Operated by Ateam Inc.

イーデス

おすすめソーシャルレンディング10選を一覧紹介!融資型クラウドファンディングはおすすめしないって噂は本当?

最終更新日:

ソーシャルレンディングおすすめ一覧紹介!
おすすめクラウドファンディング
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

数あるサービスのうち、期待できる利回りや手数料、会社の信頼性などから検討して、以下のソーシャルレンディングがおすすめできます。

おすすめのソーシャルレンディング10選

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)とは、「資金を確保したい企業」と「投資家」とをインターネット上でマッチングさせるサービスです。

通常のクラウドファンディングとは違い、投資家は出資額に応じて利息を受け取れるため、投資手段のひとつとして浸透しつつあります。

サービスごとに最低投資金額や取扱いファンドの傾向に違いがあるので、じっくり検討しましょう。

この記事では、おすすめできるソーシャルレンディングやその理由、初心者向けの選び方などについて解説します。

【掲載情報について】
2023年10月16日時点の情報を掲載しています。

気になる内容をタップ

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)とは?

ソーシャルレンディングとは「資金を確保したい企業」と「投資家」をインターネット上でマッチングさせるサービスです。

通常のクラウドファンディングとの大きな違いとして、出資額に応じて利息を受け取れる点が挙げられます。

また、価格の変動リスクがある株式投資やFXなどと異なり、予定利回りが決まっていることから、ある程度の利回りを予想できる点もソーシャルレンディングの魅力のひとつです。

一方、企業側の利点として、スタートアップ企業やベンチャー企業でも、審査を通過すれば資金調達が可能である点が挙げられます。

そのため昨今では、ソーシャルレンディングは投資家はもちろん、企業の間でも注目を集めているのです。

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングに投資する主なメリットは、以下の通りです。

ソーシャルレンディングに投資する主なメリット

  • 高利回りの案件が多い
  • 少額投資ができる
  • 元本価額の変動リスクが抑えられる

ソーシャルレンディングは、銀行や証券会社で扱う金融商品と比較して高い利回りの案件を多く扱っている傾向があります。

そのため、特に利回りを重視している投資家にとって、満足度の高い案件に出会えるチャンスが広がるでしょう。

また、最低投資金額を1万円に設定しているソーシャルレンディングも多く、まとまった資金が用意できない場合でも気軽に始めやすい投資手段でもあります。

あらかじめ予定の利回りが決まっていることから、日々の値動きを追わずに済むのも利点といえるでしょう。

投資初心者にもおすすめ!ソーシャルレンディング10選

投資初心者にもおすすめできる、ソーシャルレンディングサービスをピックアップして紹介します!

おすすめのソーシャルレンディング10選

※期待できる利回りや手数料、運営会社の信頼性などから検討してピックアップしています。

①クラウドバンク

クラウドバンク

※引用元:Crowd Bank<クラウドバンク>をはじめよう!

運営会社日本クラウド証券株式会社
これまでに成立した案件名(一例)・太陽光発電ファンド
・不動産担保型ローンファンド
・上場企業事業拡大支援ファンド
・米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンド
期待できる利回りの目安年5.87%
想定運用期間の目安約6カ月
必要な手数料なし
向いているユーザー・投資初心者
・本業が忙しい人
・ハイリスクな投資を避けたい人

クラウドバンクは2013年にスタートしたソーシャルレンディングサービスで、人気の高いサービスとしても有名です。

国内の事業者の中でも運営年数が長いことに加え、実績や取り扱いファンド数などで他社を大きくリードしています。

クラウドバンクの特徴の一つに、利回りの水準が高いことが挙げられます。

平均利回りは5.87%(※)となっており、定期預金などにお金を預けておくよりも、効率的に資産を増やせると期待できます。
※2023年3月末までの1年間に運用が終了した税引前のファンド実績値。

また、投資家の最低投資金額は1万円となっているため、まとまった資金が用意できない方はもちろん、少額からコツコツと投資をスタートしたい方にも適しています。

クラウドバンクの
公式サイトはこちら

②バンカーズ

バンカーズ

※引用元:貸付型クラウドファンディング ─ Bankers(バンカーズ)

運営会社株式会社バンカーズ
これまでに成立した案件名(一例)・バンカーズ不動産・商業手形ファンド
・不動産担保ローン事業支援ファンド
・フィンテック決済サービス事業支援ファンド
・オートリース事業支援ファンド
期待できる利回りの目安年2.0~5.0%
想定運用期間の目安約6カ月~1年
必要な手数料なし
向いているユーザー・投資初心者
・安定した利回りの投資をしたい人
・短期間でいろいろなファンドに投資したい人

バンカーズは2020年12月にサービスをスタートしています。

サービスが始まってから3年程度ですが、前身である泰平物物産株式会社は貸金業者として45年以上の歴史を誇る老舗企業として知られています。

そのため、運営会社の信頼性が高く、安心してサービスを利用できることに定評があります。

また、最低投資金額も1万円であるほか、融資先の情報を細かく把握できるのもメリットです。

他のソーシャルレンディングサービスでは、間に入る事業者から投資先の情報が公開されていないケースも多いため、バンカーズでは投資先の信頼性を見極めやすいといえるでしょう。

バンカーズの
公式サイトはこちら

③オルタナバンク

オルタナバンク

※引用元:オルタナティブ投資プラットホーム【オルタナバンク】

運営会社SAMURAI証券株式会社
これまでに成立した案件名(一例)・日本保証 保証付きファンド
・【保証付×毎月分配】資産1700億円大手カード決済事業者
・【毎月分配】海外向け短期ブリッジローン
期待できる利回りの目安年4.0~12.0%
想定運用期間の目安約6カ月~1年
必要な手数料なし
向いているユーザー・高利回りを狙いたい人
・さまざまなファンドに投資したい人
・できるだけリスクを抑えて投資したい人

オルタナバンクは、SAMURAI証券株式会社が運営しています。

2023年1月に「SAMURAI FUND」から「オルタナバンク」へと名称変更しました。

オルタナバンクの特徴として、不動産や有価証券に限らず、一般投資家では投資が難しいようなファンドに投資できる点が挙げられます。

最低1万円から投資を始められることに加え、想定運用機関も短く、2カ月程度のものから長いと2年前後と、期間の幅も広く設定されています。

自分のニーズに見合った案件が見つけやすいでしょう。

また、毎月分配金を受け取れる「毎月分配」のファンドとなっており、資産運用の計画が立てやすい点もメリットです。

オルタナバンクの
公式サイトはこちら

④Funds(ファンズ)

funds

※引用元:Funds(ファンズ) - 貸付ファンドのオンラインマーケット

運営会社ファンズ株式会社
これまでに成立した案件名
(一例)
・Money Canvas ファンド
・からだにユーグレナ ファンド
・柚富の郷 彩岳館ファンド
期待できる利回りの目安年1.0〜2.0%
想定運用期間の目安約1年
必要な手数料なし
向いているユーザー・少額から投資したい人
・優待に興味がある人
・低リスクで投資をしたい人

Fundsはファンズ株式会社が運営するサービスです。

その仕組み自体は他のクラウドファンディングサービスと変わりありませんが、Fundsは1円から投資をスタートできる点が大きな特徴といえます。

平均利回りは1.0~2.0%と決して高くないものの、Funds専用の優待がもらえるファンドを扱っているほか、上場企業の案件が多いです。

そのため初心者でも安心して投資を始めやすくなっています。

また、Fundsで取り扱う案件はすべて固定利回りのため「ほったらかし投資」に最適です。

日中なにかと忙しいビジネスパーソンや主婦の方でも、すきま時間で投資に取り組むことができます。

Fundsの
公式サイトはこちら

⑤LENDEX(レンデックス)

レンデックス

※引用元:ソーシャルレンディングサービスLENDEX - ソーシャルレンディングのLENDEX

運営会社株式会社LENDEX
これまでに成立した案件名(一例)・不動産担保付きローンファンド
・ローンファンド
期待できる利回りの目安年6.0〜10.0%
想定運用期間の目安約8カ月〜12カ月
必要な手数料なし
向いているユーザー・高利回りを狙いたい人
・少額投資をしたい人
・毎月利息を受け取りたい人

LENDEXは他のクラウドファンディングサービスと異なり、主に不動産関連のファンドを取り扱っています。

1年以内の短期投資が中心であるほか、2万円から投資をスタートできるため、投資初心者でも取り組みやすいでしょう。

また、ファンドに含まれる不動産評価額の査定は、ファンドの利回りにも関連するため投資家としては気になるところです。

LENDEXではこの評価額の査定を大手不動産会社の東急リバブルに依頼しています。

外部に委託することで透明性を確保しているほか、情報の正確性も担保していることから、信頼性が高いサービスだといえる点も特徴のひとつです。

LENDEXの
公式サイトはこちら

⑥クラウドクレジット

クラウドクレジット

※引用元:クラウドクレジット – 世界の成長を取り込む投資

運営会社クラウドクレジット株式会社
これまでに成立した案件名(一例)・リトアニア個人向けローンファンド
・東欧金融事業者支援ファンド
・マイクロローン事業者ファンド
期待できる利回りの目安年8.4〜11.3%
想定運用期間の目安約6カ月〜数年
必要な手数料運用手数料あり
向いているユーザー・ハイリスク・ハイリターンを狙いたい人
・投資経験がある人
・海外に積極的な投資を行いたい人

クラウドクレジットの大きな特徴は、海外案件に特化している点です。

中でも、社会的な課題を解決し利益を得ることを目的とした「社会的インパクト投資」と、コモディティや未上場企業の株式を扱う「オルタナティブ投資」をメインに扱っています。

運用期間も短いもので6カ月、長いもので5年ほどと幅があり、自分のニーズに応じてファンドを選べるのもメリットといえます。

また、クラウドクレジットのファンドの利回りは8.4〜11.3%と比較的高めです。

大きなリターンが期待できる反面、他のクラウドファンディングに比べてハイリスクだともいえるため、投資するファンドは慎重に選んだほうがよいでしょう。

クラウドクレジットの
公式サイトはこちら

⑦COMMOSUS(コモサス)

COMMOSUS

※引用元:COMMOSUS | 融資型クラウドファンディング

運営会社株式会社コモサス
これまでに成立した案件名(一例)・コスメブランド研究開発ファンド
・カンボジア農家支援ファンド
・ロティサリーチキン専門店ファンド
期待できる利回りの目安年3.0~ 7.0%
想定運用期間の目安約6カ月〜1年
必要な手数料なし
向いているユーザー・投資初心者
・少額でさまざまなファンドに投資したい人
・運用期間の短いファンドを探している人

COMMOSUSは株式会社コモサスが運営する、ソーシャルレンディングサービスです。

2022年12月に名称が「CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)」から変更されました。

COMMOSUSでは不動産ファンドや金融系ファンド、社会貢献型ファンドなどを扱っており、自分のニーズにあった案件を探しやすいという特徴があります。

また、1万円から投資できるほか、事前入金だけでなく後入金にも対応しているため、投資初心者でも取り組みやすい点が魅力といえます。

COMMOSUSの
公式サイトはこちら

⑧AGクラウドファンディング

AGクラウドファンディング

※引用元:AG Crowd Funding

運営会社AGクラウドファンディング株式会社
これまでに成立した案件名(一例)・不動産担保ローンファンド
・アイフルファンド
期待できる利回りの目安年1.0〜6.0%
想定運用期間の目安約6カ月〜1年
必要な手数料なし
向いているユーザー・投資初心者
・スマホから手軽に投資したい人
・リターンよりも安定性を求める人

AGクラウドファンディングを運営するAGクラウドファンディング株式会社は、アイフルの100%子会社にあたり、貸金業ならではの豊富なノウハウを活かして運営を行っています。

サービスの開始自体は2020年8月と比較的新しいものの、ローリスク・ローリターンの商品が多いほか、1万円から投資できることもあり、投資初心者におすすめできるサービスです。

また、AGクラウドファンディングではスマホで簡単に投資手続きを行えるほか、最短で申請日に投資をスタートできます。

このスピーディーさも投資家から選ばれる理由のひとつです。

AGクラウドファンディングの公式サイトはこちら

⑨Funvest(ファンベスト)

funvest

※引用元:貸付型クラウドファンディングのFunvest|大和証券・クレディセゾングループ

運営会社Fintertech株式会社
これまでに成立した案件名(一例)・ファミリーコーポレーション 未来への翼ファンド
・ハウスくん収益不動産ファンド
・モンゴル支援サステナブルファンド
期待できる利回りの目安年2.0〜3.0%
想定運用期間の目安約4カ月〜1年
必要な手数料なし
向いているユーザー・優待特典に興味がある人
・海外支援やサステナブルファンドに興味がある人
・国内だけでなく海外にも投資したい人

Funvestは大手企業の大和証券グループとクレディセゾングループの合同会社が運営しています。

国内の不動産ファンドのみならず、海外のサステナブルファンドに投資できる点が特徴です。

Funvestで取り扱っているファンドは運用期間が比較的短いほか、為替ヘッジも適用されているため、比較的低リスクで運用できるでしょう。

短期間だけ投資したい方や、投資を通じて社会貢献をしたいと考えている方におすすめのサービスです。

Funvestの
公式サイトはこちら

⑩Pocket Funding

PocketFunding

※引用元:沖縄発ソーシャルレンディング ポケットファンディング

運営会社ソーシャルバンクZAIZEN株式会社
これまでに成立した案件名(一例)・沖縄南部ファンド
・PF軍用地担保ファンド
・石垣島ファンド
期待できる利回りの目安年4.0〜6.0%
想定運用期間の目安約3カ月〜2年
必要な手数料なし
向いているユーザー・少額から投資を始めたい人
・リゾート地に投資をしたい人
・子どもの口座で節税しながら運用したい人

Pocket FundingはソーシャルバンクZAIZEN株式会社が運営する、沖縄を中心とした投資案件を取り扱うソーシャルレンディングサービスです。

ソーシャルレンディングをはじめとした金融商品の中でも珍しく、未成年でも口座開設ができるのが最大の特徴です。

扶養控除を利用して運用ができるため、節税対策として活用している方も多く見受けられます。

また、沖縄ならではの「軍用地ファンド」にも投資可能です。

興味がある方は、公式サイトから案件一覧を確認してみるとよいでしょう。

Pocket Fundingの
公式サイトはこちら

ソーシャルレンディングを選ぶ際のポイント

ソーシャルレンディングを利用する際は、以下のポイントを意識して選ぶことをおすすめします。

ソーシャルレンディングを選ぶポイント

安全性の高い企業が運営しているか

そもそも企業がソーシャルレンディングサービスを取り扱うためには、必ず第二種金融取引業の登録を受けなくてはなりません。

まずは、そのファンドを運営する企業が第二種金融取引業の登録を受けているかを確認しましょう。

また、第二種金融取引業よりも登録条件の厳しい「第一種金融取引業」の登録を受けている企業であれば、より安全性が高いといえます。

もし無登録の会社からソーシャルレンディングの案内を受けた場合、絶対に取引しないでください。

取扱いファンド数が多く、成立した実績があるか

取扱いファンド数が多いと、自分に合った条件のファンドが見つかりやすいという利点があります。

また、取扱いファンド数が少ないと募集が集中し、せっかく始めてもなかなか投資チャンスが得られないということもあります。

ただし、いくら取扱いファンド数が多くても、案件が成立していなければ運用まで至らず、最終的な利益も受け取れません。

そのため、案件が成立した実績を確認することも重要です。

貸付条件などは適切か

ソーシャルレンディングでは、運営会社が倒産したり不祥事が発生したりした際に、投資家が預けた元本に影響を及ぼす恐れがあります。

そのため、案件の利回りだけではなく、以下のポイントについて把握しておくことも必要です。

利回り以外にチェックすべきポイント

  • 貸付期間や貸付額などの条件
  • 貸付先企業の資金用途
  • 融資審査の体制

これらの情報はホームページなどで公開している企業が多いですが、もし不明点や疑問がある場合は、投資する前に問い合わせすることをおすすめします。

よくある質問

ソーシャルレンディングはおすすめしないって本当?

注意点を把握し、対応することでリスクを低減できます。

ソーシャルレンディングには元本割れリスクや早期償還となる恐れがあることから「おすすめしない」といわれることも少なくありません。

しかし、投資先をきちんと見極めて、信頼の置けるサービスを利用することで、賢く資産形成に役立てることが可能です。

本記事で紹介したおすすめソーシャルレンディングもぜひ参考にしてください。

ソーシャルレンディングはいくらから投資できるの?

多くのサービスで1万円から投資可能です。

ソーシャルレンディングの最低投資金額はサービスによって異なりますが、多くのサービスでは1万円程度から投資可能です。

中でも、Fundsは1円から投資を始めることができるため、より少額から投資を始めたい人におすすめです。

ソーシャルレンディングで貸し倒れて大損するケースってあるの?

ソーシャルレンディングには貸し倒れや延滞等のリスクがあります。

ソーシャルレンディングは性質上、貸し倒れのリスクがあります。

また、資金提供を行った企業の業績不振や返済能力の低下によって、分配金が予定通りに受け取れないケースも想定されます。

ソーシャルレンディングを始める前に、案件の内容や貸付条件を確認し、融資の保全性が高いかどうかをきちんと確認することが大切です。

まとめ

ソーシャルレンディングは、出資額に応じて利息を受け取れる点が魅力のサービスです。

期待できる利回りや手数料、会社の信頼性などから検討して、自身のニーズに見合うソーシャルレンディングサービスを見つけてみてください。

口座開設・会員登録は無料でできるので、まずは興味のある案件から探してみてはいかがでしょうか。

おすすめクラウドファンディングの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.