Operated by Ateam Inc.

イーデス
SMBCモビットとプロミスはどちらがおすすめ?特徴や口コミから違いを徹底比較

SMBCモビットとプロミスはどちらがいい?特徴や口コミから違いを徹底比較

最終更新日:

このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイトで紹介する商品・サービスは、イーデスが独自の基準で評価し掲載しております。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

これから消費者金融カードローンの利用を検討している人の中には、「SMBCモビットとプロミスは何が違う?」と疑問に思っている人も多いでしょう。自分に合ったものを選ぶためには、それぞれの特徴を理解することが重要です。

そこで本記事では、SMBCモビットとプロミスの違いについてわかりやすく解説します。それぞれのおすすめの人の特徴や口コミも紹介するため、SMBCモビットやプロミスの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

SMBCモビットとプロミスのどちらがよいかを考える場合、比較項目を列挙すると分かりやすいです。
金利、融資スピード、無利息期間サービスを比べると、プロミスの方がよいことが分かります。但し、SMBCモビットは手数料なしでインターネット返済ができ、三井住友銀行のATMを手数料なしで利用できるので、よく比較してみてください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

SMBCモビットとプロミスはどちらがおすすめ?

SMBCモビットプロミスは、どちらも利用しやすい消費者金融系カードローンです。どちらもおすすめのカードローンであるものの、総合的に考慮すると特にプロミスの方がおすすめです。

以下で、それぞれの基本情報をまとめました。

SMBCモビットプロミス
融資スピード最短即日※1最短3分※2
審査時間10秒簡易審査最短3分
実質年率年3.0%~18.0%年4.5%~17.8%
利用限度額最大800万円最大500万円※3
無利息期間なし30日間
口座振込みの可否
土日祝の取り扱い
在籍確認の方法書類提出書類提出
カードレス対応対応
郵送物の有無なしなし

※1.申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※3.新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。

SMBCモビットとプロミスは、どちらも最短即日の融資に対応しているため、緊急でお金が必要になった場合でも安心です。審査時間や実質年率、利用限度額など複数のポイントで異なっているため、それらを考慮したうえで利用するサービスを選びましょう。

ちなみに、どちらにも保証会社はありません。審査は独自で行なっており、返済や貸し倒れの管理などもすべて自社で行なっています。

SMBCモビットの基本情報

SMBCモビットは、三井住友カード株式会社が提供しているカードローンです。無利息期間は用意されていませんが、会員専用サービスから手数料なしでインターネット返済できたり、三井住友銀行ATMを手数料なしで利用できたりするなど多くのメリットがあります。

SMBCモビットのおすすめポイント

  • SMBCグループが提供していて、安心感がある
  • 手数料なしでインターネット返済できる
  • 三井住友銀行ATMを手数料なしで利用できる
SMBCモビットの基本情報
実質年率年3.0%~18.0%
利用限度額最大800万円
無利息期間なし
融資スピード最短即日※
審査時間10秒簡易審査
Web完結
口座振込みの可否
土日祝の取り扱い
在籍確認の方法書類提出
担保・保証人不要
申し込み条件・満20歳~74歳
・安定した収入がある

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの口コミ

ここでは、SMBCモビットの口コミを2つ紹介します。

SMBCモビットの口コミ

急遽お金が必要になりいろいろとネットで調べたのですが、CMなどをしていることもあって安心感があり選びました。金利などは他のところよりも高いことはわかりましたが、即日融資してもらえるという点を重視してその望み通りすぐに融資でき満足しています。

SMBCモビットの口コミ

借り入れに関しては、比較的早く借り入れることができたので、非常に良かったと感じました。ただ、利率が少し高めかなと感じる部分もありました。しかしながら、大手のカードローンだったので、安心して利用できたことはより良かったと感じました。

大手カードローンであることから、安心感を得られたという口コミが多く見つかりました。また、即日融資に対応しており、早く借りたいときにスムーズに利用できた点も高く評価されています。しかし、金利の高さが気になるという意見も多く、利息に関して満足できなかった人は多いようです。

SMBCモビットがおすすめの人

SMBCモビットは、自宅や通いやすい場所に三井住友銀行ATMがある人に特におすすめです。三井住友銀行ATMの手数料がかからないため、気軽に返済を行えて、利便性が高くなっています。 

また、電話による在籍確認を避けたい人にもおすすめです。SMBCモビットは書類提出による在籍確認の方法を採用しており、在籍確認によって職場の人にバレるリスクは低いと言えます。

SMBCモビット

SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

プロミスの基本情報

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供しているカードローンです。30日間の無利息期間サービスを提供しており、短期間で完済する場合には利息0円で利用できます。指定口座であれば受付から最短10秒で口座に入金されるため、緊急でお金が必要になった際に役立ちます。

プロミスのおすすめポイント

  • 30日間の無利息期間サービスを提供している
  • 上限金利が年17.8%
  • 最短10秒で口座に入金される
プロミスの基本情報
実質年率年4.5%~17.8%
利用限度額最大500万円※1
無利息期間30日間
融資スピード最短3分※2
審査時間最短3分
Web完結
口座振込みの可否
土日祝の取り扱い
在籍確認の方法書類提出
担保・保証人不要
申し込み条件・満18歳~74歳
・安定した収入がある

※1.新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※2.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

プロミスの口コミ

ここでは、プロミスの口コミを2つ紹介します。

プロミスの口コミ

プロミスでは初回利用から30日間利息が0円となるので、次の給料日に完済すれば利息は一切かかりませんでした。インターネットから申し込みができますし、コンビニATMを利用して融資、返済をすることができるので非常に便利でした。

引用:プロミスの口コミ・評判はカードローンの中でも悪いほう?実際の口コミで調査

プロミスの口コミ

実際にプロミスのカードローンを利用して思ったのは思った以上にプロミスのカードローンは利用しやすいと思いました。それはどうしてかというと、申し込みから審査までの時間が早くすぐに結果が分かって利用しやすいと思ったからです。

引用:プロミスの口コミ・評判はカードローンの中でも悪いほう?実際の口コミで調査

プロミスの口コミでは、無利息期間サービスを提供している点や、スムーズに借り入れを行える点が高く評価されていました。

プロミスがおすすめの人

プロミスは、少しでも利息を抑えて利用したいという人に特におすすめです。

上限金利を年18.0%に設定している消費者金融カードローンが多い中、プロミスでは上限金利を年17.8%に設定しています。

また、30日間の無利息期間サービスを提供していることから、利息を抑えやすいです。

また、SMBCモビットと同様に、在籍確認の方法として書類提出の方法を採用しています。
職場へ利用がバレにくくなっており、周囲に秘密で利用したいという方の利用にもおすすめです。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!

プロミスの上限金利は年17.8%で、他の消費者金融の金利よりも低いのが魅力です。
さらに、初回利用から30日間の無利息期間サービスが利用できるので、支払利息を抑えることができてお得です。
SMBCモビットもプロミスも在籍確認は、書類提出で済ますことができるので、会社の同僚に知られずに利用できて安心です。

塚越さん

塚越さん

SMBCモビットとプロミスは、どちらも大手のカードローンです。最短即日で融資を受けられるため、「明日の生活費がない」という緊急事態にも対応できます。

【ポイント別】SMBCモビットとプロミスの違いを徹底比較

SMBCモビットとプロミスをさまざまなポイントから比較していきます。 比較するポイントは以下の通りです。

  • 金利
  • 融資スピード
  • 審査難易度
  • 借入可能額
  • 無利息期間
  • 周囲へのバレにくさ
  • 申込みのしやすさ
  • 借入・返済のしやすさ

金利で見るSMBCモビットとプロミスの違い

SMBCモビットとプロミスの金利を比較して紹介します。

カードローン金利
SMBCモビット年3.0%~18.0%
プロミス年4.5%~17.8%

下限金利はSMBCモビットのほうが年1.5%低く、上限金利はプロミスのほうが年0.2%低くなっています。

初めて利用する場合には上限金利が適用されて、利用額や期間に応じて金利が引き下げられることが多いです。そのため、初めて利用する場合には、プロミスのほうが利息を抑えられてお得と言えます。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

融資スピードで見るSMBCモビットとプロミスの違い

SMBCモビットとプロミスの融資スピードを比較して紹介します。

カードローン融資スピード
SMBCモビット最短即日※1
プロミス最短3分※2

※1.申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

融資までにかかる時間はSMBCモビットが最短即日※、プロミスが最短3分※となっています。いずれも最短即日での融資に対応しているため、当日中にお金が必要という場合であれば、どちらのサービスでも問題ないでしょう。

なお、審査受付時間のギリギリに申し込むと、翌日以降の審査となる場合があります。当日中に融資を受けたい場合には、午前中などできるだけ早い時間帯に申し込むことがおすすめです。

審査難易度で見るSMBCモビットとプロミスの違い

SMBCモビットとプロミスを提供している会社はどちらもSMBCグループの会社です。新規契約率が高ければ、審査難易度は低いと考えられますが、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社でまとめて新規契約率を公表していることから、それぞれの新規契約率は確認できません。

なお、2023年9月~2024年4月までの新規契約率は以下の通りです。

期間新規契約率
2023年9月36.1%
2023年10月34.7%
2023年11月35.6%
2023年12月35.6%
2024年1月34.8%
2024年2月36.9%
2024年3月35.6%
2024年4月35.7%
2024年5月36.0%

※参考元:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 月次データ
※SMBCモビットとプロミスの審査通過率:SMBCモビットは非公開のため、SMBCモビットとプロミスの連結の数字となります。

借入可能額で見るSMBCモビットとプロミスの違い

SMBCモビットとプロミスの借入可能額を比較して紹介します。

カードローン限度額
SMBCモビット最大800万円
プロミス最大500万円※

※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。

借入可能額は、SMBCモビットのほうが300万円高くなっています。融資を受けたい金額が500万円を超える場合には、SMBCモビットの利用がおすすめです。

ちなみに、SMBCモビットとプロミスのカードローンは、いずれも総量規制の対象となっており、年収の3分の1を超える借り入れはできません。例えば、600万円の融資を受けたいからとSMBCモビットを選んでも、年収次第では希望額を借り入れできないのです。

無利息期間で見るSMBCモビットとプロミスの違い

SMBCモビットとプロミスの無利息期間を比較して紹介します。

カードローン無利息期間
SMBCモビットなし
プロミス30日間

※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

SMBCモビットには無利息期間がないのに対し、プロミスでは借入翌日から30日間無利息で利用できるサービスを提供しています。プロミスなら30日間分の利息が無料となるため、短期間で返済する場合にはプロミスのほうがお得に利用できる可能性があります。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

周囲へのバレにくさで見るSMBCモビットとプロミスの違い

SMBCモビットとプロミスの在籍確認の方法は、どちらも書類提出によるものです。基本的に職場に在籍確認の電話はかかってこないため、職場の人にバレる可能性は低いです。また、どちらも申し込み方法や手続き次第では、郵送物なしで契約できて、自宅への郵送物で家族へバレるリスクも低くなっています。

これより、両者の周囲へのバレにくさには大きな違いはないと言えます。さらに、周囲にバレにくくしたい場合にはカードレスでの利用がおすすめです。財布の中にローンカードを入れて持ち運ぶ必要はなく、周りの人にローンカードを見られる心配はありません。 

SMBCモビット

SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

申込みのしやすさで見るSMBCモビットとプロミスの違い

SMBCモビットとプロミスは、パソコンやスマホから申し込めるため、どちらも申込みしやすいです。その他にも、どちらとも電話や契約機から申込みが可能であり、申込みのしやすさは互角と言えます。

借入・返済のしやすさで見るSMBCモビットとプロミスの違い

SMBCモビットとプロミスの借入・返済方法を比較して紹介します。

借入方法返済方法
SMBCモビット
  • インターネット振込
  • スマホATM(セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATM)
  • 電話
  • コンビニATM・提携ATM
  • 提携ATM
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • インターネット返済
  • ポイント返済
  • スマホATM取引(セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATM)
プロミス
  • インターネット振込
  • スマホATM
  • コンビニATM・提携ATM
  • プロミスATM
  • 電話
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • スマホATM
  • コンビニATM・提携ATM
  • プロミスATM
  • 銀行振込

どちらも多くの借入・返済方法が用意されており、利便性は高いです。どちらも提携ATMの台数は10万台を超えており、借入・返済したいタイミングですぐに手続きを行えます。

ただし、プロミスの場合は対応している口座があれば、24時間いつでも最短10秒で振込が完了します。SMBCモビットの場合は振込融資にかかる時間は最短3分であるため、プロミスのほうが借入のしやすさは高いと言えます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!

SMBCモビットとプロミスの違いの最たるものは、無利息期間サービスの有無です。
SMBCモビットには無利息期間サービスがないのに対して、プロミスには30日間の無利息期間サービスがあります。他の消費者金融は契約開始から30日間なのに対して、プロミスは借入開始から30日間なので、無駄なく30日間が利用できます。

塚越さん

塚越さん

SMBCモビットとプロミスは、どちらも利便性が高いです。ただし、金利や無利息期間、借り入れのしやすさなどを総合的に考慮すると、プロミスの方が特におすすめでしょう。

SMBCモビットやプロミス以外におすすめのカードローンはある?

SMBCモビットやプロミス以外でおすすめのカードローンは、アコムです。即日融資に対応しており、最短20分※で融資を受けられます。また、カードレスにも対応しており、ローンカードを持ち歩く必要はありません。
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

カードローンを提供しているサービスは数多くありますが、その中で自分に合ったものを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 金利で選ぶ
  • 融資スピードで選ぶ
  • 融資限度額で選ぶ
  • 審査通過率で選ぶ
  • 返済方法で選ぶ
  • 無利息期間の有無で選ぶ
  • 周りにバレずに借りられるかどうかで選ぶ

下記の記事では、銀行カードローンや選び方についてよりわかりやすく解説していいます。興味がある方はぜひ併せてご覧ください。

カードローンを選ぶ際は、金利だけではなく、融資スピードや融資限度額、審査通過率などを比較したうえで選ぼう。周りにバレたくない場合には、在籍確認の方法や郵送物の有無も確認しておこう。

SMBCモビットとプロミスに関するよくある質問

Q.プロミスとSMBCモビットは同じ会社ですか?

A.提供会社は異なります。しかし、同じSMBCグループとなっています。

Q.SMBCモビットとプロミスの関係は?

A.SMBCモビットとプロミスは共にSMBCグループに属し、異なるサービスを提供する姉妹ブランドです。

Q.SMBCモビットはサラ金ですか?

A.SMBCモビットはサラ金、消費者金融になります。三井住友カードが提供するカードローンブランドです。

Q.SMBCモビットとプロミスの保証会社は?

A.保証会社はありません。

Q.SMBCモビットとプロミスでお金を借りるとやばい?

A.SMBモビットとプロミスを利用しても、きちんと期日までに返済すれば問題はありません。ただし、返済が滞ると信用情報に記録されて、住宅ローンの審査などに影響する可能性があります。

Q.SMBCモビットとプロミスは両方借りることはできる?

A.両方から借りることは可能です。

Q.SMBCモビットの審査に落ちてプロミスの審査に通ることはある?

A.それぞれ独自の審査基準を設けており、SMBCモビットの審査に落ちても、プロミスの審査に通る可能性はあります。

Q.プロミスの審査に落ちてSMBCモビットの審査に通ることはある?

A.それぞれ独自の審査基準を設けており、プロミスの審査に落ちても、SMBCモビットの審査に通る可能性はあります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!

SMBCモビットやプロミス以外のおすすめカードローンとしては、アコムがあります。
アコムは利用者数が多く、審査通過率も高いので人気があります。最短20分※で融資が受けられるので、すぐにお金が必要な人には心強いカードローンです。カードレスも可能なので、カードを増やすことなく借り入れができると喜ばれています。

塚越さん

塚越さん

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

まとめ

SMBCモビットとプロミスはどちらも即日融資に対応している大手カードローンです。本記事では以下の点を比較して、どのような違いがあるのか説明しました。

  • 金利
  • 融資スピード
  • 審査難易度
  • 借入可能額
  • 無利息期間
  • 周囲へのバレにくさ
  • 申込みのしやすさ
  • 借入・返済のしやすさ

どちらも利便性が高く、おすすめのカードローンですが、金利や無利息期間、借り入れのしやすさなどを総合的に考慮すると、プロミスを特におすすめします。

ぜひ本記事で紹介したそれぞれの特徴や口コミなどを参考にして、利用するサービスを見つけてください。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE