カードローンの仮審査と本審査の違いを徹底解説

カードローンの仮審査と本審査の違いを徹底解説
カードローンの審査

2022-06-14

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

カードローンの仮審査とは?

カードローンの仮審査とは、各カードローン会社の基準を数値化し、機械に自動的に判断させることです。

カードローンでお金を借りる際にはクリアしなければならない壁があり、それが審査です。
どの金融機関で借りるときも、この審査は付き物です。

審査には仮審査と本審査があります。
仮審査では審査する項目を各カードローン会社の基準に沿って数値化し機械に判断させます。

変わって本審査は、人による審査となり時間がかかる為、仮審査で大雑把ですが、ふるいにかけて最低限の条件をクリアした人を抽出します。

急を要することがあるというお金の性質になぞらえて、お金を借りることは時間を買うこととも言われています。

その為、お金を借りるのに必要な仮審査はスピーディーに結果が出るところが多いです。
これは各金融機関がお金を借りる煩わしさを解決させて消費者にお金を借りやすくするための戦略とも言えます。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

カードローンの審査は仮審査と本審査の2段階で行われます。そのため、仮審査に通過しても本審査で落ちてしまうことは十分にあり得ます。また、審査基準はカードローン会社によって異なり、もし審査に落ちてしまったとしてもその理由を教えてもらうことはできません。本記事では審査でチェックされる項目や、審査に不利な状況に陥った際の対処法なども解説していますので、参考にしてください。

仮審査で見られるポイント

仮審査の特徴としては基本的に機械によって自動的に行われる点が特徴です。
機械がチェックするのはカードローン会社によって多少違いますが、共通している項目は年齢、収入、属性の優先順位、信用情報です。

順にポイントを説明していきます。

年齢

まず年齢が対象年齢になっているかを調べます。
多くのカードローン会社が対象年齢は20歳以上(もしくは満18歳以上)から65歳未満を設定しているため、65歳以上の方は仮審査で落ちてしまいます。

カードローン会社によっては70歳未満まで貸してくれるところがありますので自分に合った年齢を諦めずに探すことです。

収入

収入面ですが一定ライン以下であれば全て落としてしまうカードローン会社もありますが、広告でパートでも借りられるなどとされている点を参考にすると年収200万円あれば大丈夫かと思われます。

ただカードローン会社は年収額を、融資額を決定するときの参考にしています。お金を借りるときに借入希望額の欄に例えば50万円と入れても収入が少なければ仮審査は通っても10万、20万ぐらいの低い融資額になるかと思います。

属性の優先順位

カードローンでお金を借りるときに知っておきたいことは属性の優先順位です。
例えば年収は確かに判断基準に大きく影響を及ぼしますが勤続年数も大事です。

勤続が長ければ長いほど信用は深く勤続年数が3年以上あれば仮審査上で有利になるのには間違いないです。

また勤務先も重要視されています。上場企業や公務員であれば企業ネームだけで十分通る場合もあります。

居住形態が持ち家や借家、アパートかでお金を借りたい人のお金の台所事情が分かります。
家族状況が独身ならキャッシュフローが返済に見込まれ、配偶者、子供持ちならトータルで返済が見込まれることが判断できます。

信用情報

次に信用情報に関わる内容です。
他社からの借入状況も調べられ借入残高が年収の3分の1を超えていたら落とされる可能性が高いです。

また年収の3分の1以下でも借入件数が4件以上なら落とされることが多いなどが機械で自動審査されるわけです。

また過去の借入れの長期延滞や自己破産、個人再生、代位弁済の記録などがあれば、通称ブラックと称されて機械で大雑把にしている仮審査でも融資不可能となり落とされます。

▼こちらでカードローンのブラックについて詳しく紹介しているので、ご参考にしてください。

仮審査が通過するまでの時間

仮審査はコンピューターによる自動審査なので審査する項目は少なく審査レベルも大雑把なため仮審査の所要時間はざっと2~3分、早いところだと数十秒での仮審査が可能になります。

しかし、土日などの繁忙期や深夜での仮審査依頼の場合は多少時間がかかることがあります。

仮審査で落ちる原因と対処法

仮審査で落ちるといわれる原因とその対処法について、次の表にまとめました。

審査に落ちる原因説明対策
借り過ぎ年収の1/3以上の借入がある。または4社以上から借入がある。年収の1/3より少ない利用限度額を申請する。借入を少しでも返済してローン残高を少なくする。カードローンを解約して借入先を減らす。
申込み過ぎ1ヶ月以内に3社を超える申込みをする。申込みは1ヶ月で3社までに留める。再度申込む場合は、最低でも6ヶ月程度あける。(カードローン審査は半年に一回まで)
利用限度額が大き過ぎる支払能力を超えた利用限度額を申請している。初めから大きな利用限度額を申請しようとはせず、なるべく少ない額を申請する。
支払の遅延・滞納特に3ヶ月以内に支払遅延や滞納がある場合は、審査通過はほぼ不可能。最低3ヶ月は延滞や滞納がない状態で支払いを行い、支払実績を作る。
スーパーホワイト過去にローンカードやクレジットカードを持ったことがない人のこと。利用履歴を作る。商品代金を分割払いにしたり、審査の通りやすいクレジットカードを作る。
勤続年数が短すぎる勤続年数は、最低でも半年、できれば1年欲しいところ。勤続年数が1年くらいは待ってから申込みをする。
申込書記入ミス書類不備申込書の記入ミスや添付書類の不備で審査落ちする人は意外と多い。パソコンなどの操作が苦手な人は、手書きの書類を用意して、郵送で申し込む。

まず借り過ぎについては日本に総量規制に基づき、年収の3分の1以上の金額は借りられないことになっています。

また、借入件数もチェックされていることにも注意しましょう。
お金が急遽どうしても必要ならば利用限度額を減らして申請することをおすすめします。

また短期間に申し込みをし過ぎるとカードローン会社から警戒されて審査が通らなくなります。
1カ月に3社までと限定して申し込みをしましょう。

利用限度額についても見直しが必要です。
まずは低い金額から借りられるパイプを作っておくのも手段の一つです。

スーパーホワイトの人はクレジットカードの支払いを分割にして利用履歴を作ることでスーパーホワイトからの脱出ができます。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
スーパーホワイトとは、過去に信用情報が一切ない人のことを指し、審査に不利になるケースもあります。なぜなら、単にこれまでにクレジットカードやローンなどを一切利用していない人なのか、それとも何らかの事情があってクレジットカードやローンの利用ができないのかを判断できないからです。特にある程度の年齢に達していれば、クレジットカードやローンの利用が一切ないということは逆に不自然に思われるでしょう。逆に新社会人など若い人であれば、そのような心配は不要です。

新井 智美さん

新井さん

カードローンの仮審査と本審査の違い

仮審査と本審査との違いは機械で大雑把に審査しているのが仮審査、人の手で細かくチェックをするのが本審査です。

まずは仮審査で申告した申請内容が虚偽ではないかのチェックに始まり、身分証明書での本人確認も行います。

その後、申込者の在籍確認を行うため自宅か職場に電話をします。
本審査では過去の借入状況や返済状況で延滞トラブルがないかも確認します。

このように仮審査はコンピューターでの自動審査なので調べる項目が少なく借入判断が緩く設定されていますが、本審査は厳しく、もし通ったとしても希望の借入金額よりも少ない金額が提示されることも多いことを覚えておきましょう。

カードローンの審査を通過するコツをFPが徹底解説

次の表のように審査に対しての有利・不利をまとめた表があります。

審査基準審査に有利審査に不利優先順位
年収200万円以上200万円以下
信用力過去にクレジットカードの支払い遅延がない過去にクレジットカードの支払い遅延がある
雇用形態公務員・正社員・自営業派遣社員・フリーター・ア ルバイト
勤務先大手企業中小企業
勤続年数1年以上1年未満
年齢20歳以上60歳以下19歳以下・61歳以上
保有するクレジットカードの枚数1枚か2枚0枚か3枚以上
他社からの借入件数2件以下3件以上
住居形態持ち家・社宅賃貸住宅・公営住宅
家族構成既婚者・家族同居独身・一人暮らし

全ての項目に対して有利になれば申し分ないですが、項目によっての優先順位が大事です。優先順位が高いところを落とさなければ融資獲得に近づけます。

なんとかしてカードローンの融資に辿りつきたい人の為にFPが教える審査を通過させるケース別の対策があります。

例えばすでに3件以上の借り入れがある人の場合は、まずは1件でも借入件数を減らすために整理をします。

おまとめローンなどが利用できれば1件に集約させることで支払い能力の査定が上がります。
金融機関側も借りている件数が多いところにお金を貸す事はリスクを冒すことになるので融資は避けようと考えます。

初歩的な事ですが記入ミスや記入漏れで落とされることがありますので、記入間違いをしないことが前提です。

これもポイントですが限度額を控えめにすることで借入先からの譲歩を狙います。
要するに「この金額ならいいか」という感じにさせる作戦です。

後は属性および信用問題になります。会社での勤続年数を積むことで会社的地位を高めるか、返済の実績を誠実に行うことで返済に対しての信用を高めることが大事です。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
カードローン会社によって審査基準は異なりますが、共通して審査する項目が、「年収」「年齢」「勤務先」「勤続年数」「信用情報」です。特に信用情報は必ずチェックされますので、過去に延滞など信用事故を起こしていた場合は審査に通るのは難しいと思ってください。また、勤続年数も需要な審査ポイントです。転職したてであれば、できれば1~2年の勤続実績を作ってから申し込むことをおすすめします。

新井 智美さん

新井さん

カードローンの仮審査通過後から融資を受けるまでの流れと時間

無事に仮審査が通れば次は本審査です。
融資を受けるためにはこの本審査に通過する必要があります。

以下に本審査の流れを説明します。

申請内容の虚偽の調査

まず申請内容の虚偽が調査されます。
申告した名前や住所、年収、勤務先、勤続年数などに偽りがないかを調べられます。

本人確認書類の提出

次に本人確認書類の提出を求められます。
運転免許証や健康保険証※、パスポートなどが必要で仮審査のときに申し込んだ内容と相違がないかをチェックされます。

※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出ください。

在籍確認の連絡

そして勤務先への在籍確認の連絡が入ります。
大体は女性が電話しますが勤務先にカードローンを利用すると思わせないような方法で確認作業をしてくれます。

初めてのカードローンで在籍確認についてお悩みの方はこちらの記事を参考にしてください。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
最近は一定の条件を満たすことで在籍確認を省略するカードローン会社もありますが、原則として電話での在籍確認は必須だと思ってください。とはいえ、確認の際は個人名でかけてくれますし、本人が申し込みの際に申告した勤務先に間違いなく勤務していることが分かれば在籍確認は終了します。もし、本人が不在でも、「席を外しています」や「外出中です」などの回答が得られれば在籍確認が取れたことになりますので、必要以上に不安にならず、審査を受けるようにしましょう。

新井 智美さん

新井さん

信用情報機関での確認

最後は信用情報機関に照会し、ローンの利用履歴や延滞トラブル、他社での借入れ状況を確認して問題がなければ融資実行に進み、ローンカード発行への手続きに入ります。

このように本審査では仮審査と違い人が細かく行う作業となっている為、早ければ当日、通常でいけば2~3日が目安で土、日などで申請が増える時期にかかれば必然的に審査時間はそれ以上に長くなってしまいます。

また、収入証明書の提示が必要な場合はカード発行までに最短でも5営業日はみておきましょう。

カードローンの仮審査はキャンセルできるのか

仮審査でのキャンセルはできますが、カードローン会社に早めの連絡は必要です。
仮審査後の本審査への移行は、早ければ即日なため、カードローンの審査は思った以上にスピーディーだと認識しておいた方が良いです。

万が一、ローンカードが発行されてしまった状態でのキャンセルは、キャンセルしたこと自体が信用情報機関に登録されますので、早めにキャンセル手続きを行うことが大切です。

まとめ

このようにカードローンでお金を借りるときは仮審査と本審査の2段階で審査されます。
審査の項目内容は大体同じですがカードローン会社によって少し重点を置いている箇所が異なります。
その為、カードローンA社でダメでもB社なら融資可能なパターンもよくあります。

ただし、気をつけておく点が本審査中に駄目だと思い他の違うカードローン会社に申込みをしてしまう事です。

これは多重申込になりカードローン会社にとっては返済リスクのある利用者にとられてしまいます。
融資を本気で考えているなら、まずは1社だけを申し込みすることです。

▼カードローンの審査に通るためのポイントをまとめたこちらの記事も参考にしてください。

本記事の監修者について

新井 智美

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら