JCBプラチナの「グルメ・ベネフィット」でグルメ料理をお得に満喫!

ナビナビ
JCBプラチナ

2022-06-14

クレジットの上位カードにはさまざまなサービスが付帯しています。

JCBプラチナにもこのカードならではのサービスが。そのひとつが、「グルメ・ベネフィット」です。

これは、国内で名の知れた、有名レストランのコース料理を2名以上で予約した際、1名分の料金が無料になるというもの。

家族でのお食事はもちろん、ビジネスシーンにおいても大活躍の優待サービスです。

ここでは、JCBプラチナの「グルメ・ベネフィット」の詳細利用する際のポイントJCBプラチナの基本情報などをご紹介。


くれじい

JCBプラチナで受けられる優待サービスなどもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

菊地崇仁

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。
【専門家の解説】

一部のゴールドカードやプラチナカードの特典で良くあるのが、対象のレストランで2名以上の予約時に対象コース料理で予約すると1名分が無料となるサービスです。

JCBの場合は「グルメ・ベネフィット」となり、JCBプラチナ以上で利用できます。
2021年度は130店舗程度が参加しており、半年に1回ずつ利用できるため、年2回まで利用できます。

特に料理のレベルが落ちたり、量が少なくなったりすることはありません。
今後のレストランの固定客になる可能性があるために、ゴールドカードやプラチナカード以上のカード会員向けに提供されているサービスです。

1万円のコース料理を注文すると1万円分が無料となるため、年2回利用すれば、これだけでJCBプラチナの年会費の大部分を賄うことが可能です。

対象レストランは定期的に変更となるため、半年ごとにレストランを確認してみましょう。

JCBプラチナ お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会&カード利用で最大35,000円分のポイントプレゼント!

    • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
      ①Amazon.co.jp利用で最大30,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      ②Apple Pay・Google Payでの利用で最大5,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
    • 【JCBプラチナ新規入会限定】初年度年会費27,500円(税込)分キャッシュバックキャンペーン!  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年8月31日(水)
      【対象利用期間】2022年7月1日(金)~2022年12月15日(木)

    その他キャンペーンも実施中!

    • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)!
      【対象期間】2022年7月16日(土)~2022年9月15日(木)  
      【参加登録期間】2022年6月16日(木)~2022年9月15日(木)
    • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【参加登録期間】2022年4月1日(金)~2022年10月31日(月)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)

JCBプラチナ
年会費初年度:27,500円(税込)
2年目以降:27,500円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短3営業日(通常1週間程度)※
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • 24時間365日利用可能「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  • レストランで1名様分が無料「グルメ・ベネフィット」
  • 世界中の空港VIPラウンジを無料利用「プライオリティ・パス」
  • 最高1億円補償の海外・国内旅行保険が自動付帯!
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのラウンジ招待!
\新規入会限定/Amazon.co.jp利用&Apple Pay・Google Pay利用で最大35,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※翌日お届け対象外

菊地崇仁さん
菊地崇仁さん

株式会社ポイ探 代表取締役

2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。
約100枚のクレジットカードを保有、年間約150万円の年会費を支払われている、まさにクレジットカードの専門家。
一般カードからプラチナカードまで幅広い層のカードを実際に保有・利用し、日々様々なメディアにて、使った人にしか分からない信用できる情報提供を行われています。所有されているすべてのカードを月に1度は必ず利用しながら、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究されているそうです。

目次

JCBプラチナカードに付帯するサービス「グルメ・ベネフィット」の基本情報

トレーに乗せたクレジットカードを持ってくるスタッフ

まずは、JCBプラチナで受けられる優待サービスグルメ・ベネフィット」について、そのサービス内容利用できるタイミングなど、基本情報を確認しましょう。

サービス内容を確認

「グルメ・ベネフィット」は、国内で厳選された有名レストランにおける指定コースメニュー2名以上で予約した際1名分のコース料金が無料になるという優待サービスです。

プライベートでのお食事、ビジネス相手の接待、記念日のお食事など、さまざまなシーンで活用できるサービスとして人気です。

JCBプラチナの会員専用冊子「Service & Benefits Guide」には、このサービスを利用できる店舗やサービス内容が掲載されており、必要なときに確認できます。

また、プラチナの優待サービスのひとつ、専用のコンシェルジュへの電話などでも、付近にある対象店舗の情報などを得ることができ、予約も可能です。

「グルメ・ベネフィット」を利用できるのは本会員1名あたり半年に1回

「グルメ・ベネフィット」は、年間何回でも利用できるというわけではありません。

毎年4月1日から翌年の3月31日を1サイクルとして、利用できるのは半年に1度と決まっています。

本会員以外に家族会員がいる場合も、本会員・家族会員の合計で考えることになっており、4月から9月で1回、10月から3月で1回となります。

すなわち、3万円のコース料理を半年に1度ずつ夫婦で楽しんだとしたら、1年間で6万円もお得になるというわけです。

では、「グルメ・ベネフィット」を利用する際はどんなことに気をつけておけばよいのでしょうか。

次の項目で、実際に利用する際のポイントを5つ挙げ、詳しく説明していきましょう。

「グルメ・ベネフィット」を利用する際の5つのポイント

白いお皿にのったコース料理

JCBプラチナの本会員となり、「グルメ・ベネフィット」を利用する際は、以下の5つのポイントを覚えておきましょう。

  1. 「グルメ・ベネフィット」の対象店舗は北海道から鹿児島まで多種多様
  2. 利用する際は希望日の3日前までの予約が必要
  3. 希望した日時で予約できなかったときには柔軟な対応も可能
  4. 1名分無料となるのは所定のコース料金のみ
  5. JCBプラチナ保持者が複数人いる会席でも対象となるのは1名だけ

「グルメ・ベネフィット」の対象店舗は北海道から鹿児島まで多種多様

「グルメ・ベネフィット」の優待サービスを受けられる店舗は、北は北海道から南は鹿児島まで日本全国に広がっています。

そのジャンルも、非常に多種多様。寿司や日本料理をはじめ、イタリア料理・フランス料理・和風焼肉・鉄板焼・中華料理などを食すことができます。

特に店舗数が多いのは東京都で、30近い店舗の中から選ぶことが可能。

設定されているコースの料金は1万円から3万円が大多数を占めており、満足感が高いコース料理を気軽に楽しむことができます。

利用する際は希望日の3日前までの予約が必要

「グルメ・ベネフィット」を利用する際は、希望日の3日前までに予約するのがポイントです。

予約先は、予約専用の「プラチナ・メンバーズデスク」もしくは「プラチナ・コンシェルジュデスク」です。このとき、希望店舗・日時・人数を伝えておけば大丈夫。

こうした手順を踏まずに店舗に直接予約の電話を入れたり来店したりした場合は、JCBプラチナの「グルメ・ベネフィット」が適用されません

必ず所定の手続きから予約を入れるようにしましょう。

希望した日時で予約できなかったときには柔軟な対応も可能

突然、予定が空いてゆっくり食事の時間をとれるようになった……こんなとき、希望する店舗に空きがないというケースももちろんあります。

また、予約の3日前までの予約ができないということも。通常であれば予約不可という返答があるわけですが、「グルメ・ベネフィット」の場合は、柔軟な対応をとってくれるのが大きなメリットです。

直前の予約の場合も、店舗の予約状況を確かめるなど、その段階で可能な対応をとってくれる頼もしい味方。

希望日時でとれなかった場合、その前後にずらしてもよいかどうか、日程をずらすことは可能かといった確認なども行ってくれます。

また、1時間ずらせば予約可能といった連絡もくれるので、安心して任せることができるのです。

1名分無料となるのは所定のコース料金のみ

「グルメ・ベネフィット」を利用する際気をつけておきたいのは、無料になるのは所定のコース料金だけだということ。

コース外の料理や飲み物を注文している場合、それらの料金が無料になることはありません

また、2名以上でのコース料理の注文に限られており、1名での利用や所定のコース以外の注文は対象外です。

JCBプラチナ保持者が複数人いる会席でも対象となるのは1名だけ

コース料金が1名分無料になる「グルメ・ベネフィット」のサービスが適用されるのは、1回の食事につき1名だけとなっています。

これは、その食事の場にJCBプラチナの本会員が何名かいたとしても、対象となるのは1名に限られるということ。

4名での食事の席に2名の本会員がいた場合でも、そのうち1名分しか料金が無料になりませんので、ご注意ください。

「グルメ・ベネフィット」のサービスを受けるには、JCBプラチナなど、上位カードの本会員になる必要があります。

次の項目では、「グルメ・ベネフィット」のサービスを受けられるJCBプラチナの基本情報をおさえていきましょう。

JCBプラチナ お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会&カード利用で最大35,000円分のポイントプレゼント!

    • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
      ①Amazon.co.jp利用で最大30,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      ②Apple Pay・Google Payでの利用で最大5,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
    • 【JCBプラチナ新規入会限定】初年度年会費27,500円(税込)分キャッシュバックキャンペーン!  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年8月31日(水)
      【対象利用期間】2022年7月1日(金)~2022年12月15日(木)

    その他キャンペーンも実施中!

    • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)!
      【対象期間】2022年7月16日(土)~2022年9月15日(木)  
      【参加登録期間】2022年6月16日(木)~2022年9月15日(木)
    • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【参加登録期間】2022年4月1日(金)~2022年10月31日(月)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)

JCBプラチナ
年会費初年度:27,500円(税込)
2年目以降:27,500円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短3営業日(通常1週間程度)※
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • 24時間365日利用可能「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  • レストランで1名様分が無料「グルメ・ベネフィット」
  • 世界中の空港VIPラウンジを無料利用「プライオリティ・パス」
  • 最高1億円補償の海外・国内旅行保険が自動付帯!
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのラウンジ招待!
\新規入会限定/Amazon.co.jp利用&Apple Pay・Google Pay利用で最大35,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※翌日お届け対象外

「グルメ・ベネフィット」を利用できるJCBプラチナの基本情報をおさらい

プラチナクレジットカードを見ながらパソコンを打つ女性

JCBプラチナは、2017年10月24日に登場したJCBの上位カードです。

カード会社としての安全性・信頼性において申し分なく、特典の充実ぶりに定評のあるJCBの上位カードとして、登場当時から大きな注目を集めてきました。

年会費は27,500円(税込)で、家族会員は1名無料
プラチナカードの年会費としては、決して高いものではありません。

また、国内旅行保険や海外旅行保険、ショッピング保険など保険の内容が充実していて、プラチナカードならではの優待サービスも盛りだくさん

「グルメ・ベネフィット」の他、専用コンシェルジュサービスや「プライオリティ・パス」への無料登録などがあり、年会費をはるかに上回るメリットを得ることができます。

次の項目では、上位カードならではの優待サービスについて詳しく解説していきましょう。

JCBプラチナで受けられる5つの特典

露天風呂とお銚子と杯

JCBプラチナの優待サービスとして気になる「グルメ・ベネフィット」の内容を把握したところで、他の優待サービスにも目を向けてみましょう。

JCBプラチナには、お得かつ便利に利用できる優待サービスが数多く用意されています。

サービス内容をあらかじめ知っておけば、ここぞという場面で活用できます。

ここでは以下の6つの特典を詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

  1. 24時間365日利用できる「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  2. 約1,300ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」
  3. USJでのオリジナル特典
  4. JR京都駅ビル内「JCB Lounge 京都」が利用可能
  5. 厳選されたホテル・旅館への優待サービス「JCBプレミアムステイプラン」
  6. 「ダイニング30」(本サービスは終了しています)

24時間365日利用できる「プラチナ・コンシェルジュデスク」

JCBプラチナを保有するメリットとしてよく引き合いに出されるのが、24時間365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」を使えること。

これは、いつでもどこでも個人秘書サービスを利用し、さまざまな相談ができるということなのです。

個人秘書に相談できる内容は多種多様。

プライベートな旅の電車や飛行機の予約を頼んだり、接待で利用する店舗の案内・予約、ゴルフ場の予約などをおこなってもらったりと、日ごろ仕事が忙しくて細かなことに手が回らないという人にはとてもありがたいサービスです。

したがって、クレジット払いが一般的となった今は、ほとんどのケースで依頼を引き受けてくれることになります。

「プラチナ・コンシェルジュデスク」では、

  • 「オペラシーズンのヨーロッパに急に出張に行くことになったから、オペラチケットを手に入れてほしい」
  • 「イベントが行われている都市で宿泊したいので、ホテルの空室を探してほしい」
  • 「大切なビジネス相手をもてなせる、とっておきのお店に案内してほしい」

といったリクエストに全力で応えてくれますので、安心して任せることができます。

約1,300ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」

JCBプラチナの本会員になると、「プライオリティ・パス」の会員登録が無料になります。

これは、世界148ヵ国、600を超える都市にある約1,300ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できるパスで、通常であれば年間429ドルの会費が必要です。

プライベートな旅や出張で空港を利用する際、出発まで多少時間があるというケースも少なくありません。

空港内のカフェやレストランで過ごすのもおっくうというとき、ゆったり座れるソファーやテーブルなどパソコン作業が可能な環境が整っていて、ソフトドリンクやお酒類が自由に飲めるだけでなく、麺類などの軽食やおつまみも用意されている空間があれば、非常に便利です。

空港ラウンジは飛行機が離陸するまでの間に過ごせる、上記のような快適な空間のことで、中には仮眠室やシャワー室が完備されているものもあります。

海外の空港ラウンジは主に、富裕層向けのサービスを展開していますが、「プライオリティ・パス」を持っていれば、空港ラウンジ内で提供されるサービスは基本無料。

つまり、JCBプラチナの本会員になるだけで、こうしたサービスを全て無料で受けることができるのです。

USJでのオリジナル特典

JCBプラチナの優待サービスの中でも特色があるのは、USJにおけるオリジナル特典です。

人気アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」施設内に設置されている、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン JCBラウンジを年に1回(4月~翌3月末まで)利用することができます。

2020年8月以降はインターネットから申し込みができるようになり、利用希望日の前日23:59までに空き状況を確認しながら予約できるので便利です。

JR京都駅ビル内「JCB Lounge 京都」が利用可能

JCBプラチナの会員は、JR京都駅ビル内にあるJCB Lounge 京都」を利用できます。

空港におけるラウンジサービスのように休憩したり、手荷物を預けたり、ソフトドリンクのサービスを受けたりと利用価値も大きなもので、新幹線の発車時間までの時間調整としてもおすすめです。

厳選されたホテル・旅館への優待サービス「JCBプレミアムステイプラン」

出張が多い人や旅好きな人にとってうれしいサービスが、全国の厳選されたホテルをお値打ち価格で利用できるJCBプレミアムステイプラン」です。

予約の際は、「プラチナ・コンシェルジュデスク」から。会員専用Webサービスにて、オンライン予約することも可能です。

【本サービスは終了】全国の対象店舗でお得にグルメが楽しめる「ダイニング30」

※現在本サービスは終了しております。

ダイニング30(サーティー)」は、レストランの合計代金やコース料金が30%分割引になる優待サービスです。

気軽に利用できるクラスの店舗が全国規模で対象となっているため、日常的に利用することができるのが「ダイニング30」のメリット。

優待サービスを受ける条件は、対象となる店舗で専用のクーポンを提示し、JCBプラチナで決済すること。

当日の飲食代金全てを対象にした3割引のサービスなので、非常にお得です。

JCBプラチナ お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会&カード利用で最大35,000円分のポイントプレゼント!

    • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
      ①Amazon.co.jp利用で最大30,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      ②Apple Pay・Google Payでの利用で最大5,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
    • 【JCBプラチナ新規入会限定】初年度年会費27,500円(税込)分キャッシュバックキャンペーン!  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年8月31日(水)
      【対象利用期間】2022年7月1日(金)~2022年12月15日(木)

    その他キャンペーンも実施中!

    • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)!
      【対象期間】2022年7月16日(土)~2022年9月15日(木)  
      【参加登録期間】2022年6月16日(木)~2022年9月15日(木)
    • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【参加登録期間】2022年4月1日(金)~2022年10月31日(月)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)

JCBプラチナ
年会費初年度:27,500円(税込)
2年目以降:27,500円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短3営業日(通常1週間程度)※
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • 24時間365日利用可能「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  • レストランで1名様分が無料「グルメ・ベネフィット」
  • 世界中の空港VIPラウンジを無料利用「プライオリティ・パス」
  • 最高1億円補償の海外・国内旅行保険が自動付帯!
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのラウンジ招待!
\新規入会限定/Amazon.co.jp利用&Apple Pay・Google Pay利用で最大35,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※翌日お届け対象外

まとめ

この記事では、JCBプラチナで受けられるいくつもの優待サービスの中から「グルメ・ベネフィット」に焦点を当て、どのようなサービスなのか、利用する際のポイントは何かについて詳しく解説してきました。

グルメ・ベネフィット」を上手に利用するだけで、JCBプラチナの年会費をはるかに上回るサービスを受けることができます。

「グルメ・ベネフィット」以外にも多数の優待サービスがあり、これらを活用すれば非常にお得です。


くれじい

この記事を参考に、お得かつ便利なJCBプラチナカードを使いこなしてください。

関連記事