Operated by Ateam Inc.

イーデス

1株から株主優待はもらえる?ミニ株・単元未満株のおすすめ優待銘柄を紹介

最終更新日:

監修者

林 和樹

編集者

小林 梨沙

ミニ株・単元未満株でも株主優待はもらえる?1株~OKのおすすめ銘柄
おすすめミニ株
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

ミニ株(単元未満株)サービスを利用した1株~の取引でも、株主優待を受け取れる銘柄はあります。

ですが、通常の株取引と比較すると手数料が割高だったり、取引時間や注文方法に制限があったりするなど、使いづらい面があるのも事実なので、メリット・デメリットをしっかり理解しましょう。

この記事では、少額の投資資金で株主優待をもらう方法や、おすすめの銘柄をご紹介します。

最後まで読めば、ミニ株のサービスを上手く使い、少額資金で株主優待をもらうコツを理解できるでしょう。

手数料・スプレッドなしで
1株~優待銘柄が買える!

SBI証券の
公式サイトはこちら

【掲載情報について】
2024年1月24日時点の情報を掲載しています。

「株式ミニ投資」という10株単位から取引できる方法もありますが、本記事では「単元未満株」をミニ株として解説しています。

「株式ミニ投資」では株主優待がもらえないため注意してください。

  • 株式会社400F 執行役員CGO(Chief Growth Officer) / 株式会社400F

    監修者林 和樹

    京都大学卒業後、2007年トヨタFS証券(現:東海東京証券)入社。2012年エイチームへ入社し、翌年に金融メディア事業を立ち上げ。最盛期には売上高72億円の事業に育てる。2019年エイチームフィナジーを設立し、代表取締役社長に就任。保険代理店業務を開始する。2022年5月より現職。個人理念は『お金の不安が意思決定の制約にならない世界を創る』。趣味はボディメイク。

    • SNS
    • Facebook
  • イーデス編集部 / 株式会社エイチームフィナジー

    編集者小林 梨沙

    1989年生まれ、愛媛県松山市出身。

    大学卒業後、株式会社ブリッジインターナショナルに入社。外資系教育サービス会社にて、薬機法や品質マネジメントシステムのインサイドセールスを担当。その後、スーパーバイザーとして、日系大手企業のインサイドセールスプロジェクトの立ち上げを行う。

    2019年に株式会社エイチームフィナジーに入社。FX、新規事業開発部を経て、イーデスの編集者に就任。

    気になる内容をタップ

    ミニ株では株主優待をもらえない!?

    「ミニ株」が指すものには以下の2つがありますが、一般的には「単元未満株」を指しています。

    • 単元未満株:株主優待をもらえる銘柄もある
      ネット証券を中心に取り扱っている。
      現在はネット証券が主流となっていることもあり、ミニ株というと単元未満株を指すことが多い。
    • 株式ミニ投資:株主優待はもらえない
      対面営業中心の大手証券会社が主に取り扱っている。

    単元未満株は、正式に株を買って自分名義で株主になれるため、銘柄によっては株主優待を受ける権利が生じるものもあります。

    単元(100株)以上保有していないと株主優待をもらえない銘柄もあるため、全ての銘柄で株主優待をもらえるわけではありません

    ただし、1株以上の保有でOKの銘柄であれば、株主優待をもらうことができるということです。

    一方で、株式ミニ投資では株主優待をもらうことができません。

    この理由は、証券会社が保有している株を10株単位で取引できるというサービスで、取引している株の名義が証券会社の名前で登録されることが影響します。

    株主優待狙いでミニ株を始める人は、その証券会社が指す「ミニ株」が「単元未満株」であることを必ず確認しましょう。

    【補足】株式ミニ投資で株主優待をもらえない理由

    株主優待は、株主名簿に記載されている名義に対して贈られます。

    しかし、株式ミニ投資で記載されているのは証券会社の名前なので、株主優待は受けられないのです。

    株主優待で贈られる商品やサービスのうち、換金可能なものはお金にして投資家に分配されるということですので、商品そのものを受け取れるわけではありません。

    ましてやサービスの場合は換金可能ではないものもあるでしょうから、受け取れない場合もある、ということになります。

    ミニ株(単元未満株)で株主優待をもらう際の注意点

    単元未満株で株主優待をもらう際の注意点が2つあります。

    簡単に注意点を解説しておきます。

    保有している株数に応じて内容が異なるケースがある

    株主優待は、1株以上、100株以上といった保有株数によって、優待内容が異なるケースがあります。

    例えば、いつも使っている製品のメーカーの株を買うと株主優待がもらえると聞き、単元未満株でそのメーカーの株を買ったとします。

    しかし、1株からもらえる株主優待は公式販売サイトの割引券だけで、欲しかった製品がもらえるのは200株以上保有している場合だった、ということもあり得ます。

    単元未満株の取引手数料

    単元未満株の取引手数料は、100株単位で取引する通常の株式取引と比較してかなり高いです。

    そのため、わずかな株主優待を目的に取引しても、手数料のせいでかえって損をしてしまうかもしれません。

    SBI証券なら売買手数料無料、かつスプレッドなしでミニ株取引が行なえます。

    ミニ株で株主優待をもらいたい人はSBI証券で取引することをおすすめします!

    SBI証券の
    公式サイトはこちら

    1株から株主優待がもらえるおすすめ銘柄5選

    ミニ株で株主優待をもらうポイントは、理解できたでしょうか?

    ここでは、1株から株主優待がもらえるおすすめ銘柄を5つ紹介します。

    銘柄株主優待
    (権利確定月)
    必要金額
    (必要株数)
    公式サイト
    フォスター電機
    (6794)
    FOSTEX ONLINE SHOPの30%購入割引3回分
    (年1回:3月)

    1,143円
    (1株)

    詳細
    京セラ
    (6971)
    製品・サービスを特別価格や特別企画で提供
    (年2回:3月、9月)
    2,220円
    (1株)
    詳細
    上新電機
    (8173)
    買物優待券200円相当25枚
    (年1回:9月)
    2,460円
    (1株)
    詳細
    パソナグループ
    (2168)
    パソナグループの飲食施設・アトラクションの割引クーポン
    (年1回:5月)
    2,694円
    (1株)
    詳細
    ラストワンマイル
    (9252)
    Amazonギフトカード1,000円相当
    (年2回:2月・8月)
    3,835円
    (1株)
    詳細

    ※2024年1月22日時点

    5万円以下で株主優待がもらえるおすすめ銘柄10選

    続いて、5万円以下で株主優待がもらえるおすすめ銘柄10選も紹介します。

    一覧表で簡単にまとめたので、気になる銘柄の詳細は、各社の公式サイトをご確認ください。

    銘柄

    株主優待

    (権利確定月)

    必要金額

    (必要株数)

    公式サイト
    RIZAPグループ
    (2928)
    自社およびグループ会社商品の優待品交換ポイント
    (年1回:3月)
    29,400円
    (100株)
    詳細
    三谷産業
    (8285)
    陶磁器商品
    (年1回:3月)
    37,900円
    (100株)
    詳細
    ヤマダホールディングス
    (9831)
    自社優待割引券
    (年2回:3月、9月)
    44,600円
    (100株)
    詳細
    ソースネクスト
    (4344)
    自社優待ポイント
    (年1回:3月、9月)
    15,400円
    (100株)
    詳細
    鉄人化計画
    (2404)
    株主優待カード、優待食事券
    (年1回:8月)
    36,400円
    (100株)
    詳細
    TBK
    (7277)
    クオカード
    (年1回:3月)
    40,800円
    (100株)
    詳細
    サマンサタバサジャパンリミテッド
    (7829)
    自社商品優待価格販売、割引券
    (年2回:2月、8月)
    8,800円
    (100株)
    詳細
    ストリーム
    (3071)
    株主優待割引券
    (年1回:1月)
    11,700円
    (100株)
    詳細
    小林洋行
    (8742)
    全国共通おこめ券※継続保有1年以上
    (年1回:3月)
    25,000円
    (100株)
    詳細
    アトラ
    (6029)
    自社グループ商品(ヘルスケア)
    (年1回:12月)
    18,700円
    (100株)
    詳細

    ※2024年1月22日時点

    上記の表の通り、5万円未満で買える株でも魅力的な株主優待がもらえる銘柄は数多くあります。

    配当利回りもかなり高いものが多く、中には条件付きではあるものの、配当利回りが100%を超えている銘柄もあります。

    自分がどんな株主優待が欲しいのかを考えて、それに見合うものを探してみましょう。

    10万円以下で買える
    おすすめの株主優待を紹介!

    ミニ株(単元未満株)で株主優待を狙うときのポイント

    単元未満株で株主優待を狙うときは、次の2つのポイントがあります。

    自分の保有する株数で株主優待が受けられるかチェックする

    先述のとおり、株主優待が受けられる株数は、企業によって異なります。

    1株など、少ない株数から株主優待を実施している企業もあれば、そうでないところもあるのです。

    株主優待を実施している企業の株だからと安易に買ってしまうと、後になって「自分の保有している株数では、株主優待が受けられない」ということになってしまいます。

    そうならないよう、何株から株主優待を実施しているのか、きちんと確認してから申し込みましょう。

    受けられる株主優待の内容を確認する

    株主優待を1株など少ない株数から実施している企業は実際にありますが、その株主優待の内容は自分にとって必要なものでしょうか?

    例えば、1株保有している人に対し、実店舗で使える割引券を株主優待として贈呈している、という会社があったとします。

    しかし、その店舗が自分の生活圏内になければ、もらっても使う機会はないかもしれません。

    株主優待はもらうだけでなく、使えなくては全く意味がありません。

    このようにならないよう、少ない株数でも株主優待を受けられる会社の株を買う場合は、その内容を確認し、自分にとって必要なものかどうか確認しましょう。

    まとめ:少額投資で株主優待を狙うなら、単元未満株を取引するのがおすすめ!

    株主優待は、最低でも100株保有していなければもらえないと思っている人は、珍しくありません。

    しかし、実際には1株でも保有していればもらえる企業もあるので、単元未満株を始めるならまずはそういった企業の株を探してみてはいかがでしょうか。

    株式投資をこれから始めるなら、単元未満株は投資金額も少なく安心して始められるでしょう。

    手数料・スプレッドなしで
    1株~優待銘柄が買える!

    SBI証券の
    公式サイトはこちら

    おすすめミニ株の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE