JCBゴールドは充実の優待と補償付き!メリットとデメリットを徹底解説

ナビナビ
JCBゴールド

2022-06-14

日本が誇るクレジットカードの国際ブランド「JCB」。日本はもとより世界中でJCBブランドのクレジットカードを使うことができます。

そんなJCBブランドには、プロパーカードと呼ばれるJCB自体が発行しているクレジットカードがあります。

JCBのプロパーカードにはいろいろな特徴を持つカードがありますが、ワンランク上の存在にJCBゴールドというクレジットカードがあることはご存知ですか?

  • 優待が充実している
  • 付帯保険が手厚い

とゴールドカードならではの魅力に溢れているJCBゴールド。

JCBゴールド お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会&カード利用で最大36,000円分のポイントプレゼント!

    • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
      ①Amazon.co.jp利用で最大20,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      ②Apple Pay・Google Payでの利用で最大5,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
    • JCBゴールド限定キャンペーン!
      ①JCBゴールド ザ・プレミア(ワンランク上の充実したサービスが受けられる) 早期ご招待
      翌年度年会費11,000円(税込)分キャッシュバック
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【対象利用期間】2022年7月1日(金)~2022年12月15日(木)

    その他キャンペーンも実施中!

    • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)!
      【対象期間】2022年7月16日(土)~2022年9月15日(木)  
      【参加登録期間】2022年6月16日(木)~2022年9月15日(木)
    • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【参加登録期間】2022年4月1日(金)~2022年10月31日(月)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)

JCBゴールド
年会費初年度:無料※1
2年目以降:11,000円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短翌日※2
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • JCB最高峰のカードを目指すための登竜門!
  • 【新規入会限定】新規入会&カード利用で最大25,000円キャッシュバック!
  • ゴールドカードなのに翌日発行可能!
  • ハワイや国内空港ラウンジ利用可能!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険!
\新規入会限定/2022年9月30日(金)までに新規カード申し込み&Amazon.co.jp利用/Apple Pay・Google Pay利用で最大36,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

この記事を読んでいるあなたは、JCBゴールドの優待サービスがどのようなものか知りたくありませんか?

この記事ではそんなあなたに向けて、JCBゴールドを徹底解剖します。

基本情報や概要はもちろん、

  • メリット・デメリット
  • どんな人にJCBゴールドがおすすめなのか

も解説していきます。

この記事を最後まで読めばあなたがJCBゴールドを持つべきかどうかがきっとわかるはずです。ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

菊地崇仁さん
菊地崇仁さん

株式会社ポイ探 代表取締役

2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。
約100枚のクレジットカードを保有、年間約150万円の年会費を支払われている、まさにクレジットカードの専門家。
一般カードからプラチナカードまで幅広い層のカードを実際に保有・利用し、日々様々なメディアにて、使った人にしか分からない信用できる情報提供を行われています。所有されているすべてのカードを月に1度は必ず利用しながら、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究されているそうです。

目次

JCBゴールドの概要

3枚のゴールドカードと鍵

まずはじめにJCBゴールドがどのような特徴をもったクレジットカードなのかを押さえておきましょう。この章では

について見ていきます。

JCBゴールドの年会費は11,000円(税込)

JCBゴールドの年会費は11,000円(税込)です。

なお、インターネット上で入会手続きを行うオンライン入会だと初年度の年会費は無料になります。

資料請求で申し込んだ場合は年会費が1万円かかってしまいますので、資料請求をして検討をしたとしても、入会はオンライン入会をおすすめします。

JCBゴールドに付帯されている旅行保険

JCBゴールドは、国内旅行海外旅行ともに旅行保険が付帯されています。それぞれの概要を見ていきましょう。

▼ 海外旅行傷害保険

補償項目補償金額
死亡・後遺障害最高1億円
傷害治療費用(1事故の限度額)300万円
疾病治療費用(1疾病の限度額)300万円
賠償責任(免責なし、1事故の限度額)最高1億円
救援者費用(1旅行・保険期間中の限度額)400万円
携行品損害(免責3,000円、1旅行・保険期間中の限度額)50万円

▼ 国内旅行傷害保険

補償項目補償金額
死亡後遺障害最高5,000万円
入院日額(※8日以上の治療から対象)1日につき5,000円、事故日から180日限度
手術(※8日以上治療から対象)入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)、1事故につき1回限度
通院日額(※8日以上の治療から対象)1日につき2,000円、事故日から180日以内90日限度

死亡・後遺傷害の補償額は、クレジットカードで旅行代金を支払っている利用付帯の場合は1億円、支払っていない自動付帯の場合は5,000万円となります。

また、国内海外ともに飛行機が遅れた場合の「航空機遅延保険」も付帯されています。

海外も国内も補償内容、補償金額は同一のものになっています。

▼ 航空機遅延保険

補償項目補償金額
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円限度
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円限度

飛行機が飛ばなかったときなどのトラブル時に、とても役に立ちますね。

JCBゴールドのポイント制度

JCBゴールドをはじめとしたJCBカードのポイントプログラムは、「Oki Dokiポイント」と呼ばれています。
毎月のカード利用合計金額1,000円あたりOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。

1ポイントの価値は交換する商品によって違いがあり、還元率にすると3円~5円と幅があります。
換算レートの違いは交換するポイントの単位によります。

なお、ポイントを貯める主な方法と使い道は以下の通りです。

▼ ポイントを貯める

  • 店舗でのショッピング
  • インターネットショッピング
  • JCBトラベルでの旅行
  • 公共料金や携帯電話の支払い
  • 各種キャンペーン

▼ ポイントを使う

  • 商品と交換
  • ポイントで買い物
  • マイルや他のポイントに移行
  • 支払金額に充当

なお、JCBカードはカードの種類によってポイントの有効期限が変わります。JCBゴールドの場合は、ポイント獲得月から3年間が有効期限です。

ここまでJCBゴールドの基本情報や付帯保険、さらにポイント制度について見てきました。

どういったカードなのかが少しずつ見えてきたのではないでしょうか。

菊地崇仁

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。
【専門家の解説】

JCBが発行するオリジナルシリーズでは、月間利用額1,000円(税込)につきOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。
従来は1ポイント=5円でしたが、最近は3~4円程度と考えた方が良さそうです。オリジナルシリーズパートナーでJCBゴールドを利用するとポイントが2倍になったり、年間利用額に応じて翌年のポイントが最大60%アップしたりしますが、年会費11,000円(税込)で還元率を考えた場合は、他の還元率が高いカードを使った方が良いでしょう。

JCBゴールドには様々な付帯特典があります。比較的新しい特典は「JCB GOLD Service Club Off」です。映画館や宿泊施設、テーマパークなどの優待サービスとなり、こちらはJCBゴールドを保有していると利用できるサービスですが、別途申し込みが必要ですので注意しましょう。

また、「ラウンジ・キー」サービスも新たに開始。通常、ゴールドカードで利用できる空港ラウンジは国内線のみ(一部、ハワイや韓国のラウンジは利用できる場合あり)ですが、ラウンジ・キーは国際線のラウンジを利用できます。

ただし、1名あたり32米ドル必要になりますが、トランジットなどで時間がある場合など、都度利用できるラウンジとしては非常に便利です。

このような特典を利用すると、年会費以上のメリットはありますが、年間100万円以上を2年間連続で利用している場合は、1つ上のJCBゴールド ザ・プレミアを申し込みすることができます。

JCBゴールド ザ・プレミアは招待制となるため、国際線の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パス等も付帯しますので、こちらを目指すのがお勧めです(プライオリティ・パスの場合は1回あたりの国際線空港ラウンジ利用料金は無料)。

なお、JCBゴールド ザ・プレミアは年会費が5,500円(税込)アップしますが、年間100万円(税込)以上のショッピング利用があれば無料になります。

次の章では、JCBゴールドの良い点に焦点を当てて、メリット、魅力について詳しくお話ししていきます。

JCBゴールド お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会&カード利用で最大36,000円分のポイントプレゼント!

    • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
      ①Amazon.co.jp利用で最大20,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      ②Apple Pay・Google Payでの利用で最大5,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
    • JCBゴールド限定キャンペーン!
      ①JCBゴールド ザ・プレミア(ワンランク上の充実したサービスが受けられる) 早期ご招待
      翌年度年会費11,000円(税込)分キャッシュバック
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【対象利用期間】2022年7月1日(金)~2022年12月15日(木)

    その他キャンペーンも実施中!

    • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)!
      【対象期間】2022年7月16日(土)~2022年9月15日(木)  
      【参加登録期間】2022年6月16日(木)~2022年9月15日(木)
    • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【参加登録期間】2022年4月1日(金)~2022年10月31日(月)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)

JCBゴールド
年会費初年度:無料※1
2年目以降:11,000円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短翌日※2
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • JCB最高峰のカードを目指すための登竜門!
  • 【新規入会限定】新規入会&カード利用で最大25,000円キャッシュバック!
  • ゴールドカードなのに翌日発行可能!
  • ハワイや国内空港ラウンジ利用可能!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険!
\新規入会限定/2022年9月30日(金)までに新規カード申し込み&Amazon.co.jp利用/Apple Pay・Google Pay利用で最大36,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

充実した優待内容!JCBゴールドのメリット

ゴールドカードを選ぶ夫婦

JCBゴールドには数多くのおすすめポイントがありますが、特に大きなメリットをまとめると以下の通りになります。

メリット

  • 充実した海外旅行保険
  • カードラウンジが使える
  • JCBゴールド ザ・プレミア招待のチャンスあり
  • 最短即日発行が可能

それぞれのポイントについてひとつずつ詳しく見ていきましょう。

充実した海外旅行保険

JCBゴールドに付帯している旅行保険、とりわけ海外旅行保険は補償内容が充実していることで知られています。

ゴールドカードの旅行保険の中では、トップクラスの補償内容です。
同じような条件のゴールドカード「三井住友ゴールド」と比較してみましょう。

保険内容JCBゴールド三井住友ゴールド
死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
傷害治療費用300万円限度300万円限度
疾病治療費用300万円限度300万円限度
賠償責任1億円限度5,000万円限度
携行品損害50万円限度50万円限度
救護者費用400万円限度500万円限度

上記のように、海外旅行保険の保険内容は、全体としてJCBゴールドに分があります
また、JCBゴールドは、飛行機が遅延したり欠航したりした場合の保障も充実しています。

保険内容JCBゴールド三井住友ゴールド
乗継遅延費用
(客室料・食事代)
2万円限度なし
出向遅延費用
(食事代)
2万円限度なし
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
2万円限度なし
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
4万円限度なし

三井住友ゴールドカードには、飛行機が遅延した場合や荷物の到着が遅れた場合、荷物が紛失してしまった場合の保障はついていません。(※コーポレートゴールドカードには付帯)

一方、JCBゴールドは上記のように手厚い保障がついています。

カードラウンジが使える

JCBゴールド会員になると国内31空港にある空港ラウンジを無料で使うことができます

サービス内容は各空港によって微妙に異なります。

ここでは、一例として羽田空港第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(南)」のサービス内容を紹介します。

所在地第2旅客ターミナルビル2階
営業時間7時~20時(年中無休)
同伴者料金1名1,100円、4歳以上13歳未満550円、3歳以下無料
サービス内容フライトインフォメーション、新聞・雑誌閲覧、トイレ
ドリンクサービスフリードリンクサービス(アルコール類有料)
インターネット環境無線LAN環境あり

出発前にゆったりとした時間を過ごせるのは、大きなメリットですよね。

JCBゴールド ザ・プレミア招待のチャンス

JCBゴールド会員になって、JCBが定める一定の条件をクリアするとJCBゴールドの上級サービス「JCBゴールド ザ・プレミア(以下、ザ・プレミア)」に招待されます。

なお、JCBが定める条件の一例は以下の通りです。

  • 「JCB ORIGINAL SERIES」対象のJCBゴールドのショッピング利用合計金額が2年連続で100万円(税込)以上
  • 本会員が会員専用WEBサービス「MyJCB」に受信可能なEメールアドレスを登録している

ザ・プレミアがどのようなサービス内容なのかは次で紹介します。

JCBゴールド ザ・プレミアとは

ザ・プレミアは、JCBゴールドのサービス内容を進化させた招待制のオプションサービスです。

ザ・プレミア会員になると以下のようなサービスを受けることが可能!

  • プライオリティ・パス=世界中の約1,000ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できます。
  • JCBプレミアムステイプラン=JCBが厳選した日本各地のホテルや旅館に特別な優待プランで宿泊することができます(例、マンダリンオリエンタル東京、加賀屋)。
  • JCB Lounge 京都=JR京都駅ビル内の「JCB Lounge 京都」を無料で利用できます。ソフトドリンクサービス、手荷物預かりサービス、無料Wi-Fiサービスがあり、休憩所として利用可能です。
  • ダイニング30=対象店舗にて、事前の予約、専用クーポンを提示のうえJCBゴールド ザ・プレミアで支払うと利用合計金額またはコース代金から30%割引になるサービスです。
  • ポイント有効期限延長=ポイント有効期限が3年→5年になります。
  • ポイント優遇率アップ=JCBゴールドに比べるとポイント優遇率が10%アップします。

なお、JCBゴールドの年会費とは別に5,000円のザ・プレミア年会費がかかります。

最短即日発行が可能

JCBゴールドは、審査、発行の速さに定評があります。最短で即日発行の翌日受け取りが可能です。ただし、即日発行が可能なのは

  • 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け
  • 券面は、通常デザインとWeb限定デザインのどちらかで選べます。

といった条件付きです。即日発行され、手元に届くのは翌日となります。

ここまで、JCBゴールドのメリット面を中心にお話しを進めてきました。メリットは確かに重要ですが、同じくらい大切なのがデメリットを把握しておくことです。

次の章では、JCBゴールドのデメリットや注意しておかなければならない点を中心に見ていきましょう。

JCBゴールド お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会&カード利用で最大36,000円分のポイントプレゼント!

    • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
      ①Amazon.co.jp利用で最大20,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      ②Apple Pay・Google Payでの利用で最大5,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
    • JCBゴールド限定キャンペーン!
      ①JCBゴールド ザ・プレミア(ワンランク上の充実したサービスが受けられる) 早期ご招待
      翌年度年会費11,000円(税込)分キャッシュバック
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【対象利用期間】2022年7月1日(金)~2022年12月15日(木)

    その他キャンペーンも実施中!

    • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)!
      【対象期間】2022年7月16日(土)~2022年9月15日(木)  
      【参加登録期間】2022年6月16日(木)~2022年9月15日(木)
    • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【参加登録期間】2022年4月1日(金)~2022年10月31日(月)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)

JCBゴールド
年会費初年度:無料※1
2年目以降:11,000円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短翌日※2
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • JCB最高峰のカードを目指すための登竜門!
  • 【新規入会限定】新規入会&カード利用で最大25,000円キャッシュバック!
  • ゴールドカードなのに翌日発行可能!
  • ハワイや国内空港ラウンジ利用可能!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険!
\新規入会限定/2022年9月30日(金)までに新規カード申し込み&Amazon.co.jp利用/Apple Pay・Google Pay利用で最大36,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

先に知っておこう!JCBゴールドのデメリット

ゴールドカードを持つ人

先にお話ししたように、JCBゴールドには数多くのメリットや魅力があります。ですが、それと同時に、デメリットや注意点もあります。

デメリット

  • 基本のポイント還元率が低い
  • JCBブランドのみなのでサブカードが必要になる

この章で詳しく説明していきます。

基本のポイント還元率が低い

JCBゴールドのポイントは、1,000円の利用で1ポイント付与されます。通常の換算レートは1ポイント3~5円程度のため、還元率は0.3~0.5%になります。

還元率0.3~0.5%という数字は一般的には低い還元率です。

高還元率をうたうクレジットカードの中には1%を超えるものや3%を超えるものまであります。

ポイント還元率だけを重視してクレジットカードを選ぶという人は別のクレジットカードを検討した方が良いでしょう。

還元率を重視するならJCB CARD W!

JCB CARD Wという高還元率のクレジットカードが、JCBから登場しました。

ポイント還元を優先するならば、以下のJCB CARD Wへの入会をおすすめします。

\新規入会限定/Amazon.co.jp利用&Apple Pay・Google Pay利用で最大15,000円キャッシュバック!
JCB CARD Wのお申し込みはコチラ

JCBブランドのみなのでサブカードが必要になる

JCBゴールドは、当たり前ですがJCB加盟店でしか使えません。
この点は、日本で使う分には問題ありませんが、海外で利用する際に注意が必要です。

JCBブランドは国際ブランドとはいえ、世界シェア5位という数字が示すようにどこの国でも問題なく使えるというものではありません。

海外で使う場合には世界シェア1位のVISAブランドか世界シェア2位のMasterCardブランドのクレジットカードを、サブカードとして作っておくことをおすすめします。

ここまで、JCBゴールドのデメリットについて詳しく見てきました。これでJCBゴールドのメリット面とデメリット面を両方知ったことになります。

次の章ではメリットとデメリットを踏まえたうえで、JCBゴールドに向いている人はどんな人かを解説していきます。

JCBゴールド はこんな人におすすめ

ゴールドカードを差し出す人

ここまで見てきたJCBゴールドのメリット、デメリットを考慮するとJCBゴールドに向いている人は以下のようなタイプの人です。

JCBゴールドカードが向いている人

  • 海外旅行へよく行く人
  • ザ・プレミアやザ・クラス保有を狙っている人
  • 食べることが好きでグルメな人

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

海外旅行へよく行く人

海外旅行へよく行くという人にはJCBゴールドをおすすめします。

「JCBゴールドの概要」「JCBゴールドのメリット」の項でもお伝えしましたが、JCBゴールドは一部利用付帯()されている海外旅行保険の内容が非常に充実しています。

※「死亡後遺障害」のみ、JCBゴールドで事前に、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いいただいた場合、最高補償額は1億円、支払がない場合には、最高補償額5,000万円となります。

  • 死亡・後遺障害最高1億円
  • 賠償責任1億円

が限度という補償内容は他のゴールドカードと比べてもトップクラスに手厚い内容になっています。

さらに、飛行機が遅延した場合、荷物が遅延・紛失した場合にも補償されますので、海外旅行へ行った際にもしもの事態が起こっても安心です。

ザ・プレミアやザ・クラス保有を狙っている人

JCBゴールドには、ワンランク上のサービス「ザ・プレミア」と、ザ・プレミアより上位サービスの「ザ・クラス」というオプションサービスがあります。

当然、ステータスが上がれば上がるほどサービス内容は充実しています。

普通のゴールドカードのサービスでは満足できない」という人は、JCBゴールドに入会して、実績を積み上げてステータスアップを狙ってみてください

ザ・クラスに関する詳細は、JCBザ・クラス保有者へのインタビューも是非参考にしてみてくださいね。

食べることが好きでグルメな人

食べることが好きで、グルメな人にはJCBゴールドをおすすめします。

JCBゴールドには「JCBゴールド グルメ優待サービス」という優待サービスがあります。
このサービスは、全国各地の対象店舗での食事代金が20%オフになるというサービスです。

対象店舗には、有名店や高級店も数多く含まれます。

例えば…

2万円のコース代金だった場合、優待サービスを使うと4,000円割引に!

食事にお金をかけるグルメな人には、非常に使える優待サービスではないでしょうか。

この章では、JCBゴールドに向いているタイプを紹介してきました。

最後に、JCBゴールドと他のクレジットカード会社が発行しているJCBブランドのゴールドカードとはまったく別物という点を説明していきます。

注意!JCBブランドでも他社発行のクレジットカードとは違います

罰印の書いてある紙を持つ男性

JCBは自社ブランドのクレジットカードを発行している会社であるのに加えて、

  • 他のクレジットカード会社に決済機能を提供している会社

でもあります。

流通系企業や信販系企業を中心に、現在はありとあらゆる業種がクレジットカードを発行しています。
それらのクレジットカードに決済機能を提供しているというわけです。

こうしたクレジットカードにもゴールドカードがありますが、当然これはJCBゴールドのサービスを受けることはできません。

JCBはただ単に決済機能を提供しているという存在にすぎませんので、まったく別物なのです。

JCBゴールド お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会&カード利用で最大36,000円分のポイントプレゼント!

    • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
      ①Amazon.co.jp利用で最大20,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      ②Apple Pay・Google Payでの利用で最大5,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
    • JCBゴールド限定キャンペーン!
      ①JCBゴールド ザ・プレミア(ワンランク上の充実したサービスが受けられる) 早期ご招待
      翌年度年会費11,000円(税込)分キャッシュバック
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【対象利用期間】2022年7月1日(金)~2022年12月15日(木)

    その他キャンペーンも実施中!

    • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)!
      【対象期間】2022年7月16日(土)~2022年9月15日(木)  
      【参加登録期間】2022年6月16日(木)~2022年9月15日(木)
    • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【参加登録期間】2022年4月1日(金)~2022年10月31日(月)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)

JCBゴールド
年会費初年度:無料※1
2年目以降:11,000円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短翌日※2
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • JCB最高峰のカードを目指すための登竜門!
  • 【新規入会限定】新規入会&カード利用で最大25,000円キャッシュバック!
  • ゴールドカードなのに翌日発行可能!
  • ハワイや国内空港ラウンジ利用可能!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険!
\新規入会限定/2022年9月30日(金)までに新規カード申し込み&Amazon.co.jp利用/Apple Pay・Google Pay利用で最大36,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

まとめ

この記事では、JCBゴールドに焦点を当てて、概要、メリット・デメリット、利用するのに向いている人について詳しく紹介してきました。

この記事の要点!

  1. JCBゴールドの年会費は11,000円(税込)。インターネットから申込むと初年度年会費が無料
  2. 1,000円の利用で1ポイント付与される。還元率は0.3~0.45%
  3. 旅行保険が一部利用付帯(されている。特に海外旅行保険が充実している
  4. 国内の空港ラウンジが無料で使える
  5. 上位サービスに「JCBゴールド ザ・プレミア」というサービスがある
  6. 海外で使う際には、VISAやMasterCardなどをサブカードとして持っていると安心できる

※「死亡後遺障害」のみ、JCBゴールドで事前に、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いいただいた場合、最高補償額は1億円、支払がない場合には、最高補償額5,000万円となります。

この記事を参考に、自分にとってJCBゴールドが最適かどうか検討してみてください。

JCBゴールド お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会&カード利用で最大36,000円分のポイントプレゼント!

    • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
      ①Amazon.co.jp利用で最大20,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      ②Apple Pay・Google Payでの利用で最大5,000円キャッシュバック  
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
    • JCBゴールド限定キャンペーン!
      ①JCBゴールド ザ・プレミア(ワンランク上の充実したサービスが受けられる) 早期ご招待
      翌年度年会費11,000円(税込)分キャッシュバック
      【対象期間】2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【対象利用期間】2022年7月1日(金)~2022年12月15日(木)

    その他キャンペーンも実施中!

    • 5億円山分けキャンペーン(既存会員含む)!
      【対象期間】2022年7月16日(土)~2022年9月15日(木)  
      【参加登録期間】2022年6月16日(木)~2022年9月15日(木)
    • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)
      【参加登録期間】2022年4月1日(金)~2022年10月31日(月)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバックキャンペーン!
      【対象期間】2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)

JCBゴールド
年会費初年度:無料※1
2年目以降:11,000円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短翌日※2
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • JCB最高峰のカードを目指すための登竜門!
  • 【新規入会限定】新規入会&カード利用で最大25,000円キャッシュバック!
  • ゴールドカードなのに翌日発行可能!
  • ハワイや国内空港ラウンジ利用可能!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険!
\新規入会限定/2022年9月30日(金)までに新規カード申し込み&Amazon.co.jp利用/Apple Pay・Google Pay利用で最大36,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

JCBゴールドの評判

「JCBゴールド」の評判としては、高ステータスやポイントの貯まりやすさが好評です。

他にも、旅行時に充実した旅行損害保険の付帯や、空港ラウンジが利用できることもメリットに感じているようです。

一方で、年会費に関することや利用店舗の拡大についての要望が多数あがっています。

ユーザーから好評な点

  • ポイントは比較的貯まりやすく、ステータスも比較的高いことやデザインがディズニーのものがあり、かわいい所が気にいっています。(30歳男性/会社員)
  • 海外旅行の損害保険が充実しているところです(26歳男性/介護職)
  • 空港ラウンジ利用できる(31歳男性/SE)

ユーザーが気になっている点

  • 年会費が10,000円を切ると、お財布にも優しくなるかなと感じます(28歳男性/会社員)
  • 使用できるお店がより増えると良いです。特に飲食店(36歳男性/飲食業)

JCBゴールドの口コミ

JCBゴールド の口コミ

27歳/男性(会社役員)

4
発行した理由JCBのインビテーションカードが欲しかったので、実績をつくるため
主に利用する場面ネットショッピングや、出すカードに気をつける料理店など
気に入っている点JCB、三井住友、アメックスなどの一般的に言われるプロパーカードとして文句のないカードかと思います。基本的な機能が付いているので、プロパーカードという信用を寄せるカードとなります。デザインもわかりやすく、他のゴールドカードと比べても素敵なカードだと思います。
より良くして欲しい点年会費と特典のバランスで見た場合では、少し特典が物足りないという印象ですが、プロパーカードの安心感を付加価値とするとコスパは良いかと思います。
利用している特典JCBの会員誌のメール
ポイントの使い道寄付
その他アプリについてはプロパーカード発行会社の中で1番見やすく、シンプルです。 そのため、国内のみで使うプロパーカードを検討しているなら、十分選択肢に入るかと思います。
  • 満足度 4
  • ポイントの貯めやすさ 4
  • ポイントの使いやすさ 4
  • 付帯特典 4
  • デザイン 5
  • ステータス 5
  • 年会費への納得度 4
  • マイルの貯めやすさ 5
  • 保険・補償の手厚さ 5
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 4
  • セキュリティ性の高さ 5

JCBゴールド の口コミ

29歳/男性(会社員)

3
発行した理由JCB・ザ・クラスを持ちたかったため、まずはゴールドカードから発行した。
主に利用する場面普段の生活費、買い物など、何かしらの支払いにはこのカードを使用することが多いです。
気に入っている点まずは、このカードの券面が個人的にとても気に入っています。更に、ハワイに旅行した際はポイントアップキャンペーンを利用することができ、他社カードを利用するよりも非常に大きな還元を享受することができました。
より良くして欲しい点1年間で合計100万円以上利用すると、スターα PLUSにランクアップされ、翌年のOki Dokiポイントが50%アップしますが、ベースの還元率が更に高ければ利用の幅が広がると感じました。
利用している特典海外でのポイントアップ
ポイントの使い道商品券に交換
その他特になし
  • 満足度 3
  • ポイントの貯めやすさ 3
  • ポイントの使いやすさ 3
  • 付帯特典 3
  • デザイン 4
  • ステータス 3
  • 年会費への納得度 4
  • マイルの貯めやすさ 4
  • 保険・補償の手厚さ 3
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 5
  • セキュリティ性の高さ 3

JCBゴールド の口コミ

47歳/男性(会社員)

3
発行した理由単純に日本ブランドのプロパーカードが欲しかったので発行しました。
主に利用する場面公共料金の支払い、人目が気になるような店舗での支払い。
気に入っている点券面のデザインに高級感があり気に入っています。OkiDokiポイントがアマゾンで使えるので使い易いです。付帯のドクターダイレクトは24時間対応で、すぐに繋がり、返答や対応が適切で信頼ができます。家族の容体についてもアドバイスしてくれるので重宝しています。小さな保険を自分で選んで付帯できるのが良いです。
より良くして欲しい点OkiDokiポイントがAmazonでの変換だと1point=1円ではないのでわかりにくいので、OkiDokiポイントの変な相場をやめてほしいです。普段利用していないような方法で利用すると高確率でロックされます。セキュリティが高いのは良いのですが、自動ロックの条件があまり適切でないので、もう少し頭の良い方法にして欲しいです。
利用している特典okiDokiポイントのアマゾンでの利用、ドクターダイレクト
ポイントの使い道アマゾンでの支払いに利用
その他券面のデザインが良いですが、NLデザインになるそうで、新デザインはあまり格好よくないと感じるので残念です。ステータスは申し分ないと思いますが、使える店舗がVISAに比べるとやはり少ないのでもっと利用できる店舗が増えると使い易いです。
  • 満足度 3
  • ポイントの貯めやすさ 4
  • ポイントの使いやすさ 3
  • 付帯特典 2
  • デザイン 4
  • ステータス 4
  • 年会費への納得度 3
  • マイルの貯めやすさ 5
  • 保険・補償の手厚さ 4
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 5
  • セキュリティ性の高さ 3

JCBゴールド の口コミ

29歳/男性(会社員)

4
発行した理由ゴールドカードの中でも、以前から耳にしたことがあり、所有する価値がありそうかなと思ったからです。
主に利用する場面カフェ、ファーストフード店舗、ネットショッピングでの支払い
気に入っている点高級感のあるコーヒーチェーンとして名高いスタバで会計をした際に、ポイントが通常よりも倍以上貰えるのは、寛ぎの時間を確保する頻度が高まるキッカケになっています。他にも、Amazonでポイントがアップしてくれるので、嬉しいです。
より良くして欲しい点貯めたポイントをスターバックスカードへチャージ出来るのは、嬉しいですが、1ptが4円分なので、これが5円分になるともっと嬉しいです。
利用している特典スターバックスコーヒーでのポイントアップ
ポイントの使い道スタバカードへ移行
その他身近な店舗で使いやすい1枚です。
  • 満足度 4
  • ポイントの貯めやすさ 3
  • ポイントの使いやすさ 4
  • 付帯特典 4
  • デザイン 5
  • ステータス 5
  • 年会費への納得度 4
  • マイルの貯めやすさ 3
  • 保険・補償の手厚さ 3
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 4
  • セキュリティ性の高さ 3

JCBゴールド の口コミ

43歳/男性(自営業)

3
発行した理由一度はJCBカードのゴールドカードを持ってみたいという気持ちになったからです。それとショッピング保険の補償額が驚きの500万円まで補償してくれる点にも魅力を感じたのも発行を決めようと思った理由です。それから国内及び海外の旅行保険の補償額が手厚いのも発行しようと決めた理由の一つです。
主に利用する場面Amazon通販サイトでの支払い セブンイレブンでの支払い 旅行ツアーパッケージの支払い ホテルの支払い 航空券の支払い 新幹線の支払い
気に入っている点家族で使いやすいのが良かったです。本会員の年会費は11000円と決して安くはないですが家族カードは1枚目は無料で2枚目からは1枚に付き1100円で持てるので、このサービスは良かったです。それと海外旅行傷害保険の補償額が手厚くなっていて一部は利用付帯はあるものの自動付帯がメインになりますし、家族特約もあるのでこの点も良かったです。さらに日本国内にある主要国内の空港とハワイ ホノルルの国際空港内のラウンジが無料で利用できることも気に入っています。
より良くして欲しい点残念なのがJCBゴールドをオンライン上で申し込めば初年度の年会費が無料にできますが、一般カードからの切り替えた際には初年度から高額な年会費がかってしまうのが残念です。一般カードから切り替えた場合にも初年度の年会費は無料にして欲しいです。また通常時のポイント還元率が低いので、通常時でもポイント還元率を1%にして欲しいです。
利用している特典JCBオリジナルシリーズパートナー店舗での支払いでポイント還元率がアップする特典 OkiDokiランドを経由してネットショッピングの支払いでポイント還元率がアップする特典
ポイントの使い道Amazonギフト券と交換
その他特にありません。
  • 満足度 3
  • ポイントの貯めやすさ 2
  • ポイントの使いやすさ 3
  • 付帯特典 3
  • デザイン 4
  • ステータス 5
  • 年会費への納得度 4
  • マイルの貯めやすさ 4
  • 保険・補償の手厚さ 5
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 4
  • セキュリティ性の高さ 5