Operated by Ateam Inc.

イーデス

データベースエンジニアに転職するには?未経験からのなり方や必要スキルも紹介

最終更新日:

提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「データベースエンジニアはどんな仕事?」

「データベースエンジニアは未経験からでも転職できる?」

データベースエンジニアに転職を検討中の人は、具体的にどのような仕事なのか気になるでしょう。

本記事では、データベースエンジニアの仕事内容や求人需要、必要なスキルについてご紹介します。

データベースエンジニアとしてIT業界で長く活躍するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアチェンジの悩みは「ワークポート」に相談しよう!

ワークポート
(引用元
ワークポート

データベースエンジニアへの転職を検討しているなら、「ワークポート」の利用がおすすめです。

ワークポートはIT業界に強い転職エージェントで、IT業界未経験の転職もサポートしてくれます。

キャリアの相談・希望に合った求人紹介など、さまざまなサポートを受けられることがメリットです。

「転職すべきか」「転職以外の選択肢はないか」なども相談できるので、ぜひ気軽に登録してみましょう。

    気になる内容をタップ

    データベースエンジニアとは?転職したい人必見!

    データベースエンジニアとは、あらゆるシステムやクラウド上のサービスで使われる「データベース」を扱うエンジニアのことです。

    かつては専門職として需要が高い職種でしたが、現在は、幅広い知識やスキルのあるエンジニアが求められています。

    しかし、クラウド時代においてデータベースの知識は高い需要があるため、依然としてデータベースエンジニアも注目されている職種です。

    ここでは、データベースエンジニアの仕事内容や平均年収などについてご紹介します。

    データベースエンジニアとは

    データベースエンジニアの仕事内容

    データベースエンジニアは、コンピューターやクラウド上にあるデータを扱う仕事です。

    主に、3つの仕事内容があるので、それぞれ見ていきましょう。

    データベース開発・設計

    顧客のニーズに合わせて、データベースを開発・設計することがデータベースエンジニアの仕事です。

    「Oracle」や「Microsoft SQL Server」などのデータベース製品を使い、システムを構築します。

    顧客データや在庫情報などを業務で扱いやすいように設計・構築するため、顧客ニーズのヒアリングも重要な仕事です。

    また、システムエンジニアが設計した内容で問題ないかを確認し、より良い作り方を提案することもあります。

    データベース管理

    設計・構築したデータベースを適切に活用するために、データを管理することもデータベースエンジニアの仕事です。

    データを長期的に保存しても問題がないように、サーバーの最適化や効率化などを考慮して管理します。

    「データベースに不具合はないか」なども含めて管理し、適切にアップデートしていく仕事です。

    データベース運用

    データベースが安定的に稼働するため、データベースを適切に運用することもデータベースエンジニアの仕事です。

    不正アクセスやデータ流出などを防ぐための「セキュリティは万全か」などの保守も行います。

    また、適切にバックアップすることも重要な仕事で、データ量が多くなるほどデータベースエンジニアとして高度な技術が求められるでしょう。

    データベースエンジニアの平均年収

    データベースエンジニアの平均年収は、403万円です(参考:平均年収ランキング|doda)。

    男女別の平均年収は、男性が415万円、女性が377万円となっています。

    年代別の平均年収は、20代が359万円、30代が467万円です。

    データベースエンジニアの業務内容は多岐にわたるため、経験年数や年齢はもちろん、習得しているスキルによって年収が異なります。

    また、企業によってもボーナスの支給回数や手当の有無などの条件が異なるため、年収が大きく変わることがあるでしょう。

    大規模システムでの設計・構築、データベースの障害や問題に対応できるスキルがあれば、高年収を狙える可能性があります。

    データベースエンジニアのやりがい

    データベースエンジニアは、企業が保有する顧客データや集計データなど、貴重なデータを管理する役割を担っています。

    経営の主軸となる重要なデータを扱う仕事のため、経営に貢献できることが大きなやりがいです。

    また、データ利用者の業務効率を改善したり、専門領域でスキルアップしたりすることでやりがいを感じられるでしょう。

    データベースエンジニアは、企業や社会の重要な情報に触れる機会が多いため、責任が重い分やりがいも大きいといえます。

    データベースエンジニアの求人動向と将来性

    データベースエンジニアへの転職を検討している人は、求人需要や将来性が気になるでしょう。

    データベースエンジニアに転職は可能なのか、将来性に期待できるのか、などの参考にしてみてください。

    データベースエンジニアの求人動向

    IT業界にはさまざまなエンジニア職がありますが、データベースエンジニアに特化した求人は減少傾向にあります。

    しかし、特定のデータベースだけではなく、サーバーやネットワークなどのインフラ全般のスキルを持っている人は需要が高いでしょう。

    データベースエンジニアとして募集していても、実際の業務内容は、IT分野の幅広い知識や経験が必要な求人が多いからです。

    データベースの知識を持った人材の需要が高いことは事実ですが、データベースしか扱えない人材の需要は高くありません。

    データベースエンジニアに転職を検討している人は、データベースに特化したスキルではなく、データベースも扱えるエンジニアを目指しましょう。

    データベースエンジニアの将来性

    データベースエンジニアは幅広い業務を行うため、サーバーやネットワーク、セキュリティやプログラムなどの知識も身につきます。

    将来的には「サーバーエンジニア」や「ネットワークエンジニア」など、さまざまなエンジニア職に転身できる可能性があるでしょう。

    ただし、データベースの知識しか身についていなかったり、1つの製品しか扱えなかったりすると、将来性は期待できません。

    データベースエンジニアとしての将来性に期待するなら、幅広い知識とスキルを身につけておく必要があります。

    スキル不足のデータベースエンジニアの特徴

    データベース製品は「Oracle Database」「MySQL」「SQLServer」など多くの種類がありますが、製品によって可能な動作が異なります。

    企業によっては複数のデータベース製品を使用していることもあるため、1つの製品しか扱えないと顧客の要望に応えられません。

    また、データベースに問題が発生した際の「データベースの復旧」ができないと、データベースエンジニアとしてはスキル不足といえます。

    経営に直結する重要なデータベースを扱う仕事のため、顧客は損失を被り、信用を失うことになりかねません。

    将来的に活躍できるデータベースエンジニアになるためには、必要なスキルを身につけておきましょう

    データベースエンジニアに必要なスキル

    データベースエンジニアへの転職を検討しているなら、どのようなスキルが必要なのか確認しておきましょう。

    適性としては、コミュニケーション能力や論理的思考力が求められます。

    そのうえで、以下の5つの知識やスキルを身につけておきましょう。

    データベースエンジニアに必要なスキル

    情報システムの全般知識

    データベースエンジニアは、顧客が利用しているシステムを総合的に判断し、最適な改善や構築を行うことが仕事です。

    利用中のシステムの「セキュリティ性」「可用性」「拡張性」「機能性」などを評価し、コスト面も考慮した最適な方法を提案しなければいけません。

    そのため、データベースだけでなく、サーバーやネットワークなどのITインフラの知識も必要です。

    データベースエンジニアが顧客の要望に応えるためには、情報システムの全般知識が必要といえるでしょう。

    システム開発の知識

    データベースエンジニアは、「データベースの開発」を行うのが仕事です。

    しかし、データベースの開発は、システム開発の一部にすぎないため、システム開発全般の知識も求められます。

    開発工数の算定や、顧客の要望に応えるためのデータベース製品の選定などを行うには、システム開発全般の知識が必要です。

    データベースエンジニアを目指すなら、システム開発の上流工程のスキルや知識も必要といえるでしょう。

    データベースを扱うスキル

    データベースエンジニアに転職するなら、データベースを扱うスキルを身につけることは必須です。

    さまざまなデータベース製品を扱えるのはもちろん、さまざまなケースに対応できる知識がなければ、仕事に支障をきたします。

    前述のデータベース製品である「Oracle Database」「MySQL」「SQLServer」の知識は必要です。

    また、SQL言語についての深い理解や、NoSQLなどの最新技術についても身につけておきましょう。

    データモデルの知識

    データベースエンジニアは「データモデリング」も仕事の1つのため、データモデルの知識が必要です。

    データモデリングには対象をモデル化し、データを詳細に定義した「論理データモデル」や、それを記録するための「物理データモデル」を用います。

    データモデルの表現形式にはさまざまな手法がありますが、ER図・UML記法・IE記法などの知識やスキルは身につけておきましょう。

    セキュリティの知識

    データベースエンジニアは、データベースのセキュリティにも精通していることが求められます。

    顧客が安全にデータベースを利用するためには、外部からの侵入や攻撃に対処するためのセキュリティ知識が必要です。

    また、アクセス権の適切な付与、データの暗号化などを実装できる知識がなければ、機密情報が漏洩してしまうでしょう。

    データベースエンジニアとして活躍するためには、セキュリティの知識は必須です。

    データベースエンジニアの経験を活かせるキャリアパス

    データベースエンジニアに転職した場合、将来的にはどのようなキャリアパスがあるのでしょうか?

    データベースしか扱えないと将来性は期待できませんが、働くなかでさまざまな知識を身につければ、経験を活かしてキャリアアップすることも可能です。

    ここでは、データベースエンジニアの経験を活かせるキャリアパスについてご紹介します。

    データベースエンジニアのキャリアパス

    サーバーやネットワークの知識を活かせる「インフラエンジニア」

    データベースエンジニアとして働くなかで、「サーバ―エンジニア」や「ネットワークエンジニア」と連携することも多いでしょう。

    データベースに問題が発生した場合、さまざまな角度から原因分析を行うため、サーバOSやネットワーク、ストレージについての知識も求められます。

    「インフラエンジニア」とは、これらの知識を駆使し、サーバーやネットワークにおける設計・構築・運用・保守を行う技術者のことです。

    データベースエンジニアからのキャリアパスとして、もっとも転職しやすい職種といえるでしょう。

    データ分析の専門家「データサイエンティスト」

    データベースエンジニアのスキルを応用し、データ分析のスキルを身につければ「データサイエンティスト」を目指せます。

    データサイエンティストとは、データベースに蓄積されたデータを分析し、新サービスの提案をしたり、サービスの改善を行ったりする仕事です。

    データベースの設計や構築を行うデータベースエンジニアとは異なり、データを分析し、活用することが求められます。

    とくに、ビッグデータを扱うデータサイエンティストは非常に注目されているため、狙い目です。

    データサイエンティストは「Python」や「R」などの言語を用いて分析するため、プログラミングやSQLなどのスキルが役立つでしょう。

    ビジネスの企画スキルや統計学などを学ぶと、データサイエンティストとしてのキャリアパスを実現できます。

    データサイエンティストについて知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

    経営課題を解決する「データベースコンサルタント」

    データベースコンサルタントとは、データベースの導入から運用に関わるすべてをサポートし、改善案などを提案する仕事です。

    データベースを利用して経営課題を解決することが求められるため、データベースエンジニアとしての幅広い知識と経験が求められます。

    データベースのパフォーマンスをアップさせるには、データベースの知識だけでなく、ネットワークやハードウェアの知識も必要です。

    ITコンサルティングチームに所属して経験を積めば、将来的にはフリーランスの道も拓けるでしょう。

    システム開発のプロジェクトの責任者「プロジェクトマネジャー」

    データベースエンジニアとしてシステム開発の経験が豊富な人は、「プロジェクトマネジャー」としてプロジェクトの責任者になる道もあります。

    プロジェクトをリリースするまでのすべての工程を熟知し、計画的に進めていくマネジメントスキルも習得すれば目指せる仕事です。

    また、プロジェクトを計画通りに進めるだけでなく、経営者の視点でシステム開発を立案することも求められます。

    データベースエンジニアとして積極的にプロジェクトリーダーを務め、将来的なキャリアパスにつなげましょう。

    また、顧客折衝やプロジェクトチームの編成なども行うため、コミュニケーション能力やマネジメント能力、コンサルティングスキルも必要になります。

    データベースエンジニアにおすすめの転職エージェント

    データベースエンジニアに転職を検討している人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    転職エージェントに登録すると、応募書類の添削や面接対策などのさまざまなサポートを無料で受けられます。

    将来的なキャリアパスについても相談可能なので、ぜひ登録しておきましょう。

    ここでは、データベースエンジニアにおすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

    初めてIT業界に転職するなら「ワークポート」

    ワークポート
    (引用元
    ワークポート

    こんな人におすすめ

    • 初めてIT業界に転職する人(業界・実務未経験も対応)
    • キャリアアドバイザーの手厚いサポートを受けたい

    ワークポート」は、IT・Web・ゲーム業界の求人を多数保有している転職エージェントです。

    「転職コンシェルジュ」と呼ばれるキャリアアドバイザーのサポートが手厚いことにも定評があります。

    業界・職種未経験者のサポートにも力を入れているため、初めて転職する方はぜひ相談してみてください。

    ワークポート|基本情報

    運営会社株式会社ワークポート
    公開求人数約98,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    キャリアアップ転職を目指すなら「レバテックキャリア」

    こんな人におすすめ

    • データベースエンジニア経験者でキャリアアップしたい
    • 年収アップを目指している
    • 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡で転職を考えている

    レバテックキャリア」は、IT・Web業界専門の転職エージェントです。

    丁寧なヒアリングによって求職者の強みを発見し、活躍できる求人を紹介してくれます。

    求人数は少なめですが、年間累計7,000回以上の企業訪問を行っているため、転職先の詳細情報を得られることがメリットです。

    有名企業からベンチャー企業まで幅広い求人を保有しているため、希望に合った求人が見つかる可能性があるでしょう。

    レバテックキャリア|基本情報

    運営会社レバテック株式会社
    公開求人数約25,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    業界に精通したアドバイスを受けたいなら「マイナビIT AGENT」

    マイナビIT AGENT
    (引用元
    マイナビIT AGENT

    こんな人におすすめ

    • スキルアップしてスペシャリストを目指したい
    • 業界知識豊富なアドバイザーのサポートを受けたい
    • 20代・第二新卒の転職サポートに強い

    マイナビIT AGENT」は、業界大手のマイナビが運営する転職エージェントです。

    IT業界に精通したアドバイザーからサポートを受けられるのが、大きなメリットといえるでしょう。

    一般公開されていない「非公開求人」も保有しているため、条件がマッチすれば好待遇の求人に出会える可能性があります。

    また、休日の面談も実施しているため、在職中でもスムーズに転職活動を進めることが可能です。

    業界に精通したアドバイザーのサポートを受けたい人は、ぜひ以下より登録しておきましょう。

    マイナビIT AGENT|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    その他のエージェントも検討したい人は「IT・Web転職エージェントおすすめ25社を比較!エンジニア未経験向けも紹介」をご覧ください。

    未経験からデータベースエンジニアに転職するには?

    データベースエンジニアにキャリアチェンジを検討中の人は、未経験でも転職できるのか気になるでしょう。

    データベースエンジニアは、未経験からでも転職可能です。

    ここでは、未経験からの転職に役立つポイントを2つご紹介します。

    未経験からデータベースエンジニアに転職するコツ

    プログラマー・システムエンジニア・保守を経験しておく

    未経験からデータベースエンジニアを目指すなら、プログラマーやシステムエンジニアを経験しておくと良いでしょう。

    プログラマーやシステムエンジニアの仕事では、データベースに触れる機会があります。

    とくに、IT業界の知識がまったくない未経験者は、IT業務に慣れることから始めましょう。

    データベースエンジニアになるには、システム全体を理解する以下の知識が必要です

    データベースエンジニアに必要な知識

    • データベースを扱うための基礎的な知識
    • SQLをはじめとしたプログラミング言語の理解
    • サーバ・OS・ネットワークなどのITインフラ全般の知識

    IT業界未経験から上記の知識を身につけるには、プログラマーやシステムエンジニアのほか、保守業務から経験を積む方法もあります。

    保守業務にはマニュアルがあるため、基本的には自動化されていますが、イレギュラーな障害が発生したときはデータベースの操作が必要です。

    保守業務でデータベースの操作に慣れておけば、データベースエンジニアにキャリアアップしやすいでしょう。

    IT業界未経験からの転職については、以下の記事も参考にしてみてください。

    転職で有利になる資格を取得する

    未経験からデータベースエンジニアを目指すなら、転職で有利になる資格を取得しておきましょう

    データベースエンジニアへの転職で有利になる資格は、以下の通りです。

    転職で有利になる資格

    • 基本情報技術者試験
    • Oracle Master
    • データベーススペシャリスト試験
    • MCP(マイクロソフト認定資格)

    「データベーススペシャリスト試験」は、未経験からでは難しいですが、将来的に取得するとキャリアアップに役立ちます。

    「Oracle Master」は、オラクルデータベースの管理スキルを証明する資格です。

    データベースエンジニアに必要なスキルを体系的に身につけられるため、社内外へのスキルの証明になります。

    「基本情報技術者試験」「マイクロソフト認定資格」は、データベースエンジニアに直接的に関係のある資格ではありませんが、知識があると有利です。

    未経験からデータベースエンジニアを目指すなら、実際の業務に活かせる資格を取得しておくと有利になるでしょう。

    まとめ

    データベースエンジニアに転職したい人のために、仕事内容や必要なスキル、将来性やキャリアパスについてご紹介しました。

    データベースエンジニアの業務内容は多岐にわたり、知識やスキルが少ないと将来性に期待できません。

    データベースエンジニアとして長く活躍するためには、以下のスキルを身につけておきましょう。

    データベースエンジニアに必要なスキル

    • 情報システムの全般知識
    • システム開発の知識
    • データベースを扱うスキル
    • データモデルの知識
    • セキュリティの知識

    また、データベースエンジニアのキャリアパスとしては、以下の職種があります。

    データベースエンジニアのキャリアパス

    • サーバーやネットワークの知識を活かせる「インフラエンジニア」
    • データ分析の専門家「データサイエンティスト」
    • 経営課題を解決する「データベースコンサルタント」
    • システム開発のプロジェクトの責任者「プロジェクトマネジャー」

    データベースエンジニアに転職を検討中の人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    転職エージェントでは、応募書類の添削や面接対策などのサポートをはじめ、将来的なキャリアパスも含めた相談ができます。

    データベースエンジニアにおすすめの転職エージェントは、以下の3社です。

    ワークポート初めて転職する人におすすめ
    レバテックキャリアキャリアアップしたい人におすすめ
    マイナビIT AGENT20代・第二新卒の転職におすすめ

    未経験から転職を目指す人も、知識を身につけてデータベースエンジニアへの転職を成功させましょう。

    ITエンジニア転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE