Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職半年で挫折…|短期退職のデメリット・メリットや再転職方法を解説!

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「転職して半年しか経っていないけど、もう辞めたい」とお悩みではありませんか?

同じ職場に半年勤めれば、仕事内容や職場の人間関係に慣れてくるため、なかには辞めたくなる人もいます。

「転職して良かった」と思う人は半年経っても辞めたいとは思いませんが、「思っていたのと違った」と後悔している人は辞めたくなってしまうでしょう。

しかし、半年で辞めることは甘えではないか、と悩んでいる人も多いはずです。

本記事では、転職半年で退職するメリットやデメリットをご紹介します

自分だけで決断できない場合の対処法についても解説しているので、転職半年で退職したくなったときの参考にしてみてください。

悩んだら、信頼できる転職エージェントに相談を

たとえ半年しか経っていなくても、転職した会社がどうしても自分に合わなければ、早めに決断することも重要です。

転職エージェントに現状を伝えたうえで、なぜ今回の転職でミスマッチが起きてしまったのかを慎重に考え、焦らずに次の会社を探してみてください。

転職エージェントは何社利用しても無料なので、気になるサービスはすべて登録し、できるだけ多くの情報を集めましょう

リクルートエージェントハタラクティブマイナビエージェントリクルートダイレクトスカウトワークポート
サービス転職エージェント転職エージェント転職エージェントヘッドハンティング型サイト転職エージェント
特徴
  • キャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれる
  • 電話面談も可能
  • 業界トップクラスの求人数
  • 20代のニート/フリーター・第二新卒/既卒向けの転職エージェント
  • 職歴が無くても就職先を探せる
  • 20代の転職支援に強い
  • 女性のサポートにも力を入れている
  • 年収800万~2,000万円のハイキャリア求人が充実
  • ヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • 総求人の6割はIT・ゲーム業界
  • 未経験からIT業界への転職にも強い
料金無料無料無料無料無料
おすすめな人転職先を幅広く確認したい人職歴が浅い人20〜30代前半向け年収600万以上向けIT系に転職を希望している人向け
解説記事解説記事ページ解説記事ページ解説記事ページ解説記事ページ解説記事ページ
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    気になる内容をタップ

    転職して半年で辞めたくなった理由を整理しよう

    転職して半年で辞めたくなった理由を整理しよう

    前職の悩みを解決するために、希望を持って転職した人も多いでしょう。

    しかし、勤めはじめて半年が経った今、仕事内容や職場の人間関係などに関して、良い面も悪い面も見えてきたはずです。

    思い描いていた仕事内容や職場環境と違っていた場合、辞めたくなってしまう人も多いかもしれません。

    まずは、転職半年で会社を辞めたくなった理由を整理し、冷静に考えてみましょう。

    転職半年で辞めたくなった理由3選

    転職して半年しか経っていないのに、会社を辞めたくなってしまったのは、何かしらの理由があるでしょう。

    転職理由が明確になれば、転職して良いのかどうかを判断できます。

    ここでは、短期退職の際に考えられる3つの理由について見ていきましょう。

    • 仕事が合わない
    • 人間関係が辛い
    • 将来に不安を感じる

    理由1.仕事が合わない

    転職して実際に働きはじめてみると、入社前のイメージとのギャップを感じる人は少なくありません。

    せっかく転職したのにやりたい仕事と違った場合、やりがいを見いだせずに不安や焦りの気持ちを抱いている人も多いでしょう。

    仕事内容が合わないなら、転職半年でも仕事を辞めたいと思ってしまうのは仕方ありません。

    しかし、半年ではわからない部分も多いため、本当に今の仕事が合わないのかどうかを判断するには、早すぎるのも事実です。

    今後会社が新事業をはじめることも考えられますし、部署異動をする可能性もあります。

    今の部署の仕事が合わないというだけで判断せず、もう少し状況を見てみるのも1つの方法です。

    理由2.人間関係が辛い

    転職して半年経てば、職場の人間関係がわかってくるでしょう。

    同僚や上司との相性が合わない場合には、人間関係に悩む人も少なくありません。

    職場は1日の大半を過ごす場所なので、居心地の良い会社に転職したいと考えるのは当然です。

    しかし、自分以外の社員がまわりとうまく人間関係を築いているなら、自分の態度や行動に問題がないかを考えてみる必要があるかもしれません。

    自分が嫌っている相手は、相手もその気持ちを感じる取るものです。

    誠意をもって接すれば、相手の行動が変わる可能性もあります。

    行動を変えても状況が変わらない場合は、職場の雰囲気に合わない可能性があるため、転職を検討しても良いでしょう。

    理由3.将来に不安を感じる

    AI技術の発展や新型コロナウイルスの影響で、将来的に不安を感じる業界もあるでしょう。

    現状では経営状態が安定していても、将来的に倒産する可能性がある場合には、早い段階で転職したいと考えるのは当然です。

    しかし、社会情勢がいつどのように変動するかを予測することは難しいため、収入に大きな影響が出ていない場合は様子をみてみることをおすすめします。

    現状では将来に不安のある企業も持ち直す可能性がありますし、現状では安泰でも将来的に消滅する業界もあるかもしれません。

    いよいよ倒産が危機迫っている企業でない限り、自分の生活を守るためにも目の前の仕事を頑張りましょう。

    辞めたい理由を整理するコツ

    会社を辞めたいと思っているときはさまざまな感情が入り混じり、頭の中がゴチャゴチャになっている場合が多いです。

    そんなときは、辞めたい理由を思いつくまま紙に書き出してみましょう

    転職してから半年の間に、嫌だと思ったことをすべて書き出してみるだけでも気持ちを整理できます。

    書き終わったら一息ついて、冷静になってから眺めてみましょう。

    転職理由にもならない事柄も混ざっていると思いますが、これから自分がどうしていきたいかを示す事柄もあるはずです。

    その事柄を実現するために、転職以外の方法が見つからない場合は、転職を検討してみると良いでしょう。

    もし自分一人で辞めたい理由を整理できない場合は、第三者から客観的な意見をもらうことも有効です。

    doda」などの転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けることで、自分の考えを整理できます。

    また、パーソナル・トレーニングを行う「ポジウィルキャリア」というサービスもあるため、今後のキャリアに悩んでいる人は利用してみましょう。

    ポジウィルキャリアとは?

    キャリアに特化したパーソナル・トレーニング『ポジウィルキャリア』は、専属のキャリアトレーナーが悩み解決のサポートをしてくれるサービスです。

    ポジウィルキャリアではキャリアデザインから企業研究・模擬面接など、専属のキャリアトレーナーがマンツーマンで支援してくれます。

    自分が納得できるキャリア設計や転職サポートを受けられるため、転職を迷っている人から非常に人気のあるサービスです。

    サービスを利用するのは有料ですが、初回のカウンセリング(オンライン)だけなら無料で利用できます。

    まずは、無料のキャリアカウンセリングを受けてみて、必要だと感じれば有料のキャリアサポートを受けると良いでしょう。

    興味のある人は、以下よりポジウィルキャリアをチェックしてみてください。

    転職半年で会社を辞めるメリット

    転職半年で会社を辞めるメリット

    転職半年で会社を辞めることは、メリットもあればデメリットもあります。

    まずは、転職半年で会社を辞めるメリットから見ていきましょう。

    自分に当てはまるかどうか、チェックしてみてください。

    メリット1.パワハラや激務から逃れて心身の健康を守れる

    パワハラや激務で悩んでいるなら、転職して半年であろうと退職を考えましょう

    上司からの不当なパワハラを受け続けると、精神的に追い詰められてしまう恐れがあるため、早めに対処する必要があります。

    また、サービス残業や労働時間が長すぎるなど、休む暇がないほどの激務であれば、体を壊す前に転職を検討しましょう。

    努力することと、無理をすることは別問題です。

    パワハラや激務で疲れ果てているなら、半年で転職するメリットは十分にあります。

    半年で転職することに罪悪感や迷いがある人は、以下の記事も参考にしてみてください。

    メリット2.転職によってスキルアップが可能になる

    現職の会社でスキルアップできる環境が整っていない場合、今後のキャリア形成に支障をきたす可能性があります。

    自分が積み上げたいキャリアステップが明確で、なおかつ現状がスキルアップできない環境なら、転職するメリットは十分にあるでしょう。

    自分が身を置く環境は、自分でコントロールして整えなければ、理想のキャリア形成を実現できません。

    ただし、自主的にスキルアップできる人は、どんな環境にいても、どんなに忙しくても、スキルアップできることも事実です。

    まずは現状のままスキルアップ可能か検討し、「どうしても今の環境ではスキルアップできない」という人は、なるべく早く転職を検討してみてください。

    メリット3.20代なら早めの転職によって異業種でキャリアを積める

    異業種でキャリアを1から積み上げたいと考えている20代の人は、できるだけ早めに転職することをおすすめします。

    20代なら、未経験業界でもポテンシャル採用される可能性があるからです。

    転職において「35歳限界説」というものがありますが、これはキャリア転職の場合が当てはまります。

    異業種に未経験から転職する場合は、少しでも若いうちのほうが有利です。

    将来を見据えて異業種への転職を検討しているなら、早めに決断しましょう。

    転職半年で会社を辞めるデメリット

    転職半年で会社を辞めるデメリット

    半年で会社を辞める場合には、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

    デメリットをしっかり検討したうえで、それでも転職するメリットのほうが大きいという結論が出れば、転職を検討しましょう。

    転職半年で会社を辞めるデメリットを3つご紹介します。

    デメリット1.転職活動で不利になる

    転職して半年で会社を辞めた場合、次の転職活動で不利になることが予想されます。

    「うちの会社もすぐ辞めてしまうのではないか?」と、採用担当者に疑念を抱かれる可能性があるからです。

    会社が人材を採用するにはコストがかかるため、採用してもすぐに辞めてしまうと損害が出る恐れがあります。

    採用担当者が、会社からの信用を損なう可能性もあるため、慎重に求職者を判断しなければいけません。

    また、次の転職だけでなく、転職回数が増えることで将来的にも不利になる可能性があります。

    転職を繰り返すと、「嫌ならまた辞めればいいや」と辞め癖がついてしまう場合もあるでしょう。

    さまざまな理由から転職で不利になる可能性があるため、慎重に検討する必要があります。

    転職時期や転職回数が気になる人は、以下の記事も参考にしてみてください。

    デメリット2.スキルをアピールできない

    転職して半年経てば、ルーティンの仕事には慣れてきます。

    しかし、まだ半年しか経っていないため、十分なスキルが身についていません。

    転職半年で辞めてしまった場合、経歴としてカウントされず、転職活動でもスキルをアピールできないでしょう。

    スキルをアピールできない場合、転職によって給料が下がる可能性もあります。

    年収アップが目的の転職ではないとしても、今より給料が下がる事態はできれば避けたいはずです。

    アピールできるスキルが身につくまで続けてみるか、別の仕事で0からスキルを積み上げるか、どちらの選択肢が最適なのか検討してみましょう。

    デメリット3.ボーナスをもらえない可能性がある

    転職半年で転職するデメリットは、現在の会社でボーナスをもらえない可能性があることです。

    転職して半年後にボーナス時期を迎える会社の場合は、退職の意思表示をすることでボーナスをもらえなくなる可能性があります

    また、転職先の半年後のボーナスも少ない可能性があるため、しばらくの間は通常のボーナスをもらえない可能性があるでしょう。

    そもそも入社6ヶ月目が初回ボーナスの場合には、ボーナスの査定期間が短いため、寸志程度のボーナスであることが一般的です。

    「それならボーナスはいらない」という人は問題ありませんが、退職と同時にボーナスを期待している人は、もらえない可能性もあるので注意しましょう。

    半年で転職して良いか決断できないときの対処法

    半年で転職して良いか決断できないときの対処法

    半年で転職するメリットのほうが大きかった人も、「本当に半年で転職しても大丈夫なのか…」と悩んでいるでしょう。

    明確な転職理由がある人は問題ありませんが、自分自身で決断できない人もいるはずです。

    ここでは、半年で転職をして良いか決断できないときの対処法をご紹介します。

    家族や友人に相談する

    自分一人で転職すべきか判断できない場合は、家族や友人に相談してみると良いでしょう。

    自分と近しい人間であれば、自分以上に理解してくれている可能性があります。

    自分でも気づかない長所や短所を指摘してくれれば、半年で転職して良いかどうかを判断する参考になるかもしれません。

    転職半年で辞めるメリットとデメリットをあらためて考慮し、家族や友人のアドバイスをもとに再検討してみましょう。

    信頼できる職場の上司や同僚に助言を求める

    信頼できる職場の上司や同僚がいるなら、助言を求めてみるのも良いでしょう。

    家族や友人とは違い、仕事をしている姿を見ている人なので、より具体的なアドバイスをもらえる可能性があります。

    自分が今後やっていきたい仕事やキャリアについて相談すれば、現状のスキルや経験で通用するのかを客観的に判断してくれるでしょう。

    ただし、転職したばかりの職場よりも、前職や長く働いた職場の上司や同僚に相談するのがおすすめです。

    また、上司に退職の意思表示をする前であれば、同僚に打ち明けるのは慎重になったほうが良いでしょう。

    転職を踏みとどまった場合に、噂が広まって働きづらくなる可能性があります。

    転職すべきかどうかの判断基準を知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

    転職エージェントなどのアドバイザーに相談する

    身近な人に相談するのも良いですが、より客観的な意見を聞きたいなら、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

    転職エージェントは、自分に合った求人の紹介や面接対策などを行ってくれるサービスで、転職に関するあらゆる相談に乗ってくれます。

    転職すべきかどうか迷っている人のサポートも可能なので、ぜひ登録して利用してみましょう。

    基本的に利用料金は無料なので、次こそ転職を成功させたいなら、積極的に活用することをおすすめします。

    とくにおすすめなのは、親身なサポートを受けられる「doda」です。

    親身なサポートを望むなら「doda」」で解説しているので、参考にしてみてください。

    再就職を決意したときに頼れるサービス

    再就職を決意したときに頼れるサービス

    転職半年で再就職を決意したら、頼れるサービスを利用して、今度こそ転職を成功へと導きましょう

    転職を成功させるためには、自分の希望に合った転職先を的確に見つける必要があります。

    また、現職をスムーズに退職し、トラブルなく次の職場で働くことが理想です。

    そのために頼れるサービスには、どんなものがあるのか見ていきましょう。

    「転職エージェント」で新しい職場を見つけよう

    自分に合った新しい職場を見つけるには、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

    転職エージェントを利用すれば、希望に合った求人の紹介はもちろん、応募書類の添削や面接対策などのサポートを無料で受けられます

    転職エージェントの仕組み

    また、転職すべきかどうか迷っている段階でも相談でき、今後のキャリアステップについてのアドバイスをもらうことも可能です。

    再就職を決意したものの、ほんの少しでも迷いのある人は転職エージェントに相談してみましょう。

    おすすめの転職エージェントは、以下の3つです。

    親身なサポートを望むなら「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、親身なサポートに定評のある転職エージェントです。

    履歴書や職務経歴書の書き方や、面接対策などのサポートが手厚いため、転職に不安がある人の心強い味方になってくれます。

    LINE公式アカウントを用いてやり取りが可能なので、気軽に相談できるのも嬉しいポイントです。

    転職の不安や悩みがある人は、ぜひdodaに登録して相談してみましょう。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    豊富な求人から選びたいなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、幅広い業種・職種の求人数が多い業界最大手の転職エージェントです。

    転職支援実績も多く、厚生労働省の「人材サービス総合サイト」で転職支援実績No.1(2021年度実績)を獲得しています。

    実績豊富なキャリアアドバイザーから転職サポートを受けられるため、希望やスキルに合った的確なアドバイスを得られるでしょう。

    多数の求人から自分に合った転職先を見つけたい人は、ぜひリクルートエージェントに登録してみてください。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約394,000件

    非公開求人数約219,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年5月時点)

    20代未経験者向けの転職サービスなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ
    (引用元
    ハタラクティブ

    ハタラクティブ」は、20代で未経験業界に転職したい人におすすめの転職エージェントです

    第二新卒や既卒の転職支援に強みがあるため、社会人経験の浅い人も利用できます。

    約11万人をカウンセリングした実績があり、就職ノウハウが豊富にあるため、職歴に自信がない人はぜひ利用してみましょう。

    経歴や状況にあわせたアドバイスをくれるので、「今転職すべきか」などの相談にも乗ってくれます。

    これから新しい業界でキャリアを積んでいきたい人は、ハタラクティブに相談してみてください。

    ハタラクティブ|基本情報

    運営会社レバレジーズ株式会社
    公開求人数約3,900件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    自分で辞められないなら「退職代行サービス」を利用しよう

    「辞める決意はしたものの、上司に伝えづらい」と退職を先延ばしにしてしまう人もいます。

    20代の転職なら早いほうが有利になるため、早めに行動を起こしましょう。

    また、未経験業界に転職を検討している場合も、早めの決断が重要です。

    退職の意思を伝えても引き留められたり、辞めづらいと感じている人は「退職代行サービス」を利用しましょう。

    退職代行サービスとは、退職したい旨を企業側に伝えてくる代行サービスのことです。

    労働組合法人が運営している退職代行の「退職代行ガーディアン」についてご紹介します

    労働組合が運営する「退職代行ガーディアン」なら安心して任せられる

    退職代行ガーディアン」は、退職の手続きをすべて代行してくれるサービスです。

    サービスに申し込んだ時点で、退職の手続きをすべて代わりに行ってくれるので、会社に一切出向かずに辞められます

    退職成功率100%の実績があるため、ほぼ確実に会社を辞められるうえ、追加料金が一切かからないのも安心です。

    会社を辞められずに悩んでいる人は、一度相談してみましょう。

    退職代行ガーディアン|基本情報

    運営組合東京労働経済組合
    対応エリア全国
    料金24,800円(税込)
    追加料金なし
    相談方法LINE・電話
    支払方法クレジットカード
    銀行振込
    (最終更新:23年9月時点)

    Q1.退職代行って法的には大丈夫なの?

    A:退職代行は、法的に問題のないサービスです。

    自分で退職を伝えずに、代行サービスを利用することに不安を感じる人も多いでしょう。

    会社側から何かペナルティーがあるのではないか、自宅や実家まで連絡が来るのではないか、と不安に思っている人も多いです。

    しかし、退職代行サービスは、決して違法なサービスではありません

    なかには運営元が怪しいサービスもありますが、「退職代行ガーディアン」は労働組合が運営しているため、法的にも安心して利用できます。

    会社から連絡が来るケースもありますが、誠実に対応すれば問題ないでしょう。

    Q2.就業規則に「○ヶ月前までに報告」とあるけど問題ない?

    A:法的には、2週間前に申し出れば問題ありません。

    就業規則に書かれている内容は、あくまでも会社が決めたルールです。

    法律では、2週間前までに退職を申し出れば辞められるため、とくに問題はないでしょう。

    会社側としても、辞める社員の社会保険料を支払うデメリットがあるため、ほとんどの場合は即日退社を認めてくれます。

    もし辞めさせてもらえない場合は、2週間欠勤扱いにすれば退職できるので、大きな問題はありません。

    Q3.会社側から引き留めの連絡は来ない?

    A:引き留めにも対応してくれますが、絶対に連絡が来ないわけではありません。

    会社側とのやり取りは、すべて退職代行サービスの担当者が代わりに引き受けてくれます

    会社側が退職の引き留めをしてきても、「〇〇さんは体調を崩しており、連絡が難しいようです」などと対応してくれる場合も多いです。

    ただし、退職代行サービスを利用しても、会社からの連絡を完全にストップすることはできません。

    万が一連絡が来た場合には、代行サービスの担当者と話を合わせて、誠実に対応すれば問題ないでしょう。

    Q4.退職代行に登録した後の流れは?

    退職代行サービスに連絡したあとは、以下の流れで退職を進めていきます。

    退職代行を使った退職の手順

    • 無料相談
    • 料金支払い
    • 退職代行サービスと打ち合わせ(ラインや電話など)
    • あとは退職代行サービスにすべてお任せ

    退職代行サービスを使えば、会社とのやり取りをすべて退職代行サービスが代わりに行ってくれます

    自分で行うのは退職届の郵送や、貸与品の返却くらいです。

    詳しいやり方はすべてスタッフが教えてくれるので、わからないことは何でも相談してみましょう。

    また、退職代行ガーディアンは即日退職にも対応しているので、「今すぐに辞めたい」という旨をきちんと伝えることも大切です。

    以下に、実際に利用した人の口コミをご紹介します。

    40代 男性

    会社員(正社員)

    こんなに早く辞められるんだ…

    正直こんなに早く解決出来るんだ‥と驚きました、私の場合は2日で解決したので今まで退職をしたいと会社側に自分で告げてきた期間は何だったのだろうと呆気に取られてしまいました。

    イーデス調査

    20代 女性

    会社員(正社員)

    余計なやりとりがなく辞められた

    何より対応が早く、余計なやりとりが何一つなく辞められました。夜中でもきちんと返信が来ましたし、利用者を第一に考えているのがものすごく伝わってきました。退職後も、転職についての心配をしてくださいました。

    イーデス調査

    「会社を辞めたいのに辞められない…」と身動きがとれなくなっている人は、一人で悩んでいても解決できません。

    どうしても退職できずに悩んでいるなら、まずは相談だけでもしてみましょう。

    「自己分析ツール」を使って自分を見つめ直してみよう!

    「自己分析ツール」を使って自分を見つめ直してみよう!

    無事退職が完了したら、すみやかに転職先を見つけなければいけません。

    在職中に転職エージェントに相談し、転職活動をスタートさせることが理想ですが、なかなかできない場合も多いです。

    本格的な転職活動をスタートできなくても、転職の際に必要な「自己分析」だけでも進めておきましょう。

    自己分析ツールを利用すれば、質問に答えるだけで自分がどのようなタイプの人間かわかります。

    自分でも気づいていない長所や短所を理解しておくと、向いている職種や業種を探しやすくなるはずです。

    転職エージェントのアドバイザーもサポートしてくれますが、まずは自分で分析してみると良いでしょう。

    自己分析は「グッドポイント診断」がおすすめ

    自己分析ツールなら、大手転職サイト「リクナビNEXT」が運営している無料診断ツール「グッドポイント診断」がおすすめです。

    「グッドポイント診断」は、約30分で本格的な自己分析診断ができます。

    多少時間はかかりますが、自分自身のことをよく知るためのきっかけになるでしょう。

    全293問の質問に答えると、以下18項目のなかで自分の強みはどれなのかがわかります。

    グッドポイント診断の項目

    • 親密性
    • 冷静沈着
    • 受容力
    • 決断力
    • 悠然
    • 柔軟性
    • 現実思考
    • 自己信頼
    • バランス
    • 社交性
    • 高揚性
    • 自立
    • 慎重性
    • 俊敏性
    • 継続力
    • 挑戦心
    • 感受性
    • 独創性

    診断結果によっては、今後の人生に役立つポイントが見えてくる可能性もあるでしょう。

    就職や転職をする予定がない人でも利用可能なので、ぜひ以下より診断してみてください。

    まとめ

    転職半年で会社を辞めるメリット・デメリットをはじめ、転職のコツについてご紹介しました

    転職半年で辞めて良いのか判断できない場合には、以下の対処法がおすすめです。

    • 家族や友人に相談する
    • 信頼できる職場の上司や同僚に助言を求める
    • 転職エージェントなどのアドバイザーに相談する

    第三者に相談することで、解決の糸口が見つかる可能性があります。

    「転職する」と決めた場合は、転職活動をサポートしてくれる以下の転職エージェントの利用がおすすめです。

    転職エージェント特徴
    doda親身なサポートを受けられる
    リクルートエージェント求人数が業界トップクラス
    ハタラクティブ経験の浅い20代の転職支援に特化

    在職中から転職エージェントを利用するのが転職成功のポイントなので、まずは登録だけでも済ませておきましょう。

    次こそは、自分の適性や希望に合った転職先が見つかるように、最善の対策を練って転職活動に臨んでみてください。

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE