【多機能が魅力】Tカード プラス(SMBCモビット next)とは?その特徴やメリットを徹底解説

ナビナビ
SMBCモビットTカードプラス

2022-06-14

三井住友カードが発行するTカード プラス(SMBCモビット next)は、複数機能が1枚にまとまったカードです。

モビットカードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能が付帯することからさまざまなシーンでの活躍が期待できますが、カードの基本的な詳細を知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回はTカード プラス(SMBCモビット next)について、以下の内容でまとめています。

この記事で紹介する内容!

記事を通してTカード プラス(SMBCモビット next)がどんなカードなのかを理解して、スムーズな申し込みにつなげてください。

菊地崇仁

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。
【専門家の解説】

現在はTカード プラスも年会費無料で発行できるため、SMBCモビットやカードローンを考えていない人にはメリットのないカードでしょう。
カード申込時も、SMBCモビットの申し込み(会員の場合は不要)が必要です。

SMBCモビットを利用している場合ローンカードクレジットカードTカード3つの機能が付帯しているため3枚のカードを別々に持つ必要がなく、便利に使えます

Mastercardブランドのため、Apple Payへの登録でもアプリ決済やネット決済でも利用できるのが便利です。

ただし、他のTカード プラスよりもポイントが多く貯まる訳でもなく、Tカードの機能としても一般的なTカードですので、カードローンが必要かどうかをよく見極める必要があります。

Tカード プラス(SMBCモビット next)
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率0.5%
国際ブランド
    master_card
電子マネー
    applePaygooglePayid
発行スピード約1週間
限度額10万円~80万円
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険
ポイント名Tポイント

注目ポイント

  • 3つの機能を兼ね揃えた多機能型カード!
  • キャッシングも利用可能!
  • Tポイントがオトクに貯まる!
  • 電子マネー機能も充実!
  • 年会費永年無料!
公式サイトへ
菊地崇仁さん
菊地崇仁さん

株式会社ポイ探 代表取締役

2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。
約100枚のクレジットカードを保有、年間約150万円の年会費を支払われている、まさにクレジットカードの専門家。
一般カードからプラチナカードまで幅広い層のカードを実際に保有・利用し、日々様々なメディアにて、使った人にしか分からない信用できる情報提供を行われています。所有されているすべてのカードを月に1度は必ず利用しながら、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究されているそうです。

目次

Tカード プラス(SMBCモビット next)は3つの機能が1枚に集約したカード

Tカード プラス(SMBCモビット next)には、

  1. カードローン
  2. クレジットカード
  3. ポイントカード・電子マネー

機能が1枚のカードにまとめられています

最初にそれぞれの機能について詳しく解説していきましょう。

機能1:カードローン

Tカード プラス(SMBCモビット next)を発行することでSMBCモビットのカードローンを利用できます。

振込キャッシングや全国の提携ATMで借り入れや返済をおこなえるなど、利用方法もSMBCモビットと変わりありません。

利用限度額は最大800万円、金利は年3.0~18.0%となっています。

機能2:クレジットカード

Tカード プラス(SMBCモビット next)はSMBCモビットの機能以外に、国内外のマスターカード加盟店での買い物に利用できます。

また、クレジットカード決済をすると利用金額に応じてTポイントが貯まるので、普段の買い物に食事、毎月の公共料金の支払いなどに利用すれば効率良くTポイントが貯まるでしょう。

機能3:ポイントカード・電子マネー

Tポイント提携店で会計時にTカード プラス(SMBCモビット next)を提示すると、利用金額に応じたTポイントが貯まります。
もちろん、Tポイントの利用も可能です。

そのほかにもTポイント提携店でTカード プラス(SMBCモビット next)を使えば、カードの支払い金額分とTカード分のそれぞれでTポイントを獲得できるのでお得です。

利用200円ごとに1Tポイントが貯まるため、還元率は0.5%となります。

ただし、SMBCモビットのカードローン利用分はポイント付与対象外です。

さらにTカード プラス(SMBCモビット next)は、電子マネーのTマネーがTカードの付帯機能として利用できます。

Tポイント加盟店の一部でしか利用できないものの、ファミリーマートや蔦屋書店などで利用可能で、対応店舗が全国約20,000店あるので活用機会は存分にあるでしょう。

あらかじめ設定した残高を下回ると一定額をオートチャージしてくれる点も便利です。

次にTカード プラス(SMBCモビット next)を導入するメリットを3つ解説します。

Tカード プラス(SMBCモビット next)を導入する3つのメリット

Tカード プラス(SMBCモビット next)を導入するメリットは以下の3点です。

Tカード プラス(SMBCモビット next)導入のメリット

それぞれのメリットについて、詳しくまとめたのでチェックしていきましょう。

年会費無料で維持コストがかからない

Tカード プラス(SMBCモビット next)の大きなメリットが年会費無料な点です。

クレジットカードの中にも年会費無料のものは多くありますが、初年度のみだったり一定の条件をクリアすることが条件だったりします。

そして、2年目以降は年会費が発生することも珍しくありませんが、Tカード プラス(SMBCモビット next)は永年無料なのでそのような心配がありません。

維持コストがかからないことから、気楽に保有できるでしょう。

カードレスでも利用可能

Tカード プラス(SMBCモビット next)は、スマホアプリと連携することでセブン銀行のATMを利用可能です。

さらにApple Payの登録もできるのでiPhoneユーザーであればカードレス決済も簡単にできます。

外出時にカードを持ち歩く必要もなく、スマホさえあれば買い物やキャッシングなどに使えるので便利です。

利用限度額最高800万円のカードローンが利用できる

SMBCモビットのカードローン利用限度額が最大800万円と高額な点もメリットです。

ただし、利用限度額は審査時に個人の状況によって決定するので必ずしも最大利用限度額が設定されるとはかぎりません。

特にSMBCモビットは総量規制の対象になるため貸金業法で定められた融資制限があります。

総量規制対象の場合、借りられる金額は年収の3分の1を上限に制限されるため、すでに他社で年収の3分の1以上を借りている場合はSMBCモビットを利用できません。

たとえば年収が300万円の方ですと借り入れできる最大金額は100万円までとなります。

この数字だけ見ると少なく感じるかもしれませんが、一般的なクレジットカードのキャッシング機能と比べれば高額の借り入れが実現しやすいでしょう。

メリットだけでなくデメリットも知っておくとよりTカード プラス(SMBCモビット next)を利用しやすくなるはずです。

次にTカード プラス(SMBCモビット next)を導入するデメリットを3つ解説します。

Tカード プラス(SMBCモビット next)を導入する3つのデメリット

Tカード プラス(SMBCモビット next)を導入することによるデメリットが以下の3点です。

Tカード プラス(SMBCモビット next)導入のデメリット

デメリットを前もって知っておけば事前に対処法を考えられるので、しっかりとチェックしておいてください。

そうすることでデメリットも大きなものにならないはずです。

支払先が2社に分かれるので管理の手間がかかる

1枚に複数の機能がまとめられたTカード プラス(SMBCモビット next)ですが、以下のように2社に支払う必要があるので毎月の管理に手間がかかります

  • カードローン利用分の返済:SMBCモビット
  • クレジットカード利用分の返済:三井住友カード

また、返済先が分かれることから、毎月の返済日と返済方法にも違いがあります。

SMBCモビットクレジットカード
返済日毎月5日、15日、25日、月末
のうちのいずれか
15日締め翌10日払
返済方法提携ATM、銀行振込、口座振替口座振替のみ

特にクレジットカードの返済は口座振替のみなので、支払い忘れに気を付けないといけません。

即日発行に対応していない

最短即日発行のカードローンやクレジットカードも多いですが、Tカード プラス(SMBCモビット next)は対応していないので急ぎの方は注意してください。

Tカード プラス(SMBCモビット next)は最短4営業日後の発行となっています。

しかし、週末などの休業日をはさんでしまうとカード発送までの時間がさらにかかるでしょう。

利便性が高い反面、すぐにクレジットカードが欲しいという方には不向きなカードかもしれません。

クレジットカードの初期設定がリボ払いになっている

Tカード プラス(SMBCモビット next)のクレジット機能では、支払い方法の初期設定がリボ払いになったままです。

そのままの状態でクレジットカードを利用して1回払いを申し出たとしても、自動的にリボ払いで処理されてしまいます。

リボ払いは支払う利息の金額も大きいので負担になりがちです。

ただし、Tカード プラス(SMBCモビット next)が手元に届いた時点でリボ払いの設定変更をおこなえば回避可能なので、忘れないようにしてください。

次にTカード プラス(SMBCモビット next)がどんなカードなのかをさらに知るために、基本情報を解説していきます。

Tカード プラス(SMBCモビット next)の基本情報

Tカード プラス(SMBCモビット next)はの基本情報は以下のようになっています。

  • 年会費永年無料
  • 満20歳以上のモビットカード会員が申し込み対象
  • 年間100万円までのお買物安心保険
  • 国際ブランドはMastercard

    また、SMBCモビットの機能とクレジット機能の両方がそろうカードなので、最初にそれぞれの機能についてまとめています。

    SMBCモビットの機能

    SMBCモビットの具体的な機能は以下のとおりです。

    利用限度額1万円~800万円
    金利年3.0%~18.0%
    利用条件満20歳~69歳の方で安定した収入を継続的に得られる方
    融資スピード最短即日
    返済日毎月5日、15日、25日、月末から選択
    担保・保証人不要

    借り入れをしたい場合、提携ATMや振込などの方法で利用できます。

    クレジットカード機能

    Tカード プラス(SMBCモビット next)のクレジットカード機能は以下のとおりです。

    利用限度額
    • 総利用限度枠:10万円~80万円
    • カード利用限度枠(ショッピング):10万円~80万円
    • リボ払い・分割払い利用限度枠:0円~80万円
    国際ブランドMastercard
    年会費永年無料
    利用条件SMBCモビット会員
    支払日毎月15日締め10日払い
    ポイント還元率0.5%
    付帯保険と補償年間100万円までのショッピング補償
    追加可能カードETCカード・三井住友カードiD・Apple Pay

    キャッシング機能はカード発行後に申し込み可能です。

    また、ショッピング補償は国内もしくは海外でリボ払い、3回以上の分割払いを利用した方のみが対象となります。

    年会費永年無料

    すでに解説したようにTカード プラス(SMBCモビット next)の年会費は永年無料で、そのほかにカード発行時の手数料もかかりません。

    SMBCモビットの機能があるので家族カードの発行はできませんが、ETCカードは年1回利用すれば年会費無料になります。

    満20歳以上のモビットカード会員が申し込み対象

    Tカード プラス(SMBCモビット next)に申し込みできる方は満20歳~69歳のSMBCモビット会員のみとなっています。

    一般的なクレジットカードと異なり、あくまでもSMBCモビットを利用していないとTカード プラス(SMBCモビット next)は入手不可です。

    そして、SMBCモビットの審査に通過した方のみ、Tカード プラス(SMBCモビット next)の審査を受けられるようになります。

    新規で申し込む方はもちろん、すでにSMBCモビットを利用している方もTカード プラス(SMBCモビット next)に申し込みが可能です。

    なお、SMBCモビットでは年齢以外に「安定した収入を定期的に得られる方」を申し込み可能条件としています。

    こちらはアルバイト、パート、派遣社員、自営業の方であれば、正社員でなくても問題ありません。

    年間100万円までのお買物安心保険

    Tカード プラス(SMBCモビット next)には、お買い物安心保険が付帯されています。

    年間補償額は最高100万円となり、補償期間は購入日および購入日翌日より90日間で一般的なクレジットカードと同等内容です。

    しかし、補償適用には条件があり、ただTカード プラス(SMBCモビット next)を持っているだけでは補償対象となりません

    国内もしくは海外で国内でのリボ払い、3回以上の分割払いで購入した商品のみ対象で、1回払いで購入した商品には適用されないので注意しましょう。

    国際ブランドはMastercard

    どのクレジットカードにも必ず国際ブランドが付帯しますが、Tカード プラス(SMBCモビット next)に付帯するのはMastercardです。

    世界的なシェア率も高く、国内外のさまざまな加盟店で利用できることから使えなくて困るなどのことはないでしょう。

    他社クレジットカードではVISAにJCBにアメリカン・エキスプレスなどのように、複数の国際ブランドから選択できる場合があります。

    しかし、Tカード プラス(SMBCモビット next)ではMastercard一択でその他の国際ブランドは選べません

    どうしてもその他の国際ブランドでないと困る場合、違うクレジットカードを改めて手に入れるしかないでしょう。

    最後にTカード プラス(SMBCモビット next)がどんな方におすすめできるカードなのかを解説します。

    「導入してみたいけれど自分に使いこなせるかわからない」
    「自分に適したカードなのだろうか」
    と悩む方はぜひ参考にしてください。

    Tカード プラス(SMBCモビット next)はこんな方におすすめ

    カードを持つにあたり、おすすめできる方とそうでない方に分かれますが、Tカード プラス(SMBCモビット next)の場合は以下のような方におすすめしたい1枚です。

    おすすめしたいタイプ

    こちらでは、それぞれの特徴についてまとめています。

    カード1枚に複数機能をまとめたい方

    カードを複数枚持ち歩くのは面倒だし、何がどのカードかわからなくなる、という方に、Tカード プラス(SMBCモビット next)はおすすめです。

    カードローン機能、クレジット機能、Tポイント機能がまとまっていますから、通常3枚になるカードを1枚にできます。

    そうすることで財布が厚くなることも避けられますし、スマホと連携させればカードそのものを持ち歩く機会も減るでしょう。

    また、カード類を紛失すると再発行の手間や手数料もかかりますが、枚数が減るだけそれらのリスクもなくなります。

    ポイントが貯めやすくて維持コストがかからないカードが欲しい方

    ポイントが効率的に貯められて、かつカードの維持コストはかけたくないという方にもTカード プラス(SMBCモビット next)はおすすめです。

    カードを提示して、さらに支払いに使えばTポイントの二重取りができるのでポイントを貯めやすい特徴があります。

    Tポイント対象店で高額商品を購入するのはもちろん、普段からTポイント対象店での利用を心がけていれば、たくさんのTポイントを貯めるのに時間もかからないはずです。

    Tポイント加盟店がどこなのかを常に把握し、そのうえで積極的に利用するのが良いでしょう。

    Tカード プラス(SMBCモビット next)
    年会費初年度:無料
    2年目以降:無料
    ポイント還元率0.5%
    国際ブランド
      master_card
    電子マネー
      applePaygooglePayid
    発行スピード約1週間
    限度額10万円~80万円
    ETC年会費無料
    追加カード

    ETCカード

    家族カード

    マイレージ還元率(最大)
    旅行保険
    ポイント名Tポイント

    注目ポイント

    • 3つの機能を兼ね揃えた多機能型カード!
    • キャッシングも利用可能!
    • Tポイントがオトクに貯まる!
    • 電子マネー機能も充実!
    • 年会費永年無料!
    公式サイトへ

    まとめ

    三井住友カードの発行するTカード プラス(SMBCモビット next)について詳しく解説しました。

    複数機能がまとまっていたり、お得にTポイントが貯められたりするなど魅力の多い1枚なことがわかったかと思います。

    最後に記事の重要なポイントを振り返ってみましょう。

    • カードローン、クレジット、Tポイントの機能が1枚に集約
    • Tカード プラス(SMBCモビット next)の提示と支払いでTポイントの二重取りが可能
    • Tカード プラス(SMBCモビット next)に申込めるのはSMBCモビット会員のみ
    • 年会費永年無料で維持コストがかからないことが魅力
    • カードローン機能とクレジット機能は支払い日と支払い方法が異なる
    • 年間100万円までのお買物安心保険の付帯(適用条件あり)

    利用するのにメリットも大きいですが、デメリットもあります。

    それぞれをしっかりと把握して上手に使いこなすようにすれば、価値のある1枚になるはずです。

    すでにSMBCモビットの会員の方もそうでない方も、ぜひTカード プラス(SMBCモビット next)の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

    関連記事