Operated by Ateam Inc.

イーデス

アコムのメリットはあなたに向いている?アコム借入で得する人とは

最終更新日:

アコムのメリットはあなたに向いている?アコム借入で得する人とは
アコム
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

消費者金融のNo1のアコムで借り入れしようか?でも本当にアコムで良いのかちょっと確信が持てない。そんな方も案外と多いのではないでしょうか。

大手と呼ばれる消費者金融カードローンだけでもアコムのほかにプロミス、アイフル、SMBCモビットがあります。公式サイトを比べてみても、なかなか違いがわからないものですね。

そんななかでアコムを検討しているが、どうも決心がつかないという人は以下のように思われるのではないでしょうか。

  • アコムを選ぶ納得できるメリットが知りたい
  • アコムを選ぶ前にチェックしておくべき点があったら知りたい
  • アコムを選ぶ不安を解消したい
  • 自分がアコムに向いているのかそうでないのかを知りたい
  • アコムの審査のポイントを知りたい
  • アコムの申込から借入までの流れを知りたい

こちらの記事を最後までお読みいただくことであなたがアコムを利用するべきか判断できるようになります。

ぜひあなたのベストな選択のために参考にしてみてくださいね。

アコム

アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分※最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめポイント

  • 申込~借入までWEB完結!最短20分で融資可能!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

▼アコムのお金の借り方で困ったら、こちらの記事をお役立てください。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

アコムで借りるメリットとしては、大手消費者金融の中で、もっとも新規契約率が高いということです。これは、もっとも審査に通りやすい会社であると言い替えることができます。その他にもインターネットバンキングに対応している金融機関が多いことも知られており、これだけでもメリットが感じられるのではないでしょうか。今回は、読み進めて頂ければ、アコムのさまざまな魅力にふれることができます。自分にあっている会社かどうか、是非、確認してみて下さい。

気になる内容をタップ

アコムを選びたくなる3つのメリット

最初にアコムを選ぶメリットを解説しましょう。アコムを選ぶ決め手になりそうな大きなメリットは次の3つです。

アコム3つのメリット

  • 圧倒的なインターネットバンキング対応力
  • 豊富な増額申込方法
  • 最短即日融資&30日間の無利息期間

これらのポイントを簡単に説明していきます。

アコムは大手4社の中で、新規契約率が最も高い

消費者金融に申込をする時に誰もが心配することがあります。

それは「審査に無事通過できるかどうか」ということです。どんなに魅力的なカードローンであっても、審査に通らないことには意味がありません。

消費者金融を検討される方は「急いでお金を用意したい」と思われる方がほとんどでしょう。審査通過のしやすさは、やはりチェックしておくべきポイントです。

審査通過の難易度の目安として「新規契約率」があります。新規契約率というのは申込をした人がどのくらいの率で成約するかの割合です。

そのため新規契約率が高いほど、審査通過率も高いものと推測できます。

アコムの新規契約率は消費者金融大手4社の中で最も高くなっているのです。
(※各社の2017年3月決算発表数値で比較)
データブック(2018年3月期第2四半期)

少しでも審査通過の可能性を高めたい方には、アコムを選ぶ大きな理由となるでしょう。

▼アコムの審査についての理解を深めたい人はこちらの記事もチェック

「インターネットバンキング」の対応数は、圧倒的に多い

インターネットバンキングは基本的に一部の休止期間をのぞいて24時間365日いつでも手続き可能なのが魅力です。

インターネットバンキングに対応しているカードローンであれば、返済などが自由自在に行なうことができます。

今どきインターネットバンキング対応なんて当たり前。そのように感じてしまう方も多いでしょう。しかし消費者金融のインターネットバンキング対応は意外と限られているのです。

アコムでは他社と比べて圧倒的なインターネットバンキング対応数を誇ります。

「増額」の手続き方法は多数ある

カードローンは借りすぎ防止のために、必要最低限の金額で申込むのがベターです。

しかし出費というのは予想外におこるもので、最初の契約枠では足りなくなってしまう倍も当然出てきます。そんな時に新規で申込むよりも増額で対応できれば便利ですよね。

アコムの場合、以下の方法で増額の申込手続が可能です。

アコム増額申込の手続き

  • パソコン・スマホ(インターネット)
  • 電話
  • アコムATM
  • 自動契約機

じつはカードローンの増額方法は、意外と差が出やすいポイントとなっています。

プロミスでは原則としてインターネットからの申込、アイフルではアプリから収入証明書を提出します 。またSMBCモビットに至っては公式サイトに増額方法の案内がありません。

増額方法をたくさん用意しているのは、増額審査にも積極的な姿勢であることを示しています。いざという時の増額対応力で、アコムは他社より数段リードしていると言えそうです。

そのほか「最短即日融資」「30日間の無利息期間」「自由に設定可能な返済日」なども魅力と言えるでしょう。

これらのサービスはアコム以外でも対応している場合もあります。しかしアコムではこれら全て対応ですから、さすが消費者金融の最大手の実力と言うことができるでしょう。

ポイント

  • 利用手数料無料のインターネットバンキング対応数は圧倒的
  • 増額申込み方法がたくさん用意されている
  • その他最短即日融資など基本的サービスもしっかりカバー

アコムの増額について詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
アコムを利用していると、もっと借りられないかな?利用額を増やすことができないかな?と考える人は少なくありません。アコムには増額申請の方法が4つもあり、インターネットで気楽に申し込みができるのはもちろんのこと、電話で相談しながら申し込むこともできます。特にインターネットなら、24時間365日申し込むことができますので、忙しい人でもスムーズに申請することができます。

飯田道子さん

飯田さん

アコム利用の際に、気を付けるべきポイント

消費者金融最大手のアコムも、メリットばかりではありません。全ての方に完全無欠のカードローンは残念ながらないのです。

気をつけるべきポイントをチェックして、あなた自身が納得できるか申込前に確かめておくようにしましょう。

アコムを選ぶ際のチェックポイント

  1. 銀行カードローンと比較して高めの金利
  2. 無料で利用できる銀行ATMはない
  3. 定率リボルビング方式というやや特殊な返済方法
  4. 口座振替返済は6日固定

1.銀行カードローンより金利が高め

銀行カードローンと比べるとアコムはどうしても金利が高めです。

ただしアコムには30日間の無利息期間もあるため、短期返済計画をきちんと実行すれば必ずしもアコムが損という訳ではありません。

2.無料で利用できる銀行ATMはない

アコム直営のATMは無料で利用できますが、銀行やコンビニの提携ATMは利用手数料が必要となってしまいます。

「アコムATMの利用に抵抗感がない」なら問題はないでしょう。しかし、人目を気にしなくて良い銀行ATMやコンビニATMを利用したい場合は、無駄な手数料を負担することになります。

3.返済方法は「定率リボルビング方式」

アコムの返済方式の「定率リボルビング方式」はやや特殊です。

消費者金融では「残高スライドリボルビング方式」が主流ですから、アコムの返済方法はちょっと目立ちます。残高スライドリボルビング方式では、返済が進んで一定の残高まで減ると自動的に最低返済額も減ります。

アコムの場合は残高が減っても自動的には最低返済額は変わりません。(※手続きによって減額は可能)「返済額を減らしたい場合は手続きが必要」
ということを覚えておきましょう。

ちなみにプロ目線で見ると勝手に返済額が減らないのは、計画的な返済にはむしろ好都合です。きちんと返済計画を立てれば、これも大きな問題とはならないでしょう。

4.口座振替返済は、6日固定

プロ目線的に唯一気にしたいのは「口座振替が6日限定」であることです。

他社では4つ程度の返済日を選択できるので、給料日に近づけるなどの対応が可能となっています。6日返済固定ですと、よくある20日の給料日の場合、返済日まで半月ほど空いてしまいます。

おもわぬ引落しなどで「残高不足で延滞」のリスクがやや大きくなるので注意が必要です。ちなみに口座振替以外では自由に返済日の設定が可能となっています。

あなたの返済スタイルを良く考えて選択するようにしましょう。

ポイント

  • アコムは銀行カードローンと比べると高めの金利
  • 無料で利用できる銀行・コンビニATMがない
  • 定率リボルビング方式というやや特殊な返済方式
  • 口座振替返済では返済日が6日固定

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
気を付けたいポイントというよりも、デメリットに感じてしまう項目として、口座振替の返済日が「6日しかない」という点です。多くの人の給料日は、早くて15日、概ね20日から月末にかけて支払われるというのがほとんどでしょう。そうなるとお金の管理が難しくなり、うっかり使ってしまったり、入金を忘れてしまうことも考えられます。このような事態にならないためにも、給与振込口座から引き落とす、自動送金を使って、振替口座に確実に残高があるように準備しておくことが大切です。

飯田道子さん

飯田さん

アコム申込前に「不安」を解消しよう

はじめてアコムを利用しようと検討している人は、以下のような心配をされるかもしれません。

  • 消費者金融からお金を借りるのは何か心配
  • 金利が高くて返済できなくなったらどうしよう

これらの心配についてプロの視点で検証・解説していきます。

荒々しい「取り立て」の心配はなし!

昔の「サラ金時代」のことを知っている方は、いわゆる「借金の取り立て」を心配するのも無理はないでしょう。「夜中に怖い人が家に取り立てにやってくる」といったイメージが根強く残っているかもしれませんね。

しかし現在の消費者金融は、過去とは比べ物にならないほど安心して利用できるようになっています。プロ目線で見ても「消費者金融はすっかり生まれ変わった」と感じるほどです。

電話対応も基本的に女性スタッフが丁寧に対応してくれます。

余程のことがない限り、自宅や勤務先に訪問されるようなこともありません。夜間の自宅訪問などの取り立て行為は、法律でも厳しく制限されるようになりました。

また、これだけインターネットやSNSが発達した現代社会です。

消費者金融のネガティブな評判があれば、あっという間に拡散してしまいます。消費者金融会社にとって「マイナスのクチコミ」は非常に恐れるところです。

大手消費者金融はとくにお客さんを大切にしないと生き残れないという事情もあります。

ちなみにうっかり返済日に遅れたような場合は、コールセンターから督促の電話があります。その電話は非常にソフトで丁寧なもので「お忘れではございませんか」と優しく案内してくれます。

万が一返済に困ったときはコールセンターへ相談可能です。ある程度返済日を先延ばしにするなど、柔軟に対応してくれます。

返済計画をしっかり立てることで「高金利」の不安を軽減

消費者金融はアコムに限らず金利は決して低くありません。

そのため借り方によっては利息がかさんでしまいます。また利息がふくらんでしまい、返済が苦しくなってしまう場合も出てきます。

このような事態は、借入前に返済計画を立てておくことでほとんどの場合は防ぐことができます。じつは返済計画をたてるのは簡単です。

公式ウェブサイトにアクセスして「返済シミュレーション」を行なうだけです。

ポイント

  • 「恐怖の取り立て」は過去の話
  • 返済シミュレーションの活用で、高金利に悩まされるリスクは防げる

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
ここまで読んできても、漠然と不安に感じることもあるかもしれませんね。そのようなときには、思い切ってオペレーターに電話をし、不安な気持ちや疑問に思っていることを相談してみましょう。オペレーターさんが、じっくり丁寧に相談に乗ってくれますよ。また、万一、返済が遅れてしまっても、怖いお兄さんが来て取り立てを行うようなこともありません。相談は、どんな些細なことでも構いません。不安な気持ちを抱えたまま、申し込むことは避けましょう。

飯田道子さん

飯田さん

アコムに向いている人・向いていない人

ここまでの記事での説明をふまえて、アコムに向いている人とそうでない人は下記の通りです。

アコムに向いている人

  • インターネットバンキングで24時間365日いつでも手軽に返済したい人
  • いざという時に増額手続きが選べることを重視したい人
  • 最短即日融資、30日間無利息などの基本サービスを重視したい人

アコムに向いていない人

  • 融資まで数日以上待つことができ、少しでも低金利を希望する人
  • 銀行ATMで無料でスマートに借入や返済をしたい人
  • 返済が進んだら自動で返済額を減らしたい人

アコムに向いてない人におすすめなのは、「銀行カードローン」です。

銀行カードローンは基本的に即日融資に非対応ですが、金利は消費者金融よりも低金利に設定されています。

例えば、メガバンクの「みずほ銀行カードローン」の場合、上限金利は年14.0%※で、アコムの上限金利より年4.0%も低金利でオススメです。
※住宅ローン利用の金利引き下げ適用前の上限金利です。住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

▼アコムの口コミについてはこちらで紹介しています。

まとめ

こちらの記事ではアコムの利用を検討している方向けに、アコム選択のポイントを解説しました。最後にもう一度重要なポイントを振り返っておきましょう。

ここまでのおさらい

  • 手数料無料で利用できるインターネットバンキング対応数が圧倒的に多い
  • 増額手続き方法の種類がたくさん用意されている
  • 「最短即日融資」「30日間の無利息期間」などの基本サービスはしっかり備えている
  • 銀行ATMは利用手数料が有料
  • 返済額は自動的に減額されない「定率リボルビング方式」

以上のようなポイントをチェックしていただくことで、あなたがアコムを選択すべきかがわかります。

ぜひあなたのベストな選択の参考にしてみてくださいね。

アコム

アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分※最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめポイント

  • 申込~借入までWEB完結!最短20分で融資可能!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

アコムの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE