Operated by Ateam Inc.

イーデス

クレジットカードのポイントで一番得する使い方は?効率的に交換する方法

最終更新日:

クレジットカードのポイントで一番得する使い方は?効率的に交換する方法
高還元率 クレジットカード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

利用するたびにポイントが貯まるクレジットカードですが、ポイントをうまく使いこなしている自信がありますか?

「何に交換すればいいかわからない」
「有効期限が過ぎて無駄になってしまった…」
「もっとお得なポイント交換方法があるなら実践したい!」

と、あまりうまく使いこなせていない人も多いのではないでしょうか。

せっかくクレジットカードを持っているのなら、どうしたらお得にクレジットカードのポイントを使うことができるかを知りたいと思いませんか?

クレジットカードのポイントをどう使ったらいいのかわからない方でも、

  • ポイントの基本的な使い方
  • 賢くお得にポイントを使う方法

これらを知ることができ、自分がどう使ったらお得かを判断してポイントを有効に利用することができるようになります。

特におすすめのポイントの使い方は必見ですので、クレジットカードの達人になりたい人は、どうぞ最後までお読みください!

ポイント還元率が高いクレジットカードについては、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

気になる内容をタップ

クレジットカードのポイント交換の基本

まずは最初に、クレジットカードのポイント交換の基本を確認しましょう。この基本を知っているかどうかで、ポイント交換のお得感に差がついてしまいます。

自分から申請しないと期限切れで無効になるものがほとんど

クレジットカードのポイントは、自分から申請しなければ期限切れでポイントがなくなってしまうのがほとんどです。

だからこそ、セゾンカードのような「永久不滅ポイント」は有効期限がないという希少価値が加わることになり、他社のクレジットカードよりもお得であることをアピールしているのです。

「クレジットカードのポイントには有効期限があるのが原則」ということを、しっかりと心に留めておきましょう。

交換商品によってお得なものとそうでないものがある

交換商品によって、お得なものとそうでないものがあります。もしせっかく貯めたポイントをあまりお得ではない商品に交換してしまうと、「これなら普通に買ったほうが安かった…」と後悔することになってしまいます。

ポイント交換商品には、

  • ポイント移行
  • 商品券
  • 雑貨
  • グルメ商品

など多数ありますが、どのようなポイント交換商品がお得なのかを見極める必要があります。

ポイントの使いやすいクレジットカードについては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

それでは次にどのような商品がお得なのか、後悔しないためのおすすめ度をチェックしていきます。

ポイント交換のおすすめ度をチェック

選ぶイメージ

ポイント交換商品がお得かどうかを、△〇◎の3段階で評価していきます。ここでは客観的にお得であるといえるかという切り口で解説していきます。

市販でも買えるもの:△

市場に出回っており、通常購入できる商品については△の評価です。

なぜなら、市販でも買えるものは自分で探したほうが安いことのほうが多いからです。特に生活家電製品や健康家電製品は物流コストがかかりやすくなるため、レートが悪くなる傾向があります。

本当に欲しい商品であれば無料で手に入れることができるので、人によってはお得感を感じられることがあるかもしれません。

しかし実際にポイント交換商品を眺めても、それほど欲しいと思える商品がないと感じる人がほとんどなのではないでしょうか。市販ではない限定オリジナル商品であれば、非売品の付加価値分だけお得感を感じることができるため、評価は〇になります。

また、交換商品の中には、最新のものではなく旧モデルが指定されているものもあります。失効しそうなポイントを消化したいという目的なら、市販で買えるものに交換することを検討してもいいかもしれません。

商品券などの金券類:○

商品券などの金券類は〇の評価です。ポイント交換に迷ったら、商品券などの金券にしておけばまず後悔することはありません。

商品券は現金に比べると、

  • 使用できる店舗が限られている
  • お釣りがでないことがある

というデメリットがあるため、自由度が低くなる傾向があります。それでも市販で買える商品に交換するよりは、お得感を感じることができるでしょう。

商品券などの金券に交換するときには、1ポイント=1円の価値があるかを確認するようにしましょう。たまにレートが悪いものがあるため、商品券だからといって油断しないように注意しましょう。

提携ポイントなどへの移行:○

提携ポイントなどへ移行するのは〇評価です。

クレジットカードのデメリットを補うために、メインカードとサブカードで使い分けている人もいらっしゃるかと思います。クレジットカードの枚数が増える分だけポイントが分散することになりますが、提携ポイントへ集約することでポイント分散のデメリットを解消することができるようになります。

自分がよく使うポイントはこれ!と決めて、提携ポイントへ移行するようにしましょう。できればメインカードのポイントへ集約するのがベストです。

電子マネー:◎

電子マネーへのポイント交換は◎です。

電子マネーに交換するためには、

  • iD
  • nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy
  • Suica

などの電子マネーを用意する必要があります。電子マネーを持っていない人にとっては作成する手続きが必要となり、手間がかかって面倒だと感じることがあるかもしれません。

しかし電子マネーを利用することで利用ポイントを獲得できるメリットがあるのです。

商品券と電子マネーを比較してみると、利用ポイント加算のメリットが分かりやすくなります。

  • 商品券で決済:商品を購入したりサービスを受けるだけ
  • 電子マネーで決済:商品購入やサービスを受ける+電子マネー利用ポイント加算

ただモノを買ったりサービスを受けたりするだけでなく、電子マネー利用で貯めたポイントはそのまま電子マネーにチャージして利用したり提携ポイントへ移行したりすることもできます。

つまり、現金や商品券で決済するのに比べて、

  • プラスアルファの価値が発生する
  • 利用用途が広範囲になる

というメリットを受けることができるのです。

特に楽天カードのポイントは楽天Edyにするのがおすすめです。楽天ポイントを楽天Edyへ交換するためには、Edy付きの楽天カードを用意する必要がありますが、無駄なくポイントを消化することができておすすめです。
ただし、期間限定ポイントは楽天Edyへ移行対象外となっている点で、注意が必要です。

楽天Edyについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

航空会社のマイル:◎

航空会社のマイルへ交換するのは◎です。貯めたマイルは航空券と交換することができ、実質1マイル=1円以上の価値があるからです。特に国際線のファーストクラス航空券は1マイル8円以上の価値があるため、1ポイントを8円分として使うことができるようになります。

しかしポイントをマイルに交換するときのレートが悪いものもあります。たとえば楽天ポイントは2ポイントで1マイルになってしまいます。それでも1マイルに2円の価値があるとすれば、結局同じことになります。

自分が交換したい割引航空券の必要マイル数が分かれば、1マイルにいくらの価値があるのかを知ることができます。

また、LCCなどの格安航空会社を利用すれば、マイルを貯めずにお得にフライトを楽しむことができるでしょう。飛行機に乗る機会が少ない人にとっても、マイルへの交換はあまりお得ではないかもしれません。

ここでは1ポイントが1円以上として利用することができるという意味で、◎という評価にしています。

マイルを貯めやすいカードは以下の記事にて紹介しています。

伊藤亮太

伊藤亮太/ ファイナンシャルプランナー

皆様にとって真に必要なライフプランニングの設計、資産運用相談を承っております。中立的な立場から、ご相談に応じます。砂金取りという趣味も実益をかねて実践中です。詳しくはZIPANNINGで検索を。

【専門家の解説】

監修者はポイントはマイルに交換するのをお勧めします。

飛行機がタダで乗れるのはリッチに感じてお得ですよ。

割引券:◎

割引券やクーポンへの交換は◎です。割引券やクーポンを発行する店舗にとっても集客になるメリットがあるので、換算レートが優遇されていることが多くなっています。

よく使うお店なら、割引券やクーポンに交換するとお得にポイントを利用することができるでしょう。

どのようなポイント交換商品がお得なのかを見極めるためには、交換後の商品やサービスに1ポイント以上の価値があるかどうかという視点が必要になることがわかりました。それでは最後に、ポイントがたくさん貯まるおすすめのクレジットカードをご紹介します。

伊藤亮太

伊藤亮太/ ファイナンシャルプランナー

皆様にとって真に必要なライフプランニングの設計、資産運用相談を承っております。中立的な立場から、ご相談に応じます。砂金取りという趣味も実益をかねて実践中です。詳しくはZIPANNINGで検索を。

【専門家の解説】

クレジットカードで貯めたポイントをどうするか。
特に期限が迫っている場合、あたふたする可能性がありますよね。

その場合には、記事にもあるように、電子マネー、マイル、クーポンのいずれかで使用するのがよいと考えます。

もちろん、永久不滅を実施するクレジットカードであれば期限は気にする必要がないものの、とはいえお得な使い方は何だろう?と思われている方も多いと思います。

結局、電子マネー、マイル、クーポンに変えることが良い使い方だと思います。

電子マネーのよいところは、買い物にも利用できるし、電車代の支払いにもできます。
そのため、特に使う予定のないポイントであれば、電子マネーにかえて現金のように使っていくことが無難かもしれません。

また、買いたい物があるといった場合には、割引券やクーポンにかえるとよいでしょう。
換算レートが優遇されている可能性があります。

もう一つがマイルです。
飛行機に無料で乗れるようにするためには、いかにマイルを貯めていくかが大きなポイントとなります。

なお、マイルも有効期限がありますので、その点は注意してくださいね。

ポイントがたくさん貯まるおすすめのクレジットカード

クレジットカードを選ぶ

ポイントがたくさん貯まるクレジットカードをご紹介します。クレジットカードによって異なるポイントの使い方についての特徴もご紹介していきます。

JCB CARD W

国際ブランドのひとつ、JCBが発行する、ポイント還元率が1.0%~10.5%(※1)高還元率なオリジナルのプロパーカードです。
※1:最大還元率はJCB PREMOに交換した場合。

JCB CARD W

3.79
JCB CARD Wの券面
年会費初年度:永年無料
2年目以降:永年無料
ポイント還元率1.0%~10.5%(※1)
国際ブランド
  • jcb
電子マネー
  • applePay
  • googlePay
  • quicpay
  • suica
発行スピード最短5分程度(※2)
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費無料
ETCカード発行期間ウェブでお申し込みの場合約1週間/電話でお申し込みの場合約2週間/家族カードを発行してお申し込みの場合約2週間
マイル還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント
締め日・支払日公式サイト参照
申し込み条件原則として18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
[家族カードの場合]生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。 ※本会員が学生の場合は、お申し込みになれません。
必要書類

JCBからお届けする書面 ・本人確認書類 ・収入証明書類 ・収入証明書類 ※お客様のご職業、キャッシングサービス(ご融資)のご利用希望によって提出書類が異なります。

注目ポイント

  • 【年会費永年無料】
    ポイントいつでも2倍以上!
  • 【新規入会限定】
    新規入会&カード利用&Amazon.co.jp利用で最大13,000円キャッシュバック!
  • 【期間限定】
    お友達紹介で1,500円キャッシュバック!
  • 家族カード・ETCカードが年会費永年無料!
  • 39歳以下限定のJCBオリジナルシリーズ!
\新規入会限定/2024年3月31日(日)までに新規入会&カード利用&Amazon.co.jp利用で最大13,000円キャッシュバック!
公式サイトへ
  • 1最大還元率はJCB PREMOに交換した場合
  • 2モバ即の入会条件
    ①9:00AM~8:00PMでお申し込み
    ②カード申し込み時に、WEBにてお支払い口座を設定
    ③顔写真付き本人確認書類による本人確認(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱いとなります。
    モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください。

39歳以下限定のクレジットカード(※2)で、年会費無料&ポイント高還元を実現しています。OkiDokiポイントという独自のポイントが貯まります。
※2:18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方。

さらにJCBのオリジナルシリーズパートナーのスターバックスをはじめ、Amazonやセブン-イレブンなどではポイントが貯まりやすいお得なクレジットカードとなっています。

オリジナルシリーズパートナーの対象店舗によく行く方は、ぜひチェックしておきたいカードです。

さらに、2022年11月からは券面にカード番号を記載していないナンバーレスカードが登場し、セキュリティ―面を重視される方にもおすすめの1枚です。

楽天カード

楽天カードは、100円(税抜)につき1ポイントが貯まる高還元率カードです。
※一部ポイント還元の対象外となる場合がございます。

楽天カードの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • american_express
電子マネー
  • visaTouch
  • edy
発行スピード約1週間~10日前後
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費550円(税込)
ETCカード発行期間お申し込みから通常約2週間
マイル還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント
締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
必要書類

■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

注目ポイント

  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!
    ※特典進呈には上限や条件があります
  • 電子マネー「Edy」搭載カード
  • トラブルに対応したあんしん機能が充実
公式サイトへ

    通常の店舗利用はポイント還元率1.0%が適用されますが、楽天市場でお買い物をすると、ポイント還元率3.0%の超高還元カードとして利用することができるのです。

    楽天市場のお買い物100円(税抜)につき3ポイントを貯めることができますから、1万円のお買い物で300ポイントを貯めることができます。そのうえ貯めたポイントは、1ポイントから無駄なく使うことができる大きなメリットがあります。

    そして楽天ポイントカードと連携させれば、貯めたポイントを以下のような実際のお店で使うことができるようになります。

    • マクドナルド
    • ミスタードーナツ
    • くら寿司
    • 松坂屋
    • 大丸
    • ツルハドラッグ
    • 紳士服のコナカ
    • ジョーシン
    • 出光SS

    もちろん貯めたポイントをそのまま使うのではなく、楽天Edyへ交換すればさらにお得です。

    街中のレストランやショップなどでポイントを使うことができるので、ポイントだけで生活することも不可能ではありません!

    オリコカード・ザ・ポイント

    オリコカード ザ ポイントも、100円につき1ポイントが貯まるカードです。

    オリコカード THE POINTの券面
    年会費初年度:無料
    2年目以降:無料
    ポイント還元率1.0%
    国際ブランド
    • master_card
    • jcb
    電子マネー
    • quicpay
    発行スピード最短8日程度
    追加カード

    ETCカード

    家族カード

    ETCカード年会費無料
    マイル還元率(最大)0.6%
    ポイント名オリコポイント
    締め日・支払日毎月月末
    申し込み条件原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

    注目ポイント

    • 高還元率のハイスペックカード!
    • 入会後半年間はポイント2倍!
    • 「iD」と「QUIC Pay」の同時搭載
    • ポイントはリアルタイムで還元
    • 年会費は永年無料!

      楽天カードと異なるのは、入会後6カ月間はポイント還元率が2.0%になるところです。もちろん公共料金や税金の支払いも100円につき2ポイントが貯まるので、固定資産税や車検などまとまった支払いをする際に、ポイント還元率2.0%の威力を発揮することができます。

      貯めたポイントはAmazonギフトやLINEギフトコードなどのオンラインギフト券に交換することができます。楽天カードからもAmazonギフトへ移行することができますが、楽天Edyを経由してFelicaリーダーなどを用意する必要があり手間がかかるデメリットがあります。

      オリコカード ザ ポイントならそのような手間をかけずに、リアルタイムでポイント交換できるメリットがあります。

      ただし、貯めたポイントは500ポイント以上にならないと使うことができないため、ポイントがムダになってしまうことがあるかもしれません。

      PayPayカード

      PayPayカードは、利用金額200円(税込)につき1%、2円相当のPayPayポイントが還元されるカードです。

      PayPayカードの券面
      年会費初年度:無料
      2年目以降:無料
      ポイント還元率1.0%~5.0%(※1)
      国際ブランド
      • visa
      • master_card
      • jcb
      電子マネー
      • visaTouch
      • applePay
      • quicpay
      • suica
      • pasmo
      発行スピード最短5分(※2)
      追加カード

      ETCカード

      家族カード

      ETCカード発行手数料無料
      ETCカード年会費550円(税込)(発行手数料は無料)
      ETCカード発行期間1週間~10日程度
      ポイント名PayPayポイント
      締め日・支払日締め日:毎月月末・支払日:翌月27日(非営業日の場合は翌営業日)
      申し込み条件・日本国内在住の満18歳以上(高校生除く)の方
      ・ご本人様または配偶者に安定した継続収入がある方
      ・本人認証が可能な携帯電話をお持ちの ※ PayPayアプリ経由で入会する場合は、PayPayアプリが必要
      必要書類

      本人確認書類 (マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書のいずれか1点)

      注目ポイント

      • 年会費永年無料!
      • ポイント還元率が常時1.0%と高還元!
      • Yahoo!ショッピング・LOHACOでのポイント還元率最大5.0%!
      • PayPay残高に直接チャージできる唯一のクレジットカード!
      • 申し込み&審査は最短5分でネットショッピングに使える!
      公式サイトへ
      • 1利用金額200円(税込)につき1%、2円相当のPayPayポイントが還元されます。
      • 2最短5分で発行されるのはカード番号のみです。物理カードは、1週間~10日程度で郵送されます。

      Yahoo!ショッピングやLOHACOなら毎日ご利用金額200円につき最大5.0%のPayPayポイントが貯まるため、ポイント還元率5.0%のカードとして使うことができます。

      PayPayカードは唯一PayPay残高にチャージできるクレジットカードです。
      PayPayを利用されている方ならPayPayポイントを効率よく貯められるのでおすすめのカードです。

      特にヤフオク!を利用している人は、PayPayカードで本人確認が不要になる特典を受けることができ、ヤフオク!利用でも1.0%のPayPayポイントを貯めることができます。

      いろいろなポイントサービスがある中で、PayPayポイントだけはしっかり貯めている!という人にPayPayカードをおすすめします。

      こちらの記事でも高還元率を誇るおすすめのクレジットカードを紹介していますので、あわせて参考にしてくださいね。

      まとめ

      「クレジットカードのポイントで一番得する使い方は?効率的に交換する方法」はいかがでしたか?

      この記事の内容を最後におさらいしておきましょう。

      • ポイントには有効期限がある
      • ポイント交換は1ポイント=1円以上の価値があるかどうかを見極める
      • 一番得するポイントの使い方は、「電子マネー」「マイル」「割引券/クーポン」の3つ

      これで今までクレジットカードのポイントをなんとなく貯めていた人でも、どの使い方が自分にとってぴったりなのかを判断することができるようになります。

      せっかく貯めたポイントを有効活用して、お得な毎日を過ごしましょう!

      高還元率 クレジットカードの関連記事

      • Facebook
      • x
      • LINE
      クレカ診断はコチラ

      © 2022 Ateam LifeDesign Inc.