Operated by Ateam Inc.

イーデス

【初心者向け】知らないと怖い?カードローンの基礎知識

最終更新日:

【初心者向け】知らないと怖い?カードローンの基礎知識
カードローンとは
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「カードローンは利息が高いから返済できなくなると聞いたことがある」「カードローンを返済できるのかが不安…」など、カードローンの利用に不安を感じている方も多いでしょう。

当然ながらカードローンは融資商品の1つですから、返済できなくなってしまうリスクも含んでいます。

しかしながら、そのようなリスクは、利用者の注意によって避けられるものばかりです。

この記事では、カードローンのよくある悩みや疑問点をピックアップし、お金の専門家であるFPが健全な利用のための知識を解説します。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

カードローンは、一般的な借り入れや住宅ローン等に比べて、ネガティブなイメージが多く出回っています。どのような金融商品にもメリット・デメリットがあるように、それはカードローンだけでなく、住宅ローン等にも当てはまるのです。情報は大切ですが、本当のところはどうなのか?自分の目で判断するためにも、カードローンの基礎知識を身に付けて欲しいと思います。

気になる内容をタップ

カードローンのよくある悩みを解決!

「カードローンを初めて利用する」という方にとって、申し込み前の段階は大きな不安に駆られてしまいやすいタイミングです。

しかし実は、ほとんどの不安は、事実と異なる場合が多いのです。ここでは、お金の専門家であるFPが、カードローン利用の些細な疑問を解決していきたいと思います。

審査に通らなかったらどうしよう・・・審査は厳しい?

結論からいうと、カードローンの審査基準はさほど厳しいものではありません。
もちろん、誰でも通るようなものではありませんが、安定継続した収入があり、信用事故(※直近の債務整理歴など)のない方であれば、十分審査に通過できる基準のものです。

ただし、商品ごとに審査基準は異なるため、比較的通過しやすいものもあれば、審査に通過しづらいものもあります。

傾向としては、低金利なカードローンほど審査基準が厳しいとされています。カードローンを検討する際は、参考になさってください。

また、カードローンの審査が不安な人は、審査に通るかの判断チェックシートがついたこちらの記事もぜひ参考にしてください。

在籍確認って、家に電話が来るの?

在籍確認は、利用者の勤務事実を確認するための手続きです。したがって、自宅に連絡が入るのではなく、勤務先に電話連絡が入ります。

なかには、「勤務先に知られてしまうのが怖い…」という方もいらっしゃると思いますが、電話連絡で借入の事実が周囲に知られてしまうことはまずありません。

なぜかというと、電話連絡では、「〇〇さまはいらっしゃいますか?」程度の会話しか行われず、プライバシー保護を最優先にしてもらえるからです。

また、電話連絡の際は、担当者の個人名または銀行名を名乗りますので、勤務先にバレてしまうこともありません。
このようにカードローンの在籍確認は、利用者が不安視するほどのものではないのです。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
多くの人が悩むのが、周囲にバレてしまうのではないかということです。これはネガティブなイメージがあるからこそなのでしょうね。ただ、実際に在籍確認で電話がある場合も、消費者金融では会社名を名乗りませんので、バレる心配はほぼありません。どうしても電話を回避したいなら、書類を提出するなどして、在籍確認で電話を無くしてもらうよう相談してみましょう。

飯田道子さん

飯田さん

家族や親戚に知られる?催促は?

カードローンの利用を家族に知られる可能性は少なからずあります。
家族に知られてしまう場合、

  • ローンカード等の郵送物
  • 返済を滞納してしまったことによる督促
  • ローンカードそのものを見つけられた

などのケースが大半です。

つまりわかりやすくいうと、あらかじめ対策を取ることで、家族バレを未然に防ぐことは十分可能なのです。

家族にバレたくない場合の対処法としては、

  • 郵送物のないカードローンを選択する
  • 滞納しないように注意する
  • ひと目でローンカードとわからない商品を選択する

などがあります。

このような対処法を実践すれば、家族にバレてしまうリスクを避けることができます。
家族に知られたくない方は、申し込み前に必ずチェックしておきましょう。

もし返済が滞ってしまったら・・・職場への催促は?

原則として、返済が滞った場合でも職場への督促はありません。

もちろん、カードローン会社の電話連絡を無視し続けた場合など悪質と判断された場合は、職場へ連絡が入るリスクもあります。

ただしこのように利用者に過失がある場合でも、利用者の不利益となるような事実を周囲に漏洩することはありません。

このように、カードローン会社の督促は想像以上に穏便なものなのです。

借りすぎて返済できなくなることはある?

ハッキリいうと、カードローンの借りすぎで返済不能に陥ってしまうケースもあります。

ただしこの場合、カードローンという商品に全ての原因があるのではなく、利用者自身の過失による場合が非常に多いです。

例えば、消費者金融カードローンであれば、法律上年収の3分の1以上を借入することはできません。

しかしながら年収の3分の1であっても、既に高額な支払いがある利用者の場合は、返済不能に陥ってしまう可能性もあるのです。

つまり、利用者自身の返済能力を超える無理な借入で返済できない状態に陥るのは当然のことなのです。カードローンを利用する際は、必ず計画的に借入してください。

都市伝説?ドラマのような取りたて、闇金ってあるの?

ドラマでは、絵に書いたような「怖い人」が、恐喝まがいの取り立てをしているシーンの描写を含んでいる場合があります。

しかし現在は、そのような取り立てが法律で禁止されており、法律を違反した業者には厳しい処罰があります。したがって、ドラマのように利用者を脅すような取り立てはありません。

また、闇金は存在していると思われますが、その数は一時期に比べて減少しています。

この場合、無認可での営業と考えられますが、やはり法律面でのリスクがある以上、おおっぴらに営業するのは難しいと考えられます。

闇金が心配な方は、大手の消費者金融や銀行の商品を選択するようにしましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
都市伝説ではなく、本当に「怖い取り立て」はありますよ。とはいえ、お金を貸す賃貸業者である消費者金融や銀行に対しては、法律で厳しい制限が設けられています。つまり、消費者金融や銀行から借りている場合には、そのような取り立ては行われることはないのです。反対に、違法な会社、いわゆる闇金融から借りている場合には、都市伝説以上の怖い末路が待っていることも…。

飯田道子さん

飯田さん

カードローンの利息は高いってよく聞くけど、実際のところはどうなの?

ハッキリいってしまえば、自動車ローンや住宅ローンと比較すると、カードローンの金利は全体的に高めです。なぜかというと、資金使途に自由が認められているからです。

融資商品の場合、資金使途が限られた商品ほど貸付リスクが限られるため、より細かな利用条件を設定することができます。

対してカードローンは、生活費や教育資金、娯楽費など、あらゆる用途に利用することができますので、その分貸付側のリスクも高くなってしまうのです。

この背景から、カードローンの金利はその他の商品よりも高めに設定されています。

もちろん、金利が高い=利息が多くなる、ということになりますが、カードローンはその他の融資商品に比べると圧倒的に利便性の良いサービスです。

したがって、ご自身の好きなときに追加で返済したり、資金に余裕ができたときに繰り上げて返済したりなど、工夫次第で利息の節約を図れるサービスだともいえるのです。

つまり、カードローンは比較的金利の高い商品ですが、工夫しつつ上手く活用することで、利息も節約しやすいサービスだといえるでしょう。

カードローンの疑問は、このように解決することができます。申し込み前に不明点などがある場合は、各カードローン会社の公式ホームページまたはガイドラインをしっかりチェックするようにしましょう。

カードローン利用の体験談

筆者である私は、日頃からさまざまなご相談をいただきます。もちろん、中にはカードローンの利用で困った、助かったなど、カードローンに関するものもあります。

ここでは、体験談をもとに、カードローンを利用して大変だったもの、カードローンの利用前に不安を伴ったものをご紹介しましょう。

1.気付けば、返済困難な状況に陥っていた

「どうしても欲しい。だけど、今は貯金も無いし…」と、ある商品の購入を迷っていたAさん。そんなとき、電車の車内広告でカードローンの存在を知ります。

自宅に到着し、パソコンでカードローンのホームページをチェックしたAさんは、「ちょっとの期間借りるくらいなら大丈夫だろう」と思い、カードローンを申し込みすることにしました。

審査はほどなく終了し、商品の購入代金である10万円をATMで借入しました。その足で、Aさんは念願の商品を手に入れたのです。

Aさんの選択したカードローンは、借入残高10万円までの返済額が3,000円で、30万円までの返済額が6,000円となっていました。

カードローンの気軽さに気づいたAさんは、「どうせそんなに返済額は変わらないし」と思い、かつて欲しがっていた商品も購入することにしました。こうしてAさんは、気付けば100万円以上の借入残高を作ってしまいました。

そんなある日Aさんは、返済しても返済してもカードローンの残高がほとんど減っていないことに気付きます。カードローンは「リボルビング方式」といい、毎月時点の残高から利息を算出する仕組みになっています。

Aさんは毎月最低限しか返済していなかったため、元金の返済もなかなか進まないような状況に陥ってしまっていたのです。そこからAさんは、完済までに長い時間を要することになったのでした。

2.申し込み前は不安だったが、計画的な利用で助かった

一時的な教育費の不足でカードローンの利用を検討しているBさん。

「カードローンは金利が高いと聞くから不安だけど、借入・返済をしやすい商品でもあるし…」と申し込み前に大きな不安を抱えていましたが、いざ申し込みを決意。教育費に生活費を加えた30万円を借入することにしました。

Bさんは30万円を借入し、一部を教育費の支払いに充てました。毎月の最低返済額は5,000円だったものの、「はやく完済したい」と思い、5,000円に10,000円を加えた15,000円ずつを毎月返済していきました。

その結果、2年後子供の卒業と同時に完済することができたのです。

Bさんは、「はじめは怖いと思っていたけど、緊急時の備えにもなるし、計画的に利用できて本当に助かった」と言います。カードローンは、Bさんにとって強い味方になったのでした。

このようにカードローンは、利用者の計画性によって有効に活用できるかどうかが決まります。利用する際は完済時期を想定した上で、計画的に借入するようにしましょう。

カードローンを利用するメリット

カードローンを利用するメリットは、大きく分けて3つあります。

メリット

  • 緊急の出費に対応できる
  • ご自身に合った返済プランを組める
  • 自由な用途に資金を利用できる

「急な出費でお金がない…」と困ってしまったとき、あなたならどうしますか?そんなときにカードローンがあれば、コンビニ等のATMでスムーズにお金を用意することができます。

もちろん、これは深夜の場合も同様です。多くのカードローンはコンビニATMと提携していますので、深夜でも借入・返済することができます。

また、自由度の高い返済計画を組めるのも大きな特徴です。カードローンの返済額は商品によって異なりますが、少ないものであれば、月々2,000円程度の返済で済む場合もあります。

お金の厳しい月は最低限度の返済にとどめ、余裕ができた月には多めに返済する、というような自由度の高い返済もカードローンであれば可能なのです。

加えて、カードローンの資金使途は原則自由です。「当初は教育資金として利用していたけど、旅行にも活用できた」というような使い方も可能です。このような自由度の高さは、カードローンの大きなメリットだといえるでしょう。

カードローン利用までの流れ

「カードローンを利用するまでの手続きが不安」という方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、カードローンを利用するまでの流れを解説します。

カードローン利用の基本的な流れ

カードローン利用の基本的な流れは下記のとおりです。

  1. STEP.1

    申し込み

    各カードローン会社の公式ホームページ、またはその他申し込み方法から審査を申し込む

  2. STEP.2

    審査の実施

  3. STEP.3

    在籍確認の実施

  4. STEP.4

    審査結果の回答

  5. STEP.5

    必要書類(※下記参照)を提出

  6. STEP.6

    カードローンの正式契約

  7. STEP.7

    郵送または無人契約機等の手段でローンカードを受け取る

  8. STEP.8

    ATMで現金を借入する

  9. STEP.9

    月に一回の返済日に間に合うように、返済する

カードローンの申込に必要な書類例

本人確認書類

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの公的証明書

収入証明書類

源泉徴収票、所得証明書、確定申告書など

上記をもとに、カードローン申し込みの流れに沿ってそれぞれ解説していきます。

審査の仕組みと流れ

カードローン審査の流れは、さほど難しいものではありません。

まずは、各カードローン会社によって定められた申し込み方法で審査を受けます。多くの方が選択しやすいのは、「インターネット申し込み」でしょう。インターネット申し込みであれば無駄な待ち時間を避けることができます。

審査の後には、必要書類を提出します。必要書類の提出タイミングは利用する商品によって異なる場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

審査にかかる時間は、消費者金融であれば最短即日、即日での借入も可能です。

しかし、「銀行が扱うカードローン」については、2018年1月以降は即日審査・即日融資が不可となっています。これは、大手を含むすべての銀行カードローンが対象となります、覚えておきましょう。

