Operated by Ateam Inc.

イーデス

三井住友カード(NL)と楽天カードはどっちがお得?徹底比較してわかった結論をわかりやすく解説

最終更新日:

三井住友カード(NL)と楽天カードはどっちがお得?徹底比較してわかった結論をわかりやすく解説
三井住友カード(NL)
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

三井住友カード(NL)楽天カード、それぞれの特徴を理解しないと自分に合ったカードを選ぶのは難しいですよね。

本記事では、三井住友カード(NL)と楽天カードがおすすめの人の特徴と、カードごとの機能の違いを解説します。特徴や違いを詳しく比較検討することで、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことができます。

この記事を読んでわかること

  • 三井住友カード(NL)と楽天カードがおすすめの人の特徴が分かる
  • 三井住友カード(NL)と楽天カードの特徴の違いが分かる
  • 三井住友カード(NL)と楽天カードのうち、どちらが自分に適しているかが分かる

気になる内容をタップ

三井住友カード(NL)と楽天カードはどっちがお得?

結論からいえば、どちらがおすすめかという答えを一概に出すことはできません。クレジットカードに対する使い方や求めている機能は人それぞれであり、二者択一にはできないためです。

とはいえ、自分はどちらが適しているかを知りたい人に向けて、どちらがどのような人におすすめなのかを解説していきます。ご自身の状況に合わせて、確認してみましょう。

三井住友カード(NL)がおすすめの人

三井住友カード(NL)の券面
年会費初年度:永年無料
2年目以降:永年無料
ポイント還元率0.5%~7%(※1)
国際ブランド
  • visa
  • master_card
電子マネー
  • visaTouch
  • applePay
  • googlePay
  • id
  • pitapa
  • waon
発行スピード最短10秒(※2)
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費初年度:無料
2年目以降:550円(税込)(※3)
ETCカード発行期間2週間程度
マイル還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名Vポイント
締め日・支払日15日締め・翌月10日支払/月末締め・翌月26日支払 ※選択可能
申し込み条件満18歳以上の方(高校生は除く)

注目ポイント

  • 24時間対応!最短10秒でカード番号発行(※2)
  • 年会費永年無料!
  • 対象のコンビニ・飲食店などでスマホのタッチ決済するとポイント最大7%還元!(※1)
  • 新規入会と条件達成で5,000円分プレゼント!(2024/6/30まで)
  • セキュリティ対策のカード両面番号レス!
《入会特典》新規入会&条件達成で5,000円分プレゼント!(2024/6/30まで)
公式サイトへ
  • 1
    ポイント還元率に関する注釈
    最大7%ポイント還元:ポイント還元率は通常のポイント分を含みます。
    スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済での支払いが対象です。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外となります。
    商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
    一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払いただく場合があります。 その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、了承ください。
    上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用される店舗によって異なる場合があります。
    ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • 2 即時発行ができない場合があります。
  • 3 前年度に1回以上ETC利用の請求があれば翌年度無料

三井住友カード(NL)がおすすめの人は、次のような特徴がある人です。

  • 早めにクレジットカードが欲しい人
  • 手厚い付帯保険を求めている人
  • 貯まったポイントを別のポイントに変換したい人

三井住友カードは、最短10秒※で発行されるナンバーレスのクレジットカードです。カード自体が届くまでは、先に発行されるカード番号で決済ができます。すぐにクレジットカードを作りたいという人には、おすすめできる1枚です。

また、年会費が無料でありながら、さまざまな付帯保険が備わっているのも特徴といえます。クレジットカードをお守りとして使うこともできるため、旅行やショッピングを気兼ねなく楽しみたい人におすすめです。

そんな三井住友カード(NL)で貯まるVポイントは、さまざまなポイントに変換可能です。1ポイント=1円として使うこともできるため、柔軟な使い方ができるでしょう。

※即日発行できない場合もあります

楽天カードがおすすめの人

楽天カードの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • american_express
電子マネー
  • visaTouch
  • edy
発行スピード約1週間~10日前後
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費550円(税込)
ETCカード発行期間申し込みから通常約2週間
マイル還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント
締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
必要書類■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

注目ポイント

  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場の買い物はいつでもポイント3倍!
    ※特典進呈には上限や条件があります
  • 電子マネー「Edy」搭載カード
  • トラブルに対応した安心機能が充実
公式サイトへ

一方の楽天カードがおすすめの人は、以下の特徴に該当する人です。

  • クレジットカード初心者
  • 楽天経済圏を頻繁に利用する人
  • 基本還元率が高いカードを探している人

楽天カードは、良くも悪くも機能が必要最低限に収まっています。そのため、はじめてのクレジットカードとして保有する人も少なくありません。楽天には上位カードも存在しているため、クレヒスを積んでランクアップを狙うこともできます。

また、楽天系サービス(通称 楽天経済圏)での決済が多い人であれば、基本よりも高いパーセンテージで楽天ポイントが優遇還元されます。そのため楽天経済圏を頻繁に利用する人であれば、さらに楽天がおすすめになります。

なによりも、デフォルトの状態でもポイント還元率が高く、ポイントを貯めやすいのが楽天カードの特徴でもあります。カード初心者だけではなく、ポイ活で楽天ポイントを貯めている人にとっても、使いやすく便利な1枚です。

三井住友カード(NL)と楽天カードの2枚持ちもおすすめ

クレジットカードごとに提供する付帯サービスや機能が異なるため、なかなか1枚に絞れない人もいるでしょう。そんな時に検討するべきなのは、クレジットカードは2枚持ちです。

何となく想定外にしがちですが、大前提としてクレジットカードは2枚持ちをしても問題ありません。組み合わせによっては、2枚持ちの方がより良いとこ取りになることもあります。

三井住友カード(NL)と楽天カードについても、組み合わせて使うことで相乗効果を発揮するカードです。

たとえば、楽天市場などの楽天系サービスでの買い物は楽天カードで、コンビニやマクドナルドなどの会計では三井住友カード(NL)で行えば、効率良くポイントが貯まります。また、三井住友カード(NL)で貯まるVポイントの交換先には楽天ポイントも含まれるため、より無駄なくポイントを貯められるでしょう。

他にも、2枚持ちだからこそお得度が高くなる組み合せがあります。詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

【項目別】三井住友カード(NL)と楽天カードを徹底比較

ここからは、三井住友カード(NL)と楽天カードの詳細を比較していきます。基本情報だけではわからないことも含め、双方の強みを詳しく解説します。

券面のデザイン

三井住友カード(NL)新デザイン

(引用元
三井住友カード

三井住友カード(NL)では、3種類のデザインが採用されています。基本カラーのグリーンとシルバー、そしてオーロラです。オーロラは2023年3月に追加されたばかりのデザインですが、いずれもシンプルで飽きの来ないデザインをしています。ナンバーレスであるため、表面にナンバーの印字はありません。

楽天カードの2色

(引用元
楽天カード

楽天カードは、ベーシックなシルバーの券面が有名ですが、それ以外にもいくつかのバリエーションが存在しています。選択する国際ブランドによって選べるデザインが異なり、キャラクターやスポーツ選手などが用意されています。お気に入りの1枚があればそれを選択することも可能です。

デザイン性という面では、楽天カードのほうがバリエーションに富んでいます。しかし、老若男女問わず使いやすいのは、三井住友カード(NL)の券面デザインでしょう。カードの機能に差はないため、基本的には好みによる選択となります。

申し込み条件

三井住友カード(NL)と楽天カードの申し込み条件は、両者ともほぼ同じです。

三井住友カード(NL)満18歳以上の方(高校生は除く)
楽天カード楽天会員に登録済み、かつ18歳以上(高校生不可)の本人または配偶者に安定した収入がある方

どちらも18歳以上であれば申し込み資格があることになります。ただし、楽天カードの場合は安定した収入があること、楽天会員であることの二つが条件として求められます。とはいえ、門戸が広いクレジットカードであることに変わりはないため、18歳以上で申し込み可能です。

会員登録もメールアドレスがあれば簡単にできるため、申し込み条件での有利・不利はないと考えて良いでしょう。

年会費

三井住友カード(NL)と楽天カードの年会費は、どちらも永年無料で違いはありません。どちらのカードもクレジットカード初心者に向けて発行されているカードであるため、年会費などの制約を設けていないのです。

今後、会員規約の変更などで、年会費が設定される可能性もゼロではありません。しかし、2024年3月現在では、双方とも維持費なしで持てるクレジットカードです。

ポイント還元率

三井住友カード(NL)と楽天カードは、ともにポイントが貯まりやすいカードとして有名です。そのポイント還元率は、それぞれ以下のとおりです。

三井住友カード(NL)
0.5%~7%(※1)
楽天カード
1.0%~3.0%

※1
最大7%ポイント還元:ポイント還元率は通常のポイント分を含みます。
スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済での支払いが対象。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外。
商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払う場合があります。 その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、了承ください。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用される店舗によって異なる場合があります。
ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

三井住友カード(NL)は、対象のコンビニや飲食店でスマホのタッチ決済を行うことで、ポイントが最大7%還元されます。対象となっているコンビニや飲食店は非常に多く、日常生活でタッチ決済を利用するだけでもポイントがザクザク貯まっていきます。

楽天カードは、普段の買い物では1%の還元率で、ベースとなる割合では三井住友カード(NL)より高めです。しかし、ポイント還元率が高くなるのは提携店舗での決済や、楽天系サービスのみです。ポイントアッププログラム期間を除いて、最大でも3%であるため、純粋な貯めやすさや還元率では、三井住友カード(NL)になります。

国際ブランド

世界中共通で利用できる国際ブランドでは、次のような違いがあります。

三井住友カード(NL)
  • visa
  • master_card
楽天カード
1.0%~3.0%

VisaとMastercardの二つを取り扱っている三井住友カード(NL)に対し、楽天カードはこれらに加えてJCBとアメリカン・エキスプレスも選択できます

世界シェア1位を誇るVISAが双方で選択できるため、海外旅行などでも使えます。もし、他のクレジットカードと違う国際ブランドを持ちたいのであれば、選択肢が多い楽天カードを選びましょう。

家族カード

三井住友カード(NL)と楽天カードでは、発行できる家族カードの枚数が以下のように異なっています。

三井住友カード(NL)本カード1枚につき家族の人数分まで
楽天カード本カード1枚につき2枚まで

三井住友カード(NL)では、高校生を除く18歳以上の生計を同じくする家族の人数分、家族カードを発行できます。家族カード会員になれる条件は、楽天カードも同様ですが、生計を同じくする配偶者や両親などの18歳以上(高校生を除く)となっています。

一家の家計管理を簡素化したいのであれば、三井住友カード(NL)のほうが良いでしょう。ポイントも貯まるため、家族そろってポイ活することもできます。

ETCカード

三井住友カード(NL)と楽天カードでは、どちらもETCカードの発行ができます。ただし、どちらも年会費として550円(税込)がかかるため、あまり高速道路を利用しない人にとっては、そもそも発行しようかどうか悩むレベルの話です。

もし前年度の1回でもETC利用があれば、三井住友カード(NL)は翌年度の年会費が無料になります。

また、楽天カードは楽天PointClubの会員ランクがプラチナ会員またはダイヤモンド会員の方なら、初年度や次年度以降の年会費が無料となります。

保険・補償

どちらも年会費無料の、比較的初心者向けのクレジットカードですが、実は保険・補償については三井住友カード(NL)が非常に優秀です。詳細は以下のとおりです。



三井住友カード(NL)楽天カード
海外旅行傷害保険最大2,000万円最大2,000万円
国内旅行傷害保険--
ショッピング保険--
紛失・盗難補償--
航空便遅延補償--
その他選べる無料保険-

どちらも基本的な保険・補償の内容は同じですが、三井住友カード(NL)には「選べる無料保険」と呼ばれるサービスが付帯しています。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて始まった仕組みで、以下の7つの中から好きな保険へと無料で切り替えができるサービスです。

  • ゴルフ安心プラン(ゴルファー保険)
  • 弁護士安心プラン(弁護士保険)
  • スマホ安心プラン(動産総合保険)
  • 日常生活安心プラン(個人賠償責任保険)
  • ケガ安心プラン(交通事故限定の入院保険)
  • 持ち物安心プラン(携行品損害保険)
  • 旅行安心プラン(海外・国内旅行傷害保険)

初期設定では「旅行安心プラン」ですが、ライフスタイルや用途にあわせて保険の内容を変更できます。クレジットカードの保険に柔軟性があるという少し変わった仕組みですが、旅行はあまりしないという人にとって、非常にありがたいサービスです。

ライフスタイルに沿った保険・補償をつけたいのであれば、三井住友カード(NL)を選択しましょう。

まとめ

三井住友カード(NL)と楽天カードは、どちらもポイント還元率が高い初心者向けクレジットカードとして有名です。しかし、詳細を見ていくと、それ以外にも検討すべきポイントがあります。クレジットカードを持つにあたって、本記事を参考にどのような違いがあるのかを理解し、自分に適した1枚を持つようにしましょう。

あえて2枚持ちという選択をして、日常生活をお得に過ごすという方法もあります。慣れるまでは大変かもしれませんが、使い分けをすることで、1枚持ちよりも2枚持ちしたほうが良い場合もあります。

三井住友カード(NL)と楽天カードも使い分けて真価を発揮する可能性もあるでしょう。2枚持ちも検討しつつ、自分に適したカードはどちらかを判断してください。

三井住友カード(NL)の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE