Operated by Ateam Inc.

イーデス

Sony Bank WALLET(Visaデビット付きキャッシュカード)はポイントも付帯サービスも充実

最終更新日:

Sony Bank WALLET(Visaデビット付きキャッシュカード)はポイントも付帯サービスも充実
おすすめ クレジットカード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

Sony Bank WALLET(Visaデビット付きキャッシュカード)(以下、Sony Bank WALLET)は、Visaデビットカード機能を搭載した、ソニー銀行のキャッシュカードです。
キャッシュカードということもあり、親権者の同意があれば15歳以上の未成年でも作成できます。

さらに、Sony Bank WALLETは11種類の通貨に対応しており、海外旅行や出張の多い方にもおすすめです。

ただし使えないパターンもあるので、自分に該当していないか、事前にチェックはしておいてください。

今回はSony Bank WALLETの特徴やメリットデメリットどのような人が持つとお得かなどについて紹介します。

岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】

「海外旅行でのショッピング時に、お得な決済サービスは何か?」
そんなときに紹介されるのが、外貨口座に預けた外貨で買い物ができるデビットカード「Sony Bank WALLET」「ミライノ デビット」です。
円高のタイミングで外貨預金をしておけば、お得に海外ショッピングが楽しめます。(預入時の為替レートによっては不利になることもあります)

海外での決済は、クレジット払いが一般的ですが、外貨預金の外貨をそのまま使えるデビットカードは、クレジットカードより手数料が抑えられるのでおすすめです。
たとえば、米国でショッピングした場合の手数料は、クレジットカードならだいたい1.6%~2.2%かかかりますが、「Sony Bank WALLET」は決済時に手数料はかかりません。
ただし、外貨預金に預けるときに為替コストは発生しますが、それでも0.13%ぐらい(1米ドル=113.5円として換算)と安価です。

もちろん、海外での宿泊やレンタカーの利用、デビットカードが使えない店舗もあるので、クレジットカードなしでの海外旅行はおすすめできませんが、こうしたデビットカードを併用すると手数料の削減に役立ちます

Sony Bank WALLET

3.51
 Sony Bank WALLETの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率0.5~2.0%
国際ブランド
  • visa
電子マネー
  • visaTouch
発行スピード約1週間
申し込み条件満15歳以上の方

注目ポイント

  • いつものお買い物で最大2%キャッシュバック!
  • 専用アプリで支出管理ができる
  • スマホ決済ではGooglePay、Garmin Pay、Fitbit Pay、PayPayなどに対応
公式サイトへ
    • 消費生活ジャーナリスト / 株式会社岩田昭男事務所

      監修者岩田昭男さん

      1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

      主力はクレジットカード&電子マネーの研究で、すでに30年間に渡って業界の定点観測をしている。

      主な著書としては、

      Suica一人勝ちの秘密」(中経出版・現カドカワ)
      「信用力」格差社会」(東洋経済新報社)
      信用偏差値」(文春新書)
      クレジットカード・サバイバル戦争」(ダイヤモンド社)
      「ドコモが銀行になる日」(PHP)
      キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)
      また、クレジットカードのムックも50冊以上監修しキャッシュレスの生き字引として情報発信を続けている。

      ウエブは、「岩田昭男の上級カード道場」、まぐまぐでメルマガを毎月二回発行。

      2021年からYouTubeチャンネル「岩田昭男のキャッシュレス道場」オープン。

      趣味は「猫」と「キートン」

      • SNS
      • YouTube
      • Facebook
    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    Sony Bank WALLETは15歳以上から持てる海外利用におすすめの1枚

    Sony Bank WALLETとは、ソニー銀行が発行するVisaデビット機能付きのキャッシュカードです。

    この章では、Sony Bank WALLETについて紹介していきます。

    • 年会費無料
    • 対応通貨は11種類
    • ATM利用手数料
    • デビット機能がある
    • ANAとの提携カードもある

    詳しく見ていきましょう。

    年会費無料

    Sony Bank WALLETは、Visaデビットカード機能を搭載した、ソニー銀行のキャッシュカードです。

    親権者の同意がある未成年でも15歳以上なら作成できます

    Visaデビット機能が付いた家族カードはありません。
    ただし、キャッシュカードは同居の親族であればファミリーカードを最大9枚まで作成できますが、1枚につき発行手数料1,100円(税込)が必要です。

    一般的なキャッシュカードと同じように、年会費無料かつ1枚のみの発行となっています。

    対応通貨は11種類

    Sony Bank WALLETは外貨に対応しています
    外貨預金としての引き出しや、円預金口座からの現地通過引き出しが可能です。

    円以外に対応している通貨は下記の10種類があります。

    1. 米ドル
    2. ユーロ
    3. 英ポンド
    4. 豪ドル
    5. NZドル
    6. カナダドル
    7. スイスフラン
    8. 香港ドル
    9. 南アランド
    10. スウェーデンクローナ

    たくさんの外貨に対応していることで、旅先での利用や資産運用に役立ちます。

    ATM利用手数料

    Sony Bank WALLETはコンビニや提携銀行のATMで入出金可能です。
    利用内容によってATM利用手数料が異なります。

    提携ATMとATM利用手数料は下記の通りです。

    提携ATM:
    セブン銀行、イオン銀行、イーネットATM、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行

    手数料
    預入 カードローン返済 残高照会0円
    引出 カードローン借入月4回まで無料
    月5回目以降は110円(税込)

    一般的なネットバンクに比べて無料利用回数が多く、気軽に活用しやすいです。

    デビットカード機能がある

    Sony Bank WALLETはVisaデビット機能付きのキャッシュカードなので、VISAカードの加盟店での買い物に使用可能です。
    国内だけならず海外でも使用でき、使った代金は円または外貨口座から即時引き落とされます。

    デビットカード機能を活用すると、外貨口座にある現金を海外ATMを使って現地通貨で引き出すことも可能です。
    外貨の残高が不足しても円預金口座から自動両替してくれます。

    出発前に両替えする必要はなく、海外旅行や出張の際に便利です。

    ANAとの提携カードもある

    Sony Bank WALLETには、ソニー銀行が発行しているカードの他にANAが発行しているカードもあります

    どちらも基本的な機能に変わりはありませんが、下記の点が異なるので注意しましょう。

    ソニー銀行発行●デビットカード利用分に対して
    ●毎月0.5〜2.0%キャッシュバック
    ANA発行●デビットカード利用分1,000円ごとに5マイル付与
    ●ANAマイレージクラブ会員カード機能搭載
    ●外貨、投資信託の残高に応じて毎年最大4,800マイル付与

    ANAマイルを貯めている人なら、ANA発行タイプを選ぶとメリットが大きいです。

    Sony Bank WALLET

    3.51
     Sony Bank WALLETの券面
    年会費初年度:無料
    2年目以降:無料
    ポイント還元率0.5~2.0%
    国際ブランド
    • visa
    電子マネー
    • visaTouch
    発行スピード約1週間
    申し込み条件満15歳以上の方

    注目ポイント

    • いつものお買い物で最大2%キャッシュバック!
    • 専用アプリで支出管理ができる
    • スマホ決済ではGooglePay、Garmin Pay、Fitbit Pay、PayPayなどに対応
    公式サイトへ

      この章では、Sony Bank WALLETについて紹介してきました。

      次の章ではSony Bank WALLETの付帯特典を紹介していきます。

      Sony Bank WALLETのお得な付帯特典

      Sony Bank WALLETは、クレジットカードと同じような特典が付帯しているキャッシュカードです。

      この章ではSony Bank WALLETの付帯特典を紹介していきます。

      • キャッシュバック率は最高2.0%
      • 他行への振込手数料
      • ショッピング保険
      • ソニーストア優遇
      • その他の付帯特典

      詳しく見ていきましょう。

      キャッシュバック率は最高2.0%

      Sony Bank WALLETのVisaデビット機能を使って国内で買い物した場合の特典は、毎月の利用額に応じたキャッシュバックです。

      キャッシュバック率は利用額の0.5%〜2.0%で、「優遇プログラム Club S」のステージによって異なります。

      キャッシュバック率
      ステージなし0.5%
      シルバー1.0%
      ゴールド1.5%
      プラチナ2.0%
      PlayStation Network、
      PlayStation Storeでの利用額
      2.0%

      「優遇プログラム Club S」のステージは、月末の総残高や外貨預金・投資信託の利用状況によって上がっていきます。

      寄付、納税、公共料金などの支払いや海外利用はキャッシュバックの対象外となるので注意しましょう。

      他行への振込手数料

      Sony Bank WALLETを持っていれば、他の銀行への振り込みもできます。

      振込手数料は下記の通りです。

      振込方法ソニー銀行宛て他行宛て
      ネットバンク
      スマートフォン
      モバイルバンキング
      0円月1回まで0円
      2回目以降220円(税込)
      三井住友銀行ATM月4回まで無料、5回目以降110円(税込)

      三井住友銀行所定の振込手数料

      ATMを使うと費用が発生するので、インターネットやアプリを活用するのがおすすめです。

      ショッピング保険

      Sony Bank WALLETにはショッピング保険が付帯しています。

      補償は年間50万円が限度で、購入日から60日間が補償の対象です。
      ただし、自己負担額として1事故あたり5,000円を差し引いた額が補償されます。

      キャッシュカードなのにクレジットカードと同じような補償が付くので、高額な買い物も安心です。

      ソニーストア優遇

      Sony Bank WALLETはソニー銀行のキャッシュカードなので、ソニーのサービスも優遇利用できます

      優遇されるのは下記のサービスです。

      • PlayStation Network、PlayStation Store
      • 2%キャッシュバック
      • ソニーストア
      • 3%OFF

      SONY製品やプレステの製品などの身近なアイテムを割引購入できるのは、家電やゲームが好きな人なら助かります。

      その他の付帯サービス

      Sony Bank WALLETには他にも付帯サービスがあります。

      代表的な付帯サービスは下記の通りです。

      • エクスペディア特別優待などのVisa優待特典
      • アート引越センター割引利用
      • Hulu 無料トライアル1カ月無料
      • ハーツレンタカー最大20%OFF
      • トラベレックス優遇レートで両替

      日常生活や旅行で使えるサービスばかりなので、活用しやすいのが魅力です。

      この章ではSony Bank WALLETの付帯特典を紹介してきました。

      次の章では、Sony Bank WALLETのメリットを紹介していきます。

      Sony Bank WALLETの5つのメリット

      Sony Bank WALLETには持っておくことでさまざまなメリットがあります。

      この章では、Sony Bank WALLETのメリットを紹介していきます。

      メリット

      詳しく見ていきましょう。

      使ったお金がすぐに口座から引き落とされるからわかりやすい

      Sony Bank WALLETには「VISA」のロゴが入っていますが、クレジットカードではなくデビットカードです。

      使った額がソニー銀行の口座から即時引き落とされます
      そのため家計管理が簡単にできます。

      利用できる通貨の種類が多い

      一般的なデビットカードは、使える通貨は円のみですが、Sony Bank WALLETの場合は円を含めて11種類の通貨に対応しています。

      貯めておいた通貨を現地で引き出すと、両替する手間が省けます。

      さまざまな通貨を貯めて活用できるのは、Sony Bank WALLETならではのメリットです。

      クレジットカードのポイント並みのキャッシュバックがある

      Sony Bank WALLETはデビットカードとして世界中のVISA加盟店で買い物に使えます。

      毎月の利用額に応じてキャッシュバックされ、実質的な割引と同じです。

      キャッシュバック率は最低でも0.5%なので、一般的なクレジットカードのポイント付与率と変わりません

      クレジットカードのポイントと変わらない率でキャッシュバックされることで、節約につながります。

      海外事務手数料が無料

      外貨普通預金口座に対応通貨の残高がある場合、対象国にあるVISA加盟店で支払いに利用すると、利用額は外貨普通預金口座から引き落とされます。

      手数料は発生しません。

      ただし、海外ATMで現金を引き出す場合には事務処理経費やATM利用手数料が発生する点には注意しておきましょう。
      さらに、海外通貨の残高が不足したら円普通預金口座からの引き落としとなり、ソニー銀行為替コストが発生します。

      上記注意点さえ頭に入れておけば、出張や旅行で海外に訪れる機会がある方にはメリットの大きい1枚です。

      ATM利用手数料の無料回数が多い

      Sony Bank WALLETで現金を引き出す場合最低でも毎月4回までATM利用手数料が無料です。

      他のネットバンクより無料利用回数が多く、気軽にATMを活用できます。

      例えば楽天銀行は最高で月7回までATMを無料利用できるものの、基本は0回です。

      預入残高や取引内容にかかわらず、無料利用できる回数が多く、現金が必要になっても気兼ねなく引き出せ、メインバンクとして活用しやすいでしょう。

      Sony Bank WALLET

      3.51
       Sony Bank WALLETの券面
      年会費初年度:無料
      2年目以降:無料
      ポイント還元率0.5~2.0%
      国際ブランド
      • visa
      電子マネー
      • visaTouch
      発行スピード約1週間
      申し込み条件満15歳以上の方

      注目ポイント

      • いつものお買い物で最大2%キャッシュバック!
      • 専用アプリで支出管理ができる
      • スマホ決済ではGooglePay、Garmin Pay、Fitbit Pay、PayPayなどに対応
      公式サイトへ

        この章では、Sony Bank WALLETのメリットを紹介してきました。

        次の章ではあらかじめ押さえておきたいデメリットを紹介していきます。

        Sony Bank WALLETの2つのデメリット

        さまざまなメリットがあるSony Bank WALLETですが、いくつか気を付けておきたい点もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

        この章では、Sony Bank WALLETのデメリットを紹介していきます。

        デメリット

        詳しく見ていきましょう。

        VISA加盟店でも使えない店がある

        Sony Bank WALLETは、国内外のVISA加盟店で基本的には使用可能ですが、一部の加盟店では使えないこともあるので注意しておきましょう。

        非対応の加盟店は下記の通りです。

        • ガソリンスタンド
        • hi-hoなど一部プロバイダ
        • J:COMなど一部ケーブルテレビ
        • 有料道路
        • Y! Mobileなど一部通信会社
        • エックスサーバーなど一部webサービス など

        月額サービスの利用料支払など、毎月発生する費用に使えない場合があります。

        預金残高に左右される

        Sony Bank WALLETをVISA加盟店で支払いに使うと、利用代金は円普通預金口座からすぐに引き落とされます。
        1日の利用限度額が設定されているので、使いすぎる心配もすくないです。

        しかし、普通預金残高が不足していると利用できません

        預金残高の範囲内で使えるカードなので、給料日前など残高が不足しがちな時期には不便です。

        この章では、Sony Bank WALLETのデメリットを紹介してきました。

        次の章では、Sony Bank WALLETはどんな人なら使いやすいのかを紹介していきます。

        Sony Bank WALLETはこのような人におすすめ

        Sony Bank WALLETにはクレジットカードとは異なるさまざまな特徴があり、使い方によってはメリットにもデメリットにもなることがあるカードです。

        ここまで紹介してきたメリット・デメリットを踏まえて、Sony Bank WALLETはどんな人にならおすすめできるのかを紹介していきます。

        • 海外に行く機会がある人
        • 外貨預金したい人
        • ANAマイルを貯めたい人

        詳しく見ていきましょう。

        海外に行く機会がある人

        Sony Bank WALLETは、外貨普通預金口座への預入可能です。

        海外でのSony Bank WALLETを使った支払いの手数料はかかりません。

        海外旅行で必要となる両替手数料やクレジットカードの為替手数料などのコストを抑えられます。

        海外に行く機会がある人なら申し込んでおき、コツコツ外貨預金をしておくと便利です。

        外貨預金したい人

        Sony Bank WALLETはソニー銀行のキャッシュカードなので、持っておくとソニー銀行のさまざまなサービスを活用できます。

        外貨普通預金だけでなく外貨定期預金にも対応しており、さまざまな通貨での預金が可能です。

        外貨預金に対応しているのは、円以外に10通貨あります。

        日本の普通預金より金利が高い預金も多く、外貨預金で資産運用したい人におすすめです。

        ANAマイルを貯めたい人

        Sony Bank WALLETには、ANAマイレージクラブ機能が搭載されているタイプもあります。

        キャッシュバックがない代わりに毎月の支払利用額に応じてANAマイルが付与されるのが最大の違いです。

        外貨、投資信託の残高に応じてもらえるANAマイルもあります。

        買い物や資産運用でANAマイルが貯まるので、ANAマイルを貯めたい人にメリットが大きいです。

        この章では、Sony Bank WALLETはどんな人にならおすすめできるのかを紹介してきました。

        自分にメリットがあると判断したなら、ぜひ検討してみてください。

        海外旅行が好きな方、為替コストを抑えたい方におすすめのカードです。貯めた外貨をそのまま海外で使えます。行きたい国の通貨を、円高のタイミングで少しずつ口座に預け入れておけば、海外旅行の資金を有利に積み立てることも可能です。

        岩田昭男

        専門家の
        アドバイス

        Sony Bank WALLET

        3.51
         Sony Bank WALLETの券面
        年会費初年度:無料
        2年目以降:無料
        ポイント還元率0.5~2.0%
        国際ブランド
        • visa
        電子マネー
        • visaTouch
        発行スピード約1週間
        申し込み条件満15歳以上の方

        注目ポイント

        • いつものお買い物で最大2%キャッシュバック!
        • 専用アプリで支出管理ができる
        • スマホ決済ではGooglePay、Garmin Pay、Fitbit Pay、PayPayなどに対応
        公式サイトへ

          まとめ

          Sony Bank WALLETは、Visaデビットカード機能が搭載された、ソニー銀行のキャッシュカードです。

          日本円も外貨も貯められ、海外での買い物の引き落としに使えることから、旅行や出張で海外に行く機会があるならメリットがあります。

          また、クレジットカードのような付帯サービスが付いていたり、ANAマイレージカード機能搭載タイプがあったりなど、クレジットカードと同じような機能を活用できる点もおすすめのポイントです。

          この記事で紹介した特徴をよく検討して、少しでも興味がある場合は年会費無料なので試しに使ってみるのもいいでしょう。

          おすすめ クレジットカードの関連記事

          • Facebook
          • x
          • LINE
          クレカ診断はコチラ

          © 2022 Ateam LifeDesign Inc.