年末年始の高額出費では、約半数が“お得なキャッシュレス決済”を活用予定【年末年始の出費事情の実態調査】

年末年始の出費時事情についての調査
調査リリース

2022-06-27

株式会社エイチームのグループ会社で、お金の不安を解消するための様々な情報やサービスを提供する株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林和樹)は、20代から60代以上の男女441名に、「年末年始の出費事情の実態調査」を実施しました。

調査の結果、年末年始の高額出費では、クレジットカードを筆頭とするキャッシュレス決済で支払いを予定している方48.6%と約半数を占める結果となりました。
その中でも、60.7%の方がキャッシュレスでの支払いを選択する理由を「ポイントがたまるから」と回答し、お得さを求めてキャッシュレス決済を利用する人が多いことがわかりました。

調査サマリー

    • 今年の年末年始に出費の予定が多い方は約4割!特にお金がかかるのは「クリスマス」「お年玉
    • 現金での支払いを選択する理由で最も多いのは「現金でしか選べないから
    • キャッシュレスの支払いを選択する理由で最も多いのは「ポイントがたまるから
    • 年末年始の高額出費では、キャッシュレス決済で支払いを予定している方が48.6%と約半数
    • お年玉のキャッシュレス化、人に1人は賛成派
調査概要
調査方法インターネット調査
調査対象20代~60代の男女就業者
調査期間2020年12月1日~12月2日
調査エリア全国
サンプル数441名
調査機関Fastask

    目次

    今年の年末年始に出費の予定が多い方は約4!割特にお金がかかるのは「クリスマス」「お年玉」

    2020年年末から2021年年始にかけて、出費は多い予定ですか?と質問したところ、

    • 「出費が多い予定」という人が42.9%
    • 「出費が多くない予定」という人が26.8%
    • 「分からない」という人が30.3%

    という結果になりました。

    また、出費が多いと回答された方に、何に1番お金がかかりそうですか?と質問したところ、

    • 最も多かった回答が「クリスマス」で、19.6%
    • 続いて「お年玉」という回答が19.0%

    という結果になりました。
    今年はコロナウイルスの影響もあり、忘年会は実施しないという方や帰省する方も少ないので、クリスマスにお金をかける方が多いのかもしれません。

    • 年末年始に出費の予定が多い人は42.9%
    • 年末年始は特にクリスマス・お年玉にお金がかかる予定という人が多い

    年末年始の高額出費では、キャッシュレス決済で支払いを予定している方が48.6%と約半数

    年末年始で1番お金がかかりそうと回答したものについて、何で支払う予定ですか?と質問したところ、

    • 「現金」と答えた方が「49.7%」と最も多い結果

    となりました。

    続いて、

    • 「クレジットカード一括」が43.9%
    • 「クレジットカード分割」が3.5%
    • 「クレカ以外のキャッシュレス決済」が1.2%

    という結果になり、キャッシュレス決済で支払う予定の方が48.6%と約半数となりました。

    年末年始のまとまった出費について、キャッシュレスで支払う予定の人が約半数

    現金での支払いを選択する理由で最も多いのは「現金しか選べないから」
    キャッシュレスの支払いを選択する理由で最も多いのは「ポイントがたまるから」

    現金での支払いを選択した理由として、最も当てはまるものを教えて下さいと聞いたところ、

    • 「現金しか選べないから」という人が40.7%
    • 「今まで現金で支払う習慣があるから」という人が31.4%
    • 「支払う金額が手元でわかるから」という人が9.3%

    という結果になりました。

    現金のメリットである、支払う金額の分かりやすさで選ぶ方もいますが、キャッシュレスに対応する店舗ががさらに普及すれば、現金からキャッシュレスに移行する方が増加しそうであることが予測できます。

    一方キャッシュレスでの支払いを選択した理由として、最も当てはまるものを教えて下さいと質問したところ、

    • 「ポイントがたまるから」と答えた方が60.7%と最も多い結果

    となりました。
    やはり、ポイントがつくため、同じ金額の買い物でもお得だと考えてキャッシュレス決済を選択する方が多いようです。

    • 現金での支払いを選ぶ理由として1番多いのは、「現金しか選べないから」
    • キャッシュレスでの支払いを選ぶ最も多い理由は、「ポイントが貯まるから」

    お年玉のキャッシュレス化、4人に1人は賛成派

     あなたは、お年玉のキャッシュレス化についてどう思いますか?と質問したところ、

    • 「あまり良くないと思う」という回答が最も多く31.1%
    • 「全くよくないと思う」という回答が19.7%

    となり、お年玉のキャッシュレス化について反対意見を持っている方は約半数に上ることがわかりました。

    一方、お年玉のキャッシュレス化について、

    • 「良いと思う」という方が15.4%
    • 「とても良いと思う」という方が10.0%

    となり、意外にも賛成派は25.4%と4人に1人が賛成意見を持っていることがわかりました。
    今後、キャッシュレス化が進むにつれてお年玉の渡し方も変わってくるのかもしれません。

    お年玉のキャッシュレス化に賛成派の人は約4分の1

    編集部からのワンポイントアドバイス

    今回の調査で明らかになったように、年末年始にはまとまった出費の機会も多くなります。
    そこで、支払い額に比例してポイントが貯まるキャッシュレス決済を活用することで、ポイ活という形で出費を楽しむことが出来ます

    一方、年始の出費の中でもキャッシュレス決済への移行が難しいものとして「お年玉」が挙げられるでしょう。

    実際に本調査においても、約半数の方がお年玉のキャッシュレス化に対し反対意見という結果が出ました。
    現金でないとお金のありがたみが伝わらないのでは?といった懸念もあるのですが、新型コロナウイルス感染予防の意識も後押しし、キャッシュレス決済は着々と生活に根付きつつあります。

    今後決済方法の主流となりえるキャッシュレス決済に対し、お子さんやご親戚の正しい理解を深めるという意味でも、まずはお年玉からキャッシュレス決済を導入してみてはいかがでしょうか。

    (ナビナビクレジットカード編集部)

    調査リリースの関連記事