Operated by Ateam Inc.

イーデス

飲食店を辞めたい方へ!次へ踏み出す為の一歩をアクション付きで解説

最終更新日:

飲食店を辞めたい方へ!次へ踏み出す為の一歩をアクション付きで解説
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「飲食店辞めたいけど言いづらい」「辞めた後が不安で一歩を踏み出せない」という方は少なくありません。

この記事では、飲食店を辞めるためのステップや転職のコツを詳しく解説していきます。

飲食店を辞めて次のステップに踏み出すために、ぜひ参考にしてください。

飲食店からの転職におすすめの転職エージェント

サービス名特徴求人数キャリア相談求人の提案スカウト機能
リクルートエージェント
公式サイト
  • 業界トップクラスの求人数を誇る
  • 大手企業の求人が多数あり
約447,000件
+非公開求人
約327,000件
丸丸丸
フーズラボエージェント公式サイト
  • 飲食業界の転職エージェント満足度・信頼度No1
  • 業界最大級の紹介求人数
約15,000件丸丸丸
個人店のミカタjob公式サイト
  • お試し入社でミスマッチを防げる
  • 独立支援・ノウハウ習得を支援

約4,000件

丸丸バツ

(※2024年1月時点)

    気になる内容をタップ

    飲食店を辞めたい方必見!ブラック飲食店の特徴とは?

    「働くのが嫌になってきた...」

    こういった気持ちになる原因は、あなたの職場がブラック飲食店だからかもしれません。

    ブラック化してしまっているお店にはいくつかの共通点があるので、あなたの職場にも当てはまるかどうか確認してみましょう。

    特徴1.長時間労働とサビ残がある

    ゆっこ (@yucco_1120)さん

    前に2年やってた飲食店のパート、上がり時間になってもタイムカード押してから30分以上サビ残とか当たり前だった。

    勤務6時間越えたら休憩してなくても自動的に30分休憩したことになるシステムもあってみんな休憩なしで5時間59分で押してた。
    定刻で帰るのが悪みたいな空気。
    早く辞めるべきだったな…

    (引用:X

    特徴の一つとしてよく挙げられるのが、長時間労働とサービス残業です。

    ブラック飲食店は休みがほとんどありません。

    その理由として考えられるのが、慢性的な人手不足や、飲食業界特有の体質にあります。

    飲食店で働いてる人は学生が多いため、急な都合で辞めてしまうことも多いです。

    店長や正社員ともなると、シフトの穴が出た時は休みを返上して出勤しなければなりません。

    そんな職場で我慢して働き続けても、決してあなたのためにならないでしょう。

    特徴2.パワハラ・セクハラがある

    次に挙げられるのがパワハラやセクハラ。

    従業員に対して、上の立場の人間が暴力や暴言によって支配しようとする残念な環境の職場が未だに存在しています。

    あなたの職場がもしこういった状況であれば、何も迷う必要はありません。

    即刻退職を申し出るか、それに応じてくれない場合は、しかるべき所に相談に行くべきです。

    パワハラ・セクハラに悩む方のための相談窓口

    特徴3.雑用しか回ってこない

    がるる(プロトタイプ改) (@garuru_mk3)さん

    私もソッチ系のバイトしたかったなぁ~~~
    飲食系のバイトしても力仕事の雑用しかさせてもらえなかったーーー!w

    (引用:X

    料理の道を志し、飲食業界に飛び込んだものの任せてもらえる仕事は来る日も来る日も皿洗いばかり。

    こういった職場も要注意です。

    最初は正社員登用などと甘い言葉で誘っておいて、実は人手不足を緩和するためのもので、アルバイトとやってることが変わらないなんてこともあります。

    そういった職場ではあなたの時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。

    もし向こうから何のアクションも無く、状況が一向に変わらないとしたら敬遠すべきブラック飲食店と言えるでしょう。

    飲食店を辞める時の心構えと注意点

    今勤めている職場を辞めるのは、やはりそれなりに勇気がいる決断です。

    ここでは、飲食店を辞めるときの心構えと最低限注意しておくべき点をお伝えしていきます。

    転職理由(退職理由)を明確にする

    まだ退職するか迷っているという方は、心の整理が出来ておらずモヤモヤした状態です。

    周りからもその職場を辞めたほうがいいと言われたり、自分の中で辞める方に気持ちが傾いてるにもかかわらず、実際に行動に移せないのは、あなたの中で辞めたい理由が曖昧だからです。

    なぜ辞めたいと思うのか、今後どうしていきたいのかを一度書き出すなどして整理してみるとよいでしょう。

    辞める際はなるべく迷惑にならないようにする

    当たり前ですが、辞めると決めた日に退職してしまってはお店側にも迷惑がかかります

    最低でも1ヶ月前には申し出るようにしましょう。

    退職を申し出る際に、残りのシフトをどうするか上司に相談してみるのもおすすめです。

    上司の同意があれば、即日で退職できる可能性もあります。

    飲食店を辞めてから転職するまでの具体的なステップ

    この章では、退職してから転職に進むまでの具体的なステップを解説していきます。

    実際に退職を決意した場合、やるべきことは実はそんなに多くはありません。

    具体的な流れは以下通りです。

    ①退職する意思を伝える

    まずは退職する意思を上司や責任者に伝えます。

    ここではしっかりと時間を作ってもらうことがポイントです。

    立ち話などでは最悪の場合、なかったことにされてしまうことがあります。

    出来るだけお店の営業時間前や営業が終了した落ち着いたタイミングで声を掛けるとよいでしょう。

    ②退職に向けて話しあいをする

    「辞める時になんて言えばいいんだろう?」

    ここでは素直に、退職したい意思があることが伝われば大丈夫です。

    変に気を遣う必要はなく、しっかりと言いきりましょう。

    その上でいつまでシフトに入れるのか、自身の都合とお店側の折り合いがつくところで伝えられれば大丈夫です。

    ③退職願いを提出する

    パート・バイトの場合は、一般的には退職届の提出は不要です。

    退職届が必要な場合は、会社側から提出を求められます

    退職願いの書き方などについて理解を深めたい方は、以下の記事を参考にしてください。

    ④年金や保険の切り替えをする

    辞めた後に忘れてはいけないのが、年金や保険などの切り替えです。

    今までは会社の雇用保険などに加入していた場合、自分で手続きをして支払っていかなければいけません。

    ここを疎かにしても後々催促が来て面倒になるので、この部分はしっかりと行いましょう。

    もし分からないという場合は、役所などに相談すれば手続きの仕方を教えてくれるので、時間を見つけて行ってみてもいいかもしれません。

    ⑤転職サービスに登録して転職活動を開始する

    辞めたあとは、ゆっくりしたいという気持ちもわかりますが、あまり悠長にしていられる訳ではありません。

    まずは転職サービスを上手に活用していって新たな人生をスタートさせましょう。

    上記のステップの中で最もハードルが高くなるのが、②の職場の上司との退職に向けての話し合いになります。

    お店側としては少しでも人手を確保すべく、最後は情に訴えて引き留めにかかってくる場合があります。

    退職の意思が固いのならば、押し切る覚悟で話し合いに臨みましょう。

    辞めることがどうしても難しい方には退職代行サービスがおすすめ

    上司が怖かったりして、退職することをなかなか言い出せないという方も多いと思います。

    そんな悩みを抱えているなら、退職代行サービス「退職代行ガーディアン」を頼ることをおすすめします。

    退職代行サービスとは、依頼者の代わりに退職の手続きを行ってくれるサービスのこと。

    退職代行ガーディアンなら、サービスに申し込んだ時点で、退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、会社に一切出向かずに辞めることができます。

    自分の口で「退職したい」と伝えずに済むので、精神的負担を軽減できます。

    料金は、業界最安の24,800円(税込)で、追加料金が一切かからないのも安心です。

    退職について悩んでいる方は、ぜひ退職代行ガーディアンの利用を検討してみてください。

    退職代行ガーディアン|基本情報

    運営組合東京労働経済組合
    対応エリア全国
    料金24,800円(税込)
    追加料金なし
    相談方法LINE・電話
    支払方法クレジットカード
    銀行振込
    (最終更新:23年9月時点)

    退職代行を使う前の不安を解決!

    退職代行を利用するにあたり不安な点もあると思います。

    利用前の気になる疑問点を以下にまとめました。

    Q1.退職代行って法的には大丈夫なの?

    回答

    退職代行サービスは、決して違法なサービスではありません

    中には運営元が怪しいサービスもありますが、退職代行ガーディアンは労働組合が運営しているため、法律的な心配はありません。

    Q2.就業規則に「○ヶ月前までに報告」とあるけど問題ない?

    回答

    就業規則に書かれている内容はあくまでも会社が決めたルールであって、法律では2週間前までに退職を伝えれば辞められます。

    会社側も、辞める社員の社会保険料などを払うのがもったいないと考え、ほとんどの場合で即日退社を認めてくれます。

    もし辞めさせてもらえない場合も、2週間欠勤扱いにして退職できるので、ほとんどのケースで即日退職が可能です。

    Q3.会社側から引き止めの連絡はこない?

    回答

    会社からの連絡は、全て退職代行サービスの担当者が代わりに引き受けてくれます

    会社側が退職の引き止めをしてきても、「〇〇さんは体調を崩しており、連絡が難しいようです」というように、状況に応じてうまく話を流してもらえます。

    Q4.退職代行に登録した後の流れは?

    回答

    退職代行に連絡したあとは、次の流れで退職を進めていきます。

    1. 無料相談
    2. 料金支払い
    3. 退職代行サービスと打ち合わせ(ラインや電話など)
    4. あとは退職代行サービスに全てお任せ

    退職代行を使えば、会社とのやりとりを全て退職代行サービスが代わりに行ってくれます

    自分で行うのは退職届の郵送のみ。

    退職代行ガーディアンならば、即日で辞めることもできるので、「今日中に辞めたい」という状況でも退職できます。

    「会社をバックレたい…」という気持ちで身動きがとれなくなってる人には、きっと救いのサービスになるはずです。

    どうしても退職を伝えられずに悩んでいるのなら、相談だけでもしてみてください。

    ホワイトな職場を見つけたい人におすすめの転職エージェント

    退職の目処がたったら、転職先をどうするかが気になると思います。

    「次こそは絶対にホワイトな職場に転職したい」という方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

    転職エージェントを利用するメリット

    転職エージェントを利用すれば、履歴書・面接対策や給与交渉などをしてくれるだけではなく、会社の評判などもわかり、自分に合った職場を見つけられるでしょう。

    ここでは、利用者からの口コミや評判が高く、実績も豊富な転職サービスを3つご紹介していきます。

    安心かつ信頼性の高い「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、求人数No .1の総合転職エージェントです。

    2024年1月時点で、「飲食・フードサービス」の公開求人数は約1万2,000件もありました。

    幅広く職場を探したい方には、リクルートエージェントがおすすめです。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社

    株式会社リクルート

    公開求人数

    約404,000件

    非公開求人数

    約221,000件

    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年6月時点)

    飲食店スタッフが選ぶ転職エージェントNo.1「フーズラボエージェント」

    「フーズラボエージェント」は転職実績や求人数が豊富で、利用者満足度でも高い評価を得ています。

    また、店舗視察や従業員のインタビューなどで収集した内部情報を教えてもらえるので、企業の実際の情報を把握しやすいです。

    どの転職エージェントにするか迷っている人は、フーズラボエージェントに登録してみてください。

    体験入社でミスマッチを防げる「個人店のミカタjob」

    「個人店のミカタjob」は、飲食店専門の無料転職支援サービスです。

    実際にお店で働いて職場体験ができるので、入社後のミスマッチが防げます。

    また「個人店のミカタjob」では、のれん分けや社内独立制度のある求人を多数紹介しています。

    求人数自体は大手と比べると少なめですが、今後個人で独立を目指している方は登録しておいて損はありません。

    【補足】飲食店を辞めたい人におすすめの職種

    「これから新しい職種での転職は難しいのかな」「未経験でも活躍できるか不安」といった不安を抱えてらっしゃる方もいるでしょう。

    結論からいうと未経験からでも活躍できる仕事は世の中にはたくさんあります。

    飲食店で培ってきたスキルや経験を活かせる仕事、未経験からでも活躍出来る仕事があることを知っておくことが大切です。

    具体的には、以下のような職種は飲食経験を生かせます。

    • 営業職
    • 事務職
    • 食品関係の企業
    • 介護職 など

    飲食店で培ってきたコミュニーケーション力は、さまざまな職場で役立ちます。

    年収をより上げたいと考えるなら営業へ、ライフワークバランスをとるなら事務職というように自分の希望に合わせて転職を検討していきましょう。

    まとめ

    飲食店で働き続けるのも、思い切って新しい道へ進むのもあなた次第です。

    まずは今後の働き方を検討するためにも、転職エージェントに登録して相談してみるのもいいでしょう。

    飲食店からの転職におすすめの転職エージェント

    サービス名特徴求人数キャリア相談求人の提案スカウト機能
    リクルートエージェント
    公式サイト
    • 業界トップクラスの求人数を誇る
    • 大手企業の求人が多数あり
    約447,000件
    +非公開求人
    約327,000件
    丸丸丸
    フーズラボエージェント公式サイト
    • 飲食業界の転職エージェント満足度・信頼度No1
    • 業界最大級の紹介求人数
    約15,000件丸丸丸
    個人店のミカタjob公式サイト
    • お試し入社でミスマッチを防げる
    • 独立支援・ノウハウ習得を支援

    約4,000件

    丸丸バツ

    (※2024年1月時点)

    どうしても辞められないという時は「退職代行ガーディアン」のような、退職代行サービスを頼るのも一つの手です。

    あなたのキャリアをよりよいものとするためにも、しっかりと考えて決断していきましょう。

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE