Operated by Ateam Inc.

イーデス

新卒入社後に転職するタイミングは?在職期間別のポイントや注意点など

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「新卒入社した会社から転職するのに、いつが最適なタイミングなのか分からない」と、悩んでいませんか?

現状に不満があり、転職を考えていつつも踏み出せていない中で、最適なタイミングで転職活動をスタートしてスムーズに転職先を見つけたいと思う方も多いでしょう。

本記事では、以下のセクションに分けて、転職するのにベストなタイミングはいつかを紹介します。

転職するのに最適なタイミング

記事後半では、転職活動に役立つ、無料で利用できる転職エージェントを5社紹介します。

派遣会社名公開求人数特徴詳細
マイナビAGENT約49,000件
  • 各業界・企業情報に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • リクルーティングアドバイザーにより転職後のミスマッチが起こりにくい

リクルートエージェント

約365,000件
  • 60万件以上の求人数
  • 転職支援実績No.1の業界最大手エージェント
type女性の転職エージェント約9,700件
  • 第二新卒の女性におすすめ
  • 業界25年以上のサポート実績
doda(デューダ)約230,000件
  • 186万人のビッグデータを利用した診断ツールが豊富
  • 転職フェアを定期開催
キャリアスタート非公開
  • フリーター・第二新卒・既卒に特化
  • 高待遇求人多数

(※2023年12月時点)

新卒入社した会社を転職する際の注意点転職する際のポイントにも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    気になる内容をタップ

    新卒入社した会社から転職するのに最適なタイミングとは

    新卒で入社した会社から転職するのに最適なタイミングは、入社から3年が目安と言われています。

    入社1年目でも転職してはいけないことはないものの、実績や経験がなく強みが少ないため、不利になりやすい点がデメリットです。

    厚生労働省の令和2年3月に卒業した新規学卒就職者の離職状況を取りまとめた資料によると、就職後3年以内の離職率は、新規高卒就職者が37.0%、新規大学卒就職者が32.3%となっています。(※新規学卒就職者の離職状況(令和2年3月卒業者)を公表します|厚生労働省

    また、平成22年3月の卒業者を対象に離職状況を調べた結果、新規高卒就職者が39.1%、新規大学卒就職者が31%であることから、時代に関係なく、新卒入社した会社を3年以内で辞める方は一定数いることが分かるでしょう。

    本セクションでは、以下の4つのタイミングが新卒入社後の転職に適しているのかを探ります。

    新卒入社した会社から転職するのに最適なタイミング

    新卒入社の方は入社から3年が目安

    結論として、新卒入社の方が転職するタイミングで最適なのは、入社後3年目です。

    早期退職のイメージがない上に、社会人としての最低限のスキルやマナーが身についているため教育コストが低いという印象を持たれます。

    また、素直さや柔軟性もある年代として、企業からの評価も高い点が転職の上でメリットとなるでしょう。

    今すぐに誇れる経験や実績がなくとも、今後の伸びしろも評価してもらえるので、入社後3年目で転職を考えている方は、本気で活動してみるのがおすすめです。

    同業種なら5〜6年目がおすすめ

    同業種への転職を考えている方は、未経験分野の場合よりも少し長い、5~6年目のタイミングがおすすめです。

    即戦力になりそうなスキルや実績があると、選考が有利になります。

    また、第一線で活躍できる経験値を持ちながら、若さと柔軟さも兼ね備えていると判断されやすいため、採用ニーズが高まるでしょう。

    特に今後管理職を目指してキャリアアップしていきたいと思う方は、5~6年しっかりと経験を積んで転職活動するのがおすすめです。

    1年以内は経験が浅く不利になりやすい

    「転職活動はできるだけ早い段階から」と言われていても、新卒入社後1年以内は転職の難易度が上がる可能性があります。

    こらえ症がない、とまたすぐ辞める印象を持たれたり、実績や経験がない点が、強みが少ないと見られたりするからです。

    ただし、中には労働環境やストレスが原因で、1年の経過を待たずに転職した方が良いケースもあります。

    転職期間が長くなると転職に不利になる上に経済的にも安定するのが難しい状況となるため、転職エージェントのサポートを受けながら活動してみるのが良いでしょう。

    3年目以降は第二新卒から外れるため難しい

    異業種へ転職する場合、3年目以降の4~5年目になると、転職活動が難しくなってしまいます。

    転職市場で需要の高い「第二新卒」は学校を卒業し就職後1~3年目の方と定義されているため、3年目以降となると対象ではなくなってしまうからです。

    入社後4~5年となると、一般的にはキャリアアップを見越した転職活動となるため、これまで仕事をしてきた中での実績やスキルが求められます。

    4年目になったからと転職できる可能性が極端に低くなることはないものの、転職を検討している方は、第二新卒扱いになる3年目までの転職がおすすめです。

    転職するのに適した時期は?

    続いて、転職するのに適した時期・月はいつなのかを紹介します。

    転職を決めたからと、すぐに動き出すのは得策ではありません。

    時期によっては中途採用枠が少なく、選択肢が狭まってしまう可能性があるからです。

    転職すると決めてからは、適した時期・月がくるまで入念な準備をしておくのが良いでしょう。

    転職するのに適した時期・月

    入社前年の7〜9月:10月入社に向けた採用

    転職するのに適した時期・月として一番おすすめなのが、7〜9月です。

    下期の事業体制に沿って人員計画の見直しがかかり、企業が中途採用に本腰を入れはじめる時期になります。

    また、6~7月の賞与後に退職する社員がいた場合、退職者の欠員補充も必要です。

    特に大企業においては、年が明けると新卒採用の準備が忙しくなるため、中途採用に関しては年内に目処をつけたいという思いから、7〜9月の採用活動が活発になります。

    入社年の1〜3月:新卒入社の欠員補充としての採用

    次におすすめのタイミングとしては、入社年の1〜3月です。

    新卒入社の内定辞退者の欠員を補充する目的での採用や、新年度が始まる4月に向けて、事業計画にもとづく求人が増加する傾向があります。

    4月入社を想定した求人が増えやすく、新卒と同じタイミングでの入社となれば、一緒に教育を受けることも可能です。

    現職で年末のボーナスを受け取ってからと区切りがつけやすいため、転職するには良いタイミングと言えます。

    時期にこだわりすぎず転職活動をするのも大切

    7〜9月、1〜3月とおすすめの転職時期・月をお伝えしたものの、時期にこだわりすぎるのも良くありません。

    結局のところ、自分の希望条件に合った求人がいつ出るかはわからないため、常に情報をチェックしておくのが大切です。

    記事後半で紹介する転職エージェントに登録して希望条件を伝えておくと、業界に精通した専任のアドバイザーがキャッチした情報を、いち早く手にできます。

    転職に役立つコラムや書類の作成方法などを無料で閲覧できるため、転職を考えた際は2〜3社を選定し、登録しておくのがおすすめです。

    【在職期間別】転職する際のポイント

    本セクションでは、転職する際のポイントを紹介します。

    新卒入社1年目と10年目では、応募先企業に訴える内容も変わってきますので、自分自身に当てはまる在職期間のポイントを参考にしてみてください。

    【在職期間別】転職する際のポイント

    新卒入社1年未満:転職理由の内容がカギ

    新卒入社1年未満で転職する方は、転職理由の内容がカギとなります。

    転職理由によっては応募先企業から「甘え」と見られてしまい、選考に通りづらくなるからです。

    新卒入社1年未満の方でも転職した方が良いと思われる理由は、以下のようなものがあります。

    • 給与の未払い・パワハラ・過度な残業など労働環境が過酷
    • 病気・怪我など体力面できつい
    • 他にやりたいことがある
    • 会社の経営状況が悪い・将来性がない

    反対に、人間関係の悪さや仕事のきつさなどが原因である場合、同じ理由で辞めてしまうのではないかと懸念を抱かれてしまうでしょう。

    転職エージェントなどプロの力を借りながら、面接前の書類作成をしっかりとすることで面接へ進める可能性が高まります。

    新卒入社から3年:社会経験とポテンシャルが必要

    新卒入社から3年の方は「第二新卒」とみなされ、現職で培った社会経験と、将来のポテンシャルをアピールできれば評価につながるでしょう。

    採用側の企業としては、社会経験があればビジネスマナーが身に付いており、社会人の基礎能力が備わっているため教育コストを削減できるというメリットになります。

    また、現職を3年という短い期間しか経験していないため、特定業界・職種に染まっておらず、若さゆえの成長性に期待も持てるでしょう。

    この点から、第二新卒は現職と異なる未経験の業界・職種でも歓迎されることが多く、好条件で転職できる可能性があります。

    新卒入社から5年:アピールできる実績やスキルを

    新卒入社から5年で転職を考えている方は、これまでに積み重ねた実績やスキルをアピールするのがポイントです。

    20代後半での転職はポテンシャル採用の見方が少なくなり、即戦力として期待されている場合が多いため、自分が入社した際にどのような利益をもたらすかを説くと採用されやすいでしょう。

    ただし、やみくもに実績やスキルを並べるだけでなく、「そこから何を得たのか」「今後どのような形で応募先企業に活かしていくのか」を伝えることも大切です。

    具体的な数字を出しながら、自分自身の魅力を伝えていきましょう。

    新卒入社から10年以上:チームをまとめた経験が重要

    新卒入社から10年以上経った方が転職する場合は、マネジメントなど、チームをまとめた経験のアピールが重要です。

    30代半ばともなると部下を育成したり、リーダーとして仕事をこなしたりする立場になります。

    仮に現職と業務内容が違う会社の求人に応募したとしても、マネジメントの本質は変わりません。

    人を管理し、指導した経験があればマネジメント経験になるため、書類審査や面接の中で具体的にアピールし、自分自身を採用するメリットを伝えましょう。

    新卒入社した会社を転職する際の注意点

    新卒入社の会社転職する際の注意点

    新卒入社した会社を転職する際は、以下の注意点を押さえておきましょう。

    事前に注意しておくことで、効率的に転職活動ができたり、ミスマッチなく転職を成功できたりします。

    新卒入社した会社を転職する際の注意点

    会社への不満ばかりを転職理由にしない

    転職活動において転職理由を聞かれる場面は多々あるものの、会社への不満ばかりを理由にするのはやめましょう。

    ネガティブな理由ばかりを伝えては、応募先企業に良い印象を持ってもらえないからです。

    会社への不満が転職理由である場合、その裏にあるポジティブな理由を掘り起こすと良いでしょう。

    • 職場の人間関係が悪い→チームワークの良い環境で仲間と連携を取りながら働きたい
    • ノルマがきつすぎる→じっくりと話を聞いた上で顧客のニーズを引き出し、応えていきたい
    • 給与が安すぎる→自分の実績を正しく評価してくれる会社で働きたい

    このように変換して伝えることで、「マイナスをプラスに変換する」思考能力を持っていることのアピールにもなります。

    企業・市場分析を徹底的に行う

    転職する際は行き当たりばったりの活動は避け、企業・市場分析を徹底的に行いましょう。

    企業・市場分析とは自分が興味のある企業・業界を調べ、市場規模や傾向、そして課題などを知ることです。

    自分に合った企業かどうかを見極めるために必要で、分析することで自分の考えがマッチしているかを確認でき、入社後のミスマッチが起こりにくくなります。

    企業・市場分析によって応募先について深く理解することで、面接時に熱意や意欲を伝えられ、好印象を与えることも可能です。

    自己分析とスキルの棚卸しをする

    転職活動において、自己分析とスキルの棚卸しをすることは非常に重要です。

    自己分析することで自分の強みを把握でき、応募書類や面接時の自己PRに説得力を持たせられます。

    また、スキルの棚卸しをしておけば、自分が持つスキルや経験と応募する企業がマッチしているかを判断し、活躍できる会社を選択しやすくなるでしょう。

    転職における自己分析とスキルの棚卸しは、前職の業務経験を中心に振り返る必要があります。

    これまでの仕事を通じ、アピールできる点をまとめていくと良いでしょう。

    条件が悪くなる可能性もある

    新卒入社した会社を転職した際、条件が悪くなる可能性がある点にも注意しておいた方が良いでしょう。

    特に新卒で入社した時から転職までが早期であるほど、スキルや経験が不足している点をデメリットと判断され、給与が下がったり、労働時間や休日などの労働条件が過酷になったりする可能性があります。

    給与や待遇が悪くなったとしてもその企業に入社したいという強い理由と想いがあれば問題がないものの、そうでない場合は入社後に後悔し、再び転職に向かう可能性も否定できません。

    希望条件は優先順位を決めておく

    転職活動をする際、転職先に求める希望条件は「譲れない条件」と「妥協できる条件」にわけて、優先順位を決めておくのがおすすめです。

    優先順位が明確になると、自分の中で「転職の軸」ができ、仕事に対して求めることや企業選びで迷ったときに大切にしたいことなどが見えてくるため、転職活動をスムーズに進められます。

    転職活動において軸となる事柄は、以下の6つです。

    • 仕事内容
    • 給与や収入
    • 働く条件
    • 勤務時間や休日
    • 福利厚生
    • 経営方針

    現在の仕事も上記の条件に照らし合わせて考えてみると、比較して転職先の善し悪しが図れます。

    新卒入社後の転職に失敗してしまう原因

    新卒入社後の転職に失敗してしまう原因

    新卒入社後の転職では、残念ながら自分の希望条件に合った企業からなかなか採用がもらえないケースも存在します。

    また、苦労して転職先を見つけたのに、思っていたのと違って再び転職を考える方もいるでしょう。

    なぜ転職に失敗してしまうのか、5つの原因を以下で紹介しますので、目を通してみてください。

    新卒入社後の転職に失敗してしまう原因

    実績やスキルがあまりない

    まずは、新卒入社した企業での実績やスキルがあまりなく、応募先企業にアピールできなかった点が転職失敗の原因と考えられます。

    企業は転職者の実績やスキルを見て、採用することで自社に利益をもたらす人間であるかを判断するからです。

    特にポテンシャル採用も期待できる第二新卒を外れた20代後半以上の方の場合、即戦力としての採用を検討している企業が多いため、実績やスキルのアピールは非常に重要と言えるでしょう。

    企業に対してアピールできるものがないと思った場合でも、一度自己分析やスキルの棚卸しを行い、企業が成長できる根拠を主張できれば、転職に成功する可能性は高まります。

    やりたいことが明確でない

    「新規事業に携わりたい」「長く働ける企業で腰を据えて働きたい」など、転職によりやりたいことが明確でない方は、転職できたとしても苦労するかもしれません。

    転職の目的がはっきりしていないと、実際に働いてからのミスマッチが起きやすいからです。

    目的なく転職活動をしている方は、「転職すること」を目的にしてしまっている場合があります。

    5年後、10年後のありたい姿を明確にイメージし、自分自身の価値観をクリアにしてから転職活動をするのがおすすめです。

    新卒者と同じように転職できると考えていた

    新卒入社後の転職は、新卒者と同じような感覚で臨むと上手くいかない可能性があります。

    新卒者の場合、少しでも多くの会社説明会に足を運んでエントリーシートを提出し、書類選考に通った会社の面接を受けるという流れが一般的です。

    しかし、転職活動ではやみくもに活動しても、入社後に再び転職を考えることになりかねません。

    会社とのミスマッチを防ぐことに重点を置き、「自分がしたい仕事」「自分が貢献できること」を具体的に考えながら転職活動するのがおすすめです。

    自社に関する不満を話しすぎた

    自社に関するネガティブな理由から、転職を考えた方もいるでしょう。

    しかし転職理由として自社に関する不満を正直に話しすぎてしまうと、自分勝手な人だという印象を応募先企業に植え付けてしまうリスクがあります。

    ネガティブな理由から転職を考えていたとしても、「自分のやりたいことはなにか」を明確にして、ポジティブな理由も一緒に考えましょう。

    目先の不満から逃げるためだけの転職活動では、退職理由と志望動機に一貫性を持たせられず、転職活動をスムーズに進められなくなってしまいます。

    焦って転職活動を進めてしまった

    焦って転職活動を進めると、思ったような結果が得られないかもしれません。

    「希望条件に合致する企業が見つからない」「思うように選考を突破できない」と多くの企業を受けても、焦りや不安により思い詰めてしまい、悪いスパイラルに陥ってしまうでしょう。

    転職者採用は企業規模と業界によって状況が異なるため、余裕を持って進めるのがおすすめです。

    転職活動の際は事前準備を入念に行い、時間がかかるものと認識することで焦りや不安から解消されます。

    新卒入社後の転職におすすめの転職サービス5選

    ここでは、新卒入社後の転職におすすめの求人サイトを5つ紹介します。

    すべて無料で利用できる上に、各サイトが転職に役立つサービスを提供している点が特徴です。

    それぞれのサイトの特徴を把握し、自分自身に合ったものを利用することで、転職活動を成功に近づけられるでしょう。

    ぜひ内容に目を通し、気になるサイトに登録してみてください。

    派遣会社名公開求人数特徴詳細
    マイナビAGENT約49,000件
    • 各業界・企業情報に精通したキャリアアドバイザーが在籍
    • リクルーティングアドバイザーにより転職後のミスマッチが起こりにくい

    リクルートエージェント

    約365,000件
    • 60万件以上の求人数
    • 転職支援実績No.1の業界最大手エージェント
    type女性の転職エージェント約9,700件
    • 第二新卒の女性におすすめ
    • 業界25年以上のサポート実績
    doda(デューダ)約230,000件
    • 186万人のビッグデータを利用した診断ツールが豊富
    • 転職フェアを定期開催
    キャリアスタート非公開
    • フリーター・第二新卒・既卒に特化
    • 高待遇求人多数

    (※2023年12月時点)

    業界ごとのアドバイザーがサポート|マイナビエージェント

    マイナビエージェント」は、人材サービス業界大手の株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

    マイナビエージェントには各業界・企業情報に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、求職者の強みや価値観を第三者視点で確認し、適した企業や業界の紹介を受けられます。

    また、企業への営業を⾏う「リクルーティングアドバイザー」は担当している企業へ⾜しげく通い、徹底した情報収集を実施しているため、転職後のミスマッチが起こりにくいのが特徴です。

    はじめての転職で不安を感じている方も、マイナビエージェントであれば、安心のサポートが受けられます。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    60万件を超える求人から探せる|リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は、幅広い求人を保有している新卒入社後の転職におすすめの転職エージェントです。

    求人紹介のほかにも、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など、専任のキャリアアドバイザーの就職支援が受けられます。

    リクルートエージェントは公開求人数だけでも36万件以上と業界最多数を誇る上に、非公開求人も30万件以上と、60万件を超える求人から仕事探しができるのが魅力。

    転職支援実績No.1(※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点)のリクルートエージェントは、はじめての転職に役立つエージェントとしておすすめです。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社

    株式会社リクルート

    公開求人数

    約404,000件

    非公開求人数

    約221,000件

    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年6月時点)

    第二新卒の女性におすすめ|type女性の転職エージェント

    type女性の転職エージェント」は、株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。

    年間5,000名以上の女性の転職相談実績があり、在籍しているアドバイザーは女性の転職に関するノウハウをもとにあなたに合わせた求人を提案してもらえます。

    個別相談会やセミナーも実施しており、キャリアを見直したい方や転職に関する悩みも共有できるため、そもそも自分がどうしたいかまだ明確でない方にもおすすめです。

    女性の理解があるアドバイザーが多数在籍しているため、新卒入社後はじめての転職活動をする方は、type女性の転職エージェントの利用を検討してみてください。

    type女性の転職エージェント|基本情報

    運営会社株式会社キャリアデザインセンター
    公開求人数約9,900件
    非公開求人数約17,000件
    対応地域首都圏中心
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    3分で年収査定を出せる|doda(デューダ)

    doda
    (引用元
    doda

    パーソルキャリア株式会社が運営する「doda」も、新卒入社後の転職におすすめの転職エージェントサービスです。

    「186万人」の転職者ビッグデータを利用し、3分で適正年収がわかる「年収査定」など人気のツールが充実しています。

    ほかにもどんな働き方が向いているかわかる「キャリア診断」や、人気企業に今転職できる可能性を探る「合格診断」などがあるため、まずは診断を受けてみたい方にもおすすめです。

    また、オンラインセミナーなどの転職フェアを定期開催しており、常に最新の情報を得られます。

    新卒入社後の転職活動には、業界トップクラスの求人数を誇るdodaの利用がおすすめです。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    簡単3分!
    エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

    doda公式サイトで無料登録

    正社員就職を目指す第二新卒におすすめ|キャリアスタート

    キャリアスタート」は、キャリアスタート株式会社が運営する転職エージェントサービスです。

    第二新卒やフリーター、既卒など職歴が浅い転職者に特化しており、すぐに退社してしまった方も安心して転職活動を進められるでしょう。

    求人の質も高く、研修制度が充実した企業や大手求人など、ニーズに合わせた提案を受けられます。

    最短1週間で内定を得られる実績もあるため、正社員就職を目指す第二新卒の方は、ぜひキャリアスタートの登録を検討してみてはどうでしょうか。

    キャリアスタートの基本情報

    運営会社キャリアスタート株式会社
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金すべて無料

    (最終更新:24年6月時点)

    新卒入社後に転職するタイミングに関するよくある質問

    新卒入社後の転職タイミングについてよくある質問

    最後に、新卒入社後に転職するタイミングに関するよくある質問と回答を紹介します。

    新卒入社後に転職するタイミングに関するよくある質問

    新卒入社後の転職に不安を感じている方は、事前に目を通すことで安心して活動できるでしょう。

    1年未満で転職する際のデメリットは?

    回答

    新卒1年未満で転職する際のデメリットは以下の通りです。

    • すぐ辞める印象を持たれる
    • 条件が悪化する可能性がある
    • 転職するのに十分な実績・スキルが身についていない

    ただし、上記のデメリットを押してでも転職した方が良いケースもあります。

    十分に検討の上、転職すると決めた際は、早く行動するのが良いでしょう。

    転職を避けた方が良い時期は?

    回答

    転職を避けた方が良い時期として、以下が挙げられます。

    • 2〜3・8〜9月の求人が少ない時期
    • 昇進を打診されたタイミング
    • 妊娠・出産・自宅購入などライフステージの変化があったタイミング

    転職活動は、求人が多い時期に行った方が、自分の希望条件を満たす求人の選択肢が増えるためおすすめです。

    また、近いうちに昇進を控えている場合、昇進した状態の年収から転職先の給与を考えられるようになるため、様子見が良いでしょう。

    また、ライフステージの変化があった場合はキャリアや生活を見直される方が多く、すぐの転職はおすすめできません。

    新卒と第二新卒の違いは?

    回答

    新卒と第二新卒の違いは以下の通りです。

    • 新卒:その年の3月末に学校を卒業する方
    • 第二新卒:卒業後に就職をして、その後に3年以内に離職した方

    就職活動・転職活動においては、第二新卒の方が社会人経験やスキルなどが求められます。

    また、第二新卒は学歴の良さよりも前職で何をしたかが大事なため、アピールできるよう整理しておくのがおすすめです。

    まとめ

    新卒入社後の適切なタイミングを知りたい方に向けて、いつが適切かを入社後年数に分けて紹介しました。

    結論から言うと、入社後3年での転職が、社会人としての最低限のマナーやスキルが身についていながらポテンシャルも高いという点から目安となるタイミングです。

    しかし、業種や職種により一概には言えないため、自分のやりたいことを明確にして今と思うタイミングで転職活動をするのが良いでしょう。

    新卒入社後の転職活動は新卒の就活と異なり、実績やスキルが大切になります。

    本記事でおすすめした転職サイトを使えば無料でキャリアアドバイザーのサポートが受けられるため、自分でも気づかなかった強みを見つけられるでしょう。

    派遣会社名公開求人数特徴詳細
    マイナビAGENT約49,000件
    • 各業界・企業情報に精通したキャリアアドバイザーが在籍
    • リクルーティングアドバイザーにより転職後のミスマッチが起こりにくい

    リクルートエージェント

    約365,000件
    • 60万件以上の求人数
    • 転職支援実績No.1の業界最大手エージェント
    type女性の転職エージェント約9,700件
    • 第二新卒の女性におすすめ
    • 業界25年以上のサポート実績
    doda(デューダ)約230,000件
    • 186万人のビッグデータを利用した診断ツールが豊富
    • 転職フェアを定期開催
    キャリアスタート非公開
    • フリーター・第二新卒・既卒に特化
    • 高待遇求人多数

    (※2023年12月時点)

    上記サイトを利用して、転職に適するタイミングを見極めつつ、希望条件に合った企業探しをしてみてください。

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE