プロミスWeb完結の流れ・在籍確認・必要書類を徹底解説

プロミスのWEB完結の流れ・在籍確認・必要書類を解説
プロミス

2022-06-14

ネットでどこからでも申込ができ、借入まで行えるプロミスのWeb完結ですが、きちんと契約できるかどうか不安もありますよね。

また、事前に準備をしておかなくてはいけない必要書類や、Web完結の場合の在籍確認も気になります。

この記事では、プロミスのWeb完結申込について詳しく解説しますので、Web完結で確実にお金が借りられるようになります。

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

【専門家の解説】

申し込みから契約手続きまでインターネット上で完結できるWeb完結の申込方法は、カードローン各社が提供しているサービスです。ただ、Web完結といっても、手続きまでスムーズに行うためには、申し込むカードローン会社の条件に沿った事前準備が必要となります。手続きの流れや申し込み条件、さらに必要書類についてもしっかりと理解し、漏れのないように準備したうえで、申し込みを行うようにしましょう。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

プロミスWeb完結の流れ

プロミス
プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円事前審査 最短15秒回答最短30分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~17.8%30日間

※融資時間について:スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※無利息期間について:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短30分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

最初にプロミスWeb完結の契約までの流れを説明します。
まず大まかな流れを確認しておけば、この後に説明する注意点などもスムーズに理解できるようになります。

  1. STEP.1

    プロミスのWEBサイト・スマホアプリから申込み

  2. STEP.2

    申込後、入力したメールアドレスに「書類提出のご案内」という件名のメールが到着

  3. STEP.3

    記載URLから本人確認書類の画像を提出

    (アプリからの送信も可能)

  4. STEP.4

    審査

    (勤務先への在籍確認含む)

  5. STEP.5

    審査結果の通知がメールで到着。
    契約可能額(利用限度額)の記載を確認

  6. STEP.6

    内容に問題なければ契約。
    Web完結の場合はローンカード不要で契約

  7. STEP.7

    契約完了。
    銀行振込にて借入可能

プロミスのWeb完結での注意点は4つ

プロミスのWEB完結での注意点4つ

プロミスのWeb完結申込は、ただWebから申込を行えばいいわけではありません。

申込みをする前に確認をしておくべきことなど、注意しなくてはいけないことが以下の4つあります。

  • Web完結に対応する銀行口座を持っている
  • Web申込み(PC・スマホ)をすること。アプリでもOK
  • 契約時に「口座振替」で返済登録をする
  • 契約時に「カード不要」を選択する

それぞれについて詳しく解説します。

プロミスのWeb完結に対応する銀行口座を持っている

プロミスでWeb完結するためには、本人確認方法を「金融機関口座でかんたん本人確認」または「アプリでかんたん本人確認」のどちらかを選択する必要があります。

「金融機関口座でかんたん本人確認」での契約では口座振替での返済が必須になるので、対応している金融機関の口座が必要です。

「アプリでかんたん本人確認」の契約では、インターネット返済またはスマホATMでの返済となります。返済方法は申込後に変更可能です。

口座振替であればうっかり返済を忘れることがなく、手数料無料も無料なので、Web完結に対応する銀行口座を持っているに越したことはありません。

プロミスWeb完結の対応銀行

プロミスでは、Web完結に対応している金融機関をあらかじめ調べることができます。

多くの金融機関がWeb完結に対応しているので、申込前に利用しようと思っている口座が該当するのか調べてみましょう。

こちらのページから確認可能なので、対応している銀行口座を複数持っている場合は、利用時間など条件面で比較してみてください。

以下は代表的な銀行がプロミスのWeb完結に対応しているかどうか、その対応時間はいつかを調べて表にしたものです。

銀行名Web完結対応利用可能時間
三井住友銀行7:00~24:00
火~土 24時間
日 0:00~21:00
三菱UFJ銀行
(当座預金は×)
24時間
(※毎月第2土曜日21:00~翌日曜日7:00は利用不可)
みずほ銀行月~金 24時間
土 0:00~22:00
日 8:00~24:00
(※毎月第1・第4土曜日3:00~5:00は利用不可)
新生銀行×-
ゆうちょ銀行0:05~23:55
楽天銀行×-
PayPay銀行
(旧ジャパンネット銀行)
×-
セブン銀行
(キャッシュカード保有者のみ、当座預金は×)
24時間
(※毎月第3日曜23:30頃~翌5:30頃は利用不可)
ローソン銀行×-

※2022年1月現在

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
金融機関によってはWeb完結に対応していなかったり、対応にあたっての条件が定められているものもあります。自分の保有している金融機関の口座を確認するとともに、該当する口座がなく、プロミスを継続して利用する予定があるなら、申し込む前のタイミングで対応している金融機関の口座を開設しておくことをおすすめします。その際の金融機関選びには、以下で紹介している返済しやすいところを選ぶことがポイントです。

新井さん

新井さん

プロミスのWeb申込もしくはアプリから申込

プロミスのネット申込には、すべての手続きをWebで完結できる「Webでご契約」だけでなく、審査結果のあと、自動契約機や店頭窓口で契約手続きを行う「来店契約」の2つがあります。

プロミス契約方法

画像引用:プロミス公式サイトより

また、Webで契約を行ったとしても、カードや契約書類を郵送する選択をすると、即日融資は不可能となります。

Web完結で契約するには、契約方法を「WEBでご契約」を選んでから、さらに3つの条件をクリアしなくてはなりません。

審査結果はメールでもらえるように選択を

審査結果の連絡方法は、メールか勤務先へ電話の二択になります。いつでも結果を受け取れるメールを選択しましょう。

プロミス審査結果の連絡方法

画像引用:プロミス公式サイトより

書面の受け取り方法は自動的にWeb明細になる

契約方法を「WEBでご契約」としていると、書面の受け取り方法の欄は以下のような表示となります。枠で囲まれた「プロミスのホームページにて書面(Web明細確認)」をクリックすると色が紺色に変わり、受け取り方法にWeb明細を選択したことになります。

プロミス書面の受取方法

画像引用:プロミス公式サイトより

なお、下記の画像のように郵送の選択肢が表示されている場合は、契約方法の欄で「WEBでご契約」を選択していないことになるので、注意してくださいね。

プロミス書面の受取方法2

画像引用:プロミス公式サイトより

契約時に「口座振替」で返済登録をする

先述しましたが、契約時に「金融機関口座でかんたん本人確認」を選んだ場合は、口座振替で返済登録をする必要があります。

口座振替は、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行であれば返済日を「5・15・25・末日」から選択でき、給料日に合わせて返済日を設定できて便利です。それ以外の金融機関は、毎月5日のみとなります。

なお、PayPay銀行は口座振替はできるもののWeb完結申込では指定できません。もしPayPay銀行を口座振替に指定したい場合は、本人確認方法を「アプリでかんたん本人確認」にするか、契約時はいったん他の銀行で登録するなどして契約後に会員サービスで登録を行いましょう。

どの方法であれ毎月の返済は必要であり、うっかり忘れてしまえば延滞扱いとなってしまいます。口座振替で返済すればそのようなことを防げるので、便利なWeb完結で申込を行うなら最初の段階で返済方法を口座振替とするのがおすすめです。

契約時にカード不要を選択する

契約時にカード不要を選択せず、カードありを選択してしまうと、自宅宛てに契約書類やカードが発送されるようになってしまい、Web完結とはなりません。カードが届くまで借入はできず、即日融資もできなくなってしまうので、特に急ぎでお金が必要な人は注意しましょう。

プロミスでは、カード不要で契約しても後から手数料無料でカードを発行することが可能です。

カードを持つメリットは、振込融資であれば1万円単位のところ、ローンカードを利用すると1,000円単位での借入が可能となります。また三井住友銀行のATMを利用すれば、ATM手数料が無料です。

なお、プロミスのアプリである「アプリローン」をダウンロードしていれば、カード無しでもセブン銀行やローソン銀行のATMから1,000円単位で借入ができます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
最近はあえてローンカードを発行しないカードローン会社が増えています。アプリを利用することで十分に事足りる場合は、他人にカードローンの利用を知られることを防ぐためにも、あえてカードを発行しない方法を選ぶようにしましょう。ただし、スマートフォンが電池切れとなった場合や、通信環境の悪い場所ではアプリを利用できず、借り入れおよび返済ができません。そのような可能性が考えられるのであれば、保障のためにローンカードを発行しておくことをおすすめします。

新井さん

新井さん

プロミスのローンカード発行の手順

プロミスのローンカードを契約後に発行する方法は、以下の3つのいずれかになります。

  1. 自動契約機
  2. 店舗窓口(お客様サービスプラザ)
  3. プロミスコール(0120-24-0365)

自動契約機と店舗窓口の場合、本人確認書類(運転免許証など)を持参する必要があります。カードの発行はWebやメールでは受け付けていません。

発行に対応している時間や発行されるまでの時間は、以下の表の通りです。

カード発行方法対応時間発行までの期間
自動契約機9時~21時
(店舗より営業時間が異なる)
その場で発行
店舗窓口平日10時~18時
※一部店舗にて土日祝日も営業
プロミスコール9時~21時後日カードが郵送
(2~3日)

店舗窓口がある「お客様サービスプラザ」はわずか10店舗ほどしかないため、近所にあるという人のほうが稀です。

また、プロミスコールはカードが郵送されるので、家族にカードローンの契約がバレたくない人はおすすめできません。

自動契約機なら全国各地にあり、誰にも見られずその場でカードの作成ができるので、もっともおすすめの方法と言えます。もし不明点などがあっても、備え付けの電話で質問ができるので安心です。

ATM併設の自動契約コーナー多いので、カードを発行してすぐにお金を引き出せ便利です。

▼プロミスの土日審査についてはこちらで詳しく解説しています。

プロミスWeb完結の必要書類

プロミスのWEB完結に必要な書類

Web完結で必要な書類は、金融機関口座で本人確認をする場合と、アプリで本人確認をする場合で異なります。

それぞれを詳しく見ていきます。

金融機関口座で本人確認する場合

氏名・生年月日・現住所を確認できる書類として、下記のうちいずれか1点が必要です。


  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(2020年2月3日以前に申請し、発行されたもので、住所欄に現住所が記載されているもの)
  • マイナンバーカード (通知カードは不可)
  • 在留カード/特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

上記に記載の住所と現住所が違う場合、以下の書類いずれか1点も併せて必要となり、発行日から6ヶ月以内のものが有効です。

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

アプリで本人確認

本人確認書類として利用できる書類が以下の3つのみと、選択肢が少なくなります。

  • 運転免許証
  • 在留カード
  • マイナンバーカード

上記に記載の住所と現住所が違う場合、こちらも以下の書類いずれか1点が併せて必要となります。

  • 健康保険証
  • パスポート(2020年2月3日以前に申請し、発行されたもので、住所欄に現住所が記載されているもの)
  • 住民基本台帳カード
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

領収書や証明書は、金融機関口座で本人確認の場合と同じく、有効期限は6カ月以内です。

プロミスのWeb完結のメリット

プロミスのWEB完結を利用するメリット

上記でも各項目で少し触れていますが、プロミスのWeb完結のメリットをまとめました。特に大きなメリットとなるのは以下の3点です。

  • 郵送物をなしにできる
  • ローンカードが必要なくスマホで借入や返済ができる
  • 最短30分で即日融資が可能

郵送物をなしにできる

Web完結で申込を行う場合、必要書類は写真を撮ったりスキャナで取り込んだりしてWeb上で提出します。

コピー機はもちろん、郵送するための封筒や切手も必要ないので、他の方法よりもかなり手間が省けます。

契約書類などもWeb発行されるので、借入が発覚しやすい紙の書類や郵送物を無くすことができます。

ローンカードが必要なくスマホで借入や返済ができる

ローンカードも借入がバレたくない人にとっては持ち歩きたくないものです。

プロミスのWeb完結ならローンカードなしの契約になりますが、スマホATM取引の利用でセブン銀行ATMなどでもカードレスで現金の引き出しや返済が可能です。

最短30分で即日融資が可能

プロミスでは最短30分融資を謳っていますが、それはネット申込の場合のみです。

さらにWeb完結で契約まで完了すれば、銀行振込の依頼ができ、最短30分でお金を借りることができるのです。

ただし、Web完結であっても申込の時間によっては融資が翌日になるので、特に審査対応時間が迫る19時以降は注意してください。できる限り早く申し込むのがおすすめです。

▼プロミスを利用するメリットについてはこちらで詳しく解説しています。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
即日融資を受けることができるのは、あくまでも申し込んでから審査が完了し、手続きまで終了した場合です。在籍確認などで審査に時間がかかってしまった場合は、その日のうちに手続きまで行うことができず、即日融資を受けることができません。どうしても即日融資を受けたい場合は、手続きや審査などの時間を逆算し、午前中の早い時間に申し込みを済ませておくようにしましょう。

新井さん

新井さん

プロミスの通常申し込みとWeb完結の違いについて

より具体的にWeb完結申込と、通常の申し込みの違い比べました。

Web完結プロミスの一般的な申込・契約方法
申込方法ネット申込のみ
(PC・スマホ)
ネット・電話・郵送・来店
(自動契約機含む)
申込時間24時間365日対応申込方法により異なる
審査時間最短15秒診断
(本審査は別途必要)
最短30分
融資までの時間最短30分最短60分
審査対応時間9時~21時9時~21時
在籍確認ありあり
ローンカードなし
(後から無料で発行も可能)
あり
本人確認書類画像をアップロード、もしくはアプリから送信画像をアップロード、または書類のコピーを郵送・契約機にて送付
契約書電子書類にて受け取り
(ペーパーレス)
郵送または契約機にて書面で受け取り
即日融資
(※申込時間により不可もある)
郵送物がある場合は不可
利用明細書Web明細郵送もしくはATMにて受け取り

※スマホからの申込&「少ない入力項目で最短15秒回答」で申込した新規契約者のみ。融資上限は50万円まで。

Web完結と他の申込方法でまず大きく異なるのは、審査時間です。スマホからの申込に限られますが、Web完結の場合は最短15秒という早さで借入診断(仮審査)ができます

在籍確認など本格的な審査はその後に行われますが、少ない待ち時間で借入できる可能性の有無が分かるだけでも、ストレスが軽減します。

その後、審査時間内に本審査を通過できれば、カード無しで借入が可能となり、即日融資も実現します。

在籍確認を電話以外にしたい場合

プロミスの審査では、Web完結を選んだとしても基本的に在籍確認は必須です。

ただし、相談によっては代わりの書類を提出することで、勤務先への電話連絡の代わりとしてくれる可能性もあります。

勤務先への電話はどうしても避けたい場合には、申込後すぐにプロミスコール(0120-24-0365)に電話をして事情を説明し、相談してください。

プロミスの在籍確認に関してもっと詳しく知りたい人は「プロミスの在籍確認なしは可能?職場への電話を避けたい人の対処法の記事も参照してください。

プロミスのWeb完結後の借入方法

プロミスのWEB完結後の借入方法

無事審査に通過し、契約できたら次はいよいよ借入です!でも、カードが無いのにどうやってお金を借りるのかイマイチ想像できない人もいますよね。

Web完結の場合、借入方法はスマホやパソコンから振込融資の手続きをするか、セブン銀行やローソン銀行でスマホATM手続きをするかのどちらかです。

それぞれの手続き方法について詳しく解説します。

スマホやパソコンから振込融資の手続き

プロミスの会員サービスにログインし、瞬フリ(振込キャッシング)のメニューから手続きを行います。

振込にかかる手数料が無料というだけでなく、最短10秒程度で指定した口座にお金が振り込まれるスピーディーさも魅力です。

上述したWeb完結に対応している銀行であれば、基本的には10秒ほどで振込が実施されます。

セブン銀行のスマホATM取引を利用

プロミスがCMでアプリローンと言っているのが、セブン銀行やローソン銀行でのATM取引のことです。

コンビニに行けば、基本的には夜間や土日でもすぐに現金で融資を受けることができます。

使い方は簡単で、アプリにログイン後スマホATMを選択し、銀行ATMではスマートフォンでの取引を選択すれば、あとは画面の指示通りに入力していくだけです。

なお、この2021年4月よりセキュリティ面が強化され、スマホのSMSに送られる認証コードを都度入力しなければ、手続きがすすまない仕組みに変わりました。

スマホATM取引の注意点として、どちらの銀行でもATM手数料が1万円以下の利用で110円、1万円超で220円かかります。これは借入・返済のどちらでもかかるので、少額を頻繁に利用するよりは手数料無料の振込融資を受けた方がメリットが大きくなります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
スマホATM取引は便利であることからつい利用しがちですが、1回の利用にかかる手数料を忘れないようにしましょう。少額の手数料でも回数が積み重なると大きな額になります。カードローンを利用する際は、賢く借り、賢く返すという方法を自身で見いだし、実践するようにしてください。

新井さん

新井さん

プロミスのWeb完結後の返済方法

Web完結をする条件として、「金融機関口座で本人確認」を選んだ場合は、返済を口座振替で行わなければなりません。

追加返済はどの方法でも可能で、インターネット返済やスマホATM返済が利用できます。もし利用するなら、手数料無料のインターネット返済がおすすめです。

なお、「アプリでかんたん本人確認」を選んだ場合は、インターネット返済またはスマホATMでの返済のどちらかになります。

プロミスの返済方法に関してもっと詳しく知りたい人は「複雑なプロミスの返済日・返済方法を公式サイトより詳しく解説」を参照してください。

まとめ

プロミスのWeb完結は、スマホやパソコンだけで手続きを完了させることができる便利な申込方法です。

郵送物やローンカードの発行が無く、手続きがすみやかに完了できるので、最短30分の即日融資にも対応しています。

WEBやアプリでの手続きには基本的に手数料がかからず、振込融資である瞬フリもインターネット返済も無料です。現金が必要になれば、最寄りのセブンイレブンやローソンでスマホATM取引が利用できるので、カード無しでも便利に利用できますよ。

申込から借入・返済まですべてスマホ1つでできてしまうプロミスのWeb完結、注意点をおさらいして確実にお金が借りられるように申し込みを行ってください。

プロミスのWeb完結以外の申込方法や、審査に関して詳しく知りたい人は「プロミスの審査から借入・返済までの特徴とは?カードローンの流れと注意点を解説」を参照してください。

本記事の監修者について

新井 智美

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら