Operated by Ateam Inc.

イーデス

レイクの無利息期間サービスは長い&選べるのが魅力!利用条件や金利も比較して紹介

最終更新日:

レイクの無利息期間サービスは長い&選べるのが魅力!利用条件や金利も比較して紹介
レイク
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

レイクで借入れを検討している方の中には、無利息期間サービスに魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。

他社でも同様のサービスを行っていますが、レイクは期間が長いなど、特に条件がいいようにも見えます。

しかしあまりに条件が良いと、実はサイトに書いていないだけで厳しい条件付きだったり、後から高い金利になったりして損してしまうかも……なんて不安も出てきてしまいます。

そこで、レイクの無利息期間について徹底検証していきます。

一見しただけでは分らない、自分がどのサービスだと最もお得になるのか、他社と比べて本当に損しないのかなど、最も利息を抑えてお金を借りることができる方法が分かりますよ。

この記事は「レイク」の無利息期間サービスに関しての内容です。

「SBI新生銀行カードローン エル(旧:新生銀行カードローン エル)ではありませんのでご注意ください。

また、SBI新生銀行カードローン エルには無利息期間サービスはありません。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

無利息期間サービスは、初回契約のみ適用ということをお忘れなく。レイクの30日間無利息サービスは、初回から200万円超で借りる人でないとメリットがありません。そこで、無利息期間サービスを選択するのなら、Web申込み限定の60日間無利息か5万円以下180日間無利息のどちらかを選んだ方が良いでしょう。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

レイクの無利息期間サービスは3種類あり

レイクには、無利息期間サービスが全部で3種類あります。それぞれで条件が違うので、さっそく表で比較してみましょう。

無利息期間30日間60日間180日間
必須条件初回契約限定
申込方法電話・自動契約機Web申込み限定電話・Web・自動契約機
契約額(極度額)1万~500万円まで1万~200万円まで1万~200万円まで
無利息の上限金額なし(借入全額が対象)なし(借入全額が対象)5万円まで
無利息開始日契約日の翌日から
無利息期間中の返済日あり
無利息期間終了後の金利(実質年率)年4.5~18.0%年12.0~18.0%

年12.0~18.0%

5万円超分の貸付金にも適用

※Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

まず、どの無利息期間サービスも初回契約でなければ適用されません。

無利息期間の日数は契約日の翌日からであり、借入日からではない点にも注意が必要です。借入はしたことがないけど契約は以前からしている状態、という人はこのサービスは受けることができません。

60日間無利息期間サービスのみ、パソコンやスマホなどから申込を行うWeb申込限定です。ローンカードをすぐに手元に欲しくて自動契約機を使いたい場合でも、申込だけはWebから行っておくことでサービスが適用されます。

180日間無利息期間サービスは、どの申込方法でも受けられることができるサービスです。5万円までと上限金額が決まっており、それ以上の金額を借りると超過分は金利が発生してしまう点で注意が必要です。

適用できるサービスはどれか1つだけで、併用はできません。事前にどのサービスが一番お得になるのか、事前にシミュレーションをしておくのが賢い方法です。

敢えて30日の無利息期間サービスを選ぶ必要はない

無利息期間終了後の最低金利の低さや、契約額の幅の広さから一見すると条件が良さそうに見えるのが30日間無利息サービスです。

他社でも同様のサービスを行っており、これに関しては他社とほとんど違いが無いといってよいでしょう。

初めての借入れの場合、最初から最低金利に近い金利や、200万円を超える契約限度額で契約できることはほとんどありません。

どうしてもレイクで200万円以上を借りたいという人以外は、敢えて選ぶ必要がないサービスです。

そのため、これ以降の記事ではWeb申込み限定の60日間無利息期間サービスと、180日間のみを比較していきます。

ベストなレイクの無利息期間サービスを選ぶために

選べる無利息期間サービスは細かいところで条件が異なってくるので、借入金額だけでなく返済回数によってもおすすめのサービスが異なります。

先に結論から言うと、5万円以下の借入なら180日間無利息サービス一択です。15万円を超えるなら60日間の方が利息を低く抑えられます。

どちらがお得になるのか分かりやすく表でまとめたものがあるので、こちらで確認してみましょう。

借入金額
5万円10万円15万円以上20万円以上
返済回数1回どちらも同じ60日60日60日
3回180日60日60日60日
6回180日180日60日60日
12回180日180日60日60日
24回180日60日60日

5万円以下なら180日間、15万円以上なら60日間のほうがお得とハッキリわかりますが、10万円の場合は返済計画によってお得なサービスが変わってきます。

180日は5万円までの借入れしかお得感がないイメージがありますが、10万円の返済回数が6回以上、つまり5カ月以上かかるのなら60日間無利息よりお得になります。

180日の無利息期間サービスの適用金額が5万円でも、その金額だけしか借りられないワケではありません。例えば追加の5万円に関しては、通常の利息を支払うことで借りることができます。

つまり、借り入れ金額の10万円のうち5万円分の無利息が180日続くことで、超過分が普通の利息でもトータルでは利息が低く抑えられるのです。

15万円以上を借りるのであれば、60日間の無利息期間サービスが終始お得です。

無利息期間の利息差をシミュレーション

ただ単にこちらがお得と言われても、具体的な数字が見えないと本当かどうか心配ですよね。

そこで、借入金額別に実際どれくらい利息に差が出るのか計算し、表にまとめてみました。

【借入金額5万円の返済回数の返済シミュレーション】

返済回数60日間無利息180日間無利息利息差
1回5万円5万円0円
3回5万236円5万円236円
6回5万1,128円5万円1,128円
12回5万3,060円5万1,097円1,963円
24回

※契約日に借入れを行い、実質年率18.0%、30日ごとに返済した場合の目安
※追加の借入をした場合にはシミュレーションの結果が異なります

【借入金額10万円の返済回数の返済シミュレーション】

返済回数60日間無利息180日間無利息利息差
1回10万円10万739円739円
3回10万473円10万986円513円
6回10万2,256円10万1,500円756円
12回10万6,228円10万4,998円1,230円
24回11万5,418円11万4,340円1,078円

※契約日に借入れを行い、実質年率18.0%、30日ごとに返済した場合の目安 ※追加の借入をした場合にはシミュレーションの結果が異なります ※180日間無利息サービスの適用金額は5万円なので、差額5万円分に利息を適用しています

借入金額10万円の場合は、180日間の無利息期間サービスを利用しても初回から利息が付きます。しかし、それは追加で借り入れている5万円に対しての利息です。

一方、60日間無利息サービスは3回目の返済から10万円に対しての利息が付きます。

そのため、返済回数6回の時に総支払金額は逆転し、180日間の無利息期間サービスの方が支出を抑えることができます。

【借入金額15万円の返済回数の返済シミュレーション】

返済回数60日間無利息180日間無利息利息差
1回15万円15万1,500円1,500円
3回15万705円15万3,014円2,309円
6回15万3,664円15万5,318円1,654円
12回16万290円16万2,287円1,997円
24回17万4,500円17万6,022円1,522円

※契約日に借入れを行い、実質年率18.0%、30日ごとに返済した場合の目安
※追加の借入をした場合にはシミュレーションの結果が異なります
※180日間無利息サービスの適用金額は5万円なので差額10万円分に利息を適用しています

借入金額が15万円になると、返済1回目から60日間無利息期間サービスの方が返済金額を抑えることができます。

【借入金額20万円の返済回数の返済シミュレーション】

返済回数60日間無利息180日間無利息利息差
1回20万円20万2,219円2,219円
3回20万946円20万3,722円2,776円
6回20万4,726円20万6,172円1,446円
12回21万2,460円21万5,036円2,576円
24回23万844円23万2,873円2,029円

※契約日に借入れを行い、実質年率18.0%、30日ごとに返済した場合の目安
※追加の借入をした場合にはシミュレーションの結果が異なります
※180日間無利息サービスの適用金額は5万円なので、差額15万円分に利息を適用しています

借入金額が20万円になると、利息差もかなり大きくなります。

また、返済金額に対してどちらも3万円を超える利息が付いてしまいますので、少しでも余裕が出たら繰り上げ返済をすることをおすすめします。

レイク
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~18.0%60日間

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

おすすめポイント

  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • 24時間申込みOK!
  • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
レイクの無利息期間サービスは、60日間無利息か180日間無利息のどちらを選ぶかの問題になります。掲載されている表を見ると分かるように、借入金額と返済回数でどちらが得か決まります。借入金額5万円までは180日間無利息、15万円以上は60日間無利息を選択し、その間は表を見て判断してください。

塚越さん

塚越さん

当サイトの返済シミュレーターもご活用ください。

借入希望額と返済期間から毎月の返済金額を算出します。

万円
ヶ月
%
あなたの毎月の返済金額予想
0円になると思われます
  • 最終回のご返済金額は端数調整のため多少変動します。
  • 実際のご利用の際は、月の日数の相違などにより、この表の金額とは多少異なる場合があります。
  • このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用してください。

レイクの無利息期間の罠?注意点は3つ

レイクのネット口コミを見ると、

レイク利用者

レイクの無利息期間には罠がある

という書き込みをいくつか見つけることができます。

罠というと、申し込んでから実は高金利だった……のような物騒な話が思い浮かびんでしまい、ちょっと怖そうなイメージさえ付いてしまいます。

実際は、無利息期間サービスについて知識が無かったために、返済が期間内に収まらなかったなどの事情がありました。

後から後悔や損をしないように、内容をよく把握しておきましょう。

無利息期間を利用するうえで、特に気をつけたい3つの注意事項について説明します。

無利息期間中にも返済日があり延滞すると無利息期間が終了

ひとつ勘違いしやすいのは、無利息=返済しなくてよいというわけではないことです。

あくまでその期間の利息が0円になるだけなので、当然ですが月々の決められた返済日は必ず訪れます。

自動引き落としとなっているのであれば、口座残高にさえ気を付ければ問題ありませんが、自分で振込返済を行わなければならない場合は注意しましょう。

レイクでは、毎月の約定返済日を自分の都合で決めることができます。

ただし、無利息期間内にできるだけ多い回数返済したい場合や、支払日まである程度猶予が欲しい場合など、都合によって注意しなくてはならないのが「14日」という日数です。

特に初回の返済日は、自分が設定した返済日がお金を借りた日から14日以内か以上かによって返済日が異なります。

図を用意したので、こちらをまず確認してください。

レイクの初回返済日

9日に借入れを行い、返済日を24日と設定すると、当月の指定日までは14日以上空くことになります。この場合は当月中に初回の支払日を迎えます。

猶予が欲しかった場合でもすぐに支払日がきてしまうので、余裕のない状態で支払いを行わなければならない可能性があります。

では、2日に借入れを行い10日を返済日と設定するとどうでしょうか。

指定日までは14日もないので、初回の支払いは翌月の10日となります。支払日まで1カ月以上の猶予ができるので、返済資金の工面がしやすいですね。

初回返済日にうっかり返済し忘れてしまうと、遅延損害金が発生し、無利息期間もそこで終了です。意図的ではなくても、遅れた分を急いで支払ったとしてもこれは取り消せません。

初回であろうと無利息期間は終了しているので、通常金利で返済を行うことになります。

1回目の返済日は契約書やATMの利用明細、Webの会員ページから確認することができるので、忘れず返済を行いましょう。

レイクの返済日や返済方法に関してもっと詳しく知りたい人は、「レイクの返済方法5種類をすべて解説!返済が遅れたときはどうなる?」を参照してください。

無利息期間が始まるのは「初回契約日の翌日から」

先ほども少し触れましたが、無利息期間は「初回契約日」の翌日から始まります。

これは「初回利用日(初回借入日)」がいつかは関係なく、借入れが無くても契約翌日からサービス期間に突入しています。契約後に日を空けてしまうと、サービスでのお得分をフルで享受することができません。

ちなみに、契約日とは契約手続きがすべて完了した日のことを指します。

審査から日をまたいでしまう場合もありますが、返済日の設定や振込口座の登録、登録内容の確認などが完了した時点で契約となります。

「60日間無利息サービス」はWeb申込み限定じゃないと受けられない

テキスト60日間無利息期間があると思って自動契約機で手続きを進めていたのに、そんな案内は最後まで無かった……。

こんな口コミもよく目にしますが、これは60日間無利息サービスがWeb申込限定だからです。

電話や自動契約機で最初から申込手続きを始めてしまうと、30日間無利息もしくは180日間無利息になってしまいます。

先ほどのシミュレーションを見てみると、10万円以上の借入れでは180日間より60日間の方がお得になる場合が多いです。

申込だけでもWebから行い60日間無利息が適用できる状態で契約に進みましょう。条件はWebでの契約ではなく、Webからの申込というだけなので利用しない手はありません。

なお、レイクの申込方法やWeb完結に関して知りたい人は、下記の記事を参照してください。 

レイク
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~18.0%60日間

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

おすすめポイント

  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • 24時間申込みOK!
  • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
レイクの無利息期間サービスの注意点は3つありますが、特に返済が延滞すると無利息期間サービスが終了してしまうので、要注意です。無利息期間中も返済日はあるので、間違えなく返済をしてください。返済方法は自動引き落としにして、給与口座を指定すれば、返済を忘れるリスクは低減できます。

塚越さん

塚越さん

レイクの無利息期間サービスを他社とも比較してみた

カードローンを扱っている金融業者は多々あり「○日間無利息」という広告もよく見かけます。

全国展開をしている大手金融業者で、無利息期間サービスを行っている金融業者は下記の6社です。

細かい条件の違いなどがあるのか、無利息の期間や条件を一緒に比較してみましょう。

金融業者名無利息期間サービス無利息期間サービスを利用できる条件
プロミス初回借入日の翌日から30日初回申込のみ
アコム契約日の翌日から30日初回申込のみ
アイフル契約日の翌日から30日初回申込のみ
レイク契約日の翌日から30日初回申込のみ
契約限度額は500万円まで
契約日の翌日から60日初回申込のみ
Web申込み限定
契約限度額が200万円まで
契約日の翌日から180日初回申込のみ
契約限度額が200万円まで
最高借入額5万円まで
ノーローン借入日の翌日から1週間完済日の翌月以降に利用した場合は何度でも利用可能
PayPay銀行初回借入日から30日初回申込のみ

※申込時に必要な条件は省略しています

表を見ても分かるように、他社の無利息期間は30日と設定されている場合がほとんどです。他社と差があるのは、「借入日の翌日から」無利息期間に入るプロミスと、長期の無利息期間サービスがあるレイクです。

契約後すぐに借入れを行いたい場合は、無利息サービスにおいてはレイクが最も好条件とも言えます。特別に厳しい条件があるわけではないので、短期で返済したい人にとっては特にメリットが大きいですね。

逆に、とりあえずカードローンを申し込んでおいて、お金が必要になったときの備えにしたいという場合には「プロミス」がいいでしょう。

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

他社の無利息期間サービスに関してもっと詳しく知りたい人は、「カードローンが無利息で借りられる条件とは?無利息期間を徹底比較しおすすめを紹介!」を参照してください。

▼レイクについてはこちらでまとめて詳しく解説しています。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
無利息期間サービスを利用する場合、無利息期間の開始日に注意しましょう。契約日の翌日か、借入日の翌日かで大きな違いになります。レイクの無利息期間は契約日の翌日からなので、契約をしてほっておくと、いざ借りようと思ったら無利息期間が何日も経過して、無利息期間を無駄にすることになるので注意しましょう。

塚越さん

塚越さん

まとめ

レイクの無利息期間サービスは、期間が長くかなりお得に利用できることが分かりました。

60日間無利息はWeb申込限定です。こちらのほうがお得になる可能性が高い、10万円以上の借入れを予定している人は申込だけでもWebから行うのがおすすめです。

無利息期間は契約日の翌日が起算日であることや、初回返済日に気を付けさえすればなんの問題もなくメリットを得ることができます。

無利息期間を選べるのは、大手ではレイクだけです。自分に最適なサービスで、賢く利息を抑えていきましょう。

レイク
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~18.0%60日間

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

おすすめポイント

  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • 24時間申込みOK!
  • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!

レイクの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.