銀行・消費者金融カードローンの選び方とキャッシングの特徴

カードローンを選ぶ際のポイントをFPが徹底比較!あなたにおすすめなカードローンはこれだ!
カードローンとは

2022-06-30

「カードローンの選び方がよくわからない…」「結局どのポイントを優先するのがお得なのかな」と、カードローンの選択方法で悩んでしまう方は非常に多いです。

なぜかというと、カードローンは種類が多く、かつサービス内容もカードローンによって大きく異なるからです。

カードローンは、どのようなポイントを優先して選択するのが一番お得に利用できるのでしょうか。

ここでは、カードローンの選択方法を徹底的に詳しく解説しますので、あなたの状況に合わせて、カードローンをお選び下さい。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

カードローンには大きく分けて銀行系と消費者金融系の2つがあります。その中で、各行・各社の特徴がありますので選ぶのが大変ですよね。カードローンを選ぶとき、大切なのは自分がどのようなこだわりを持っているかです。銀行系は消費者金融系に比べて低金利になりますし、消費者金融系の場合、無利息期間を設けている会社もあります。目先の特徴だけでなく、総返済額や利便性等を総合的に比較して、選ぶようにしましょう。

飯田道子さん
飯田道子さん

ファイナンシャルプランナー

金融機関勤務を経て1996年FP資格を取得。
現在は各種相談業務のほか、セミナー講師、執筆活動、独立支援などを活動は多岐に渡る。
どの金融機関にも属さない独立系FPとして、金融・保険情報が得意。
また海外移住の相談などにも対応しており、特にカナダや韓国への移住支援などを行っている。
「宅建資格を取るまえに読む本」「貯める!儲ける!お金が集まる94の方法」「介護経験FPが語る介護のマネー&アドバイスの本」「テラー必携!! あなたのファンを増やす魔法の質問」などの著書もあり。

目次

カードローンを選ぶ際のポイントを比較

カードローンを選ぶ際に、多くの利用者が優先するのが「金利」です。

しかし、実際に金利だけを優先しカードローンを選んでしまった利用者の満足度は、全体的に低い傾向があります。

なぜなら、実際にカードローンを利用するときは、金利以外のポイントが満足度に大きく影響するからです。

したがって、カードローンを選択する場合は、他のポイントも合わせて加味する必要があるのです。

カードローンを選ぶ際のポイントを下記にまとめました。

カードローンを選ぶ際のポイントまとめ
ポイント選択基準
金利(実質年率)の数値金利が高いと利息額も多くなるため、低金利なものを選択する
審査時間融資を急いでいる場合、審査時間の短いカードローンを選択する
審査の通りやすさ申し込み者数を契約者数で割った数値を「成約率」といい、成約率が高いほど審査難度は低いと考えられる。
ただし、成約率を公開していないカードローン業者は非常に多い
無利息サービスの有無カードローンの中には、一定期間利息のかからないサービスを取り扱っているものがある。
短期間融資を希望する場合に優先される
申し込み方法申し込み方法はカードローンによって異なるため、申し込みしやすいものもあれば、申し込みにくいものもある。
申し込み方法は、利用者のライフスタイルに合ったものを選択する
無人契約機の有無メガバンクは無人契約機を有しているが、ネット銀行は有していない。
無人契約機は審査からカード発行までを一貫して行うことができるため、手続きを簡単にしたい方の優先順位が高い
自社ATMの有無自社ATMは手数料無料で利用できるケースが多く、カードローン利用者から重宝される傾向がある。
しかし、ネット銀行は自社ATMを有していないため、自社ATMを利用したい場合はメガバンクを優先する必要がある
提携ATMの数提携ATMには、コンビニ内に設置されているATMも含まれる。
提携ATMの数が多いほど、借り入れ・返済の利便性が良い
借り入れ手数料、
返済手数料
カードローンによっては、借り入れ・返済する際に手数料が必要なものもある。
カードローンは毎月返済を行う必要があるため、手数料無料のほうが節約になる
約定返済額毎月固定の返済のことを「約定返済」といい、約定返済の金額はカードローンによって大きく異なる。
約定返済額が少ないほど返済のプレッシャーは軽くなるが、その分返済期間が長期化するため利息がかさみやすい
返済方法返済方法もカードローンによって大きく異なる。
返済手段は多ければ多いほど利便性が良い
融資上限額カードローンには「融資上限額」というものがあり、この金額が高ければ高いほど最大限借り入れできる金額が多い。
ただし、利用者自身の限度額は審査によって個別に設定されるため、実はあまり影響がない

上記をご覧いただくとわかるように、カードローンを選ぶ際のポイントはたくさんあるのです。

▼カードローンを金利比較した結果が知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

次章では、それぞれのニーズに合ったカードローン会社の具体的な選び方に触れていきます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
選択基準がこんなにたくさんあるって、驚きませんか?すべての基準を比べても良いのですが面倒ですし時間もかかってしまいます。比べるときには、この中の基準にこだわる順番を決めて、こだわるポイントの高い部分のみを比べても良いですね。その他にも生活圏内に店舗やATMがある等も加味しておきたい選択基準と言えます。

飯田道子さん

飯田さん

FPがおすすめする「あなたにあったカードローン会社の選び方」

カードローンにはさまざまな種類があり、特徴を踏まえた上でニーズに合ったカードローンを選択する必要があります。したがって、ある程度各カードローンの特徴を把握しておかなければなりません。

しかし、カードローンの数は非常に多く、特徴を把握するだけでも膨大な手間がかかってしまいます。
なので、ここではそれぞれのニーズに合ったカードローンをピックアップしていきます。

職業別カードローンの選び方

まず、最も簡単なカードローンの選択方法として、ご自身の職業に合ったカードローンを選ぶ方法があります。
それぞれ職業別におすすめカードローンをピックアップしてみましょう。

公務員、大手上場企業の社員

収入の安定度が高く、年収も高い傾向がある職業のおすすめカードローンは、りそな銀行の「りそなカードローン」です。

りそなカードローンは金利が低く非常にお得なカードローンですが、審査が厳しい傾向があります。
職業安定度と年収の高い方であれば、問題なく審査を通過することができるでしょう。

アルバイト、パート

アルバイト・パートの場合、成約率が高いカードローンがおすすめです。
カードローンの中でも成約率が高いのは、大手消費者金融の「アイフル」です。
アイフルは、アルバイト・パートの方でも利用しやすいカードローンです。

正社員、契約社員、派遣社員

年収的にも高すぎず低すぎず、というラインであるこの職業では、バランスの取れたカードローンがおすすめです。

カードローンの中でもバランスの良いカードローンといえば、三菱UFJ銀行の「バンクイック」です。
バンクイックはテレビ窓口があり、また提携先ATMも多く、利便性の高いカードローンです。

したがって、カードローン利用者の中でも高い人気を誇ります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
職業別に選択するのはアリでしょう。特に属性にこだわりのある会社の場合、正社員や勤続年数が長い方が審査に有利になる傾向があります。ただアルバイトやパートであっても、貸してくれるところもありますので、自分の職業にあった先を選ぶと良いでしょう。その他、審査にかかるスピードは大切なポイントになります。即日融資を希望するなら、たとえ正社員であっても、消費者金融系のカードローンに申し込むようにしましょう。

飯田道子さん

飯田さん

審査に早さを求める方

「融資を急いでいるので審査の早いカードローンが良い」という方には、大手消費者金融の「プロミス」がおすすめです。

プロミスの審査時間は最短15秒回答、最短30分融資※となっており、融資を受けられるまでのスピードが非常に速いです。

プロミス
プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円事前審査 最短15秒回答最短30分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~17.8%30日間

※融資時間について:スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※無利息期間について:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短30分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

即日融資について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

金利が低い

金利の低いカードローンの中でおすすめは、りそな銀行の「りそなカードローン」です。

りそな銀行りそなカードローンの上限金利はなんと13.5%で、非常に低く設定されています。

すでに借入しているカードローンの金利に悩んでいる方は、こちらを参考にして下さい。

限度額が高い

融資限度額が高いカードローンの中でおすすめなのは、PayPay銀行のカードローンです。

PayPay銀行のカードローンの融資限度額はなんと1,000万円に設定されています。
ただし、融資上限額の数値と個別に設定される上限額に関連性はありませんので、他の項目よりも優先順位は低いと言えるでしょう。

こちらでも消費者金融の比較について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考にしてください。

FPがおすすめする便利にお得に使えるカードローンは?

FPがおすすめするお得なカードローンは「レイクALSA」です。レイクALSAには「無利息サービス」があり、上手に使えば利息0円でお金を借りることができます。

無利息サービスを利用すれば、契約日の翌日から一定期間利息がかかりません。

レイクALSAの無利息サービスには3つの選択肢があり、

  • 初回契約日の翌日から30日間無利息
  • 初回契約日の翌日から60日間無利息(WEBから申込み限定)
  • 初回契約日の翌日から5万円まで180日間無利息

の3通りの中から、ご自身に合った期間を選択することができます。

※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。

「次の給料日までだけお金を借りたい」という方や、「できるかぎり短期間で完済したい」という方は、レイクALSAの無利息サービスを最大限活用することで利息を最小限に抑えることができます。

例えば、結婚式のご祝儀代が足りず3万円借りる場合、180日(6ヶ月)以内に返済すれば利息が0円です。つまり、「180日以内」を守れるなら、借入金額と同額の3万円を返すだけで良いのです。

レイクALSAは、短期融資を希望する方にピッタリのカードローンです。Webなら最短25分融資も可能で、申込み後、最短15秒で審査結果が表示されるので、融資を急いでいる方にも向いています。

レイクALSA
レイクALSA
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~18.0%60日間

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の方への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

おすすめポイント

  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • 24時間お申込みOK!
  • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
カードローンを申し込む際、絶対に確認して欲しいのが、無利息期間の有無です。これは基本的に消費者金融系のカードローンのみのサービスです。無利息期間には、申し込み翌日から無料期間がスタートする会社がほとんどなのですが、プロミスのみ、借り入れ翌日から無利息期間がスタートします。無利息期間の豊富さはレイクALSAがダントツであり、借入金額や申し込み経路によって、無利息期間が変わってきます。

飯田道子さん

飯田さん

まとめ

ここまで触れてきたように、カードローンにはさまざまな特徴があります。
まずはご自身のニーズを明確化し、ライフスタイルにピッタリのカードローンを見つけましょう。

カードローンの審査が不安な人は、審査に通るかの判断チェックシートがついたこちらの記事もぜひ参考にしてください。

本記事の監修者について

飯田道子さん

飯田道子 / ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

金融機関勤務を経て1996年FP資格を取得。 現在は各種相談業務のほか、セミナー講師、執筆活動、独立支援などを活動は多岐に渡る。 どの金融機関にも属さない独立系FPとして、金融・保険情報が得意。 また海外移住の相談などにも対応しており、特にカナダや韓国への移住支援などを行っている。 「宅建資格を取るまえに読む本」「貯める!儲ける!お金が集まる94の方法」「介護経験FPが語る介護のマネー&アドバイスの本」「テラー必携!! あなたのファンを増やす魔法の質問」などの著書もあり。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら