Operated by Ateam Inc.

イーデス

借金って怖いもの?リスクとお金を借りる際の注意点

最終更新日:

借金って怖いもの?リスクとお金を借りる際の注意点
カードローンとは
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「友達の結婚ラッシュでご祝儀貧乏になりそう」

「転居するけれど、引っ越し業者に支払うお金が予想以上にかかりそう」など、生活していると誰でも何かと物入りの時期があるはずです。

預貯金が十分にあればいいのですが、足りない場合はどうしていますか。

どうしても必要なお金が工面できないとなると借り入れを検討する人もいるでしょう。

しかしお金を借りるというと、返済時の利息が高いかもしれない、滞納したらどうなるのか?という恐れを抱いている人もいるかもしれません。また、借金をすることで生じるデメリットも気になるところです。

この記事ではお金を借り入れる時に気を付けないといけない点やリスク、そして、もし借り入れをするならばどうすればいいかについて解説していきます。

本記事の執筆者について

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員第一種資格保有。 証券会社営業、生命保険会社営業サポート、銀行コールセンター等複数の金融機関勤務経験あり。2016年末からライターとして活動しています。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

お金を借りるときには、まず返済が間違いなくできるか考えましょう。毎月の収入から支出を差し引いた余裕資金で、返済が可能かを検討するのです。しっかりと返済計画ができれば、借金も怖くありません。必要な額のお金だけを借りるようにして、一旦借りたら節約に努め、どんどん繰り上げ返済するようにしてください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

いつもお金が足りない!借金がなかなか減らない人の特徴とは?

今、高額の借金に困っている人の中には、初めはお小遣い程度の金額の借金だけだったのに、という人も少なくありません。

ではどうして、ほんの少しの借り入れだったものがどんどん増えてしまったのでしょうか。借金を重ねる人の特徴について挙げてみましょう。

ギャンブルが好きな人

ギャンブルを好む人は「今回は負けたけれど次回は絶対勝てる」という気持ちでいる人が多いようです。大きな損を抱えても、次回こそはという自信が判断を誤らせるのでしょう。自己資金がなくなったら借金をしてまでもギャンブル費用を作ってしまうのです。

周りの人にいいところを見せたい人

いい先輩だと思われるために後輩におごる、素敵な人だと思われるためにブランド品を揃える…。このような人は預貯金がなくなっても、見栄を張るためにお金を使う傾向にあります。結果、借金を背負うことになるのです。

我慢ができない人

給与額などから毎月使えるお金は決まっているはずです。欲しいものがあっても予算オーバーの場合、普通は我慢することでしょう。ただ、我慢ができない人は後先考えずに欲しいものをすぐに買う傾向があります。手持ち資金がなくなっても欲しいものがあれば買い続けてしまうので借金を抱えてしまいます。

借金が返せない!放置してしまうとどうなる?

さて、借金を抱えている場合、定期的に返済をしていくことになりますが、金額が多くなっていくと毎月の返済が重荷になってしまう場合があります。

万が一、支払いせずに放置・踏み倒しをしてしまうとどのようなことが起きるのでしょうか。

借入先から督促があるのはもちろんですが、いちばん怖いのは信用情報、いわゆる「ブラックリスト」に登録されることです。

借金の申し込みをした時から、私たちの個人情報は信用情報機関に登録されています。

そして信用情報機関は借金がある間、どこでどのくらいの借金をしているか、現時点での残高、滞りなく返済しているか、今までの完済歴などをずっとチェックしているのです。

また、信用情報(ブラックリスト)は借入先だけで管理されているわけではありません。銀行、貸金業の枠を超えて共有されています。

もし、一つの借入先の返済を遅らせているまま、他の金融業者で借り入れの申し込みをしても、融資審査で落とされる可能性が非常に高くなるでしょう。

そして当然ですが、借金の利息は残高にかかります。残高がそのままだと利息は膨れ上がっていく一方です。

借金を放置すると返さないといけない額も増えていきます。

借金があることのリスクってあるの?

借金があることで困ることといえば、毎月の返済があるために、自由になるお金がその分少なくなってしまうことがいちばんに挙げられますが、それ以外にもあります。

近い将来、家や車をローンで購入しようとしていませんか。いま借金がある場合、ローンの審査に通らなくなる可能性が出てくるのです。

ただし、少額の借金の場合はそこまで心配する必要はありません。

心配すべきなのは、「今までに一度でも返済を滞らせたことがある人」「年収に対して借金の返済割合が35~40パーセントを超えている人」です。

もしこれらに該当するならば、住宅ローン・マイカーローン審査で落とされる可能性も出てきます。

借金があることで本当に必要なものが手に入らなくなることもあり得ます。

先々のことまで考えてからお金を借りるようにしてください。

カードローンの危険性については、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

借金を完済するためにしないといけないこと

ある程度の額以上の借金がある場合、完済するまでに相当の時間がかかることが予想されます。

今までと同じような生活では完済まで行きつかないという人もいるのはないでしょうか。そこで借金返済をするためにしないといけないことについて考えてみましょう。

自分の生活を見直してみる

まずは朝起きてから帰宅、寝るまでの自分の生活を見直してみてください。

スマートフォンの使っていない有料アプリをたくさん契約している、帰宅の前にデパ地下で高額のお惣菜を買ってしまう、など、本来ならばあまり必要でないお金を使ってはいないでしょうか。

それらを減らすだけでムダな支出がぐっと減るはずです。

現時点で借金額が少額ならば、生活のムダを洗い出してみるだけで新たな借金の必要がなくなるかもしれません。そして、今ある借金の完済にも近づいてくるでしょう。

ファイナンシャルプランナーに相談してみる

ムダな支出を洗い出した後、それ以上の改善を望むのならばファイナンシャルプランナーに相談してみるといいでしょう。

特に加入している保険、保有する金融商品を見直したいならばぜひ相談してください。

例えば、夫婦共働きでどちらかに万が一のことがあっても、全く生活が困るわけではない人たちがお互い高額の死亡保険金をかけていたとすれば、それはムダだといえるでしょう。

死亡保険は「残された人が生活に困らないため」に加入するものだからです。

本当は必要なかった保険を解約したら毎月の保険料が浮き、自由になるお金が増え、借金返済に使えるかもしれません。

金融商品も同様です。時代遅れの商品をそのまま持っていても値上がりが期待できないこともあります。思い切って解約して解約金を借金返済に充てるという手もあります。

専門家の手を借りて借金を整理する

生活のムダを見直した、ファイナンシャルプランナーにも相談した、それでも借金完済までは行きつかない、という人は思い切って専門家の力を借りてください。

自分の借金を返すにはどうしたらいいか悩んだら、まずは自治体が行う無料相談を利用してはいかがでしょうか。

法律に基づいたアドバイスがもらえるはずです。予約が必要な場合もありますので、市役所・区役所に問い合わせてから訪れましょう。

金融業者一社につき借金額が140万円以下の場合は司法書士への相談をおすすめします。

司法書士は借金の減額・金利の見直しといった任意整理業務を行うことが可能です。「残債を減額してもらったら返済できる」という人ならば司法書士を選んでもいいでしょう。

金融業者一社につき借金額が140万円超の場合は対応できる専門家が弁護士のみになります。

任意整理業務はもちろんですが、裁判になった場合や残念ながら自己破産・民事再生になった場合もサポートできるのは弁護士のみです。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
借りたお金を返せなくなると金融機関から督促の連絡が来ることになりますが、それ以上に怖いのが、延滞した情報が信用情報に登録されてしまうことです。いわゆるブラックリストに登録されると、新しい借入ができなくなり、生活資金や住宅購入のローンの審査が通らなくなります。延滞は決してしないと、肝に銘じてください。

塚越さん

塚越さん

借金が家族や会社にばれない方法を考えてみよう

妻子が心配してしまう、会社でもいい印象を持たれないという理由から借金があることを隠したいと思う人もいるでしょう。

周囲に借金がばれない方法はあるのかも気になります。

もし消費者金融を利用して借金した場合ですが、郵送されてくる書類の封筒には会社名が記載されていません。

開封されたとしたら別ですが、そのままでは周囲に消費者金融からの連絡と知られることはないでしょう。

また、借り入れの契約時に在籍確認として勤務先に電話をすることもあります。

その際も金融業者は社名ではなく、個人名を名乗りますので知られる恐れはありません。

銀行を利用して借金をした場合ですが、銀行は預金や投資など業務も幅広いため、郵送・電話連絡があったとしても要件が借金の件とは分かりにくいはずです。こちらも周囲に知られる恐れは少ないと思われます。

個人情報保護が厳しくなった現在、どの金融業者も顧客の情報保護には細心の注意を払っています。

金融業者経由で借金がばれるという心配はしなくてもよいといえるでしょう。

どうしても返せない!借金に時効はある?

生活の見直しをしてムダをなくしてもどうしても借金を返せない、ずっと滞納を続けているという場合、借金に時効があるのかどうかも気になるところです。

結論からいえば、借金に時効はあります。

貸主が商人の場合、借金の時効は5年、商人以外、例えば信用金庫や個人が貸主の場合の時効は10年です。銀行や消費者金融業者は商人に当たりますので、5年経てば借金は時効になるのです。

本当に借金を時効にすることができる?

ただし、本当に借金の時効を成立させるためにはさまざまな条件があります。

5年間請求がないこと

最後の返済から5年間、借入先からの請求・督促が全くなければ時効は成立します。

しかし手紙で連絡することも請求・督促に入るため、5年の間に一度でも連絡があれば時効は中断します。

この時、「手紙を受け取っていないから請求には入らない」という申し立てが出ないように、金融業者は配達証明付きの内容証明郵便で連絡をします。しかし、内容証明郵便での督促はあくまで仮のものです。

郵送後、6ヵ月以内に金融業者(借入先)から改めて訴訟や督促がなければ時効期間は継続されます。

債務を承認しないこと

請求がないことに加え、借金があることを認めないまま5年間過ごせば時効は成立します。

借金があることを認めないということは1円も払わずに過ごすということです。「お金が足りないから利息分だけでも払おう」という人もいますが、利息分を払うと借金があることを認めたと見なされますので、時効は中断します。

差し押さえや仮押さえがないこと

借主の財産が差し押さえ・仮押さえされた時点で時効が中断します。

借金の時効期間を過ぎたらどうなる?

5年間を過ぎたら借金は時効を迎えますが、そのままにしておいても返済義務がなくなるわけではありません。

借主の方から時効が成立したことの主張(時効の援用)をしないといけないのです。

まずは知らないうちに借入先から裁判が起こされていないかを確認しましょう。

裁判が起こされているということは督促されているのと同じ意味になるためです。もちろん、督促の内容証明郵便が届いていないかも確認してください。

裁判も起こされていない、内容証明郵便も届いていないということを確認したら、時効の援用の手続きに入ります。

時効の援用には時効が成立したことを借入先に通知しないといけません。

この通知には配達証明付きの内容証明郵便を使います。

借金には時効があり、きちんとした手続きを踏めば時効成立させることは可能です。

しかし、時効成立の条件を熟知して5年という長い期間待たなければいけないこと、その間、返済はしなくともずっと借金のことを気にかける生活を続けないといけないことは精神的にも非常に負担がかかるはずです。

少しずつでも返済をしていく方が賢明ではないでしょうか。

借金で生活が苦しい!抜け出す方法を知りたい!

借金の時効まで待つつもりもないし、コツコツと返済は続けていきたい、でもどんなに節約しても毎日の生活が苦しいという場合の解決法はあるのでしょうか。

その場合は前述した通り、司法書士や弁護士に頼ってください。債務整理などのアドバイスがもらえるでしょう。

ちなみに債務整理にはいくつかの種類がありますので挙げておきます。

任意整理

借入先との話し合いで今後の借金の返済方法を決めるやり方です。合意した後は利息がゼロになります。また、返済で生活が苦しいと認められれば、返済期間を延ばしてもらうこともできるので、毎月の負担が楽になります。

個人再生(民事再生)

裁判所に申し立てをして、返済が難しいことを認めてもらう手続きです。認めてもらえば借金は減額されます。任意整理が利息のみカットであるのに比べ、個人再生では元本部分のカットです。また住宅ローン部分は考慮されませんので、持ち家に住みながら借金のみカットすることができます。

自己破産

借金の返済に充てる財産が全くないことを裁判所に申し立てをして認めてもらう手続きです。認めてもらえば、借金の返済については免除されます。ただし債務がなくなる代わりに、持ち家や車などの高級品は手放さないといけません。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
借金にも時効はあります。貸し手が商人の場合は5年、商人以外の場合は10年です。しかし、貸し手の金融機関は、お金が回収できないと業績に悪影響を及ぼすので、必死に取り立てに来ます。従って、簡単に時効は成立しません。時効を期待するのではなく、地道に節約をして、一日でも早く完済するように努力してください。

塚越さん

塚越さん

日々の生活をちょっと楽にしたい!そんな時はカードローンの利用を

債務整理までは考えてないけれど、給料日までの生活が苦しいという時もあるでしょう。

そのような時はカードローンの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

カードローンはクレジットカードのキャッシングに比べ、金利が低いのが特徴です。

例えば、JCBクレジットカードのキャッシングの場合、リボ払い・一回払いどちらを選んでも金利は15.0~18.0%です。

しかし同じJCBクレジットカードでもカードローンを契約し、利用すればリボ払いでも4.40~12.50%と低くなります。

また一回払いならば金利は5.0%にまで抑えることができます(金利5%は5万円までの借り入れ時に限られます)。

カードローンの利用はこんなに便利!メリットがたくさん!

金利以外にもカードローンの利点はまだまだあります。まずは近くのATMでいつでも借り入れができる点です。

銀行系カードローンであってもコンビニ等の提携ATMを使えば出金ができます。

外出先でちょっとお金が足りなくなったという時でも安心です。

そして、返済もとても楽に行えます。借り入れの時と同様に提携ATMで行うことができます。

金利の負担が気になるから早めに完済したいという場合でも、毎月の返済日を待たずに返すことができるのです。お金が少しでも貯まったら、その都度返済していきたいという人にもピッタリです。

カードローンの会社によっては最低返済金額を1,000円以上にしているところもあります。こまめに返したいのならばぜひ利用しましょう(最低返済金額は借入残高によって決定するため、必ずしも1,000円以上になるわけではありません)。

またカードローンは専用のカードを作る必要があります。

この申し込み手続きもインターネットを利用すれば来店せずに行えます。

仕事で忙しくても夜に自宅で手続きが行えますので非常に便利だといえるでしょう。ちなみに、運転免許証などの本人確認書類を提出する必要もありますが、こちらもWEB上から送信することができます。窓口の担当者と顔を合わせることなく、契約から借り入れ、そして返済まで行うことができます。

なお、銀行系カードローンの場合、その銀行の口座を持っていない人でもカードの作成は可能です。

また、契約時に担保や保証人を立てる必要もありません。

カードローンの利用をおすすめしたいのはこのような人!

便利なカードローンですが、特に利用をおすすめしたいのは以下のような人たちです。

一時的にお金に困っている人

普段は計画的にお金を使っていても、旅行やご祝儀などで一時的にお金が足りなくなるということもあるでしょう。

そのような時にカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。翌月の給与で一括返済してしまえば金利の負担もさほど気にならないはずです。もちろん、毎月決まった額を返していくリボ払いも利用できます。

少しずつ何回もお金を借りたい人

一度に多額のお金を借りるのはなく、1週間に1回、1万円を借りる、というような使い方をしたい人にはカードローンの利用をおすすめします。

上に述べた通り、ローン専用カードを使えば近所のATMから出金が可能です。

ちょっとした借り入れのためにわざわざ窓口まで行きたくないという人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

計画的に借入金の返済ができる人

これはどの借金にもいえることですが、お金を借りたら必ず返済まで行わないといけません。

カードローンは気軽に借り入れができるため、気付かないうちに残債が増えていたということもあり得ます。毎月決まった金額をしっかり返していける人でないと借金は増え続ける一方になるかもしれません。

現在の残債はどのくらいか、利息はいくらほど付いているかを把握できる人にこそカードローンの利用をおすすめします。

借金というと「ただ恐ろしい」と思う人も少なくないことでしょう。

しかし、どうやって返済していくか、利息がどのくらいつくか、をしっかりイメージできればそれほど怖いものでもありません。

インターネットなどを使って簡単に借り入れの契約ができる時代ではありますが、借り入れ前には必ず契約書に目を通し、契約内容を分かった上で申し込みをするようにしましょう。

また、この記事内では返済を滞らせた時にどのようになるか、返せなかったらどうすればいいのかについても触れました。

返済できない状況というものは本来あってはいけないはずですが、万が一のために知っておくことをおすすめします。借金はただ便利なもの、とはいえません。リスクがあることは絶対に忘れないでください。

カードローンなど、今までの借金のイメージと比べると敷居の低い借り入れの方法もあります。

お金を借り入れることのメリットやデメリットをしっかり学んで上手にお金を使うようにしましょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
借金は怖いものと思いがちですが、カードローンを上手に利用すれば、こんなに便利なものはありません。カードローンを持つだけで、お金を借りなければ利息はかかりません。急にお金が必要になったら、近くのATMで出金できます。早めに返済すれば、利息はあまりかかりません。お金は賢く借りるようにしてください。

塚越さん

塚越さん

本記事の執筆者について

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員第一種資格保有。 証券会社営業、生命保険会社営業サポート、銀行コールセンター等複数の金融機関勤務経験あり。2016年末からライターとして活動しています。

カードローンとはの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE