Operated by Ateam Inc.

イーデス

SMBCモビットの返済額を解説!最低返済額や月々の返済額&返済シミュレーション

最終更新日:

SMBCモビットの返済額を解説!最低返済額や月々の返済額&返済シミュレーション
SMBCモビット
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

WEB完結申込であれば原則電話連絡なしで契約ができたり、返済をするとTポイントを貯めることができたりと、魅力の多いカードローン「SMBCモビット」。

借入を申し込むにあたって気になるのは、やはり毎月の返済額ではないでしょうか。

利用するメリットが多くても、月々の最低返済額が思ったより高かったら毎日の生活が大変です。返済額について何も分からない状態だと、不安を覚えながらの契約となってしまいます。

SMBCモビットの毎月の最低返済額は、借入後残高ごとに設定されています。つまり、いくら借り入れているか、借り入れを行ったときの借入金額の残高金額によって、返済額が異なるのです。

借入れするにあたって、希望の借入額では月々いくら返済しなければならないのか、返済金額の変更はできるのかなどは必ず知っておきたいポイントです。

この記事ではSMBCモビットの返済額に関することをすみずみまで、詳しく解説します。

SMBCモビットでの契約が自分のライフスタイルや収入に無理のないものかを確認できるので、申込前にぜひチェックしてみてください。

この記事のポイント

  • SMBCモビットでは、借入後の残高にもとづいて最低返済額が設定されています。

  • 借入額が多いほど、月々の返済額も増加。

  • 返済額を増やすことで返済期間を短縮し、利息を節約できる。

▼SMBCモビットでお金借りるのが心配なら、こちらの記事をお役立てください。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

SMBCモビットを含め、カードローンで借入をしたら必ず返済しなければなりません。 カードローンは(限度額の範囲内で)いつでも自由に借入と返済ができるのが大きな強みです。 しかし「いつでも自由に返済できる」というのは、返済を全然しなくてもOKという意味ではありません。 毎月の「最低返済額」が契約によって決められているのですが、これは「毎月の最低限の返済ノルマ」と考えると理解しやすいです。 最低返済額は本当に最低限の金額に設定されているので、それだけで満足していると完済まで何年もかかってしまいます。 積極的に追加の返済をして、1日も早く完済することで支払う利息を節約してください。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    SMBCモビットは借入金額に応じた最低返済額がある

    SMBCモビットに限らず、カードローンでは毎月返済が訪れます。

    • 毎月決められた返済=約定返済

    約定返済の金額は最低返済額であり、これは毎月必ず返していかなければなりません。

    SMBCモビットでは、その額が下記の表のように設定されています。

    SMBCモビットの毎月の返済額
    借入後残高月々の返済額
    10万円以下4,000円
    10万円超過、20万円以下8,000円
    20万円超過、30万円以下1万1,000円
    30万円超過、40万円以下1万1,000円
    40万円超過、50万円以下1万3,000円
    50万円超過、60万円以下1万6,000円
    60万円超過、70万円以下1万8,000円
    70万円超過、80万円以下2万1,000円
    80万円超過、90万円以下2万4,000円
    90万円超過、100万円以下2万6,000円
    100万円以上借入残高+20万円ごとに返済額+4,000円

    ※実質年率18.00%(最高利用残高が100万円以上は実質年率15.00%)の場合。

    SMBCモビットの返済方式は「借入後残高スライド元利定額返済方式」なので、返済金額は最終借入後のご利用残高によって決まります。

    表を見ただけでは、以下のように思いがちです。

    悩んでいる女性

    残高が減れば月々の返済額も減っていくの?

    しかし、実はそうではありません。

    ここでポイントとなるのが「最終借入後」の残高というところです。

    最終借入後残高とは?

    最終借入後残高というのは、最後に借入した際の利用残高のことをいいます。

    例えば、初回に30万円の借入を行い、追加借入なしで完済を目指すとします。この場合、最後の借入は30万円なので、最終借入残高はずっと30万円のままです。

    では初回に30万円借り、残高が12万円になったところで、追加で3万円の借入を行うとどうでしょうか。この場合は、最後の借入が3万円で、最終借入後残高は15万円となります。

    例えを見ても分かるように、この「最終」というところがクセモノです。最初にドンと必要分の借入を一気に行い、追加借入なしで返済するのは計画的な借り方とも言えます。

    ただし、SMBCモビットでこれを行うと、月々の返済額の負担は最後まで一定して大きいままです。

    段階的に返済額を減らすために方法があります。この方法であれば、毎月の返済額で苦労するリスクを下げることができます。

    SMBCモビットの返済額を減らすことも可能な最終借入後残高に注目!

    毎月の返済額を減らす方法

    SMBCモビットで毎月の返済額を減らしたい場合は、タイミングを見て追加で借入を行う必要があります。このタイミングの見極めが大事で、間違えると返済額が変わらないこともあるので要注意です。

    最初に100万円借りたとすると、返済額は毎月2万6,000円です。しかし6カ月支払いを行うと、借入残高は84万4,000円、つまり90万円以下になります。

    このタイミングで1万円を追加で借りると、最終借入残高は約86万円で90万円を超えることはありません。

    上記の最低金額の返済表で「80万円超過、90万円以下」という枠になり、翌月の返済額は、2万6,000円から2万4,000円に減らすことができます。

    10万円単位の最終借入残高で返済額は減らすことができるのですが、「20万円超過、30万円以下」と「30万円超過、40万円以下」の枠は、返済額が1万1,000円と同じです。

    また、残金が71万円まで減らし、返済額もそれなりに減ってきたと思って追加で20万円の借入を行うと、最終借入残高は91万円となるので、月々の返済額は2万6,000円に増えてしまいます。

    このように、返済額が変わる仕組みを知らないと、ずっと負担が大きいままです。もちろん、早く返済しようと思うのなら返済額は多いほうが利息を低く抑えられます。

    ただし、毎日の生活では何があるか分かりません。もしもの場合に備えるなら、最低返済額は減らしておき、余裕があれば追加返済をしたほうが安心ということもあります。

    収入と返済額のバランスや、自分の経済状態などを考えて月々の返済額は無理なく支払える額に調節していきましょう。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    こちらで紹介されている返済額を減らす方法は、最終借入後残高スライド方式の特性を利用しているだけなので、やってはいけないなどということはありません。 これ以上簡単に返済額を下げる方法はありませんので、本当にピンチの際には有効な手段なのは間違いありません。 ただし大きな金額を借りる必要はありませんので(手数料無料の振込キャッシングなどで)最低額の1,000円だけ借りるなどの工夫が大切です。 ちなみに最終借入後残高の仕組みを知らないと「知らない間に毎月の返済額が減っていて、なかなか完済できない」といったケースも出てきます。 特に口座振替返済だけで自動的に返済している方が陥りやすいポイントですので、当てはまる方は注意してください。

    武藤 英次

    武藤さん

    返済回数で返済金額に大きな差!SMBCモビットの返済額一覧

    月々の返済額が減額できることは分かりましたが、逆に毎月多めに返済する場合はどうでしょうか。

    ここでは最低金額だけで返済した場合と、少しずつ返済額を上げてみた場合でどのくらい総返済額に差が出るのか、具体的に計算してみました。

    借入金額10万円、20万円、50万円の返済額でそれぞれ比較し、一覧表にまとめています。

    計算にはモビットの公式サイトのシミュレーターを利用し、途中の追加借入れは無いことを条件に算出しました。それではさっそくチェックしてみましょう!

    SMBCモビットから借入金10万円の返済額シミュレーション

    借入額10万円の場合、最低返済額は4,000円です。

    最低返済額で返済し続けた場合、どのくらいの年数と総返済金額になるのか、毎月8,000円、1万円、3万円、5万円を返済していく場合と比較すると以下のようになります。

    SMBCモビットから借入金10万円の返済一覧表
    返済額返済回数総返済額利息
    4,000円32回(2年8カ月)12万6,260円2万6,260円
    8,000円14回(1年2カ月)11万1,565円1万1,565円
    1万円11回(11カ月)10万9,158円9,158円
    3万円4回(4カ月)10万3,458円3,458円
    5万円3回(3カ月)10万2,306円2,306円

    ※SMBCモビットの返済シミュレーションにて計算しています。実際の返済額とは多少異なる場合があります

    最低返済額である4,000円で返済した場合は完済まで2年以上かかり、利息は2万円以上付くことになりました。

    返済額を倍の8,000円にするだけでも、期間と利息どちらも半分以下におさまります。

    それ以上の返済額だと利息は1万円以下となり、私感ですが借り入れた金額10万円に少し利息を支払う程度の印象です。

    毎月4,000円と返済額が少ないのは毎月の負担も軽くなるかもしれませんが、返済期間も長期間で利息も高く付くので、できれば随時追加で返済していくようにするのがおすすめです。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    カードローンの返済を進めるのに「前半に返済を頑張る」のと「後半にラストスパートをかける」のとどちらがお得でしょうか。 結論から言ってしまえば、前半に返済を頑張るのが圧倒的にお得です。 序盤に借入残高を大きく減らすことで、支払利息の総額は大きく節約できます。 また序盤に返済を頑張ることで完済がどんどん近づき、いっそう返済を頑張るモチベーションがアップしやすいのです。 実際のところ前半に返済を頑張れる人は、返済トラブルになる確率は格段に低くなります。 「1日でも早く」「1円でも多く」返済することで支払利息は着実に減っていきますので、ぜひとも前半の返済に「全集中」のつもりで頑張ってみてください。

    武藤 英次

    武藤さん

    SMBCモビットから借入金20万円の返済額シミュレーション

    借入額20万円の場合、最低返済額は8,000円です。

    こちらは毎月1万円、1万5,000円、3万円、5万円で同様に比較した結果、以下の表の通りになりました。

    SMBCモビットから借入金20万円の返済一覧表
    返済額返済回数総返済額利息
    8,000円32回(2年8カ月)25万2,540円5万2,540円
    1万円24回(2年)24万9,554円4万9,554円
    1万5,000円15回(1年3カ月)22万4,807円2万4,807円
    3万円8回(8カ月)21万2,311円1万2,311円
    5万円5回(5カ月)20万7,842円7,842円

    ※SMBCモビットの返済シミュレーションにて計算しています。実際の返済額とは多少異なる場合があります

    最低返済額の8,000円だけでは約3年の返済期間があり、利息も5万円以上になってしまいます。

    最低返済額に2,000円追加し、月額1万円の返済を行えば、返済期間は8カ月も短縮することができます。

    こちらも筆者の私感になりますが、毎月1万5,000円を返済すると利息も最低返済額の約半額となり、コスパが良いように思います。

    余裕のある月は8,000円の最低返済額に加え、7,000円の臨時返済を行うなど併用することを考えてください。

    SMBCモビットから借入金50万円の返済額シミュレーション

    借入額50万円の場合、最低返済額は1万3,000円と桁が変わってきます。

    こちらは毎月1万5,000円、2万円、3万円、5万円で同様に比較した結果、以下の表の通りになりました。

    SMBCモビットから借入金50万円の返済一覧表
    返済額返済回数総返済額利息
    1万3,000円58回(4年10カ月)75万1,057円25万1,057円
    1万5,000円47回(3年11カ月)69万8,327円19万8,327円
    2万円32回(2年8カ月)63万1,314円13万1,314円
    3万円20回(1年8カ月)57万9,706円7万9,706円
    5万円11回(11カ月)54万5,806円4万5,806円

    ※SMBCモビットの返済シミュレーションにて計算しています。実際の返済額とは多少異なる場合があります

    50万円を最低返済額だけで返済していくと、利息は25万円以上にもなります。つまり総返済額は75万円にもなってしまいます。

    2,000円追加して1万5,000円にするだけでも、期間にして約1年、利息を5万円以上抑えることができます。余裕があれば1,000円でも多く追加で返済を行うのがおすすめです。

    追加で借入れを行うことは、最低返済額が下がって月々の負担は軽くなるものの、利息はどんどん膨らんでいくので最後の手段とも言えます。

    毎月1万3,000円も決して安くはないので、契約時にマネープランをしっかり立てておきましょう。

    SMBCモビット
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大800万円10秒簡易審査最短即日※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年3.0%~18.0%-

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    おすすめポイント

    • 10秒簡易審査・WEB完結
    • 24時間ネット申し込み可能!
    • 年会費・入会金無料!

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    「カードローンのご利用は計画的に」というのは真実ですが、必ずしもすべて計画通りに行くとは限らないのもまた事実です。 臨時の出費が重なったときに、当初の計画通りに返済できないからといって落ち込む必要はありません。 ピンチの月は最低返済額で乗り切って、余裕のある月には可能な限り多く返済するといった柔軟さも必要です。 またカードローンは限度額の範囲内であればいつでも自由に追加借入ができます。 つまりピンチの時にはいつでも再び借りられるのですから、手元に余裕資金を寝かせておく必要はありません。 積極的に少しでも多く返済に回してしまった方が、支払う利息を節約できます。

    武藤 英次

    武藤さん

    SMBCモビットの返済額を他社と比べてみた

    カードローンを検討する場合、他社との比較は欠かせませんよね。

    そこで今度は、SMBCモビットの返済額は他社と比べて多いのか少ないのか、表にして比較してみました。

    10万円20万円30万円40万円50万円
    SMBCモビット4,000円8,000円1万1,000円1万1,000円1万3,000円
    プロミス4,000円8,000円1万1,000円1万1,000円1万3,000円
    アコム※11万3,000円6,000円9,000円1万2,000円1万5,000円
    アイフル※21万4,000円8,000円1万1,000円1万1,000円1万3,000円
    レイク4,000円8,000円1万2,000円1万3,000円1万4,000円
    三菱UFJ銀行カードローン※32,000円4,000円6,000円8,000円1万円
    楽天銀行スーパーローン2,000円5,000円5,000円1万円1万円

    ※1金利年18.0%、5年以内での返済を想定
    ※2.約定日制にて算出
    ※3.借入利率が年8.1%超の場合

    消費者金融カードローンの返済額は、SMBCモビット同様「最終借入後残高」によって返済額が決まります。大手消費者金融カードローンはほぼ同額の横並びですが、その中でも毎月の出費をいちばん抑えられるのは「アコム」です。

    ただし、返済額が少ないということは、それだけ返済期間も総返済額も大きくなるということですので注意してください。

    一方、今回表に記載した銀行カードローンは、毎回の返済日時点での借入残高に応じて変動するので、返済が進むと最低返済額が下がっていきます。

    銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも金利が抑えられている分、最低返済金額が少ない傾向にあります。

    しかしこちらも、返済額が少ないということは返済年数が長くなり、その分利息が増えていくのは同じです。

    余裕がある時は積極的に臨時返済を行うなどして、なるべく返済期間が短くなるよう計画的に返済を行いましょう。

    アコム
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大800万円最短20分最短20分※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年3.0%~18.0%30日間

    ※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

    おすすめポイント

    • 申込~借入までWEB完結! 最短20分で融資可能!※
    • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
    • はじめての人は、最大30日間金利0円!

    SMBCモビットは最後の返済額に要注意

    先述の返済額を見ても分かるように、最終回の返済ではほぼ必ずと言っていいほど端数が発生します。

    口座振替型」の返済を利用している場合は、最終の支払い月に1円単位の端数での引き落としがかかるので、特に問題はないでしょう。

    ネットバンクなどを利用して銀行振込をする方法も、端数をきっちりと返済することができるので便利です。この時、振込手数料が発生してしまう場合がありますので、ご利用のネットバンクの利用方法をよく確認しておいてください。

    また、「Myモビ」からのインターネット返済でも、1円単位の返済ができます。注意が必要なのは、提携ATMを利用して返済していた場合です。

    提携ATMを利用する場合は、1,000円単位でしか返済ができないので返済額にピッタリに合わすことがでません。つまり、残高が1円でもある限りは利息が発生します。

    提携ATMを利用する場合は、以下の方法で返済を行うと端数があっても完済できます。

    硬貨対応の三井住友銀行ATMで返済

    三井住友銀行ATMで硬貨に対応しているのは、窓口併設のATMのみです。

    営業時間は平日8:45~18:00(※)までで、土日祝日はお休みです。
    ※店舗・ATM情報は随時変更されるため、三井住友銀行公式サイトをご確認ください。

    ATM手数料は無料なので、無駄な出費を抑えられます。近隣にある人は平日の営業時間内に利用すると良いでしょう。

    SMBCモビットを土日に利用したい場合は、こちらの記事をご参考にしてください。

    提携ATMへ多めに入金しおつりは銀行振込で返却

    どうしても近くに三井住友銀行ATMやファミリーマートがないのであれば、通常の借入や返済時に利用していた提携ATMで多めに返済しましょう。

    もうSMBCモビットで借入れは行わないと決めているのであれば、銀行振込で返金してもらうことができます。

    ただし、振込手数料がかかるとそちらと相殺されてしまい、ほとんど返却金が残らない場合もあります。

    提携ATMで多めに入金しおつりは預り金として次回借入の時に相殺

    また再度利用する予定であるなら、多めに入金した差額分は「預かり金」扱いにすることができます。次回の借入で相殺できるので、こちらも無駄のない利用方法と言えます。

    SMBCモビットの返済額の確認方法

    毎月いくら返済する必要があるのか、知っておかなければ返済計画にも影響してしまいます。

    返済金額の確認方法はスマホやPC、SMBCモビット公式アプリのどれを利用しても、会員専用サービスの「Myモビ」を利用するだけです。

    Myモビ返済額確認

    ※画像引用:公式サイトより

    Myモビにログインすると、トップ画面の「今回請求額」という欄に返済額が記載されています。

    ▼SMBCモビットについてはこちらでさらに詳しく解説しています。

    SMBCモビット
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大800万円10秒簡易審査最短即日※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年3.0%~18.0%-

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    おすすめポイント

    • 10秒簡易審査・WEB完結
    • 24時間ネット申し込み可能!
    • 年会費・入会金無料!

    まとめ

    SMBCモビットの返済額は、最後の借入時の残高で決まり、その後新たな借り入れをしない限りずっと同じ金額で返済を行い、完済を目指すことになります。

    毎月の負担を少しでも軽くしたいという場合は、途中で少額の借入を追加するという手段も有効です。最終借入後残高を低い金額に再設定することができるので、月々の負担は軽くなります。

    他社消費者金融カードローンと比較すると、最低返済額や返済額の決定方法にはほとんど差がありません。

    端数が無利息残高にならないことには注意が必要ですが、原則、電話連絡無しやアプリの充実度など、SMBCモビットならではの魅力も多いです。

    希望する借入額から、あらかじめ月々の最低返済額を想定することは可能なので、まずはおおまかな計画を立ててから契約に進みましょう。

    SMBCモビット
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大800万円10秒簡易審査最短即日※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年3.0%~18.0%-

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    おすすめポイント

    • 10秒簡易審査・WEB完結
    • 24時間ネット申し込み可能!
    • 年会費・入会金無料!

    SMBCモビットの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.