Operated by Ateam Inc.

イーデス

IT業界を5つに分けて解説!仕事内容・職種・将来性・企業・転職方法まで

最終更新日:

ITエンジニア転職
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
人物アイコン

・IT業界ではどんな仕事をしてるの?

・将来性はあるの?

IT業界と聞いてどのような仕事を思い浮かべるでしょうか?

「インターネットにあるサービスを作る仕事」
「Webサイトを作ったり、アプリを作ったりする仕事」
「コラムやWebメディアのような情報発信をする仕事」

さまざまな仕事があるIT業界ですが、具体的にどのような職種があり、どのような仕事をするのか疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

今回は、IT業界を以下の5つに分けて、職種や仕事内容、職種別の年収やIT業界の今後についても解説していきます。

IT業界を5つに分類

この記事を読めば、IT業界について理解が深まり、就職や転職活動を進めやすくなります。

まだ転職を考えていない方もチェック!

「IT業界に興味があるけど、どこが自分に合うかわからない」

「未経験から挑戦しやすい業界はどこ?」

など、IT業界への転職で不安があるなら転職エージェントへの相談がおすすめです。

転職エージェントとは、転職したい人と人材を応募している企業をマッチングさせるサービスです。

無料でキャリア相談ができ、希望に合った求人を紹介してもらうことができます。

中でもIT業界への転職を考えている方におすすめなのは、「ワークポート」です。

ワークポート
(引用元
ワークポート

「ワークポート」はIT転職に強く、業界・業種未経験でも対応してくれる転職エージェントです。

ワークポートのアドバイザーに相談すれば、詳しい業界事情を教えてもらえますし、あなたに合った業界についてのアドバイスをもらうことができます。

ワークポートは完全無料で使えますし、転職するかまだ決めていない段階でも利用可能です。

気に入らなければすぐに退会できるので、まずは気軽に登録してみましょう。

ワークポート|基本情報

運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約93,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年3月時点)

気になる内容をタップ

IT業界とは?

ITとは「Information Technology」の略であり、IT業界とは情報通信産業のことです。

職種や仕事内容などは幅広く存在しますが、大きく分類すると下記の5つの業界に分けられます。

いずれの業界でも企業向けサービス(BtoB)と消費者向けサービス(BtoC)に分かれており、さまざまなサービスを提供しています。

今回は5つの業界における職種や仕事内容、年収などの特徴について解説していきましょう。

※具体的なエンジニアの種類を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

インターネット/Web業界

インターネット/Web業界

まず、インターネット/Web業界の内容や代表的な職種と年収、将来性、代表的な企業についてご紹介します。

インターネット/Web業界とは?

インターネット/Web業界は、インターネットやWebのビジネス・サービスを提供している業界、下記のような企業があります。

  • AmazonなどのECサイト
  • LINEのようなメッセンジャーアプリ
  • FacebookなどのSNSサービス

これらのサービスからわかるように、身近なサービスの多くはインターネット/Web業界の企業が提供しています。

代表的な職種と年収

では、インターネット/Web業界にはどんな職種があるのでしょうか。

ここでは代表的な職種と年収を紹介します。

Webエンジニア 

インターネット/Web業界におけるWebサイト制作やWebサービスを開発する職種です。

Webエンジニアは、IT業界において欠かせない職種で、サービス開発を行う場合、いなければ成り立たないほど重要な職種になります。

また、Webエンジニアにの中にも多くの職種が存在しています。

  • Webサイトの画面を構築する:フロントエンドエンジニア
  • Webサイトやサービスの機能を開発する:サービスサーバーサイドエンジニア
  • 開発をする際の環境を構築する:インフラエンジニア
  • スマートフォンアプリを開発する:スマホアプリエンジニア
  • ゲームを開発する:ゲームエンジニア

上記のように、さまざまな職種が存在するので、Webエンジニアの中でも仕事内容は多岐に渡ります。

Webデザイナー 平均年収488万円

IT業界におけるWebデザイナーの役割は、Webサイトやサービスのデザインを設計することです。

Webデザイナーの仕事にもさまざまな仕事内容があります。

  • Webサイトデザイン
  • ランディングページ作成/バナー作成
  • Webサイトの画面作成

上記以外にも、Webデザインから制作まで、Webデザイナーの仕事だけでもさまざまな職種に分かれます。

Webマーケター 平均年収506万円(※1)

インターネット/Web業界の発展により、現在注目されているのがWebマーケティングです。

Webマーケティングの仕事は、主にWebサイトの分析し施策を考えたり、広告やSNSの運用を行ったりする仕事になります。

仕事の内容によっては、会社の売上に直接関わることもある職種なので、重要な役割を担っています。

将来性

インターネット/Web業界のサービスは私たち消費者にとってなくてはならないものなので、需要も大きく将来性は高いです。

ネットショッピングサービスやコミュニケーションツール、SNSなど身近にあるサービスの多くがインターネット/Web業界に関連するサービスです。

サービスのビジネスモデルも多様化しており、現在では、「Amazon Prime」などの定額課金型サービスモデルも世の中に浸透しています。

インターネット/Web業界の職種は、将来フリーランスとして活動している人も多いので、独立や場所に縛られずに働きたい人にはおすすめです。

代表的な企業

インターネット/Web業界を代表する企業一覧は下記の通りです。

詳しい情報を知りたい方は、解説記事をご覧ください。

インターネット/Web企業
アマゾンジャパン
楽天
Zホールディングス
サイバーエージェント
LINE

転職に必要なスキル

  • インターネット/Webサービスに関する知見
  • 開発を行っていくために必要不可欠な論路的思考
  • ユーザー視点で考えてサイト・サービス設計を行う客観性
  • データを元に市場の動向を把握していく分析力
今すぐ求人を見てみる

ワークポート公式サイトはこちら

通信業界

通信業界

通信業界の代表的な職種や年収、将来性・代表的な企業についてご紹介します。

通信業界とは?

通信業界とは、携帯電話やWi-Fiなどの通信サービスに関する仕事を行っている業界で、有名なのがNTTドコモ・ソフトバンク・KDDIなどの3大キャリアです。

3大キャリア以外にもWi-Fiサービス提供する事業者などを中心に、下記のようなサービス提供や業務を行っています。

  • 電話回線サービス提供(通話サービス)
  • インターネット回線提供(データ通信・Wi-Fiなど)
  • ネットワーク構築・運用

代表的な職種と年収

通信業界の代表的な職種と年収は下記の通りです。

セールスエンジニア 平均年収609万円(※1)

セールスエンジニアは、クライアントのニーズに対して提案や解決を行う営業と技術的な提案を行うエンジニアの要素を併せ持った職種です。

商品を販売するだけではなく技術的な要素も含むので、商品の魅力を伝えるだけではなく、より高度な知識が求められます。

ネットワークエンジニア 平均年収559万円(※1)

通信業界において重要な職種なのがネットワークエンジニアです。

ネットワークエンジニアは、ネットワークシステム構築全般(ネットワーク設計、保守運用、サーバー管理)の仕事を担当しています。

インターネットが正常に運用されている事で、私たちは快適にインターネットを使うことができます。

商品企画 平均年収523万円(※1)

商品企画の仕事は業界を問わずに必要とされる仕事です。

現在の通信業界では、格安SIMや5Gなど新たなサービスや最新の技術が導入されていることで、商品企画はより重要仕事になっています。

商品企画の仕事は、「いかに顧客に対して魅力的な商品企画を提供していくことができるか」が勝負です。

将来性

通信業界は、インターネットが存在する限り無くなりません。

また、今まで大手キャリアが市場を占めていましたが、格安SIMの導入や5Gの時代の到来により市場に大きな変化が起きています。

すでに市場として通信回線は日本中に浸透しているため、他の業界に比べて安定していると言えます。

代表的な企業

通信業界を代表する企業一覧は下記の通りです。

詳しい情報を知りたい方は、解説記事をご覧ください。

項目説明
KDDI詳しい解説はこちら
ソフトバンク詳しい解説はこちら
NTTドコモ-

転職に必要なスキル

  • 通信業界に関する知見
  • お客様目線で必要なプランを提案していく提案力
  • ネットワーク構築に関連する技術
  • ユーザーに喜ばれるプランを考える企画力
今すぐ求人を見てみる

ワークポート公式サイトはこちら

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界

3番目の業界として、ソフトウェア業界の内容や代表的な職種と年収、将来性、代表的な企業についてご紹介します。

ソフトウェア業界とは?

ソフトウェア業界は、コンピューター上で利用するソフトウェアを開発・販売している業界です。

ソフトウェア業界で提供しているサービスや技術には、私たちの身近に関係するサービスもあります。

  • Word Pressのような簡単にWebサイトを作ることができるCMSツール
  • 画像認識(指紋認証)や音声認識(Siri)などに関係する人工知能AI
  • 携帯アプリでエアコンを消したり、声に反応して音楽を流したりするAlexaなどに関連するIoT

上記のサービスのように、ソフトウェア業界は、現代の業界の中でも最も変化が激しく成長度が高い業界ともいえます。

代表的な職種と年収

ソフトウェア業界の代表的な職種と年収は下記の通りです。

ソフトウェアエンジニア 平均年収567万円(※1)

ソフトウェアエンジニアは、その名の通りWeb上で提供するサービスやツールなどのソフトウェアの開発を行う職種です。

また、Webエンジニアと関連する開発言語を使うことがあるため、仕事の内容によってはWebエンジニアとして認識されることもあります。

アプリケーションエンジニア 平均年収535万円(※1)

ソフトウェア業界におけるアプリケーションは、PC上で利用するアプリケーションのことを指します。

スマホアプリエンジニアと混合されることもありますが、スマホアプリとPCアプリケーションでは開発言語が異なるため、別の職種として扱われます。

セールスエンジニア 平均年収609万円(※1)

セールスエンジニアは、クライアントのニーズに対して提案や解決を行う営業と技術的な提案を行うエンジニアの要素を併せ持った職種です。

通信業界でも登場しましたが、ソフトウェア業界においても同じ役割としてセールスエンジニアが活躍する場面があります。

将来性

ソフトウェア業界は、クラウド化による市場規模の拡大やテレワーク導入によるセキュリティ問題、IoT(モノのインターネット)などに伴い、需要が高まっている業界です。

年経済産業省の「2021年情報通信業基本調査(2020年度実績)」によると、IT業界の中でもソフトウェアの受託開発業の売上高の割合は高く、将来性も期待できます。

代表的な企業

ソフトウェア業界を代表する企業一覧は下記の通りです。

詳しい情報を知りたい方は、解説記事をご覧ください。

ソフトウェア企業解説記事
日本マイクロソフト詳しい解説はこちら
日本オラクル-
オービック詳しい解説はこちら
ミクロ情報サービス

転職に必要なスキル

  • ソフトウェア開発に関連する技術
  • 市場の変化や新しい技術に対応していく適応力
  • 技術の勉強をして新しい知識を習得し続けるための継続力
  • 顧客のニーズを聞き出し最適な提案を行うために必要なヒアリング能力
今すぐ求人を見てみる

ワークポート公式サイトはこちら

ハードウェア業界

ハードウェア業界

4番目の業界として、ハードウェア業界の内容や代表的な職種と年収、将来性、代表的な企業についてご紹介します。

ハードウェア業界とは?

ハードウェア業界とは、電子機器など目に見える機械全般を開発する業界のことを指します。

MacやWindowsもなどのPCもハードウェアの一つとして分類され、主に下記のような仕事が行われます。

  • 電子機器(ハードウェア)の商品開発・制作
  • 電子機器(ハードウェア)のプログラムの開発・組み込み
  • 電子機器(ハードウェア)の販売・営業

代表的な職種と年収

ハードウェア業界の代表的な職種と年収は下記の通りです。

ハードウェアエンジニア 平均年収543万円(※1)

ハードウェアエンジニアハードウェアの開発や設計が主な仕事で、電子回路の部品を作ったり、半導体を用いてハードウェアを制作などを行います。

組み込み系エンジニア 平均年収544万円(※1)

組み込み系エンジニアは、PCなどの電子機器に関する動作制御ソフトウェアの開発人感センサー装置などの機能を組み込んでいく仕事です。

ハードウェアのプログラムの組み込みなど、電子製品の開発の中でも重要な役割を担う職種になります。

セールスエンジニア 平均年収454万円(※1)

ハードウェア業界のセールスエンジニアは、通信業界やソフトウェア業界と少し趣旨が異なります。

ハードウェア業界で取り扱う商品がPCなどの目に見える商品のため、技術営業よりも、商品営業職に近い役割を担っています。

将来性

ハードウェア業界の将来性についてですが、ハードウェア業界の製品自体はすでに世の中に浸透しています。

そのため、ソフトウェア業界のように売上規模を拡大していける可能性は少ない反面、すでに市場が確立しているので安定している業界ともいえます。

ハードウェア業界では、ドローンやApple Watchなど、最新の情報機器の製品開発に興味のある方にはとても魅力的な業界です。

代表的な企業

ハードウェア業界を代表する企業一覧は下記の通りです。

詳しい情報を知りたい方は、解説記事をご覧ください。

ハードウェア企業解説記事
日立製作所-
詳しい解説はこちら
パナソニック詳しい解説はこちら
三菱電機詳しい解説はこちら
東芝-
転職に必要なスキル
  • ハードウェアに関する知見
  • ハードウェア開発に関する技術
  • 決められた順序に適切に対応していく正確性
  • 顧客の目的に沿って製品の特徴をわかりやすく説明する伝達力
今すぐ求人を見てみる

ワークポート公式サイトはこちら

情報処理サービス業界(SI)

情報処理サービス業界

5番目の業界として情報処理サービス業界(SI)の内容や代表的な職種と年収、将来性、代表的な企業についてご紹介します。

情報処理サービス業界(SI)とは?

情報処理サービス業界とは、企業の独自のシステム開発を企画から運用まで請け負う仕事をする業界です。

各業界では自社でのシステム開発など行うこともありますが、中にはIT業界とは異なる業界においてもシステムの導入が必要になるケースがあります。

そのような時に活躍するのが、情報処理サービス業界のシステム開発会社(SIer)です。

業務内容としては、主に開発に関わる下記のような業務を行います。

  • 企業にある課題抽出や具体的なニーズのヒアリング
  • 開発におけるディレクションやプロジェクトマネジメント
  • 開発後の運用・更新業務

代表的な職種と年収

情報処理サービス業界では、Webエンジニアが開発を行いますが、今回は開発の重要な役割を担う職種と年収についてご紹介します。

ディレクター 平均年収560万円(※1)

ディレクターの仕事は、開発におけるチームの取りまとめと進捗管理などをメインで行います。

業務内容としてプロジェクトマネージャーと似た部分もありますが、主にディレクションを行っていくことがメインの仕事です。

プロジェクトマネージャー 平均年収638万円(※1)

プロジェクトを進めていく際の顧客折衝や要件定義、プロジェクトマネジメントなどを行います。

プロジェクトマネジメントにおいて、開発の知見やディレクターの統括など、プロジェクトを滞りなく進めていくための幅広い能力が求められます。

システムコンサルタント 平均年収932万円(※1)

セールスエンジニアやディレクション、プロジェクトマネージャーなどの経験を経た先に、コンサルタントとしての道があります。

経営層に近いクライアントに対してのコンサルティングを行うため、より高度な専門知識や能力が求められます。

将来性

自社開発のリソース不足を解消するためにSIerは欠かせない存在です。

IT業界企業の成長のために情報処理サービス業界は重要な役割を担うことになるため、今後も業界の成長とともに発展していくでしょう。

情報処理サービス業界では、多くのサービス開発などに関わる機会があるので、とにかく多くの経験を幅広く積んで行きたい人にはオススメです。

代表的な企業

情報処理サービス業界を代表する企業と売上の一覧は下記の通りです。

詳しい情報を知りたい方は、解説記事をご覧ください。

情報処理サービス企業(SI)解説記事
富士通詳しい解説はこちら
NTTデータ詳しい解説はこちら
日本IBM-
大塚商会-
野村総合研究所詳しい解説はこちら

転職に必要なスキル

  • システム開発に関連する知見
  • チームメンバーや顧客と良好なやりとりをするためのコミュニケーション能力
  • プロジェクトを滞りなく進めるためのスケジュール・タスク管理能力
  • 俯瞰的に見て全体に指示を出せるプロジェクト管理能力
今すぐ求人を見てみる

ワークポート公式サイトはこちら

IT業界の転職におすすめの転職エージェント3選

IT業界へ転職するなら、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントとは、転職したい人と人材募集している企業を結びつけるマッチングサービス

転職エージェントの仕組み

転職サイトは求人を探すだけしかできませんが、転職エージェントではキャリアアドバイザーに相談ができ、転職市場の動向や業界事情なども詳しく教えてもらうことが可能です。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職エージェントは無料で利用できますし、合わなければすぐに退会できるのでとりあえず登録しておくのがおすすめです。

以下の3社は無料で使えますし、IT転職に強いエージェントなのでぜひ利用してみてください。

ワークポート・業界・実務未経験でも使える
・IT業界の転職に強い
レバテックキャリア・エンジニア経験者専門
・キャリアアップ転職におすすめ
doda・業界屈指の求人数
・転職サイトとしても使用可能

転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、2〜3社登録しておくのがおすすめです。

多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

ここで紹介する3社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

業界・実務未経験からの転職ならワークポート

ワークポート
(引用元
ワークポート

ワークポートは、IT・Web・ゲーム業界の求人を多数紹介している転職エージェントです。

IT専門のエージェントは経験者にしか対応していないとことが多いのですが、ワークポートは業界・実務未経験でも対応してくれます。

そのため、「IT業界の経験がないけれども転職したい」という人におすすめです。

ワークポート|基本情報

運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約93,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年3月時点)

IT業界経験者の転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアは、エンジニア経験者専門の転職エージェントです。

ハイレベルなエンジニア求人を扱っているため、レベルの高い仕事にキャリアアップしたい人におすすめできます。

IT知識が豊富なアドバイザーが在籍しており、ヒアリングに時間をかけるため、アドバイザーとじっくり相談して転職先を決めたいという方にぴったりです。

レバテックキャリア|基本情報

運営会社レバテック株式会社
公開求人数約25,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

様々な職種から選びたいならdoda

doda
(引用元
doda

dodaは、20万件以上(※2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人を保有している、業界屈指の求人数を誇る転職エージェント

全国の求人を保有しているので、地方で転職したい人も仕事を見つけやすいです。

またdodaは、転職エージェントと転職サイトの両面を持つサービスです。

自分で求人を探すこともできますし、アドバイザーに相談しながら転職活動を進めることも可能です。

また、「年収査定」「合格率診断」などオリジナルの診断ツールも用意しており、転職初心者に役立つ機能も充実しています。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年3月時点)

まとめ

以上、IT業界について5つに分けて解説してきました。

  • インターネット/Web業界:AmazonやFacebookなどの身近なサービスを提供している。業界は成長傾向
  • 通信業界:「docomo」「SoftBank」「au」などの有名企業がある。業界は比較的安定している
  • ソフトウェア業界:PCソフトウェアを開発・提供。CMSツールやAI、IoTなどの技術により業界は急成長中
  • ハードウェア業界:PCなどの電子機器(ハードディスク)を開発・制作を行っている業界。業界は安定している
  • 情報処理サービス業界(SI):企業のシステム開発を請け負う企業がある業界。IT業界の成長には必要不可欠

業界の中には専門知識がなければ転職が難しい分野もありますが、必ずしも専門知識がなければ転職はできないという訳ではありません。

もし転職に対して不安があれば、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。


ワークポート・業界・実務未経験でも使える
・IT業界の転職に強い
レバテックキャリア・エンジニア経験者専門
・キャリアアップ転職におすすめ
doda・業界屈指の求人数
・転職サイトとしても使用可能

ITエンジニア転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.