Operated by Ateam Inc.

イーデス

りそな銀行の住宅ローンを徹底解説!都市銀行のなかで低金利が魅力の住宅ローン

最終更新日:

監修者

千日太郎

編集者

吉兼一弥

おすすめ住宅ローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

【りそな銀行】【新規】りそな住宅ローン
変動金利
りそな住宅ローン

0.340

%
こだわりの手厚い保障で安心・お得!
金利についての注意事項をみる
  • 2024年06月適用金利
  • 融資手数料型
  • 引下げ金利を受けられる条件はホームページよりご確認ください。

おすすめポイント

01全期間固定金利が低い(30年超35年以内)
大手銀行・ネット銀行のなかでもトップクラスの低金利。長期固定金利を希望するなら検討したい銀行です。
02「団信革命」という団信の保障内容が手厚い
がんを含む三大疾病のほか、所定の身体障害や要介護状態になった場合、ローン残高が0円に。40歳未満なら年+0.25%、40歳以上なら年+0.30%の上乗せ金利で団信革命を付けられます。
03土日祝日でも対面相談が可能
平日は忙しくて営業時間内に行けないという人でも大丈夫。不安なことがあれば相談してから決められます。平日21時まで営業している店舗もあります。

自分に合った住宅資金の借入先を見つけるには時間がかかると思います。

しかし住宅ローン選びは時間をかける価値があります

一般的な住宅ローンの基準がわかれば、どの金融機関がお得でどの金融機関のサービスが特徴的なのか、区別を付けられるようになるでしょう。

これから住宅ローン選びをしようとしている人は、どのような金融機関があるか、それぞれの金融機関はどのような特徴があるかを調べることが大切です。

そこで今回は、りそな銀行の住宅ローンに注目し、その特徴やメリット・デメリット、どのような人に向いているかなどFPの立場で解説していきます。

気になる内容をタップ

りそな銀行 住宅ローンの特徴

りそな銀行は、関西アーバン銀行、近畿大阪銀行、みなと銀行などと同じ、りそなホールディングスの金融機関です。

りそな銀行の住宅ローンは、都市銀行のなかでも金利が低いことが特徴で、利用しやすい金融機関の一つではないでしょうか。

また二世帯住宅希望者向け、女性向け、省エネ住宅向けとニーズに合わせた商品を取りそろえていることも特徴です。

メガバンクのなかでも特に住宅ローンに力を入れている銀行で、ネット銀行と比較しても変動金利と10年固定金利が低金利です。ネットでの申込に不安や抵抗がある人にお勧めです。

監修者、千日太郎

専門家の
アドバイス

※1 Webコミュニケーションサービス「マイゲート」からのお手続きで一部繰上返済手数料が無料となります。
マイゲートから全額返済のお手続きはできません。詳細はりそな銀行公式ページをご確認ください。
※2 一部取り扱いできない地域がございます。

おすすめの金利タイプ

店舗型の金融機関のなかでは金利が低い方で、特に変動金利型の金利は低く設定されています。

変動金利型を中心に住宅ローンの返済をお考えの人にとっては魅力のある金融機関の一つと言えるでしょう。

ただ金利が低いことだけでなく、諸費用を含めて負担が軽いかどうかを確認し、判断しなければなりません。

諸費用を低く抑えている金融機関が増えていますので、最終的な決定はシミュレーションをしてからにしましょう。

分類金融機関変動金利型当初固定金利10年
都市銀行みずほ銀行新規 

0.375%

  • 2024年06月適用金利
  • ネット住宅ローン

借換 

0.375%

  • 2024年06月適用金利
  • ネット住宅ローン
新規 

1.550%

  • 2024年06月適用金利
  • ネット住宅ローン

借換 

1.550%

  • 2024年06月適用金利
  • ネット住宅ローン
三菱UFJ銀行新規 

0.345%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン
  • 適用金利や引下幅は、お申込内容や審査結果等により決定いたします。

借換 

0.345%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン
  • 適用金利や引下幅は、お申込内容や審査結果等により決定いたします。
新規 

1.200%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン
  • 適用金利や引下幅は、お申込内容や審査結果等により決定いたします。

借換 

1.200%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン
  • 適用金利や引下幅は、お申込内容や審査結果等により決定いたします。
三井住友銀行新規 

0.475%

  • 2024年06月適用金利
  • WEB申込専用住宅ローン
  • 最後までずーっと引き下げプラン

借換 

0.475%

  • 2024年06月適用金利
  • 借り換えローン
  • 最後までずーっと引き下げプラン
新規 

1.750%

  • 2024年06月適用金利
  • WEB申込専用住宅ローン
  • 最初にぐぐっと引き下げプラン

借換 

2.050%

  • 2024年06月適用金利
  • 借り換えローン
  • 最後までずーっと引き下げプラン
りそな銀行

新規 

0.340%

  • 2024年06月適用金利
  • りそな住宅ローン
  • 融資手数料型
  • 引下げ金利を受けられる条件はホームページよりご確認ください。

借換 

0.340%

  • 2024年06月適用金利
  • りそな借りかえローン
  • 融資手数料型
  • 引下げ金利を受けられる条件はホームページよりご確認ください。

新規 

1.775%

  • 2024年06月適用金利
  • りそな住宅ローン
  • 融資手数料型
  • 引下げ金利を受けられる条件はホームページよりご確認ください。

借換 

1.775%

  • 2024年06月適用金利
  • りそな借りかえローン
  • 融資手数料型
  • 引下げ金利を受けられる条件はホームページよりご確認ください。
信託銀行三菱UFJ信託銀行新規 

0.345%

  • 2024年06月適用金利
  • 三菱UFJネット住宅ローン【三菱UFJ信託銀行専用】

借換 

0.345%

  • 2024年06月適用金利
  • 三菱UFJネット住宅ローン【三菱UFJ信託銀行専用】
新規 

1.200%

  • 2024年06月適用金利
  • 三菱UFJネット住宅ローン【三菱UFJ信託銀行専用】

借換 

1.200%

  • 2024年06月適用金利
  • 三菱UFJネット住宅ローン【三菱UFJ信託銀行専用】
三井住友信託銀行新規 

0.330%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン
  • 「住宅ローン 家計応援プラン」利用時は、表示金利より0.03%引下げ

借換 

0.330%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン
  • 「住宅ローン 家計応援プラン」利用時は、表示金利より0.03%引下げ
新規 

1.445%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン
  • 「住宅ローン 家計応援プラン」利用時は、表示金利より0.03%引下げ

借換 

1.445%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン
  • 「住宅ローン 家計応援プラン」利用時は、表示金利より0.03%引下げ
ネット銀行等イオン銀行新規 

0.380%

  • 2024年06月適用金利
  • 金利プラン
  • 物件価格の80%以内でお借入れの場合

借換 

0.380%

  • 2024年06月適用金利
  • 金利プラン
新規 

1.410%

  • 2024年06月適用金利
  • 当初固定金利プラン

借換 

1.410%

  • 2024年06月適用金利
  • 当初固定金利プラン
auじぶん銀行新規 

0.219%

  • 2024年06月適用金利
  • 全期間引下げプラン
  • 表示金利は新規借入かつau金利優遇割適用。
  • 審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます。

借換 

0.198%

  • 2024年06月適用金利
  • 全期間引下げプラン
  • 表示金利は借り換えかつau金利優遇割適用。
  • 審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます。

新規 

1.255%

  • 2024年06月適用金利
  • 当初期間引下げプラン
  • 表示金利はau金利優遇割適用。
  • 審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます。

借換 

1.255%

  • 2024年06月適用金利
  • 当初期間引下げプラン
  • 表示金利はau金利優遇割適用。
  • 審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます。
SBI新生銀行新規 

0.290%

  • 2024年06月適用金利
  • 変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>
  • 表示金利は金利優遇キャンペーン適用(詳細は公式サイトへ)

借換 

0.290%

  • 2024年06月適用金利
  • 変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>
  • 表示金利は金利優遇キャンペーン適用(詳細は公式サイトへ)
新規 

1.100%

  • 2024年06月適用金利
  • 当初固定金利タイプ

借換 

1.100%

  • 2024年06月適用金利
  • 当初固定金利タイプ
住信SBIネット銀行新規 

0.298%

  • 2024年06月適用金利
  • WEB申込コース(通期引下げプラン)
  • 自己資金20%以上の場合
  • 自己資金20%未満の場合、表示金利+0.032%

借換 

0.320%

  • 2024年06月適用金利
  • WEB申込コース(通期引下げプラン)
  • 借り換え金利
新規 

1.413%

  • 2024年06月適用金利
  • WEB申込コース(当初引下げプラン)
  • 自己資金20%以上の場合
  • 自己資金20%未満の場合、表示金利+0.022%

借換 

1.445%

  • 2024年06月適用金利
  • WEB申込コース(当初引下げプラン)
ソニー銀行

新規 

0.397%

  • 2024年06月適用金利
  • 変動セレクト住宅ローン
  • 新規購入の場合

借換 

0.397%

  • 2024年06月適用金利
  • 変動セレクト住宅ローン
  • 借り換えの場合
新規 

1.466%

  • 2024年06月適用金利
  • 固定セレクト住宅ローン
  • 新規購入の場合

借換 

1.466%

  • 2024年06月適用金利
  • 固定セレクト住宅ローン
  • 借り換えの場合
楽天銀行新規 

0.683%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン(金利選択型)

借換 

0.683%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン(金利選択型)
新規 

1.792%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン(金利選択型)

借換 

1.792%

  • 2024年06月適用金利
  • 住宅ローン(金利選択型)

※金利はいずれも、適用期間中、ずっと割引される「全期型(通期型)」です。
※各金融機関のサイト上の数値で、最も低い金利を掲載しております。借り入れ条件により金利は変化します。

りそな銀行の金利についてかんたんに確認できたら、りそな銀行のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

りそな銀行のメリット・デメリットを徹底解説

これから金融機関を選ぶ人向けに、りそな銀行のメリットとデメリットを紹介していきます。

特徴をどのようにとらえたらよいかわからない人は参考にしてみてください。

メリット:店舗型の金融機関のなかでは低金利で総返済額が少なくて済む

住宅ローンで適用される金利は、審査により基準となる金利からどのぐらい引き下げるかを決定しています。

一般的に引き下げ幅が固定されているネット銀行等とは異なり、審査結果を見てみなければ適用される金利はわかりません

これは期待する適用金利にはならないけれども、審査には通る可能性がある、ということもできます。

そのためネット銀行等の低金利では審査が通らないが、りそな銀行の審査では通ることもあるでしょう。

住宅ローンは審査に通らなければなりませんので、金融機関のなかでも最低金利ではなくても、審査に通る金融機関のなかでは最低金利になるかもしれません。

デメリット:保証料、融資手数料の額は標準的で負担が大きくなる

金利が低くても諸費用の額によって負担は変わります。

りそな銀行の諸費用は保証料型と融資手数料型の2種類ありますが、いずれも標準的な金額となっています。

最近ではネット銀行等で金利だけでなく、諸費用も低い金融機関もありますので、諸費用を含めると負担は大きくなる可能性があります。

メリットやデメリットは、住宅ローンの借入金額や収入、考え方によって変わります。金融機関のどの特徴を重視するか考えてみてください。

他の金融機関にない、りそな銀行ならではの特徴を知ろう

ここでは借入先を決める際に選んだ理由となりそうな、りそな銀行の特徴を紹介していきます。

りそな銀行は、一般的な住宅ローン以外にも様々なニーズに合わせた商品が用意されています。

太陽光発電システムを設置する予定の人向けの住宅ローン

住宅に太陽光発電システムを設置する予定の人向けに、日照補償付住宅ローン「晴れたらいいね」という商品があります。

日照補償付住宅ローンでは、太陽光発電システムの費用を合わせて借り入れることができ、日照補償サービスを無料で利用することができます。

日照補償は、借入後3年間、基準日照時間を下回った場合に補償金を受け取れるサービスです。

具体的には、都道府県ごとの基準日照時間より、観測地点における日照時間の1年累計値が30時間以上短かった場合に1時間当たり100円の補償金(年間5万円が上限)を受け取ることができます。

たとえば埼玉県の基準日照時間が1,750時間で、 観測地点における日照時間の1年累計値が1,700時間の場合、基準日照時間より30時間以上短いので、「50時間×100円=5,000円」の補償金が支払われる仕組みです。

女性向けの専用住宅ローン

りそな銀行には、「凛next」という女性向け住宅ローンがあります。

金利の引き下げ幅は審査結果によりますが、基準金利より最大年2.005%引き下げられます。

またケガや病気で働くことができなくなった場合、ローン返済支援保険による保障を受けることができます。

疾病や障害による就業障害が30日間超続いた場合に適用され、ローンの返済額分が保険金として支払われます。

ローン返済支払保険の保険料は無料で、最長3年間の補償を受けることができます。

地震や噴火またはこれらによる津波を原因としたケガによる就業障害も対象となるのが特徴です。

※告知の内容によっては、ご加入いただけない場合がございます。

FPが解説!りそな銀行住宅ローンが向いている人・向いていない人

向いている人

  • 低金利で借りたい人

りそな銀行のメリットでも解説しましたが、りそな銀行の住宅ローンの金利は低い方で、諸費用は標準的です。

一般的に借入条件がいいほど審査は厳しくなりますので、最も金利が低く、諸費用の安い金融機関で借りられるとは限りません。

そのため、借入先の候補としておけば、現実的に借りることのできる金融機関で最も低い金利となる可能性があります。

向いていない人

  • 保証料・融資手数料等をおさえたい人

ネット銀行を中心に、保証料や融資手数料の金額はかなり低くなっています。

そのため、りそな銀行のような保証料や融資手数料で借入金額3,000万円に対して60万円超かかる金融機関の諸費用は高く感じてしまうでしょう。

どの点を重視するかによって向き不向きは変わります。重視するポイントをまとめ、金融機関ごとに整理しておくといいでしょう。

りそな銀行の審査について知ろう

借入先が絞られてくると、審査に通るかどうかについて気になるところです。

個々の状況によって審査に通りやすいかどうかは異なり、審査内容は公開されませんので、審査に通りやすいかどうかを断定することはできません。

金利が低いなど条件がいいほど審査は厳しくなるのが一般的です。

最終的に複数の金融機関に審査を出すと思いますが、金利だけでなく総合的に選んでおくと審査に通りやすくなるでしょう。

審査の通りやすさ

りそな銀行の住宅ローン金利は低い方ですが、金利の引き下げ幅は審査によって決定しますので、ある程度、審査に柔軟性があります。

通りやすいとは言えませんが、収入に見合う借入金額であれば通る可能性は高くなると思われます。

審査のスピード

りそな銀行の公式サイトに審査期間が明記されておりませんので詳細は分かりませんが、一般的に事前審査だけなら1週間程度と思われます。

審査の結果が出るまでにどのくらいかかるか、住宅取得の手続きに影響しますので事前に確認しておきましょう。

りそな銀行 住宅ローンの申し込みの流れ

申込の流れは、インターネット経由か窓口経由かによって違いはありますが、一般的な流れは次のようになります。

  1. STEP1

    事前審査の申し込み
    (インターネットまたは窓口)

  2. STEP2

    正式申込

  3. STEP3

    契約

  4. STEP4

    抵当権の設定

  5. STEP5

    借り入れ

注文住宅か建売住宅か、建物のタイプによって手続きの詳細は変わってきますので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

りそな銀行の住宅ローン諸費用は標準的ですが、都市銀行のなかでは金利が低く、ネット銀行のような原則、電話やメールでのやり取りが中心となる金融機関が苦手な人にとっては借入先の候補になるのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、最終的に借入先を決める際には、金利だけでなく諸費用や団信の保険料など総合的に判断し、ご自身に合った金融機関を見つけてください。

また、こちらの記事では自分にあった住宅ローンを選ぶポイント解説していますので、よければ参考にしてください。

メガバンクのなかでも特に住宅ローンに力を入れている銀行で、ネット銀行と比較しても変動金利と10年固定金利が低金利です。ネットでの申込に不安や抵抗がある人にお勧めです。

監修者、千日太郎

専門家の
アドバイス

【りそな銀行】【新規】りそな住宅ローン
変動金利
りそな住宅ローン

0.340

%
こだわりの手厚い保障で安心・お得!
金利についての注意事項をみる
  • 2024年06月適用金利
  • 融資手数料型
  • 引下げ金利を受けられる条件はホームページよりご確認ください。

おすすめポイント

01全期間固定金利が低い(30年超35年以内)
大手銀行・ネット銀行のなかでもトップクラスの低金利。長期固定金利を希望するなら検討したい銀行です。
02「団信革命」という団信の保障内容が手厚い
がんを含む三大疾病のほか、所定の身体障害や要介護状態になった場合、ローン残高が0円に。40歳未満なら年+0.25%、40歳以上なら年+0.30%の上乗せ金利で団信革命を付けられます。
03土日祝日でも対面相談が可能
平日は忙しくて営業時間内に行けないという人でも大丈夫。不安なことがあれば相談してから決められます。平日21時まで営業している店舗もあります。
千日太郎

千日太郎 / オフィス千日合同会社 代表社員 公認会計士

【専門家の解説】

私はつねづね住宅ローンは早くから一つの銀行に絞ってしまわず、複数の金融機関、金利タイプの組み合わせで本審査まで通しておくことをお勧めしています。

住宅ローンの金利、特に当初固定金利タイプと全期間固定金利タイプはその時の金融マーケットの市況に影響を受けて毎月その月に融資を実行する適用金利が変動しています。また、その金融機関の営業方針によっても変動することがあります。

たまたま自分がマイホームの引き渡しを受けるタイミングで金融マーケットの長期金利が高騰したり、その金融機関の営業方針によって適用金利が上がってしまったりすると、他の住宅ローンでは低金利なのに高い金利で住宅ローンを借りなければならなくなります。

その点、りそな銀行は全国規模のメガバンクであり、主力とする金利タイプは安定して低金利を続けていますので、複数の金融機関で審査を通す際に候補に入れる銀行としてマッチしていると思います。

銀行の立場としては、住宅ローンの審査を行うのにもコストがかかるため、あまり複数の金融機関で審査を出してほしくないという内情があります。そして誰が流したか分かりませんが「複数審査に出すと審査に落ちやすい」という都市伝説も耳にします。住宅ローンを借りる我々としては必要なことですし、複数審査に出していることがマイナスになることもありません。

おすすめ住宅ローンの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE