Operated by Ateam Inc.

イーデス

アコムの提携ATMはどこ?営業時間・手数料・借入・返済方法を解説

最終更新日:

アコムの提携ATMはどこ?営業時間・手数料・借入・返済方法を解説
アコム
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

アコムは数あるカードローン会社での中でも、スピーディーな審査対応で人気のある大手消費者金融です。

1万円などの少額からも借り入れが可能となっており、急な出費などにも利用しやすくなっています。

そんなアコムのカードローンを、近所の銀行やコンビニなどから利用したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

実はアコムでは、自動契約機に設置されているATMの他にも、数多くの提携先ATMが利用可能です。

今回はアコムの提携先ATMにはどのような場所があるのか、利用可能時間帯や手数料、基本的な操作方法について詳しく説明していきます。

アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめポイント

  • 申込~借入までWEB完結! 最短20分で融資可能!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

▼アコムのお金の借り方で困ったら、こちらの記事をお役立てください。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

急にお金が必要になり、今すぐお金を借りたいときの心強い味方になるのが、提携ATMの存在です。アコムでは銀行ATMやコンビニATMと提携を結んでいるため、日本全国どこにいてもいつでもすぐに借入・返済することが可能になっています。ただし、提携ATMを利用するときには、利用する都度、一定の手数料がかかってしまうことを知っておいて下さい。

気になる内容をタップ

アコムの提携ATMはとても多い

アコムではさまざまな提携ATMがあり、銀行やコンビニのATMからも利用が可能です。

具体的には、以下のようなATMと提携しておりアコムのカードローン取引を行うことができます。

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • コンビニATM
  • E-net
  • ローソン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • その他、地方銀行のATMなど

提携ATMの探し方

家や会社の近くのアコムが利用できるATMを探したい」という方におすすめなのが、アコム公式サイトの提携ATM検索です。

アコム公式サイトを開いて、上のメニューバーにある「店舗・ATM案内」から「提携ATM」をクリックします。

すると、アコムが利用できる提携ATMの一覧と、そのATMで借入・返済できるかどうかも確認することができます。

また コンビニや銀行などの来店先ATMでアコムのカードが利用できるか確認したい場合には、そのATMにアコムのステッカーが貼ってあるかどうかを確認してください。

アコム提携先のコンビニATMで借入・返済するときの注意点

アコムを提携コンビニATMで利用するときはいくつか注意点があります。

そこでこの章では、提携コンビニATM利用時の注意点を解説していきます。

利用手数料がかかる

コンビニATMを利用する場合、借入&返済ともに以下の利用手数料が発生します。

利用金額利用手数料
1万円以下110円
1万円超220円

※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です。

なお、「アコムATM」であれば利用手数料は無料です。

「ATM利用手数料が気になる!」という場合は、アコムATMを利用するのがおすすめです。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
アコムの提携ATMは銀行だけでなくコンビニATMもカバーしています。そのため、日本全国、どこにいても借入・返済できるのが大きなメリットになります。ただし、コンビニATMを利用するときには1万円以下110円、1万円を超えるときには220円が、利用する都度、かかってしまいます。急な出費や返済期日がせまっているときの利用は仕方ないのですが、できるだけ手数料がかからないよう利用回数を絞ることが大切です。

飯田道子さん

飯田さん

利用できない時間帯がある

コンビニATMは利用できない時間帯があります。

すべてのコンビニATM共通で、「毎週月曜日 午前1:00~5:00」の間は定期点検のため利用できません。

また、コンビニごとにも利用できない時間帯があります。

セブン銀行は「23:50~0:10」が利用できません。

また、ローソン銀行ATMは「午前3時から午前4時の15分間程度」イーネットは「午前3時から午前5時の間の15分間程度」のように利用できない時間があります。

取引は千円単位(硬貨は使えない)

コンビニATMでの取引は千円単位となるため、硬貨は利用できません。

もし、硬貨で返済したい場合は「振込み」、「三菱UFJ銀行」などの「提携銀行ATM」で返済するようにしてください。

取引上限額がある

コンビニATMでは、取引上限額が決まっています。

各コンビニATMの取引上限額は次のとおりです。

コンビニ名取引上限額
セブン銀行1回に紙幣50枚まで
ローソン銀行ATM出金:最大20万円まで
入金:最大50万円(紙幣枚数は59枚)まで
イーネット出金:最大20万円まで
入金:最大50万円(紙幣枚数は59枚)まで

この上限額を超えて取引する場合は、複数回にわけて利用しなくてはいけません。

その都度、利用手数料が発生しますので注意しましょう。

アコムの提携ATMでできること

アコムの提携ATMでできることは、基本的に借り入れ(出金)と返済(入金)です。

その他にも借入可能額が照会できるところや、暗証番号の変更手続きを行えるところもあります。

自動契約機(むじんくん)のような、新規契約や契約内容の変更、カード紛失・盗難の手続きなどは行えません。

アコムの提携ATMで返済する方法

それでは実際にアコムの提携ATMで返済する方法について説明していきます。また提携ATMを利用した場合の手数料や、利用可能な時間帯などについても調べてみました。

提携ATMの操作手順

アコムでは多くの提携ATMがあるため、それぞれの提携先によって若干の操作手順の違いがあります。

ここではセブン銀行ATMを具体例として、返済の操作手順を見ていきましょう。

    1. STEP.1

      まずは専用ローンカードをATMに入れます。

    2. STEP.2

      アコムの取引画面が表示されるので、画面上から「ご入金(返済)」を選択します。

    3. STEP.3

      4ケタの暗証番号を入力します。

    4. STEP.4

      「ご希望の返済取引を押してください」という画面が表示されるので、「カードローン」を選択します。

      (クレジット機能のショッピング枠返済の場合は「ショピング」を選択)

    5. STEP.5

      返済する分の紙幣をATMに入れます。

    6. STEP.6

      入金した紙幣の内訳が画面に表示されますので、問題なければ「確認」ボタンを押します。

    7. STEP.7

      明細書とカードを受け取れば取引完了です。

返済可能な金額の単位

アコム提携ATMを利用して返済をする場合、利用する提携ATMによって返済可能な金額の単位は異なります。

おもな提携ATMの返済可能な金額の単位は、以下の通りです。(アコムへ電話で確認した情報です)

提携先ATM名称返済可能な金額の単位
三菱UFJ銀行ATM1000円
セブン銀行ATM1000円
コンビニATM E-net1000円
ローソン銀行ATM1000円

また、それぞれの機械によっても返済可能な金額の単位は異なる場合があります。

提携ATMの利用手数料

提携ATMの利用手数料は、返済金額によって変動します。

  • 返済金額が1万円以下の場合…手数料110円
  • 返済金額が1万円超の場合…手数料220円

※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です。

提携ATMの利用可能な時間帯(返済)

アコムでは、全ATM共通で月曜日の1時~5時まで定期点検のため利用ができなくなりますが、それ以外にも各提携ATMによって利用可能な時間帯が異なります。

設置されている場所などによっても異なりますが、基本的に返済可能となる時間帯は以下の通りです。

提携ATM名入金可能時間(返済)
三菱UFJ銀行設置場所の営業時間に準ずる
セブン銀行0時10分~23時50分
コンビニATM E-net基本24時間利用可能
ローソン銀行ATM基本24時間利用可能
※ただし午前3時~午前4時の間に15分程度のシステムメンテナンス時間あり
イオン銀行ATM0時10分~23時45分

他の返済方法を検討したい場合はこちらを参考にして下さい。

アコムの提携ATMで借入する方法

アコムの提携ATMで返済する方法がわかったところで、次に借入する方法 を紹介していきます。

提携ATMの操作手順

アコムでは多くの提携ATMがあるため、返済同様にそれぞれの提携先によって若干の操作手順の違いがあります。

ここではセブン銀行ATMを具体例として、借入の操作手順を見ていきましょう。

  1. STEP.1

    まずはATMにカードを入れます。

  2. STEP.2

    アコムの取引画面が表示されるので、画面上から「ご出金(借入)」を選択します。

  3. STEP.3

    4ケタの暗証番号を入力します。

  4. STEP.4

    画面に取引希望金額を入力します。

  5. STEP.5

    取引金額の確認画面が表示されますので、「確認」ボタンを押します。

  6. STEP.6

    明細書とカード、そして出金された紙幣を受け取れば完了です。

借入可能な金額の単位

借入可能な金額の単位は、利用する提携ATMによって異なります。

おもな提携ATMの借入可能な金額の単位は、以下の通りです。(アコムへ電話で確認した情報です)

提携先ATM名称借入可能な金額の単位
三菱UFJ銀行ATM1000円
セブン銀行ATM1000円
コンビニATM E-net1000円
ローソン銀行ATM10000円

設置場所の機械によっては、借入可能な単位が異なる場合もあります。

提携ATMの利用手数料

提携ATMの利用手数料は、借入金額によって変動します。

  • 借入金額が1万円以下の場合…手数料110円
  • 借入金額が1万円超の場合…手数料220円

※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です。

提携ATMの利用可能な時間帯(借入)

アコムでは、返済同様に全ATM共通で月曜日の1時~5時までの利用ができなくなりますが、それ以外にも各提携ATMによって利用可能な時間帯が異なります。

設置されている場所などによっても異なりますが、基本的な借入可能となる時間帯は以下の通りです。

提携ATM名出金可能時間(借入)
三菱UFJ銀行設置場所の営業時間に準ずる
セブン銀行0時10分~23時50分
コンビニATM E-net基本24時間利用可能
ローソン銀行ATM基本24時間利用可能
※ただし午前3時~午前4時の間に15分程度のシステムメンテナンス時間あり
イオン銀行ATM0時10分~23時45分

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
大変便利な提携ATMなのですが、ATMによっては、利用停止される時間帯があります。コンビニATM E-netは基本24時間利用可能となっており、もっとも長い時間利用ができます。とはいえ、他のATMも借入できない時間帯はわずか数十分です。夜間の借り入れは便利なのですが、防犯にも注意しながら利用することを心がけて下さい。

飯田道子さん

飯田さん

アコム提携ATM利用に関するQ&A

最後に提携ATM利用に関する、よくあるQ&Aをまとめてみました。

返済時、提携ATMで硬貨を使用できる?

返済時に提携ATMの中で硬貨を利用できるのは、三菱UFJ銀行ATMのみです。

他のコンビニATMなどでは、紙幣のみの取り扱いとなります。また、アコムの専用ATMも硬貨の利用ができます。

1日の利用上限回数や上限金額はある?

利用者それぞれに設定されている、アコムの利用限度額を超えて借入を行うことができないのが大前提です。

その上で、おもな銀行の利用上限回数や上限金額を調べてみました。

提携先ATM名称1日の利用上限回数1日の利用上限金額
三菱UFJ銀行ATM制限なし・借入50万円まで
・返済100万円まで
セブン銀行ATM制限なし・借入50万円まで
・返済200万円まで
コンビニATM E-net制限なし

※1日あたりではなく1回あたりの制限がある
・借入1回あたり20万円まで

・返済1回あたり50万円まで
または紙幣59枚まで

ローソン銀行ATM制限なし※1日あたりではなく1回あたりの制限がある
・借入1回あたり20万円まで
・返済1回あたり50万円まで
または紙幣59枚まで

※上記はアコムへの電話と各ATM公式サイトで確認した情報です。(2022年3月現在)

カードを挿入しても反応がない…どうすればよい?

アコムの取り扱いがあるATMなのに、カードを挿入しても反応がない場合には、ATM自体の問題かカードの問題であることが考えられます。

まずはATMに設置されている電話(ガイドホン)を利用して、ATMが故障していないかどうかを問い合わせてみましょう。

ATM自体の問題がなければ、カードの問題である可能性も高いので、アコムに問い合わせをしてカードの再発行手続きを行います。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
万一、カードが使えなかったら、心配ですし慌ててしまうかもしれませんね。でも、大丈夫。必ず解決策はあります。まずは、ATMそのものが故障していないかを確認してみましょう。ATMの故障の場合は、他のATMへ移動しましょう。カードそのものが使えないときには、アコムに電話をして再発行の依頼をしましょう。カードのトラブルで多いのが磁気エラー。他のカードと磁気と接触しないように収納する、高温な場所で保管しないなど、日頃から気を付けておくことも大切です。

飯田道子さん

飯田さん

まとめ

今回はアコムの提携ATMはどこにあるのか、また提携先の営業時間や取引手数料などについて詳しく説明してきました。

アコムは専用ATMの他に提携ATMも多く、自宅や勤務先近くの銀行やコンビニなどのATMで利用しやすくなっています。

ただし、営業時間は提携ATMによっても異なり、入金や出金の限度額も異なる場合があるのです。

ATMを利用して、借り入れや返済ができないということがないように、事前に利用するATMの詳細をチェックしておくと良いでしょう。

アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめポイント

  • 申込~借入までWEB完結! 最短20分で融資可能!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

アコムの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.