アコムの自動契約機(むじんくん)で審査を受けるメリットとは?審査から融資を受けるまでの流れも紹介

アコムの自動契約機で審査に必要なもの
アコム

2022-06-14

アコムの自動契約機(むじんくん)でも審査を受けることができるのを知っているかと思います。

しかし、アコムの自動契約機(むじんくん)に行く前に知っておいた方がいい情報を知らなかったことで、実際に足を運んだのに審査申込ができなかった……という人が多いのも事実です。

「この書類を持って行かなかったために審査申込ができなかった」
「事前に準備をしておけばもっと早くお金を借りることができたのに」

この記事を読めば、アコムの自動契約機(むじんくん)でそんな後悔はしません。絶対に押さえておきたいアコムの自動契約機(むじんくん)の審査申込について、分かりやすく説明していきます。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

自動契約機で申し込むメリットは、オペレーターと話しながら手続きを進められる安心感や、インターネット操作に不慣れな人でも簡単に書類を提出できることでしょう。手続き内容や操作に不安がある人は自動契約機で申し込むことをおすすめしますが、その際には2度手間にならないよう、書類などの事前準備をしっかりとしておくことが大切です。特に収入証明書類は提出の要件に当てはまらなくても、審査の過程で必要になる可能性もありますので、念のため持参しておくようにしてください。

本記事の執筆者について

田中 裕晃さん

田中 裕晃 / 大峰FP事務所 代表

京都市出身、京都府立大学 文学部史学科卒業、京都府立大学大学院 文学研究科史学専攻 博士前期課程修了(文学修士(歴史学))、大手賃貸仲介業者に就職、新人賞獲得。店長職を経験後、売買仲介業者として独立。その後、株式会社大峰の代表取締役に就任、大峰FP事務所を開設し、現在に至る。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

アコムの自動契約機(むじんくん)の審査の流れ

アコムの審査申込方法は自動契約機(むじんくん)・ネット・店頭窓口・電話・郵送の5種類あります。

なかでも主流となっているのは、自動契約機(むじんくん)での申込みとネットでの申込みの2つです。

それぞれの流れをご紹介すると、以下のようになります。

自動契約機(むじんくん)の審査申込の流れ

  1. 必要書類を準備し、営業時間内に自動契約機(むじんくん)に行く
  2. タッチパネルの画面指示に従い、個人情報などの必要項目を入力する
  3. 提出書類を画面下のスキャナーで読み取る
  4. オペレーターの指示に従って申込内容の確認を行う
  5. 審査開始(室内がロックされる。審査完了まで外出等は基本的にできない。在籍確認もあり)
  6. 審査結果の回答が画面に表示される(最短30分)
  7. 審査結果に同意したら「契約内容通知」が印刷されるので受け取る
  8. ローンカードを発行する
  9. 自動契約機に隣接するアコムATMにて現金を引き出す

ネット(公式サイト)での審査申込の流れ

  1. 公式サイトの3秒診断(仮審査)を受ける
  2. 仮審査にて「融資可能」の判定が出たら、申込ボタンから個人情報などを入力(24時間365日対応)
  3. アコムからのメールに記載されたURLにログインし必要書類をアップロードする
  4. 審査を受ける(在籍確認などもこのタイミングで行われる)
  5. 審査結果がメールで通知される(最短30分・電話の場合もあり)
  6. 受信した審査通過メール「契約手続きのお願い」を確認し、同意する旨のメールを送信(メール送信日の22時まで)
  7. 会員ページから振込依頼を行い、銀行口座にて振込融資を受ける

大きな違いは、自動契約機に出向かないといけないか、自宅もしくは外出していても、パソコンもしくはスマートフォンとインターネット環境があればその場で申し込みできるかという点でしょう。

自動契約機に行くときには、提出書類を持参する必要があります。万一不足書類があると取りに帰らないといけなくなってしまいますので、事前にもれのないように準備しておきましょう。。

ネット申込でも必要書類のアップロード提出はありますが、申込画面での案内を見ながら書類の準備をすることができます。

アコムの借り方に関してもっと詳しく知りたい人は「初めてのアコムの借り方は?誰でもわかる最短で借りる手順」を参照してください。

アコムの自動契約機(むじんくん)の審査に必要な書類

自動契約機(むじんくん)の審査に必要な書類は以下の通りです。

本人確認書類(下記の中からいずれか1点)

  • 運転免許証(裏表)
  • 健康保険証(裏表)
  • パスポート(写真、住所記載部分)
  • マイナンバーカード(表面のみ)

※健康保険証の場合は補足資料として住民票、あるいは公共料金(電気・ガス・水道・NHK等)の領収証が必要です。
※いずれも有効期限内であることをご確認ください。

収入証明書類(下記の中からいずれか1点)

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

アコムでの希望借入額が50万円を超える場合、また他社の借り入れと合わせて100万円を超える場合は収入証明書類の提出が必須です。

その基準に該当しなくても審査の状況によっては収入証明書類の提出を求められることもありますので、念のために用意しておいた方がいいでしょう。

アコム
アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短30分最短30分
借入金利無利息期間サービス土日の借入
3.0%~18.0%30日間

※18歳、19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書の提出が必要になります。

おすすめポイント

  • 最短30分で審査回答!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

アコムの自動契約機(むじんくん)での審査とネット審査の違いを比較

自動契約機(むじんくん)での審査とネット審査の違いを比較してみましょう。

まずは次の表をご覧ください。

比較項目自動契約機(むじんくん)ネット
審査申込の対応時間9:00~21:00
※年中無休(年末年始除く)
※一部店舗は営業時間が異なる
24時間365日
3秒診断(仮審査)なしあり
申込確認電話なしあり
書類不備などの連絡即時:オペレーターより確認電話もしくはメールにて連絡
必要書類の画像準備なし:自動契約機のスキャナーを利用提示されたURLもしくはアプリにアップロード
審査時間最短30分最短30分
融資までの時間最短30分最短30分
契約書類印刷物を受け取るメールもしくは郵送にて受け取る
在籍確認ありあり
ローンカードの発行ありなし
※後日の発行は可能
現金の引出方法ローンカードにてATMを利用振込依頼後キャッシュカードにて引出し

ネットでは24時間いつでも申し込み可能ですが、自動契約機は営業時間内のみの対応となります。

それ以外にも、次のような共通点や相違点がありますので、説明していきます。

アコムの自動契約機(むじんくん)とネット申込では審査内容に違いはナシ!

申込手続きのしかたは違えども、それによって審査内容が変わることはありません。

審査で重視されるのは、個人信用情報の履歴と、安定した収入の有無、収入に対する借入額の割合、勤続年数や勤務先情報などです。

個人信用情報は信用情報機関への照会によって、その他の要素はアコム独自の審査で判断されます。

審査は最短30分と謳われていますが、あくまでも最短であることに留意してください。

とくに、在籍確認の電話がすぐにつながるかどうかによって審査時間は大きく左右されます(在籍確認については別の項目でご説明します)。

審査内容も審査にかかる時間も自動契約機とネット申込に差はありませんが、自動契約機の場合は手続き完了後にその場でローンカードが発行され、ATMからお金を引き出せます。

ネット申込の場合はローンカードは発行されず、申込者の指定口座に直接振り込まれますので、自動契約機と比べると引き出すまでにやや時間がかかってしまいます。

アコムの審査についてもっと詳しく知りたい人は「アコムの融資審査に落ちる基準|消費者金融の借り入れに影響する原因3つ」の記事も参照してください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
ネット申し込みで即日融資を受けるなら、融資金額が振り込まれる金融機関の営業時間も調べておきましょう。アコムからの振り込みがあっても、それを受けた時間によっては、引き出せるのが翌営業日となる可能性もあります。受け付けてから振り込み実施までの時間は、金融機関はもちろん、曜日や時間帯によって異なりますので、自分が利用する金融機関の情報をアコムの公式サイト内で確認しておくようにしてください。

新井 智美

新井さん

アコムの自動契約機(むじんくん)で審査を受けるデメリット

まず、自動契約機のデメリットを確認しましょう。

  • アコムの自動契約機の営業時間内に行かなくてはならない
  • アコムの自動契約ルーム内で待ち時間が発生する
  • アコムの仮審査がなく申し込み後はすぐに本審査になる
  • 書類不備などの際にはその場で契約が完了できない

それぞれについて説明していきます。

アコムの自動契約機の営業時間内に行かなくてはならない

当然のことですが、自動契約機を利用する場合は自動契約機まで出向かなければなりません。

自動契約機の設置場所により営業時間が異なったり、テナントビルなどに入っていたりする場合には、そのテナントのお休みに合わせて利用できなかったりすることもあります。

最寄りの自動契約機を検索するときに、営業時間や休みなどもしっかり確認しましょう。

最寄りの店舗を知りたい方は、都道府県から検索してみてください。

  • 北海道

  • 東北

  • 関東

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 近畿

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

アコムの自動契約ルーム内で待ち時間が発生する

審査中はプライバシー保護のために自動契約機コーナーの入り口が自動的にロックされます。

審査結果が出るまでは基本的に外に出られず、そのまま待機するため自動契約機コーナーに最短30分は拘束されることになります。

トイレなどどうしても外に出たいという場合は、オペレーターに連絡をしてもらえたら外に出られますが、もしその間に他の人が自動契約機内に入り、申し込みや審査を始めた場合には、その人の審査などが終わるまで中には入れません。

審査申込から契約までをネットで行い、ローンカードの発行のみを自動契約機で行えば10~15分程度で完了するので、待ち時間が気になる人はネット申込がおすすめです。

アコムの仮審査がなく申し込み後はすぐに本審査になる

アコムはネット申込の時、3秒診断で融資可能かどうかの仮審査を受けることができますが、自動契約機には3秒診断はありません。

ただし3秒診断は誰でも利用できるので、ネットで3秒診断を受けてから自動契約機に向かってもOKです。

もっとも、3秒診断はかなり簡易なものですので、審査の精度は高いものではありません。

書類不備などの際にはその場で契約が完了できない

必要書類が足りないなどの場合、自宅から自動契約機まで足を運んでいるので、自宅などに戻って持ってくる手間が発生します。

単に忘れただけの場合は、後日ネットからアップロードすることはできますが、せっかく出向いたのが無駄になってしまう事になります。

事前に準備をして、忘れ物が無いようにすれば避けられますので注意してください。

アコムの自動契約機(むじんくん)で審査を受けるメリット

一方、自動契約機で審査を受けるメリットは次の通りです。

  • 審査申込上の不明点をオペレーターに直接聞ける
  • 写真などをアップロードする手間がない
  • 契約書やローンカードはその場で発行されるので郵送物がない
  • ローンカードと隣接のアコムATMですぐに現金を手にすることができる

こちらもそれぞれについて説明していきます。

審査申込での不明点をオペレーターに直接聞ける

アコムの自動契約コーナーには、銀行のATMのような機械(自動契約機)が設置されており、タッチパネルの指示通りに進めます。

その際、申し込みの進行具合に応じて、自動契約機からオペレーターが直接話しかけてきて確認等がおこなわれます。

自動契約機の横にオペレーターにつながる電話が設置されているので、不明点などあればすぐに聞くことができます。

写真などをアップロードする手間がない

ネットで書類をアップロードする場合、画質や暗さ、明瞭さなどで意外と失敗することが多く、再提出を求められて時間と手間がかかることがあります。

自動契約機なら下のスキャナーに、指示に合わせて書類を差し込むだけなのでスムーズに提出することができます。

契約書やローンカードはその場で発行されるので郵送物がない

ネット申込などの場合には、郵送物がないように選択しないと契約書やローンカードが郵送されるようになっています。

自動契約機ではその場ですべて手にすることができますので、後日郵送物が来る心配がありません。

家族などに内緒で借入をしたい場合には、郵送物がないのは便利で安心です。

ローンカードと隣接のアコムATMですぐに現金を手にすることができる

ネット等で審査申込から契約まで完了し、さらに即日融資を希望するのであれば振込融資になります。

振込融資は指定銀行にお金を振り込んでもらう方法ですが、会員専用ページにて振り込み依頼をする必要があり、時間によっても振り込みが即日か翌日かの違いが出てしまいます。

ローンカードを即時発行できるなら振込依頼などの手間を省くことができますので、すぐにお金を手にするという点では自動契約機の方が有利と言えます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
インターネット利用の普及により、パソコン上での操作も簡単に行えるツールが増えていますが、中には書類のアップロード操作が苦手だという人もいるでしょう。うまく操作する自信がなく、再度提出の手間を省くなら自動契約機で申し込む方が無難かもしれません。また、自動契約機であればオペレーターと話しながら手続きを進めていける安心感が得られます。ネット申し込みと自動契約機での手続きの特徴をよく理解し、自分に合った申し込み方法を選ぶようにしましょう。

新井 智美

新井さん

アコムの自動契約機(むじんくん)で審査を受ける際の注意点

アコムの自動契約機(むじんくん)で審査を受けるときは以下の点に注意しましょう。

アコムの自動契約機で審査をしても在籍確認は行われる

ネットやSNSなどで「自動契約機での審査は在籍確認がない」というコメントを見ますが、在籍確認は基本的にどの審査申込方法でも行われます。

在籍確認と言っても、自動契約機に出向く場合は自分が勤務先にいないので、確認ができないではないかと不安になる人もいるかとおもいますが、勤務先の社内スタッフが返答すること(「〇〇は不在です。外出しています」など)で確認できますのでご安心ください。

なお、在籍確認の電話は個人名で掛かってきますので、消費者金融からの電話だとバレる可能性は低いでしょう。

よほどの理由がない限り、在籍確認の電話を回避することは難しいと言えます。

勤務先への在籍確認の電話をなしにしたい、勤務先がお休みの土日に審査申込をしてお金を借りたいなら、勤務先への電話がないと公式サイトで謳っているSMBCモビットを選択したほうがいいでしょう。

SMBCモビットで勤務先への電話がない申込方法「WEB完結」を詳しく知りたい人は、「SMBCモビットの在籍確認はある?WEB完結で電話連絡なしにする方法」の記事を参照してください。

アコムの自動契約機の営業時間を過ぎると審査が中断する

前述したように、自動契約機の営業時間は9時~21時です(店舗によって異なります)。

審査中や契約中に21時を過ぎると、審査は翌日の回答に持ち越され、自動契約機から出るように促されます。もし契約途中の場合、完了は翌日になるため、その日の融資は受けられません。

営業時間外になると自動契約機コーナーはセキュリティロックされます。自動契約機コーナー内のATMを利用する場合には、ドア入口に設置されているカードリーダーにローンカードを通すとロックが解除されます。

つまり、アコムATMは24時間営業だったとしても、ローンカードを発行しないと、アコムの自動契約機内にあるアコムATMの利用ができないという可能性もあります。

アコムの自動契約機(むじんくん)での本審査は落ちることもある

ネットで申し込みを行い、必要書類の提出は自動契約機で行う方法もあります。

これは仮審査通過後に本審査と契約を自動契約機で行う方法で、時短できる方法として推奨されることがあります。

しかしこの場合、本審査のために自動契約機を訪れたにも関わらず、審査落ちをする可能性もあります。

アコムでお金を借りる(現金を受け取る)最短方法は、ネットと自動契約機を併用することです。併用する場合は本審査までネットで行い、ローンカードの発行のみに自動契約機を利用する方が最も確実かつスピーディでしょう。

アコム
アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短30分最短30分
借入金利無利息期間サービス土日の借入
3.0%~18.0%30日間

※18歳、19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書の提出が必要になります。

おすすめポイント

  • 最短30分で審査回答!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
審査時間については、公式サイトに掲載されている時間よりも余裕をもって考えておきましょう。アコムの公式サイトでは、審査完了まで最短30分、融資実行まで最短60分となっていますが、即日融資を受けるなら自動契約機の営業時間が終了する1時間半~2時間前にはコーナーに入り、申し込み手続きを始めておくと安心です。

新井 智美

新井さん

まとめ

ここまでのおさらい

  • アコムの審査申込方法は5つあるが、主流は自動契約機かネット申込
  • 申し込み方法によって審査内容が変わることはない
  • 在籍確認は自動契約機でもネット申込でも必須
  • 自動契約機は営業時間に注意が必要
  • 自動契約機にもネット申込にも一長一短あり、両者を併用することでメリットを最大化できる

近場に自動契約機がない、郵送なしでローンカードが欲しい、できるだけ早く現金を手にしたい、無駄足は避けたいなど、事情や希望は人それぞれです。

自分に合った申し込み方法は何か、じっくり検討してください。

本記事の監修者について

新井 智美

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

アコムの関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら