Operated by Ateam Inc.

イーデス

辞めてからの転職活動は可能?不利?メリットや成功のポイントも解説

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

転職を考えたとき、「仕事を辞めてから転職活動をしても大丈夫?」と気になる方は多いでしょう。

仕事を辞めてから転職活動を行うことは可能ですが、ブランク期間が長引くとさまざまなデメリットがあるので注意が必要です

仕事を辞めてから転職活動を行う場合は、メリット・デメリットを把握したうえで計画的に進めましょう。

本記事では、仕事を辞めてから転職活動をするメリットとデメリット、転職成功のポイントなどについて解説します。

仕事をしながら転職活動をした方が良いのか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

    気になる内容をタップ

    仕事を辞めてから転職活動を行うことは可能?

    仕事を辞めてから転職活動を行うことは可能?

    仕事を辞めてから転職活動を行うことは可能ですが、どのタイミングで転職活動をしている人が多いのか気になるでしょう。

    株式会社ビズヒッツ」が実施したアンケートによると、7割以上の人が「働きながら転職活動をした方が良い」と回答しています。

    働きながらの方が、「経済面の安心感がある」「ブランク期間が発生しない」という理由が多いです。

    ただし、仕事を辞めてからの転職と、仕事を続けながらの転職のどちらが良いかは、状況により異なります。

    それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、転職活動を行うタイミングを検討しましょう。

    仕事を辞めてから転職活動をするメリット

    仕事を辞めてから転職活動をするメリット

    仕事を辞めてから転職活動をする最大のメリットは、転職活動に専念できることです。

    採用試験のスケジュール調整などで悩むことなく、スムーズに転職活動を進められるでしょう。

    ここでは、仕事を辞めてから転職活動をするメリットについて解説します。

    仕事を辞めてから転職活動をするメリット

    メリット1.転職活動に十分な時間が取れる

    仕事を辞めてから転職活動を行うメリットは、十分な時間を確保できることです。

    仕事をしながらの転職活動は、仕事後か休日しか時間を取れませんが、仕事を辞めてからなら転職活動に専念できます

    「求人探しにじっくり時間をかけられた」「応募書類の作成や選考対策を万全にできた」など、転職活動のクオリティにも満足できるでしょう。

    とくに、現職が激務でほとんど時間を確保できない場合、辞めてから転職活動を行う方がメリットは大きいです。

    転職活動に専念し、納得できる転職を実現したいなら、仕事を辞めてからの転職活動を検討しましょう。

    メリット2.スケジュール調整をしやすい

    仕事を辞めてから転職活動を行えば、スケジュール調整がしやすく、転職活動がスムーズに進みます

    転職活動では、複数の企業や転職エージェントとやり取りを行うため、突発的に面接の予定が入るケースも多いです。

    仕事をしていると「気になる企業の見学に行けない」「面接日に休みを取れない」などの事態が生じ、転職活動の妨げになります。

    とくに、1社だけでなく複数社に応募している場合は、採用試験のためにスケジュールを調整しなければいけません。

    しかし、仕事を辞めてから転職活動を行えば、企業見学の日程や面接日の調整が可能です。

    スケジュール調整をスムーズに行って選考を有利に進めたい場合は、仕事を辞めてからの転職を検討しましょう。

    メリット3.失業手当を利用できる

    仕事を辞めてから転職活動を行う場合、失業手当(※)を利用できることはメリットです。

    万が一、転職期間が長期化しても、失業手当を受け取れば最低限の生活を確保できるため、転職活動に専念できるでしょう。

    仕事を続けながらの転職活動は厳しい状況になることが多く、失業手当を受け取りながら転職活動を行う方が余裕がある、という声もSNS上に見られました。

    失業手当を受け取るには、ハローワークでの手続きが必要です。

    ハローワークでの失業手当の受給手続きについて知りたい人は、「ハローワークインターネットサービス」をご覧ください。

    ※失業手当(基本手当)とは

    失業手当(基本手当)は、失業した人の生活と再就職をサポートする制度です。

    受給期間や受給額、受給の条件は状況により異なるので、あらかじめ「ハローワークインターネットサービス」にて確認しておきましょう。

    メリット4.採用後すぐに勤務開始できる

    仕事を辞めてから転職活動をすれば、採用後すぐに勤務を開始できます。

    仕事を辞めていれば、内定後に退職交渉や引き継ぎ、各種手続きなどを行う必要がないからです。

    また、退職予定日が明確に決まっていない求職者は、採用を見送られるケースもあります。

    とくに、「人手不足のため急募」などの求人の場合、すぐに勤務できる人を優先して採用することも少なくありません。

    仕事を辞めてからの転職なら採用後すぐに勤務できるため、チャンスを逃すことなく、転職活動で有利になる場合もあるでしょう。

    仕事を辞めてから転職活動をするデメリット

    仕事を辞めてから転職活動をするデメリット

    仕事を辞めてから転職活動をすることは、メリットもあればデメリットもあります。

    仕事を辞めてしまうと、転職先が決まるまで無収入になることが最大のデメリットです。

    他にも、仕事を辞めてからの転職活動にはいくつかデメリットがあるため、あらかじめチェックしておいてください。

    仕事を辞めてから転職活動をするデメリット

    デメリット1.経済的な余裕がなくなる可能性がある

    転職先が決まる前に仕事を辞めてしまうと、経済的な余裕がなくなる可能性があります。

    転職活動が想定以上に長期化した場合、無収入の状態が続くからです。

    失業手当を受給できたとしても生活するうえで十分ではなく、生活を切り詰めなければいけません。

    生活費に余裕がなくなると、焦りから十分な企業研究ができなかったり、十分な選考対策を行う余裕がなかったりと、転職活動に悪影響が及びます。

    中途半端な状態で臨んだ面接試験でうまくいかなかった場合、後悔してしまうこともあるでしょう。

    仕事を辞めてから転職活動を行うなら、生活費を貯めておく必要がある、という声もSNS上にありました。

    経済的な不安が生じないように、仕事を辞める前に「十分な生活費があるかどうか」を確認しておきましょう。

    デメリット2.焦りから希望条件を妥協してしまう

    仕事を辞めてから転職活動を行うと、焦りから希望条件を妥協してしまうことがデメリットです。

    採用試験で不合格が続き、転職先がなかなか決まらずに転職期間が長引くと、精神的に不安や焦りを感じるでしょう。

    転職活動が長期化するほど余裕がなくなって、妥協する人は多いです。

    また、転職活動を行っている期間は無職のため、金銭的な理由からも焦りが生じます。

    精神的な余裕を持って転職活動を行いたい人は、仕事を続けながら転職活動を行いましょう。

    デメリット3.ブランクにより転職で不利になりやすい

    職歴にブランクが生じると、転職で不利になりやすいので注意が必要です。

    現場から離れている期間が長くなると、採用担当者は「スキルが不十分ではないか」と不安になります。

    また、「働く意欲がないのでは?」と、仕事に対するモチベーションの低さを懸念される可能性もあるでしょう。

    ブランクが生じた理由を明確に答えられる場合は良いですが、曖昧な理由の場合は、スキルや意欲に関してマイナスイメージを持たれることが多いです。

    ブランク期間がどんどん長くなり、なかなか内定をもらえないことにきつさを感じる場合もあります。

    ブランクによって転職活動で不利になるのを避けたいなら、仕事を続けながら転職活動を行う方が無難です。

    仕事を辞めてから転職しても良い人は?

    仕事を辞めてから転職しても良い人は?

    仕事を辞めてから転職するメリット・デメリットをお伝えしましたが、結局、辞めた後が良いのか、辞める前が良いのか迷う方もいるでしょう。

    以下に、仕事を辞めてから転職しても良い人の特徴をまとめました。

    仕事を辞めてから転職しても良い人の特徴

    • 転職先をすぐに決められる自信がある
    • 転職に向けて資格を取得したい
    • 現職を続けることで心身に不調をきたしている

    転職先をすぐに決められる自信がある人は、ブランク期間が生じないので、仕事を辞めてから転職活動をしても問題ありません。

    また、目標のキャリアプランを達成するために資格取得が必要であれば、仕事を辞めてから転職活動の準備に専念するのも良いでしょう。

    なお、身体に不調があるなど、現職を続けられない明確な理由がある場合は、転職活動前に体調を整えるためにも、先に退職することをおすすめします。

    ただし、ブランク期間が生じる明確な理由がなく、転職先の目途が立っていない場合は、転職前に仕事を辞めるデメリットの方が多いです。

    経済的・精神的な負担が生じないように、転職前に仕事を辞めるかどうかを検討しましょう。

    仕事を辞めてから転職活動を行う際の成功ポイント

    仕事を辞めてから転職活動を行う際の成功ポイント

    仕事を辞めてから転職活動を行う際は、ブランク期間が長引かないように効率的に進める必要があります。

    また、保険制度の確認や生活費の確保など、転職活動期間中の生活についても考慮することが大切です。

    ここでは、事を辞めてから転職活動を行う際の成功ポイントについて解説しているので、参考にしてみてください。

    仕事を辞めてから転職活動を行う際の成功ポイント

    ポイント1.雇用保険について調べておく

    仕事を辞めてから転職活動を行うなら、雇用保険制度について調べておくことをおすすめします。

    失業手当を受給できれば、転職活動期間中の生活費を確保できるからです。

    なお、失業手当に関しては、自己都合もしくは会社都合など、退職の状況により条件が異なります。

    自己都合退社の待期・受給期間手続き後7日+3ヶ月経過日の翌日分より 90~150日間
    会社都合退社の待期・受給期間手続き後7日の翌日分より 90~330日間

    (参考:基本手当について|ハローワーク

    自己都合退社の場合は、手続き後3ヶ月以上が経過しないと失業手当を受給できないことに加え、受給期間も短くなります。

    ただし、以下の場合は、会社都合の退職とみなされる可能性があるので、あらかじめ確認しておいてください。

    会社都合の退職とみなされるケース

    • 給与の減額や未払いがある
    • 遠方への転勤を余儀なくされた
    • 会社で不祥事が生じた
    • 通勤が困難な場所に会社が移転した...など

    (参考:特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲と判断基準|厚生労働省

    上記の特例については、必要書類の提出を求められる可能性があるため、事前に確認しておきましょう。

    転職活動をスムーズに進めるためにも、雇用保険制度を最大限に活用できるように準備しておいてください。

    ポイント2.生活費を確保しておく

    仕事を辞めてから転職活動を行うなら、転職期間中の生活費を確保しておきましょう

    転職活動が想像以上に長引いた場合、経済的に余裕がないと、希望条件を妥協してしまう可能性があるからです。

    また、仕事を辞めてから転職活動を行う場合は、家族の生活にも影響するため、協力を得られるように家族からの理解を得ておく必要があります。

    さらに、転職活動中は、採用試験のための交通費などの出費もあるため、生活費以外も考慮しておくことが大切です。

    十分な生活費を確保し、家族からの同意も得たうえで、安心して転職活動を行いましょう。

    転職活動の目安の期間については、以下の記事も参考にしてみてください。

    ポイント3.入社希望時期を明確に設定する

    仕事を辞めてから転職活動をする場合は、入社希望時期を明確に設定しておきましょう。

    転職活動では、求人探しや情報収集、応募書類の作成や選考対策など、やるべきことが多数あります。

    スケジュールを意識して効率的に転職活動を行わないと、ブランク期間が長期化して、転職で不利になるため注意が必要です。

    「1ヶ月以内で転職先を決める」「2週間は選考対策に専念する」など、入社希望時期を明確に決めておけば、逆算して計画的に進められます。

    転職期間を無駄に長引かせないためにも、ゴールを決めて効率的に転職活動を進めましょう。

    ポイント4.転職エージェントを活用する

    仕事を辞めてから転職活動を行う際は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

    転職エージェントは希望に合った求人を紹介してくれるだけでなく、応募書類の作成や面接日の調整、選考対策までサポートしてくれます。

    転職エージェントの仕組み

    自分一人で行うと膨大な時間がかかる場合もありますが、転職エージェントのサポートを受ければスムーズに進むでしょう。

    仕事を辞めてから転職活動を行うなら、できるだけ短期間で転職先が決まるように、転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめです。

    転職活動を効率的に進めたい方におすすめの転職エージェント

    転職活動を効率的に進めたい方におすすめの転職エージェント

    転職活動を効率的に進めるには、サポートの充実した転職エージェントを活用することをおすすめします。

    仕事を辞めてから転職活動を行う場合、ブランク期間の長期化を避けるためにも、効率が何よりも重要です。

    ここでは、厳選した3つの転職エージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    リクルートエージェント
    • 業界トップクラスの求人数を誇る
    • 幅広い業種・職種の求人を保有
    マイナビエージェント
    • 20代の転職支援に強い
    • 無期限でサポートを受けられる
    doda
    • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い
    • 転職サイトとしてもエージェントとしても使える

    本記事で紹介する3社は「転職エージェントおすすめ8選!現役キャリアアドバイザーが選び方を徹底解説」から、厳選した転職サービスです。

    他の転職サービスもチェックしたい方は、ぜひご覧ください。

    業界最大級の求人数を誇る「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、業界最大の求人数を保有している転職エージェントです。

    非公開求人も多数保有しているため、多くの求人から転職先を比較検討できます。

    各業界に精通したアドバイザーが希望に合う求人を厳選して紹介してくれるので、スムーズに転職先を見つけられるでしょう。

    また、応募書類の作成や面接対策などのサポートも充実しているので、転職に不安がある方にもおすすめです。

    幅広い求人から選びたい方は、ぜひリクルートエージェントに登録してみてください。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約394,000件

    非公開求人数約219,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年5月時点)

    第二新卒向けの求人を多数保有している「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント」は、第二新卒・20代などの若手の転職におすすめの転職エージェントです。

    20代・30代向けに厳選した求人を扱っており、「20代の転職エージェント満足度No.1」にも選ばれています。

    応募書類の添削や面接対策などの転職サポートはもちろん、無期限でサポートを受けられることもメリットです。

    第二新卒向けの求人をチェックしたい方は、ぜひマイナビエージェントに登録してみてください。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    転職サイトとしても活用できる「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、人材業界大手の「パーソルキャリア」が運営する転職サービスです。

    サポートを受けながら「転職エージェント」として利用できるほか、「転職サイト」としても活用できます。

    自分で求人を探し、自分で応募することも可能なので、自分のペースで転職活動を進めらるでしょう。

    アプリが使いやすいと評判なので、スキマ時間を有効活用して、簡単に求人検索ができます

    また、dodaも求人数が多く、幅広い業界・職種の求人を保有していることも強みの1つです。

    マイペースに転職活動を進めたい方や、たくさんの求人を比較検討したい方は、ぜひ利用してみてください。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    20代の転職では辞める前に転職活動をするのがおすすめ

    20代の転職では辞める前に転職活動をするのがおすすめ

    20代で転職を検討しているなら、仕事を辞める前に転職活動をするのがおすすめです。

    20代は入社してからの期間が短いので、「辞め癖があるのでは?」「何か問題があるのでは?」と採用担当者からの印象が悪くなる可能性があります。

    アピールできる実績やスキルも不十分であるケースが多いので、想定以上に転職活動期間が長引くリスクも考慮しておきましょう。

    また、20代でブランク期間が長いと、今後のキャリアプランに悪影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。

    20代で転職するなら、できるだけブランク期間が生じないように、仕事を続けながら転職活動をすることをおすすめします。

    まとめ

    仕事を辞めてから転職活動を行うメリットもありますが、デメリットも多いので慎重に検討することが大切です。

    以下に、仕事を辞めてから転職活動を行うメリット・デメリットを再度ご紹介しておきます。

    仕事を辞めてから転職活動をするメリット

    • 転職活動に十分な時間が取れる
    • スケジュール調整をしやすい
    • 失業手当を利用できる
    • 採用後すぐに勤務開始できる

    仕事を辞めてから転職活動をするデメリット

    • 経済的な余裕がなくなる可能性がある
    • 焦りから希望条件を妥協してしまう
    • ブランクにより転職で不利になりやすい

    仕事を辞めた後なら、転職活動に専念できることは大きなメリットですが、長期的なブランクが生じた場合のデメリットは大きいです。

    資格取得などの目的がある方は、仕事を辞めてからでも問題ありませんが、特別な理由がないなら内定後に退職したほうが良いでしょう

    また、効率的に転職活動を行うには、転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめです。

    本記事でご紹介した転職エージェントを活用し、理想の転職を実現させましょう。

    本記事で紹介した転職エージェント・転職サイト

    リクルートエージェント
    • 業界トップクラスの求人数を誇る
    • 幅広い業種・職種の求人を保有
    マイナビエージェント
    • 20代の転職支援に強い
    • 無期限でサポートを受けられる
    doda
    • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い
    • 転職サイトとしてもエージェントとしても使える

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.