Operated by Ateam Inc.

イーデス

レイクのコンビニATMでの返済や借入について全網羅!SBI新生銀行カードローンATMとの違いも紹介

最終更新日:

レイクのコンビニATMでの返済や借入について全網羅!SBI新生銀行カードローンATMとの違いも紹介
レイク
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

レイクは全国にある“ほとんど”のコンビニATMで借入や返済ができます。

ほとんどとした理由は、大手チェーンのコンビニの中にも、実は利用できないコンビニATMが混ざっていることがあるためです。

自分が普段使っているコンビニでは利用できるかなども、カードローンを利用する際にはあらかじめ確認しておきたいポイントです。

今回は、コンビニATMでレイクのサービスを利用する際に知っておきたいことを隅々まで解説!利用時間やカードなしで利用する方法など、コンビニでレイクを利用する方法がマスターできます

また、同じグループ企業であるSBI新生銀行カードローンATMとの違いについても紹介します。

レイク
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~18.0%60日間

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

おすすめポイント

  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • 24時間申込みOK!
  • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!
飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

レイクのカードローンは、SBI新生銀行のグループ企業のため、SBI新生銀行のカードローンと混同されがちです。結論から言えば、違う企業が提供するカードローンのため、サービスを利用する際には違いがあります。それぞれどのような特徴がるのかを知って、自分にとって使いやすいローンカードを選ぶと良いでしょう。

気になる内容をタップ

レイクのコンビニでできることは返済と借入

レイクのカードローンに申し込み、コンビニATMでできることは返済と借入の2つです。

コンビニは、自宅や職場から徒歩数分内にあることも多く、提携ATMも使い勝手がとても良いのですが、1つ注意点もあります。

借入と返済、どちらの利用時も必ず手数料が発生します。借入れ時に発生する手数料は次回の返済時に清算となり、返済時に発生する手数料は返済とあわせて清算しなければなりません。

手数料の清算は、毎月の返済金額から最優先で充当されます。

もし借入と返済のどちらもコンビニATMを利用した場合、返済時に2回分の手数料の支払いが加算されるので、その分借入残高が多く残ることを覚えておきましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
レイクのローンカードを持っていて便利だなと感じられるのが、コンビニATMと提携しているため、全国どこでも借入・返済の利用できる点にあります。ただ、利用するときには、1万円以内の取引では1回110円、1万円を超える取引では1回220円の手数料がかかってしまいます。レイクには無利息期間などのサービスが充実しているのですが、手数料が発生してしまったら、メリットは薄まってしまいます。提携ATMでの利用は、必要最低限に抑えることが大切です。

飯田道子さん

飯田さん

レイクの自動契約機はATMとは異なることに注意

コンビニや銀行などの提携ATMと、レイクの自動契約機はよく混同されがちですが、できることはまったく異なります。

コンビニATMでは以下の5つの手続きはできません。

  • 申込
  • 契約
  • カード発行
  • 増額申請
  • 暗証番号の変更

申し込みなどはネットを利用して行う人がほとんどです。レイクはWEB完結に対応しているので、契約までネットで行うことができ便利です。

また、増額申請やカード紛失の再発行、暗証番号を忘れたなどの問い合わせも自動契約機で行えますが、こちらもネットで可能です。ネットであれば、その場でスピーディに行えますのでわざわざ行く必要はないでしょう。

つまりレイクの自動契約機を利用する最大のメリットは、借入や返済などにローンカードを利用したい場合です。レイクの自動契約機にて即時発行することができます。

ただ、レイクの自動契約機のある場所を知っておくと便利なことが多くあります。その理由は次で説明します。

レイク自動契約機に隣接するSBI新生銀行カードローンATMが超便利!

レイクはSBI新生銀行カードローンATMを利用することも可能です。

SBI新生銀行は全国に24本支店、3出張所しかないので馴染みがないと思いがちですが、実はレイクの自動契約コーナーでは同じスペースにATMが併設されている場合が多くあります。

SBI新生銀行カードローンATMではレイクの借入や返済ができることはもちろんですが、コンビニATMにはない以下のメリットがあります。

  • 利用手数料無料
  • 一括返済(硬貨の利用可)

コンビニATMの利用は借入でも返済でも110円(税込)が手数料として発生しますが、SBI新生銀行カードローンATMなら夜間・平日問わず無料で利用できます。

また一括返済したい場合も、1円単位まで返済できるのでとても便利です。

利便性の高いコンビニATMと、無駄なコストをかけずに借入や返済ができるSBI新生銀行カードローンATM、それぞれのメリットをうまく使い分けてください。

レイクの店舗の場所を知りたい人は下記より検索可能です。

レイク
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~18.0%60日間

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

おすすめポイント

  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • 24時間申込みOK!
  • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
レイクとSBI新生銀行は同じグループ企業のため、レイクのローンカードでSBI新生銀行カードローンATMを利用することができます。しかも、利用時の手数料は無料です。一括返済にも対応しており、効果の利用も可能になっているため、過不足なく、きっちりと返済できるのは大きなメリットになるのではないでしょうか。

飯田道子さん

飯田さん

レイクのコンビニATMでの返済・借入方法

コンビニATMでのレイクの利用方法は、基本的に銀行の預金や引き出しと同じような流れとなります。

借入の場合の手順を確認してみましょう。

  1. STEP.1

    ATMにローンカードを読み取らせる

  2. STEP.2

    「お引き出し」を選択

  3. STEP.3

    暗証番号を入力

  4. STEP.4

    お引き出し金額に、借入したい金額を入力

  5. STEP.5

    返済方法を選択

  6. STEP.6

    取引内容の確認をし、利用明細・カード・現金を受け取る

返済の場合は、「お引き出し」ではなく「お預入れ」を選び、同様の流れで振込を行ってください。

基本的に画面の案内に沿って手続きをすれば良いだけなので、簡単に借入も返済もできます。

レイクで利用できるコンビニATMごとの詳細

コンビニにあるATMは、そのコンビニが銀行グループになっている場合と、銀行の提携ATMを設置している2つのパターンがあります。

銀行グループになっているコンビニには、セブン銀行のあるセブン-イレブンや、ローソン銀行のあるローソンです。この2つのコンビニは、営業時間が通常とは異なるコンビニではない限り、全国一律で営業時間が決まっています。

注意しなくてはいけないのは、それ以外のコンビニに設置されているイーネットATM(E-net)です。

ファミリーマートやデイリーヤマザキが代表的なコンビニと言えますが、イーネットATMはコンビニの立地などによって、管理している銀行が大手銀行だったり地方銀行だったりバラバラです。

それぞれの銀行の特徴や営業時間、できることを詳しく紹介していきます。

セブン銀行ATMの営業時間・手数料・注意点

セブン銀行では1,000円単位で返済と借入での利用が可能です。

ATMの利用時間や手数料は以下の通りです。

曜日営業時間手数料(税込)
5:00~23:501万円以下:110円
1万円超:220円
火・水・金・土・日0:10~23:50
1:30~23:50
第3日0:10~20:00

※祝日の営業時間は曜日通りです。

セブン-イレブンは基本的に24時間営業ですが、コンビニ内に設置されているセブン銀行ATMは日付が変わる前後10分ずつ、どの曜日でも営業時間外となります。

日曜の23時51分~月曜の朝5時までも営業休止です。

また、第3日曜日はATMが20時までと早めに営業時間が終了し、翌朝まで長時間休止します。

夜間の利用が多い人は、営業時間を確認してから向かいましょう。

借入、または返済できる紙幣枚数は通常50枚までです。返済金額をすべて1,000円札で返済しようと思ったらできなかった……なんて事のないように気を付けてください。

セブン銀行ATMならカードレスでの利用が可能

セブン銀行では、アプリをダウンロードしたスマホさえ持っていれば、スマホATM取引としてカード無しで借入や返済が行えます。

普段は銀行振込みや口座振替を利用している人でも、急ぎで現金が必要になった時に便利です。

カードを読み取らせる代わりに、起動したスマホにATMに表示されたQRコードを読み取らせて、手続きを進めます。

ただし、スマホATM取引では「お借入れ可能額」や「次回ご返済金額」の照会はできないので、こちらは会員ページなどで確認しましょう。

利用手数料は通常の場合と同じで、営業時間は0時10分から開始のところが0時15分からとなります。

通常の利用と比較すると5分だけタイムラグがあるので、日付が変わってすぐにスマホATM取引を使いたい場合は、少しだけ長く待つ必要があります。

ローソン銀行ATMの営業時間・手数料・注意点

ローソン銀行ATMでも同様に1,000円単位での返済と一括返済、借入が可能です。

ローソン銀行ATMの営業時間や手数料は以下の通りです。

曜日営業時間手数料(税込)
5:00~23:501万円以下:110円
1万円超:220円
火・水・金・土・日0:10~23:50
1:30~23:50
第3日0:10~20:00

※祝日の場合、営業時間は曜日通りです。

営業時間や手数料に関しては、セブン銀行と同じです。

ただし、ローソン銀行ATMの場合は午前3時~午前4時の間にシステムメンテナンスが入り、15分ほど利用できない時間帯があります。

深夜に利用する際は、なるべくこの時間帯を避けた方が無難と言えるでしょう。

ローソン銀行ATMでの一括返済に要注意

ローソン銀行ATMはセブン銀行と異なり、一括返済が可能としています。

ただしローソン銀行ATMでは1,000円単位の返済となるため、端数が出ている場合には多めに返済をして、その差額は「預り金」という扱いになります。

預り金がある場合は会員ページで知らされ、サービスメニュー「お預り金の返却」で手続きが必要となります。

上記の手続きを放っておくと、電話や郵送でお預り金があることを連絡される場合があるので、周囲に借入していたことを知られたくない人は要注意です。

イーネットATMの営業時間・手数料・注意点

イーネットATMはさまざまなコンビニに設置されているため、ファミリーマートでの利用を例に説明していきます。

ファミリーマートのATMでは、基本的に返済と一括返済、借入が可能です。

利用手数料(税込)は1万円以下110円、1万円超220円と上記2つのコンビニと同様です。

しかし借入は1万円単位、返済は1,000円単位となる点に注意しましょう。

一括返済についても可能としていますが1,000円単位となるため、ローソン銀行ATMと同じく預かり金が発生することになります。

その他、最大で24時間365日営業としていますが、午前3時~午前5時の間はシステムメンテナンスのために15分ほど利用できない時間帯があります。

また、ATMでの出金は1回あたり20万円までとなっており、それ以上の金額の借入を行いたい場合、取引の都度手数料がかかることも覚えておきましょう。

イーネットATMは時間によって銀行が変わることもある

イーネットATMを管理しているのは、そのエリアの地方銀行であることが多いです。

しかし、地方銀行では24時間のコンビニに対応するのが難しいため、夜だけ管理銀行が都市銀行などに変更される場合があります。

どの銀行が管理しているのかは、ATMなどには記載されていないため、確認方法はレイクのローンカードを差し込んでみる方法が確実です。

レイクのコンビニATM利用をバレたくないならセブン銀行ATM!

どのコンビニも防犯対策やプライバシーの配慮は万全ですが、カードローンの利用が絶対にバレたくない人は、セブン銀行のATMがおすすめです。

もし知人と一緒にコンビニに来店していても、パネルには特殊フィルムを貼り付けているため、斜め横からパネルを読み取ることは不可能です。

見た目には、銀行からお金を引き出しているようにしか見えません。

また、パネルの横にミラーが付いているため、後ろに不審な人が近づいてきた場合には姿が見えるので、安心して操作できます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
コンビニは仕事の合間や通勤・通学の合間に利用する人も多く、コンビニのATMで取引をしてしまったために、同僚や友達にお金を借りていることがバレてしまうことがあります。そこでおすすめなのがセブン銀行のATM。セブンでは斜め横からパネルを読み取ることが不可能ですので、パッと見では、ただお金引き出しているようにしか見えませんし、防犯上も安心です。ただ、財布の出し入れのときに見られてしまったら、ローンカードであることがバレてしまいます。周囲にバレたくないなら、取扱いそのものに気を配ることを忘れないで下さい。

飯田道子さん

飯田さん

レイクでコンビニを使うメリットとデメリット

コンビニATMでレイクを利用する際のメリットとデメリットをまとめました!

メリット

  • 銀行ATMほど探さずに見つかる
  • 土日祝日も借りられる
  • 24時間体制で利用でき、当日返済も真夜中まで対応可能
  • コンビニATMなら職場の人などにも比較的バレずに利用できる
  • 明るい店舗内なので深夜の利用でも防犯面で安心

デメリット

  • 手数料(税込)が必要(1万円以下110円、1万円超220円)
  • 1,000円単位の取引になるため一括返済(完済)がぴったりできない
  • 各店舗でメンテナンスの時間帯などが異なり、行ったものの利用できない時間帯がある
  • 利用上限がある(紙幣の枚数にリミットがある)

▼レイクについてはこちらでまとめて詳しく解説しています。

よくある質問

レイクはコンビニでいくらまで借入できますか?

レイクでは借入・返済ともに紙幣枚数は上限50枚までとなっています。
そのため50万円が最大となります。

レイクはコンビニで何時まで利用できますか?

レイクは、セブン銀行のATMなら0時10分~23時50分※まで利用できます。曜日によって利用可能時間が異なる点には注意しておきましょう。

※第3日曜日は、0時10分~20時00分

ただし、月曜は5時00分~23時50分、木曜は1時30分~23時50分と利用可能時間が異なるタイミングもある点には注意しておきましょう。

まとめ

コンビニは24時間営業していることが多く、それに伴い設置されているATMも深夜・早朝はもちろん土日祝日も利用できます。銀行ATMが営業していない時間帯には、特に重宝する存在です。

申込や契約などできないこともありますが、コンビニという身近な場所だけにローンのことがバレにくいのもうれしいポイントです。

最大のデメリットは、返済でも借入でも手数料が発生することです。

SBI新生銀行カードローンATMではこういった手数料が無料となるので、営業時間や急ぎ具合でコンビニATMと併用して使うのがおすすめです。

コンビニATMはレイクを利用する上で大変便利なので、使い方やメリット・デメリットを把握して上手に使っていきましょう!

レイクの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.