審査の際に行われる「在籍確認」とは、利用者の勤務事実を確認するための手続きで、利用者の勤務先へカードローン会社から電話連絡を入れるものです。

電話の内容は、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」程度のものですので、借入の事実を周囲に漏洩するようなものではありません。銀行カードローンなど、商品の保証業務を保証会社に委託しているような場合は、保証会社からの電話連絡になります。

以上の流れで、カードローンの審査は実施されます。

借入、返済方法

審査に通過し契約手続きを完了したら、ローンカードの受け取り手続きに進みます。無人契約機が設置されている商品であれば、無人契約機でローンカードを発行することも可能です。

無人契約機のないカードローンはローンカードが自宅へ郵送されてしまいますので、家族等に知られたくない方は、できる限り無人契約機のある商品を選択するようにしましょう。

カードローンの借入・返済の際は、原則として受け取りしたローンカードを使用します。借入、返済の際に利用できる手段は商品によって異なりますが、

  • カードローン会社のATM
  • 提携ATM/CD(金融機関、コンビニATMなど)
  • 店舗
  • 電話での振込指示
  • インターネットバンキング
  • 口座への自動融資

などの方法があります。

ご自身が希望する借入・返済方法を利用できるかどうか、申し込み前に確認しておきましょう。

その他

「カードローン」と一口で表現したものの、商品内容から審査、借入・返済に至るまで、商品ごとの違いが非常に大きいです。

カードローンの申し込みはさほど難しい手続きではありませんが、少しでも不安があるのであれば、利用する商品の詳細を必ずチェックした上で申し込みするようにしてください。

カードローンの限度額について

カードローンには、

  • 商品ごとに設定されている融資限度額
  • 個々に設定される限度額

という2つの限度額があり、それぞれ役割が異なります。

融資限度額は、商品自体の貸付限度です。
したがって、どのような利用者に対しても、融資限度額を超えて貸付することはありません。

対して個々に設定される限度額は、利用者の返済能力をもとに審査を行った上で、「貸付しても問題ない」とカードローン会社が判断した金額です。

例えば、融資限度額が500万円のカードローンがあったとして、全ての人が500万円を借入できるわけではありません。

カードローン会社は最大500万円の枠内で審査を行い、利用者の返済能力に応じた限度額を設定することになります。利用者は、審査の結果決定された限度額の枠内で、自由に借入・返済することができます。

借入可能な時間について

カードローンを借入できる時間は、利用する手段によって異なります。コンビニATMやインターネットバンキングであれば、24時間365日借入できる場合もあります。

借入可能時間は商品によって異なりますので、商品選択の際に併せて確認しておくと良いでしょう。

総量規制について

カードローンを利用する上で知っておくべき制度として、「総量規制」があります。

総量規制とは、貸金業者を対象とする法律である「貸金業法」によって定められた、多重債務者対策の制度です。

総量規制は、対象業者からの「利用者年収の3分の1を超える貸付」を規制します。例えば、年収600万円の方であれば、200万円以上を借りることはできないということなのです。

しかしこの総量規制は、貸金業法で定められた貸金業者が対象になります。

したがって、銀行法の対象である銀行は、対象にならないのです。つまりわかりやすくいえば、借入先が銀行だった場合、年収の3分の1を超えて借入することが理論上可能となっています。

ただし当然ながら、銀行から借入する場合も、利用者の返済能力に応じた限度額が設定されます。したがって、「総量規制の対象外=たくさんお金を借りることができる」というわけではありませんので、注意しておきましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
何かと便利なカードローンですが、消費者金融の場合、総量規制と言って、年収の3分の1を超えて借りることはできません。銀行から借りる時には、このような規制はないものの、各行独自で審査基準を設けています。そのため、決して、銀行の方が消費者金融よりも多く借りられるわけではありませんし、同一条件で申請しても、審査に通らないこともあり得るのです。

飯田道子さん

飯田さん

まとめ

カードローンを利用する前は、さまざまな不安を抱えてしまうことでしょう。時には、「ちゃんと完済できるのだろうか…」と将来が不安になってしまう場合もあるかもしれません。

しかし、カードローンは本来、計画的に利用さえすれば、問題なく活用することのできる優秀な商品です。しっかりとご自身の返済能力を把握し、無理のないよう活用してください。

カードローンとはの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.