Operated by Ateam Inc.

イーデス

レイクの一括返済は端数に注意!しっかりと完済する方法とは?

最終更新日:

レイクの一括返済は端数に注意!しっかりと完済する方法とは?
レイク
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

レイクで借りているお金を、少し生活に余裕が出てきたので一括返済したいと考える人も少なくありません。

カードローンは、借入残高に応じて利息が日割り計算で加算されていきます。早く返せば返すほど支出を減らすことができるので、途中からでも一括返済するメリットは大きいです。

ただ消費者金融などでお金を借りている場合、明細に記載された金額すべてを返済するだけでは一括返済(完済)とはなりません

自分では一括返済で完済したつもりでも、実は端数の返済額が残っていて次月に要求されたり、額によっては返済忘れとして信用情報にキズがついてしまったりすることもあるのです。

そうなる前に、まずは正しい情報を知っておかなければなりません。

レイクの一括返済のやり方を丁寧に説明していきますので、もしこれからレイクでお金を一括返済しようとしている人は、損なくスムーズに完済させることができます。

さらに、レイクでお金を借りようと思っている人も、一括返済のやり方を覚えておくことで安心して利用することができます。ぜひ参考にしてください。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

一括返済をすると当然ながら、翌日以降は1円も利息を支払う必要が無くなります。 つまり一括返済はレイクにおける「究極の支払利息節約法」であるわけです。 レイクに限りませんが、カードローンを利用する際には以下の鉄則を常に意識する必要があります。 ・借りる金額は1円でも少なくする ・借りる期間は1日でも短くする この2点を守るだけで、大幅に支払利息を節約することも可能です。 カードローンはいつでも自由に借入できる特長がありますが「いつでも自由に返済できる」ことが想像以上に大きなメリットであることをぜひ覚えておいて下さい。 明日ではなく「今日」一括返済することで、最大限の節約が可能です。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    レイクで一括返済できる方法は3種類

    レイクの返済方法は全部で5つあります。しかし、すべてで一括返済できるわけではなく、そのうち3つの方法で一括返済が可能となります。

    返済方法一括返済の可否返済可能な金額手数料返済可能時間
    Web
    (インターネット)
    1円単位無料24時間
    SBI新生銀行カードローンATM1,000円単位無料

    平日・土曜日:7時30分~24時
    日曜・祝日:7時30分~22時
    第3日曜:7時30分~20時

    銀行振込1円単位有料※各金融機関による
    提携ATM×1,000円単位有料提携先による
    自動振替
    (口座引落)
    ×1,000円単位無料

    ※SBI新生銀行カードローンATMなら硬貨のお釣りがお支払いできます
    ※銀行振込に関しては、利用している銀行のネットバンク契約等により無料になる場合もあります

    表を見ても分かるように、手数料無料で時間も選ばないWeb(インターネット)返済が最も便利でおすすめの方法です。

    Web返済できない場合は、やはり手数料無料のメリットや硬貨も利用できるSBI新生銀行カードローンATMがおすすめです。

    銀行振込の場合は、1円単位での返済ができますが最大のデメリットとして手数料が発生してしまいます。

    高いところでは880円になり、借入額によってはひと月分の利息より高くついてしまうため、一括返済のメリットが薄くなります。

    コンビニなどの提携ATMは、近くにあって便利なものの残念ながら一括返済には非対応です。

    自動振替(口座引落し)は毎月決まった金額を支払うための返済方法なので、そもそも一括返済はできません。

    もう一点、レイクが他の消費者金融と大きく異なるのが、有人店舗での返済を不可としているところです。

    結論として、一括返済は「Web返済」か「SBI新生銀行カードローンATM」を利用したいところです。一括返済においては返済単位も重要となってくるので、こちらも頭に入れておきましょう。

    なお、それぞれの返済方法に関して詳しく知りたい人は「レイクの返済方法5種類をすべて解説!返済が遅れたときはどうなる?」を参照してください。

    レイク
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年4.5%~18.0%60日間

    ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

    おすすめポイント

    • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
    • 24時間申込みOK!
    • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!

    レイクの一括返済までの手順

    レイクで一括返済する場合、以下のような手順で手続きを進めていきます。まずは簡単な流れからご確認ください。

    1. STEP.1

      返済日を決める

      まず返済日を決めなければ、完済するための額が確定しません。

    2. STEP.2

      返済日当日の借入残高を確認する

      調べた当日ではなく、返済日の借入残高です。

    3. STEP.3

      利息を含めた総返済額を計算する

      利息は日割りで加算されていくので、正確な金額を計算しましょう。

    4. STEP.4

      支払方法を決める

      先ほどお伝えした3つの方法から、最も都合の良い方法を選んでください。

    5. STEP.5

      支払う・完済!

    一括返済の場合、返済する日によって総返済額が変わります。

    確実にこの日に返せるという日を選ばなければ、せっかく計算した返済額とは異なってしまうので、返済日の設定は慎重に行いましょう。

    一括返済は返済日に注意

    ネット上で口コミや経験談を見ていると、カードローンの借入残高を一括返済したのに指定銀行口座から自動引落としがあったという情報を目にすることもあります。

    実は、自動引き落としのシステム上、返済のタイミング次第ではこれが避けられない場合があるのです。

    カードローンの返済には毎月1回、所定の返済日が決められています。口座からの引き落とし自体はこの約定返済日に行われますが、その半月ほど前から引き落とし手続き期間に入ります。

    レイクの場合、約定返済日を毎月14日としている場合は前月25日頃、27日としている場合は10日頃がその期間です。

    手続き期間に入ってしまうと、手続き中の自動引き落とし分はキャンセルできません。

    そのため、この期間に全額返済を行うと完済されていても引き落とされてしまうのです。

    これを避けるためには、約定返済日から2週間後までを目安に一括返済の日を設定する必要があります。

    なお、自動引き落としにより多く返済してしまった場合は、ハガキか電話で連絡がきます。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    レイクの自動引き落としでは「SMBCファイナンスサービス株式会社」と「株式会社アプラス」の2社の代行会社が利用できます。
    この2社では引落日・引落依頼日・引落結果判明日がそれぞれ異なります。
    通帳の出金欄に「SMBC(シンセイF)」または「(シンセイF)自払い」と記載されている場合はSMBC社となり、「AP(シンセイF)」と記載されている場合はアプラス社であると見分けることができます。
    なお、仮に二重引落としされてしまった場合でも返金処理をしてもらえます。
    しかし余分な引落としを避けたいなら、あなたの口座振替の設定をよく確認して一括返済日を調整する必要があります。
    ※不安があるなら、あらかじめレイクへ電話で確認しておくとベストです。

    武藤 英次

    武藤さん

    返済日当日の借入残高は必ず確認を!

    一括返済する時は、まず返済日当日の借入残高を正確に調べなければなりません。

    利息は365日(うるう年は366日)の日割りで計算されるため、1日ごとに返済額は増えていきます。そのため、借入残高は毎日変動していることに注意が必要です。

    例えば、借入残高を確認しやすいものに前回の返済で発行された明細があります。しかし日数が1日でも経過していれば、明細に記載された借入残高はすでに変わってしまっています。

    返済日当日の借入残高を調べる方法

    借入残高を調べる方法は、インターネットやアプリの会員ページから、もしくは電話(フリーダイヤル)にて問い合わせの2通りになります。

    電話での問い合わせは、一括返済の希望日を伝えれば当日の借入残高を簡単に知ることができます。

    金額や返済日を間違えないよう、あらかじめメモが取れるよう準備をしておいてくださいね。

    一方、会員ページではトップページで利用状況を詳しく知ることができますが、借入残高については調べた当日分しか知ることができません。

    返済日当日の借入残高を知るには、適用されている利率(実質年率)から計算する必要があります。

    調べた日から何日後に全額返済するかを計算し、日割りの利息を調べた日の借入残高に足したものが一括返済の金額となります。

    日割りの利息の計算方法は、以下の通りです。

    借入残高×実質年率÷365日(うるう年は366日)

    例えば、借入残高20万円・実質年率18.0%の場合で計算してみましょう。

    20万円×0.18÷365日=98.63円

    借入残高を調べた日から5日後に一括返済するなら、利息は98.63円×5日=493.15円、端数は切り捨てなので493円となります。つまり、返済額の総額は20万493円です。

    会員ページの情報から自分で計算する場合、計算機とカレンダーは必須です。

    また、返済日当日にも会員ページを確認し、金額が正しいかどうか必ず確認するようにしてください。

    ▼レイクでの返済額について詳しくはこちらの記事をチェック

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    SBI新生銀行カードローンATMでの一括返済では、返済の入金は紙幣で行う必要があることは理解しておきたいポイントです。
    SBI新生銀行カードローンATMで、まずは紙幣で完済して、そのお釣りを硬貨で受け取ることになります。
    たとえば極端な例ですが10,001円の残高を完済するには1万1千円を入金して999円のお釣りを受け取る形となるわけです。
    最初から10,001円をピッタリ入金することはできないため、一括返済をするためには11,000円を紙幣で準備しておく必要があります。
    せっかくATMまで出向くのですから、所持金不足で手続き出来ないことのないように、あらかじめ準備しておきましょう。

    武藤 英次

    武藤さん

    レイクの借入残高は1,000円未満の端数に注意

    一括返済は通常の返済とは違い、返済額がちょうど1,000円単位にはなりません。たいていの場合は「4,512円」といった中途半端な金額となります。

    1円単位で返済する方法は限られているので、対処方法は下記の3通りになります。

    1. 1円単位で返済できる方法を使う(最もおすすめ)
    2. 1,000円未満の端数を残して「無利息残高」にする
    3. 多めに返済して「マイナス残高」にする

    1円単位での返済は、Web返済と銀行振込で可能です。金額が合ってさえいれば、これで完済となり面倒な手続きなども発生しません。

    一括返済はできるものの、1,000円単位でしか返済ができないのがSBI新生銀行カードローンATMです。1,000円未満の端数は「無利息残高」になったり、多めに返済すると「マイナス残高」になったりします。

    マイナス残高とは

    例えば、3,500円の借入残高に対して4,000円を返済すると、500円分多く返済したことになります。

    つまり完済した上で、レイクに500円預けていることになります。

    これがいわゆる「マイナス残高」と呼ばれる状態です。1,000円単位でしか一括返済できないのであれば、マイナス残高の状態にすることがおすすめです。

    マイナス残高となった分は、解約するならレイクから返金され、レイクを利用し続けるなら次回の利息分から相殺されることとなります。

    返金の場合には、レイクに電話をして銀行振込を利用することになりますが、大抵の場合は少額のため振込み手数料などで相殺されてしまいます。

    損だと感じる場合もありますが、先述の通り無利息残高の放置のほうがデメリットは大きいです。

    損を出さないようにするには、1円単位で返済可能で振込手数料も無料のWeb返済を利用するようにしましょう。

    レイクの一括返済のメリットとデメリット

    一括返済にはメリットとデメリットがあります。
    自分にとってどちらが大きいのか比較するためにも、その内容を具体的に確認してみましょう。

    一括返済のメリット

    総返済額が少なく抑えられる

    早く返せば返すほど利息が抑えられるので、総返済額が少なくなります。

    例えば、レイクで30万円を借入し、実質年率18.0%・無利息期間30日の条件で、毎月1万2,000円ずつ返済したとします。

    この場合、約定返済のみだと返済回数は31回となり、返済総額は37万379円となります。

    では、10回と20回、それぞれ返済した段階で一括返済した場合、総額はどれほど変わるのでしょうか。表にまとめてみました。

    返済回数返済総額差額
    約定返済のみ37万379円
    約定10回後一括33万4,075円-3万6,304円
    約定20回後一括35万9,622円-1万757円

    実際は日割りで利息が付くので細かい数字は違ってきますが、早ければ早いほど万単位で返済額が少なくなることに変わりはありません。

    手数料が発生しない

    住宅ローンやフリーローンは、一括返済する場合に高額な手数料が発生する場合があります。

    しかしレイクのカードローンの返済では手数料は発生しませんので、損をすることもありません。

    無利息期間中なら利息0円で完済可能

    レイクでは、初回契約の人には無利息期間が用意されています。

    30日間無利息やWeb申し込み限定で60日間無利息、180日間5万円まで無利息などがあり、どちらの場合でも期間中に一括返済してしまえば利息は0円です。

    大手消費者金融の中でも群を抜く無利息期間の長さなので、少額資金を借りたいという人は利用しない手はありません。

    ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の方への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

    返済日に振り回されない

    毎月の返済日までにお金を用意し、忘れず返済しなければと気をもむ必要がなくなります。これだけでも、お金に関するストレスが軽減されます。

    審査に通りやすくなる

    信用情報機関では債務者の返済状況が記録されますが、完済は返済能力があるとみなされ評価が上がります。信用度が上がるので、新たなローンやカードの審査に通りやすいです。

    ライフステージの変化で新しいローンを組む必要が出てきた時などは、一括返済できるのであれば積極的に返済をするようにしてください。

    他社で新たな借入を行う場合に限度額を上げられる

    消費者金融では、貸金業法の総量規制により借入総額が年収の3分の1を超えられないことになっています。

    これにより、現在返済中の消費者金融系カードローンがあると、新たに借入を行う時に利用限度額を下げられてしまいます。

    他社での借入を予定しているのであれば、一括返済で借入0円としてしまった方が希望は通りやすくなるでしょう。

    ただし、一括返済は解約したことにはならないので、レイクでの限度額が自分の年収の3分の1の枠いっぱいであれば、他社の審査に通過するのは難しいです。

    どうしても他社の審査に通過したい場合には、解約(退会)する必要があります。

    一括返済のデメリット

    通常の返済に比べて手間がかかる

    一括返済の場合、返済方法が限られていてコンビニATMなどが利用できません。

    返済総額を確認したり、自分で計算するにしても複雑だったりと、何かと手間がかかるので多忙な人にとっては億劫な作業になる可能性があります。
    また、無理をして一括返済した場合に手元のお金が足りなくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

    レイクの一括返済は完済であって解約ではない

    前の項で少し触れていますが、一括返済は完済であって、カードローンの解約ではありません。

    完済しただけでは借入枠はそのまま残っており、再び利用することもできます。解約すると、借入の権利も失うことになります。

    もし解約後に再びカードローンを利用しようと思うと、再度申込を行い、審査に通過しなければならず、お金をすぐに用立てることができません。

    継続したほうがいいのか、それとも解約したほうがいいのか、自分の状況などを踏まえて考えてみましょう。

    解約をしたほうがいい人

    以下にあてはまる人は、一括返済後にレイクを解約したほうがいいと言えるでしょう。

    他のローンやクレジットに申し込もうと思っている

    解約したということは借入を完済できることの証明でもあり、信用情報でプラスに働く場合があります。他社で借入を検討する場合は、審査が有利になる材料となり得るので、解約のメリットが大きいでしょう。

    必要のないキャッシングはしたくない

    すぐに借入ができる状態にあると、つい気が緩んで利用してしまうこともあります。

    もうキャッシングはしないと決心しているのなら、迷わず解約してください。

    ギャンブル癖のある人

    これまでの借入の原因がギャンブルだった人は、借入できる状態にしておくと返済能力以上に使ってしまう危険性があります。

    どうにもならない状態になる前に、解約して誘惑を封じましょう。

    ▼レイクの解約については、こちらで詳しく解説しています。

    解約をしないほうがいい人

    いざという時にお金を借りられるところを持っていたい人

    無駄遣いに対して自制心が働く人であれば、お守り代わりにそのまま持っておくというのもアリです。

    特に、余剰資金が少なく急な出費に備えたいという人にとっては、安心できる存在です。

    大きな出費を予定している人

    引っ越しや結婚、子どもの誕生といった大きなライフイベントには、大きな出費が付き物です。

    予定よりも出費がかさむ場合もあるので、念のためしばらくは解約しないでいたほうがお金に関するストレスは少なく済みます。

    ▼レイクについてはこちらでまとめて詳しく解説しています。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    仮に一括返済で残高0円にしたとしても、お金をいつでも自由に借りられる権利は残っている状態となります。
    つまり他の金融機関から見ると(たとえ現在は残高0円であっても)借入枠全額の借入があるものとして捉える必要があるのです。
    このように、一括返済だけで解約をしない場合、他のローンの審査に悪影響を及ぼすのは避けられません。
    また銀行は消費者金融での借入履歴をネガティブにとらえる傾向にあるため、将来住宅ローンなどを利用するつもりであれば、極力早く解約して信用情報から消えるのを待つのが得策です。
    ※解約後5年で信用情報からレイクの履歴は消去されます。

    武藤 英次

    武藤さん

    ▼レイクについてはこちらでさらに詳しく解説しています。

    まとめ

    レイクで一括返済する場合のメリットやデメリット、注意点についてお伝えしてきました。

    一括返済の場合は、毎月の約定返済と違って返済方法が限られてしまう点に注意が必要です。

    また、1,000円単位の返済しかできないATMだと、端数まで完済するには多めの金額で返済しなければなりません。

    なるべく無駄な出費を省きたいのであれば、1円単位で返済ができ、手数料もかからないWeb返済がおすすめです。

    返済総額が少なく抑えられるのが最大のメリットである一括返済ですが、無理は禁物です。手元の資金に余裕ができた時に、一括返済しても困らない額が残るのであれば返済を行いましょう。

    また、レイクには最大180日の無利息期間が用意されているので、これから借入を行う人はこちらも上手に活用してくださいね。

    レイク
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年4.5%~18.0%60日間

    ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

    おすすめポイント

    • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
    • 24時間申込みOK!
    • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!

    レイクの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.