Operated by Ateam Inc.

イーデス

三井住友銀行 カードローンの残高確認方法を紹介!完済まであといくら?

最終更新日:

三井住友銀行 カードローンの残高確認方法を紹介!完済まであといくら?
三井住友銀行 カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

カードローンを利用していると「現在の残高はどれくらい?」という点が気になることがあります。

また、「あとどのくらい借り入れできるのか?」という点も知りたくなることもあるでしょう。

そこで、三井住友銀行 カードローンで残高照会をする方法を分りやすく解説してみました。

「三井住友銀行 カードローンの残高照会の方法がわからない・・・」という人には、役立つ内容となっていますので参考にしてもらえれば幸いです。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

現在の借入残高などの状況を把握せずにカードローンを利用している方は想像以上に多いです。カードローンの支払利息は1日ごとの借入残高に対して毎日発生します。毎日のようにお財布からこぼれ落ちていく利息を意識しなければ、ダラダラとムダなお金を払い続けることになりかねません。日常的に借入残高を把握していないと、自分が日々払う利息の金額も感じづらくなるのです。
三井住友銀行 カードローンの残高は、スマホアプリなどでいつでも簡単に確認できます。カードローンを上手に使いこなすためにも、ぜひ残高確認方法をマスターして「残高&利息チェックの習慣」を身につけてください。金利が高くなると、それだけお金を借りる手数料(支払う利息)は大きくなります。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    三井住友銀行 カードローンの残高照会の方法

    残高照会は以下の3つの方法でおこなうことができます。

    • ATM※
    • 電話(カードローンプラザ)
    • スマートフォンアプリ「三井住友銀行アプリ」

    ※普通預金口座のキャッシュカードとの兼用カードの場合、三井住友銀行ATMおよび提携コンビニATM以外のATMは利用できません。
    ※カードレスを選択の場合は(SMBCダイレクト)インターネットによる利用となり、ATMは利用できません。

    ATMの場合、ATMに「ローンカード」を挿入しますと、表示されるメニューの中に「残高照会」という項目がありますのでそちらをタッチします。

    電話で確認したい場合は、「カードローンプラザ(0120-923-923)」まで連絡すれば教えてもらえます。※

    ※受付時間 9:00~18:00(土日祝、12月31日~1月3日を除く)

    スマートフォンアプリ「三井住友銀行アプリ」をインストールすれば、スマホから残高確認をすることが可能です。

    三井住友銀行でカードローンのみ契約している場合は三井住友銀行アプリは利用できないため、「カードローンアプリ」を利用してください。

    その他にATMを利用しますと、「利用明細」が発行されますので、そちらでも確認できるかと思います。

    以上の方法が、三井住友銀行 カードローンの残高照会の仕方となります。

    三井住友銀行 カードローンのATMの使い方

    ここからは、三井住友銀行 カードローンのATMの利用方法を解説していきます。

    まずは利用できるATMを確認していきましょう。

    利用できるATM一覧
    ATM借り入れ返済残高照会
    三井住友銀行ATM
    イーネットATM
    ローソン銀行ATM
    セブン銀行ATM
    ゆうちょATM
    提携金融機関ATM
    ※有料

    ※有料

    ※普通預金口座のキャッシュカードとの兼用カードの場合、三井住友銀行ATMおよび提携コンビニATM以外のATMは利用できません。
    ※カードレスを選択の場合は(SMBCダイレクト)インターネットによる利用となり、ATMは利用できません。

    上記の他、地方銀行などの提携金融機関のATMでも利用可能です。

    これらのATMでは「借り入れ」と「返済」、「残高照会」などができます。

    三井住友銀行ATMおよび提携コンビニATMでは、利用手数料や時間外手数料などは発生せずに無料で利用可能です。

    ATMの使い方

    ATMの使い方は簡単です。

    ローンカードをATMに挿入し、借り入れか返済、残高照会のいずれか利用したい項目をタッチするだけでOKです。

    あとは画面の指示に従って借入希望額を入力したり、返済するお金を入金したりするだけですので、迷うことなく利用できるかと思います。

    ※カードレスを選択の場合は(SMBCダイレクト)インターネットによる利用となり、ATMは利用できません。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    カードローンをお得につかいこなすためには、常に借入残高を把握すると同時に効率よく返済を進めることが重要なポイントとなります。幸いなことに三井住友銀行 カードローンは手数料無料でいつでも自由に返済可能です。三井住友銀行のATMはもちろん全国の提携コンビニATMやゆうちょATMなどでも無料で返済できるのは大きなメリットと言えます。
    また利用料無料の「SMBCダイレクト」に登録しておけば、スマホやパソコンから無料で返済可能です。(※2022年1月17日からサービス拡充済み。カードローンのみ契約でも利用可能になっています)このように三井住友銀行 カードローンでは、無料の返済方法が豊富ですので返済方法に悩む心配はありません。

    武藤 英次

    武藤さん

    利用明細・残高照会には三井住友銀行アプリがおすすめ

    三井住友銀行には、「三井住友銀行アプリ」と「カードローンアプリ」というスマートフォン用アプリがあります。

    このうち、三井住友銀行アプリは「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」の一部機能を利用でき、カードローンの「利用明細の確認」や「残高照会」も可能です。

    また、三井住友銀行アプリは「生体認証機能」をついているため、指紋・声・顔の登録をおこなうと、それらの情報だけでログインができます。

    そのため、パスワードを入力しなくても良いという手軽さがあります。

    この三井住友銀行アプリを利用すれば、スマホから好きなときにいつでも、利用明細の確認や残高照会ができますので便利です。

    なお、三井住友銀行でカードローンのみ契約している場合は三井住友銀行アプリは利用できないため「カードローンアプリ」を利用してください。

    その他にも以下のような機能があります。

    カードローン以外の残高照会も可

    三井住友銀行アプリではカードローン以外の残高照会もできます。

    普通預金はもちろん、定期預金や外貨預金、投資信託などの残高照会がスマホから手軽に可能です。

    また、資産の割合をグラフで見る機能がついていますので、現在の資産状況が分りやすくなるというメリットもあります。

    入出金明細照会

    カードローンや普通預金などの入出金明細照会もできますので、いついくら入金・出金したかを知りたいときに役立ちます。

    また、「My通帳」という機能があり、カレンダーにメモが残せるようになっています。

    そのため、どのような目的でお金を入金・出金したかなどをメモでき、家計簿のような使い方も可能です。

    振込

    アプリ上から「登録先への振込」ができます。よく振込をする口座を登録しておけば、スマホから入金が可能になり、便利になります。

    なお、三井住友銀行でカードローンのみ契約している場合は「三井住友銀行アプリ」は利用できないため「カードローンアプリ」を利用してください。

    振替

    普通・貯蓄・カードローンの各預金間の振替も可能です。

    このため、アプリ上から三井住友銀行内の本人の口座間に資金移動ができます。

    たとえば、カードローン口座から普通預金口座に入金をする、普通預金口座から貯蓄口座に入金をするといったことがスマホで可能になります。

    三井住友銀行アプリの対応OS

    三井住友銀行アプリの対応OSは以下のようになっています。

    • Androidの場合
      Android OS 6.0以降(docomo・au・ソフトバンクモバイルの端末)
    • iPhoneの場合
      iPhone 5s 以降、かつiOS12.0以降(docomo・au・ソフトバンクモバイルの端末)

    アプリのダウンロード先

    iPhoneの場合は「App Store」から、Android端末の場合は「Google Play」からダウンロードが可能です。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    残高チェックの習慣を身に着けるには、やはりいつでも身近にあるスマホを利用するのが最適です。三井住友銀行のアプリは私自身も利用中なのですが、生体認証でのログインはスムーズで快適に感じます。カードローンに限らず普通預金の残高や取引明細のチェックはもちろん、振込・振替なども24時間手続可能です。
    さらに他銀行やクレジットカードを連携すればお金の管理を一つのアプリで完結することも可能となっています。初期設定の本人認証が多少手間ではありますが、一度設定してしまえば快適に利用可能でおすすめです。

    武藤 英次

    武藤さん

    三井住友銀行 カードローン利用の注意点

    カードローンの利用には注意しておくべき点もあります。
    そこでこの章では、三井住友銀行 カードローンの利用時の注意点を解説していきます。

    ATMには利用できない時間帯がある

    ATMは基本24時間利用できますが、以下のようにメンテナンスなどで利用できない時間帯がありますので気をつけておきましょう。

    ATM名利用できない時間帯
    三井住友銀行ATM24:00~7:00
    毎週日曜21:00~翌月曜7:00
    ・イーネットATM
    ・ローソン銀行ATM
    ・セブン銀行ATM
    ・ゆうちょATM

    毎週日曜21:00~翌月曜7:00

    ATMには利用限度額の上限がある

    ATMには利用限度額の上限があります。

    1日の上限額はカードローンの利用限度額を上限とし、出金は最大300万円、振込と振替は合計で最大300万円となっています。

    この金額以上は利用できませんので知っておきましょう。

    追加で借り入れすると返済額が多くなることがある

    三井住友銀行 カードローンの毎月の返済額は、以下のように借入残高によって決まります。

    借入残高月々の返済額
    1円~1,999円約定返済時における借入残高全額
    (2千円が上限)
    2,000円~100,000円2,000円
    100,001円~200,000円4,000円
    200,001円~300,000円6,000円
    300,001円~400,000円8,000円
    400,001円~500,000円10,000円
    500,001円~600,000円11,000円
    600,001円~700,000円12,000円
    700,001円~800,000円13,000円
    800,001円~900,000円14,000円
    900,001円~1,000,000円15,000円

    上記のように月々の返済額は借入残高によって決まりますので、追加で借入れすると返済額が増えることがあります。

    返済額によっては「支払うのが難しい・・・」といった状況にもなりかねませんので注意しましょう。

    最小返済額で返済すると総利息が大きくなる

    三井住友銀行 カードローンの場合、毎月の返済は最小返済額以上の金額を返済していくことになります。

    たとえば、借入残高が20万円なら最小返済額は4,000円ですので、4,000円以上を返済すれば良いことになっています。

    しかし、最小返済額ギリギリで返済していると、返済が長期化して利息を支払う回数が多くなり、総利息が高くなってしまう可能性が高いです。

    実際に借入額40万円を金利年14.5%で借り入れする場合、最小返済額で返済していくと返済までどのくらいかかり、利息はいくらになるのかを見ていきましょう。

    借入額40万円の場合、最小返済額は8,000円です。8,000円でずっと返済していく場合、返済期間と総利息は以下のようになります。

    • 返済期間 78カ月
    • 総利息 217,229円

    最小返済額ギリギリで返済していくと、完済まで78カ月もかかり、総利息は217,229円もかかってしまいます。

    40万円の借入金で完済まで78カ月かかるのは長過ぎですし、総利息217,229円というのも多すぎる気がします。

    随時返済を活用しよう!

    最小返済額で返済していくと先に解説した問題が発生します。こうした問題を解決するためにおすすめなのが「随時返済(繰上げ返済)」です。

    随時返済とは「今月は余裕があるから、最小返済額よりも多めに返済したい」というときに利用する返済方法です。

    最小返済額というのはあくまで「毎月これ以上の金額で返済してください」というものですので、多めに返済することは一向にかまわないわけです。

    三井住友銀行 カードローンはATMと銀行振込によって、自由に随時返済ができるようになっていますのでぜひ活用したいところです。

    随時返済を活用すれば以下のように返済期間と総利息、総返済額をかなり減らすことが可能です。

    毎月の返済額返済期間総利息総返済額

    8,000円

    (最小返済額)

    78カ月217,229円617,229円
    9,000円65カ月177,017円577,017円
    10,000円55カ月149,765円549,765円
    11,000円49カ月130,006円530,006円
    12,000円43カ月114,977円514,977円
    13,000円39カ月103,162円503,162円
    14,000円36カ月93,608円493,608円
    15,000円33カ月85,730円485,730円

    ※借入残高40万円を金利年14.5%で借り入れする場合で計算

    最小返済額の8,000円から9,000円に増やしただけでも、返済期間を78カ月から65カ月、利息を217,229円から177,017円に減らすことができています。

    このように随時返済は返済期間と利息の軽減に有効ですので、ぜひ活用するのがおすすめです。

    自動融資と対象外となる引き落としがある

    三井住友銀行 カードローンでは「自動融資」を利用することができます。

    ※自動融資機能の利用には所定の手続きが必要ですので、詳しくは公式ホームページをご確認ください。

    自動融資とは、設定した口座の残高がクレカの引落しなどで不足した場合、限度額の範囲内で自動的に融資してくれるサービスです。

    ただし、どのような引落しでも対応してくれるわけではなく、以下のものは対象外となりますので注意しておきましょう。

    • カードローンの毎月の約定返済金
    • 返済用預金口座から支払可能残高を超える預金の引き出し
    • 返済用預金口座から積立預金へ自動振替するなどの預金間の振替
    • 返済用預金口座から投信自動積立による自動引き落とし

    アプリはスマホ以外だと動作しないことがある

    三井住友銀行アプリはスマートフォン専用のアプリです。このため、iPadなどのタブレット端末で利用した場合、正常に動作しない可能性があります。

    例えば、スマートフォン以外でアプリを利用して、万が一、「振込をしようとしても出来ず、支払いに遅れてしまった」場合でも、自己責任になってしまう可能性が高いです。

    そのため、アプリはスマホでのみ利用するようにしてください。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    三井住友銀行 カードローンの金利は年1.5%~14.5%と、銀行カードローンとしては標準的なレベルです。しかしながら他種のローンと比較すると決して低金利とまでは言えません。そのため長期間ダラダラと借り続けてしまうと、思いのほか支払利息が増えてしまうことになります。
    可能な限り1日でも早く完済することで利息を節約できます。カードローンは基本的に「一時的な不意の出費への対応」に最適化された商品です。
    豊富に用意された無料返済方法を使いこなして、スピーディーな完済を目指すようにしてください。

    武藤 英次

    武藤さん

    まとめ

    三井住友銀行 カードローンの残高確認をしたいときは、「ATM」・「電話(カードローンプラザ)」・「三井住友銀行アプリ」のいずれかの方法で行なえます。

    ※カードレスを選択の場合は(SMBCダイレクト)インターネットによる利用となり、ATMは利用できません。

    とくにスマホにアプリをインストールしておけば、わざわざATMに出向いたり、電話で問い合わせたりする必要がなく、アプリを起動させるだけで現在の残高を確認できます。

    また、アプリには振込や振替、入出金明細照会といったネットバンクの一部機能も利用できるといったメリットもあります。

    このため、3つの中でも「三井住友銀行アプリ」は、手軽に残高確認ができるため、とくにおすすめできます。

    なお、三井住友銀行でカードローンのみ契約している場合は「三井住友銀行アプリ」は利用できないため「カードローンアプリ」をご利用ください。

    三井住友銀行 カードローンについては「三井住友銀行 カードローンでお金を借りる審査の流れと金利を解説」で、まとめて解説しています。

    三井住友銀行 カードローン
    利用限度額審査時間融資までの時間
    10万~800万円最短当日※最短当日※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年1.5%~14.5%--

    ※審査通過後であれば、土日祝でも借入可能
    ※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合があります。

    おすすめポイント

    • 利用限度額は10万円~800万円まで!
    • 金利は年1.5%~14.5%!
    • 三井住友銀行の普通預金口座不要で利用可能

    三井住友銀行 カードローンの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.