Operated by Ateam Inc.

イーデス

ドコモ光の解約方法は?インターネット・電話での解約はできるのか解説

最終更新日:

ドコモ光の解約方法
引越し
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

本記事では、auひかりの解約方法や違約金・手続きの方法を解説します。

ドコモ光を解約する手順

別回線へ乗り換えを検討の方は以下表を参考にしてください!

⇩ボタンで切り替えるとより詳しい情報が見れます⇩


光回線名おすすめキャリア特徴詳細
ドコモ光docomo
  • 最大35,000円の高額キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
ソフトバンク光ソフトバンク(SoftBank)
  • 10ギガ新規申し込みで回線月額基本料が6ヵ月500円・工事費相当額キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大59,800円キャッシュバック
auひかりau
  • auスマホセットで毎月最大1,100円割引
  • 他社の違約金を最大3万円負担
NURO光ソフトバンク(SoftBank)
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • 工事費が実質無料
ビッグローブ光au
  • 「auスマートバリュー」で最大1,100円割引
  • 「UQモバイル自宅セット割」で毎月最大63,00円割引
光回線名おすすめキャリア特徴詳細
auひかりau
  • 最大82,000円の高額キャッシュバック
  • 工事費26,400円が無料
ドコモ光docomo
  • 最大35,000円の高額キャッシュバック(オプション条件なし)
  • 新規工事費が無料
NURO光ソフトバンク(SoftBank)
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • 工事費が実質無料
ソフトバンク光ソフトバンク(SoftBank)
  • 他社から乗り換えで最大59,800円の高額キャッシュバック
  • 他社回線の違約金・工事費を100%満額還元
ビッグローブ光au
  • 「auスマートバリュー」で最大1,100円割引
  • 「UQモバイル自宅セット割」で毎月最大63,00円割引
光回線名おすすめキャリア特徴詳細
NURO光ソフトバンク(SoftBank)
  • 最大2Gbps・通常プラン速度が速い
  • 2Gbpsにもかかわらず月額料金が安い
auひかりau
  • 独自回線のため通信速度が速い
  • 開通工事費が実質無料
ソフトバンク光ソフトバンク(SoftBank)
  • フレッツ光と同じ回線(マンションでも安心)
  • 他社回線の違約金・工事費を100%満額還元
ドコモ光docomo
  • フレッツ光と同じ回線(マンションでも安心)
  • 新規工事費が無料
ビッグローブ光au
  • 最大通信速度(下り)が1Gbps
  • 最大68,000円の高額キャッシュバックか月額料金割引の特典

気になる内容をタップ

ドコモ光を解約する手順

ドコモ光を解約する際は以下の5STEPの手順で手続きができます。

ドコモ光を解約する手順

契約内容によっては不要なSTEPもあります。

それぞれ詳しく紹介していきます。

解約に必要なものを用意する

解約手続きを始める前に、ドコモ光の解約に必要となるものを用意してください。

ドコモ光の解約には以下のものが必要になります。

ドコモ光の解約に必要なもの

  • 契約ID(お客様ID)またはドコモの携帯電話のネットワーク暗証番号(4桁)

ドコモ光の契約IDとは「CAF +10桁の数字」または「COP+8桁の数字」で構成される英数字のことです。

分からない場合はMy docomoから確認できます。または契約時にドコモ光から送られた「開通のご案内」の書面に記載があります。

上記は本人確認のために必要です。ドコモのネットワーク暗証番号でも手続きできるので、どちらかをすぐに答えられるように用意しておきましょう。

ドコモ光に解約手続きをする

ドコモ光の解約は以下の窓口で手続きができます。

ドコモ光の解約手続き受付窓口

  • Web
    受付時間:24時間受付
  • ドコモショップ
    受付時間:店舗営業時間による
  • ドコモインフォメーションセンター
    ドコモ携帯から:151
    一般電話から:0120-800-000
    受付時間:午前9時~午後8時

このうち電話での手続きが手間なく簡単です。

電話・Webで手続きする手順を紹介します。

電話でドコモ光の解約を手続きする方法

まずは、次のドコモインフォメーションセンターに電話してください。

ドコモインフォメーションセンター

  • 電話番号:0120-800-000
    (ドコモ携帯からは151)
  • 受付時間:午後9時~午後8時(年中無休)

総合受付の電話番号のため、電話をかけると自動音声ガイダンスが流れます。手続きによってダイヤルプッシュで案内先が変わります。

解約手続きの場合は、「7→1→4」でオペレーターに直接通話できるようになります。

オペレーターにつながったら、ドコモ光を解約したい旨を伝えましょう。

あとはオペレーターに聞かれたことに答えるだけで手続きが完了します。

解約を引き止められることがあるかもしれませんがきっぱりと「解約します」と伝えるようにしましょう。

Webでドコモ光の解約を手続きする方法

Webの場合は24時間手続きができます。

Webでドコモ光の解約手続きを行う方法

  • 解約申し込み用のWebページにアクセスする
  • 「解約する」にチェックを入れる
  • 契約情報が現在の住所と相違ないか確認する
  • 「次に進む」を選択する
  • dアカウントのIDを入力する
  • 画面の指示に従い、解約を申し込む

以上でWebでの解約申し込みが完了します。

単独タイプの場合は別途プロバイダへ解約の連絡をする

単独タイプやドコモ光タイプCの契約の場合は、別途契約するプロバイダへの解約申し込みが必要です。

ドコモ光はプロバイダ一体型の契約のため、タイプA・タイプBなどのプランの場合は、ドコモ光解約時にプロバイダ契約も解除されます。

ただし、単独タイプやドコモ光タイプCは別途プロバイダを契約するプランのため、同時に解約がされません。契約者が個別にプロバイダへ解約の連絡をする必要があります。

解約の連絡を忘れてしまうと、プロバイダ料金のみ請求され続けてしまうため、必ず忘れないようにしましょう。

単独タイプやタイプCの契約の場合はプロバイダへも解約申し込みをしてください。

ドコモ光からレンタルしていた機器を返却

解約をしたら、ドコモ光からレンタルしていた以下の機器をドコモ光に返さないといけません。

ドコモ光に返却が必要な機器の例

  • 無線LANルーターなど
  • ホームゲートウェイ
  • ONU

解約申し込み後、自宅に返却用のキットが送付されます。キットには返却が必要な機器のリストが記載されています。同封されている封筒にモデムやルーターを入れて、ドコモ光に返却するようにしてください。

撤去工事が必要な場合は、工事日に工事担当者が返却が必要な機器を持ち帰ってくれるため返却の手間がありません。

機器はドコモからレンタルしているもののため、返却を忘れると機器の実費を請求されてしまう可能性があります。

必ず期日までに機器を返却して、解約手続きを完了させるようにしてください。

必要な場合は撤去工事を行う

ドコモ光解約時には特別な解約工事などは不要です。ただし、一部の以下ケースに限り、撤去工事が必要なことがあります。

ドコモ光の撤去工事が必要なケース

  • 賃貸物件で管理会社から撤去工事の指示があった場合
  • 光コラボ以外の回線に乗り換える予定で、回線会社から指示があった場合

ドコモ光の撤去工事は原則無料です。

賃貸物件の場合、退去の際に入居時と同じ状態に戻す「原状回復」という義務が入居者に発生します。原状回復のために光回線の設備の撤去を求められるケースがあります。

ただし、管理会社にとってもNTTの回線設備があることは大きなデメリットにはならないため、回線の撤去工事は不要としていることが多いです。またもともとフレッツ光の設備があった場合、撤去工事は不要です。事前に管理会社へ確認しておくことをお勧めします。

一方ドコモ光からauひかりやNURO光など光コラボレーション回線以外の回線に乗り換えるときに、撤去工事が必要となるケースがあります。

光コラボレーション回線ではない光回線は、フレッツ光のサービスとは異なる回線インフラを使ってサービスを提供しています。このため、フレッツ光の設備が残っていると、乗り換え先の回線の開通工事ができなくなってしまう場合があります。

撤去工事が不要なケースもあるため、この場合も乗り換え先の工事担当会社に聞くなどしておくのがおすすめです。

支払い証明書の発行

ドコモ光から別の回線に乗り換える場合、乗り換え先の回線事業者が違約金などを負担してくれるキャンペーンを実施している場合があります。
その際に、解約証明書が必要になることが多いのですが、ドコモ光では「支払証明書」がそれに該当します。
解約の際には念の為支払い証明書を発行するようにしましょう。

支払い証明書はドコモ光に伝えれば1枚あたり440円で発行してもらうことができます。
以下の電話番号にかけると手配してもらえるので、乗り換え先の違約金負担キャンペーンの利用を考えている場合は申込みしましょう。

ドコモインフォメーションセンター

  • 電話番号:0120-800-000
    (ドコモ携帯からは151)
    音声ガイダンススキップ番号「6」
  • 受付時間:午後9時~午後8時(年中無休)

ドコモ光から事業者変更をする

ドコモ光から他社の光コラボレーション回線に乗り換える場合は、解約手続きではなく「事業者変更手続き」が必要になります。

光コラボレーション系回線は、どのサービスも同じフレッツ光のインフラを使ってサービスを提供しています。このためドコモ光から他社の光コラボへの乗り換えでは、開通工事が必要なく、簡単な事業者変更手続きのみで乗り換えできます。

事業者変更の手順は以下の通りです。

ドコモ光から事業者変更をする方法


  • Web・電話・ドコモショップで事業者変更承諾番号を取得する
  • 乗り換え先の光回線事業者に事業者変更での申し込み手続きをする
  • 取得した事業者変更承諾番号を伝える
  • 開通手続きを完了させる

事業者変更承諾番号はドコモ光から取得します。

電話での取得の場合は以下の窓口に電話しましょう。

ドコモ光の事業者変更受付窓口

  • 電話番号
    • 151
    • 0120-800-000
      ※音声ガイダンススキップ番号「7」⇒「1」⇒「3」
  • 受付時間
    • 午前9時~午後8時

事業者変更承諾番号は取得日を含み15日間の有効期限があります。

過ぎてしまった場合は再度取得する手間が発生するため、取得後は早めの申し込み手続きを行ってください。

以上でドコモ光の事業者変更手続きが完了します。

ドコモ光の解約手続きを行う必要はありません。

ドコモ光解約時に必要な費用

ドコモ光では、解約をするにあたって次の費用が発生してきます。

ドコモ光の解約時に必要な費用

  • プロバイダ違約金
  • 機器の撤去工事費用
  • 初期工事費用 分割払いの残額分
  • ドコモ光の解約金

ただ、解約時期によってはそれらがかからないケースもあるので、以下で詳しく解説していきます。

プロバイダ違約金

単独プラン・タイプCプランを契約している場合、プロバイダの違約金が発生することがあります。

プロバイダの解約金は3,000円~10,000円が相場となっています。

先述の通り、ドコモ光はプロバイダ一体型プランですが、単独プラン。タイプCは個別でプロバイダと契約する形をとります。

このため、プロバイダによっては契約期間中の解約に場合、プロバイダの解約違約金を請求されることがあります。

契約しているプロバイダに確認し、違約金が発生しないかどうか確認するようにしましょう。

機器の撤去工事費

先述の通り、ドコモ光の解約時は撤去工事が必要になることがあります。

ドコモ光の撤去工事費は原則無料ですが、修復工事などが必要になる場合は費用が発生します。

賃貸物件の場合、例えば剝がれてしまったクロスの張り直しや破損した部位の修復が必要になります。

先ほど説明したように、撤去工事自体が不要なケースも多いため、事前に管理会社に問い合わせて、撤去工事が必要かどうか、必要な場合は修繕は必要かどうかを確認するようにしましょう。

初期工事費用 分割払いの残額分

ドコモ光の工事費を分割で支払いしていて、完済していないタイミングで解約する場合、解約時に残債分を全て支払う必要があります。

工事費の残債は最大で19,800円ほどかかります。

ドコモ光の基本工事費
契約期間一括払い分割払い(12回)分割払い(24回)
戸建て19,800円1,650円×12回825円×24回
マンション16,500円1,375円×12回687円×24回

※2023年9月時点

例えば戸建てで24回払いを指定していて、12か月で解約すると、残額の9,900円を支払う必要があります。

ただし、ドコモ光の「新規開通工事費無料キャンペーン」を利用して契約していた場合は残債が発生しません。

解約時には工事費がいくら残っているか確認するようにしましょう。

ドコモ光の解約金

ドコモ光は2年の契約期間中の解約の場合、以下の解約金が発生します。

ドコモ光の違約金
契約期間戸建てマンションドコモ光ミニ
2022年7月1日以降に契約した場合5,500円4,180円2,970円
2022年6月30日以前に契約した場合14,300円8,800円14,300円

※2023年9月時点

ドコモ光は2022年7月1日でサービス変更があり、違約金に係る費用が大幅に減額されました。ただし、2022年6月30日以前に契約された方は、高めの違約金となっています。

ただし、契約更新月にあたる契約満了月の当月・翌月・翌々月は違約金不要で解約できます。契約更新月の確認方法については「更新月の確認方法」で紹介しているので参考にしてください。

解約金をかけずに解約するには

解約金がかかってしまう旨について、これまで触れてきましたが、実はその解約金をかけずに解約する方法があります。

解約金をかけずに解約する方法

それぞれの方法について解説します。

乗り換え先のキャンペーンを利用する

ドコモ光を解約して別の光回線に乗り換える場合、乗り換え先によってはドコモ光を解約する際にする費用の内、以下の解約費用を負担してくれる「違約金負担キャンペーン」を行っている場合があります。

違約金負担キャンペーンで負担してもらえる費用

  • 撤去工事費用
  • 解約違約金

2024年3月現在、主に以下の光回線で違約金負担キャンペーンを実施しています。

違約金負担キャンペーンを行っている主な光回線

更新月に解約する

通常、ドコモ光では解約をすると解約金が発生することになりますが、例外として予め設けられている以下の契約更新月に解約をすると、解約金がかからなくなります。

ドコモ光の契約更新月

契約満了月の当月・翌月・翌々月

例えば契約満了月が2024年の1月だった場合、2024年1月,2月,3月が契約更新月にあたります。

この契約更新月に解約手続きを行えば、解約金はゼロ円となるので、解約金を抑えたい場合は是非この期間に解約をするようにしましょう。

更新月の確認方法

ドコモ光の契約更新月はMy docomoで確認できます。

ドコモ光の契約更新月の確認方法


  • My docomoにログインする
  • 「契約内容・手続き」をタップする
  • 「すべてのご契約内容の確認」をタップする
  • 「ご契約プラン」をみる

上記で調べると、現在の契約年月がわかります。

またドコモインフォメーションセンターに電話で確認することもできます。

ドコモインフォメーションセンター

ドコモ携帯から:151
一般電話から:0120-800-000
※受付時間:午前9時~午後8時

解約したいタイミングが契約更新月と近い場合は、タイミングを合わせて解約するようにしましょう。

ドコモ光の解約時の注意点

ここまでドコモ光の解約に関して解説してきました。

ドコモ光解約時に事前に確認しておきたい注意点は以下の通りです。

ドコモ光解約時の注意点

  • ドコモスマホとのセット割が利用できなくなる
  • 引越しの場合は解約手続きではなく移転手続き
  • メールアドレスが使えなくなる
  • ドコモ光電話が使えなくなる可能性

解約後だと取り返しがつかないケースもあるため、必ず事前に確認するようにしてください。

ドコモスマホとのセット割が利用できなくなる

ドコモ光の契約時に、ドコモスマホとのセット割を適用させていた場合、ドコモ光の解約と同時にセット割が適用されなくなってしまいます。

ドコモスマホとセット割引が適用できるのはドコモ光のみのため、ドコモスマホの割引が効く光回線は他にありません。

ドコモ光セット割は最大で1,100円/月割引が適用されるサービスのため、スマホ料金が割高になってしまいます。

自分がセット割の対象になっているかどうかを、解約検討の段階で確認しておくようにしましょう。

転居の場合は解約手続きではなく移転手続き

光回線事業者によっては、転居をする場合は一度解約をしてから再契約が必要になるケースもありますが、ドコモ光の場合は継続契約が可能です。

ただし、なんの手続きもいらないということではなく、移転手続きが必要になってきます。 転居の際は忘れずに移転手続きを行いましょう。

移転手続きの手順


  • 引っ越し先が提供エリア内かどうか確認する
  • Web・電話・店舗で移転の申し込みをする
  • 移転元・移転先の工事日の予約をとる
  • 移転元での工事を受ける
  • 引っ越し先での工事を受ける
  • 接続設定を行う

転居先で改めて設置工事などが必要になるため、移転手続きには手数料2,200円+工事費(最大19,800円)がかかってきます。
以下のページから工事料金のシミュレーションができるので事前に確認してください。

工事料金シミュレーション

メールアドレスが使えなくなる

ドコモ光を解約すると、プロバイダが提供していたオプションサービスなども同時に利用できなくなってしまいます。
特に影響の大きいものとして、プロバイダが提供しているメールでしょう。

普段使っていないメールアドレスであれば良いのですが、活用しているメールアドレスの場合は、Gメールなど他のメールアドレスを今後使っていくようにしなければいけません。

新しいメールアドレスを周囲に伝える必要が出てきますが、例外として、有料オプションで解約後も引き続きメールアドレスを使えるプロバイダも存在しています。

料金も定額で月額220円ほどの事が多いので、メールアドレスの変更が難しい場合は検討してみてください。

ドコモ光電話が使えなくなる可能性

ドコモ光の解約に伴って、固定電話が使えなくなる可能性があるため、注意が必要です。

具体的には、現在利用している固定電話が、ドコモ光電話契約時に新たに発番した番号だった場合、ドコモ光の解約をすることで電話も使えなくなってしまいます。

もともとNTTから発番された加入電話の場合は、「アナログ戻し」という手続きを行うことで、引き続き電話を利用することが可能です。

アナログ戻しについては、ドコモ光の解約手続きを行う前に手続きが必要です。
以下の手順でアナログ戻しの手続きを行ってください。

アナログ戻しの手順


  • 局番無しの「116」に電話してNTTにアナログ戻しを申請する
  • 工事日の調整を行う
  • 工事に立ち会う

※手続きには2000円から最大12000円ほど費用が発生します。

ドコモ光からの乗り換えでおすすめの光回線

ドコモ光からの乗り換えでお勧めの光回線は以下の通りです。

ドコモ光からの乗り換えでおすすめの光回線

  • ahamo光
  • ソフトバンク光
  • NURO光

それぞれ紹介します。

ahamo光

ahamo光の概要
戸建てマンション
月額料金4,950円3,630円
工事費19,800円16,500円
最大通信速度1Gbps1Gbps
契約解除料4,950円3,630円

(2023年9月時点)

ahamo光はドコモのオンライン専用ブランド「ahamo」ユーザー専用の光コラボレーション回線サービスです。

ドコモ光と同じ光コラボレーションサービスですが、月額料金がドコモ光よりも安くなっています。

またドコモ光からahamo光への乗り換えの場合、解約ではなくプラン変更で手続きができます。

ドコモ光からahamo光へプランを変更する方法

  • スマホのプランをahamoにする
  • My docomoにdアカウントでログインする
  • 「お手続き」から「ドコモ光 契約内容確認」に進む
  • 「料金プラン」で「ahamo光」を選択する

ドコモ光と比べても安いため、ドコモ光の解約を機に、スマホもahamoへ、光回線はahamo光にするとお得になります。

スマホの料金プランと併せて、通信費全体を見直したい方におすすめの光回線となっています。

ソフトバンク光

ソフトバンク光の概要
戸建てマンション
月額料金5,720円4,180円
工事費19,800円16,500円
最大通信速度1Gbps1Gbps
契約解除料5,720円4,180円

※2023年9月時点

ソフトバンク光は簡単な手続きでドコモ光から乗り換えたい人におすすめの光回線です。

ソフトバンク光もドコモ光と同じ光コラボレーション回線のため、解約手続きではなく事業者変更手続きで乗り換えができます。
事業者変更手続きの場合、新規開通工事は不要で簡単な手続きで乗り換えが可能です。

月額料金はドコモ光と比べて大きな違いがありません。一方でソフトバンク光はソフトバンク・ワイモバイルスマホとのセット割「おうち割光セット」が利用できます。
最大1,100円の割引が最大で家族10回線まで適用できるため、家族にソフトバンク・ワイモバイルユーザーが多い家庭におすすめの光回線です。

イーデスでは、ソフトバンク光のユーザー満足度調査も実施しています。
契約前の参考にしてください。

NURO光

NURO光

(引用:NURO 光 高速 光回線インターネット


NURO光の概要
戸建てマンション
月額料金5,700円2,530~3,190円
工事費44,000円44,000円
最大通信速度2Gbps2Gbps
契約解除料3,740円363円

(2023年9月時点)

NURO光は光コラボレーション回線ではなく、独自回線系サービスのため、通信速度が非常に速い光回線です。

ドコモ光の通信速度は基本最大1Gbpsでしたが、NURO光は2倍の2Gbpsで利用できます。

さらに月額料金もドコモ光と同等かそれ以下となっています。

とくにマンションプラン(NURO設備が導入されている物件で飲み契約可)では月額2,000円代で利用ができます。
またソフトバンクスマホとのセット割「おうち割光セット」の適用ができ、ソフトバンクユーザーはさらにお得に利用できます。

イーデスが実施した調査でも、NURO光は満足度が高いサービスでした。

通信速度が速い光回線でお探しの場合はNURO光がおすすめです。

ドコモ光解約に関するよくある質問

ここまでドコモ光の解約について解説しました。

最後に、ドコモ光の解約に関してよくある質問を紹介します。

ドコモ光の解約手続きに関するよくある質問

  • 解約したのに使えるのはなぜ?
  • ドコモ光の解約のタイミングはいつ?
  • 解約した月の利用料金は日割りされる?
  • 撤去工事は必要?

それぞれ詳しく紹介します。

解約したのに使えるのはなぜ?

ドコモ光を解約した後でも、稀にドコモ光のインターネット回線を利用できるケースがあります。

これはドコモ光のプロバイダによって、解約完了までにかかる日数が異なり、解約日までに手続きが完了していないことが原因として考えられます。
回線停止までに数日かかることもあります。

費用は解約日までの料金が請求されることになりますが、プロバイダによっては解約後も利用していた場合の追加料金を請求されてしまうことがあります。

解約後も利用できている状態でも、できるだけドコモ光のインターネット回線は利用しないようにしましょう。

また、ドコモ光のプロバイダの解約手続きができていないケースも考えられます。

とくに単独タイプ・タイプCなどのプランでは、個別にプロバイダの解約手続きを行う必要があります。手続きを忘れていると、インターネットを利用できてしまうことがあるので、必ず忘れずに手続きするようにしましょう。

ドコモ光の解約のタイミングはいつ?

ドコモ光は、解約の日を即日から翌月の月末まで指定することができます。

解約手続き後、解約日を過ぎるとインターネットの利用ができなくなります。

ドコモ光の料金は月末締めで、利用した月の月額料金は日割りされません。このため月初めに解約日を指定してしまうとムダな月額料金が発生してしまいます。

解約日を指定する際はできるだけ月末に近い日を選ぶようにしましょう。

解約後も料金が請求され続けるのはなぜ?

ドコモ光解約後も料金が請求され続ける場合は、解約手続きが十分に完了していない可能性が考えられます。

可能性として以下のものが考えられます。

  • ドコモ光ではなくプロバイダのサービスを個別契約していて解約が完了していない
  • 単独タイプ契約で、プロバイダの解約が完了していない
  • ドコモ光のオプションではなく、自身で契約したオプションサービスとなっている

ドコモ光に関連するサービスであれば、プロバイダ提供のオプションサービスも自動で解約されます。
ただし、ドコモ光に関連しないプロバイダで個別契約したサービスなどに関しては、自動で解約されない可能性があります。

解約後も不明な請求が続く場合は、明細を確認し、請求元にどんな費用が請求されているか確認するようにしましょう。

ドコモ光の解約に関するまとめ

ここまでドコモ光の解約方法を紹介しました。

ドコモ光を解約する際は以下の5STEPの手順で手続きができます。

ドコモ光を解約する手順

解約時には以下の費用が掛かります。

ドコモ光の解約時に必要な費用

  • ドコモ光の解約金
  • 初期工事費用の残債
  • プロバイダ違約金
  • 撤去工事費用

解約金を駆けずに解約する方法は以下の通りです。

ドコモ光の解約金をかけずに解約する方法

解約時は次の点に注意してください。

ドコモ光解約時の注意点

  • ドコモ光電話の電話番号が廃止になる可能性がある
  • 引越しの場合は解約手続きではなく移転手続き
  • メールアドレスが使えなくなる
  • ドコモスマホとのセット割が利用できなくなる
  • 解約証明書を発行する

記事を参考にスムーズな解約手続きを行って下さい。

引越しの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE