Operated by Ateam Inc.

イーデス

リクルートカードと楽天カードを徹底比較!ポイント還元率はどっちがお得?

最終更新日:

リクルートと楽天カードを徹底比較!ポイント還元率はどっちが得?
リクルートカード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

クレジットカードを選ぶうえで、決め手として重視したいのがポイント還元率ですよね。

高還元率のクレジットカードはいくつかありますが、中でもリクルートカードと楽天カードはポイント還元率が高いことで有名。ただ、両者でポイントが貯まりやすいシーンは違うため、しっかりと理解しておく必要があるでしょう。

本記事では、リクルートカードと楽天カードの基本情報と各項目の詳細な比較を解説します。それぞれのカードがお得な人の特徴も紹介しています。ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • リクルートカードと楽天カードの基本情報がわかる
  • リクルートカードと楽天カードの詳細な違いがわかる
  • 2枚のカードがおすすめの人の特徴がわかる

気になる内容をタップ

リクルートカードと楽天カードはどっちがお得?

リクルートカードと楽天カードでは、適している人の属性が異なります。どちらがお得かという疑問に対しても、使う人次第のところがあるため、一概にはいえません。それぞれのカードの特性を踏まえたうえで、どのような人にどちらがお得なのかを解説します。

まずは、双方の特徴を押さえておきましょう。それぞれのカードの基本情報は以下のとおりです。


リクルートカード

リクルートカード

楽天カード

楽天カード

申込条件18歳以上で本人または配偶者に安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)楽天会員に登録済み、かつ18歳以上(高校生不可)の本人または配偶者に安定した収入がある方
年会費
無料
無料
ポイント
還元率
1.2%~4.2%
1.0%~3.0%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • american_express
電子マネー
-
  • visaTouch
  • edy
発行スピード
約1週間
約1週間~10日前後
ETC年会費
無料
550円(税込)
海外損害保険国内旅行保険:最大1,000万円
海外旅行保険:最大2,000万円
海外旅行保険:最大2,000万円

基本情報を見ると、リクルートカードには国内旅行保険が付帯されており、旅行や出張での万が一に強いことがわかります。

しかし、楽天カードにも海外旅行保険が付帯されており、同じように海外旅行をバックアップしてくれる存在です。そして、どちらもポイント還元率が1%以上になる点が共通点であり、魅力的なポイントです。

では、それぞれのカードの特徴を、より詳細に見てみましょう。

リクルートカードの基本情報

リクルートカードの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.2%~4.2%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
発行スピード約1週間
追加カード

ETCカード

ETCカード発行手数料Mastercard / Visaの場合:1,000円(税別)
JCBの場合:無料
ETCカード年会費無料
旅行保険国内旅行保険海外旅行保険
ポイント名リクルートポイント
締め日・支払日締め日:毎月15日・支払日:翌月10日
申し込み条件18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。
必要書類リクルートID・パソコンまたは携帯電話のメールアドレス・ご本人様の住所、電話番号、生年月日などの情報・お勤め先の会社名、郵便番号、所在地、電話番号が分かるもの(名刺など)・運転免許証(免許証をお持ちの方のみ)・カード代金の引落口座となる金融機関口座

注目ポイント

  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率1.2%!
  • ポイント参画サービスを利用すると最大4.2%還元!
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円補償
  • 電子マネーチャージでもポイントが貯まる!
公式サイトへ

リクルートカードは、その名のとおりリクルートが発行している初心者に最適なクレジットカードです。ポイント還元率が、常時1.2%と高めに設定されているのが特徴で、他のクレジットカードよりも高い還元率です。貯まったポイントはリクルート系サービスで利用できるほか、dポイントやPontaポイントなどに変換できます。

選択する国際ブランドによって、電子マネーの種類とETCカードの年会費が違います。VISAとMasterCardでは、電子マネーが充実する代わりにETCカードの年会費が1,100円(税込)です。

JCBの場合は、ETCカード年会費は無料なものの、電子マネーの数は少なくなります。必要な国際ブランドで選択すれば基本は問題ありませんが、お得さを追求するのであれば、JCBが最適といえます。

リクルートカードがおすすめの人

リクルートカードがおすすめの人の特徴は、以下の条件に当てはまる人です。

  • リクルート系のサービスをよく利用する人
  • 公共料金の支払いでポイントを貯めたいと考えている人
  • 国内旅行が中心の人

リクルートカードでは、ホットペッパービューティーやじゃらんnetをはじめとするリクルート系サービスの決済を行うと、最大4.2%のポイント還元率になります。普段から美容院やレストラン、宿泊先の予約などをリクルートのサービスで行う場合は、リクルートカードのほうが良いでしょう。

また、公共料金の支払いでポイントを貯めたい人も、リクルートカードがおすすめです。楽天カードでは還元率が下がってしまうため、お得度も下がってしまいます。合わせて、旅行傷害保険のうち、国内旅行保険が付帯されています。じゃらんnetなどのサービスと合わせて、国内への旅行が中心の人にもおすすめの1枚です。

リクルートカードの詳細については、以下の記事を参考にしてください。

楽天カードの基本情報

楽天カードの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • american_express
電子マネー
  • visaTouch
  • edy
発行スピード約1週間~10日前後
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費550円(税込)
ETCカード発行期間申し込みから通常約2週間
マイル還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント
締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
必要書類■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

注目ポイント

  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場の買い物はいつでもポイント3倍!
    ※特典進呈には上限や条件があります
  • 電子マネー「Edy」搭載カード
  • トラブルに対応した安心機能が充実
公式サイトへ

楽天カードは、リクルートカードと同じくクレジットカード初心者向けのカードです。楽天系サービスとの相性が良く、ポイント還元率が3.0%まで上昇します。いわゆる楽天経済圏を頻繁に利用する人には、お得さを実感しやすい1枚です。日常の買い物でも100円=1ポイントという還元率を誇り、手軽にポイントが貯められるメリットもあります。

電子マネーは少なめですが、楽天Edyが搭載されているため、さまざまなお店の決済で利用できるのもポイントです。クレジットカードの中では初心者向けといわれることもありますが、ポイ活をしている人や利便性が高いカードを持ちたいという人にもおすすめのカードです。

楽天カードがおすすめの人

楽天カードの場合は、次の人におすすめです。

  • 楽天経済圏での決済が多い人
  • コンビニでの支払いが多い人
  • 海外へ旅行する機会が多い人

楽天市場をはじめとする楽天経済圏には、あらゆるサービスが存在しています。これらの楽天系サービスをよく利用する人であれば、楽天カードの申し込みがおすすめです。普段の買い物でもポイントが貯めやすいという特徴もあるため、コンビニやスーパーなどの決済を前提として考えるのであれば、楽天カードが良いでしょう。

また、海外旅行で役に立つのも楽天カードです。海外旅行保険の補償内容は非常に手厚く、傷害治療費用や疾病治療費用の限度額が200万円となっています。リクルートカードがこの半分であると考えると、海外旅行のお守りとして使える1枚といえるでしょう。

その他の楽天カードの詳細については、以下の記事も参考にしてください。

【項目別】リクルートカードと楽天カードを徹底比較

基本情報を押さえたところで、それぞれの情報を深堀していきます。実際にどのような違いがあるのかは、詳細を見てみなければわからないことがあります。

どちらもポイント還元率に目が行きがちですが、それ以外にも申し込みをするうえで大事なポイントがあります。詳しく見てみましょう。

ポイント還元率

ポイント還元率にも違いがあります。どちらのクレジットカードも「ポイント還元率が高い」と紹介されることが多いため、気になっている人もいるでしょう。両者のポイント還元率は、公式サイトの情報を総合すると以下のとおりです。

ポイント還元率で比較
リクルートカード1.2%~4.2%
楽天カード1.0%~3.0%


クレジットカードのポイント還元率は、1%を超えれば大きなアドバンテージになるといわれています。どちらも基本のポイント還元率は1%を超えており、リクルートカードは1.2%です。

リクルートカードでは、ポンパレモールなどの提携サイトで利用すると、最大で4.2%ものポイント還元率になります。また、公共料金の支払いでもポイント還元率が下がることはないため、ポイントを非常に貯めやすいのがメリットです。

一方の楽天カードも楽天系サービスでの利用で最大3%の還元率となりますが、公共料金の支払いについては0.2%となってしまいます。

総合的に見ると、ポイントの貯めやすさではリクルートカードのほうに軍配が上がります。ただし、あくまでも利用する環境によって異なるものであるため、自分が想定しているカードの使い方をよく検討して申し込むようにしましょう。

券面のデザイン

券面のデザインは、デフォルトの状態だと両者の違いはあまりありません。どちらもグレーのメタリックを採用していますが、リクルートカードのほうがやや暗めです。それ以外の違いはとくになく、シンプルで飽きの来ないデザインになっています。

ただし、楽天カードにはいくつかのデザインからひとつを選択できる仕組みです。選択する国際ブランドによって異なりますが、ディズニーキャラクターやスポーツ選手、芸能人のデザインが選択できます。もし、お気に入りのデザインのカードを持ちたいのであれば、楽天カードのほうがおすすめです。

申し込み条件

申し込み条件もほぼ同じで、リクルートカードと楽天カードに違いはありません。両者とも、以下の条件を満たしていれば、カードの申し込みができます。

  • 満18歳以上である(高校生不可)
  • 本人もしくは配偶者に安定した収入がある

ただし、楽天カードのみ、事前の楽天会員への登録が求められます。とはいえ、メールアドレスさえ持っていれば誰でも登録できるため、それほど高いハードルではありません。会員登録の手間という部分ではリクルートカードのほうが少なくて済むものの、大した違いにはならないでしょう。

年会費

年会費は、両者とも永年無料であり、規約が改定されない限りは一生無料で持ち続けられます。初心者向けクレジットカードに位置付けられる理由のひとつであり、ポイント還元率の高さも相まってお得度が高い1枚として紹介されることも多くあります。

今後の規約改定次第なところはありますが、少なくとも現在はどちらも違いがない状態です。年会費ではなく、他の項目で比較しましょう。

国際ブランド

リクルートカードと楽天カードは、それぞれ複数の国際ブランドの中から、自分でひとつ選択してカードを申し込むタイプのクレジットカードです。取り扱っている国際ブランドは、両者とも少しずつ異なります。

国際ブランドで比較
リクルートカード
  • visa
  • master_card
  • jcb
楽天カード
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • american_express

アメリカン・エキスプレスの取り扱いがあるか否かの違いですが、アメリカン・エキスプレスは海外の都市部で広く利用できる国際ブランドです。海外旅行する機会が多い人にとって、この違いを大きく感じる人もいるでしょう。そういう意味では、楽天カードにアドバンテージがあると判断できます。

とはいえ、世界的に普及しているVISAはどちらでも設定できます。そのため、あえてアメリカン・エキスプレスを選ぶ理由がなければどちらも大差ないでしょう。また、リクルートカードでは、後述する電子マネーが、国際ブランドによって変わります。その点を考えつつ、どの国際ブランドに申し込むか検討してください。

電子マネー

電子マネーにも違いがあります。とくにリクルートカードは、国際ブランドによって搭載される電子マネーが異なります。

国際ブランドで比較
リクルートカード
-
楽天カード
  • visaTouch
  • edy

交通系ICを利用できる点では、JCBを除くリクルートカードのほうが便利です。楽天Edyも搭載されているため、楽天ポイントも貯まって一石二鳥です。JCBを選択した場合のリクルートカードは、Suicaこそ付帯していますが楽天Edyは備わっていないため、使いにくさを感じる場合があるかもしれません。

楽天カードは、買い物での利用を前提としている電子マネーしか搭載されていないため、買い物以外の利用では使いにくい側面があります。したがって、おすすめ度合いでは、VisaもしくはMastercardブランドのリクルートカードが最も優れています。

家族カード

家族カードについては、発行される枚数が異なります。できることは、ポイントの合算や引き落とし口座の統一など、ほぼ同じです。

家族カードで比較
リクルートカード・VISA:本カード1枚につき19枚
・JCB:本カード1枚につき8枚
楽天カード・ 本カード1枚につき2枚


家族カードの発行枚数については、リクルートカードのほうが勝っています。生計を同一にする配偶者や親、子ども(高校生を除く18歳以上)であれば、家族カード会員として申し込み可能です。家族の人数にもよりますが、3人以上の家族なのであれば、リクルートカードのほうが使い勝手は良いでしょう。

ETCカード

ETCカードについては、どちらのカードも発行可能です。ただし、年会費に関するルールが異なります。

ETCカードで比較
リクルートカード無料
楽天カード550円(税込)

ETCカードは、リクルートカードのほうが長期的に見るとお得です。VisaとMastercardのみ、入会費として1,100円(税込)がかかるものの、それ以降は年会費が永年無料です。一方の楽天カードは、年会費が必ず550円かかります。免除になる条件などもありません。1年に1回高速道路に乗るかどうかわからない場合は、リクルートカードでETCカードを発行したほうが良いでしょう。

保険・補償

リクルートカードと楽天カードでは、付帯している保険・補償の内容も違います。それぞれの詳細は以下のとおりです。



付帯している保険・補償の内容で比較
リクルートカード楽天カード
海外旅行傷害保険最大2,000万円最大2,000万円
国内旅行傷害保険最大1,000万円-
ショッピング保険年間200万円-
紛失・盗難補償--
航空便遅延補償--
その他--

手厚く守ってくれるカードとなると、リクルートカードになります。いずれも年会費無料で旅行傷害保険が付帯しているのは、大きな特徴です。額面が気になる人はいるかもしれませんが、「旅行や出張はするがそれほど高頻度ではない」という人であれば、十分な内容かもしれません。

また、ショッピング保険がついていることからも、リクルートカードのほうが旅行のお守りに適している1枚といえます。旅行での使い勝手を重視する場合は、リクルートカードを優先しても良いでしょう。

リクルートカードと楽天カードの2枚持ちもおすすめ

大前提として、クレジットカードはひとり1枚しか持てないわけではありません。どちらも捨てがたいという場合は、あえて両方のクレジットカードを持ってみるのもありでしょう。メインカードをどちらにするか決めたうえで2枚目を決めると、うまく使い分けができます。

リクルートカードと楽天カードも、使い分け次第でよりお得を実感できるかもしれません。国内旅行はリクルートカードで、海外旅行は楽天カードでという棲み分けも有効です。どのように使い分けるかは人それぞれであるため、申し込み前にしっかりとシミュレーションしておきましょう。

クレジットカードの2枚持ちについての詳細は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

リクルートカードも楽天カードも、高いポイント還元率を誇っていることから人気を博しているカードです。どちらにも強み・弱みがあるため、精査したうえで申し込みする1枚を選択しましょう。そのためには、利用シーンを具体的に思い描いて、どちらが理想をかなえてくれそうかをしっかりと検討することです。

また、あえて1枚に絞らず、2枚同時持ちするのもありです。リクルートカードと楽天カードの強みを活かせると判断できれば、積極的に検討する価値はあります、使い分けるのが面倒なのであれば、この限りではありません。しかし、1枚に絞った結果、損をしてしまっては無意味です。十分検討したうえで、1枚にするのか複数枚所有するのかを決めましょう。

リクルートカードの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE