Operated by Ateam Inc.

イーデス

【マンガでわかる】カードローンの使い方と基礎知識!今月ピンチの救世主!

最終更新日:

【マンガでわかる】カードローンの使い方と基礎知識!今月ピンチの救世主!
カードローンとは
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

カードローンの便利で賢い使い方をFPが徹底解説!漫画1
カードローンの便利で賢い使い方をFPが徹底解説!漫画2
カードローンの便利で賢い使い方をFPが徹底解説!漫画3
カードローンの便利で賢い使い方をFPが徹底解説!漫画4
カードローンの便利で賢い使い方をFPが徹底解説!漫画5

漫画 岡本圭一郎(サイドランチ)

端的に言えば、カードローンは非常に便利な商品です。好きな時に借りたお金を好きな時に返済し、資金の利用用途も限定されません。

さらに、保証人や担保を用意する必要もありません。いわば、「利用者のニーズに応え続けて生まれた商品」だと言っても過言ではないでしょう。

しかし、カードローンはそれぞれ商品によって独自の特徴があるため、「そんな使い方知らなかった」や「早く知っていたらもっとお得に使えたのに」など、利用者が把握できていないようなお得な使い方もあるのです。

ここでは、カードローンの便利な使い方にフォーカスして解説します。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

漫画を読みながら、「そうだよね~」と共感した人も多いのではないでしょうか。漫画に登場する三原先輩が言う通り、小額で利用したり、無利息期間のみで返済したり、手数料無料の返済方法を利用すれば良いのです。要は利用の仕方さえ工夫すれば、カードローンのネガティブなイメージを払拭することができるかもしれません。カードローンは、使い方次第で、さまざまなメリットを享受することができるんですよ。

気になる内容をタップ

カードローンの特徴とは

カードローンとは、無担保型ローンのことを指します。無担保型ローンとは、借金の担保を提供しなくともお金を借りることのできる商品のことです。
くわえて、カードローンは保証人を付ける必要がありません。

つまり、個人の信用だけでお金を借りることができるということです。

カードローンのメリット

カードローンの大きな特徴は優れた利便性にあります。

例えば、以下が可能です。

  • 深夜でもコンビニで返済できる
  • 融資枠内であれば好きなタイミングで追加融資を受けることができる
  • 約定返済額以上であれば任意の金額で返済することができる
  • いつでも一括返済することができる

商品によって多少の違いはありますが、借り入れ方法や返済方法も豊富なので、利用者からすれば非常にありがたいサービスだと言えるでしょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
最大のメリットと言えるのが、利用の用途が自由な上に、いつでも借り入れ・返済することができる点にあります。また、残高を一括で返済した場合であっても、追加で利息を取られることもないのは大きなメリットです。お金に余裕があるときにはいつでも返済できますし、提示された枠以内であれば、自由に追加融資が受けられるのは、助かりますよね。

飯田道子さん

飯田さん

カードローンのデメリット

一方、利便性と引き換えに金利を高く設定しています。

例えば、100万円以下の借り入れの場合、消費者金融カードローンであれば年18.0%前後、銀行カードローンであれば年14.0%前後に設定されています。

目的ローンの水準である5~8%前後からすれば高めの水準であることがわかります。

その分カードローンは資金の利用目的を限定されることなく利用することができます。

では、これらの特徴を踏まえてカードローンを賢く使う方法を次章で伝授します。

FPが教えるカードローンの賢い使い方

カードローンの賢い使い方をマスターするためには、前提としてカードローンを正しく選択しなければなりません。

カードローンの選び方ポイントを大まかに説明すると、以下があります。

  • 金利が低い商品を選ぶ(上限金利13%前後)
  • 銀行カードローンの中から選ぶ
  • 融資枠が大きくなるほど金利が低くなるカードローンを選ぶ
  • 提携ATM手数料が無料の商品を選ぶ

得技①利息を抑える!1ヶ月以内に完済できるなら消費者金融

基本的には、金利の低い銀行カードローンの方が安心でおすすめです。

しかし、もし1ヶ月以内の返済期間で検討しているのであれば、金利が高めに設定されている消費者金融カードローンを選択してください。

なぜなら、消費者金融カードローンは「無利息サービス」というものを取り扱っており、一定条件を満たすことができれば、一定期間の利息を免除してもらえるからです。

ほとんどの銀行カードローンは無利息サービスを取り扱っていないため、1ヶ月以内に完済したとしても日数分の利息がかかります。

つまり、1ヶ月以内に完済するのであれば、消費者金融カードローンのほうがお得に利用できるということです。

得技②手数料を抑える!週末ならお金を下ろすよりもカードローン

ほとんどのケースにおいて、カードローンを利用するタイミングは、手持ちだけでなく口座にもお金がないという大ピンチのときでしょう。

しかし、みなさんが知らないであろう“意外な賢い使い方”がひとつあります。

それは、「週末に現金が必要になったときは、自身の口座からお金をおろさずに、カードローンでお金を借りて週明け平日に返済する」という方法です。

この方法の何が良いのかというと、以下2つの点があります。

  • 現金引き出しによる“週末のATM利用手数料”がかからない
  • お金の借り入れでかかった利息分を考慮しても、トータルでかかるコストはカードローンの方が少ない

これを理解するために、各特長を押さえてみましょう。

カードローンでお金を借りるときの特徴

  • ・カードローンの利息は日数計算であるため、短い期間で借りてすぐに返済すれば利息を抑えることが可能
  • ・カードローンで自社ATMからお金を引き出すための手数料はほとんどのケースで無料

週末に銀行口座からお金を下ろすときの特徴

  • ・週末は、ほとんどの銀行で引き出し手数料がかかる

ATMの利用手数料は、大体110円に設定されている銀行が多いです。

もし1万円を土曜日に用意する必要があったとして、銀行口座から現金を下ろす場合のコストは110円です。

対して、カードローンで自社ATMからお金を引き出す場合、手数料はほとんどのケースで無料です。代わりに利息が発生することになりますが、金利13%の銀行カードローンで1万円を土日の2日間だけ借り入れた場合(週明け月曜の午前中に完済)、利息は約7円です。

つまり、このようなカードローンの使い方をすれば、銀行口座からお金を引き出すよりも101円節約になるということです。

お金に困っていない方があえてカードローンを作る必要はありませんが、ローンカードを既に持っているのであれば紹介したような使い方は有効でしょう。

このように、カードローンの使い方を工夫すれば、より便利かつお得にお金を使うことができます。

ぜひご自身に合った使い方を見つけてください。

カードローンの借り入れ方法を紹介

カードローンの借り入れ方法は商品によって多少異なりますが、次の6ステップで申し込み・借り入れをおこないます。

  1. STEP.1

    カードローンによって定められた手段により申し込みする

    (インターネット、電話、無人契約機等)

  2. STEP.2

    必要情報の入力

  3. STEP.3

    審査の実施

  4. STEP.4

    審査の回答

  5. STEP.5

    郵送もしくは無人契約機でローンカードを受け取りする

  6. STEP.6

    ローンカードを利用し併設ATMまたは提携ATMで現金を引き出す

また、お金の借り入れにはさまざまな方法を利用でき、以下の手段を利用することができます。

  • 自社ATMから引き出す
  • 提携ATMから引き出す(コンビニATMも含む)
  • 銀行振り込みで融資を受ける
  • 電話で振り込み指示を行う
  • インターネットから振り込み指示を行う

このように、カードローンは実際に利用する際の自由度が高いことから、高い人気を得ていると言えるでしょう。

上記の申し込み方法、借り入れ方法の中で最もおすすめなのは「インターネット」を利用する方法です。

インターネットであれば24時間365日操作することができ、ご自身のライフスタイルに合わせて手続きを行うことができます。

さらに、インターネットバンキング口座と提携することができれば、振り込みを即時反映できたり、深夜に振り込み指示を行うことができたりなど、カードローンの利便性をさらに活用することができます。

カードローンの返済方法を紹介

カードローンの返済方法は主に、以下の手段を利用することができます。

  • 自社ATMで返済
  • 提携ATMで返済
  • 銀行口座からの振り込み
  • インターネットバンキングからの振り込み

ただし、商品によっては利用できないケースもありますので、事前に公式ホームページで確認しておいてください。

上記の中で最もおすすめの返済方法は、「提携ATMからの返済」です。

提携ATMにはコンビニATMも含まれており、ほぼ24時間返済することができます。

カードローンによっては利用手数料がかかる場合もありますが、提携ATMを利用することでカードローンの利便性を最大限活用することができます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
一般的にお金を借りた場合、口座振替や口座振込が多いのですが、カードローンの場合、口座振替や口座振込の他に、自社や提携のコンビニATMから返済することが可能です。このため、24時間、いつでも返済することができます。また、消費者金融の場合、返済期日を自由に選べる会社も少なくなく、自分の給料日にあわせる等、自由にカスタマイズできるようになっています。

飯田道子さん

飯田さん

FPが教えるおすすめのカードローン

ここまでの内容をまとめると、以下になります。

  • カードローンを選択する前に優先するポイントを決める
  • 利息や手数料など、無駄な費用負担の少ないカードローンを選ぶ
  • 上限金利ができるだけ低い

上記の点を意識してカードローンを選択すると、お得に利用できるということです。

もしこれらの条件に合致したおすすめカードローンを選ぶとするならば、「みずほ銀行カードローン」がおすすめです。

みずほ銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短当日※最短当日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年2.0%~14.0%※--

※審査時間・融資時間:みずほ銀行の口座を持っている場合は最短当日~1週間程度、持っていない場合は2~3週間程度かかります。借入金利:住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

おすすめポイント

  • WEB完結申込なら24時間いつでも受付!
  • 提携コンビニATMで借入も返済も可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる

みずほ銀行カードローンは、上限金利が年14.0%と非常に低く設定されており、利息を抑えることができます。

また、無料で利用できる提携先ATMも幅広いため、利便性の良いカードローンです。
「初めてカードローンを利用するから選び方に不安がある」という方や、「利息や手数料を抑えてお得にお金を借りたい」という方におすすめのカードローンです。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
できるだけ借入金利を抑えたいなら、消費者金融系のカードローンではなく、銀行系のカードローンがお勧めです。さらに、銀行系の中でもネット銀行の金利は低めに設定されていることが多いので、金利を確認してみて下さい。ただし、取引状況によっては優遇金利を提示されることがあります。まずは、自分がメインで取引している銀行の金利を確認し、複数の金融機関の金利を比べることも忘れないで下さいね。

飯田道子さん

飯田さん

まとめ

カードローンの特徴を理解しつつ活用方法を工夫することで、ご自身のライフスタイルに合った使い方ができます。
カードローンは必ず返済計画を立てたうえで、計画的に利用してください。

カードローンとはの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.