Operated by Ateam Inc.

イーデス

FPが監修!京都銀行カードローン<ダイレクト>についてご紹介【PR】

最終更新日:

FPが監修!京都銀行カードローン<ダイレクト>についてご紹介【PR】
京都銀行カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

京都府に拠点を置き、京都府をはじめとして大阪府や滋賀県、兵庫県、奈良県にも支店を持つ京都銀行は、地方銀行として地域の人に多く利用されています。

その京都銀行が提供するカードローンのサービスが、京都銀行カードローン<ダイレクト>です。

この記事では、京都銀行カードローン<ダイレクト>の特徴やメリットなどをご紹介していきます。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

京都にある銀行ゆえ、京都銀行カードローン<ダイレクト>を利用できるのは、京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・奈良県・愛知県に住んでいる人に限られています。また、申込時の年齢が満20歳以上満70歳未満で、安定かつ継続した収入がある必要があります。借入限度額は10万円~1,000万円です。ただし、パート・アルバイト、派遣・契約社員、個人事業主・法人代表者の場合は、100万円が上限です。それ以上借りたいのなら、他社に申込んだ方が良いかもしれません。

気になる内容をタップ

京都銀行カードローンはどんなローン?

京都銀行が提供する京都銀行カードローン<ダイレクト>は、事業性資金を除き、使い道自由なカードローンです。

提携銀行をはじめとして、各種コンビニのATMで借入が可能で、便利に利用できます。

借入限度額の範囲内で何度でも繰り返し借入することができ、ちょっとお金がピンチになったときも安心です。
借入限度額は10万円以上1,000万円以内となっています。

公共料金などの引き落とし残高が足りないときには自動融資も受けることができるため、入金忘れの心配もありません※。
※自動融資の対象外となる取引もあります。

借入を申込む際には担保や保証人も不要です。

借入限度額に応じて下表の金利が適用されます。

京都銀行カードローン<ダイレクト>の借入限度額と金利
借入限度額金利(固定金利制)
100万円以下年14.5%
100万円超200万円以下年12.5%
200万円超300万円以下年10.0%
300万円超400万円以下年8.0%
400万円超500万円以下年7.0%
500万円超600万円以下年6.0%
600万円超700万円以下年5.0%
700万円超800万円以下年4.0%
800万円超900万円以下年3.0%
900万円超1,000万円以下年1.9%

※2024年4月1日現在

京都銀行カードローンの強みと弱みを徹底検証

ここでは、京都銀行カードローンの強みと弱みを紹介します。

強み

京都銀行カードローン<ダイレクト>の借入限度額は最大1,000万円であり、審査に通過すれば大きな金額の借入も可能です。
ただし、50万円超の申込みの場合は収入証明書の提出が必須となるので注意しましょう。

また、京都銀行カードローン<ダイレクト>なら正社員以外の人も利用が可能なので、安心して申込みいただけます。
借入限度額100万円までなら、パート・アルバイト、派遣・契約社員、個人事業主、法人代表者の方も申込み可能です※。
※学生の方、本人に収入がない方、年金収入のみの方は利用不可。

さらに、申込みをインターネットで手軽にできるのもメリットです。
京都銀行のホームページにある京都銀行カードローン<ダイレクト>の申込フォームに必要事項を入力して送信すれば、仮審査を行ってもらえます。

借入の際には、京都銀行や各提携金融機関のATMだけではなく、ゆうちょ銀行やイオン銀行、各種コンビニのATMでも手続きが行えるため、最寄りの対応ATMで必要なときに利用できるのもうれしいところです。

ただし、京都銀行以外のATMを利用する際はカードローン口座からの直接の借入はできないので注意してください。
「お引出し」キーにより、返済用預金口座の残高を超える引出しをした場合に、その不足額をカードローン口座から自動的に借入できます※。

さらに、公共料金などを口座引き落としする際に残高が足りない場合、京都銀行カードローン<ダイレクト>が自動的に融資を行ってくれるシステムもついています※。
口座引き落とし日に入金し忘れたときでも払い忘れがなく、安心です。

※自動融資の対象外となる取引もあります。

京銀アプリ」にカードローン口座を登録すると、アプリ上で【残高照会・借入・返済】が24時間利用できるので大変便利です。契約後はぜひ活用してみましょう。

弱み

弱みとしてはやはり地方銀行であるため、京都銀行の支店がない地域の方は利用しづらい点が挙げられるでしょう。

FPが教える京都銀行カードローンに向いている人・向いていない人

京都銀行カードローンに向いている人、向いていない人
向いている人向いていない人
京都銀行の支店がある地域に住んでいる人近くに京都銀行の支店がない地域の人
まとまった金額を借入したい人審査結果をすぐに知りたい人
パート・アルバイト・派遣社員の人即日融資を希望する人
申込を簡単に済ませたい人
京都銀行の口座を持っている人
借入額の増額をしたい人
公共料金などの口座引き落としを忘れがちな人
繰り返し借入を利用したい人

向いている人

京都銀行カードローン<ダイレクト>に向いている人は、京都銀行の店舗がある地域に在住している人です。
京都銀行の口座を持っていれば手続きがスムーズで、申込~契約まですべてWEB上で完結するので店舗に出向く必要がなく便利です。

正社員以外(パート・アルバイト、派遣・契約社員、個人事業主・法人代表者)の方でも、100万円を上限に申込が可能です。

公共料金の引き落とし日をつい忘れてしまいがちな人も、自動融資機能※がついているので払い忘れの心配がなく便利です。
※自動融資の対象外となる取引もあります。

向いていない人

京都銀行カードローン<ダイレクト>は、京都銀行の店舗がない地域に住んでいる人には向いていないといえます。

このような人は、最寄りの地方銀行か、口座開設しなくても利用できる銀行のカードローンを選ぶのがいいでしょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
京都銀行カードローン<ダイレクト>は、対象エリアが設定されていますので、京都銀行の支店のある地域に住んでいる人に向いていると言えます。反対に向いていない人としては、即日融資を希望する人です。これらの2つの向いている・向いていないという特徴は、このカードローンの独自の特徴とも言えます。向いている・向いていない項目をしっかり読み込み、自分にとってはどうなのかを判断して下さい。

飯田道子さん

飯田さん

京都銀行カードローンを最短で借りるための流れと必要書類

京都銀行カードローン<ダイレクト>では、即日融資を受けることができません。

最短で融資を受けるための流れは以下の通りです。

申込みの流れとしては、京都銀行ホームページから仮申込みを行い、仮審査の後に電話、電子メール(SMS含む)、郵送のいずれかにて審査結果の連絡が来ます。

ご案内メールに従って必要書類をアップロードしてください。
必要書類確認後、正式な審査結果が連絡されます。
承認となった場合、WEB上での契約手続きを案内するメールが送られてきます。

京都銀行の普通預金口座をお持ちの方は手続き完了次第、返済用普通預金口座のキャッシュカードで借入が可能となります※。
※京都銀行の普通預金口座を持っていない人は、契約までに口座開設手続が必要となります。

京都銀行カードローンの審査のポイント

京都銀行カードローン<ダイレクト>の審査のポイントとしては、正社員でもパート・アルバイト・派遣社員でも、安定かつ継続した収入があることが大切です。

また、他のカードローンを利用したことがある場合、返済を延滞したといったことがあれば審査に通りにくくなるでしょう。
携帯電話などの支払いを延滞した場合も同様に、審査に通過するのが難しくなります。

これらの支払いは延滞しないようにきちんと済ませておくのが大きなコツです。

京都銀行カードローンの最短融資時間

京都銀行カードローン<ダイレクト>は、申込から融資まで最短3営業日かかります。

京都銀行の普通預金口座を持っていない場合は、契約までに返済用の普通預金口座開設が必要になるので余裕をもった手続きをおすすめします。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
銀行のカードローンでも、融資までのスピードが早い銀行なら、翌営業日からOKのところもあります。ただし、このカードローンの場合、おおよそ1週間は見ておく必要がありそうです。もちろん、連休などに差し掛かるタイミングで申し込んだときには、さらに時間がかかってしまいます。利用する機会を逃さないよう余裕を持って、手続きして下さい。

飯田道子さん

飯田さん

京都銀行カードローンの返済方法

京都銀行カードローン<ダイレクト>の返済は、毎月の約定返済と任意返済の2つがあります。

約定返済日は毎月5日(その日が土日祝の場合は翌営業日)となり、その日に返済用口座から借入残高に応じた金額が引き落としされます。

任意返済の場合は、京都銀行のATMや京銀アプリから、希望の金額を返済することが可能です。

まとめ

京都銀行の京都銀行カードローン<ダイレクト>は、京都銀行の支店周辺に住んでいる人なら、便利に利用できるカードローンといえるでしょう。

申込~契約までWEB完結で、借入も京都銀行以外のATMや京銀アプリからでも行うことができます。

京都銀行の店舗がある地域の人は利用を検討してみましょう。

※京都銀行カードローン<ダイレクト>の契約には所定の審査があります。計画的な返済プランを立てて、借りすぎには注意してください。
※京都銀行カードローン<ダイレクト>の商品詳細については、ホームページの商品内容説明書をご覧ください。

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE