Operated by Ateam Inc.

イーデス

auひかりの解約は電話のみ|違約金や手続きの方法を解説

最終更新日:

光回線 おすすめ
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

本記事では、auひかりの解約方法や違約金・手続きの方法を解説します。

auひかりを解約する手順

別回線へ乗り換えを検討の方は以下表を参考にしてください!

⇩ボタンで切り替えるとより詳しい情報が見れます⇩


光回線名おすすめキャリア特徴詳細
ドコモ光docomo
  • 最大35,000円の高額キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
ソフトバンク光ソフトバンク(SoftBank)
  • 10ギガ新規申し込みで回線月額基本料が6ヵ月500円・工事費相当額キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大59,800円キャッシュバック
auひかりau
  • auスマホセットで毎月最大1,100円割引
  • 他社の違約金を最大3万円負担
NURO光ソフトバンク(SoftBank)
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • 工事費が実質無料
ビッグローブ光au
  • 「auスマートバリュー」で最大1,100円割引
  • 「UQモバイル自宅セット割」で毎月最大63,00円割引
光回線名おすすめキャリア特徴詳細
auひかりau
  • 最大82,000円の高額キャッシュバック
  • 工事費26,400円が無料
ドコモ光docomo
  • 最大35,000円の高額キャッシュバック(オプション条件なし)
  • 新規工事費が無料
NURO光ソフトバンク(SoftBank)
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • 工事費が実質無料
ソフトバンク光ソフトバンク(SoftBank)
  • 他社から乗り換えで最大59,800円の高額キャッシュバック
  • 他社回線の違約金・工事費を100%満額還元
ビッグローブ光au
  • 「auスマートバリュー」で最大1,100円割引
  • 「UQモバイル自宅セット割」で毎月最大63,00円割引
光回線名おすすめキャリア特徴詳細
NURO光ソフトバンク(SoftBank)
  • 最大2Gbps・通常プラン速度が速い
  • 2Gbpsにもかかわらず月額料金が安い
auひかりau
  • 独自回線のため通信速度が速い
  • 開通工事費が実質無料
ソフトバンク光ソフトバンク(SoftBank)
  • フレッツ光と同じ回線(マンションでも安心)
  • 他社回線の違約金・工事費を100%満額還元
ドコモ光docomo
  • フレッツ光と同じ回線(マンションでも安心)
  • 新規工事費が無料
ビッグローブ光au
  • 最大通信速度(下り)が1Gbps
  • 最大68,000円の高額キャッシュバックか月額料金割引の特典

気になる内容をタップ

auひかりを解約する手順

auひかりは契約しているプロバイダに電話連絡するだけで解約手続きを行うことができます。

auひかりの解約手続きの流れは以下の通りです。

auひかりを解約する手順

以上で解約が完了します。

auひかりの解約は、auひかりに電話するのではなく、au one netやBIGLOBEなど、契約するプロバイダに連絡する必要があるので注意してください。

それぞれの手順について詳しく紹介します。

契約しているプロバイダに解約したい旨を伝える

auひかりの解約は、auひかり(KDDI)ではなくm契約しているプロバイダに連絡してください。

各プロバイダの解約受付窓口は以下の通りです。

auひかりの提携プロバイダの連絡先
プロバイダ名電話番号受付時間
au one net0077-7068
0120-22-0077
9:00~18:00
年中無休
@nifty0570-03-2210
03-6625-3232
10:00~17:00
(日曜・祝祭日・年末年始を除く)
@T COM0120-805633月~金:10:00~19:00
土日祝:10:00~18:00
(メンテナンス日を除き年中無休)
ASAHIネット0120-577-10810:00~17:00
平日土日祝
BIGLOBE0120-86-0962(無料)
03-6385-0962(有料)
9:00~18:00
年中無休
DTI0570-004740(有料)10:00~17:00
平日
So-netSo-net 会員様サポートページ
※チャット・メールのみの受付
チャット窓口 9:00~18:00
メール窓口 9:00~18:00
年中無休※1月1日、2日を除く
リンククラブ03-5778-3881(有料)10:00~19:00
平日
楽天ブロードバンド0800-600-0111(無料)
0800-600-0222(無料)
9:00~18:00
年中無休
GMOとくとくBB0570-045-109(有料)10:00~19:00
平日
SmartLINE0120-954-046(無料)11:00~17:00
平日
エディオンネット(エンジョイ☆auひかり)0120-71-2133(無料)9:00~19:00
年中無休(年末年始は除く)
メガ・エッグ0120-505-898(無料)10:00~19:00
年中無休
コミュファnet0120-068-056(無料)9:00~18:00
土・日・祝日も受け付け

※2023年9月時点

基本的に電話連絡が必要ですが、以下のプロバイダの場合はWEBでの解約も受け付けています。

WEBでの解約受付をしているプロバイダ

月末は問い合わせが集中するため電話が繋がりにくいことがあります。

解約予定が決まっている場合は、出来るだけ早めの電話連絡をしましょう。

電話でオペレーターに解約を引き止められることが予想されます。

はっきりと「解約したい」と伝え、スムーズな手続きができるようにしましょう。

レンタルしているWi-Fiルーター・モデムなどの機器を返却する

解約に伴い、auひかりレンタルしていたルーターやモデムなどを返却する必要があります。

解約手続き完了後、auひかりから機器返却用の「着払い伝票」が登録している住所に郵送されます。

伝票は手続きから10日前後で届きます。

伝票には返却が必要な機器のリストが記載されています。

以下のような機器は返却対象となるため、忘れずに返却してください。

auひかりの解約時に返却が必要な機器

  • モデム
  • ホームゲートウェイ
  • ルーター
  • 回線終端装置(ONU)など

以下の手順で返却しましょう。

auひかりからレンタルした機器の返却方法

  • 伝票を確認する
  • 伝票に記載の返却機器を用意する
  • 段ボールや緩衝材を用意し、返却機器を詰める
  • 郵便局やコンビニで発送する

レンタル機器の返却を忘れると、違約金が発生します。

必ず忘れずに返却をするようにしましょう。

また解約手続きをせず、機器だけを返却されるケースも発生しているようです。解約の手続きを行わないと、機器を返却しても解約にはなりませんので、必ず契約するプロバイダに解約の連絡をしてください。

必要な場合は撤去工事をする

auひかりは、光回線設備の撤去工事が必要になるケースがあります。
とくに戸建てプランの場合は、契約したタイミングによって撤去工事が必須となります。

auひかりの撤去工事の必要の有無と費用は以下の通りです。

auひかりの撤去工事が必要なケースと費用
住居タイプ契約の時期撤去工事の必要の有無撤去工事費
戸建て2018年2月28日以前に申込任意11,000円
2018年3月1日~2022年6月30日に申込必須31,680円
2022年7月1日以降に申込任意31,680円
マンション不要-

戸建ての場合、2018年3月1日~2022年6月30日に申込した方は、解約時に撤去工事が必ず必要になってしまいます。費用も31,680円とかなり高額です。マンションでもホームタイプの契約の場合は撤去工事が必要となります。

必要な撤去工事をしないと、設備の維持費として99円~577円の費用が毎月請求されてしまいます。

無用な支払いとなってしまうため、必要な場合は必ず撤去工事を行うようにしましょう。

また上記以外にも、賃貸物件などで管理会社から「原状回復」を求められた場合は撤去工事が必要です。

管理会社によっては撤去工事不要とするケースが多いので、あらかじめ管理会社に確認しておくようにしましょう。

解約証明書(支払い証明書)を発行する

auひかりの解約が完了したら、念のため解約証明書を発行してもらいましょう。

乗り換え先のキャンペーンで、auひかりの解約時に必要になった違約金や撤去工事費用を負担してもらえる可能性があります。

違約金負担キャンペーンは前契約の「解約証明書」の提出を利用条件としていることがほとんどです。

支払い証明書はプロバイダのマイページなどから発行できます。

以上で解約手続きが完了します。

auひかり解約時に必要な費用

auひかりの解約時には以下の費用が必要になります。

auひかりの解約時に必要な費用

  • auひかりの解約金
  • 開通工事費用の残債
  • 撤去工事費(必要な場合)
  • 解約月の月額基本料金

ただし、解約のタイミングや種類によって、費用がかからないものもあります。

それぞれの費用について詳しく紹介します。

auひかりの解約金

auひかりは契約期間中の解約の場合、以下の解約金が発生します。

auひかりの契約解除料
タイププラン契約期間2022年7月1日以降契約の場合2022年6月30日までに契約の場合
ホームずっとギガ得プラン3年4,730円16,500円
ギガ得プラン2年4,460円10,450円
標準プランなし--
マンションお得プラン2年2,730円10,450円
お得プランA2年2,290円7,700円
標準プランなし--

※2022年7月1日以降契約の場合

auひかりは2022年7月1日でサービス変更があり、違約金に係る費用が大幅に減額されました。

ただし、2022年6月30日以前に契約された方は、高めの違約金となっています。

ただし、契約更新月にあたる契約満了月の当月・翌月・翌々月は違約金不要で解約できます。

契約更新月の確認方法については「更新月の確認方法」で紹介しているので参考にしてください。

初期工事残額分

auひかりの工事費は原則分割払いです。完済前に解約してしまうと、工事費の残債を一括で支払う必要があります。

auひかりの基本工事費は以下の通りです。

auひかりの基本工事費
契約期間一括払い分割払い
ホーム41,250円初回1194円
2回目以降1178円×34回
マンション33,000円初回1143円
2回目以降1434円×22回

※2023年9月時点

auひかりの「初期工事費相当額割引キャンペーン」を利用して契約していた場合でも残り期間の残債が発生します。

auひかりの初期工事費相当額割引キャンペーンは、一括で割引されるのではなく、2年、もしくは3年間の月額料金の割引によって、工事費相当額の割引がされる仕組みとなっています。

このため、割引期間中に解約してしまうと、工事の残債が発生してしまいます。

例えば戸建てで35回払いを指定していて、12か月で解約すると、最初の12か月分は工事費無料キャンペーンで支払いの必要はありませんが、残りの23か月分の工事費を支払う必要があります。

解約時には工事費がいくら残っているか確認するようにしましょう。

解約月の月額料金

解約月のauひかりの料金は、日割りされません。

例えば15日で解約した場合でも、その月の月額料金は満額請求がきます。

解約日を指定する際は月末にするのがおすすめです。

解約金をかけずにauひかりを解約する方法

auひかりの解約金について紹介しましたが、解約金をかけずに解約することもできます。

auひかりの解約金を抑えて解約する方法は以下の通りです。

auひかりの解約金をかけずに解約する方法

それぞれの方法について解説します。

更新月に解約する

auひかりは契約期間中の解約の場合、解約金がかかりますが、3か月間の契約更新月に解約すると解約金は0円で済みます。

auひかりの契約更新月は以下のように定められています。

auひかりの契約更新月

契約満了月の当月・翌月・翌々月

例えば契約満了月が2023年11月だった場合、2023年11月~2023年1月の間に解約すれば違約金がかかりません。

契約更新月は契約しているプロバイダに問い合わせましょう。

解約する場合は契約更新月での解約がおすすめです。

乗り換え先の違約金負担キャンペーンを利用する

auひかりからの乗り換え先の光回線が「違約金負担キャンペーン」を実施していた場合、解約にかかった費用を全額負担してくれます。

光回線キャリアにもよりますが、主に以下の費用を負担してくれます。

違約金負担キャンペーンで負担してもらえる費用

  • 解約違約金
  • 撤去工事費用

2023年9月現在、主に以下の光回線で違約金負担キャンペーンを実施しています。

違約金負担キャンペーンを行っている主な光回線

最大10万円相当の負担キャンペーンもあります。

auひかりの場合、撤去工事が必要な場合に、解約に係る費用が大きくなってしまいます。その場合は違約金負担キャンペーンを実施している光回線サービスに乗り換えることもおすすめです。

auひかりの解約時の注意点

ここまでauひかりの解約に関して解説してきました。

auひかり解約時に事前に確認しておきたい注意点は以下の通りです。

auひかり解約時の注意点

解約後だと取り返しがつかないケースもあるため、必ず事前に確認するようにしてください。

引越しの場合は解約手続きではなく移転手続き

引越しの場合、引越し先がauひかりの提供エリアであれば、解約する必要はありません。

引っ越し先でもauひかりを使うのであれば、解約手続きではなく移転手続きをとりましょう。

auひかりの移転手続き

  • 引っ越し先が提供エリアないかどうか確認する
  • WEBで移転の申し込みをする
  • 移転元・移転先の工事日の予約をとる
  • 移転元での撤去工事を受ける
  • 引っ越し先での工事を受ける
  • 接続設定を行う

移転にあたっては、契約事務手数料3,300円、工事費として最大で41,250円必要です。

費用が高額になるため、引越しのタイミングで解約を検討するのも良いでしょう。

メールアドレスが使えなくなる

auひかりを解約し、プロバイダを解約すると、プロバイダ提供のオプションサービスが使用できなくなります。

大事なメールの受信先をプロバイダメールアドレスに設定している場合は、事前にメールの送信先の変更が必要となってしまいます。

ただし、プロバイダによってはメールアドレスを残すことが出来る有料オプションサービスを提供している会社もあります。

利用したい人はプロバイダに問い合わせてサービスの有無を確認してみましょう。

auスマホとのセット割が利用できなくなる

auひかりを解約すると、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が利用できなくなります。

ただし、乗り換え先によってはauスマートバリューを利用できます。

auスマートバリューを利用出来る光回線は多く、以下のような光回線でもauスマートバリューを利用できます。

auスマートバリューを利用できる主な光回線

  • auひかり
  • コミュファ光
  • eo光
  • Pikara
  • Mega EGG
  • ひかりJ
  • So-net光
  • @TCOM ヒカリ
  • @nifty光
  • ケーブルテレビ回線

セット割の割引額は大きいため、乗り換え先の光回線を決めた後は、セット割が利用できるスマホに乗り換えることがおすすめです。

auひかりからの乗り換えにおすすめの光回線

auひかりからの乗り換えでおすすめの光回線は以下の通りです。

auひかりからの乗り換えにおすすめの光回線

それぞれ紹介します。

NURO光

NURO光の概要
月額料金戸建てマンション
月額料金5,700円2,530~3,190円
工事費5,700円44,000円
最大通信速度2Gbps2Gbps
契約解除料3,740円363円

※2023年9月時点

NURO光は光コラボレーション回線ではなく、独自回線系サービスのため、通信速度が非常に速い光回線です。

の通信速度は基本最大1Gbpsでしたが、NURO光は2倍の2Gbpsで利用できます。

さらに月額料金もauひかりと同等かそれ以下となっています。

とくにマンションプラン(NURO設備が導入されている物件で飲み契約可)では月額2,000円代で利用ができます。

またソフトバンクスマホとのセット割「おうち割光セット」の適用ができ、ソフトバンクユーザーはさらにお得に利用できます。

通信速度が速い光回線でお探しの場合はNURO光がおすすめです。

So-net光プラス

So-net光の概要
戸建てマンション
月額料金5,580円4,480円
工事費26,400円26,400円
最大通信速度1Gbps1Gbps
契約解除料4,580円3,480円

※2023年9月時点

So-net光プラスは簡単な手続きでauひかりから乗り換えたい人におすすめの光回線です。

So-net光プラスはauひかり同様にau・UQモバイルとのセット割を利用できます。

So-net光電話の契約が必要ですが、au、UQモバイルユーザーはお得に利用できます。

コミュファ光やeo光などの地場電力会社系光回線

地場の電力会社系光回線でもauやUQモバイルのセット割を利用できるためおすすめです。

地域ごとの地場電力会社系回線は以下の通りです。

地域ごとの電力会社系光回線

  • 東海:コミュファ光
  • 関西:eo光
  • 中国地方:Mega EGG
  • 四国:ピカラ光
  • 九州:BBIQ

電力会社系の光回線は独自回線同様、回線が混雑しにくく通信速度が速いことが特徴です。

またauスマホとのセット割を利用できるところがほとんどで、auユーザーにはおすすめの光回線です。

各電力会社の基本料金は以下の通りとなっています。

(2年契約基本プランの場合)

電力会社系光回線の料金表
戸建てマンション
コミュファ光5,720円~4,620円~
eo光5,448円~※マンションにより料金が異なる
Mega Egg5,720円~4,070円~
ピカラ光5,720円~4,400円~
BBIQ6,380円~4,510円~

※2023年9月時点

上記は基本料金ですが、電力系光回線は割引制度が非常に大きいことも特徴です。自宅の電気料金を各電力会社に合わせることでセット割が利用できるほか、1~2年目の月額料金割引が非常に大きなことも特徴です。

auひかりの解約に関するまとめ

ここまでauひかりの解約手続きについて解説しました。

auひかりの解約はプロバイダへの電話での受付となります。

auひかりを解約する手順

  • 契約しているauひかりのプロバイダに解約の連絡をする
  • レンタルしているWi-Fiルーター・モデムなどの機器を返却する
  • 必要な場合は撤去工事をする
  • 解約証明書(支払い証明書)を発行する

auひかりの解約時には以下の費用が必要になります。

auひかりの解約時に必要な費用

  • auひかりの解約金
  • 開通工事費用の残債
  • 撤去工事費(必要な場合)
  • 解約月の月額基本料金

とくに撤去工事費は高額なうえ、必須なケースがあります。

ご確認のうえ、必要な費用をプロバイダに聞くようにしましょう。

もしも解約金が高額になってしまった場合は、違約金負担キャンペーンを実施している光回線への乗り換えがおすすめです。

記事を参考にスムーズな解約を行って下さい。

光回線 おすすめの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE