Operated by Ateam Inc.

イーデス

みずほ銀行カードローンの自動融資とは?返済方法や解約手順を解説

最終更新日:

みずほ銀行カードローンの自動融資とは?返済方法や解約手順を解説
みずほ銀行カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

みずほ銀行カードローンの自動融資とは、カードローンに追加できる機能です。利用することで、口座引き落とし時の口座残高不足を防げるため、「いつも口座引き落とし日までに入金を忘れてしまう」という方の利用に向いています。

そこで本記事では、みずほ銀行カードローンの自動融資とはどのようなサービスかわかりやすく解説します。対象や金利・返済方法について解説しているため、みずほ銀行カードローンの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

普通預金から様々な料金が自動引き落としされていると思います。公共料金やクレジットカードの代金などです。うっかり入金を忘れて残高不足になると引き落としができず、あとの手続きが大変です。そんな時、みずほ銀行カードローンの自動融資は残高不足になっても、不足額を自動で融資してくれるのでとても安心です。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

みずほ銀行カードローンの自動融資とは?

みずほ銀行カードローンの自動融資とは、公共料金の自動支払いやクレジットカードの決済などで、返済用普通預金口座の残高が不足している場合に利用限度額内で不足額を自動で融資するサービスのことです。スイングサービスとも呼ばれています。

光熱費などの自動振替日までに銀行口座への入金を忘れていたとしても、自動融資によって未納の心配はありません。窓口やATMへ行かなくても融資を受けられるため、周囲の人に借入れしている姿を見られることがない点も自動融資のメリットです。

みずほ銀行カードローンの自動融資と自動貸越機能の違い

自動貸越機能とは、普通預金口座から引き出す際に希望額が残高を超えている場合、利用限度額内で自動的にカードローン口座から借入れを行う機能です。

自動融資と自動貸越機能は、残高の不足分を自動的にカードローン口座から借入れする点では共通しています。

しかし、自動融資は口座の引き落とし日に機能するものであるのに対し、自動貸越機能は預金口座からの引き出し時に機能する点で異なっています。

イーデス編集部

みずほ銀行カードローンの自動融資を活用すると、自動振替日に必要な金額が口座に入っていなくても、自動融資によって支払いが行われます。「うっかり入金を忘れてしまい、水道やガスを止められてしまった…」なんてことにはなりません。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
みずほ銀行カードローンの自動融資は、公共料金の口座引き落としやクレジットカードの決済の時に、普通預金の残高が足りなくても、カードローンの利用限度額内で自動的に不足分を融資する機能のことです。普通預金から出金する際の残高不足を補填する自動貸越機能とは、やや異なるので注意してください。

塚越さん

塚越さん

みずほ銀行カードローンの自動融資の対象

すべての取引が自動融資の対象となるわけではありません。みずほ銀行カードローンの自動融資の対象になるもの・ならないものを以下の表にまとめました。

自動融資の対象になるもの自動融資の対象にならないもの
  • 電気料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • クレジットカードの決済 など
  • 預金の払い戻し
  • カードローンの返済 など
イーデス編集部

みずほ銀行カードローンの自動融資の対象となるサービスには、電気料金やガス料金・水道料金の支払いやクレジットカードの決済が挙げられます。より詳しく知りたい場合は、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルへ問い合わせると、不明点や疑問点を解消できます。

みずほ銀行カードローンの自動融資の金利

みずほ銀行カードローンの自動融資の金利は、以下のとおりです。

利用限度額基準金利住宅ローン契約時の金利
10万円以上100万円未満年14.0%年13.5%
100万円以上200万円未満年12.0%年11.5%
200万円以上300万円未満年9.0%年8.5%
300万円以上400万円未満年7.0%年6.5%
400万円以上500万円未満年6.0%年5.5%
500万円以上600万円未満年5.0%年4.5%
600万円以上800万円未満年4.5%年4.0%
800万円年2.0%年1.5%

利用限度額に応じて、年2.0%~14.0%※の金利が適用されます。住宅ローンを契約中の場合はさらに金利が下がり、適用される金利は年1.5%~13.5%です。

イーデス編集部

みずほ銀行カードローンの金利は、年2.0%~14.0%※です。消費者金融のカードローンは上限金利を年18.0%に設定していることが多く、みずほ銀行カードローンの金利がいかに低いかがわかるでしょう。

みずほ銀行カードローンの自動融資を利用するには

みずほ銀行カードローンの自動融資は、任意で申込みを行なった人が利用可能なサービスです。利用したい場合は、カードローンの申し込み時に追加で申し込みましょう。 

なお、カードの種類によって、追加できる機能は異なります。

自動融資自動振替サービス自動貸越機能
キャッシュカード兼用型申込みで追加可搭載されている搭載されている
カードローン専用型申込みで追加可申込みで追加可追加できない

カードローン専用型の場合、追加の申込みは自動融資と自動振替サービスの両方となります。自動融資のみ機能を追加することはできません

イーデス編集部

みずほ銀行カードローンの自動融資は、誰でも利用できる機能というわけではありません。利用するためには任意による追加申し込みが必要となります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
みずほ銀行カードローンには、キャッシュカード兼用型とカードローン専用型があります。カードローン専用型には、自動貸越機能がないので注意してください。借入残高を低く抑えたい方には、キャッシュカード兼用型をお勧めします。なお、自動融資を利用したい方は、追加申し込みが必要になりますので、気をつけてください。

塚越さん

塚越さん

みずほ銀行カードローンの自動融資の返済方法

みずほ銀行カードローンの自動融資は、カードローンで利用しているカードで返済可能です。返済できるATMは、以下のとおりです。

  • みずほ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM(カードローン専用型のみ)
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM

利息を含めた残高全額を返済したい場合は、みずほ銀行の窓口での手続きが必要となります。全額を返済する場合は、取引店や近くにあるみずほ銀行で相談しましょう。

イーデス編集部

自動融資は近くのATMからローンカードを利用して返済できます。しかし、利息を含めた残高全額を返済する場合には、ATMではなく、みずほ銀行の窓口での手続きが必要です。

みずほ銀行カードローンの借入明細を確認する方法

みずほ銀行カードローンの借入明細を確認する方法には、以下の3つがあります。

確認方法詳細
みずほダイレクトメインメニューの「入出金明細照会」から前々月1日からの明細を確認できる。
電話前々月1日からの明細を確認できる。その際、本人確認のために、普通預金のキャッシュカードまたは普通預金通帳の用意が必要。
店舗取引店または近くのみずほ銀行店舗で発行を取引明細証明書の発行を依頼できる。依頼月から3カ月前までの証明書は無料で発行できるが、3カ月を超える場合は1カ月あたり330円(税込)の手数料が必要。

「仕事終わりに確認したい」「隙間時間に確認したい」という場合は、みずほダイレクトによる確認がおすすめです。24時間いつでも確認できて、手数料はかかりません。

また、平日の9時00分~17時00分までの間に、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに電話をすると借入明細を確認できます。本人確認の際に普通預金のキャッシュカードまたは普通預金通帳が必要となるため、電話をかける前に手元に用意しておきましょう。

みずほ銀行店舗で取引明細証明書の発行を依頼することも可能です。発行までに1週間ほどかかる場合があるため、急いで確認したい場合は、みずほダイレクトまたは電話による方法で確認することがおすすめです。

イーデス編集部

みずほ銀行カードローンの借入明細は、みずほダイレクトと電話、店舗の3つの方法で確認できます。確認できる時間や手数料は方法によって異なるため、自分にとって利用しやすい方法を選んでください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
みずほ銀行カードローンの借入明細を確認したい人は、24時間いつでも手数料無料で確認できる「みずほダイレクト」を利用することをお勧めします。インターネットが苦手な人は、平日の昼間に専用ダイヤルへ電話するのもよいでしょう。銀行の店舗へ行くのは時間や手数料がかかる場合があるので、あまりお勧めできません。

塚越さん

塚越さん

みずほ銀行カードローンの問い合わせ先

みずほ銀行カードローンの問い合わせ先は、問い合わせ内容によって異なります。問い合わせの対応時間も異なるため、ここで確認しておきましょう。

問い合わせ内容対応時間
新規・増額の申し込み
審査状況の確認
平日9時00分~20時00分
商品内容の確認
残高確認
返済方法の相談
平日9時00分~17時00分
月々の返済の相談平日9時00分~19時00分

みずほ銀行カードローンの自動融資に関するよくある質問

Q.みずほ銀行カードローンの自動融資は勝手に振り込まれる?

A.みずほ銀行カードローンの自動融資は、任意で申込みすることで利用できるサービスです。申込みを行なっていない場合、勝手に振り込まれません。

Q.みずほ銀行カードローンの自動融資限度額は?

A.みずほ銀行カードローンの自動融資は、利用限度額の範囲内で利用できます。利用限度額は審査によって決まるものであり、申込者の返済能力によって異なりますが、最大800万円に設定可能です。 

まとめ

みずほ銀行カードローンの自動融資は、返済用普通預金口座の残高が不足している場合に、不足額を自動で融資するサービスです。公共料金の支払いやクレジットカード決済などに対応しており、口座への入金し忘れによる未納を防止できます。

本記事では、みずほ銀行カードローンの自動融資の利用方法や返済方法についても解説しました。返済は利用中のローンカードから簡単に返済できます。ただし、利息含めた残高全額を返済する場合には、みずほ銀行窓口での手続きが必要です。 

自動融資は借入時に毎回ATMへ足を運ぶ必要はなく、自動で融資を受けられる便利なサービスです。ぜひ本記事で説明した内容をもとに、みずほ銀行のカードローンを利用するか検討してみてください。

みずほ銀行カードローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.