Operated by Ateam Inc.

イーデス

カードローンの解約方法を紹介!解約することでのメリット・デメリット

最終更新日:

カードローンの解約方法を紹介!解約することでのメリット・デメリット
カードローンとは
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「カードローンの返済は終わったけど、解約したほうがいいのかな?」という疑問をお持ちではありませんか?

実は、カードローン利用者の多くが、完済後のカードローンの解約についてどうしたらいいのか判断に悩んでしまいます。

もちろん、解約する以上メリット・デメリットが存在し、それらを踏まえた上で手続きを行う必要があります。
ここでは、カードローンの解約について詳しくご説明します。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

「カードローンを解約したいと思っているが、本当に解約しても大丈夫だろうか?」 そういった不安や迷いで、解約に踏み切れないこともあるでしょう。 実際のところ、解約するべきか否かについては100%の正解はありませんが ・現在の貯金がどのくらいあるか ・「借りグセ」を感じているか否か ・この先の出費やローン利用の有無 このような項目を総合的に検討することで、正解に近づきます。 最終的に判断するのはあなた自身ですが、ベストな選択をするために役立つ基礎知識をこちらの記事でマスターしておきましょう。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    カードローンを解約するメリット・デメリット

    まず、前提として覚えておいていただきたいのですが、カードローンは完済しても自動的に解約になるものではありません。

    カードローンは、定められた期間毎に自動更新となります。
    長年未使用などの場合、規約により解約となる場合はありますが、何らかのアクションを起こさない限りは解約になることは基本的にありません。
    したがって、解約をご希望の方はご自身で解約手続きを行う必要があります。

    しかし、「解約したら何かデメリットはあるの?」と、なんとなく心配な方も多いでしょう。何故心配になる方が多いのかというと、大抵のカードローンの公式ホームページにおいて解約方法の大々的な記載が無いからです。

    わかりやすく言えば、「大々的に記載されていないということは、解約する人が少ないのかな?取り返しのつかないデメリットでもあったりして…」と不安になってしまうのです。

    ここでは、そのような不安を解消すべく、カードローン解約のメリット・デメリットをまとめました。

    カードローン解約のメリット・デメリット

    メリットデメリット
    追加融資を受けることができなくなるため、借金の心配がなくなるもう一度カードローンを利用するときは、再度審査を受ける必要がある
    信用情報に解約履歴が残る解約手続きを取るための手間がかかる
    今後の審査にポジティブな影響があるカードローンによっては、再利用したくとも一定期間申し込みできないものがある

    カードローン解約のメリットの中では、「借金の心配がなくなる」という精神的な効果を期待できます。

    しかしその反面、一度解約すれば再度審査を受ける必要があるため、以前のようにスムーズな借り入れができなくなるというデメリットがあります。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    誰にとってもカードローンを契約してからの最終的な目標が解約であるのは間違いありません。
    解約まで実行することが「借金からの完全な卒業」を意味するからです。
    1日でも早くカードローンを解約できることが誰にとっても理想でしょう。
    しかしながら全く貯金などの備えなく、いきなりカードローンを解約してしまうのはリスクを伴います。
    完済後も手数料0円で借入枠をキープできるのは、カードローンの大きな特長の一つです。
    急な出費にも(借入せずに)対応できるくらいの貯金をしてから解約するのも、決して悪い選択ではありません。

    武藤 英次

    武藤さん

    銀行カードローンの解約方法一覧

    ここでは、各銀行カードローンの解約方法を一覧にまとめました。

    各銀行カードローン解約方法一覧
    名称手続き方法担当窓口
    三菱UFJ銀行カードローン電話問い合わせにて解約届を請求し、記載の上返送する第二リテールアカウント支店専用ダイヤル
    0120-76-5919
    ※平日9:00~21:00
    ※土日祝日9:00~17:00
    詳細ページはこちら
    三井住友銀行 カードローン電話問い合わせにて解約届を請求し、記載の上返送する三井住友銀行 カードローンプラザ
    ※毎日9:00~21:00
    詳細ページはこちら
    みずほ銀行カードローン

    ・取引支店:インターネット支店以外
    →カードローンカード、銀行口座取引印鑑、本人確認書類を店舗に持参し解約手続きをおこなう。

    ・取引支店:インターネット支店
    →担当窓口に電話問い合わせの上、郵送で解約届を提出。

    ・取引支店:インターネット支店以外
    →店頭窓口
    ・取引支店:インターネット支店
    →電話で問合せ
    ※平日9:00~21:00
    ※土日祝日9:00~17:00
    詳細ページはこちら
    りそなプレミアムカードローン・カードローンカード、銀行口座取引印鑑、本人確認書類を店舗に持参し解約手続きを行う
    ・電話問い合わせにて解約届を請求し、記載の上書類等を返送する
    クレジットセンター
    0120-25-8156
    ※平日10:00~17:00
    詳細ページはこちら
    オリコカードローンCRESTホームページから「脱会届」をダウンロードし、必要事項を記入後返送する最寄りのコールセンターを確認して問い合わせ
    詳細ページはこちら
    オリックス銀行カードローンカードデスクに電話にて問い合わせするカードデスク
    0120-890-699
    ※平日9:00~18:00
    詳細ページはこちら
    auじぶん銀行カードローン電話問い合わせにて解約届を請求し、記載の上返送するローンセンター
    0120-926-222
    ※平日9:00~20:00
    ※土日祝9:00~17:00
    詳細ページはこちら
    横浜銀行カードローン

    ・店頭窓口に印鑑、本人確認書類、ローンカードを持参の上手続きを行う

    ・インターネット契約の場合、電話問い合わせ後に解約届を記載の上返送する。

    ・店頭窓口
    ・バンクカード照会センター
    045-438-4616
    ※銀行窓口営業の9:00~19:00
    詳細ページはこちら

    上記をご覧いただくとわかるように、電話問い合わせから手続きを進めるものがほとんどとなっています。

    大手消費者金融カードローンの解約について知りたい人はこちら!

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    加入するのは簡単なのに、解約方法がわからないといったサービスは多いものです。
    解約されたくないがために、解約の案内を隠しているような不親切なサービスも後を絶ちません。
    カードローンでも解約は限られた営業時間内に電話か来店が必要など、申込よりは手間に感じられるのは否めません。
    しかし一度行動を起こしてしまえば、解約手続きのハードルは決して高くはないのです。
    「解約したい」とフリーコールに電話することで、最適な解約方法を案内してもらえます。
    解約を決意したのなら、とにかく電話してしまうのがおすすめです。

    武藤 英次

    武藤さん

    FPが教えるカードローンを解約すべきかどうかの判断ポイント

    ここまで触れてきたように、カードローンは解約しなくてもさほど大きなデメリットはありません。

    唯一明確なデメリットとなるのは、住宅ローンなどの審査を受けるときにネガティブな影響がある程度です。
    したがって、カードローンを解約するかどうかを判断するポイントは、

    • 新しく大きな金額のローン審査を受けるとき
    • 借金が癖になってしまっているとき
    • 今後、カードローンを利用する予定が一切ないとき

    というような場面になるでしょう。特に、借金が癖になってしまっている方は、新規の借り入れを防止するため、完済時の解約がおすすめです。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    カードローンはいつでも好きなタイミングで借入も返済もできることが最大の特長です。
    金利は高めですが「次の給料日までのつなぎ」といった超短期借入に対応できる点は大きな強みと言って良いでしょう。
    しかしながらATM等で簡単にお金を借りられる手軽さには注意するべき点があります。
    カードローンは借金であるのに、まるで自分の通帳のお金のように錯覚してしまいがちなのです。
    つまりカードローンを「自分の自由に使えるお金」と感じてしまうわけで、こうなると借金グセが抜けなくなってしまいます。
    仮にそんな状態にあるのなら、できる限り早く解約して、簡単に借金できない状態にするべきです。

    武藤 英次

    武藤さん

    カードローンの解約についてのQ&A

    カードローンの解約について明確な情報は、公式ホームページでも得られないケースがほとんどです。

    なぜかというと、カードローン業者からすれば会員を減らしたくないという一面があるからです。
    ここでは、解約に関する素朴な疑問をQ&A方式でお伝えします。

    カードローンを解約したら残高が0になるの?
    結論からいうと、残高が残っている状態で解約することはできません。
    ほとんどのカードローンでは解約の前提条件として、「残高を完済していること」と明記されています。
    カードローンを解約すると信用情報は下がるの?
    カードローンの解約に関するご質問の中で、とても多いのが「解約すると信用情報に傷が付きますか?」というものです。
    実は、カードローンを解約することで信用情報に傷が付くことはありませんし、むしろ、信用情報としてはプラス評価となります。なぜかというと、カードローンは融資商品であるため、残高がなかったとしても契約さえしていれば、いつでも融資を受けることができるからです。
    つまり、信用情報を利用する審査を受ける場合、「この人はカードローンで融資を受ける可能性がある」と判断されてしまうため、解約したほうが プラス評価となるのです。
    カードローンを解約しないと住宅ローンは申し込めない?
    住宅ローンを申し込みするときに、よく話題となるのが「カードローンを契約しているかどうか」です。
    なぜこのようなことが話題になるかというと、カードローンを契約している利用者は新たに借り入れしてしまう可能性があるからです。
    ただし、カードローンを契約していることで住宅ローンの審査に通りにくくはなるものの、申し込みできないわけではありません。 住宅ローンについて、より詳しく知りたい方は「カードローンを利用すると、住宅ローンに影響するのかFPが徹底解説」を参考にしてみてください。
    カードローンを解約しても使えるのはなぜ?
    カードローンは一度解約すると、再契約しないかぎり新たに利用することはできません。
    解約したのにまだ利用できる場合は、何らかの理由で解約できていない可能性があります。 カードローン業者に問い合わせしてみましょう。
    カードローンを解約後の完済証明はもらえる?
    カードローンを解約する際、完済証明書類の発行が可能です。
    これらの書類は任意発行となるため、ご自身で申告する必要があります。 解約手続きの際にその旨をスタッフに伝えましょう。

    まとめ

    カードローンの解約については明確な情報が少なく、手続きに迷ってしまう方も多いです。
    公式ホームページを見てもわからない場合は、電話でコールセンターへ問い合わせしてみましょう。

    カードローンとはの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.