Operated by Ateam Inc.

イーデス

横浜銀行マイカーローンを徹底解説!WEB完結可能で低金利が魅力

最終更新日:

横浜銀行マイカーローンを徹底解説!WEB完結可能で低金利が魅力
マイカーローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

全国トップの地方銀行として不動の地位を誇る横浜銀行。

そんな横浜銀行の提供するマイカーローンを利用して車を購入したいと考える人も多いでしょう。

こちらの記事では、以下について、プロがわかりやすく解説していきます。

  • 横浜銀行のマイカーローンはどのようなローン商品か
  • 横浜銀行マイカーローンの申込~借入までの流れ

ぜひ最後までお読みいただき、あこがれのマイカーを手に入れるヒントをつかんでくださいね。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

横浜銀行のマイカーローンは、金利の低さで好評を得ています。銀行系のマイカーローンの中では最低水準といえるのではないでしょうか。利用できるエリアが限られているのが残念ですが、提供可能エリアに居住地もしくは勤務地がある人なら、ぜひ候補の1つに挙げておきましょう。また、WEB完結を取り入れていますので、来店不要で申込みから契約までの流れを終えることができます。WEB契約を選択することで借入時の振込手数料が無料となりますので、その特典を利用しない手はないでしょう。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

横浜銀行マイカーローンは、一般的なカードローンと比べて金利が実際かなり低めに設定されています。従って、審査は厳しいと言えます。しかし、審査が厳しくても、収入が安定していて返済に問題がなければ、審査は間違いなく通ります。金利が低いことは魅力的なので、挑戦する価値は十分あるかと思います。

気になる内容をタップ

横浜銀行マイカーローンを申し込めない人

最初に横浜銀行マイカーローンに申込できないパターンを確認しておきましょう。

申込条件に合っているかを最初にチェックしておくことで、読み進めた後に申込できないことに気付いた…といったことを避けることができます。

横浜銀行公式サイトのマイカーローン商品概要説明書には「ご利用になれる方」として、以下のように明記しています。

  • お借入時点の年齢が満18歳以上で、最終ご返済時の年齢が満70歳未満の方
  • 安定継続した収入のある個人の方
  • 保証会社(横浜信用保証株式会社または株式会社ジャックス)の保証が受けられる方
  • 原則、次の地域に居住またはお勤めの方
    ・神奈川県:全域
    ・東京都:全域(一部地域を除く)
    ・群馬県:前橋市、高崎市、桐生市、みどり市

※外国籍の方の場合、永住権をお持ちの方

※引用元:横浜銀行マイカーローン公式サイト

上記の内容から、利用できないパターンを整理すると以下の通りです。

  • 借入をする時点で18歳未満の場合
  • 借入をする時点で、69歳に達している場合(借入期間が最低でも1年以上のため)
  • 毎月の安定した収入がない場合(短期・単発アルバイト、学生はNG)
  • 他社の借入を延滞したことがあるなど、信用情報に問題がある場合
  • 居住地・勤務地が申込可能なエリア外の場合
  • 外国籍で、永住権を持っていない場合

以上の内容に問題がなければ、とりあえず申込を断られることはありません。

しかし実際に融資を受けるには、審査に通過する必要がある点は留意しておきましょう。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
横浜銀行はさまざまなローン商品を提供していますが、提供エリアを限定している点が特徴です。ただ、指定されたエリアに居住先もしくは勤務先が該当していれば大丈夫なので、居住地が提供エリア内になくても勤務地が適用エリア内にあれば、申し込めます。2022年からの成人年齢引き下げにいち早く対応し、18歳からでも申し込めるようになっているところも注目すべきといえるでしょう。

新井 智美さん

新井さん

横浜銀行マイカーローンとは

横浜銀行マイカーローンは、全国トップの地方銀行である横浜銀行が提供する、自動車関連費用専用の個人ローンです。

WEB契約なら、申込から契約までネットで完結可能で、日頃忙しい人でも無理なく利用できるのが大きな特徴です。

地方銀行や信用金庫などの地域金融機関のマイカーローンは「窓口への来店」が必要なことが多いですから、横浜銀行マイカーローンのWEB完結は要注目なのです。

資金使途

「マイカーローン」という名前のイメージから、「新車購入」にしか利用できないと思われる人が多いです。

しかし実際には「中古車購入」はもちろん、「バイク購入」「車検」など、自動車関係の幅広いお金の使いみちに対応できます。

横浜銀行公式サイトには、以下の使いみちに対応できる旨が明記されています。

横浜銀行マイカーローンの使いみち

  1. 新車・中古車(乗用車、オートバイ)の購入資金
  2. 車購入時の諸費用・カーアクセサリー費用(1.の借り入れと同時のみ)
    ※購入車両が乗用車の場合20万円以内、オートバイの場合:10万円以内で口座に入金されます。
    ※カーアクセサリー購入資金単独の借り入れは「横浜銀行ライフサポートローン」を利用してください。
  3. 車検・定期点検・修理費用、保険費用
  4. 車庫・電気自動車充電設備の設置費
    ※他の工事費用が含まれる場合は「横浜銀行リフォームローン」を利用してください。
  5. 他社自動車購入資金ローン(残価設定型ローンの残価部分を含む)の借換資金
    ※残存返済期間1年未満の借り入れや、ローンの対象とする車が売却済の場合は不可
    ※自動車運転免許取得資金の借り入れは、「横浜銀行ライフサポートローン」を利用してください。

※横浜銀行公式サイトマイカーローン商品概要説明書より抜粋

ちなみに車の修理や保険、さらには車と同時購入のオプション費用などへも対応できるのは意外と知られていないポイントです。

またフリーローンやカードローンよりも低金利のため、横浜銀行マイカーローンならお得に借入できます。

低金利でおすすめのマイカーローンについてはこちらでも紹介しているので、ご参考にしてください。

購入者の所有権(名義)

ローンを組んで車を購入した場合「ローン完済までは所有権がない」もしくは「車を担保に取られる」といったように思われる人も多いようです。

結論から言えば、横浜銀行マイカーローンで車を購入した場合、最初から所有権は購入者本人にあります。

そのためローン返済中であっても車を売却したり、買い替えたりするのは自由です。

ちなみにディーラーローンでは基本的に所有権はディーラー名義となり、ローン完済後に購入者へ名義変更という形になります。

そのため車の売却は自由にできませんし、買い替えの際にも手続きが複雑となる可能性があるので注意が必要なのです。

土日祝に審査を申込む場合

横浜銀行マイカーローンは窓口ではなく、ネット申込が基本となっています。

そのため原則、土日祝であっても24時間いつでも申込手続きは可能です。

ただし公式サイトの案内によれば「休日等をはさむ場合やお申込内容により、審査結果の回答に時間がかかる場合があります」とされています。

土日祝日に申し込みをする場合には、「最短○日」の案内よりも数日程度長めに審査期間を見積もっておいたほうが良いでしょう。

保証会社は2社

横浜銀行マイカーローンの審査は、保証会社が2社あるという点は見逃せません。

銀行の個人ローンの大半で保証会社の利用が前提となるのですが、保証会社の保証審査がローン審査を大きく左右するのです。保証会社が保証してくれないことには銀行は融資できませんが、保証が取れたなら銀行審査もOKとなる可能性がかなり高くなります。

横浜銀行マイカーローンでは、この保証会社が「横浜信用保証株式会社」と「株式会社ジャックス」の2社あります。

2社のうち、どちらか一方でも保証OKとなればよいわけですから、利用者にとってはWチャンスがあるわけですね。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
横浜銀行マイカーローンの特徴としては、まず申込みから契約までネットで手続きが完了できる、WEB完結であることです。また資金使途は、車検、修理、保険、カーアクセサリー購入と幅広く対応しています。マイカーローンで車を購入した場合、最初から所有権は購入者にあることも大きな特徴です。

塚越さん

塚越さん

横浜銀行マイカーローン審査の流れ

こちらでは横浜銀行マイカーローンの審査の流れを簡単に確認しましょう。

WEB完結を利用したい場合には、インターネットバンキング契約を同時申込しておくテクニックを利用するとスムーズです。

横浜銀行マイカーローンの審査の流れ

  1. STEP.1

    WEBで仮審査申込

    運転免許証を持っている場合は番号の入力が必要となります。

  2. STEP.2

    仮審査結果の連絡・正式審査必要書類の提出

    必要書類は仮審査結果のメールにて連絡されます。

  3. STEP.3

    正式審査結果の連絡・「お借入内容入力」手続き

    正式審査結果のメールに記載されたURLから、「お借入内容入力」の手続きをおこないます。

  4. STEP.4

    契約手続き

    〈はまぎん〉マイダイレクト(インターネットバンキング)で契約手続きをおこないます。
    初回利用登録が済んでいない場合は、初回利用登録からおこないます。

  5. STEP.5

    借入

    横浜銀行の普通預金口座に振込融資されると同時に、支払先へ銀行が振込手続きをしてくれます。

WEB完結を利用したい場合には、申し込みと同時にインターネットバンキングの利用登録をしておくテクニックを利用するとスムーズです。

公式サイトでも推奨している方法ですから、必ず押さえるようにしてくださいね。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
審査はまず仮審査から行われますが、仮審査の結果は最短即日に分かります。また、横浜銀行のマイカーローンを契約するにあたり、横浜銀行のインターネットバンキングの利用が必要になりますが、仮審査の時点では口座を持っていなくても申し込めるため、とりあえず申し込み、その後、ネットで口座を開設することで、手続きがスムーズに行えます。

新井 智美さん

新井さん

1.仮審査結果は最短即日回答!

横浜銀行マイカーローンの仮審査結果は最短即日回答となります。

本審査~契約~融資まではそこから6~9日程度です。

ディーラーローンなどと比べると長い期間が必要ですから支払日から逆算して、極力余裕を持って申込しましょう。

なお仮審査の結果は3カ月間有効です。

そのため借入までに2~3カ月時間がある場合でも、とりあえず仮審査を受けておくことも可能です。

横浜銀行マイカーローンの審査は厳しい?

銀行ローン商品では具体的な審査基準を明らかにしていません。

審査ノウハウは各銀行の企業秘密のため、外部から調べることはできないのです。

ただし一般的にローン審査の厳しさは、金利の高さによってある程度つかむことができます。

難しい説明は省きますが、基本的に金利が高いほど審査は甘く、反対に低くなるほどに審査が厳しくなる傾向です。

横浜銀行マイカーローンは、一般的なフリーローンやカードローンなどと比較して、かなり低金利に設定されています。そのため審査は厳しめの傾向にあることは否定できません。

ただし審査が厳しいと言っても、極端に厳しいことは決してありません。

収入が安定していて返済に不安がなく、かつ信用情報に問題がなければ審査通過の可能性はかなり高いと言えます。

審査結果は最短即日(仮審査回答)にわかりますから、低金利の横浜銀行マイカーローンの審査に思い切ってチャレンジするのも良い選択ではないでしょうか。

2.正式審査に必要な書類の提出

正式審査時には、以下の必要書類を提出します。

必ず提出する書類
本人確認書類下記のうちからいずれか1点
・運転免許証
・マイナンバーカード(表面のみ)
・住民基本台帳カード(顔写真つきのもの)
・住民票の写し(6カ月以内に発行され、本籍およびマイナンバーの記載のないもの)
・在留カード(永住権の記載があるもの)
・特別永住者証明書
使いみちを確認できる書類

・見積書や注文書など

・支払済み分の領収書

銀行から依頼があった場合に提出する書類
収入を確認できる書類・源泉徴収票
・給与明細
・確定申告書
借り換えでの申込時にのみ必要となる書類
借り換え対象ローンの内容がわかる書類・借り換え対象ローンの返済予定表(金融機関に発行を依頼してください)
・過去6カ月以上の返済状況がわかる書類(通帳・預金明細など)
・借り換え対象となる車の車検証

3.契約手続き

正式審査に無事通過できたならば、次に契約手続きに進みます。

契約は「WEB」「窓口」のいずれかで行います。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
契約については、できればWEB契約を利用することをおすすめします。来店の必要がないだけでなく、印紙代および振込手数料が不要となるからです。WEB契約の際に必要となる口座開設も、アプリを利用すれば最短翌営業日に口座開設が終了するため、ネットでの手続きが不安、画像のアップロードのやり方がわからないなどの理由がない限り、WEB契約を選ぶようにしましょう。

新井 智美さん

新井さん

以下に契約方法ごとのメリット&デメリットをまとめましたので、あなたに最適な方法を選んで契約するようにしてください。

契約方法メリットデメリット
WEB・窓口に来店する手間がなく、時間を節約できる
・土日祝日でも原則、契約はOK
・インターネットバンキング契約がないと利用できない
窓口・融資担当者に相談しながら契約できる・店頭窓口の営業時間内しか契約できない(土日祝日および12/31~1/3は休み)
・案内された店舗へ予約の上、申込本人の来店が必須

※窓口契約時には銀行届出印も必要となります。

なお契約時にも本人確認書類などの提出が必要なので注意してください。

4.借入

横浜銀行マイカーローンの借入は、銀行が購入先へ振込手続きすることで行われます。

簡単に流れを説明すると以下のとおりです。

  1. STEP.1

    マイカーローンの融資実行

  2. STEP.2

    本人名義の口座へ融資金が入金される

  3. STEP.3

    入金とほぼ同時に銀行が購入先に振込

※借り換えの場合は借り換え元の金融機関へ振込
※窓口契約の場合には振込手数料が必要です

マイカーローンの借り換えについては、こちらの記事をご参考にしてください。


融資されたお金は口座にいったん入金されますが、融資されたお金を引き出すことはできません。銀行が即座に借入先に振込してしまうためです。

この方法なら融資金を他に流用される心配がほとんどないので、多くの銀行や個人ローンで「購入先への振込」を条件にしています。

契約~借入時にかかる手数料

横浜銀行マイカーローンを借入して、通常利用している場合に必要な手数料は3,300円(税込)の「融資時の取扱手数料」となります。それ以外に借入の一部もしくは全額返済するときなど、いくつかの取り扱い時に別途手数料の支払いが必要となります。

以下に手数料を一覧でまとめましたので、あらかじめ確認しておきましょう。

手数料の種類手数料金額備考
融資時の取扱手数料3,300円融資実行時に一度だけ発生
その他 状況に応じて必要となる手数料
一部繰上返済手数料5,500円約定返済とは別に、借入の一部を返済するときに支払う手数料
※スマホアプリ「はまぎん365」・〈はまぎん〉マイダイレクトで手続きをする場合は無料
条件変更手数料毎月返済額の軽減などの条件変更を、銀行に依頼して承諾された場合に支払う手数料
全額繰上返済手数料11,000円一度に全額完済する場合に支払う手数料
※スマホアプリ「はまぎん365」・〈はまぎん〉マイダイレクトで手続きをする場合は無料

上記手数料は消費税10%込みの料金表示です

横浜銀行マイカーローン

横浜銀行マイカーローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最大1,000万円※最短即日(仮審査回答)最短7日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年0.9%~2.4%(変動金利)--

限度額:使いみちが「車検・定期点検・修理費用、保険費用」と「車庫・電気自動車充電設備の設置費」の場合は10万円以上500万円以内

おすすめポイント

  • WEB契約なら来店不要!
  • 中古車、新車、借り換えも同一金利!
  • 仮審査結果は最短即日回答!

在籍確認

ローンの借入で、勤務先への在籍確認の電話が気になる方は多いかもしれません。

横浜銀行マイカーローンで在籍確認の電話が実施されるのか不安に感じる人もいるでしょう。

結論から言ってしまえば在籍確認の電話が実際に行われるかは「銀行もしくは保証会社の判断となるため申込してみないとわからない」ということになります。

基本的に「在籍確認はある」と思っていたほうが良いのですが、以下のような場合には省略される可能性もないわけではありません。

在籍確認省略可能性のある要素省略される可能性がある理由
横浜銀行で給与振込を利用中安定収入があることが確実に把握できるため
横浜銀行で別のローンを返済中すでに別ローンで信用を確認できているため
借入が比較的少額少額の融資なら、銀行や保証会社のリスクが小さいため

なお上記の理由があっても確実に在籍確認が省略されるわけではありません。

どうしても心配な場合には、申込前か申込直後に電話で相談しておくと良いでしょう。

審査結果がなかなか来ない…対処法は?

横浜銀行マイカーローンの仮審査の結果は最短即日にメールで届きます。

仮審査結果メールが届かない場合は以下の対処法をチェックしてみてください。

  • 迷惑メールフォルダを確認

なお正式審査の結果連絡が来るまでは、6日~20日かかります。

特に土日祝日の申込の場合や、審査が混み合っている場合には時間がかかりがちです。

上記の期間を過ぎてなお連絡が来ない場合には、ダイレクトローンプラザか取引支店に電話で問い合わせるようにしましょう。

▼マイカーローンの審査について詳しくはこちらの記事をチェック

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
横浜銀行マイカーローンから融資されたお金は、申込み者の口座へ入金されますが、すぐに銀行が車の購入先、あるいは借り換え元の金融機関へ振込みますので、手元にお金は残りません。この方法であれば、間違いなく購入代金は支払われ、借り換えは実行されるので、流用されず安心です。

塚越さん

塚越さん

横浜銀行マイカーローン借入後の返済

横浜銀行マイカーローンの返済方法は元利均等返済で、1年~10年の返済期間を設定可能です。

6カ月ごとのボーナス時返済を併用可能で、借入金額の50%または25%をボーナス払いとして毎月の返済額を少なくすることもできます。

繰り上げ返済

横浜銀行マイカーローンで一部繰り上げ返済する場合には、5,500円(税込)の手数料がかかります。

ただしスマホアプリ「はまぎん365」・〈はまぎん〉マイダイレクトで手続きする場合は無料です。

横浜銀行マイカーローン借入後のシミュレーション

こちらでは200万円を借入した場合の返済シミュレーションをチェックしてみましょう。

良くあるパターンとして借入期間は5年、ボーナス併用25%を設定してみました。

借入条件
借入金額200万円
適用金利年2.4%
借入期間5年(60カ月)
ボーナス併用25%
返済シミュレーション結果
毎月返済額26,554円
ボーナス時返済額79,913円
支払合計2,126,830円

※借入日等によって金額は若干変わります。正確な金額は返済予定表などでご確認ください
※変動金利のため、金利が見直された場合には返済額が変更となる場合があります

横浜銀行マイカーローン

横浜銀行マイカーローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最大1,000万円※最短即日(仮審査回答)最短7日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年0.9%~2.4%(変動金利)--

限度額:使いみちが「車検・定期点検・修理費用、保険費用」と「車庫・電気自動車充電設備の設置費」の場合は10万円以上500万円以内

おすすめポイント

  • WEB契約なら来店不要!
  • 中古車、新車、借り換えも同一金利!
  • 仮審査結果は最短即日回答!

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
横浜銀行マイカーローンの返済方法は、元利均等返済ですが、家計を見直して余裕資金を捻出し、どんどん繰り上げ返済をしましょう。インターネットバンキングで繰り上げ返済をすれば、手数料もかかりません。繰り上げ返済で返済期間を短縮することが、早い完済への近道です。

塚越さん

塚越さん

まとめ

こちらの記事では横浜銀行マイカーローンについて詳しく説明してきました。

最後にもう一度、大切なポイントを振り返っておきましょう。

ここまでのおさらい

  • 横浜銀行マイカーローンはWEB完結可能(要インターネットバンキング契約)
  • 審査が特別厳しいということはなく、安定収入があれば審査通過の見込みはアリ
  • 融資は口座へ入金と同時に銀行が購入先へ振込(現金の引き出し不可)

これらのことを理解していただいたことで、横浜銀行マイカーローンをスムーズかつ適切に利用できるようになるでしょう。

低金利を活かしてお得にマイカーをゲットしてくださいね。

本記事の執筆者について

武藤英次さん

武藤英次 / 美樹ライティングオフィス 代表

成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務等を幅広く担当。
2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

マイカーローンの関連記事

人気マイカーローンランキング

横浜銀行マイカーローン

  • 実質年利:年0.9%~2.4%(変動金利)
  • 利用限度額:最大1,000万円※
  • 審査時間:最短即日(仮審査回答)

三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン

  • 実質年利:変動年1.5%~年2.45%※
  • 利用限度額:1,000万円
  • 審査時間:最短翌々営業日
  • 横浜銀行マイカーローン限度額:使いみちが「車検・定期点検・修理費用、保険費用」と「車庫・電気自動車充電設備の設置費」の場合は10万円以上500万円以内
  • 三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン※据置タイプは金利が異なります。三菱UFJ銀行の住宅ローンを利用中なら年0.2%が引き下げられます。
  • 損保ジャパン ジャパンダ・ネットマイカーローン※通常ローン。エコカー割は年1.4%~3.85%。環境配慮車(電気自動車、水素自動車等の燃料電池車、ハイブリッド車)を購入する方が対象
  • Facebook
  • x
  • LINE