Operated by Ateam Inc.

イーデス

【アコムの限度額】いくらから借りれるかについて疑問を解決!

最終更新日:

【アコムの限度額】いくらから借りれるかについて疑問を解決!
アコム
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

限度額は、アコムがあなたに融資をしてくれる金額です。

よって、アコムでいくら借りられるかは、設定された限度額によって決まってきます。

たとえば、限度額50万円に設定されれば、50万円までの借入ができます。

このため、「アコムの限度額はどれくらいになるの?」という点は誰もが気になることでしょう。

そこで、アコムの限度額について分りやすく解説してみました。

「限度額はどのくらいが平均なのか」といったアコムの限度額に関して、気になる部分を余すことなく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

アコム

アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分※最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめポイント

  • 申込~借入までWEB完結!最短20分で融資可能!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

▼アコムのお金の借り方で困ったら、こちらの記事をお役立てください。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

金融機関が融資を行う際、一番気にするのは「貸し倒れリスク」です。そのため、属性や信用情報を審査して、申込者の返済能力がどのくらいかを判断し、それに基づいて最終的な限度額を設定します。最初は低めの金額が設定されることが多いため、限度額を増やしたければ、利用実績を積んだうえで増額申請を行う必要があります。ただし、増額申請の際にも審査が行われる点に注意が必要です。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

アコムではいくら貸してくれるのか?とても気になるところですよね。ただ、アコムに限らずお金を借りる場合は、個人の収入や借入状況、その他のパーソナルな状況を踏まえながら決定していきます。もちろん、どの点を重視するのかは、会社によって違います。アコムはどのような仕組みで貸し出すのかを知って、上手に利用していきましょう。

気になる内容をタップ

アコムの限度額は審査で決まる

アコムの限度額は1万円から800万円の範囲で、審査によって決まります。

どの程度の返済能力があるか」を審査で確認することによって決まってくるのです。

このため、審査の結果がでるまで、限度額はいくらになるかは分りません。

アコムが返済能力を判断するポイント

アコムがどのように申込者の返済能力を判断しているかは、完全にブラックボックスですので本当のところは分りません。

しかし、アコムのようなカードローン会社は基本的に、「スコアリング」によって申込者の返済能力を判断すると言われています。

スコアリングとは

年収や職業等の「申込情報」や、他社借入・過去の返済記録といった「信用情報」をもとに、申込者の返済能力をスコア化(採点化)する審査方法です。

アコムのようなカードローン会社ですと、とくに次のような部分が注目されるようです。

  • 年齢
  • 年収
  • 職業
  • 勤務年数
  • 他社の借入状況
  • 事故情報の有無
  • 過去の返済歴

上記のような項目がひとつひとつスコア化され、その合計スコアによって申込者の返済能力が判断されるのです。

その結果により、アコム側が「この人の返済能力ならこのくらいの限度額が妥当だろう」と限度額の設定をおこなうのです。

このように、アコムの限度額はスコアリング審査によって返済能力を判断され、その高低によって決まっている可能性が高いです。

▼アコムの返済についてはこちらで詳しく解説しています。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
審査時間を短縮するために、最近ではスコアリングを導入している金融機関が増えています。スコアリングを導入することにより、瞬時に妥当な融資金額を把握できるためです。スコアリング審査では、「年収」、「職業」、「勤務時間」、「信用情報」そして「他社の利用状況」を総合的に点数化して判断するといわれており、より限度額を多くしたいなら、これらの属性を上げる努力が必要です。

新井 智美さん

新井さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
アコムに限らず、多くの会社で判断基準を明確化している訳ではないため、正確なところは分かりません。とはいえ、大まかな目安・注目される部分は分かっています。それが、こちらで示している7つのポイントなどです。これらのポイントをスコアリングして、基準となるスコアをクリアしていれば融資が可能になりますし、あわせていくら借りられるのかという限度額も決定される仕組みになっています。

飯田道子さん

飯田さん

限度額が多くなりやすい人

返済能力が高く、限度額を多く設定してもらえる可能性が高いのは、以下のような人たちです。

年収が高い

年収が高いほど返済できる余力が多くなるため、返済能力が高いと判断されやすいです。

このため、限度額も多めになる傾向があります。

また、アコムは消費者金融であるため、総量規制という法律で融資上限が年収の1/3までと定まっています。

その点からも、年収が高い方が限度額が高くなりやすいです。

安定した職業についている

安定している職業についているほど、職を失う可能性が少ないと判断されやすいです。

「職を失わない=収入が途絶えない」ということですので、返済能力が高いと判断されやすく、限度額も高くなる可能性があります。

とくに「公務員」や「大手企業の正社員」、「医者」や「弁護士」などの「国家資格」が必要な職業などが有利と言われています。

勤続年数が長い

勤続年数が長い人ほど、これから先もおなじ会社に留まる傾向が強いです。

このため、職を失うリスクが低いと判断されやすく、返済能力についてもプラスに働きます。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
勤続年数は金融機関が融資の審査を行うなかで重要な位置を占めます。特に転職を繰り返している場合は、今の勤務先もまたすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまい、審査に不利に働きます。申し込み条件に「勤続年数1年以上」と記載されているところもあるように、最低でも1年以上の勤続年数は必要だと考えておきましょう。転職したばかりなら、勤務年数が1年になるまでローンの申し込みは避けるほうが賢明です。

新井 智美さん

新井さん

他社借入が少ない

他社借入が少ないほど、月々の返済負担が少ないです。

よって、返済できる余力があると判断されやすく、その分限度額も多めになる傾向があります。

ちなみに他社借入というのは、カードローンだけの話しでなく、各種ローン、クレジットカードの「ショッピング枠」や「分割払い」、「リボ払い」なども含まれます。

カードローンの借入れが少ない、あるいは0円だったとしても、他の借入が多ければ、返済能力としてマイナス要素となります。その場合は、限度額にも影響していきますので注意しましょう。

過去に延滞をしたいことがない

過去に延滞をしたいことがない人は、これから先も延滞の可能性が低いと判断できます。

アコムとしても安心してお金を貸すことができるため、限度額も高くなる可能性があります。

ただし、この点も他社借入の場合と同じく、カードローンの返済だけでなく、各種ローンやクレジットカードの返済も含まれます。

このため、他社借入やクレカの返済など、アコム以外の返済も期日通りにする必要があります。

そうでないと、アコムでしっかり返済していても、せっかく作った返済実績が帳消しになってしまうため、限度額が高くなることはありません。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
最高800万円まで借りられるアコムですが、先に説明したように限度額は個人の状況によって違ってきます。その中で限度額が多くなりやすい傾向としては、安定した職業に就いている、勤務年数が長い、他社からの借り入れがない、もしくは少ない、過去にいずれのクレジットカードやスマホの料金や他社の借り入れを滞納したことがない人と言えます。ただ、いきなりマックスの限度額になることもありますが、フリーランスなどの場合は、様子を見ながら短期間で限度額を引き上げていくこともあるようです。

飯田道子さん

飯田さん

限度額が少なくなりやすい人

限度額が少なくなりやすいのは以下のような、先ほどのケースとは間逆の人たちです。

  • 年収が少ない
  • 職業が不安定である
  • 勤務年数が短い
  • 他社借入が多い
  • 延滞歴がある

上記のような人たちは、返済できる余力があるとは言えません。

このような人たちの場合、限度額は少なめにしておかないと、延滞や貸し倒れのリスクが高まります。

よって、限度額は低めに設定される可能性が高いです。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
延滞といった事故情報が信用情報機関に載っている場合、審査に通ることはかなり難しいと思った方がいいでしょう。事故情報は5年から10年で消えますが、事故情報が載っている間は審査に通ったとしても、限度額は低めに設定されることが多いと思っておきましょう。延滞はちょっとしたことで起こりやすい反面、日頃から注意しておけば防ぐことができます。自分の生活習慣の結果だと捉え、延滞を起こさない生活を心掛けておきましょう。

新井 智美さん

新井さん

アコムの利用限度額は「50万円以下」になることが多い

「限度額はどのくらいになることが多いのか?」という点は多くの人が気になる部分でしょう。

口コミやネット掲示板等を確認したところ、新規で契約する際の限度額は、「50万円以下」になることが多いようです。

先にもお伝えしたように、限度額は審査によって返済能力を判断され、その返済能力に適した金額が設定されます。このため、申込者によって異なります。

しかし、口コミやネット掲示板等を確認する限り、30万円~50万円という人が多く、50万円以下という人が大半でした。

このため、最初から50万円以上の限度額は期待しないほうがいいでしょう。

アコムの口コミについて詳しく知りたい人は、

を参考にしてみてください。

限度額50万円以下でも十分!

アコムの最大限度額は800万円ですので、「50万円以下なんて思ったよりも少ない・・・」とがっかりする人もいるかと思います。

しかし、限度額は50万円以下でも十分足ります。

そもそも、アコムのような消費者金融は金利が高いため、一気に数十万円~数百万円も借りる高額の借入には向いていません。

急な予定でお金がない」、「今月はどうしても生活費が工面できない」、「給料日まで凌ぎたい」というような場面で、数万円~十万円程度の借入に適したローンなのです。

そうしたシーンに利用するのであれば、50万円以下の限度額であっても、ほとんどの場面で十分対応可能です。

もし、高額な借入が必要であれば、消費者金融よりも金利が低い「目的別ローン」や「フリーローン」、もしくは「銀行カードローン」などがおすすめです。

みんなはいくら借りている?アコム初回借入の平均額

「アコムを利用した人はどれくらい借りているの?」と気になる人もいるでしょう。

そこで、この章ではアコムの「データブック」の「初回貸付単価」を参考にし、利用者の初回借入額をまとめてみました。

年月初回貸付単価
2022/317万0,000円
2022/616万4,000円
2022/916万4,000円
2022/1216万3,000円
2023/316万3,000円
2023/616万3,000円
2023/916万6,000円

参考サイト:アコムのデータブックの「初回貸付単価」(2024年3月期・第2四半期 12ページ参照)

2024年3月期・第2四半期決算のデータですと、初回貸付単価はおよそ16.5万円前後でした。

このため、初回は16.5万円前後を借り入れした人が多いということですね。

▼アコムの口コミについてはこちらで紹介しています。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
いったい、みんなは初めての借り入れでどれくらいの金額を借りられているのでしょうか。アコムではデータを取っており、その平均金額は15万円~16万円強の間で推移しています。ただ、この数字はあくまでも平均値。これより多く借りている人もいますし、アルバイトなどで収入が限られている人の場合などは、これより低い金額になることが予想されます。15万円しか借りられないと思うかもしれませんが、15万円あれば色々なことに対応できます。是非、前向きに捉えてみて下さい。

飯田道子さん

飯田さん

アコムの限度額に関するよくある質問

アコムの取引限度額はいくらですか?

アコムでは最大800万円まで借りることができます。しかし、総量規制の兼ね合いでアコムからは年収1/3までしか借りることはできない点に注意しましょう。

アコムは最初いくらまで借りられますか?

申込者の収入・借入状況で異なります。利用実績のない初回契約となる最初は50万円以下になることが多いと考えておきましょう。

アコムの限度額の上げる方法はどうすればいいですか?

会員ページでもあるマイページに「ご利用可能額を増やす」が表示されていれば増額依頼できます。
また、自動契約機(むじんくん)でも増額の手続きができます。

逆に増額メニューが表示されない状態での増額審査は、アコム総合カードローンデスクに連絡しましょう。

まとめ

アコムの限度額は1万円から800万円の範囲で審査によって決定されます。このため、実際に審査を受けてみるまではいくらになるのかは分りません。

しかし、口コミ等を見ていますと、30万円~50万円の範囲内に設定された人が大半でしたので、平均的に50万円以下になるケースが多いようです。

50万円以下と聞いて「少ないな・・・」と思った人もいるかもしれませんが、データから実勢に沿った結果となっています。

このため、これ以上の希望金額の場合は、本当に審査に通るかも検討しましょう。

また、契約後ある程度の期間(6ヶ月が目安)利用すれば、増額をしてもらうこともできます。

もし「限度額に不満がある!」というなら、ある程度の期間利用して増額を申し込んでみるのもおすすめです。

▼アコムの増額については、こちらの記事をご参考にしてください。

アコム

アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分※最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめポイント

  • 申込~借入までWEB完結!最短20分で融資可能!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

アコムの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE