Operated by Ateam Inc.

イーデス

不動車の買取・引き取りならここ!おすすめ業者と売る際の注意点を紹介

最終更新日:

不動車の買取・引き取りならここ!おすすめ業者と売る際の注意点を紹介
廃車
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

よくある疑問

  • 「動かなくなった車をどう処分すればいいのか知りたい」
  • 「動かない不動車に値段がつくのか気になる」
  • 「不動車を買い取ってくれる業者はどうやって探せばいいの?」

動かすことができない「不動車」を持っている場合、上記のような疑問を持つことがあるかと思います。基本的に、エンジンすらかからない車であっても、業者を選べば買い取ってもらえます

動かすことができない車だけでなく、故障していて動かすのが怖い車も不動車といえます。そういった場合も無理に車を動かさず、廃車買取業者に引き取ってもらいましょう。

こんな車は動かさない

  • エンジンが動かない
  • 故障した箇所がある
  • 車検切れで動かせない

この記事では、不動車の買取相場から不動車を引き取ってもらえる全国対応のおすすめ業者まで紹介します。ぜひ参考にしてください。

イーデス イチオシ!

買取相場より30万円高く売る!最高の決め技

  • 車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
  • 査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
  • 車をいちばん高く売る方法は、複数の買取業者に競わせること

車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複数の業者に競わせることが大切です。 1回で複数業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400万件以上(※2021年6月時点)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30万円~60万円高い査定額が出ることもあります。時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。

愛車の価格を調べる

現在の
全国の査定相場から算出した価格を配信。

イーデス 推奨!

値段がつかない車なら【廃車買取業者】がおすすめ!

  • 完全無料!引取り代、レッカー代など料金は一切かかりません
  • 手間がかかる廃車の手続きをぜんぶお任せ!楽に車を処分できます
  • 事故車や故障車、走行距離が極端に長い車、車検切れでも【0円以上の買取保証】
  • 自動車税などの還付金の受け取りも簡単!

壊れている車、動かない車、20万キロ以上乗っている車など、値段がつかない車を処分するなら、専門の廃車買取業者の利用が絶対におすすめです。

完全無料で車の処分を検討

気になる内容をタップ

動かせない不動車でも買い取ってもらえる!

事故や災害で動かなくなった「不動車」は買い取ってもらえないと思われがちですが、実はそうではありません。

不動車は廃車買取業者で買い取ってもらえます。動かなくなった不動車を買い取ることができることには、以下のような理由があります。

廃車買取業者が不動車を買い取れる理由

  • 修理すれば動く車として値段を付けられる
  • リサイクルパーツや部品に値段を付けられる
  • 金属資源として値段を付けられる

不動車の中には問題なく再利用できるパーツや部品があります。また、不動車であっても修理をすれば走行できるようになる場合もあります。買い取った不動車を国内だけでなく海外へと販売することで、廃車買取業者は収益を得ています。

では、どこの廃車買取業者に売ればよいのか気になるはずです。不動車を買い取ってくれる3つのおすすめ廃車買取業者を紹介します。

不動車の買取OK!おすすめの廃車買取業者3選を紹介

不動車は中古車販売店やディーラーでは値段が付きにくく、むしろ引き取ってもらうのに費用がかかる可能性があります

しかし、廃車買取業者なら動かない車でも「パーツ・部品」「鉄くず」「修理可能な車」として値段を付けて買い取ってくれます。さらに、動かない車を運ぶのにはレッカーが必要ですが、無料で車を取りに来てくれます。

自分でレッカーを依頼して運ぶより、廃車買取業者にすべて任せてしまうのが一番おすすめです。

今回は動かない車を買い取ってくれる廃車買取業者を以下の基準から厳選して紹介します。

おすすめ業者の選定基準

  • 不動車の買取実績がある
  • レッカー代無料で引き取りをしている
  • 全国どこでも対応している

この基準を満たしている厳選したおすすめの廃車買取業者は以下の3つです。

廃車王  

廃車王は全国に150ヶ所の店舗があり、大きなネットワークを持っている業者です。写真を送るだけで簡単にできるLINE査定が可能です。

LINEを利用しており、まずは手軽に査定をしてもらいたいという方におすすめです。

ハイシャル

ハイシャルは全国1,000社以上の専門協力業者と提携し、どこでもレッカー引き取り代が無料。引き取り日程も柔軟に調整してもらえます。

電話口で買取価格を教えてもらうことができるので、すぐに相談がしたいという方におすすめです。

事故車買取のタウ

事故車買取のタウは専門の外国人スタッフが海外の販路に直接アプローチすることで高価買取を実現しています。事故車の買取に強いのが特徴です。

事故に遭った車を手放したいという方におすすめです。

ここまで厳選した3つの廃車買取業者を紹介してきました。どの業者を利用するか、さらに比較して決めたいという方は以下の記事も参考にしてください。

さまざまな業者が買取を行っていることはわかりましたが、実際に不動車にはどのくらいの値段がつくのでしょうか。以下で紹介していきます。

いくらで売れる?不動車の買取相場を紹介

不動車は「修理すれば動くようになる車」「中古パーツ・部品」「鉄くず」として売却することができます。

ここでは、「金属資源としてリサイクル」される場合の最低ラインの買取相場を紹介していきます。

最低ラインの買取相場

  • 軽自動車:3,000円~12,000円
  • 普通車:12,000円~18,000円
  • 大型車など:20,000円~25,000円

車の状態や車種によって買取金額は大きく異なるので一概には言えませんが、参考程度におさえておきましょう。

増田さん

鉄くず、いわゆる金属資源として考えた場合、買取価格は車種や年式などの一般的な中古車の買取基準ではなく、金属の買取相場で決まります。代表的な金や銅といった金属がそうであるように、鉄、アルミ、鉛などの相場も日々変化するものです。そのため、愛車を金属資源として売却するのは、最後の手段と考えた方がよいでしょう。

次は、この最低ラインの買取相場よりもできるだけ車を高く売るための秘訣をご紹介していきます。

不動車を高く売るポイント

廃車にするような動かない車を少しでも高く売るポイントを紹介していきます。廃車買取業者に依頼する前にしっかりと確認しておきましょう。

それぞれについて詳しく説明していきます。

5月~7月の閑散期で売る

廃車買取の繁忙期は1月~3月となっています。4月になると自動車税の納税更新があるためです。繁忙期中に査定に出してしまうと、業者は多くの車を買い取るためになるべく安い価格で車を買い取ろうとします

そのため、業者の状況が落ち着く閑散期の5月~7月に売却するのがおすすめです。4月に一度1年分の自動車税を納めることになりますが、廃車後に還付されるので安心してください。

複数の業者に査定してもらう

売却する時期だけではなく「売り先」も金額に大きく影響します。廃車買取業者によって買取を強化している車が異なるため、複数の廃車買取業者の査定額を比較しましょう。

しかし、あまりに多くの廃車買取業者に依頼するのは手間がかかりますし、契約を急かされるなどトラブルの原因にもつながります。

そのため、2~3つの廃車買取業者に依頼するのが最もおすすめです。

また、業者に査定をしてもらう際にはキャンセル料金や期間についても確認しておきましょう

不動車を買い取ってくれるおすすめの廃車買取業者は先ほど紹介したこちらをご覧ください。

増田さん

日本では修理費やカスタム費用を抑えるために中古パーツが使われがちですが、日本の中古車需要が高い発展途上国では、車を修理するためにパーツを必要としています。

もう価値は無いと諦めず、複数の廃車買取業者に見積もりを依頼することが大切です。

また、近年特に1990年代~2000年代初頭の日本車が世界から注目されています。日本らしい確かな品質と、日本特有の個性が色濃く残っていることが、ジャパンヴィンテージとしてブランド化されつつあるのです。そのため、時間的余裕があるのなら、廃車買取業者だけではなく一般的な買取業者にも査定をお願いしてみましょう。


ここまで動かない車を少しでも高く売るコツをお伝えしました。次は不動車を売る際の注意点について解説していきます。

不動車を売るときの5つの注意点

動かない車を廃車買取業者に売却する際に注意すべき点は以下の4つです。

不動車を売る際の5つの注意点

業者とのよくあるトラブルや、不動車だからこその注意点について解説していきます。

なるべく早く手放す

買取価格が下がってしまう前に、なるべく早く手放すことがおすすめです。

動かすことができないからと言って車をずっと屋外に放置してしまうと錆びて劣化が進み、さらに価値が落ちてしまいます

もし、引き取りまでの時間が長い場合は雨にブルーシートをかけたり、車庫で保管したりするようにしましょう。

いずれにしても車の状態は悪化していくため、早めに手放すのが賢明です。

ディーラーの下取りは避ける

廃車するような車をディーラーに下取り依頼しても、値段が付くことはほぼありません。むしろ廃車手続きの手数料を支払わなければいけない可能性があります。

ボディを大きく損傷した車やエンジンが故障した車などはディーラーではなく、廃車買取業者に買い取ってもらいましょう。

廃車買取業者なら、レッカー代、解体費用、手続き代行をすべて無料で引き受けてくれるのが大きなメリットです。

無理な修理はしない

車を無理に修理することはやめておきましょう。

「動かなくなってしまった車を修理して中古車としてディーラーに売る方がお得なのでは?」と考える方もいるでしょう。しかし、買取価格を修理費用が上回り、損をする可能性が高いです。

自分の手で修理できる場合は行ってもよいですが、エンジンや骨格(フレーム)部分が大きく損傷している場合は特に、修理費用の方が高くなります。

少なくとも、まずは修理せず業者に買取価格を聞いた後、修理費用と比較してから判断することをおすすめします。

どんなときに修理をすべきかを以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

無理な走行はやめる

車を業者に持っていこうと無理に走行するのはやめておきましょう。

「ハンドルが歪んでいて運転しにくい」「ホイールが曲がっているけど走行はできそう」といった、安全に運転できそうにない車の場合も不動車といえます

少しだけと言って運転してしまうと事故につながりかねません。廃車買取業者なら無料でレッカーを利用することができます。無理に運転はせず、安全を第一に考えましょう

車両情報を正確に伝える

業者に査定してもらう際に車両情報は正確に伝えましょう。査定額が下がってしまうからといって嘘を付いたり、事故歴を隠したりしてしまうとかえってトラブルの原因になります。

業者の中には電話査定を行っているところもあります。業者側は車両情報が曖昧だとリスクを恐れて、低い査定額を提示することがあります。車両情報が正確であるほど、査定する側も安心して買取価格を上げやすくなります

増田さん

軽度の損傷がある場合やエンジンが掛からなくなった場合、車を自宅で保管していることも少なくありません。しかし、他車や人が絡んだ交通事故の場合、車は一旦警察が引き取り、必要な検証が行われます。

その後、ディーラーや整備工場などに移されることが一般的で、廃車にするか修理するかの判断をしなくてはなりません。そのままの流れで廃車する場合は手数料がかかることもあります。費用をかけたくない場合は、できるだけ早く廃車買取業者にレッカーを依頼しましょう。

まとめ

動かすことができない「不動車」は廃車買取業者で買取が可能です。廃車買取業者はレッカー代、解体費用、手続き代行をすべて無料で引き受けてくれます。

不動車は屋外に放置されているケースが多く、雨や風によって劣化が進みます。劣化してしまうと買取価格が下がってしまうので、なるべく早く売ることをおすすめします。

不動車を少しでもお得に手放すコツと売る際の注意点をしっかりと確認してから売却しましょう。

イーデス イチオシ!

買取相場より30万円高く売る!最高の決め技

  • 車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
  • 査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
  • 車をいちばん高く売る方法は、複数の買取業者に競わせること

車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複数の業者に競わせることが大切です。 1回で複数業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400万件以上(※2021年6月時点)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30万円~60万円高い査定額が出ることもあります。時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。

愛車の価格を調べる

現在の
全国の査定相場から算出した価格を配信。

廃車の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.