Operated by Ateam Inc.

イーデス

ドコモ光の評判は悪い?料金や速度の口コミからメリット・デメリットを徹底解説

最終更新日:

ドコモ光の評判
引越し
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

イーデスでは光回線を契約している1084人に使用しているサービスの満足度調査を実施しました。

アンケート調査実施概要

  • 調査日:2022年5月2日~5月9日
  • 調査対象:インターネット回線を契約している19歳~94歳の男女
  • 調査人数:1084人
  • 調査地域:全国
  • 調査方法:Fastaskによるインターネット調査


総合評価
満足普通不満
NURO光54%37%9%
ソフトバンク光48%41%11%
ドコモ光48%46%5%
auひかり48%46%9%
ビッグローブ光44%49%7%

調査の結果、ドコモ光への乗り換えを行った221人のうち、48%の人が「大変満足」「満足」と回答しています。

とくにドコモユーザーからの評判が高く、スマホと光回線をセットに契約したい方にはおすすめの光回線です。

ドコモ光がおすすめの人

  • ドコモスマホをお持ちの方
  • フレッツ光や光コラボ回線を契約中の方
  • サポート体制が良い光回線を使いたい方
  • IPv6通信を利用したい方

この記事ではドコモ光の料金プランや特徴を紹介しつつ、実際にドコモ光を契約した方の口コミを紹介します。

⇩ 総合評価が高い光回線おすすめ3選 ⇩

1

NURO光

NURO光

プロバイダSo-netと一体型の光回線サービス
「満足」と回答した人は約54%

2

ドコモ光

ドコモ光

NTTドコモが運営する光回線サービス
「満足」と回答した人は約48%

3

auひかり

auひかり

KDDIが運営する光回線サービス

「満足」と回答した人は約48%



別回線へ乗り換えを検討の方は以下表を参考にしてください!

⇩ボタンで切り替えるとより詳しい情報が見れます⇩


光回線名おすすめキャリア特徴詳細
ドコモ光docomo
  • 最大35,000円の高額キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
ソフトバンク光ソフトバンク(SoftBank)
  • 10ギガ新規申し込みで回線月額基本料が6ヵ月500円・工事費相当額キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大59,800円キャッシュバック
auひかりau
  • auスマホセットで毎月最大1,100円割引
  • 他社の違約金を最大3万円負担
NURO光ソフトバンク(SoftBank)
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • 工事費が実質無料
ビッグローブ光au
  • 「auスマートバリュー」で最大1,100円割引
  • 「UQモバイル自宅セット割」で毎月最大63,00円割引
光回線名おすすめキャリア特徴詳細
auひかりau
  • 最大82,000円の高額キャッシュバック
  • 工事費26,400円が無料
ドコモ光docomo
  • 最大35,000円の高額キャッシュバック(オプション条件なし)
  • 新規工事費が無料
NURO光ソフトバンク(SoftBank)
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • 工事費が実質無料
ソフトバンク光ソフトバンク(SoftBank)
  • 他社から乗り換えで最大59,800円の高額キャッシュバック
  • 他社回線の違約金・工事費を100%満額還元
ビッグローブ光au
  • 「auスマートバリュー」で最大1,100円割引
  • 「UQモバイル自宅セット割」で毎月最大63,00円割引
光回線名おすすめキャリア特徴詳細
NURO光ソフトバンク(SoftBank)
  • 最大2Gbps・通常プラン速度が速い
  • 2Gbpsにもかかわらず月額料金が安い
auひかりau
  • 独自回線のため通信速度が速い
  • 開通工事費が実質無料
ソフトバンク光ソフトバンク(SoftBank)
  • フレッツ光と同じ回線(マンションでも安心)
  • 他社回線の違約金・工事費を100%満額還元
ドコモ光docomo
  • フレッツ光と同じ回線(マンションでも安心)
  • 新規工事費が無料
ビッグローブ光au
  • 最大通信速度(下り)が1Gbps
  • 最大68,000円の高額キャッシュバックか月額料金割引の特典

気になる内容をタップ

【アンケート】ドコモ光の評判・口コミ

イーデスでは、インターネットの契約を行ったユーザー1084人を対象に利用後の満足度アンケートを実施しました。

ドコモ光について”大変満足””満足”と回答したユーザーは48%に上りました。

ドコモ光の口コミの総合評価
満足普通不満
ドコモ光48%46%5%
ソフトバンク光48%41%11%
auひかり45%46%9%
NURO光54%37%9%
ビッグローブ光44%49%7%

”不満”と回答したユーザーは5%と、調査した5サービスの中では最少となっています。

ドコモ光は不満が少ない光回線と言えそうです。

良い口コミには以下のようなものがありました。

ドコモ光の口コミ

男性/70歳代

サポート体制も良いので、満足してる。

各人のオプションサービス等で料金が違うので、自分のプランで満足してる。

ドコモ光の口コミ

男性/60歳代

何の痛痒もない速度が安定して出ている。

速度は現在利用しているサービスを使っている限り、全く問題がない。

ドコモ光の口コミ

男性/50歳代

非常に安定している回線であり、IPV6で接続されている

固定料金で、比較的安いと思う

良い口コミに多いものとして、「大きな不満がない」「安定して使える」といったものが多かったです。

一方不満を感じている口コミには以下のようなものがありました。

ドコモ光の口コミ

男性/60歳代

長期利用者に対する配慮に欠ける。

料金は高すぎる。改善を望む。

ドコモ光の口コミ

女性/40歳代

接続が安定せず突然切れたりするし、通信速度も遅すぎることがあり月額料金を考えると不満のほうが大きい

他社とさほど変わらないので安くもないのに接続が不安定

悪い口コミには料金に対するものが多いです。

ドコモ光は決して高い光回線ではありませんが、ドコモ光よりも安い回線が存在することも確かであるため、不満に感じているユーザーもいるようです。

但し、先述の通りドコモ光は不満と回答したユーザーは5%程度と、他社と比べて最も少ないです。

速度や料金、サポートなどそれぞれの評価について細かく見ていきましょう。

ドコモ光は遅い?通信速度に関する口コミ・評価


ドコモ光の通信速度の満足度
キャリア名速い普通遅い
ドコモ光42%46%12%
ソフトバンク光41%43%15%
auひかり43%40%17%
NURO光53%31%16%
ビッグローブ光32%52%17%

ドコモ光の通信速度について、速いと感じるユーザーは42%で、他の光コラボ系回線と大きな違いがありませんでした。

ドコモ光は光コラボ系回線サービスに該当するため、サービスに使用しているインフラはNTT東日本・西日本のフレッツ光と同じです。

このためソフトバンク光やビッグローブ光などとは基本的に速度の面では違いが生じにくいです。

実際に通信速度の実測値を投稿できるみんなのネット回線速度のデータでは、ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光の通信速度に大きな違いがありません。


主な光回線の通信速度比較
キャリア名平均ダウンロード速度
ドコモ光278.97Mbps
NURO光582.01Mbps
auひかり526.96Mbps
ソフトバンク光315.32Mbps
ビッグローブ光269.64Mbps

※参考:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト
※2023年9月時点

一方で、NURO光やauひかり、eo光やコミュファ光は光コラボではなく、NTTが現在使用していない回線インフラ(ダークファイバー)を借り独自の回線網を築いています。

このため、光コラボ系回線とは異なり、通信速度が速い特徴があります。

さらに、光回線の速度は住居タイプや通信方式によっても大きく異なります。

以下のセグメントに分けて紹介していきます。

マンションの通信速度に関する評判

ドコモ光のマンションに関する満足度
キャリア名速い普通遅い
ドコモ光40%44%16%
ソフトバンク光44%41%15%
auひかり43%35%22%
NURO光52%37%11%
ビッグローブ光33%51%17%

マンションにお住まいの方の場合、遅いと感じるユーザーの割合が少しだけ高くなります。

マンションは共用部分から先の配線方式等によって通信速度が遅くなるケースがあり、ドコモ光に限らず全体的に遅いという口コミが増えます。

マンションでドコモ光をお使いの方の口コミには以下のようなものがあります。

ドコモ光の口コミ

男性/70歳代

非常に安定している回線であり、IPV6で接続されている

マンションであるが、自分の世帯は別途光ファイバーを導入しており、高速である

ドコモ光の口コミ

男性/60歳代

何の痛痒もない速度が安定して出ている。

速度は現在利用しているサービスを使っている限り、全く問題がない。

一方で悪い口コミには以下のようなものがありました。

ドコモ光の口コミ

男性/50歳代

料金は比較的高めと考えている。通信速度は集合住宅のため時間により速度が下がり、ベストエフォートの速度が出ない。

ドコモ光の口コミ

男性/50歳代

接続が安定せず突然切れたりするし、通信速度も遅すぎることがあり月額料金を考えると不満のほうが大きい

一部安定しない、速度が遅いという口コミがあります。

みんなのネット回線速度では、住宅タイプ別の実測値平均値も調べることができ、ドコモ光は他社と比べて少し遅い通信速度となっています。


主な光回線のマンションの通信速度比較
キャリア名マンション
ドコモ光284.99Mbps
NURO光627.19Mbps
auひかり331.59Mbps
ソフトバンク光322.1Mbps
ビッグローブ光272.82Mbps

※参考:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

マンションの場合は、共用部から各部屋への配線方式によって通信速度が大きく異なるケースがあります。

共用部まではドコモ光の光回線で接続できても、共用部から各部屋までは配線のスペックが足らず、通信速度が遅くなることがあります。

各部屋までの配線方式はマンションによって異なるため、マンションで契約を検討する場合は、各部屋までの配線方式を事前に確認するようにしましょう。

戸建ての通信速度に関する評判

ドコモ光の戸建てタイプの通信速度に関する満足度
キャリア名速い普通遅い
ドコモ光42%48%10%
ソフトバンク光40%43%16%
auひかり44%43%14%
NURO光54%28%19%
ビッグローブ光33%52%15%

戸建てタイプに関しては、ドコモ光は「遅い」と回答したユーザーが最も少なくなっています。

マンションでドコモ光をお使いの方の口コミには以下のようなものがあります。

ドコモ光の口コミ

女性/40歳代

遅くなることなく、ストレスなしで使える

速度が落ちることなく、毎日利用出来るので

ドコモ光の口コミ

男性/20歳代

そこまで問題もなく繋がる

最安ではないが、安い方だと思う

一方で悪い口コミには以下のようなものがありました。

ドコモ光の口コミ

男性/20歳代

同時に複数台使うと、通信速度が落ちてしまう

ドコモ光の口コミ

男性/50歳代

相手サーバーにもよるが、スピードテストの結果が思っていたよりも低い。

ドコモ光の口コミ

女性/60歳代

思ったより戸建てなのに早くない

ドコモだからサポートは丁寧に対応してくれる

常に遅いという口コミはありませんでしたが、タイミングや使い方によって遅くなることがある模様です。

同様にみんそくでは戸建ての各光回線の平均速度は以下の通りとなっています。

主な光回線の戸建ての通信速度比較
キャリア名マンション
ドコモ光282.34Mbps
auひかり605.3Mbps
auひかり553.63Mbps
ソフトバンク光306.18Mbps
ビッグローブ光258.67Mbps

※参考:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト
※2023年9月1日時点

ドコモ光はマンション・戸建て間で大きな差がなく、比較的安定している回線と言えます。

ただし、戸建てはNURO光やauひかりの通信速度が非常に速いです。

戸建てにお住まいで通信速度が速い回線をお探しの場合は、ドコモ光よりauひかりやNURO光の方がおすすめです。

IPv6の通信速度に関する評判

ドコモ光のIPv6の速度に関する満足度
キャリア名速い普通遅い
IPv6オプションあり50%23%27%
IPv6オプションなし41%49%10%

通信速度が遅い場合は、IPv6接続を行うことで改善される可能性があります。

IPv6オプションの利用者と非利用者では「速い」と回答したユーザーに大きな違いがありました。

IPv6とは

IPv6は、インターネットのアドレスシステムの新しい形態です。

IPv6のプロトコルは、IPv4の後継として開発されました。

利用できるIPアドレスが大きく異なります。

IPv6を利用すると通信速度が速いIPoEという接続方式を利用できます。

一方IPv4ではPPPoEしか使うことができないため、通信速度が遅い傾向があります。

IPv6オプションの利用者には以下のような口コミがありました。

ドコモ光の口コミ

男性/70歳代

安い、速い、問題無し

ドコモ光の口コミ

男性/60歳代

自分の使用環境では何の不満もないから

トラブルもなく安定しているから

一方でIPv6なしの方と比べて、IPv6ありの場合、「遅い」と回答した割合も高くなっています。

口コミには以下のような意見がありました。

ドコモ光の口コミ

女性/40歳代

夜間帯は本当に遅すぎる

接続が安定せず突然切れたりするし、通信速度も遅すぎることがあり月額料金を考えると不満のほうが大きい

ドコモ光の口コミ

男性/50歳代

通信速度が安定してないから。

ドコモ光の口コミ

女性/40歳代

夜間の遅さはなんとも言えない

接続方式がIPv6でも、接続方式がPPPoE方式の場合はIPv6のメリットを享受できません。

また接続するサイトや通信機器もIPv6に対応している必要があり、IPv6通信でも必ずしも通信速度が速くなるとは限りません。

IPv6の方がおすすめですが、利用する際は接続方式や私用するLANケーブルなどのスペックを確認するようにしましょう。

ドコモ光は高い?月額料金に関する口コミ・評価

ドコモ光の料金に関する満足度
キャリア名安い普通高い
ドコモ光23%49%28%
ソフトバンク光28%40%32%
auひかり20%50%30%
NURO光32%46%23%
ビッグローブ光26%45%29%

ドコモ光の料金が高いと感じている人の割合は28%と決して高くありません。

主なインターネット回線の基本月額料金を比較した表が以下の通りです。

主な光回線の基本料金比較表
キャリア名戸建てマンション
ドコモ光5,720円4,400円
ソフトバンク光5,720円4,180円
auひかり5,390円4,455円
NURO光5,200円2,750円~
ビッグローブ光5,478円4,378円

※2023年8月時点

【一人暮らし】ドコモ光の料金の評判・口コミ

一人暮らしの方のドコモ光の料金に関する満足度
キャリア名安い普通高い
ドコモ光15%46%38%
ソフトバンク光14%31%54%
auひかり10%62%29%
NURO光30%42%27%
ビッグローブ光27%39%33%

一人暮らしの方の場合は「月額料金が高い」という方の割合が高くなっています。

具体的な口コミには以下のようなものがありました。

ドコモ光の口コミ

男性/50歳代

コスパ的に妥当かなと思う

もう少し下げられる気はするが、今としては妥当かなと思う

ドコモ光の口コミ

女性/40歳代

最安ではないが、安い方だと思う

料金については、満足しているという口コミは少なく、「妥当」「普通」というコメントが多いです。

一方で÷悪い口コミには以下のようなものがありました。

ドコモ光の口コミ

男性/60歳代

高すぎる。改善を望む。

長期利用者に対する配慮に欠ける。

ドコモ光の口コミ

男性/40歳代

概ね満足しているが、

もう少し安いと助かる

悪い口コミには、複数年契約を継続している方向けの割引制度がないことに関する不満の意見がありました。

ドコモは長年継続利用しているユーザーが多く、その分ドコモ光を何年も契約し続けている人が多いですが、長期契約者に対する割引制度はありません。

携帯電話には「ずっとドコモ割プラス」「更新ありがとうポイント」などの特典制度がありますが、ドコモ光にはないため、不満に感じているユーザーが多いようです。

また決して高くはなくても、もう少し安いと嬉しいという意見も多かったです。

【家族/マンション】ドコモ光の料金の評判・口コミ

家族・マンション住まいの方のドコモ光の料金に関する満足度
キャリア名安い普通高い
ドコモ光32%43%25%
ソフトバンク光30%46%23%
auひかり25%53%22%
NURO光57%30%17%
ビッグローブ光24%45%30%

家族世帯でマンションにお住いの方の満足度では、単身と比べて「安い」と回答したユーザーの割合が高くなっています。

ドコモ光はドコモ携帯とのセット割がありますが、セット割は家族20回線まで適用されるため、割引のメリットを受けやすいことが影響しているかもしれません。
またマンションは戸建てプランよりも割安なため、安いと回答するユーザーが増えています。

良い口コミには以下のようなものがありました。

ドコモ光の口コミ

女性/40歳代

スマホ割が使えるので、満足している

ドコモ光の口コミ

男性/50歳代

携帯料金の割引が家族まるまる適用されているので満足

他のサービスと比較してもあまり高いとはおもえない

先述の通り、スマホのセット割に関する良い口コミが多く、家族内にドコモユーザーが多い場合は満足度が高いようです。

一方で悪い口コミには以下のようなものがあります。

ドコモ光の口コミ

男性/60歳代

長期間使用してる割に割引がない

ドコモ光の口コミ

男性/40歳代

より安いものが出てきたため

ドコモ光の口コミ

男性/40歳代

なんとなくもっと安いところが有るような気がする

一人暮らしの方の悪い口コミにもありましたが、複数年契約を継続している方向けの割引制度がないことに関する不満の意見がありました。

また全体として、ドコモ光の料金に関して直接的な不満はなくても、他社が安いプランを出していることに関して、不満を持つユーザーが多い様子です。

【家族/戸建て】ドコモ光の料金の評判・口コミ

家族・戸建て住まいのドコモ光の料金に関する満足度
キャリア名安い普通高い
ドコモ光22%51%27%
ソフトバンク光30%38%32%
auひかり19%47%34%
NURO光22%52%26%
ビッグローブ光26%47%27%

戸建て住宅にお住いの家族の方では、マンションの場合と比べて「高い」と回答したユーザーが多くなっています。

良い口コミにはマンションの場合と同様、セット割に関する意見が多くみられました。

ドコモ光の口コミ

男性/40歳代

スマホとのセット割でお得

不自由していない

使いやすい

一方で悪い口コミには以下のようなものがあります。

ドコモ光の口コミ

男性/60歳代

他社とさほど変わらないので安くもないのに接続が不安定

ドコモ光の口コミ

男性/50歳代

問題なく使用しているがもう少し安いと良い

マンションに比べて高いと感じているユーザーも多く、「もう少し安くしてほしい」という口コミが多いです。

ドコモ光のキャンペーンに関する評判・口コミ

ドコモ光のキャンペーンに関する満足度
キャリア名満足普通不満
ドコモ光19%58%23%
ソフトバンク光24%52%24%
auひかり27%50%23%
NURO光19%55%26%
ビッグローブ光17%62%21%

ドコモ光の契約時に利用できるキャンペーンに関しては、他社に比べて満足と回答したユーザーが少ないです。

ドコモ光公式が実施しているキャンペーンは次の2種類しかありません。

  • 他社から乗り換えで11,000ポイントプレゼント
    他社の回線を解約した後、ドコモ光契約で、解約違約金のうち11,000ポイントが付与されます。
  • 新規開通工事費無料キャンペーン
    新規の申し込みで通常基本19,800円かかる工事費が無料になります。

他社の場合、上記に加えてキャッシュバックなどがあるため、特典においては満足と回答したユーザーが少なくなっています。

ただし、ドコモ光はプロバイダや代理店経由で申し込みすると、キャッシュバックキャンペーンなどを利用できます。

代理店によっては数万円単位でお得に契約できる場合もあるため、契約の際は比較するのがおすすめです。

次項でおすすめの主な契約窓口を紹介します。

ドコモ光の申し込みがお得な代理店

ドコモ光を契約する際、次の代理店経由での申し込みがおすすめです。


ドコモ光の主な代理店のキャッシュバックキャンペーン
窓口金額条件
GMOとくとくBB65,000円指定の映像オプションの加入
※加入なしの場合は10,000円
NNコミュニケーションズ30,000円ドコモの携帯電話回線を利用
ディーナビ95,000円指定の映像オプション加入
他社からの乗り換え
10ギガプランの申し込み

ごらんの通り、キャッシュバック金額が高いほど、条件が厳しく、オプションの加入なども求められます。

またキャッシュバックの大きなキャンペーンは、開通から10か月後などのタイミングで申請する必要があり、また申請可能期間も短いことが多いです。

せっかく高い特典を受けられる代理店で申し込んでも、申請を忘れてしまうと受け取り資格を失ってしまうため、忘れないように注意してください。

ドコモ光の高額キャッシュバックキャンペーンの注意点

  • オプション加入などの適用条件が多い
  • 受取が開通から10ヶ月後など、期間が空く
  • 受取の申請が開通後数カ月先となるため、申請を忘れやすい

ドコモ光のサポートに関する口コミ・評判

ドコモ光のサポートに関する満足度
キャリア名満足普通不満
ドコモ光29%64%7%
ソフトバンク光24%66%11%
auひかり25%65%11%
NURO光22%62%16%
ビッグローブ光25%65%10%

トラブル発生時などの対応満足度について、ドコモ光は最も「不満」と回答した割合が低くなっています。

アンケートの中には「利用したことがない」と回答した方が多いですが、利用した方の多くがその対応に高い満足度を得ているようでした。

具体的には以下のような口コミがあります。

ドコモ光の口コミ

男性/50歳代

プロバイダもドコモも、しっかり対応してくれる

ドコモ光の口コミ

女性/20歳代

丁寧でわかりやすく説明をしてくれます

ドコモ光の口コミ

女性/20歳代

電話はつながりにくいが、対応は早くしていただいている。

NTTドコモの顧客対応に対する信頼が高く、対応への満足度が高かったです。

一方で不満と回答したユーザーの中には「オペレーターへの電話が繋がりにくい」という意見がありました。

ドコモ光の口コミ

男性/60歳代

通話料有料なうえに長時間待たされる。

そして問題が解決できない

ドコモ光の口コミ

男性/40歳代

なかなか電話が繋がりにくいことがある

実際に問い合わせ窓口への電話のつながりにくさに関する口コミは多い傾向があります。

オペレーターと通話できるようになるまでに、しばらく時間がかかるケースが多く、ユーザーの不満につながっています。

電話がつながりにくい場合は、次の方法を試してみてください。

ドコモ光の問い合わせ窓口に電話が繋がりにくい時の対処法

電話以外での相談窓口にも対応しているため、つながりにくい場合は上記方法を試してみてください。

ドコモ光のメリット

ユーザーからの評判をを踏まえて、ドコモ光のメリットは以下の6点です。

ドコモ光のメリット

ドコモ光は突出した特徴はありませんが、ドコモユーザーにはお得に利用できるうえ、NTTドコモグループの信頼性・安定性が高い光回線です。

それぞれ詳しく紹介します。

フレッツ光や光コラボからの乗り換えがしやすい

ドコモ光はフレッツ光や光コラボ系回線からの乗り換えの場合、工事や工事費が不要で乗り換えできます。

先述の通り、ドコモ光はフレッツ光の回線インフラを使用した光コラボ回線だからです。

フレッツ光の設備が自宅にあれば、特殊な工事が不要で、申し込み後すぐに利用ができるようになります。

フレッツ光からの乗り換えの場合と光コラボ系サービスからの乗り換えの場合とで、必要な手続きは以下のように異なります。

  • フレッツ光からの乗り換え:転用
  • 光コラボ系サービスからの乗り換え:事業者変更

それぞれ簡単な手続きではあるので、リンク先を参考にして乗り換え手続きを行ってください。

スマホのセット割がお得

口コミでも多くみられた通り、ドコモのスマホユーザーはドコモ光セット割の適用で、月額料金がお得に利用できます。

ドコモ光を契約のご家庭は、主回線から三親等以内の家族なら誰でもドコモスマホ料金が最大永年1,100円割引になります。

20回線まで、かつ離れている家族も対象となるため、家族内にドコモユーザーが多いほどお得になります。

ドコモユーザーのセット割が利用できるのはドコモ光だけなので、ドコモユーザーには一番おすすめの光回線となっています。

代理店・プロバイダのキャンペーンが高額

ドコモ光は公式のキャンペーンは少ないですが、プロバイダ・代理店のキャッシュバックが高額です。

利用できる主なキャッシュバックキャンペーンは以下の通りです。

プロバイダ・代理店のキャッシュバックキャンペーンは、条件などが厳しいですが、契約を予定している映像オプションなどが条件に含まれている場合はお得に契約ができます。

数万円単位でキャッシュバックがあるため、契約の際は比較検討するようにしましょう。

IPv6対応で通信速度が速い

ドコモ光はIPv6に対応しているため、高速通信が利用できます。

またプロバイダによってはIPv6通信に対応したWiFiルーターを無償でレンタルしてくれるところもあります。

ドコモ光でIPv6を利用する際は、WiFiルーターを無料でレンタルしてくれるプロバイダを選ぶようにしましょう。

プロバイダ選びに迷った場合は、GMOとくとくBBでの契約がおすすめです。

キャッシュバック金額も多く、サポートも充実しています。

サポートの対応がいい

ドコモ光は他社と比べてサポートの満足度が高いです。

苦手な人にとっては接続環境の設定や不具合発生時の対応など、わからないことが多く、自分で対処できないことが多いでしょう。

そのようなときに専門スタッフにわかりやすく説明を受けてもらえる環境があることはドコモ光の大きなメリットとなっています。

ただし、先述の通り、サポートに電話がつながりにくいという口コミもありました。

そのような場合は、チャットやLINEなどのサービスを使って問い合わせてみましょう。

ドコモ光のデメリット

一方で、口コミからみたドコモ光のデメリットは以下の通りとなっています。

ドコモ光のデメリット

ドコモ光はよくも悪くも、契約するプロバイダによってキャッシュバックやオプションサービスが変わります。

それぞれ詳しく紹介します。

高額キャッシュバックにはテレビ等のオプション加入が必要

ドコモ光で高額キャッシュバックを受け取るためには、代理店やプロバイダ経由で申し込み、映像配信サービスなどのオプションに加入する必要があります。

キャッシュバック目当てで不要なオプションに加入してしまうと、かえって毎月の月額料金などで損をしてしまう可能性があります。

加入する際は本当に自身にとって必要なサービスかどうか、検討したうえで契約するようにしましょう。

またオプションが不要な場合はNNコミュニケーションなど、オプション加入不要でキャッシュバックを受け取ることができる代理店を選ぶようにしてください。

プロバイダによって特典や月額料金が異なる

ドコモ光は24社の対応プロバイダから選んで契約する仕組みとなっていますが、選ぶプロバイダによってサービスや月額料金が異なります。

適当に選んでしまうと同じドコモ光のサービスでも利用満足度に違いが出てしまいます。

プロバイダを比較する際は以下の点に注意して選ぶようにしましょう。

ドコモ光プロバイダのおすすめの選び方

  • 月額料金が安いタイプA
  • IPv6の接続サービスに対応しているか
  • WiFiルーターの無料レンタルサービスを行っているかどうか
  • キャッシュバックなどの契約特典

迷った場合はGMOとくとくBBの契約がおすすめです。

ドコモ光の申し込み方法

ドコモ光の申し込みは、新規申し込みの場合と、転用・事業者変更の場合とで手続きが異なります。

転用、事業者変更とはそれぞれ以下の手続きのことを指します。

転用・事業者変更とは

  • 転用とは
    転用とは、フレッツ光から光コラボ系インターネット回線へ乗り換える手続きのことを指します。自宅にフレッツ光の設備がある状態なので、簡単な手続きだけで乗り換えができます。
  • 事業者変更とは
    事業者変更とは、フレッツ光系の光コラボ回線から他社の光コラボ回線へ乗り換える手続きのことを指します。転用同様に、自宅にフレッツ光回線の設備があるため、簡単な手続きで乗り換えができます。

それぞれの手続きは以下の通りです。

ドコモ光を新規で申し込む方法

表題の手続きの手順について以下で紹介してください。

ドコモ光を新規で申込む手順

    1. ドコモ光の提供エリアを確認する
    2. 契約するプロバイダ・プランを決める
    3. 希望する申し込み窓口に新規開通を申し込む
    4. 工事の日程を調整する
    5. 必要書類を受け取る
    6. 開通工事を受ける
    7. 開通設定手続きを行う

新規開通工事の場合は、自宅がドコモ光の提供エリア内かどうかが重要です。

全国展開しているフレッツ光回線を使っているため、提供エリア外となることは少ないですが、一部地域や物件によっては利用できない可能性があります。

事前に必ず以下サイトを使って、自宅がドコモ光の提供エリア内かどうかを確認するようにしてください。

NTT東日本エリア検索

NTT西日本エリア検索

ドコモ光への転用手続きの方法

ドコモ光へ転用する際は以下の手順で手続きが完了します。

ドコモ光への転用手続きの手順

  1. NTT東日本・NTT西日本から転用承諾番号を取得する
  2. 契約するプロバイダを選択する
  3. 希望する申し込み窓口に転用を申し込む
  4. 必要書類を受け取る
  5. 回線の切り替え設定を行う

新規開通手続きと異なるのは、「転用承諾番号」が必要となることです。

転用承諾番号とは、英数字で構成される11桁の番号のことで、転用手続きの際に必ず必要になります。

NTT東日本・NTT西日本のWeb、または電話窓口で無料で取得できます。

窓口NTT東日本NTT西日本
WEBWebで転用承諾番号を取得
受付時間:8:30~22:00
(年中無休・年末年始を除く)
Webで転用承諾番号を取得
受付時間:7:00~翌1:00
(年中無休・年末年始を除く)
電話0120-140-202
受付時間:9:00~17:00
(年中無休・年末年始を除く)
0120-553-104
受付時間:9:00~17:00
(年中無休・年末年始を除く)

転用承諾番号は取得日を含み15日間の有効期限があります。

過ぎてしまった場合は再度取得する手間が発生するため、取得後は早めの申し込み手続きを行ってください。

またフレッツ光で利用中のプロバイダがドコモ光の対応プロバイダに含まれていた場合はそのまま継続して利用できます。

提携していなかった場合は、契約中のプロバイダの解約が必要になります(単独タイプ申し込みの場合を除く)。

解約しないと、使っていないプロバイダ料金だけ請求され続けることになるため、必ず解約手続きを行うようにしましょう。

フレッツ光の解約手続きは不要です。

転用手続きが完了した時点でフレッツ光の契約は解約されるので安心してください。

ドコモ光への事業者変更の手順

ドコモ光へ事業者変更手続きをする際は以下の手順で手続きが完了します。

ドコモ光への事業者変更手続きの方法

  1. 現在契約中の回線事業者から事業者変更承諾番号を取得する
  2. 契約するプロバイダを選択する
  3. 希望する申し込み窓口に事業者変更を申し込む
  4. 必要書類を受け取る
  5. 回線の切り替え設定を行う

事業者変更承諾番号はNTTなどではなく、現在契約している光回線事業者から発行することが必要です。

光コラボ事業者の一覧は以下ページから確認できます。

NTT東日本エリア
NTT西日本エリア

上記から契約している事業者を選び、事業者変更承諾番号を取得してください。

事業者変更承諾番号も取得日を含み15日間の有効期限があります。

過ぎてしまった場合は再度取得する手間が発生するため、取得後は早めの申し込み手続きを行ってください。

事業者変更においても契約中の光コラボ回線の解約手続きは不要です。

転用手続きが完了した時点で契約中の回線は解約されるので安心してください。

ドコモ光とは

ドコモ光

画像引用:ドコモ光 | NTTドコモ

ドコモ光はNTTドコモが運営する光回線サービスです。

ドコモ光は、NTT西日本/東日本が運営するフレッツ光のインフラを借り受けてサービスを展開しています。

ドコモ光のようにフレッツ光のインフラを借り受けてサービスを提供する光回線を光コラボレーション回線と呼びます。

光コラボレーションとは

光コラボーレションとはNTT東日本、NTT西日本が提供するフレッツ光回線を各プロバイダが借り受けてサービスを提供するサービスのことを指します。

ドコモ光のほかに、ソフトバンク光やビッグローブ光、So-net光、@nifty光などがその一例です。

反対にフレッツ光のサービスの借り受けを行わないサービスを独自回線などと呼びます。NURO光やauひかりなどが独自回線の一例です。

光コラボレーション回線はフレッツ光の通信インフラを使うため、フレッツ光や他の光コラボレーション系サービスとサービスの品質等に大きな違いがありません。

料金体系やオプションサービスなどで他社との差別化を進めています。

ドコモ光のプランと料金

ドコモ光の料金プランは基本的にプロバイダと一体型となっています。

  • 1ギガタイプA/タイプB
    最大通信速度1Gbpsで利用できる基本プラン。
    契約するプロバイダによってタイプAとタイプBに分かれる。タイプAの方が月額料金が220円安い

  • 単独タイプ
    プロバイダを別途契約するプラン。契約したいプロバイダがドコモ光の対応プロバイダに含まれない時に契約がおすすめ。
    ただし、タイプA/タイプBと比べて割高になる可能性がある

  • タイプC
    ケーブルテレビの設備を使ってドコモ光が提供するインターネットサービス

  • 10ギガタイプA/タイプB
    最大通信速度10Gbpsで利用できる。

単独タイプのみ別途プロバイダ料金が発生するため、よほど契約するプロバイダにこだわりがない限り、タイプA/タイプBの契約がおすすめです。

ドコモ光の基本となるプランは最大1Gbpsで通信できる「1ギガ」となり、最も契約者数が多いプランです。

ドコモ光1ギガプランの料金
プラン契約期間戸建てマンション
1ギガ タイプA2年5,720円4,400円
契約期間なし7,370円5,500円
1ギガ タイプB2年5,940円4,620円
契約期間なし7,590円5,720円
1ギガ 単独タイプ2年5,500円4,180円
契約期間なし7,150円5,280円

※2023年9月時点
※ドコモ光ミニプランは2023年3月31日で新規申込受付を終了

2年の契約期間のプランの方が安いうえに、契約期間中の解約でも5,000円ほどの違約金を支払うだけで済みます。

少なくとも3か月以上契約すれば、契約期間なしの場合よりもお得になるため、現在では契約期間なしを選ぶメリットがあまりありません。

また、通信速度が最大10Gbpsで利用できる10ギガのプランも選ぶことができます。

ドコモ光10ギガプランの料金
プラン契約期間月額料金
10ギガ タイプA2年6,380円
契約期間なし8,030円
10ギガ タイプB2年6,600円
契約期間なし8,250円
10ギガ 単独タイプ2年5,940円
契約期間なし7,590円

※2023年9月時点

それぞれのサービスの違いは以下の通りとなっています。

ドコモ光のプランの概要
1ギガ10ギガ
対応プロバイダタイプA:18社
タイプB:6社
タイプA:9社
タイプB:3社
最大通信速度1Gbps10Gbps
対応エリア西日本
東日本
初期費用3,300円3,300円
工事料戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
契約期間なし/2年なし/2年
契約解除料戸建:5,500円
マンション:4,180円
5,500円

※2023年8月時点

通信速度は普通で良いという方は1ギガプラン、在宅勤務やネットゲームなどの利用頻度が多く速い通信速度が欲しい方は10ギガタイプの契約がおすすめです。

ドコモ光の対応プロバイダ

ドコモ光は全24社の対応プロバイダの中から自由に選ぶことができます。

プランによって契約できるプロバイダに以下のような違いがあります。

ドコモ光の対応プロバイダ
対象プラン名対応プロバイダ名
1ギガタイプAOCN、GMOとくとくBB、@nifty、andline、SIS、ic-net、hi-ho、BIGLOBE、BB,excite、Tigers-net、エディオンネット、synapse、楽天ブロードバンド、DTI、@ネスク、TikiTiki、ドコモnet、Plala
1ギガタイプB@TCOM、TNC、Asahinet、@ちゃんぷるネット、WAKWAK、OCN
10ギガタイプAOCN、GMOとくとくBB、@nifty、andline、@TCOM、ic-net、hi-ho、ドコモnet、Plala
10ギガタイプBBB,excite、エディオンネット、Asahinet

※2023年9月時点

単独タイプの場合は上記に限らず好きなプロバイダと契約できますが、別途1,000円ほどのプロバイダ料金が発生してしまいます。

プロバイダ提供の細かなオプションサービスの違いはありますが、大きくサービスが異なることはありません。

タイプAよりもタイプBの方が月額料金が220円高いため、プロバイダに強いこだわりがない場合はタイプAの契約がおすすめです。

ドコモ光のオプションサービス

ドコモ光が提供するオプションサービスには以下のようなものがあります。

ドコモ光の主なオプションサービス一覧
オプション名月額料金サービス概要
ドコモ光電話550円ドコモの光回線を使った固定電話サービス
ドコモ光テレビオプション825円アンテナ工事不要でドコモ光回線を使って地デジ・BS放送を視聴できる
ひかりTV1,100円~3,850円ドコモ光回線を使ってひかりTVの専門チャンネル・ビデオを視聴できる
スカパー!基本料429円+チャンネルパック料金ドコモ光テレビオプションとの組み合わせで自宅のテレビでスカパー!を視聴できる
DAZN for docomo3,700円スポーツコンテンツを視聴できる
ディズニープラス990円ディズニーの映画やコンテンツを視聴できる
dアニメストア550円過去の名作アニメからTV放送中の最新アニメまで、5,300作品移譲が見放題
Lemino990円dTVから名称を変え、ドラマや映画、スポーツなど様々な映像コンテンツを視聴できる

主に映像系のオプションが多く、ドコモ光とセットでお得に視聴できるオプションサービスが豊富にあります。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割の割引額
対象プラン名割引額
eximo永年1,100円/月
irumo0.5GB-
3GB永年1,100円/月
6GB永年1,100円/月
9GB永年1,100円/月
5Gギガホ プレミア永年1,100円/月
5Gギガホ永年1,100円/月
ギガホ プレミア永年1,100円/月
ギガホ永年1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ1(~1GB)-
ステップ2(~3GB)永年500円/月
ステップ3(~5GB)永年1,100円/月
ステップ4(~7GB)永年1,100円/月

※2023年9月時点

ドコモ光はドコモの携帯ユーザーが家族に多いほどお得になります。

ドコモ光を契約のご家庭は、主回線から三親等以内の家族ならドコモスマホ料金が永年最大1,100円割引になります。

20回線まで、かつ離れている家族も対象となるため、家族内にドコモユーザーが多いほどお得になります。

ドコモ光に関するよくある質問

ドコモ光に関するよくある問い合わせは以下の通りです。

ドコモ光に関するよくある質問

それぞれ詳しく解説します。

申し込みから開通までの時間は?

ドコモ光の申し込みから開通完了までにかかる期間はおおよそ1か月ほどを見ておきましょう。

工事の日程調整に時間がかかることが多く、引越し繁忙期に当たる2~3月は予約が取りにくくなります。

このため2~3月は開通まで2か月ほどかかることもあります。

一方で開通工事が不要な転用の場合は短い場合で2週間ほど、事業者変更手続きの場合は1週間ほどで手続きが完了します。

インターネットを使用できない期間を最小限に抑えたい場合は、ポケットWiFiのレンタルサービスなどを利用するようにしましょう。

短期間の契約が可能なポケットWiFiについては、以下サイトで詳しく解説しているので参考にしてください。

契約後にプロバイダは変更できる?

ドコモ光は契約後でもプロバイダを変更することができます。

事務手数料として、3,300円かかりますが、過度に通信速度が遅い場合や利用したいオプションサービスがある場合などはプロバイダ変更を検討しましょう。
(単独プランからタイプA/タイプBの変更の場合は無料)

手続きは以下の窓口からで変更できます。

ドコモインフォメーションセンタードコモ携帯から:151
一般電話から:0120-800-000
受付時間:9:00~20:00
ドコモショップ店舗検索

参考:プロバイダ変更

手続きにはネットワーク暗証番号が必要です。

口頭などで本人確認がされますが、免許証などの本人確認書類は不要です。

解約時の違約金はいくら?

ドコモ光を解約する際、契約期間内での解約の場合は以下の違約金が発生します。

プラン戸建てマンション
タイプA/タイプB5,500円4,180円
ドコモ光ミニ2,970円
2022年6月30日以前に契約の場合14,300円8,800円

手続きは以下の窓口でできます。

プラン戸建て
WebWeb手続き
ドコモショップ店舗検索
電話ドコモ携帯から:151
一般電話から:0120-800-000

ドコモ光の解約については以下ページで詳しく解説しているので参考にしてください。

ドコモ光に関するまとめ

ここまでドコモ光の評判について、イーデスで取得したアンケートを基に解説してきました。

ドコモ光は今回の調査においては最も利用者数が多く、シェアの高い光回線です。

口コミからみたドコモ光のメリットとデメリットは以下の通りです。

ドコモ光のメリット

ドコモ光のデメリット

ドコモ光は人気があり、とくにドコモのスマホユーザーからの支持が高い光回線サービスです。

セット割やIPv6、サポート体制などの満足度は比較的高いです。

ただし、ドコモ光は光コラボレーション系サービスのため、フレッツ光や他社の光コラボ系回線とサービスの品質はほぼ変わりありません。

このため、同じ光コラボ系のソフトバンク光・ビッグローブ光とは満足度に大きな差が出にくくなっていました。

一方で独自回線系のNURO光は通信速度も月額料金も満足度が高く、人気を伸ばしている光回線です。

他社の記事もご覧になり、光回線選びの参考にしてください。

引越しの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE