日本政府発行)

      注目ポイント

      • 楽天グループ利用でボーナスポイント発生
      • 国内空港ラウンジが年2回無料で利用可能
      • 充実したポイント制度でいつでも3倍
      • 最高2000万円の海外旅行傷害保険
      • 楽天ETCカードの年会費永年無料
      公式サイトへ

        楽天ETCカードの年会費が無料になるゴールドカードは以下の2枚です。

        • 楽天プレミアムカード 年会費:11,000円(税込)
        • 楽天ゴールドカード 年会費:2,200円(税込)

        天ゴールドカードと楽天プレミアムカードには、楽天ETCカードがステータスカード特典で無料になり、年会費無料の楽天カードにはない「国内空港ラウンジ無料利用サービス特典」もあります。

        楽天プレミアムカードはプライオリティ・パスが追加できたりポイント還元率がお得になったりするお得なカードですが、ETCカードの年会費を無料にするために持つカードという視点で考えると年会費2,200円(税込)の「楽天ゴールドカード」のほうがコストパフォーマンスに優れたカードであると言えます。

        楽天市場でのポイントを効率よく貯めたい人や国内空港ラウンジを利用したい人は、楽天ゴールドカードでETCカードの年会費を無料にする方法をおすすめします。

        ETCカードの作り方については、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

        楽天PointClubのプラチナ会員とダイヤモンド会員は年会費0円

        楽天PointClubのプラチナ会員ダイヤモンド会員は、楽天ETCカードの年会費が0円になります。

        楽天PointClubの会員ランクは、

        • ダイヤモンド会員
        • プラチナ会員
        • ゴールド会員
        • シルバー会員

          の4つがあり、それぞれの会員になるために必要な条件は以下のようになっています。

          過去6か月のポイント獲得数ポイント獲得回数
          ダイヤモンド会員4,000ポイント30回以上
          プラチナ会員2,000ポイント15回以上
          ゴールド会員700ポイント7回以上
          シルバー会員200ポイント2回以上

          楽天ETCカードの年会費を無料にするためには、「ステータスカードを所有する」「楽天PointClubのプラチナ会員かダイヤモンド会員になる」という2つの方法があることがわかりました。

          それでは最後に、楽天ETCカードをおすすめする人をご紹介します。自分が楽天ETCカードを作るべきかどうかを判断するための手助けとなるでしょう。

          楽天ETCカードは楽天市場でよく買い物をする人におすすめ

          楽天ETCカードは楽天市場でよく買い物をする人におすすめです。

          先ほどの楽天PointClubの会員ランクでもお伝えしましたが、

          • 過去6ヵ月で2,000ポイント以上を獲得
          • 過去6か月でポイント獲得回数が15回以上

            という条件を満たすとプラチナ会員となるため、ETCカードの年会費が無料になります。

            楽天ETCカードを申し込んだ翌月に550円(税込)の年会費が請求されることになりますが、会員ランクの判定時にプラチナ会員以上であることが確認できれば年会費が請求されることはありません。

            会員ランクは毎月2日の0:00に切り替わり、切り替わった後の会員ランクが適用されます。

            そのため、会員ランクがプラチナになっていることを確認してから楽天ETCカードを申し込めば、確実に年会費を無料にすることができるようになります。

            まとめ

            楽天ETCカードは年会費550円(税込)で、通行料金100円につき1ポイントが貯まるお得なETCカードです。

            楽天ETCカードだけを申し込むことができず、楽天カードとセットで持つ必要があり、家族カードに付帯させることができないという注意点があります。

            年会費がかかるというデメリットもありますが、「入会キャンペーンのポイントプレゼント」で年会費を実質無料にすることができたり、「ステータスカードの所有」と「プラチナ会員以上になる」という方法で、年会費を無料にすることも可能です。

            楽天ETCカードを手に入れるためには最短でも1週間かかるため、余裕を持って申し込むと安心でしょう。

            この記事を最後までお読みいただくことで、自分に楽天ETCカードが適しているかを確認できたのではないでしょうか。

            楽天市場をよく利用する人は楽天ETCカードでさらにお得にポイントを貯めてみてはいかがですか?

            ETCカードの関連記事

            • Facebook
            • x
            • LINE
            クレカ診断はコチラ

            © 2022 Ateam LifeDesign Inc.