Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職に絶好のタイミングはいつ?転職しやすい年齢や時期を徹底分析!

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

転職活動には時間や労力が必要なので、成功しやすいタイミングがあるなら知りたいと思う人は多いでしょう。

実は、転職には最適なタイミングがあるので、転職を成功させたいなら把握しておくことが大切です。

本記事では、年齢や経験、求人が増える時期など、転職におすすめのタイミングをご紹介します。

「あのとき転職しておけば良かった」と後悔しないために、ぜひチェックしてみてください。

    気になる内容をタップ

    転職のタイミングが良いのは何歳?

    転職のタイミングが良いのは何歳?

    転職のベストタイミングは何歳なのでしょうか。

    ここでは、年齢ごとに転職にベストなタイミングについてご紹介します。

    転職にベストなタイミング

    【25歳前後】未経験職種への転職におすすめ

    未経験職種への転職なら、25歳前後がおすすめのタイミングです。

    以下に、25歳前後が未経験職種への転職に最適な理由をまとめました。

    25歳前後がおすすめの理由

    • 未経験職種への転職は、前職に慣れすぎていない若手人材が良い
    • 3年程度の社会人経験があれば、最低限のマナーは身に付いているので一から教育する必要がない

    募集条件に年齢制限がある場合もあるため、未経験の職種に転職するならできるだけ若いほうが良いでしょう。

    【28歳前後】同職種への転職におすすめ

    同じ職種への転職なら、28歳前後がおすすめのタイミングです。

    5年程度の経験があれば即戦力になるため、転職で有利になります。

    以下は、転職成功者の年齢割合データです。

    転職成功者の年齢割合
    (引用元
    doda

    上記のグラフから、20代後半は転職する人がもっとも多い年代であることがわかります。

    ライバルに差をつけるには、自信を持ってアピールできるように今の会社で実績を作っておきましょう。

    【30代以降】マネジメント経験を活かす転職におすすめ

    30歳以上のタイミングで転職するなら、マネジメント経験を活かした転職がおすすめです。

    30代以降になると高いスキルを求められることはもちろん、マネジメント経験のある人材が求められます。

    たとえば、「リーダーとして全体をまとめた経験がある」「部下の教育担当を任された」などの経験・スキルは高く評価され、転職で有利になるでしょう。

    とくに、35歳以降になると転職難易度が上がるので、高いスキルをアピールしてライバルと差をつけることが大切です。

    35歳から転職を目指したい方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

    転職しやすいタイミングは何月?

    転職しやすいタイミングは何月?

    転職に成功しやすいタイミングがあるなら、その時期に転職したいでしょう。

    大手転職サイト「doda」によると、10月・1月は求人数が多く、5月・12月は求人数が少ない傾向にあるようです。

    ここでは、1年のなかで転職しやすい時期について解説します。

    転職しやすいタイミング

    10月・1月は求人が多い

    求人が多いタイミングは、10月と1月です。

    10月は3月決算の後期が始まる時期、1月は12月決算の前期が始まる時期のため、人材を補充して体制を整える企業が多いことが理由として挙げられます

    10月・1月に転職する場合のポイントは、以下の通りです。

    10月・1月の転職ポイント

    • 1月の求人に応募すると、新人研修と同じ研修を受けられる場合がある
    • 求人数が多い分、珍しい求人や条件の良い求人が見つかりやすい
    • 転職希望者が多い時期のため、競争が激しくなる

    10月・1月は、多くの求人情報に触れ、自分に合う仕事を見つけたい場合におすすめの時期といえるでしょう。

    5月・12月は求人が少ない

    求人が少ないタイミングは、5月と12月といわれています。

    5月は新卒者の研修などを行う時期、12月は年末業務で多忙になる時期のため、採用を活発に行う余裕がないからです。

    ただし、求人がまったくないわけではないため、この時期に転職する場合のポイントをご紹介します。

    5月・12月の転職ポイント

    • 転職希望者が少ないので競争率が低い
    • すぐに働ける人を求める企業が多いため、応募してすぐに採用される場合がある

    すぐに働ける人が必要な企業の場合は、「仕事が増え業績が良い場合」と「労働環境が悪く離職者が多い場合」の2つのケースがあるので注意が必要です。

    転職希望の業界の求人情報を知る

    転職したい業界の求人情報を知ると、転職するタイミングを調整しやすくなります。

    業界によって求人数が多い時期が異なるため、求人が増える時期を業界別に確認してみましょう。

    業界求人が増える時期理由
    会計8月中旬会計系資格(会計士・税理士)の試験が終わるため
    12月
    • 会計系資格の合格発表があるため
    • 確定申告前のため
    観光
    • GW前
    • お盆前
    • 年末年始の休暇前
    長期休暇は旅行者が増え繁忙期になるため
    アパレル10月~11月最繁忙期の冬セール前のため
    不動産1年を遠して求人の数に大きな変動はないが、1~3月の転職活動は避ける春の引っ越しシーズン前は繁忙期で、採用業務に手が回らない場合があるため
    土木・建設夏ごろ4月の今年度計画から採用計画を作るため、6月あたりから求人数が増加傾向になる

    たとえば、会計士や税理士に必須の資格試験が終了する時期、合格発表の時期には募集が増えます。

    また、不動産業界は「引っ越しシーズン前」の1~3月は繁忙期で採用まで手が回らないため、転職活動は避けたほうが良いでしょう。

    さらに、アパレル業界は「冬セール前」の10~11月は人手不足になるため、採用が活発になります。

    このように、業界によって求人が増える時期が異なるため、希望業界の事情を把握して転職活動を行いましょう。

    【結婚・出産・家の購入】ベストタイミングは転職前?後?

    【結婚・出産・家の購入】ベストタイミングは転職前?後?

    結婚・出産、家の購入をする場合におすすめの転職のタイミングがあります。

    これから結婚などの予定がある方は、ぜひ参考にしてください。

    結婚・出産、家の購入をする場合におすすめの転職のタイミング

    結婚前に転職するのがおすすめ

    転職するなら、結婚前がおすすめです。

    結婚前に転職するメリットを以下にまとめました。

    結婚前の転職メリット

    • 独身の方が身軽で仕事に専念してくれる人材と評価されやすい
    • 女性の場合、結婚後の転職活動は「すぐに産休に入るのでは?」と不安に思われる
    • 結婚後は新しい生活が始まるため、結婚前の方が落ち着いて仕事を覚えられる

    このように、男性も女性も結婚後は生活の変化が大きいため、結婚前の転職がおすすめです。

    ただし、男性の場合は結婚している方が信頼を得やすい仕事もあるので、ケースバイケースで考えましょう。

    出産する前に転職をしよう

    出産を考えているなら、出産する前に転職することをおすすめします。

    なぜなら、出産後に小さな子どもを育てながら転職活動をするのは、困難になる可能性があるからです。

    また、育児中だと「子どもの体調不良で急な休みが増えるのでは?」と、採用側が不安に思う場合があります。

    これから出産を考えているなら、育児休業の取得実績が多い企業や、子育て中の社員が多い企業を選ぶと理解を得やすいでしょう。

    ただし、入社後1年は育児休業を取得できない場合が多いので注意してください。

    住宅ローンは転職前に組むのがベスト

    家の購入を考えているなら、転職前がおすすめです。

    転職したばかりで勤続年数が短いと、住宅ローンの審査に通らない可能性があるため、希望するマイホームを購入できない可能性があります。

    転職によって年収が下がってしまう場合もあるため、そもそもローンの返済が厳しくなる場合も。

    家の購入を考えているなら、購入するかどうかも含めて転職前に検討しましょう。

    また、以下のように会社独自の制度を利用する場合は、注意が必要です。

    会社独自の持ち家制度などを利用して住宅資金を借りている場合は、退職と同時に借りた全額を清算しなければならないので注意してください。

    引用元
    リクナビNEXT

    会社の福利厚生はありがたい制度ですが、退職と同時に全額清算する必要があるうえ、新たにローンを組まなければいけないため注意しましょう。

    転職の可能性があるなら、会社とは関係のないローンを使うことがおすすめです。

    資格取得は転職前がベストタイミング!

    資格取得は転職前がベストタイミング!

    資格を取得するなら、転職前がおすすめです。

    以下に、理由をまとめたのでチェックしてみてください。

    資格取得は転職前がベストタイミング

    • 資格を取得しておくと条件の良い求人に応募できる
    • 現職に関する資格なら、身に付けた知識を活かせるため勉強が苦になりにくい
    • 現職の残業が少ないなら、勉強時間を確保しやすい
    • 転職後は、新しい業務を覚えるのに時間をとられ資格の勉強時間を確保しづらい

    40歳から資格を取得して転職を成功させた、という声もSNS上に見られました。

    転職前に資格を取得しておくと、面接時の自己アピールになるので、転職で有利になります。

    転職前は慣れた仕事で時間の調整をしやすいため、今のうちに資格を取得して、転職後も充実したワークライフを送りましょう。

    転職しない方が良いタイミングとは?

    転職しない方が良いタイミングとは?

    ここまで、転職に絶好のタイミングについてご紹介しましたが、逆に転職しない方が良いタイミングもあります。

    「こんなはずではなかった」という後悔を防ぐためには、転職に合わないタイミングについても把握しておくことが大切です。

    以下の4つの場合について、解説していきます。

    転職しない方が良いタイミング

    昇進直後の退職は控えよう

    昇進直後は、できれば退職を控えた方が良いでしょう。

    昇進すると新たな業務を任されることも多く、新しいスキルや経験が身につきます

    現職でキャリアの幅を広げてから転職した方が有利になるため、昇進直後の転職はおすすめできません。

    また、転職時の年収は経験や実績が考慮されるため、昇進後に経験を積んでからの方が年収アップにつながるケースがあります。

    管理者としてのスキルを活かし、有利な条件で転職できるように退職のタイミングを検討しましょう。

    ボーナス前に退職を伝えると賞与減額の可能性も

    ボーナス前に退職の意思を伝えると、ボーナスが減額される可能性があるのでおすすめできません。

    必ずしもボーナスに影響があるわけではありませんが、転職後もしばらくはボーナスの全額が支給されないため、タイミングを厳選することは大切です。

    退職日までに余裕がある場合には、ボーナスの約1カ月後の落ち着いたタイミングで転職を伝えましょう。

    しかし、引継ぎや人員確保の時間がない場合は、ボーナス前であっても退職を伝えて会社に迷惑をかけないことが大切です。

    倒産や吸収合併の噂が流れたら慎重に様子をみる

    倒産や吸収合併などの可能性が出たときの転職は、慎重に様子をみましょう。

    なぜなら、大手企業に吸収される場合は、福利厚生や労働環境が良くなるケースがあるからです。

    倒産や吸収される状況の会社はぎりぎりの状態で経営しているため、労働環境が悪い場合も多いです。

    しかし、転職しなくても違う企業で働けるチャンスともいえるので、働いてみてから検討するのもおすすめです。

    プロジェクト終了時期は避ける

    プロジェクト期間中や終了直後に転職をするのはおすすめできません。

    プロジェクトの途中で抜けると、引継ぎ期間が十分にない状態で退職することになり、会社に迷惑がかかるからです。

    また、プロジェクト終了直後は確認事項などが生じる可能性があるので、落ち着いてから転職することをおすすめします。

    現職に迷惑がかからないように、最低限のマナーを守って円満退社できるよう心がけましょう。

    以下は、退職する際に参考になる記事なので、ぜひチェックしてみてください。

    転職のタイミングを決める際のポイント

    転職のタイミングを決める際のポイント

    「転職して良かった!」と満足できるタイミング選びには、ポイントがあります。

    ここでは、5つのポイントをご紹介します。

    転職に最適なタイミングを見つけるための参考にしてみてください。

    転職のタイミングを決める際のポイント

    ブラック企業に入社してしまったらすぐに転職活動を

    ブラック企業に就職してしまったら、早めに転職活動を始めましょう。

    ブラック企業は残業が多すぎるうえ、上司のパワハラがひどいなど、労働環境が劣悪の可能性があるからです。

    労働環境の悪い職場に長くいると、心身ともに疲弊してしまいます。

    新卒で入社した会社から転職する場合、卒業後3年以内は「第二新卒」の枠に応募することも可能なので、良い転職先が見つかる可能性があるでしょう。

    ブラック企業で心身を壊して働けなくなるリスクがあるなら、早めに転職活動を始めるのがおすすめです。

    以下は、入社後短期間で退職する場合に参考になる記事なので、ぜひチェックしてみてください。

    仕事が順調なときが一番良い転職のタイミング

    仕事が順調なときは、転職が成功しやすいのでおすすめのタイミングです。

    仕事をスムーズにこなせていると、採用面接で自信を持って自分をアピールでき、採用側に好印象を持たれやすくなります

    Q&Aサイトにも、自分が充実しているときが転職のベストタイミングという回答が見られました。

    転職のタイミングに関する回答

    (匿名)

    (前略)会社の調子が良いともう少し頑張ろうかな?と辞めるのを先延ばしにします。

    調子が悪くなると、職場の雰囲気も悪くなったりして辞め時だ!とばかりに退社します。

    大雑把な景気の波ですが同業に転職する場合、例のパターンにはまると、調子の悪い時期の会社を悪い条件で渡り歩く事になります。

    要領の良い人はいるもので、調子の良い時期の会社を良い条件で渡り歩く人も居ます。

    辞めるのであれば、自分が充実している時が良いと思います。(後略)

    (引用:OKWAVE

    会社の業績に左右されて退職者が増えるケースもありますが、1番良いのは自分の仕事が順調なときです。

    「自身の営業成績が上がった」「人事評価が高く給与がアップした」など、仕事が順調な時期は前向きな気持ちで転職できます。

    自信を持って自己アピールするためにも、仕事が順調な時期を転職のベストタイミングとして選びましょう。

    今の会社でできることが何もないなら早めに転職

    今の会社にいても、これ以上の成長が見込めないと感じたら、転職を検討しましょう。

    成長できる環境に身を置かないと仕事のモチベーションが上がらないのはもちろん、年収アップも見込めないからです。

    愛社精神がなくなったり、今の職場で燃えつきるほど働いた場合は転職する、といった声もSNSに挙がっています。

    仕事への意欲が下がると会社にも良くない影響を与えるため、自分のためにも、会社のためにも、転職を検討するタイミングといえるでしょう。

    転職活動資金を貯めておく

    転職の活動資金を貯めておくと、焦らずに自分のペースで転職活動を進められます。

    転職活動を始めるタイミングによっては求人が少ない時期に当たってしまい、ブランク期間が長引くことで生活が厳しくなるからです。

    ブランク期間が長引くと転職を急いでしまい、自分の希望ではない企業へ転職してしまう場合もあります。

    転職までに時間があるときには、活動資金を貯めて準備をすると良いでしょう。

    転職エージェントを活用する

    最良のタイミングで転職したい場合は、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

    なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーは、それぞれの業界の求人が多いタイミングを熟知しているからです。

    転職に関する情報をもっとも得られるのは、転職エージェントだというSNSの声もあります。

    転職エージェントは、希望に合った求人を探すだけでなく、応募書類の書き方や面接日の調整、面接対策までサポートしてくれます。

    転職が初めてで不安のある方は、転職エージェントを利用するとスムーズに転職活動を進められるのでおすすめです。

    タイミング良く転職したい方におすすめの転職エージェント

    タイミング良く転職したい方におすすめの転職エージェント

    タイミング良く転職したい方におすすめの転職エージェントをご紹介します

    ここでは、厳選した3つの転職エージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    おすすめポイント

    ※「転職エージェントおすすめ8選!現役キャリアアドバイザーが選び方を徹底解説」の記事で紹介している転職エージェントも含まれています。

    業界最大級の求人数が魅力「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、多くの求人から転職先を選びたい方におすすめの転職エージェントです。

    リクルートエージェントには、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人もあり、業界最大の求人数となっています。

    各業界に精通したアドバイザーが希望に合う求人を厳選して紹介してくれるので、スムーズに転職先を見つけられるでしょう。

    また、応募書類の作成や面接対策などもサポートしてもらえるので、転職に不安がある方にもおすすめです。

    幅広い求人から選びたい方は、ぜひリクルートエージェントに登録してみてください。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約394,000件

    非公開求人数約219,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年5月時点)

    第2新卒向けの求人も豊富「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント」は、第2新卒・20代などの若手の転職におすすめの転職エージェントです。

    20代・30代向けに厳選した求人を扱っており、「20代の転職エージェント満足度No.1」にも選ばれています。

    応募書類の添削や面接対策などの転職サポートも充実しているうえ、無期限でサポートを受けることも可能です。

    第2新卒向けの求人をチェックしたい方は、ぜひマイナビエージェントに登録してみてください。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    女性におすすめ「パソナキャリア」

    パソナキャリア
    (引用元
    パソナキャリア

    パソナキャリア」は、女性におすすめの転職エージェントです。

    パソナキャリアには、女性向けの転職に特化したサポートチームがあり、女性の社会進出をサポートしています。

    結婚や出産を予定している方の転職のタイミングについても相談しやすく、女性が働きやすい企業を探してもらえるのが魅力です。

    女性が働きやすい職場を見つけたい方は、ぜひパソナキャリアに相談してみてください。

    パソナキャリア|基本情報

    運営会社株式会社パソナ
    公開求人数約35,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    まとめ

    転職する時期は、希望の転職先の求人状況だけでなく、自分自身の状況も踏まえて決めることが重要です。

    以下に、転職のタイミングについてまとめました。

    転職のタイミングについてのまとめ

    • 未経験職種には25歳前後、同業種には28歳前後がおすすめ
    • 30代以降はマネジメント経験を活かすのにベストなタイミング
    • 一般的に10月・1月は求人が多く、5月・12月は求人が少なめ
    • 結婚・出産・家の購入・資格取得は転職前が良い
    • 引継ぎ期間がないなど、会社に迷惑がかかるタイミングの転職はNG
    • 仕事が順調な時が転職に成功しやすいタイミング

    ベストタイミングで転職したい場合におすすめの転職エージェントは、以下の3つです。

    ベストタイミングで転職したい人におすすめの転職エージェント

    リクルートエージェント業界最大級の求人数が魅力
    マイナビエージェント第2新卒向けの求人も豊富
    パソナキャリア女性におすすめ

    ぜひ本記事を参考にして、絶好のタイミングで転職を成功させてください。

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.