【誰にとってお得?】Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードの特徴を徹底解説

マリオットホテルを家族で使いたい方必見!マリオットアメックス
Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード

2022-06-14

2022年2月24日に新たに誕生したMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード。

世界的に有名なホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」が2019年2月に始めた新しいロイヤリティプログラム「Marriott Bonvoy」と、アメリカン・エキスプレス・カードが提携したクレジットカードです。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードには、旅好きの人が自らの世界を豊かにするためのサポートプログラムがたくさん用意されています。

この記事では、ホテルの無料宿泊特典やMarriott Bonvoyにおけるエリート会員資格の自動取得など、Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードの魅力を徹底解説します。

「心に残る旅をしたい」「より豊かな体験をしてみたい」という人は、ぜひ参考にしてください。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:23,100円(税込)
2年目以降:23,100円(税込)
ポイント還元率2.0%~4.0%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePay
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.6%~1.3%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント

注目ポイント

  • 条件達成で無料宿泊特典プレゼント!
  • Marriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格が付与される!
  • 家族カードの年会費が1枚無料!
  • 毎年継続のたびに5泊の宿泊実績プレゼント!
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能!
新規入会&カード利用で最大16,000ポイントプレゼント!
公式サイトへ
岩田昭男さん
岩田昭男さん

消費生活ジャーナリスト
株式会社岩田昭男事務所

1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

主力はクレジットカード&電子マネーの研究で、すでに30年間に渡って業界の定点観測をしている。

主な著書としては、

「Suica一人勝ちの秘密」(中経出版・現カドカワ)
「信用格差社会」(東洋経済新報社)
「信用偏差値」(文春新書)
「クレジットカード・サバイバル戦争」(ダイヤモンド社)
「ドコモが銀行になる日」(PHP)
「キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)
また、クレジットカードのムックも50冊以上監修しキャッシュレスの生き字引として情報発信を続けている。

ウエブは、「岩田昭男の上級カード道場」、まぐまぐでメルマガを毎月二回発行。

2021年からYouTubeチャンネル「岩田昭男のキャッシュレス道場」オープン。

趣味は「猫」と「キートン」

目次

最速でシルバーランクの資格取得が可能なMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードとは

2022年2月24日、SPGアメリカン・エキスプレス・カードと入れ替わるかたちで登場したのがMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードです。

世界的にも名高いホテルであるMarriott Bonvoyとアメリカン・エキスプレス・カードが提携し生まれたこのカードは、入会するだけで有名ホテルのロイヤリティプログラムをお得に利用できるのが大きな魅力です。

ここでは、Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードの以下4つの魅力を紹介します。

  1. 入会するだけでシルバーエリート会員に
  2. 一定条件の達成で無料宿泊特典
  3. 家族カード1枚が無料
  4. アメリカン・エキスプレス・カードならではの特典
岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】

今回の改変でSPGカードはなくなり、新しい二つのカードが生まれました。その一つが、年会費が安い代わりに特典が削減された「マリオットボンヴォイ アメリカン・エキスプレス・カード」。

年会費は従来のSPGカード(3万4100円)より1万円以上安い2万3100円となりました。当然、その分特典も削られています。

これまで無条件で付いてきた「ゴールドエリート資格」は消えて代わりに「シルバーエリート資格」がつくようになりました。
こちらはゴールドエリートの格下で、優先チェックアウトなどがありますが、目立った特典は見当たりません。
これまで楽しんだ「ゴールドエリート資格」を得るには年間100万円以上の利用が必要になります。
また毎年もらえる「無料宿泊特典」を得るには年間150万円以上の利用が条件となり、それぞれ高いハードルが設けられてしまいました。

一方で家族カードが1枚無料になったのは大きな前進です。
カード利用実績は合算できるので、一人で年間150万円超えは難しくても夫婦や親子で合計すれば達成の可能性は広がります。

こう見ていくと「ホテルステイ」で、このカードを使うのはそれほど旨味がありません。
それに比べて、マイルカードとしては最大1.25%の交換レートを維持しているので十分に威力を発揮します。
もともとSPGカードホルダーはマイラーが多いので、この移行が無難かもしれません。
ただし、それだけで高額な年会費、2万3100円を支払う理由にはなりづらいでしょう。
年間150万円以下の利用を想定しているなら、今すぐ解約を検討すべきと思います。他社のマイルカードを持つ方がお得です。

入会するだけでシルバーエリート会員の資格を取得できる

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードの入会には、Marriott Bonvoyと呼ばれるロイヤリティプログラムへの入会が必須です。

これは、「旅が世界の人々を豊かにし、世界を豊かにする力を持っている」という信念に基づき作られたロイヤリティプログラムで、入会するのは基本無料。
6つの会員ランクは、利用状況に応じて定められます。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードに入会する大きな魅力の1つは、Marriott Bonvoyのシルバーエリート会員資格が自動的に付与されること

通常なら、1年間で規定の宿泊数を達成した場合のみ取得できるシルバーエリート会員の資格を、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレスに入会するだけで獲得できるのです。

条件達成で無料宿泊特典がプレゼントされる

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードに入会後、年間で合計150万円以上カードを利用し、翌年もカードの利用を継続すると、無料宿泊特典がプレゼントされます。

交換レート35,000ポイント分までの1泊1室分ですが、カードを利用して獲得したポイントと無料宿泊特典を合算し、最大50,000ポイントまで無料宿泊と交換することが可能です。

ただし、無料宿泊特典を使えるのはカード会員だけとなっています。
プレゼントすることはできませんので、ご注意ください。

家族カードを無料で1枚作れる

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードの年会費は23,100円(税込)で、家族カードの年会費は11,550円(税込)となっています。

無料宿泊特典がつくことを考えるとこれだけでも十分にお得ですが、なんと家族カードの1枚目は無料

カード会員に向けて用意された特典やサービスの多くを家族カード会員も無料で楽しめるので、非常に喜ばれています。

なお、家族カードを利用した際のポイントは基本カードに集約されるため、さらに上位ランクの会員資格を取得したい、無料宿泊特典を得たいという人にとってもメリットが大きいです。

アメリカン・エキスプレス・カードならではの特典の数々

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードには、アメリカン・エキスプレス・カードならではの数々の特典がついています。

例えば、最大3,000万円の海外旅行損害保険や最大2,000万円の国内旅行損害保険が付帯しています。

他にも購入後の商品の破損や盗難を年間最高200万円まで補償してくれる「ショッピング・プロテクション」や、インターネット上の不正利用をしてくれる「オンライン・プロテクション」も付帯。

さらに、国内外29空港の空港ラウンジを利用できる特典もあるなど、旅行や買い物を楽しみたいという人には非常に大きなメリットと言えるでしょう。

次の項目では、高位カードのMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード、前身であったSPGアメリカン・エキスプレス・カードの特典を比較し、特徴を紹介します。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード、SPGアメリカン・エキスプレス・カードの3枚にはどのような差があるのでしょうか。

ここでは、3枚のカードを比較することで、それぞれの特徴を確かめていきます。

SPGアメリカン・エキスプレス・カードMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
年会費
(税込)
本会員:34,100円
家族会員:17,050円
本会員:23,100円
家族会員:11,550円
※家族カード1枚目無料

本会員:49,500円

家族会員:24,750円
※家族カード1枚目無料

ステータスゴールド会員シルバー会員ゴールド会員
ポイント還元率100円→3ポイント100円→2ポイント100円→3ポイント
対象ホテルへの宿泊100円→6ポイント100円→4ポイント100円→6ポイント
上位ランクのカード利用実績なし年間100万円以上利用年間400万円以上利用
無料宿泊特典無条件で付帯年間150万円以上で付帯年間150万円以上で付帯
付帯保険海外旅行傷害:最高1億円
国内旅行傷害:最高5,000万円
海外旅行傷害::最高3,000万円
国内旅行傷害:最高2,000万円
海外旅行傷害:最高1億円 
国内旅行傷害:最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円最高200万円最高500万円
スマホ保険なしなし最高3万円

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードは、より手軽にMarriott Bonvoyのロイヤリティプログラムの特典を堪能できるようにと誕生したカードです。

年会費が3万円を切り、家族カードが1枚無料というお手頃さと、年間利用100万円以上でさらなるエリートランクを取得できるお得感が大きな特徴です。

その一方で、かつてのSPGアメリカン・エキスプレス・カードには無条件で付帯されていた無料宿泊特典に年間150万円以上という条件がつきました

ただし、もともとカードの年間利用が150万円以上あるなら、無料宿泊券に加えて、ゴールド会員への道が開けるカードでもあります。

では、Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードはどんな人におすすめなのでしょうか。
次の項目で解説します。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:23,100円(税込)
2年目以降:23,100円(税込)
ポイント還元率2.0%~4.0%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePay
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.6%~1.3%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント

注目ポイント

  • 条件達成で無料宿泊特典プレゼント!
  • Marriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格が付与される!
  • 家族カードの年会費が1枚無料!
  • 毎年継続のたびに5泊の宿泊実績プレゼント!
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能!
新規入会&カード利用で最大16,000ポイントプレゼント!
公式サイトへ

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードはコストと特典のバランスを重視する人におすすめ

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードは手ごろな年会費にもかかわらず、旅行や買い物に関するさまざまな特典が用意されています。

日ごろのカード利用で100円あたり2ポイントが付与、系列のホテルへの宿泊であれば100円あたり4ポイントに増加します。

もちろん家族カード分もポイントが合算されるため、ポイントをどんどんお得に貯められるでしょう。

また、入会だけでエリート会員の資格を取得できるだけでなく、年間150万円以上の利用で無料宿泊特典も付帯するなど、さまざまな特典を得ることができます。

コストと特典のバランスがよいので、「さほど無理せずロイヤリティプログラムの特典を得たい」「お得感満載の旅を満喫したい」という人にぴったりのカードといえるでしょう。

岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】

こんな人におすすめ

年間150万円以上利用する人なら
「ゴールドエリート資格」と「無料宿泊特典」ともついてくるので安心して使えます。

マリオット系ホテルの利用が多い人
毎年100万円ちょっと使って「ゴールドエリート資格」だけ得て、部屋のアップグレードやレイトチェックアウトをフルに使っている人もあるそうです。
安い年会費でマリオットの様々な特典を満喫しようという人です。

ホテルだけでなくマイルを貯めている人にもおすすめです。
マイルの交換レートがANAカード、JALカードより高いので、マイルでお得になります。

次の項目では、Marriott Bonvoyのロイヤリティプログラムについて詳しく見ていきます。

世界的に有名なホテルのロイヤリティプログラム「Marriott Bonvoy」

世界的に有名なホテルが名を連ねるロイヤリティプログラム「Marriott Bonvoy」。

このロイヤリティプログラムがどういうものかよくわからないという人に向けて、その特徴を以下の4つのポイントから紐解いていきます。

Marriott Bonvoyは1.5億人以上の会員を有するロイヤリティプログラム

Marriott Bonvoyは、「よい旅を」を意味する言葉で、ロイヤリティプログラムとしての信念は、「旅が世界の人々を豊かにし、世界を豊かにする力を持っている」というもの。

プログラムを生み出したのは世界最大のホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」で、2019年2月13日がその誕生日です。

世界の133ヵ国で展開し、1.5億人以上の会員を有する巨大なグループとなったのは、それぞれの国の有名ホテルに割引価格で宿泊できたり、客室を無料でアップグレードできたりするといった特典が喜ばれているからでしょう。

Marriott Bonvoyの入会費・年会費は無料

世界的に有名なホテルが名を連ねているロイヤリティプログラムにも関わらず、その敷居が低いのもMarriott Bonvoyの特徴です。

入会資格・申込資格は特に定められておらず、入会金や年会費などもすべて無料です。

誰でも気軽に申し込むことができ、その特典を享受できます。

申し込む際は、インターネットや加盟ホテルのフロントなどで手続きが可能です。

ただし、より多くの特典を得られるエリート会員になるには、Marriott Bonvoyの加盟ホテルの宿泊数など、一定の条件をクリアする必要があるので注意しましょう。

Marriott Bonvoyには世界的に有名なホテルも名を連ねている

Marriott Bonvoyにはザ・リッツ・カールトンホテルやシェラトンホテル、マリオットホテル、ウェスティンホテル、エレメントホテルといった世界でも有名な7,600軒以上のホテルが加盟しています。

Marriott Bonvoyに加入して、これらのホテルを利用すると、利用料金100円あたり4ポイントが還元されます。

高額な宿泊料金がかかるホテルだからこそ、その料金分のポイントをしっかり還元してもらえるのはうれしいところ。

また、有名ホテルならではのさまざまなサービスをロイヤリティプログラムの特典として受け取れたりするのも大きなメリットです。

Marriott Bonvoy会員はポイントを無料宿泊券と交換可能

Marriott Bonvoyの会員になると、宿泊やカード利用で貯めたポイントを無料宿泊券と交換することができます

世界中のロイヤリティプログラム加盟ホテルで、お金を支払うことなく宿泊できるとあって、非常に人気です。

また、ポイントで4泊分を交換すると、5泊目が無料になるという特典も用意されています。

ただし、宿泊するホテルごとに、無料宿泊券に交換できるポイント数が異なる点には注意が必要です。

加盟ホテルは1〜8の階級に区別されており、それに準じて必要なポイントが変化します。

また、オフピークやピークといった時期でも必要ポイントが変動するので、交換の際はチェックを忘れないようにしてください。

次の項目では、Marriott Bonvoyの会員特典にどのようなものがあるか、会員ランクにはどのような条件が定められているかを見ていきます。

知っておきたいMarriott Bonvoyの会員特典と条件

Marriott Bonvoyには、入会するだけで利用できる数多くの会員特典があります。

会員ランクに応じて、どの特典をどれだけ利用できるかが定められているのがMarriott Bonvoyの大きな特徴です。

ここでは、6つ用意されている会員ランクとその概要を確認しつつ、シルバーランク・ゴールドランクの特典について詳しく紹介します。

Marriott Bonvoy会員に用意された多くの特典

Marriott Bonvoyには、会員割引価格による宿泊の他、数多くの会員特典が用意されており自身の会員ランクに応じて特典を受けることができます。

いくつか特典を例示すると、

  • 客室のアップグレード
  • 安心の完全予約保証やアプリを使った簡単チェックイン
  • レイトチェックアウト
  • 無料Wi-Fi
  • ウェルカムギフトのサービスや希望のルームタイプの確保
  • エグゼクティブ・ラウンジの利用

などが用意されています。

さらに、 年間チョイス特典を家族や知人にプレゼントすることも可能。

旅行好きにはたまらないラインナップとなっています。

会員ランクは6種類

Marriott Bonvoyは、会員ランクによってサービス内容や範囲が異なります。

用意されている会員ランクは、

  • 通常会員
  • シルバーエリート
  • ゴールドエリート
  • プラチナエリート
  • チタンエリート
  • アンバサダーエリート

の6つ。

加盟ホテルへ年間10泊以上が条件のシルバーエリート以上となると、さらに充実したサービスを実感できるでしょう。

Marriott Bonvoyの加盟ホテルでよりよいサービスを満喫したいなら、より高いランクの会員になることを目指すのがおすすめ。

まずは、年間10泊以上のシルバーエリート、年間25泊以上のゴールドエリートを視野に入れましょう。

シルバーランク・ゴールドランクの特典内容をチェック

比較的条件を達成しやすいシルバーランクとゴールドランクですが、そのサービスの差は歴然としています。

ここでは、シルバーエリートとゴールドエリートのサービス内容を紹介します。

まず、宿泊でつくボーナスポイントの割合は、シルバーエリートが10%であるのに対して、ゴールドエリートは25%とかなりの差があります

客室の無料アップグレードも、ゴールドエリート以上の特典。

レイトチェックアウトはシルバーエリートでも可能ですが、14時まで延長できるのはゴールドエリートからの特典になっています。

Marriott Bonvoyのエリート会員になるための簡単なルート

Marriott Bonvoyの通常会員から、シルバーエリートやゴールドエリートといったエリート会員になるためには、年間10泊以上の宿泊という条件を満たす必要があります。

「旅行は好きだけれど休みがさほどとれない」「たまにとれる安くだからこそ極上のホテルで過ごしたい」という人にとって、エリート会員になるための最も簡単なルートは、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードを作ること。

カードを作るだけで、エリート会員の資格が無条件で付与されるからです。

また、年間100万円以上カードを利用すれば、年間25泊以上という条件を達成しなくてもゴールドエリートの資格を取得できます。

次の項目では、Marriott Bonvoyのポイントプログラムの概要と利用方法について解説します。

Marriott Bonvoyのポイントプログラム

同じようにお金を使うなら、その分のポイントはしっかり獲得したいもの。

ここでは、Marriott Bonvoyのポイントを獲得する方法やランクに応じたボーナスポイントの概要、ポイントの活用方法などについて解説します。

Marriott Bonvoyのポイントを獲得する4つの方法

Marriott Bonvoyのポイントプログラムでは、以下の4つの方法でポイントを獲得できます。

ポイントを獲得する方法

  1. Marriott Bonvoyの加盟ホテルやレストランなどを利用してのポイント還元
  2. 普段のカード利用でのポイント還元
  3. ポイントの直接購入
  4. アメックスカードのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード・プログラム」からポイントを移行

加盟ホテルやレストランでの利用だけでなく、普段の買い物でも高い還元率でポイントが貯まるのは非常にお得と言えるでしょう。

会員ランクに応じて上がるボーナスポイント

Marriott Bonvoyの会員になると、加盟ホテルやレストラン利用時に貯まるポイントの還元率が会員ランクに応じて上がる「ボーナスポイント」を獲得できます

ボーナスポイントがつくのは、シルバーエリート以上のエリート会員のみ

会員ランクに応じて、以下のようにボーナスポイントの割合がどんどん跳ね上がります。

会員ランクによるボーナスポイントの割合

  • シルバーエリート:プラス10%
  • ゴールドエリート:プラス25%
  • プラチナエリート:プラス50%
  • チタンエリート:プラス75%
  • アンバサダーエリート:プラス75%

ただし、加盟ホテルに宿泊せずレストランだけを利用した場合は、ボーナスポイントが付与されません。

宿泊したうえでレストランを利用した場合は、レストランの代金が部屋づけとなり、ボーナスポイントを獲得できるようになっています。

ポイントはさまざまなシーンで活用できる

Marriott Bonvoyのポイントは、さまざまなシーンで活用できます。

世界中に展開するMarriott Bonvoyの加盟ホテルで無料宿泊と交換したり、宿泊料金の一部・客室のアップグレード料として利用できたりするのはもちろん、主要航空会社(44社)のマイレージプログラムに移行して、旅行の交通費として利用することも可能です。

マイル交換に際しては、3ポイント=1マイルのレートが主ですが、3ポイント=1.1マイルのユナイテッド航空などもあります。

また、有名アーティストやスポーツ選手との交流イベントなどへポイントを利用して参加する機会も用意されています。

次の項目では、よりお得にポイントを獲得できるゴールドエリート会員になるための方法を紹介します。

Marriott Bonvoyのゴールド会員になる方法

Marriott Bonvoyのゴールド会員になるのはなかなか難しそうだと感じるかもしれませんが、実はそうでもありません。

正攻法である宿泊数の条件だけを見れば敷居は確かに高いのですが、以下に紹介する方法なら、比較的簡単にゴールドエリートの資格を獲得できます。

年間100万円以上Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードを利用する

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードに入会すると、シルバーエリートの資格が自動的に付与されます。

さらにカードを年間100万円以上利用すれば、ポイント獲得率がより上がるゴールドエリートの資格を取得可能

年間宿泊数の条件を満たさなくても、カード利用実績だけで名のしれた高級ホテルを利用しやすくなったり、無料でアップグレードしてもらえる機会が増えたりなど、無料宿泊の特典を獲得できるのです。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの会員になる

さらに簡単にゴールドエリートの資格を手に入れる方法は、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの会員になること。
入会するだけでゴールドエリートの会員資格が付与されます。

年会費が49,500円(税込)とMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの2倍以上になりますが、入会後すぐゴールドエリートの特典を享受可能。

加盟ホテルでの利用で25%のボーナスポイントを獲得できるため、よくホテルを利用する人や出張などの機会が多い人にとっては非常にお得です。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:23,100円(税込)
2年目以降:23,100円(税込)
ポイント還元率2.0%~4.0%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePay
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.6%~1.3%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント

注目ポイント

  • 条件達成で無料宿泊特典プレゼント!
  • Marriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格が付与される!
  • 家族カードの年会費が1枚無料!
  • 毎年継続のたびに5泊の宿泊実績プレゼント!
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能!
新規入会&カード利用で最大16,000ポイントプレゼント!
公式サイトへ

まとめ

この記事ではMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの概要や、入会することで得られる特典などについて紹介しました。

カードを作るだけでMarriott Bonvoyのシルバーエリートの資格が自動的に付与されたり、ボーナスポイントを獲得できたりするのは大きなメリットです。

無料宿泊特典を得るためには年間140万円のカード利用が条件ですが、普段の買い物である程度まとまった金額を支払っていけば、さほど高いハードルとはなりません。

また、年間100万円の利用でゴールドエリートの資格に自動的に昇格されることも、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードへの入会をおすすめする理由です。

「旅行が好きで、よりラグジュアリーなホテルを利用したい」
「ホテル滞在の機会をより楽しみたい」
「日ごろの買い物を旅行の機会につなげたい」

という人は、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードへの入会をご検討ください。