Operated by Ateam Inc.

イーデス

カードローン審査で嘘はバレる?年収や他社借入は虚偽申告せずに申し込もう

最終更新日:

カードローンの審査
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「今の私の年収じゃ融資金額が少なくなりそう。ちょっとだけ年収を多く書こうかな…」

「他社でも借りているけど、審査に落ちるとイヤだから黙っておこう」

など、カードローンの審査で嘘を記載したらどうなるのか、気になったことはありませんか?

しかし、嘘を記載はおすすめできません!

申し込み情報に嘘を書くと必ずバレて、結局あなたはお金を借りることができなくなります。

なぜなら、いくつもの審査を担当してきたプロとして、審査で嘘を見抜けずに融資をすることは許されないからです。

ここでは、「カードローン審査で嘘を書くとどうなるのか」「審査が通りやすいおすすめカードローン」など、気になる疑問について解説していきます。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

カードローンに申し込む際、このくらいならばれないだろうと思って虚偽の内容を記載する人がいます。しかし、虚偽の申告内容は審査の過程で必ずバレると思ってください。単なる記載ミスであれば、修正して提出すれば問題ありませんが、審査に通りやすくするための虚偽申告であることがわかると、審査担当者の心証も悪くなります。その結果、審査に通らない可能性も十分に考えられます。また、虚偽申告の内容について偽造を行っていることが発覚すると、「文書偽造」さらには「詐欺」とみなされ、刑事罰の対象となってしまいます。そのような事態を招かないためにも、申し込みの際には、嘘偽りのない内容を申告するようにしましょう。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

カードローンは手軽に利用できるせいか、住宅ローンなどに比べて軽く考えられがちです。借入額の差があるにせよ、審査を受けるときには、正直に自分の今ある状況を申告することが必要です。嘘は必ずバレますし、嘘の申告は自ら自分の信用を落とす行為となります。イザ、住宅ローンなどの高額な借り入れを希望する際には、その嘘によって、審査を行う上で問題視されることも考えられます。

気になる内容をタップ

カードローンの審査で嘘をつくとどうなるのか

実は、カードローンの審査で嘘を書く方は非常に多いです。これは、カードローンが融資商品で、経済的に苦しい方が主な利用者だということに関係しています。

カードローン利用者の中には「どんな手段を使ってでも借りないと月末の支払いができない」というように、非常に切羽詰まった状況で申し込みしているケースがあります。

つまり、切羽詰まった状況の利用者がどうしても借りたいがために、嘘をついてしまうことがよくあるのです。

そして、重要な結論に触れておくと、もし嘘をついて申し込みしたとしても高い確率で審査時にバレます。

もしバレてしまった場合、当然のことながら審査に通ることができません。

なぜなら、そのほかに入力した情報の信用がすべて無くなってしまうからです。

つまり、簡単に言えば、嘘をついて申し込みする行為は非常に高いリスクを伴うということです。

ここでは、さらに正しく理解していただくために、申し込み項目の中で嘘が多いものを下記にまとめました。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
嘘をついてでも借りたいという気持ちは理解できます。ただそれは、借りても返せないという状態の裏返しでもあります。どうしても借りなければならないなら、親族や友人などへ頭を下げて借りることも考えなければなりません。時間があるときには、アルバイトをするなどして、借りずに用立てる方法を考えるようにしてください。嘘は絶対にダメ!ですよ。

飯田 道子さん

飯田さん

カードローン申し込み時に嘘が多い項目例
項目嘘をつく理由
年収年収は、カードローン審査の中でも非常に重要な項目です。なぜかというと、返済能力に直結する項目だからです。 また、消費者金融は総量規制の対象であるため、年収の3分の1以上の貸付を厳しく規制されています。
カードローンは年収に比例して限度額が変化するため、自身の年収が少ないと借り入れできる金額が少なくなります、
したがって、少しでも多く借り入れするために嘘をついてしまうと考えられます。
勤続年数勤続年数が短すぎると、審査時に「収入の安定性に問題がある」と判断されてしまい、融資を否決されてしまうことがあります。

したがって、自身の収入が安定しているように見せかけるために、ついつい嘘をついてしまうのです。

他社の借入残高これは、多重債務者によく見られるケースです。

他社の借入残高が多すぎると毎月の返済金額が高くなるため、新たに申し込みしたカードローンの返済可能金額が少なくなります。
したがって、他社の借入残高がある利用者に対しては、審査時に融資枠の削減、もしくは融資否決の判断がなされます。
そのような事態を避けるために嘘をついてしまうのです。

他社の借入件数カードローンを取り扱う消費者金融と銀行は、他社の借入件数が多い利用者を敬遠する傾向があります。

なぜなら、借入件数が多いことで毎月の返済金額が高くなって全体的な返済能力が下がり、滞納に繋がる可能性が高くなるからです。
つまり、他社の借入件数が多ければ多いほど、審査に落ちる確率が高くなるということです。
どうしても審査に通りたい利用者が、この項目で嘘をついてしまう傾向があります。

上記をご覧いただくとわかるように、利用者が嘘をつくにはワケがあります。
嘘をついて申し込みした場合、審査時にバレてしまうケースとバレないケースがあります。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
嘘の記載をしてしまう理由については、上の表でお分かりいただけたと思いますが、審査に通るには最低どのくらいの勤務年数や年収が必要なのかを知っておくことも大切です。そして、自分がその要件をクリアするまで申し込みを待つことを考えましょう。さらに、借入件数や借入残高が多いなら、少しでもそれを減らす努力が必要です。新たな借入を考えるよりも優先すべきことは何かを判断し、それに向かって行動するようにしてください。

新井 智美さん

新井さん

次章では、それぞれのデメリット事例に触れていきます。

バレたときのデメリット

ここでは、審査時に嘘をついて記入したAさんの事例に触れつつデメリットをご説明します。

Aさんの事例

Aさんは、フリーターとして2つのアルバイトを掛け持ちしています。

繁忙期の影響でそれぞれの収入に波があり、カードローンを利用しつつなんとか生活していました。
ところがある日、利用していたカードローンの限度額が上限に達してしまい、追加融資を受けることができなくなってしまいました。そこでAさんは、また別のカードローンを申し込みすることにしました。
しかし、既に借り入れしている事実を知られてしまうと審査に落ちる可能性があると思い、他社借入金額記入欄に嘘をついて0円と記入しました。
しかし、審査の結果融資を否決されてしまいました。半年後、正しい情報を記入して再度申し込みを行いましたが、また審査に落ちてしまいました。

上記例をご覧いただくとわかるように、嘘の記載が発覚した場合は審査に落ちてしまいます。くわえて、今後の再申し込みを断られてしまうケースもあります。
つまり、嘘の記入がバレたカードローン業者の審査には、永続的に通らなくなるということです。
また、「否決」という審査結果が信用情報に記載されるため、クレジットカードや住宅ローンの審査に落ちてしまう確率も格段に上がってしまいます。

バレなかったときのデメリット

先述したAさんの事例で、もしバレなかったときのデメリットをご説明します。

万が一審査時にバレなかったとしても、借り入れした後にバレてしまう可能性があります。
もしカードローンを返済している途中で嘘の記載がバレてしまった場合、契約が無効となり、借り入れしているお金を一括請求される可能性があります。

また、嘘の記載で契約違反となってしまった場合、どのような状況であろうと分割返済することはできません。
つまり、万が一バレなかったとしても「いつ一括請求されるかもわからない」という、大きなリスクを背負うことになります。

このように、バレなかったとしても非常に大きなデメリットがあるのです。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
嘘をつく理由がまとめられていますので確認してみてください。自分にも思い当たるなと思う人もいるかもしれませんね。ただ、このようにまとめて提示できるということは、その程度の嘘は簡単に見抜けるということです。申し込むときには嘘をつくのではなく、正直に自分の状況を話し、いくらなら借りられるのかを相談してください。また、A社はNGでもB社はOKということもあります。今の状況でも貸してくれる先はどこかを探しましょう。

飯田 道子さん

飯田さん

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
金融機関には、それぞれ独自の信用情報も保有しています。したがって、過去に虚偽の内容で申し込みを行ったなどが理由で審査に通らなかったケースなどについても、その情報が登録され、それは一生消えることはありません。このことを「社内ブラック」といいます。そのため、一度虚偽の申し込みで審査に通らなかった場合、一定の期間を空けて再度申し込んだとしても、審査に通ることはできません。金融機関独自で保有する情報には、虚偽内での申し込み以外に、支払い遅延や債務整理、規約違などがあります。そのため、一度審査に落ちた金融機関や、問題を起こした金融機関に対しては、再度申し込むことは避け、別の金融機関へ申し込むことをおすすめします。

新井 智美さん

新井さん

カードローンの審査で嘘を付くことについてのFPからの見解


ここまで触れてきたように、カードローン審査で嘘を記載することのリスクは非常に大きいです。
万が一、一括請求に繋がってしまった場合、今後の人生を狂わせてしまうことも考えられます。
したがって、どんなに苦しい経済状態だったとしても、嘘の記載は絶対しないようにしましょう。

しかし、「どうしても審査に通りたいんだ…!」という方もいらっしゃると思います。
ですので、次章では審査に通りやすいおすすめカードローンをご紹介します。

そのカードローンでも審査に落ちてしまって他社の返済に困っている場合は、債務整理などをおすすめします。

審査が通りやすいおすすめのカードローン

審査が通りやすいカードローンとしておすすめできるのは、大手消費者金融の「アイフル」です。
アイフルの商品詳細は下記のとおりです。

アイフル商品詳細
融資上限額最大800万円
金利年3.0%~18.0%
申し込み条件満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフル基準を満たす方
アルバイト・パートの方への融資実績
土日祝日融資可能
審査時間最短20分※
収入証明書類アイフルで50万円以上、もしくは他社との借入合計金額が100万円を超える方は提出要

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

アイフルの成約率は高いです。

成約率とは、申し込み者の中で契約に至った割合のことで、成約率が高ければ高いほど審査に通りやすいと判断することができます。
アイフルの成約率は、2023年11月の月次データによると実績で39.3%です。つまり、10人が申込んだとしたら4人が契約できるということです。

「既に1社落ちてしまったから、審査に通りやすいカードローンを申し込みたい」という方や、「自分のステータスは低いけど、嘘をつかずに審査に通りたい」という方にピッタリのカードローンです。

審査を通しやすくする方法については、
カードローンなぜ審査通らない?審査基準が甘いと聞いたのに通らないときの対処法
カードローン審査3つのコツを解説!500名アンケートで分かった審査落ち理由
を参考にしてみてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
万一、嘘の申告が通ってしまい、無事にお金を借りることができたとしても、返せるだけのお金の余裕は無いハズです。その場合は、さらに借金がかさみ、最悪の場合は闇金に手を出してしまう、もしくは自己破産しか道はないという状態になってしまうことが考えられます。小さな嘘が人生を破綻させることは充分にあり得ます。嘘をつくのは問題外ですが、返済に困っているときには弁護士の無料相談などを利用し、今後どのようにすれば良いのかを考えていきましょう。

飯田 道子さん

飯田さん

まとめ

カードローンの審査で嘘をつくのは非常にリスクの高い契約違反行為です。
絶対しないようにしましょう。

カードローンの審査の関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.